剤成分に対する過敏症など

Top PDF 剤成分に対する過敏症など:

2013 年 6 月改訂 ( 第 4 版 ) 日本標準商品分類番号 レセプト電算コード 新医薬品の 使用上の注意 の解説 - 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい - 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴の

2013 年 6 月改訂 ( 第 4 版 ) 日本標準商品分類番号 レセプト電算コード 新医薬品の 使用上の注意 の解説 - 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい - 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴の

はじめに  レクサプロ(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)はルンドベック社(デンマーク)が開発した選択的セロ トニン再取り込み阻害(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor:SSRI)で、 ラセミ体であるシタロ プラムの活性本体として光学分割されたS-エナンチオマーです。本は、2001年にスウェーデンで初め て大うつ病性障害およびパニック障害の適応症で承認された後、相互認証手続によって、デンマークを 含むヨーロッパ全土で承認され、2011年3月現在、米国、英国、カナダ、オーストラリアなど世界96の国と 地域で承認されています。また、本は、 ヨーロッパを含むほとんどの国で、大うつ病性障害、パニック障 害、社会不安障害、全般性不安障害、強迫性障害の適応症で承認されています。米国では、大うつ病 性障害と全般性不安障害の適応症で承認されており、2010年8月末までに、全世界で約2億3千万人 以上に対して本が投与されたと推定されています。
さらに見せる

90 さらに読み込む

276 情報の概要 No. 医薬品等対策情報の概要頁 1 2 ケトプロフェン外用剤による光線過敏症に係る安全対策について 患者から副作用情報を受ける方策に関する調査研究 について 使 経皮鎮痛消炎剤であるケトプロフェン外用剤については, これまでも医療用医薬品, 一般用医薬品とも光線過敏症について使

276 情報の概要 No. 医薬品等対策情報の概要頁 1 2 ケトプロフェン外用剤による光線過敏症に係る安全対策について 患者から副作用情報を受ける方策に関する調査研究 について 使 経皮鎮痛消炎剤であるケトプロフェン外用剤については, これまでも医療用医薬品, 一般用医薬品とも光線過敏症について使

 ケトプロフェン外用は,医療用及び一般用の消炎,鎮痛として広く使用されており,光線過敏 のリスクについては,医療従事者への情報提供の徹底に加えて,製品個装箱表示の改善や患者向けの注 意喚起資材の配布などにより,患者又は購入者に対しても理解しやすい注意喚起を行う必要がある。  今後とも,これらの資材等を活用し患者又は購入者に情報提供いただくとともに,ケトプロフェン外 用による光線過敏に引き続き注視いただき,副作用が生じた場合には速やかな報告をお願いする。 特に,一般用医薬品のケトプロフェン外用については,指定第二類医薬品としての取り扱いの徹底に 加え,薬剤師及び登録販売者から購入者に対して,光線過敏のリスクに関して積極的な情報提供をい ただくようお願いする。
さらに見せる

17 さらに読み込む

アレルギー性鼻炎とは アレルギー性鼻炎は鼻粘膜の Ⅰ 型アレルギー性疾患で 原則的には発作性反復性のくしゃみ ( 水様性 ) 鼻漏 鼻閉を 3 主徴とする 病名として 鼻過敏症 鼻アレルギー アレルギー性鼻炎 さらに花粉症などが用いられている 通年性アレルギー性鼻炎 ( 室内塵 ダニなど ) 季節性

アレルギー性鼻炎とは アレルギー性鼻炎は鼻粘膜の Ⅰ 型アレルギー性疾患で 原則的には発作性反復性のくしゃみ ( 水様性 ) 鼻漏 鼻閉を 3 主徴とする 病名として 鼻過敏症 鼻アレルギー アレルギー性鼻炎 さらに花粉症などが用いられている 通年性アレルギー性鼻炎 ( 室内塵 ダニなど ) 季節性

3. 気道過敏性の亢進:アセチルコリン、ヒスタミン、メサコリンに対 する気道収縮反応の亢進 4. アトピー素因:環境アレルゲンに対するIgE抗体の存在 5. 気道炎症の存在:喀痰、末梢血中の好酸球数の増加、呼気中 NO濃度上昇など

40 さらに読み込む

2015 年 11 月改訂 ( 第 5 版 ) 日本標準商品分類番号 レセプト電算コード 新医薬品の 使用上の注意 の解説 - 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい - 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴

2015 年 11 月改訂 ( 第 5 版 ) 日本標準商品分類番号 レセプト電算コード 新医薬品の 使用上の注意 の解説 - 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい - 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴

はじめに  レクサプロ(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)はルンドベック社(デンマーク)が開発した選択的セロ トニン再取り込み阻害(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor:SSRI)で、 ラセミ体であるシタロ プラムの活性本体として光学分割されたS-エナンチオマーです。本は、2001年にスウェーデンで初め て大うつ病性障害およびパニック障害の適応症で承認された後、相互認証手続によって、デンマークを 含むヨーロッパ全土で承認され、2011年3月現在、米国、英国、カナダ、オーストラリアなど世界96の国と 地域で承認されています。また、本は、 ヨーロッパを含むほとんどの国で、大うつ病性障害、パニック障 害、社会不安障害、全般性不安障害、強迫性障害の適応症で承認されています。米国では、大うつ病 性障害と全般性不安障害の適応症で承認されており、2010年8月末までに、全世界で約2億3千万人 以上に対して本が投与されたと推定されています。
さらに見せる

100 さらに読み込む

れることがあります 指示どおりに飲み続けることが重要です この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 過去に 日医工 に含まれる成分で過敏症のあった人 モノアミン酸化酵素阻害剤[ セレギリン塩酸塩 ( エフピー ) ラサギリンメシル酸塩 ( アジレクト )] を

れることがあります 指示どおりに飲み続けることが重要です この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 過去に 日医工 に含まれる成分で過敏症のあった人 モノアミン酸化酵素阻害剤[ セレギリン塩酸塩 ( エフピー ) ラサギリンメシル酸塩 ( アジレクト )] を

れることがあります。これらの症状があらわれた場合は、医師に相談してくだ さい。この薬との関連性は明らかではありませんが、これらの症状があらわれ た人の中には、うつ症状などのもともとある病気の症状が悪化する場合や、死 んでしまいたいと感じたり、他人に対して危害を加えたりする場合があります。 ・ご家族の方は、死にたいという気持ちになる、興奮しやすい、攻撃的になる、

7 さらに読み込む

日本標準商品分類番号 T PILORIC 総合製品情報概要 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) (1) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 (2) メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の患者 [ 相互作用 の項参照 ] 製造販売元 プロモーション提携 TPR10

日本標準商品分類番号 T PILORIC 総合製品情報概要 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) (1) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 (2) メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の患者 [ 相互作用 の項参照 ] 製造販売元 プロモーション提携 TPR10

(3)生殖発生毒性試験 34) 1)受胎能及び着床までの初期胚発生に関する試験(ラット) トピロキソスタット1、3及び10mg/kg/日を雄には交配前28日から解剖前日まで、雌には交配前2週 間から妊娠6日まで経口投与したところ、受胎能及び初期胚発生にトピロキソスタット投与による影 響は認められませんでした。雄では1mg/kg/日群で腎臓の白色巣及び表面粗造などが認められ、 3mg/kg/日群及び10mg/kg/日群で死亡がみられました。3mg/kg/日以上の群で体重増加抑制、自発 運動低下、粗毛、赤色鼻汁痕、10mg/kg/日群では削痩、立毛などがみられました。雌でも1mg/kg/日 以上の群で腎変化が認められ、10mg/kg/日群では体重増加抑制及び摂餌量低下が認められました。 親動物の一般毒性学的無毒性量は1mg/kg/日未満、生殖に対する無毒性量は10mg/kg/日、次世代 の発生に対する無毒性量は10mg/kg/日と推定されました。
さらに見せる

28 さらに読み込む

2018 年 11 月改訂 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 使用前に必ずお読みください 新医薬品の 使用上の注意 の解説 注 ) 処方箋医薬品 選択的 β 3 アドレナリン受容体作動性過活動膀胱治療剤 ( ビベグロン錠 ) 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 本剤の成分に対し過敏症の既往

2018 年 11 月改訂 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 使用前に必ずお読みください 新医薬品の 使用上の注意 の解説 注 ) 処方箋医薬品 選択的 β 3 アドレナリン受容体作動性過活動膀胱治療剤 ( ビベグロン錠 ) 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 本剤の成分に対し過敏症の既往

【効能・効果】 過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁 <効能・効果に関連する使用上の注意> 本を適用する際、十分な問診により臨床症状を確認するとともに、類似の症状を呈 する疾患(尿路感染、尿路結石、膀胱癌や前立腺癌などの下部尿路における新生物 等)があることに留意し、尿検査等により除外診断を実施すること。なお、必要に応じて 専門的な検査も考慮すること。

12 さらに読み込む

医薬品リスク管理計画 (RMP) 日本標準商品分類番号 適正使用ガイド 本剤を使用するにあたっての注意点 注意 - 医師等の処方箋により使用すること ドネペジル塩酸塩口腔内崩壊錠 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 本剤の成分又はピペリジン誘導体に対し過敏症の既往歴のある患者

医薬品リスク管理計画 (RMP) 日本標準商品分類番号 適正使用ガイド 本剤を使用するにあたっての注意点 注意 - 医師等の処方箋により使用すること ドネペジル塩酸塩口腔内崩壊錠 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 本剤の成分又はピペリジン誘導体に対し過敏症の既往歴のある患者

 ◦消化器症状(食欲減退、悪心、嘔吐など)は、ドネペジル塩酸塩のコリンエステラーゼ阻害作用により、 アセチルコリンの2種類の受容体のうち末梢のムスカリン受容体へのアセチルコリン作用が増強した ために発現すると考えられます。   対処法は患者によって異なりますが、消化器症状がごく軽微な場合には、経過観察のみで症状が軽減 し、継続投与が可能なことがあります。また腸疾患治療薬との併用が有用な場合もあります。症状が 重い場合には、ドネペジル塩酸塩の一時的な減量または休薬をご検討ください。
さらに見せる

25 さらに読み込む

第 7 版 ベリプラスト P コンビセット専用付属機器 HAND BOOK 血漿分画製剤 ( 生理的組織接着剤 ) 薬価基準収載 注 ) 注意 医師等の処方箋により使用すること 禁忌 ( 次の患者には適用しないこと ) (1) 本剤の成分又は牛肺を原料とする製剤 ( アプロチ二ン等 ) に対し過敏症

第 7 版 ベリプラスト P コンビセット専用付属機器 HAND BOOK 血漿分画製剤 ( 生理的組織接着剤 ) 薬価基準収載 注 ) 注意 医師等の処方箋により使用すること 禁忌 ( 次の患者には適用しないこと ) (1) 本剤の成分又は牛肺を原料とする製剤 ( アプロチ二ン等 ) に対し過敏症

▪ ガス塞栓の恐れがあるため、先端部を切離面に挿入または密着させた状態など、目的部位に近づけ過ぎないようにしてくだ さい。 ▪ 使用するガスは圧縮空気または窒素を用い、ガス圧は0.12MPa以上に上げないでください。 ▪ これらの製品はベリプラスト専用となっておりますので製品付属のシリンジ、専用のレギュレーターをお使いください。 ▪ 胸腔内圧が2kPa(15mmHg)を超えないように慎重に管理してください。

12 さらに読み込む

ルギー性接触皮膚炎症候群と診断されました 欧州医薬品庁は昨年 7 月にケトプロフェン外用薬に関するレヴュー結果を公表し 重篤な光線過敏症の発症は10 0 万人に1 人程度でベネフィットがリスクをうわまること オクトクリレンが含まれる遮光剤が併用されると光線過敏症のリスク高まることより最終的に医師の処

ルギー性接触皮膚炎症候群と診断されました 欧州医薬品庁は昨年 7 月にケトプロフェン外用薬に関するレヴュー結果を公表し 重篤な光線過敏症の発症は10 0 万人に1 人程度でベネフィットがリスクをうわまること オクトクリレンが含まれる遮光剤が併用されると光線過敏症のリスク高まることより最終的に医師の処

消毒薬・潰瘍治療薬ほか 消毒薬・潰瘍治療薬は、かつて接触皮膚炎が多かったマーキュロクロム・チメロサー ルなどの水銀消毒薬やピオクタニンは、現在殆ど使用されなくなったため、それらの接 触皮膚炎の報告は著明に減少しました。しかし最近では、消毒薬はアレルギー性接触皮 膚炎だけでなく、刺激性接触皮膚炎の報告も多く、肉芽形成を阻害するため、潰瘍や創 部に対しては極力消毒薬の使用を控える傾向にあります。

5 さらに読み込む

警告 テガフール ギメラシル オテラシルカリウム配合剤との併用により 重篤な血液障害等 の副作用が発現するおそれがあるので 併用を行わないこと ( 相互作用 ) の項参照 ) 禁忌( 次の患者には投与しないこと ) 1. 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者 2. テガフール ギメラシル

警告 テガフール ギメラシル オテラシルカリウム配合剤との併用により 重篤な血液障害等 の副作用が発現するおそれがあるので 併用を行わないこと ( 相互作用 ) の項参照 ) 禁忌( 次の患者には投与しないこと ) 1. 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者 2. テガフール ギメラシル

対  象: 「婦人科がん化学療法の直接効果判定基準」を満たし、再治療の場合は先行治療終了後 4週間以上の期間があり、かつ前治療の影響がまったく認められない子宮頸癌44例、 卵巣癌患者40例の84例 例 数: 子宮頸癌患者は対象病変を有しない1例を除く43例が適格例で副作用による投薬中 止例2例、用量違反、他薬剤服用、患者の希望による中止などの脱落例4例、観測不備 の3例を除く34例が完全例とされた。卵巣癌患者は40例で前治療薬からの休薬不足 3例、年齢が81歳であった1例を除く36例が適格例で、副作用による投薬中止1例、 用量違反2例、治療開始後の早期死亡2例の脱落例4例を除く31例を完全例とした。 投与方法: 5’-DFUR100mgカプセル(1カプセル 中 ドキシフルリジンと し て100mg含 有 )と
さらに見せる

40 さらに読み込む

電磁波過敏症アンケート2009

電磁波過敏症アンケート2009

過敏、聴覚過敏などがある。もちろん、適切な研究や診断、治療の 発展を阻害する業界からの経済的圧迫もある。化学物質過敏、電磁波過 敏の例からも明らかではある」 (出典:『平成 17 年度厚生労働科学研究費補助金健康科学総合研究事業 微量化 学物質によるシックハウス症候群の病態解明、診断、治療対策に関する研究』 、石 川哲ら「電磁波と生体:文献的考察---最近の研究を中心として---」より引用) 国内で電磁波過敏を診療する医療機関はわずかで、社会的認知度も低く、 病院へ行っても更年期障害や精神疾患と誤診され、適切な治療を受けられない 発症者も少なくない。
さらに見せる

28 さらに読み込む

この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 過去にアムバロ配合錠 オーハラ に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ジヒドロピリジン系化合物 ( アムロジピンベシル酸塩 ニフェジピン ベニジピン塩酸塩 アゼルニジピンなど ) で過敏な反応を経験したこと

この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 過去にアムバロ配合錠 オーハラ に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ジヒドロピリジン系化合物 ( アムロジピンベシル酸塩 ニフェジピン ベニジピン塩酸塩 アゼルニジピンなど ) で過敏な反応を経験したこと

医薬品の使用による重大な副作用と考えられる場合には、ただちに医師または薬剤 師に相談してください。 ご不明な点などありましたら、末尾に記載の「お問い合わせ先」にお尋ねください。 さ ら に 詳 し い 情 報 と し て 、 PMDA ホ ー ム ペ ー ジ 「 医 薬 品 に 関 す る 情 報 」 http://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/0001.html に 添 付 文 書 情 報 が 掲載されています。

7 さらに読み込む

この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 緑内障の人 過去にトフラニール錠に含まれる成分 または他の三環系抗うつ剤で過敏な反応を経験したことがある人 心筋梗塞の回復初期の人 前立腺疾患などで尿がでない人 MAO 阻害剤 ( セレギリン塩酸塩 ラサギリンメシル酸

この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 緑内障の人 過去にトフラニール錠に含まれる成分 または他の三環系抗うつ剤で過敏な反応を経験したことがある人 心筋梗塞の回復初期の人 前立腺疾患などで尿がでない人 MAO 阻害剤 ( セレギリン塩酸塩 ラサギリンメシル酸

医薬品の使用による重大な副作用と考えられる場合には、ただちに医師または薬剤 師に相談してください。 ご不明な点などありましたら、末尾に記載の「お問い合わせ先」にお尋ねください。 さ ら に 詳 し い 情 報 と し て 、 PMDA ホ ー ム ペ ー ジ 「 医 薬 品 に 関 す る 情 報 」 http://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/0001.html に添付文書情報 が掲載されています。

7 さらに読み込む

2019 年 4 月改訂 ( 第 15 版 ) 日本標準商品分類番号 医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会の IF 記載要領 (2013 年 ) に準拠して作成 定量噴霧式鼻過敏症治療剤 剤形定量噴霧式点鼻薬 製剤の規制区分 該当しない 規格 含量 1mL 中フルチカゾンプロピ

2019 年 4 月改訂 ( 第 15 版 ) 日本標準商品分類番号 医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会の IF 記載要領 (2013 年 ) に準拠して作成 定量噴霧式鼻過敏症治療剤 剤形定量噴霧式点鼻薬 製剤の規制区分 該当しない 規格 含量 1mL 中フルチカゾンプロピ

2)比較試験 <参考> 成人の通年性鼻アレルギー患者 218 例を対象に、フルチカゾンプロピオン酸エステルエアゾール 注) 200μg/ 日(分 2)(FP 群)又はベクロメタゾンプロピオン酸エステルエアゾール 400μg/日(分 4)(BDP 群)を 2 週間投与した(二重盲検比較試験)。その結果、最終全般改善度の著明改善率は FP 群 33.3%、BDP 群 37.5% で、両群間に有意な差は認められなかった( Fisher 直接確率検定、P>0.05)。また、概括安全度では、FP 群 98.0%、BDP 群 99.0%の症例で「問題なし」と評価された。副作用は、「腹痛」(FP 群)、 「鼻出血」 ( BDP 群)の各 1 例が認められたが、それぞれ投与休薬後、中止後に消失した 10) 。
さらに見せる

57 さらに読み込む

食道狭窄 ( きょうさく ) またはアカラシア ( 食道弛緩不能症 ) などの食道障害で ものを飲み込むのに時間がかかる人 過去にリセドロン酸 Na 錠 日医工 に含まれる成分あるいは他のビスホスホネート系薬剤で過敏な反応を経験したことがある人 低カルシウム血症の人 30 分以上立っていることや上体

食道狭窄 ( きょうさく ) またはアカラシア ( 食道弛緩不能症 ) などの食道障害で ものを飲み込むのに時間がかかる人 過去にリセドロン酸 Na 錠 日医工 に含まれる成分あるいは他のビスホスホネート系薬剤で過敏な反応を経験したことがある人 低カルシウム血症の人 30 分以上立っていることや上体

再治療を受ける場合は、少なくとも 2 ヵ月間の休薬後に飲み始めます。 ●どのように飲むか? ・水で飲んでください。 水以外の飲み物(カルシウムやマグネシウムなどを多く含むミネラルウォータ ー、牛乳、コーヒー、ジュースを含む)や食べ物、他の薬と一緒に飲まないで ください。薬の吸収が悪くなる可能性があります。

6 さらに読み込む

1 ガドリニウム造影剤による腎性全身性線維症に係る安全対策について 成分名販売名 ( 会社名 ) 薬効分類等 効能 効果 1 ガドジアミド水和物 成分名販売名 ( 会社名 ) 2 ガドペンテト酸ジメグルミン 3 ガドキセト酸ナトリウム 4 ガドテリドール 5 ガドテル酸メグルミン その他の診断用薬

1 ガドリニウム造影剤による腎性全身性線維症に係る安全対策について 成分名販売名 ( 会社名 ) 薬効分類等 効能 効果 1 ガドジアミド水和物 成分名販売名 ( 会社名 ) 2 ガドペンテト酸ジメグルミン 3 ガドキセト酸ナトリウム 4 ガドテリドール 5 ガドテル酸メグルミン その他の診断用薬

(3)ガドリニウム造影使用に関する関連ガイドラインについて  日本医学放射線学会・日本腎臓学会による「腎障害患者におけるガドリニウム造影使用に関する ガイドライン 1) 」では,造影MRI検査にあたっての使用指針を示しており,「緊急検査などでやむを得 ない場合を除き,腎機能(糸球体濾過量(GlomerularFiltrationRate,以下,「GFR」という。))を評 価すべきである。臨床的には,性別,年齢,及び血清クレアチニン値から推算GFR(推算糸球体濾過 量(EstimatedGlomerularFiltrationRate,以下,「eGFR」という。))を算出して腎機能を評価するこ とが推奨される。なお,血清クレアチニン値は,できるだけ造影MRI検査日直近のデータを使用する。」 旨が明記されている。また,終末期腎障害,慢性腎不全,急性腎不全の患者については,「原則として ガドリニウム造影を使用せず,他の検査法で代替すべき」とされており,「やむを得ずガドリニウム 造影を使用しなければならない場合には,NSF発症報告の多いガドリニウム造影の使用を避けるこ とが望ましい」とされている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) [ 全効能共通 ] (1) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 (2) 出血している患者 ( 頭蓋内出血, 消化管出血等の臨床的に重大な出血 )[ 出血を助長するおそれがある.] (3) 凝固障害を伴う肝疾患の患者 [ 出血の危険性が増大するおそれがあ

禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) [ 全効能共通 ] (1) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 (2) 出血している患者 ( 頭蓋内出血, 消化管出血等の臨床的に重大な出血 )[ 出血を助長するおそれがある.] (3) 凝固障害を伴う肝疾患の患者 [ 出血の危険性が増大するおそれがあ

(1) DVT 又は PE 患者を対象とする国外第Ⅲ相試験((EINSTEIN-DVT 及び-PE 試験)、及び国内第 Ⅲ相試験(J-EINSTEIN-DVT 及び-PE 試験)の成績に基づいて当該効能効果が設定されました。 (2) PE 患者の中には血行動態が不安定な患者、緊急的に血栓溶解療法又は肺塞栓摘除術といった 出血リスクや侵襲性の高い治療を受ける必要がある患者も含まれます。このような患者には、 消失半減期が 5~13 時間を要する本薬ではなく、より半減期が短いヘパリンの使用が望まし いとされています。従いまして、本をヘパリンの代替薬として使用しないで下さい。
さらに見せる

44 さらに読み込む

医薬品リスク管理計画対象製品 日本標準商品分類番号 投与ガイドブック 監修 : 虎の門病院臨床腫瘍科高野利実先生 禁忌 ( 次の患者には投与しないでください ) 1. 本剤の成分又は他の顆粒球コロニー形成刺激因子製剤に過敏症の患者 2. 骨髄中の芽球が十分減少していない骨髄性白血病の患

医薬品リスク管理計画対象製品 日本標準商品分類番号 投与ガイドブック 監修 : 虎の門病院臨床腫瘍科高野利実先生 禁忌 ( 次の患者には投与しないでください ) 1. 本剤の成分又は他の顆粒球コロニー形成刺激因子製剤に過敏症の患者 2. 骨髄中の芽球が十分減少していない骨髄性白血病の患

VCR+Adriamycin ® +DEX, RIC : reduced-intensity conditioning, MAC : myeloablative conditioning ※ 1 寛解導入療法中は、骨髄中の芽球< 15 %であれば、感染を合併した時に救命目的に G-CSF の使用は許可された。 ※ 2 寛解後療法では、白血病細胞は< 10 %に減少しており、好中球減少期には感染の合併が多いため、治療後の積極的な G-CSF 投与が推奨された。 ※ 3 寛解導入療法の化学療法投与直後より好中球> 1,500/ μ L となるまで G-CSF が投与された。
さらに見せる

36 さらに読み込む

この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 過去にアムバロ配合錠 オーハラ に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ジヒドロピリジン系化合物 ( アムロジピンベシル酸塩 ニフェジピン ベニジピン塩酸塩 アゼルニジピンなど ) で過敏な反応を経験したこと

この薬を使う前に 確認すべきことは? 次の人は この薬を使用することはできません 過去にアムバロ配合錠 オーハラ に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ジヒドロピリジン系化合物 ( アムロジピンベシル酸塩 ニフェジピン ベニジピン塩酸塩 アゼルニジピンなど ) で過敏な反応を経験したこと

・ 急激な血圧の低下(失神、意識消失など)があらわれることがあるので、その ような場合には、医師に連絡してください。特に、透析中の人、利尿降圧を 使っている人や厳重な減塩療法中の人では十分注意してください。 ・ 肝炎などの重篤な肝障害があらわれたとの報告があるので、吐き気、嘔吐、体 がだるいなどの症状があらわれた場合には、速やかに医師に相談してください。

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...