分散型ネットワーク構造

Top PDF 分散型ネットワーク構造:

社団法人電子情報通信学会 THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS 信学技報 IEICE Technical Report 高度に分散したモバイルデータ配信に向けた 松原大典 データ指向型ネットワーク

社団法人電子情報通信学会 THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS 信学技報 IEICE Technical Report 高度に分散したモバイルデータ配信に向けた 松原大典 データ指向型ネットワーク

キーワード 新世代ネットワーク、データ指向ネットワーク、CCN、ICN、モビリティ Data-centric Network for Highly Distributed and Mobile Data Distribution Daisuke MATSUBARA † Hitoshi YABUSAKI † Satoru OKAMOTO ‡ and Naoaki YAMANAKA ‡ †Hitachi, Ltd., Yokohama Research Laboratory 292 Yoshida-cho, Totsuka-ku, Yokohama, Kanagawa, 244-0817 Japan

6 さらに読み込む

失語症者における構文ネットワーク構造の実証的研究

失語症者における構文ネットワーク構造の実証的研究

第 2 章では、まず、失語症者の格助詞の使用について、どのような誤りが生じやすいのか、 先行研究を通して概観した。そして、失語症者の格助詞「デ」の構文ネットワーク構造につい て、失語症者および健常中高年者の助詞の穴埋め課題や文想起課題を実施することにより、そ の特徴について明らかにした。その結果、助詞の穴埋め課題では「道具」と「場所」の用法が 正答率の高い結果を示し、また、文想起課題では、 「道具」→「場所」→「原因」→「様態」→ 「時間」の順に想起率が低下していた。以上のことから、中心的用法である「場所」や「道具」 の用法については、失語症者は比較的良好に判断しているものの、 「場所」から抽象化した用法 である「時間」や、また、 「道具」から抽象化した用法の「原因」などの周辺的な用法について は、同じ格助詞「デ」であっても失語症者にとって難しい用法であると考えられた。
さらに見せる

4 さらに読み込む

ネットワーク型RTK-GPS測量

ネットワーク型RTK-GPS測量

なのに全天日射量時間変化が 0.5MJ/m 2 未満であった時点(不足)が 2 時点あった。これらの結果は、 全天日射量の時間変化が仮想基準点発生に使用した電子基準点への局部的な水蒸気等の影響を推測 することに利用可能なことを示しているといえる。 GPS 測量(干渉測位)の精度は、原理的にはどの測量方式も 10mm 前後であるため、途中に仮想 基準点を設けるネットワーク RTK-GPS 測量は理論的には 10mm と 10mm の累積誤差(14mm) と考えられる。そのため、今回の結果は妥当であったといえるが、離散的に成果が得られ、再測しか 精度保証が確保できないため、引き続き観測特性の理解に努めていくことが必要である。
さらに見せる

29 さらに読み込む

StarBED を用いた大規模ネットワーク における分散システム検証 National Institute of Information and Communications Technology 原井洋明 情報通信研究機構 光ネットワーク研究所ネットワークアー

StarBED を用いた大規模ネットワーク における分散システム検証 National Institute of Information and Communications Technology 原井洋明 情報通信研究機構 光ネットワーク研究所ネットワークアー

安全対策 ネットワーク 増設 収容SW ポート番号 サーバホスト名 備考 グループ 0/1 HRKc302kssv0100 1 0/2 HRKc302kssv0200 1 0/3 HRKc302kssv0300 ↓ 1 0/4 HRKc302kssv0400 1 0/5 HRKc302kssv0500 1 0/6 HRKc302kssv0600 1 0/7 HRKc302kssv0700 1 0/8 HRKc302kssv0800 1 0/9 HRKc302kssv0900 1 0/10 HRKc302kssv1000 1 0/11 HRKc302kssv1100 1 0/12 HRKc302kssv1200 2 0/13 HRKc302kssv1300 2 0/14 HRKc302kssv1400 2 0/1 HRKc303kssv0100 2 0/2 HRKc303kssv0200 2 0/3 HRKc303kssv0300 2 0/4 HRKc303kssv0400 2 0/5 HRKc303kssv0500 2 0/6 HRKc303kssv0600 2 0/7 HRKc303kssv0700 2 0/8 HRKc303kssv0800 2 0/9 HRKc303kssv0900 3 0/10 HRKc303kssv1000 3 0/11 HRKc303kssv1100 3 0/12 HRKc303kssv1200 3 0/13 HRKc303kssv1300 3 HRKc302pf400100 サーバ本体
さらに見せる

28 さらに読み込む

分散型エネルギーインフラ プロジェクトについて 平成 26 年 5 月 13 日 総務省地域力創造グループ地域政策課

分散型エネルギーインフラ プロジェクトについて 平成 26 年 5 月 13 日 総務省地域力創造グループ地域政策課

・自立のエネルギー設備例としては、太陽エネルギーやごみの排熱の利用、分散電源の導入など、需要地に近い地域にあるエネルギーの活用を想定。 ・地域の特性を活かした地域づくりを進めるためには、建築の設計者や都市計画者、自治体など、建築や地域づくりに関わる人たちが、エネルギー利用やそのためのイ ンフラ計画に関わることが必要。 ・都市づくりの方向性も、人口減少高齢社会を迎えて、コンパクト化に向けた視点が強まっており、地域的なエネルギーシステムを構築する好機。
さらに見せる

15 さらに読み込む

SonicWall TZ シリーズ 中小組織および分散型企業向けの統合脅威防御と SD-WAN プラットフォーム SonicWall TZ シリーズは 小規模から中規模の組織 および分散型企業に あらゆる要件を満たす統合セキュリティソリューションの利点をもたらします 高速な脅威防御およびソフトウェア

SonicWall TZ シリーズ 中小組織および分散型企業向けの統合脅威防御と SD-WAN プラットフォーム SonicWall TZ シリーズは 小規模から中規模の組織 および分散型企業に あらゆる要件を満たす統合セキュリティソリューションの利点をもたらします 高速な脅威防御およびソフトウェア

双方向インスペクション インバウンドとアウトバウンドの両方のトラフィックで同時に脅威をスキャンして、ネットワークがマルウェアの配布 に使用されておらず、感染したマシンが内部に持ち込まれた場合に攻撃の踏み台にもならないことを確認します。 ストリームベースのインスペクション プロキシとバッファを必要としないインスペクションテクノロジーにより、ファイルとストリームサイズに制限を設け ることなく数百万の同時ネットワークストリームの DPI をきわめて低いレイテンシで実行でき、一般的なプロトコル にも生の TCP ストリームにも適用できます。 高い並列性とスケーラビリティ 独自設計の RFDPI エンジンがマルチコアアーキテクチャと連動して、高い DPI スループットときわめて高速での新 規セッション確立を実現し、要求の厳しいネットワークでのトラフィックの急増に対処します。 シングルパスインスペクション シングルパス DPI アーキテクチャは、マルウェア、侵入、アプリケーション識別のスキャンを同時に行い、DPI のレ イテンシを劇的に低減します。また、すべての脅威情報を 1 つのアーキテクチャ内で確実に関連付けます。
さらに見せる

16 さらに読み込む

RIETI - 地域クラスター・ネットワークの構造分析- ‘Small-world’ Networks化した関西医療及び九州半導体産業ネットワーク―

RIETI - 地域クラスター・ネットワークの構造分析- ‘Small-world’ Networks化した関西医療及び九州半導体産業ネットワーク―

我々は、こうした考え方を総括し、次のように定義する 7 。すなわち、地域クラスターとは、①特 定分野に関し、地理的に近接した範囲内に、産学官の関連、互いに補完する行動主体が集まっており、 ②その集団の中にノウハウや知見、標準、生産技術といった価値あるものが蓄積されており、③集団 内に、競争と緊張関係を維持しつつ、情報の流通・融合と柔軟な協働を効率化する、網の目のような ネットワーク(又は空間)が発達した状態である。クラスター内では、そうした事業環境の条件を利 用して、チャンスと脅威を共有し、競争と協働が活発に行われることになる。ここで言う協働につい ては、情報の交換や共有、イノベーションの方向性の共有といった緩やかなものから共同学習、人材、 技術、アイデア等の経営資源を持ち寄ることによる共同事業という一体化の程度の高いものまで幅が ある。地域内の各主体が相互に柔軟で複雑な連関を持っているという側面に着目すると、複雑な依存 関係から成り立つ一種の生態系にも喩えることも出来よう。概念としては、イノベーション・システ ムを、通常の捉え方である技術開発と事業化のプロセス及びそれを支える法制等の諸要素としてでは なく、地理的境界の中の様々な要素の集合体とそれらが協働・競争する環境条件として捉えたという 点で、着想の新しさがある。
さらに見せる

29 さらに読み込む

4 新世代ネットワーク基盤技術 統合管理型ネットワーク仮想化基盤技術 山田一久中尾彰宏金田泰才田好則雨宮宏一郎 進化型ネットワーク仮想化を実現する統合管理型ネットワーク仮想化技術について 従来のネットワーク仮想化基盤からの新たな追加拡張機能の研究開発成果について報告する ネットワーク仮想化基盤の要件

4 新世代ネットワーク基盤技術 統合管理型ネットワーク仮想化基盤技術 山田一久中尾彰宏金田泰才田好則雨宮宏一郎 進化型ネットワーク仮想化を実現する統合管理型ネットワーク仮想化技術について 従来のネットワーク仮想化基盤からの新たな追加拡張機能の研究開発成果について報告する ネットワーク仮想化基盤の要件

れていたリソースアイソレーション機能 [4] を、仮想リ ンク単位で制御するように改善してより精密な制御を 実現することだった。その実現のためリダイレクタの 内蔵スイッチに階層化シェーパとよばれるハードウェ アを搭載し、その機能を利用してスケーラブルで精密 なリソースアイソレーション機能を提供できるように した(図 6)。第 2 の課題はリダイレクタにおけるリソー スアイソレーション機能が VNode の他の部分(特に プログラマ)や仮想化基盤の他の要素である AGW や トランスポートネットワークと連携していなかったた めに困難だった端点間の干渉をなくすことである。解 決のためプログラマ–リダイレクタ間でのリソース管 理の連携を実現するとともに、ネットワーク仮想化 基盤管理システムにてリダイレクタ –AGW 間やトラ ンスポートネットワークの資源管理を行うことによ り、課題解決を達成した。第 3 の課題は VNode 同士 の連携である。この課題解決は 3.4.2 において記述す る「プラグインアーキテクチャ」の使用によって解決 への一歩を踏み出した。すなわちスライス上の機能に は影響を与えずにネットワーク仮想化基盤におけるパ
さらに見せる

10 さらに読み込む

金型産業の構造(1)

金型産業の構造(1)

それでは、国内の金産業が直面している近年の構造的な変化とは具体的に如何なる局面で生じ ているのであろうか。上記の問題意識に基づき、本稿の目的は金産業の内部で生じる構造変化 を分析するのに先立ち、金産業を幾重にもなる金製造企業の層として見なすことを試みる。 これまでなされてきた種々の金製造企業を金産業総体として捉えること自体は、非常に有意 義なことである。しかしながら、金産業は多様な規模の様々な種を製造している企業群から 成り立つ。そのため、金産業の構造変化を考察する際には、産業全体として把握することに限 界があるのではないかと思われる。換言すれば、金産業の構造変化を分析するためには、国内 のどのような種(プレス、鍛造、鋳造、ダイカスト、粉末冶金、プラスチック、ゴム、ガラス など)を製造している、どれぐらいの企業規模の金製造企業に生じているのかを詳細に検討す る必要があると考えている。さらに、本稿では金製造企業を、事業として金製造のみを営ん でいる金専業企業と、金製造以外にも事業を展開している金兼業企業の 2 つに分類し、売 上を中心とした各指標からそれらの差異も併せて考察する。
さらに見せる

21 さらに読み込む

ネットワークの中立性:自立・分散・協調から、孤立・分散・闘争へ

ネットワークの中立性:自立・分散・協調から、孤立・分散・闘争へ

メッセージをやりとりする程度であったインターネット上で、 GAFA(Google、Apple、Facebook、 Amazon の略称)等が登場して様々なサービスを提供するようになった。また、AI や IoT の台頭 と相まって、ますますインターネットにつなぎ込まれる端末、インターネット上を流れるトラヒ ックが多様化している。これに伴い、インターネットは、ステークホルダーが自ら整備する自律・ 分散・協調の「場」から、様々なステークホルダーがネットワークの維持費用や、混雑問題を巡 って利害関係の対立を起こす、孤立・分散・闘争の様相を呈して来ている。ネットワーク上にい る各ステークホルダーの間で、自律・分散・協調を理念として、電気通信事業の規制の外で自由 に発達してきたインターネットが、今や闘争の場になっている。例えば、ネットワーク事業者が、 Google や Facebook 等、多くのトラヒックを発生させるコンテンツを提供している事業者(すな わち、多く儲けている事業者)に対して、費用負担を求める等、事業者間で、ユーザやトラヒッ クの増加による費用負担やトラヒックの逼迫を巡って、争いが起きている。また、定額制料金の もと、ヘビーユーザとライトユーザの間の不公平感も問題にされている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

: の機能 セーフティ プロセス リアルタイム通信 I スタンダード & セキュリティ 分散フィールド機器 ネットワーク設備 モーション制御 分散インテリジェンス 3 産業用 Ethernet のソリューション 3 : Ethernetベース フレキシビリティ : イーサネットと 現場でテストされた

: の機能 セーフティ プロセス リアルタイム通信 I スタンダード & セキュリティ 分散フィールド機器 ネットワーク設備 モーション制御 分散インテリジェンス 3 産業用 Ethernet のソリューション 3 : Ethernetベース フレキシビリティ : イーサネットと 現場でテストされた

5 PROFINET © 日本プロフィバス協会 5 PROFIBUS Day 2006 オープン スタンダート ゙ Ethernetベース 適応機能 適応製品 導入事例 セーフティ セーフティ その他のフィールドバス セキュリティ HMI モーション制御 とドライブ HMI 分散 IO プロキシ コントローラ ロボット プロキシ スイッチ ワイヤレス 分散 IO [r]

8 さらに読み込む

1. 分散型エネルギー総論

1. 分散型エネルギー総論

 ICTを活用し、建物とスマートエネルギーセンターを連携し、エネルギー需給を一括管理・最適制御す るSENEMS ※ を日本初で開発し、導入。 ※SENEMS(スマートエネルギーネットワーク・エネルギーマネージメントシステム)  外気状況・空調機等建物のエネルギー利用状況・熱源機の運転状況等を把握し、リアルタイムに空 調機制御を行う等の需給の最適制御を行う。

39 さらに読み込む

4. 再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化 分散型供給システムのあり方 (1) 基本的な考え方再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化のため 電気事業分科会で示された3つの論点 24 を踏まえ 特定電気事業者及び特定供給について 送配電ネットワーク

4. 再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化 分散型供給システムのあり方 (1) 基本的な考え方再生可能エネルギーの小規模な地域送配電ネットワークへの導入円滑化のため 電気事業分科会で示された3つの論点 24 を踏まえ 特定電気事業者及び特定供給について 送配電ネットワーク

例えば、下記のケース1のように、ある一定のエリアの全ての需要家と共同で組合を設立 し特定供給を行おうとする場合、当該エリアに自営線を敷設することにより、特定供給を行う ことは可能である。 一方、ケース2のように、ある一定のエリアのうち一部の需要家のみ組合員となり特定供給 を行おうとする場合で、非組合員の需要家が含まれる場合、一般電気事業者のネットワーク 利用が必要となることも考えられるが、このようなケースにおいて一般電気事業者に対し託送 供給を義務づけることは、供給義務や最終保障義務を背景にした供給を受けることで、需給 の変動を吸収できるため、「同時同量ルールのないPPS(低圧供給を含む)」を認めることと 同義と考えられ、クリームスキミング 28 防止の観点から、不適当と考えられる。
さらに見せる

19 さらに読み込む

ET 200SP分散型I/Oシステム

ET 200SP分散型I/Oシステム

Protective Extra Low Voltage = 安全に絶縁した機能上の超低電圧 PROFINET プロセスフィールドネットワーク (PROcess Field NETwork)、PROFIBUS と産業用 Ethernet の継続であるオープンな産業用 Ethernet 規格。 PROFIBUS International e.V. がオートメーション規格として定義した、メーカー間の通信、オートメーション、技術 モデル。

122 さらに読み込む

分散型エネルギーインフラにより魅力的なまちを目指すつくばCEMS構想 つくば市 | つくばCEMS構想事業化可能性調査

分散型エネルギーインフラにより魅力的なまちを目指すつくばCEMS構想 つくば市 | つくばCEMS構想事業化可能性調査

これらの課題に対し,つくば都心地区では,天然ガスをエネルギー源として分散エネルギーネ ットワークを構築し,防災機能の強化,環境にやさしいまちを形成し,中心部の求心力を高め, 中心市街地の活性化も目指す。また,国家公務員宿舎跡地等の新規開発街区では,低炭素と BCP(Business continuity planning:事業継続計画)に配慮した分散エネルギーインフラ整備 にを検討する。

8 さらに読み込む

エネルギー分散型X線分析装置(EDS) 簡易マニュアル

エネルギー分散型X線分析装置(EDS) 簡易マニュアル

連続分析 「連続」アイコンでは 点分析、エリア分析、ラ イン分析 を連続で自動取得する事が出来ます スペクトルウィンドウを閉じないと選べません ツールから種類を選択し、取込画像 から適当な分析位置を指定します 測定が長時間に及ぶ or 画像の倍率 が高い場合は、 プローブトラッキング を 有効にしておくと試料の位置ズレに対 応出来ます プロ[r]

13 さらに読み込む

資料概要 分散型仮想通貨の構造 ウォレットの種類と保管 ブロックチェーン エコノミー 仮想通貨の位置づけ 1

資料概要 分散型仮想通貨の構造 ウォレットの種類と保管 ブロックチェーン エコノミー 仮想通貨の位置づけ 1

スマートプロパティの経済圏 スマートロックによるシェアオフィスの例 仮想通貨による代金支払い + スマートプロパティ 利用者 事業者セット 評判情報 bitcoin ノード スマートロック 評判情報用 分散データベース 評判情報 事業者 銀行 [スマートプロパティ の発行者] 発行 利用者 のワレット 精算.. 事業者セット bitcoin ノード スマートロック 評判[r]

40 さらに読み込む

< 研究の背景背景と経緯 再生可能エネルギーなどの分散型電源が大量導入された次世代電力ネットワークでは 発電量の変動が大きいため ネットワーク全体を集中管理することが難しく 発電機を含めた電力ネットワークを分散的に管理することが求められています その中でも 細かい時間単位で電力価格を変動させるリアル

< 研究の背景背景と経緯 再生可能エネルギーなどの分散型電源が大量導入された次世代電力ネットワークでは 発電量の変動が大きいため ネットワーク全体を集中管理することが難しく 発電機を含めた電力ネットワークを分散的に管理することが求められています その中でも 細かい時間単位で電力価格を変動させるリアル

さらに本研究では、 提案手法の有効性の検証を数値シミュレーションにより行いました。 以下の図2(a) 、 (b)は分散電力価格決定メカニズムに基づくリアルタイムプライシ ング制度および従来の固定価格制度を適用した場合の小規模電力ネットワークでの周波数 変動および市場参加者(供給者)の利益の推移を表しています。図2(a)からは、本研 究で提案した電力価格決定メカニズムを用いることで、従来の固定価格制度を用いた場合 と比べ、電力ネットワーク内の公共利益である周波数変動の抑制が十分にできていること が分かります。図2(b)からは、リアルタイムプライシング制度では市場参加者の利益 は、常に固定価格制度の利益を上回り、市場参加者の個人合理性が達成されていることが 分かります。以上の結果より、本研究で示した電力価格およびインセンティブの設計に関 する定理の妥当性を確認することができました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

分散型電源普及拡大における電力供給システムの課題と対策

分散型電源普及拡大における電力供給システムの課題と対策

既存の大規模電源(火力,水力,原子力) 分散形電源(太陽光発電,風力発電,燃料電池ほか) 電気自動車,定置形蓄電池,ヒートポンプ式給湯器ほか どこでも ・・・・ ネットワークのどこにでも電源や蓄積装置を接続できること

22 さらに読み込む

三井住友建設技術研究開発報告第 14 号 表 -1 建物および対象住戸概要 集合住宅 A 集合住宅 B 所在地東京都東京都 設計施工当社当社 建物形状 構造 内部廊下型タワーマンション 鉄筋コンクリート構造 ( 一部鉄骨構造 ) 外部廊下型 鉄筋コンクリート構造 ( 一部鉄骨構造 ) 測定階 17

三井住友建設技術研究開発報告第 14 号 表 -1 建物および対象住戸概要 集合住宅 A 集合住宅 B 所在地東京都東京都 設計施工当社当社 建物形状 構造 内部廊下型タワーマンション 鉄筋コンクリート構造 ( 一部鉄骨構造 ) 外部廊下型 鉄筋コンクリート構造 ( 一部鉄骨構造 ) 測定階 17

両物件は,内部廊下のタワーマンションと外部廊下 のマンションと形状が異なっている。住戸専有部の壁 面が ALC,乾式壁,躯体や柱等 RC 構造の壁,それぞれ がどの程度の割合で構成されているかで,建物の隙間量 は異なると考えられる。しかし,同構造の建物ではそれ ぞれ 1 物件ずつでしか測定を行っておらず,また,内部 廊下の集合住宅 A では外部風の影響により取得できた データ数が少なかったため,壁体構成による違いを検討 するためには,さらにいくつかの物件で測定を行う必要 があると考える。また,前述の壁体構成以外の建物構造 の着目点の例として,サッシ等級の大きい物件での測定 等が考えられる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...