厚生労働省が推奨する

Top PDF 厚生労働省が推奨する:

厚生労働省発表            厚生労働省大臣官房統計情報部

厚生労働省発表            厚生労働省大臣官房統計情報部

賃金カーブをみると、男性では、金融業,保険業は50~54歳で賃金ピークとなり、その 後大きく下降している。また、宿泊業,飲食サービス業及びサービス業(他に分類されない もの)は賃金カーブ緩やかとなっている。女性では、教育,学習支援業及び金融業,保険業 は、年齢階級高くなるとともにおおむね賃金も上昇している、製造業、宿泊業,飲食サー ビス業、医療,福祉及びサービス業(他に分類されないもの)は賃金カーブ緩やかとなっ ている。(第5図、第5表)
さらに見せる

34 さらに読み込む

「リステリア」による食中毒に関するリーフレット(厚生労働省作成)

「リステリア」による食中毒に関するリーフレット(厚生労働省作成)

<販売者等> ・表示されている保存温度を守る。 「リステリア」って何? リステリア(リステリア・モノサイトゲネス Listeria monocytogenes)は、動物の 腸管内や環境中に広く分布している細菌で、食品を介して感染する食中毒菌です。感染 した時の症状の重篤度には個人差あります。高齢者や免疫機能低下している方では、 敗血症や髄膜炎を発症するなど重症化することあり、妊婦感染した場合には、胎児や 新生児に感染することあるので注意必要です。環境(土壌など)から食品を汚染する 可能性もあり、また多くの食中毒菌増殖できないような低温や高い塩分濃度の食品でも 増殖します。
さらに見せる

2 さらに読み込む

平成21年度 厚生労働省税制改正要望項目

平成21年度 厚生労働省税制改正要望項目

⑩ 改正介護保険制度の施行に伴う税制上の所要の措置 ___________________________________________________________________p4 ⑪ 無料低額老人保健施設に係る減免措置の規定の見直し Ⅲ.年金 ⑫ 事業主存在しない等の理由によって企業年金等に移行できない適格退職年金に関する 税制優遇措置の継続

7 さらに読み込む

厚生労働省提出版:おたふくかぜワクチンの考え方

厚生労働省提出版:おたふくかぜワクチンの考え方

正式な病名は流行性耳下腺炎である、国内では通称おたふくかぜであるため、病名は両者併記 5 とした、ワクチン名は正式名おたふくかぜワクチンであるため、これで統一した。なお、原 6

25 さらに読み込む

資料4 厚生労働省説明資料(議事3関係)

資料4 厚生労働省説明資料(議事3関係)

 (注2)「⼥性活躍加速のための重点⽅針2015」(平成27年6⽉26⽇すべての⼥性輝く社会づくり本部決定)の記載箇所を⽰す。        なお、*を付した項⽬については「⼥性活躍加速のための重点⽅針2015の『4.暮らしの質の向上のための取組』について」(平成27年6⽉26⽇すべての⼥性輝く社会づくり本部幹事会申し合わせ)の記載箇所を⽰す。 重点⽅針 2016 通し番号 (施策名)

14 さらに読み込む

厚生労働省 児童扶養手当法改正Q&A

厚生労働省 児童扶養手当法改正Q&A

A: 平成26年12月1日以降から申請できます、詳しくは、お住まいの市区町村に お問い合わせください。 また、これまで公的年金を受給していたことにより児童扶養手当を受給でき なかった方で、今回の改正により、平成26年12月1日において児童扶養手当 の支給要件に該当する、平成27年3月31日までに申請手続きをした場合 は、平成26年12月分までさかのぼって手当の受給可能になるなどの経過措 置設けられています。この期間を過ぎると、手当の支給は「申請した日の 属する月の翌月」から支給となりますので、ご注意ください。
さらに見せる

4 さらに読み込む

平成21年度 厚生労働省税制改正要望項目

平成21年度 厚生労働省税制改正要望項目

国民の健康の観点からたばこの消費を抑制することを目的とした、たばこ税の税率の引上げ (たばこ税・地方たばこ税) たばこ税については、国民の健康の観点から、たばこの消費を抑制するため、将来に向かって、 税率を引き上げていく必要ある。平成25年度税制改正以降の税率引上げにあたっては、たばこの消費や税収、 葉たばこ農家、小売店、製造者等に及ぼす影響等を十分に見極めつつ判断する。また、今後のたばこ事業の あり方の検討に際しては、平成22年度税制改正大綱及び平成23年度税制改正大綱で示した方針並びに復興財源 確保法におけるJT株式の処分及びその保有のあり方の検討との整合性に留意する
さらに見せる

28 さらに読み込む

1. 厚生労働省の社会保障の充実 重点化に対する基本的な考え方 ひと くらし みらいのために 厚生労働省 厚生労働省の基本的な考え方 急速に高齢化が進展する中で 社会保障給付が増大することは避けられないが 受益との均衡に配慮しつつ 保険料等の負担の増大の抑制を図るとともに 社会保障の機能充実と給付の

1. 厚生労働省の社会保障の充実 重点化に対する基本的な考え方 ひと くらし みらいのために 厚生労働省 厚生労働省の基本的な考え方 急速に高齢化が進展する中で 社会保障給付が増大することは避けられないが 受益との均衡に配慮しつつ 保険料等の負担の増大の抑制を図るとともに 社会保障の機能充実と給付の

○急速に高齢化進展する中で、社会保障給付増大することは避けられない、受益との均衡に配慮しつつ、 保険料等の負担の増大の抑制を図るとともに、社会保障の機能充実と給付の重点化・効率化についても検討 する。 ○必要な財源を確保する観点からは、成長戦略等の取組により、経済再生を実現することにより、社会保障制 度の持続可能性を強化することにも配慮。

12 さらに読み込む

第 11 回原子力委員会資料第 号 放射線利用に関する 厚生労働省の取り組み 厚生労働省医政局指導課 1

第 11 回原子力委員会資料第 号 放射線利用に関する 厚生労働省の取り組み 厚生労働省医政局指導課 1

1. 1. 放射線治療を専ら担当する常勤の医師(放射線治療について 放射線治療を専ら担当する常勤の医師(放射線治療について 相当の経験を有するものに限る。)1名以上配置されている 相当の経験を有するものに限る。)1名以上配置されている

26 さらに読み込む

都道府県各指定都市民生主管部局御中中核市 事務連絡 平成 21 年 6 月 30 日 厚生労働省健康局結核感染症課厚生労働省雇用均等 児童家庭局総務課厚生労働省社会 援護局福祉基盤課厚生労働省社会 援護局障害保健福祉部企画課厚生労働省老健局総務課 社会福祉施設等における新型インフルエンザに係るクラス

都道府県各指定都市民生主管部局御中中核市 事務連絡 平成 21 年 6 月 30 日 厚生労働省健康局結核感染症課厚生労働省雇用均等 児童家庭局総務課厚生労働省社会 援護局福祉基盤課厚生労働省社会 援護局障害保健福祉部企画課厚生労働省老健局総務課 社会福祉施設等における新型インフルエンザに係るクラス

ア. 学校の設置者に対し、患者(疑い者)、医師の診断により臨床症状及び簡易迅速検査の 結果(A 型陽性)等を踏まえ、インフルエンザと診断されたことを確認する。 イ. 得られた情報から現状の評価を行い、簡易迅速検査結果を確認した日からさかのぼって 7 日以内に、同一集団に属する者に対し、A/H1N1 インフルエンザウイルスか季節性インフル エンザウイルスかの確認検査(PCR 検査等)実施されていない場合、A 型インフルエンザ ウイルス陽性患者の内1名から検体を採取し、地方衛生研究所で検査実施できるよう調 整を行い、新型 A/H1N1 インフルエンザウイルスの有無を確認すること。
さらに見せる

21 さらに読み込む

厚生局が発行する衛生証明書及び 自由販売証明書について 厚生労働省近畿厚生局健康福祉部食品衛生課 Ministry of Health, Labour and Welfare 1

厚生局が発行する衛生証明書及び 自由販売証明書について 厚生労働省近畿厚生局健康福祉部食品衛生課 Ministry of Health, Labour and Welfare 1

要件 ア.関税法(昭和29年法律第61号)第2条第1項第4号の「内国貨物」であること。 イ.別紙様式3-1(1.輸出貝類の詳細)と添付書類の内容合致していること。 ウ.輸出する貝類養殖されたものである場合には、漁業権免許を有する養殖場(ただし、陸上養殖 のように漁業法第6条第4項に定める「区画漁業」に該当しない養殖業の養殖場は除く。以下 同じ。)において生産されたものであること。

24 さらに読み込む

厚生労働省 需給調整課 - 改正派遣法説明会 

厚生労働省 需給調整課 - 改正派遣法説明会 

問9. 期間の定めある雇用契約を反復し継続的に雇用続いている時のその途中、もしくは、最後の 契約期間30日未満だった場合、その契約は「日雇派遣」とみなされ禁止に該当しますか。 回答:雇用期間何日か、という点で見ることとしており、派遣期間で見るのではありません。また、 反復・継続している場合には反復・継続の全体で見るのではなく、個々の雇用契約何日かとい うことを見ます。反復・継続していたとしても、それぞれの契約期間30日以内であれば、例 外に該当しない場合は禁止になります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

厚生労働省(職業能力開発行政)におけるキャリア教育の捉え方と関連する取組について

厚生労働省(職業能力開発行政)におけるキャリア教育の捉え方と関連する取組について

○ 職業生活設計 (職業能力開発促進法第2条第4項) 「労働者、自らその長期にわたる職業生活にお ける職業に関する目的を定めるとともに、その目 的の実現を図るため、その適性、職業経験その 他の実情に応じ、職業の選択、職業能力の開発 及び向上のための取組その他の事項について自 ら計画すること」

7 さらに読み込む

平成29年度厚生労働省 予算概算要求 主要事項

平成29年度厚生労働省 予算概算要求 主要事項

○ ⼩中学校区等の住⺠の⾝近な圏域で、コミュニティーソーシャルワーカー(CSW)等の専⾨職によるバックアップ のもと、地域課題の把握、住⺠団体等によるインフォーマル活動への⽀援、公的な相談⽀援機関等との課題の共有を ⾏い、住⺠主体的に地域課題を把握し、解決を試みることできる体制を構築する。 ○ 住⺠に⾝近な圏域での地域の⽀え合いの再⽣・活性化を図る観点から、障害者の地域⽣活推進のための⾃発的な 取組への⽀援、⾼齢者施策の⽣活⽀援コーディネーターによる地域の多様な主体間の情報共有や連携体制づくり、 ⾃殺対策「ゲートキーパー」の養成、ボランティア休暇等の普及、地域の健康増進活動⽀援、インフォーマル活動の 活性化や⼈材の発掘等により、地域における顔の⾒える関係づくりや地域課題の共有、孤⽴防⽌等の課題解決に 向けた取組を⽀援する
さらに見せる

120 さらに読み込む

厚生労働省指定「教育訓練給付制度」対象                      養成講座

厚生労働省指定「教育訓練給付制度」対象                      養成講座

3 ICDS キャリア・コンサルタント検定 実施要項 ICDS 委員会認定キャリア・コンサルタント検定は 平成 15 年 10 月 1 日より厚生労働省キャリア形成促進助成金(職業能力評価推進給付金)対象指定試験と して指定を受けた株式会社エスジーケイ「ICC 委員会認定キャリア・コンサルタント検定」を引継ぎ、平成 17 年 10 月 1 日より特定非営利活動法人 ICDS「ICDS 委員会認定キャリア・コンサルタント検定」となりました。 「キャリア・コンサルティング」担当者として企業や学校各種行政機関で活躍したり、独立開業を目指す方に求 められる多様な情報知識、法知識、労務知識、職業能力開発手段の情報収集と提案能力、面談技術、カウン セリング技術などを公正な立場・基準で判定し知性あるプロフェッショナルな「キャリア・コンサルタント」としての 適性とともに、若年者のキャリア・デザイン支援の能力を認定する検定試験です。
さらに見せる

5 さらに読み込む

厚生労働省 ものづくりマイスター制度のご案内

厚生労働省 ものづくりマイスター制度のご案内

受講者の声 ○細かいことでも丁寧に教えていただいて嬉しかったです。 ○今まで知らなかったフライスの使い方を学ぶことできて良かったです。 ○分からないことを理解するまで教えていただきました。 若年者に目標を付与し技能を向上させることによ り若年者の就業促進を図るとともに若年技能者 の裾野拡大を図るために開催する大会です。原 則として技能を習得中の企業等に就業していない 職業能力開発施設や工業高等学校等の20歳以下 の若年者、旋盤・フライス盤など14職種の技 能を競います。
さらに見せる

6 さらに読み込む

4 各保険等を所管する行政庁 医療保険と介護保険を所管する行政機関は 厚生労働省 ( 中国四国厚生局岡山事務所 ) 及び県 ( 長寿社会課 ) ですが それぞれの所管は次のとおりとなっています 被用者保険厚生労働省 ( 中国四国厚生局岡山事務所 ) 岡山市北区下石井 岡

4 各保険等を所管する行政庁 医療保険と介護保険を所管する行政機関は 厚生労働省 ( 中国四国厚生局岡山事務所 ) 及び県 ( 長寿社会課 ) ですが それぞれの所管は次のとおりとなっています 被用者保険厚生労働省 ( 中国四国厚生局岡山事務所 ) 岡山市北区下石井 岡

介護保険:訪問リハビリテーション費 ←算定(注2) 注1 別に厚生労働大臣定める疾病等の患者又は急性増悪等により一時的に頻回の訪問看護 必要である患者に係る場合は、医療保険で算定します。 注2 急性増悪等により一時的に頻回の訪問リハビリテーション指導管理必要である患者に 係る場合は、医療保険で算定します。

5 さらに読み込む

平成29年度 厚生労働省 予算案 主要事項

平成29年度 厚生労働省 予算案 主要事項

○ 包括的・総合的な相談体制の構築を⽬指して、各分野の相談体制の充実を図るため、⼦育て世代包括⽀援センター、 ひとり親家庭の相談窓⼝の設置、障害者基幹相談⽀援センター、地域包括⽀援センター、⽣活困窮者⾃⽴相談⽀援機関 等において、各分野での地域における⽣活を⽀える拠点を構築し、専⾨職サポートする体制を構築する。 ○ 住⺠に⾝近な圏域での地域の⽀え合いの再⽣・活性化を図る観点から、障害者の地域⽣活推進のための⾃発的な 取組への⽀援、⾼齢者施策の⽣活⽀援コーディネーターによる地域の多様な主体間の情報共有や連携体制づくり、 ⾃殺対策「ゲートキーパー」の養成、ボランティア休暇等の普及、地域の健康増進活動⽀援、インフォーマル活動の 活性化や⼈材の発掘等により、地域における顔の⾒える関係づくりや地域課題の共有、孤⽴防⽌等の課題解決に向けた 取組を⽀援する
さらに見せる

114 さらに読み込む

注 4: 四捨五入で人数を出しているため 合計が一致しない場合がある 資料 : 身体障害者 在宅者 : 厚生労働省 生活のしづらさなどに関する調査 ( 平成 23 年 ) 施設入所者 : 厚生労働省 社会福祉施設等調査 ( 平成 21 年 ) 等により厚生労働省社会 援護局障害保健福祉部で作成 知的

注 4: 四捨五入で人数を出しているため 合計が一致しない場合がある 資料 : 身体障害者 在宅者 : 厚生労働省 生活のしづらさなどに関する調査 ( 平成 23 年 ) 施設入所者 : 厚生労働省 社会福祉施設等調査 ( 平成 21 年 ) 等により厚生労働省社会 援護局障害保健福祉部で作成 知的

・外国語の番組 ・大部分器楽演奏の音楽番組 ・権利処理上の理由等により字幕を付すことできない放送番組 ※5 解説放送番組とは、7 時から 24 時までの間に放送される番組のうち、権利処理上の理由等により解説を付すことできない放送番組を 除くすべての放送番組をいう。なお「権利処理上の理由等により解説を付すことできない放送番組」とは次に掲げる放送番組である。 ・権利処理上の理由により解説を付すことできない放送番組
さらに見せる

71 さらに読み込む

厚生労働省が作成したリーフレット【飲食店用】 牛レバーを生食するのは、やめましょう! | いわき市役所

厚生労働省が作成したリーフレット【飲食店用】 牛レバーを生食するのは、やめましょう! | いわき市役所

牛・豚のレバーや豚肉は、 中までしっかり加熱してください 詳しい情報は、厚生労働省ホームページ 「お肉はよく焼いて食べよう」をご覧ください 。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049964.html

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...