公営企業の資金不足を含めた「連結実質赤字比率」

Top PDF 公営企業の資金不足を含めた「連結実質赤字比率」:

平成 27 年度高浜町の健全化判断比率及び資金不足比率 地方公共団体の財政の健全化に関する法律 が平成 21 年 4 月から全面施行され この法律により地方公共団体は 4 つの健全化判断比率 ( 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来負担比率 ) と公営企業ごとの資金不足比率を議会に報

平成 27 年度高浜町の健全化判断比率及び資金不足比率 地方公共団体の財政の健全化に関する法律 が平成 21 年 4 月から全面施行され この法律により地方公共団体は 4 つの健全化判断比率 ( 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来負担比率 ) と公営企業ごとの資金不足比率を議会に報

 財政健全化に関する比率として4つ比率実質赤字比率連結実質赤字比率実質公債 費比率 ・将来負担比率)が設けられ、それぞれ比率に2つ基準(「早期健全化基準」・「財政 再生基準」)が設けられています。平成20年度決算による比率からこの基準は適用され、1つで も「早期健全化基準」超え場合、「財政健全化計画」議会議決経て定め、速やかに公 表するとともに、総務大臣・県知事へ報告しなければならないこととされています。さらに、将来 負担比率除く3つ健全化判断比率が「財政再生基準」超え場合には、「財政再生計画」 議会議決経て定め、速やかに公表するとともに、総務大臣・県知事に報告し、同意得て 財政再生図らなければなりません。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成28年度健全化判断比率・資金不足比率

平成28年度健全化判断比率・資金不足比率

 大きく分けると(1)健全化判断比率と(2)資金不足比率2つがあり、そのうち健 全化判断比率は①実質赤字比率、②連結実質赤字比率、③実質公債費比率、④将来負担比 率4指標からなります。  公営企業において、流動資産(現金・預金、未収金など)が流動負債(未払 金、前受金など)に対して、どの程度不足しているか表すため指標です。 地方公営企業法非適用企業については、流動資産歳入額、流動負債歳出額 にそれぞれ置き換えて計算します。
さらに見せる

15 さらに読み込む

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

水道事業会計 12,129,203 11,683,334 445,869 工業用水道事業会計 840,162 770,462 69,700 病院事業会計 0 0 0 地方独立行政法人移行準備病院会計 − 7,000,355 △ 7,000,355 市場事業会計 2,378,584 2,150,668 227,916 下水道事業会計 384,234 236,474 147,760 駅元町地区市街地再開発事業費特別会計 330,341 358,186 △ 27,845 公営企業に係る特別会計資金不足額・剰余額 ③ 16,062,524 22,199,479 △ 6,136,955 連結実質収支額 ①+②+③ ④ 27,850,142 33,129,126 △ 5,278,984 標準財政規模 ⑤ 165,727,329 165,465,610 261,719
さらに見せる

18 さらに読み込む

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

1 健全化判断比率 (1)比 率 実 質 赤 字 比 率 連結実質赤字比率 実 質 公 債 費 比 率 将 来 負 担 比 率 − % − % 18. 1 % 130. 1 % ( 11. 25 %) ( 16. 25 %) ( 25. 0 %) ( 350. 0 %) (注)1 実質赤字額,連結実質赤字額がない場合は , 「−」記載している。

4 さらに読み込む

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

退職手当支給予定額に係る一般会計等負担見込額が減少しためである。 なお,連結実質赤字額及び組合等連結実質赤字額負担見込額は,どちら連結実質 収支も赤字生じていないため,将来負担額はない。 ( 単位:千円 ) 区 分 20年度 19年度 比 較 一般会計等に係る地方債現在高 295, 637, 967 309, 043, 379 △ 13, 405, 412 債務負担行為に基づく支出予定額 55, 803, 811 62, 210, 487 △ 6, 406, 676 一般会計等以外特別会計地方債に係る繰入見込額 177, 697, 074 179, 488, 967 △ 1, 791, 893 組合等地方債償還に係る負 担 見込額 1, 996, 782 2, 394, 078 △ 397, 296 退職手当支給予定額に係る負担見込額 45, 847, 127 49, 436, 855 △ 3, 589, 728 設立法人負債額等に係る負担見込額 182, 106 198, 090 △ 15, 984
さらに見せる

13 さらに読み込む

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

これは主に, 一般会計等以外特別会計地方債償還に係る一般会計等から繰入 見込額及び債務負担行為に基づく支出予定額がそれぞれ減少しためである。 なお,連結実質赤字額及び組合等連結実質赤字額に係る負担見込額は,どちら連 結実質収支も赤字生じていないため,将来負担額はない。

18 さらに読み込む

健全化判断比率及び資金不足比率審査  長野市ホームページ

健全化判断比率及び資金不足比率審査 長野市ホームページ

※ 各比率は、表示単位未満切り捨てて表示し。 ※ 実質赤字比率及び連結実質赤字比率については、 実質赤字額及び連結実質赤字額が生じていないため 「−」 で表示し、参考として、黒字比率( )内に「▲」で併記し。 ※ 地方公共団体財政健全化に関する法律において、地方公共団体は、健全化判断比率いずれかが早
さらに見せる

27 さらに読み込む

平成21年度 健全化判断比率・資金不足比率

平成21年度 健全化判断比率・資金不足比率

地方債は、 借り入れ年度資金繰りは楽になりますが、 後年度に借り入れ金 額と利息支払わなければなりません。 また、 公営企業他会計公債費に対し て、一般会計から繰り出す経費もあります。このほか、土地改良区や社会福祉協議 会、 社会事業協会等が施設整備する際に借り入れ元利償還金に対する補助金も あり、 これら経費は、 毎年度支払い行わなければならない義務的経費となりま す。このため、一般会計公債費だけではなく、これら公債費に準じ経費も加算 して、実質的な公債費算出し、地方税や地方交付税等財源規模(標準財政規 模)と比較して指標化しものが、「実質公債費比率」です。
さらに見せる

15 さらに読み込む

健全化判断比率及び資金不足比率再審査意見書

健全化判断比率及び資金不足比率再審査意見書

( 11. 25 %) ( 16. 25 %) ( 25. 0 %) ( 350. 0 %) (注)1 実質赤字額,連結実質赤字額がない場合は , 「−」記載している。 2 括弧内には, 地方公共団体 財政健全化に関する法律施行令第7条規定により 岡山市に適用される早期健全化基準それぞれ記載している。

3 さらに読み込む

平成25年度 健全化判断比率・資金不足比率

平成25年度 健全化判断比率・資金不足比率

地方債は、 借り入れ年度資金繰りは楽になりますが、 後年度に借り入れ金 額と利息支払わなければなりません。 また、 公営企業他会計公債費に対し て、 一般会計から繰り出す経費もあります。 このほか、 一部事務組合等が施設整 備する際に借り入れ元利償還金に対する補助金もあり、 これら経費は、 毎年度 支払い行わなければならない義務的経費となります。 このため、 一般会計公債 費だけではなく、 これら公債費に準じ経費も加算して、 実質的な公債費算出し、 地方税や地方交付税等財源規模 (標準財政規模) と比較して指標化しものが、 「実質公債費比率」です。
さらに見せる

15 さらに読み込む

平成25年度決算分健全化判断比率及び資金不足比率

平成25年度決算分健全化判断比率及び資金不足比率

C = 連結実質赤字額:イとロ合計額がハとニ合計額超える場合その超える額 イ:一般会計及び公営企業(地方公営企業法適用企業・非適用企業)以外特別会計うち、 実質赤字生じ会計実質赤字合計額 ロ:公営企業特別会計うち、資金不足生じ会計資金不足合計額
さらに見せる

9 さらに読み込む

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率  三原市ホームページ

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率 三原市ホームページ

都道府県名 市区 村名 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来 担比率. 広島県 三原市[r]

4 さらに読み込む

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率  三原市ホームページ

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率 三原市ホームページ

コード 都道府県名 市区町村名 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来 担比率. 広島県 三原市[r]

4 さらに読み込む

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率  三原市ホームページ

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率 三原市ホームページ

コ ド 都道府県名 市区 村名 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来 担比率. 広島県 三原市[r]

4 さらに読み込む

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率  三原市ホームページ

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率 三原市ホームページ

コ ド 都道府県名 市区 村名 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来 担比率. 広島県 三原市[r]

4 さらに読み込む

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率  三原市ホームページ

総括表 財政健全化判断比率及び資金不足比率 三原市ホームページ

コ ド 都道府県名 市区 村名 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来 担比率. 広島県 三原市[r]

4 さらに読み込む

平成19年度 健全化判断比率・資金不足比率

平成19年度 健全化判断比率・資金不足比率

地方債は、 借り入れ年度資金繰りは楽になりますが、 後年度に借り入れ金 額と利息支払わなければなりません。 また、 公営企業他会計公債費に対し て、一般会計から繰り出す経費もあります。このほか、土地改良区や社会福祉協議 会、 社会事業協会等が施設整備する際に借り入れ元利償還金に対する補助金も あり、 これら経費は、 毎年度支払い行わなければならない義務的経費となりま す。このため、一般会計公債費だけではなく、これら公債費に準じ経費も加算 して、実質的な公債費算出し、地方税や地方交付税等財源規模(標準財政規 模)と比較して指標化しものが、「実質公債費比率」です。
さらに見せる

14 さらに読み込む

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書

水道事業会計 11,683,334 11,532,429 150,905 工業用水道事業会計 770,462 706,308 64,154 病院事業会計 0 3,713,886 △ 3,713,886 地方独立行政法人移行準備病院会計 7,000,355 − 7,000,355 市場事業会計 2,150,668 1,954,916 195,752 下水道事業会計 236,474 236,474 0 駅元町地区市街地再開発事業費特別会計 358,186 410,524 △ 52,338 公営企業に係る特別会計資金不足額・剰余額 ③ 22,199,479 18,554,537 3,644,942 連結実質収支額 ①+②+③ ④ 33,129,126 26,545,319 6,583,807 標準財政規模 ⑤ 165,465,610 163,451,042 2,014,568
さらに見せる

17 さらに読み込む

平成28年度 健全化判断比率・資金不足比率

平成28年度 健全化判断比率・資金不足比率

地方債は、 借り入れ年度資金繰りは楽になりますが、 後年度に借り入れ金 額と利息支払わなければなりません。 また、 公営企業他会計公債費に対し て、 一般会計から繰り出す経費もあります。 このほか、 一部事務組合等が施設整 備する際に借り入れ元利償還金に対する補助金もあり、 これら経費は、 毎年度 支払い行わなければならない義務的経費となります。 このため、 一般会計公債 費だけではなく、 これら公債費に準じ経費も加算して、 実質的な公債費算出し、 地方税や地方交付税等財源規模 (標準財政規模) と比較して指標化しものが、 「実質公債費比率」です。
さらに見せる

15 さらに読み込む

資金不足比率 (%) 資金の不足額事業の規模 資金不足比率は 各公営企業の資金不足を 公営企業の事業規模である料金収入の規模と比較して指標化し 経営状態の悪化の度合いを示すもので 1 地方財政法によるもの 2 地方財政健全化法によるものの2 種類がある 1 地方財政法によるもの 資金の不足額 ( 流

資金不足比率 (%) 資金の不足額事業の規模 資金不足比率は 各公営企業の資金不足を 公営企業の事業規模である料金収入の規模と比較して指標化し 経営状態の悪化の度合いを示すもので 1 地方財政法によるもの 2 地方財政健全化法によるものの2 種類がある 1 地方財政法によるもの 資金の不足額 ( 流

損益計算書項目間分析であり、企業にとっては最も重要な指標一つである。 この比率は、主たる営業活動によって得収益と他関連する収益合算、営業活動に要する費 用と他関連する費用で除して求められるものであり、この比率が100%切る企業は、収益的収 支が均衡しておらず赤字状態となっている。公営企業は独立採算前提としているため、この比率 が100%以上となるよう収益と費用内容分析行い、赤字原因控除する必要がある。
さらに見せる

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...