別表第4に掲げる地域の区分

Top PDF 別表第4に掲げる地域の区分:

尼崎市告示第 95 号騒音規制法の規定に基づく規制値息の指定及び区域の区分について騒音規制法第 3 条第 1 項の規定に基づき 特定工場等において発生する騒音及び特定建設佐合に伴って発生する騒音について規制する地域として 次の表の左欄に掲げる地域を指定し かつ その地域を同表の右欄に掲げる区域に区分

尼崎市告示第 95 号騒音規制法の規定に基づく規制値息の指定及び区域の区分について騒音規制法第 3 条第 1 項の規定に基づき 特定工場等において発生する騒音及び特定建設佐合に伴って発生する騒音について規制する地域として 次の表の左欄に掲げる地域を指定し かつ その地域を同表の右欄に掲げる区域に区分

尼崎市告示95号 騒音規制法規定基づく規制値息指定及び区域区分 ついて 騒音規制法3条1項規定基づき、特定工場等において発生す る騒音及び特定建設佐合伴って発生する騒音について規制する地域と して、次左欄掲げる地域を指定し、かつ、その地域を同表右 欄掲げる区域区分し、平成13年4月1日から適用する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

壁等の強さは 各階の張り間方向又はけた行方向につき 令第 46 条第 4 項表 1の軸組の種類の欄に掲げる区分に応じて倍率の欄に掲げる数値に 1.96 を乗じた数値 ( 別表第 2の軸組の種類の欄に掲げる軸組にあっては それぞれ同表の倍率の欄に掲げる数値とする )( 以下 壁強さ倍率 という ) に

壁等の強さは 各階の張り間方向又はけた行方向につき 令第 46 条第 4 項表 1の軸組の種類の欄に掲げる区分に応じて倍率の欄に掲げる数値に 1.96 を乗じた数値 ( 別表第 2の軸組の種類の欄に掲げる軸組にあっては それぞれ同表の倍率の欄に掲げる数値とする )( 以下 壁強さ倍率 という ) に

E 壁等配置による保有耐力低減を表す数値として、別表側端部分壁量充足 率、反対側側端部分壁量充足率及び直上階仕様応じて、同表低減係数 掲げる数値 ハ イ定める建築物各階 Qr は、次式によって得られる数値(1階が鉄骨造又は鉄筋 コンクリート造で2階又は3階が木造である建築物木造部分 Qr あっては、同式 によって得られる数値を 1.2 倍した数値)とする。ただし、令 88 条1項及び2項 規定により各階地震力を算出する場合においては、当該算出によることができるものと する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(i) Export of goods listed in the middle column of appended table 2 to the regions listed in the lower column of the same table; 一の二別表第二の二に掲げる貨物 ( 別表第

(i) Export of goods listed in the middle column of appended table 2 to the regions listed in the lower column of the same table; 一の二別表第二の二に掲げる貨物 ( 別表第

(2) With regard to a transaction conducted for the purpose of providing specified technology, as permitted, by a person who has obtained, prior to the enforcement of this Cabinet Order, permission under Article 17-2, paragraph (1) of the Foreign Exchange Control Order prior to the revision with respect to transactions for the purpose of providing specified technology in the Czech Republic or Slovakia, the provisions then in force shall remain applicable. 3 この政令施行前チェッコ又はスロヴァキアを仕向地とする貨物輸出について
さらに見せる

108 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - 【XML気象データ】VLEDご紹介資料 ppt [互換モード]

2 3 階施設 建築基準法第 2 条第 9 号の2に規定する耐火建築物又は同条第 9 号の3に規定する準耐火建築物であること 保育室等が設けられている次の表の欄に掲げる区分ごとに それぞれ同表の右欄に掲げる施設又は設備が1 以上設けられていること 区分施設又は設備 1 建築基準法施行令第 123 条

調理員を配置すること。ただし、保育従事者数及び有資格者配置基準を遵守したうえで、 保育従事者が兼任することができる。 ただし、施設内で調理業務を全部委託する場合、連携施設(保育所、幼稚園、認定こど も園)または給食搬入施設(同一事業者(事業者が法人である場合は系列法人を含む) が運営する他小規模保育事業所、社会福祉施設または病院)から食事を搬入する場合あ っては、調理員を配置しないことができる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

新区の欄各項に掲げる区分に応じ それぞれ別表第 4 及び別表第 5のイの欄に掲げる数値を超えてはならない 2 前項の建築物の建ぺい率の算定に当たっては 当該建築物の敷地内に防災調整池及び防災調整池管理通路がある場合においては 敷地面積は これらの面積を除いたものとする 2 / 12 ては 同表のイの

新区の欄各項に掲げる区分に応じ それぞれ別表第 4 及び別表第 5のイの欄に掲げる数値を超えてはならない 2 前項の建築物の建ぺい率の算定に当たっては 当該建築物の敷地内に防災調整池及び防災調整池管理通路がある場合においては 敷地面積は これらの面積を除いたものとする 2 / 12 ては 同表のイの

(1) 増築又は改築が基準時(法3条2項規定により3条規定 適用を受けない建築物について、法3条2項規定により引き続き 3条規定(同条規定が改正された場合においては、改正前規定を含 む。)適用を受けない期間始期をいう。以下同じ。)における敷地内 におけるものであり、かつ、増築又は改築後における容積率及び建ぺい率 が基準時における敷地面積に対してそれぞれ法52条1項又は5項及 び法53条規定適合すること。
さらに見せる

12 さらに読み込む

土地評価 第 5 章土地評価 次のいずれかの資格を有する者とする 実施規程第 3 条に掲げる土地評価部門の補償業務管理士 登録規程第 2 条第 1 項の別表に掲げる土地評価部門に係る補償業務管理者 登録規程第 2 条第 1 項の別表に掲げる土地評価部門に係る補償業務に関し7 年以上の実務経験を有する

土地評価 第 5 章土地評価 次のいずれかの資格を有する者とする 実施規程第 3 条に掲げる土地評価部門の補償業務管理士 登録規程第 2 条第 1 項の別表に掲げる土地評価部門に係る補償業務管理者 登録規程第 2 条第 1 項の別表に掲げる土地評価部門に係る補償業務に関し7 年以上の実務経験を有する

・登録規程2条1項別表掲げる土地評価部門 係る補償業務に関し7年以上実務経験を有する者 ・不動産鑑定評価に関する法律(昭和38年法律1 52号)定める不動産鑑定士又は不動産鑑定士補 2号定 建築士法(昭和25年法律202号)2条2項 める建物区分内、 規定する一級建築士資格を有する者であり、かつ、次 非木造建物[Ⅰ] いずれか資格を有する者とする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

第 4 条建築物の容積率は 別表第 2に特別の定めがある場合を除き 同表の計画に応じ 同表イ欄に掲げる数値以下でなければならない ( 平 18 条例 12 一部改正 ) ( 建築物の建ぺい率の最高限度 ) 第 5 条建築物の建ぺい率は 別表第 2に特別の定めがある場合を除き 同表の計画に応じ 同表ウ

第 4 条建築物の容積率は 別表第 2に特別の定めがある場合を除き 同表の計画に応じ 同表イ欄に掲げる数値以下でなければならない ( 平 18 条例 12 一部改正 ) ( 建築物の建ぺい率の最高限度 ) 第 5 条建築物の建ぺい率は 別表第 2に特別の定めがある場合を除き 同表の計画に応じ 同表ウ

(2) 増築前における自動車車庫等用途供しない部分床面積合計が基 準時における自動車車庫等用途供しない部分床面積合計を超えない ものであること。 (3) 増築又は改築後における自動車車庫等用途供する部分床面積合 計が増築又は改築後における当該建築物床面積合計5分の1(改築 場合において、基準時における自動車車庫等用途供する部分床面積 合計が基準時における当該建築物床面積合計5分の1を超えていると きは、基準時における自動車車庫等用途供する部分床面積合計)を 超えないものであること。
さらに見せる

53 さらに読み込む

基準1  令別表1に掲げる防火対象物の取扱に関する基準

基準1  令別表1に掲げる防火対象物の取扱に関する基準

は老人デイサービスとして使用し、夜間は集会場として使用する等)は、(1)項 ロも(6)項ハ(1)も該当するものであって、それぞれ用途供するもの として必要とされる技術上基準を満たさなければならない。 (5) 一般住宅(個人住居供されるもので、寄宿舎、下宿、共同住宅以外をいう。以下この1において同じ。)用途供される部分が存する防火対象 物については、前(1)から()までによるほか、次により決定すること。この 場合において、令別表一(16)項防火対象物該当した場合は、一般住宅と 令別表一(1)項から(15)項まで用途による複合用途防火対象物であるこ と。
さらに見せる

40 さらに読み込む

(1) 三重県条例で規定した事項 特定遊興飲食店営業の営業所設置許容地域 三重県条例第 23 条 三重県条例で定める営業ができる地域は 次のいずれにも該当する地域とする 三重県条例別表第 2 に掲げる区域 別表第 2 1 四日市市西新地 ( 市道西新地久保田線から北側及び東側の区域を除く ) 諏訪栄

(1) 三重県条例で規定した事項 特定遊興飲食店営業の営業所設置許容地域 三重県条例第 23 条 三重県条例で定める営業ができる地域は 次のいずれにも該当する地域とする 三重県条例別表第 2 に掲げる区域 別表第 2 1 四日市市西新地 ( 市道西新地久保田線から北側及び東側の区域を除く ) 諏訪栄

参加型サービスについては、遊戯等を行うよう客勧める行為、遊戯等を 盛り上げるため言動や演出を行う行為等は、積極的な行為当たります。 これに対して、客が自ら遊戯を希望した場合限ってこれを行わせるととも 、客遊戯に対して営業者側が何ら反応も行わないような場合は、積極的 な行為当たりません。

5 さらに読み込む

ム, ジフェニル, チアベンダゾール, ピリメタニル又はフルジオキソニルを含む場合には, 物質名及び用途名を表示し, その他の表示事項については表示を省略できるものであること (2) 添加物及びその製剤に係る表示についてア添加物及びその製剤については, 規則別表第 1 に掲げる添加物 ( 府令別表第

ム, ジフェニル, チアベンダゾール, ピリメタニル又はフルジオキソニルを含む場合には, 物質名及び用途名を表示し, その他の表示事項については表示を省略できるものであること (2) 添加物及びその製剤に係る表示についてア添加物及びその製剤については, 規則別表第 1 に掲げる添加物 ( 府令別表第

糸状菌(Aspergillus aureus, Aspergillus niger, Aspergillus oryzae)、細菌 (Alcaligenes latus, Arthrobacter, Bacillus amyloliquefaciens, Bacillus licheniformis, Bacillus stearothermophilus, Bacillus subtilis, Sulfolobus solfataricus)若しくは 放線菌(Thermomonospora viridis)培養液よ り、又は麦芽より、冷時~室温時水で抽出して得 られたもの、除菌したもの若しくは濃縮したも 、冷時エタノール、含水エタノール若しくはア セトンで処理して得られたもの、又は硫酸アンモ ニウム等で分画した後、脱塩処理して得られたも である。
さらに見せる

51 さらに読み込む

ム, ジフェニル, チアベンダゾール, ピリメタニル又はフルジオキソニルを含む場合には, 物質名及び用途名を表示し, その他の表示事項については表示を省略できるものであること (2) 添加物及びその製剤に係る表示についてア添加物及びその製剤については, 規則別表第 1 に掲げる添加物 ( 府令別表第

ム, ジフェニル, チアベンダゾール, ピリメタニル又はフルジオキソニルを含む場合には, 物質名及び用途名を表示し, その他の表示事項については表示を省略できるものであること (2) 添加物及びその製剤に係る表示についてア添加物及びその製剤については, 規則別表第 1 に掲げる添加物 ( 府令別表第

(2)添加物及びその製剤係る表示について ア 添加物名称及びその製剤成分表示あっては,一括名又は簡略名を名称として用いる ことはできないこと。 イ 規則別表 1 掲げる添加物表示は規則別表 1 掲げる名称により行うこと。既存添加 物表示は,名簿掲げる名称又は別添 1 掲げる品名により行うものであること。また,天 然香料及び一般飲食物添加物表示は,別添 2 及び別添 3 掲げる品名により行うものである こと。ただし,別添 2 及び別添 3 記載ない添加物あっては,当該添加物であることが特
さらに見せる

28 さらに読み込む

(3) 用途 1 次の用途に使用できます ( 商標法施行令別表第 14 類 第 16 類 第 26 類 第 35 類及び第 41 類の区分において使用できます 各区分の詳細につきましては 商標法施行規則別表をご覧ください ) Ⅰ 広報用印刷物 書籍 テキスト 名刺 シール等の紙 紙製品等 Ⅱ キーホ

(3) 用途 1 次の用途に使用できます ( 商標法施行令別表第 14 類 第 16 類 第 26 類 第 35 類及び第 41 類の区分において使用できます 各区分の詳細につきましては 商標法施行規則別表をご覧ください ) Ⅰ 広報用印刷物 書籍 テキスト 名刺 シール等の紙 紙製品等 Ⅱ キーホ

② 技能士が、所持している職種・作業・等級を表示したロゴマークを名刺刷り込み、 技能をアピールする。 例.1級1職種 1級3職種・単一等級1職種 2級1職種 ③ 自社社員技能検定取得積極的取り組んでいる企業が、ホームページロゴマ ークを掲載し、社員育成をアピールする。

10 さらに読み込む

住宅地区 A 約 41.1 ha (1) 長屋 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) (2) 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 建基法 という ) 別表第 2( い ) 項第 3 号に掲げる共同住宅 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) 寄宿舎又は下宿 (3) 建基法別表第

住宅地区 A 約 41.1 ha (1) 長屋 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) (2) 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 建基法 という ) 別表第 2( い ) 項第 3 号に掲げる共同住宅 ( 住戸の数が 2 戸のものを除く ) 寄宿舎又は下宿 (3) 建基法別表第

面 積 約 5.9 ha 地区計画目標 印西都市計画区域は、首都圏整備法基づく近郊整備地帯位置し、首都東京を中心 とする過密地域から人口流入適切対処し、良好な宅地を大量供給する目的で、 千葉県及び独立行政法人都市再生機構共同施行による新住宅市街地開発事業(以下 「新住事業」という。)により、千葉ニュータウン開発が進められてきたが、平成2 5年度末をもって事業完了を迎えた。また、成田・千葉ニュータウン業務核都市として 整備が進められ、業務等諸機能立地促進が図られたことにより、①北総地域拠点 都市及び首都圏における良好な宅地供給地として ②首都圏における広域連携拠点と して ③近郊レクリエーション拠点として ④立地優位性と地域資源を生かした拠点 として役割を担うことを目指している。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2 JWWA Z 108/ Z 109/ Z 110 規格改正案 ( 公開縦覧用 ) 3.1 浸出基準項目技術基準省令における別表第 2 の上欄に掲げる各事項をいう 3.2 浸出基準値技術基準省令における別表第 2 の下欄に掲げる各事項の基準に定める数値をいう 3.3 表層用材料主としてコンクリート

2 JWWA Z 108/ Z 109/ Z 110 規格改正案 ( 公開縦覧用 ) 3.1 浸出基準項目技術基準省令における別表第 2 の上欄に掲げる各事項をいう 3.2 浸出基準値技術基準省令における別表第 2 の下欄に掲げる各事項の基準に定める数値をいう 3.3 表層用材料主としてコンクリート

験液)についてはこのろ液塩酸を加えて pH 値を 2 以下としたものを用いる。e) (臭味評価試験液) については対象薬品試料添加濃度を設定最大注入率とし,上記と同様凝集・沈澱・ろ過処理を行 い,このろ液を用いる。 ただし,マンガン砂ろ過が浄水処理工程含まれる場合は,上記ろ過処理代えて,マンガ ン砂を充填したカラム(カラムφ20 mm 以上,砂層厚 200 ~ 600 mm,LV=5 ~ 6 m/hr)を用いたろ過 処理でもよい。この場合,カラム流出水(ろ液)遊離残留塩素が十分保たれるよう上澄水 次亜塩素酸ナトリウム溶液を添加する。これをカラム流入させ,カラム内水が充分入れ替わっ た後流出水を採取し,必要応じてろ過を行う。
さらに見せる

163 さらに読み込む

にあっては別表 2 1をいう 以下第 4 及び第 5において同じ ) の ( い ) 項に掲げるものとする ただし 性能を表示しようとする住宅 ( 以下 性能表示住宅 という ) が ( ろ ) 項に掲げる適用範囲に該当しない場合においては この限りでない 2 表示の方法は 別表の ( い ) 項に

にあっては別表 2 1をいう 以下第 4 及び第 5において同じ ) の ( い ) 項に掲げるものとする ただし 性能を表示しようとする住宅 ( 以下 性能表示住宅 という ) が ( ろ ) 項に掲げる適用範囲に該当しない場合においては この限りでない 2 表示の方法は 別表の ( い ) 項に

2 前項規定かかわらず、この告示による改正後日本住宅性能表示基準別表5―1規定は、住宅性能 評価については平成二十六年二月二十五日以降設計住宅性能評価が申請される住宅から、住宅型式性能認定又は 型式住宅部分等製造者認証については平成二十六年二月二十五日以降住宅型式性能認定が申請される住宅又は その部分から、特別評価方法認定については平成二十六年二月二十五日以降試験がされる特別評価方法認定から、 それぞれ適用することを妨げない。この場合において、平成二十七年三月三十一日まで間は、当該住宅性能評価 における「断熱等性能等級」は「省エネルギー対策等級」とみなすことができる。
さらに見せる

49 さらに読み込む

塀 フェンス 駐車場 通路 自転車置場 ゴミ集積所 排水溝 排水口 外灯設備 植栽 掲示板 専用庭 プレイロット ( 管理事務の内容及び実施方法 ) 第 3 条管理事務の内容は 次のとおりとし 別表第 1から第 4に定めるところにより実施する 一事務管理業務 ( 別表第 1に掲げる業務 ) 二管理員

塀 フェンス 駐車場 通路 自転車置場 ゴミ集積所 排水溝 排水口 外灯設備 植栽 掲示板 専用庭 プレイロット ( 管理事務の内容及び実施方法 ) 第 3 条管理事務の内容は 次のとおりとし 別表第 1から第 4に定めるところにより実施する 一事務管理業務 ( 別表第 1に掲げる業務 ) 二管理員

収納口座 ○○銀行○○支店 保管口座 ○○銀行○○支店 ⑥ マンション管理業者は、甲収納口座と甲保管口座を設ける場合あっては、 次要件を両方とも満たさない場合は、収納口座収納される一月分管理費等 合計額以上つき、有効な保証契約を締結していることが必要なことから、保 証契約内容等を記載するものとする。なお、「有効な保証契約」とは、マンショ ン管理業者が保証契約を締結していなければならないすべて期間にわたって、適 正化法規則 87 条3項規定する保証契約を締結していることが必要であると 趣旨である。したがって、管理委託契約契約期間途中で保証契約期間が満了 する場合は、当該保証契約更新等をしなければならない。
さらに見せる

46 さらに読み込む

(1) 別表第 1に掲げる園児の属する世帯の区分に応じ 同表に掲げる補助限度額を限度として市長が定める額とする (2) 別表第 に定める額 2 別表第 1の保育料等減免措置階層区分が2の項からの項までの世帯に該当する場合で園児の保護者又は保護者と同一の世帯に属する者が次に掲げる者に該当する場合におい

(1) 別表第 1に掲げる園児の属する世帯の区分に応じ 同表に掲げる補助限度額を限度として市長が定める額とする (2) 別表第 に定める額 2 別表第 1の保育料等減免措置階層区分が2の項からの項までの世帯に該当する場合で園児の保護者又は保護者と同一の世帯に属する者が次に掲げる者に該当する場合におい

(補助事業等実績報告書様式等) 8条 規則13条1項補助事業等実績報告書様式は、様式7号とおり とする。 2 前項補助事業等実績報告書は、補助対象事業が完了した後(当該事業中止又は 廃止承認を受けた場合あっては当該承認を受けた後)30日以内又は当該事業 属する年度3月20日いずれか早い日まで市長提出しなければならない。 3 規則13条1項1号事業報告書及び同項2号収支決算書様式は、
さらに見せる

28 さらに読み込む

地震対応分 3 基金事業対象経費及び補助事業対象経費 ( 以下 補助対象経費 という ) の区分及びこれに対する補助率は 別表に定めるところによる ( 流用の禁止 ) 第 4 別表の区分の欄に掲げる1から3までの事業の相互間における経費の流用をしてはならない また 別表の区分の1に掲げる事業における

地震対応分 3 基金事業対象経費及び補助事業対象経費 ( 以下 補助対象経費 という ) の区分及びこれに対する補助率は 別表に定めるところによる ( 流用の禁止 ) 第 4 別表の区分の欄に掲げる1から3までの事業の相互間における経費の流用をしてはならない また 別表の区分の1に掲げる事業における

2 基金管理団体及び補助事業者は、1規定による交付申請書を提出する当た って、当該補助金係る消費税仕入控除税額(補助対象経費含まれる消費税及 び地方消費税相当する額うち、消費税法(昭和63年法律108号)規定す る仕入れ係る消費税額として控除することができる部分金額と当該金額地 方税法(昭和25年法律226号)規定する地方消費税率を乗じて得た金額と 合計額補助率を乗じて得た金額をいう。以下同じ。)があり、かつ、その金額 が明らかな場合は、これを減額して申請しなければならない。ただし、申請時 において当該補助金係る消費税仕入控除税額が明らかでない場合は、この限 りでない。
さらに見せる

27 さらに読み込む

別表 ( 第 2 第 3 第 7 関係 ) 区分経費補助率 重要な変更経費の配分の変更事業の内容の変更 (2) 動物用医薬品安全等対策事 定 額 経費の欄に掲げるア 業費 からウまでの経費の相互間における経費の増 ア 動物用医薬品国際基準等 減 対策費 事業実施主体が実施要領に基づいて事業を行うのに

別表 ( 第 2 第 3 第 7 関係 ) 区分経費補助率 重要な変更経費の配分の変更事業の内容の変更 (2) 動物用医薬品安全等対策事 定 額 経費の欄に掲げるア 業費 からウまでの経費の相互間における経費の増 ア 動物用医薬品国際基準等 減 対策費 事業実施主体が実施要領に基づいて事業を行うのに

(注) 1 処分制限年月日欄は、処分制限終期を記入すること。 2 処分内容欄は、譲渡、交換、貸付け、担保提供等別記入すること。 3 備考欄は、譲渡先、貸付先、抵当権設定権者名称又は補助金返還額を記入すること。  この書式より難い場合は、処分制限期間欄及び処分状況欄を含む他様式をもって代えることが できる。

16 さらに読み込む

2 歯科診療報酬点数表 項目現行改正案 第 1 章 基本診療料 第 1 部 初 再診料 通則 通則の見直し 3 入院中の患者 ( 区分番号 A400に掲げる短 3 入院中の患者 ( 区分番号 A400に掲げる短 期滞在手術等基本料を算定する患者を含む ) 期滞在手術等基本料を算定する患者を含む )

2 歯科診療報酬点数表 項目現行改正案 第 1 章 基本診療料 第 1 部 初 再診料 通則 通則の見直し 3 入院中の患者 ( 区分番号 A400に掲げる短 3 入院中の患者 ( 区分番号 A400に掲げる短 期滞在手術等基本料を算定する患者を含む ) 期滞在手術等基本料を算定する患者を含む )

【注見直し】 注1 あらかじめ在宅患者訪問薬剤管理指導を行 注1 あらかじめ在宅患者訪問薬剤管理指導を行 う旨を地方厚生局長等届け出た保険薬局 う旨を地方厚生局長等届け出た保険薬局 おいて、1については、在宅で療養を行って おいて、1については、在宅で療養を行って いる患者(当該患者と同一建物居住する いる患者(当該患者と同一建物居住する 他患者に対して当該保険薬局が同一日訪 他患者に対して当該保険薬局が同一日訪 問薬剤管理指導を行う場合当該患者(以下 問薬剤管理指導を行う場合当該患者(以下 「同一建物居住者」という。)を除く。)で 「同一建物居住者」という。)を除く。)で あって通院が困難なものに対して、2つい あって通院が困難なものに対して、2つい ては、在宅で療養を行っている患者(同一建 ては、在宅で療養を行っている患者(同一建 物居住者限る。)であって通院が困難なも 物居住者限る。)であって通院が困難なも に対して、医師指示基づき、保険薬剤 に対して、医師指示基づき、保険薬剤 師が薬学的管理指導計画を策定し、患家を訪 師が薬学的管理指導計画を策定し、患家を訪 問して、薬学的管理及び指導を行った場合 問して、薬学的管理及び指導を行った場合 、1と2を合わせて患者1人につき月回 、1と2を合わせて患者1人につき月回 (末期悪性腫瘍患者及び中心静脈栄養法 (末期悪性腫瘍患者及び中心静脈栄養法 対象患者については、週2回かつ月8回) 対象患者については、週2回かつ月8回) 限り算定する。この場合において、1と2 限り算定する。この場合において、1と2 を合わせて保険薬剤師1人につき1日5回 を合わせて保険薬剤師1人につき週40回限り算定できる。 り算定できる。
さらに見せる

101 さらに読み込む

Show all 10000 documents...