住宅の建 方別の主世帯数 (平成

Top PDF 住宅の建 方別の主世帯数 (平成:

目 次 1 章仙台市の人口 世帯動向 1-1. 仙台市の人口 人口 世帯数の推移 年齢別人口構成 合計特殊出生率 自然動態 転入出状況 ( 社会動態 ) 通勤状況 仙台市の世帯

目 次 1 章仙台市の人口 世帯動向 1-1. 仙台市の人口 人口 世帯数の推移 年齢別人口構成 合計特殊出生率 自然動態 転入出状況 ( 社会動態 ) 通勤状況 仙台市の世帯

(2)住宅現状 平成 25 年住宅は約 562,000 戸であり、5 年前平成 20 年と比較して 31,300 戸増加し ている。世帯住宅増加率を上回って増加傾向となっている。空き家率は平成 20 年を ピークに増加傾向にあったが、東日本大震災影響により、減少に転じ、平成 25 年空き家 は 56,000 戸で、空き家率は 10.0%となったと考えられる。建て住宅推移では、非木 造共同住宅住宅、割合共に年々増加し、平成 25 年には住宅全体約 50%を占めている。 また、少子高齢化進展により、夫婦と子供世帯が減少する一方で、単身世帯や夫婦のみ 世帯割合は高まる傾向にあり、既存住宅有効活用に向けて民間住宅市場と連携するなど、 さまざまなライフスタイル変化に応じた居住ニーズへ対応していく必要がある。
さらに見せる

243 さらに読み込む

人口等基本集計とは 人口等基本集計は, 全ての調査票を用いて市区町村別の人口, 世帯, 住居に関する結果及び外国人, 高齢者世帯等に関する結果について集計したものである 例 ) 男女 齢 配偶関係別人口, 世帯の家族類型別世帯数, 住居の種類別世帯数, 高齢者のいる世帯数, 外国人人口 外国人のいる

人口等基本集計とは 人口等基本集計は, 全ての調査票を用いて市区町村別の人口, 世帯, 住居に関する結果及び外国人, 高齢者世帯等に関する結果について集計したものである 例 ) 男女 齢 配偶関係別人口, 世帯の家族類型別世帯数, 住居の種類別世帯数, 高齢者のいる世帯数, 外国人人口 外国人のいる

図Ⅵ-2-1 住宅建て割合-都道府県(平成22年) 表Ⅵ-2-2 住宅建て住宅に住む一般世帯-都道府県(平成22年) 総 1) 一戸 長屋 共同住宅 その他 総 一戸 長屋 共同住宅 その他 全 国 51,055 28,425 1,302 21,225 100 100.0 55.7 2.6 41.6 0.2 北 海 道 2,388 1,296 87 1,000 5 100.0 54.3 3.6 41.9 0.2 青 森 県 505 387 15 103 1 100.0 76.7 2.9 20.3 0.1 岩 手 県 477 360 12 105 1 100.0 75.4 2.5 22.0 0.1 宮 城 県 891 529 17 344 1 100.0 59.4 1.9 38.6 0.1 秋 田 県 386 317 7 61 0 100.0 82.3 1.8 15.8 0.1 山 形 県 385 302 4 77 1 100.0 78.6 1.2 20.1 0.1 福 島 県 711 519 18 174 1 100.0 72.9 2.5 24.4 0.2 茨 城 県 1,065 783 18 262 1 100.0 73.6 1.7 24.6 0.1 栃 木 県 732 531 10 190 1 100.0 72.5 1.4 26.0 0.2 群 馬 県 743 556 13 173 1 100.0 74.8 1.8 23.3 0.2 埼 玉 県 2,801 1,591 38 1,167 4 100.0 56.8 1.4 41.7 0.1 千 葉 県 2,462 1,338 40 1,080 3 100.0 54.4 1.6 43.9 0.1 東 京 都 6,288 1,923 88 4,259 17 100.0 30.6 1.4 67.7 0.3 神 奈 川 県 3,757 1,618 70 2,061 7 100.0 43.1 1.9 54.9 0.2 新 潟 県 829 629 13 186 1 100.0 75.9 1.5 22.4 0.1 富 山 県 377 298 4 74 0 100.0 79.1 1.1 19.7 0.1 石 川 県 434 306 5 122 1 100.0 70.5 1.2 28.1 0.2 福 井 県 269 209 4 55 1 100.0 78.0 1.4 20.5 0.2 山 梨 県 323 237 6 80 1 100.0 73.3 1.7 24.8 0.2 長 野 県 781 587 26 166 2 100.0 75.2 3.4 21.2 0.2 岐 阜 県 723 539 17 165 1 100.0 74.6 2.4 22.8 0.2 静 岡 県 1,374 917 24 431 2 100.0 66.7 1.8 31.3 0.2 愛 知 県 2,849 1,479 78 1,287 5 100.0 51.9 2.7 45.2 0.2 三 重 県 686 518 14 153 1 100.0 75.5 2.1 22.2 0.2 滋 賀 県 503 344 11 148 1 100.0 68.4 2.1 29.4 0.2 京 都 府 1,108 612 48 446 3 100.0 55.3 4.3 40.2 0.2 大 阪 府 3,783 1,502 222 2,048 10 100.0 39.7 5.9 54.1 0.3 兵 庫 県 2,221 1,126 67 1,024 4 100.0 50.7 3.0 46.1 0.2 奈 良 県 517 344 23 149 1 100.0 66.5 4.5 28.8 0.2 和 歌 山 県 389 291 19 78 1 100.0 74.9 4.9 20.1 0.2 鳥 取 県 209 153 7 49 0 100.0 73.0 3.3 23.6 0.2 島 根 県 257 191 8 58 1 100.0 74.2 3.1 22.5 0.2 岡 山 県 741 512 23 206 1 100.0 69.0 3.1 27.8 0.2 広 島 県 1,161 675 33 450 3 100.0 58.2 2.8 38.8 0.3 山 口 県 588 406 18 163 1 100.0 69.0 3.1 27.7 0.2 徳 島 県 298 213 10 75 1 100.0 71.4 3.2 25.1 0.2 香 川 県 384 270 10 103 1 100.0 70.3 2.7 26.8 0.2 愛 媛 県 582 411 17 153 1 100.0 70.6 3.0 26.3 0.2 高 知 県 319 224 10 84 1 100.0 70.2 3.1 26.4 0.2 福 岡 県 2,080 976 60 1,040 4 100.0 46.9 2.9 50.0 0.2 佐 賀 県 290 211 8 70 1 100.0 73.0 2.8 24.0 0.2 長 崎 県 548 368 18 161 2 100.0 67.1 3.3 29.4 0.3 熊 本 県 679 449 20 208 1 100.0 66.1 3.0 30.7 0.2 大 分 県 474 306 11 156 1 100.0 64.6 2.3 32.9 0.1 宮 崎 県 455 325 10 120 1 100.0 71.3 2.3 26.3 0.1 鹿 児 島 県 719 509 15 194 1 100.0 70.7 2.1 27.0 0.1 沖 縄 県 515 239 5 269 2 100.0 46.4 1.0 52.3 0.4 1)住宅建て「不詳」を含む。
さらに見せる

40 さらに読み込む

地域住宅計画 ( 第 Ⅱ 期 ) 計画の名称新居浜地域住宅計画都道府県名愛媛県作成主体名計画期間平成 24 年度 ~ 28 年度 新居浜市 1. 地域の住宅政策の経緯及び現況新居浜市は 愛媛県東部にあり四国の瀬戸内海側のほぼ中央に位置する人口約 12 万 2 千人 世帯数約 5 万 7 千世帯の地域

地域住宅計画 ( 第 Ⅱ 期 ) 計画の名称新居浜地域住宅計画都道府県名愛媛県作成主体名計画期間平成 24 年度 ~ 28 年度 新居浜市 1. 地域の住宅政策の経緯及び現況新居浜市は 愛媛県東部にあり四国の瀬戸内海側のほぼ中央に位置する人口約 12 万 2 千人 世帯数約 5 万 7 千世帯の地域

 また、平成25年住宅・土地統計調査によると全国的な空き家増加が顕著となっているところであり、その中でも適切な管理が行わ れず老朽化が進行している空き家等については、平成26年11月に公布された空家等対策推進に関する特別措置法に基づく対策推 進が求められているところです。新居浜市においても、地域居住環境悪化など問題を引き起こしている空き家へ対策が求められ ています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(7) 三世代世帯世帯主との続柄が 祖父母 世帯主の父母 ( 又は世帯主の配偶者の父母 ) 世帯主( 又は世帯主の配偶者 ) 子 ( 又はこの配偶者 ) 及び孫の直系世代のうち 3 つ以上の世代が同居している世帯で 平成 12 年 4 月 2 日以降に出生した世帯員がいる世帯をいう (8) 移住世帯

(7) 三世代世帯世帯主との続柄が 祖父母 世帯主の父母 ( 又は世帯主の配偶者の父母 ) 世帯主( 又は世帯主の配偶者 ) 子 ( 又はこの配偶者 ) 及び孫の直系世代のうち 3 つ以上の世代が同居している世帯で 平成 12 年 4 月 2 日以降に出生した世帯員がいる世帯をいう (8) 移住世帯

2 前項規定にかかわらず、リフォーム等工事が三世代世帯、移住世帯、近居世帯、新 婚世帯又は子育て世帯により行われるもの(ただし、三世代世帯については県要綱別表 第3又は県要綱別表第6に掲げる工事のみで県要綱第3条第1号に規定する点数を満た す場合に限る。 )である場合には、前項中「10%」とあるは「20%」と「20 万円」とあ るは「30 万円」と「30 万円」とあるは「40 万円」と読み替えるものとする。 3 第1項第1号リフォーム等工事に要する費用には、工事に附随する設計及び工事監
さらに見せる

5 さらに読み込む

地域住宅計画 計画の名称新居浜地域住宅計画 ( 第 Ⅲ 期 ) 都道府県名愛媛県作成主体名計画期間平成 29 年度 ~ 33 年度 新居浜市 1. 地域の住宅政策の経緯及び現況 新居浜市は 愛媛県東部にある四国の瀬戸内海側のほぼ中央に位置する人口約 12 万 2 千人 世帯数約 5 万 7 千世帯の

地域住宅計画 計画の名称新居浜地域住宅計画 ( 第 Ⅲ 期 ) 都道府県名愛媛県作成主体名計画期間平成 29 年度 ~ 33 年度 新居浜市 1. 地域の住宅政策の経緯及び現況 新居浜市は 愛媛県東部にある四国の瀬戸内海側のほぼ中央に位置する人口約 12 万 2 千人 世帯数約 5 万 7 千世帯の

 また、平成25年住宅・土地統計調査によると、民間住宅持ち家約50%が昭和56年以前旧耐震基準により建設されたものであり、 早急にこれら住宅地震に対する安全性確保を図る必要がある。民間住宅施策としては、木造住宅地震に対する安全性向上を図 るため、耐震診断、耐震改修促進支援を行っている。  空き家問題としては、平成25年住宅・土地統計調査によると、新居浜市における住宅約16%が空き住宅であり、全国的に見ても高い 水準である。少子高齢化や過疎化により今後ますます空き家が増加することが見込まれることから、早急な対策を取る必要がある。
さらに見せる

8 さらに読み込む

家計調査報告 ( 貯蓄 負債編 ) 平成 23 年平均結果速報 ( 二人以上の世帯 ) 目 次 Ⅰ 貯蓄の状況 1 概要 貯蓄の種類別内訳 貯蓄現在高階級別貯蓄の分布状況... 9 Ⅱ 負債の状況 Ⅲ 世帯属性別にみた貯蓄 負債の状況 1 世帯主の職業別の状況

家計調査報告 ( 貯蓄 負債編 ) 平成 23 年平均結果速報 ( 二人以上の世帯 ) 目 次 Ⅰ 貯蓄の状況 1 概要 貯蓄の種類別内訳 貯蓄現在高階級別貯蓄の分布状況... 9 Ⅱ 負債の状況 Ⅲ 世帯属性別にみた貯蓄 負債の状況 1 世帯主の職業別の状況

(2) 60歳以上世帯は全体約5割で貯蓄全体6割以上を占める ······················· 26 5 勤労者世帯住居所有関係状況 ················································ 27 (1) 持家世帯うち住宅ローン返済世帯負債現在高は1525万円 ························· 27 (2) 持家世帯うち住宅建築時期が平成14年以降世帯は負債現在高が貯蓄現在高を上回っ ている ········································································· 29
さらに見せる

41 さらに読み込む

(2) 金沢市の世帯数の動向 350, , ,000 ( 人 世帯 ) ( 人 / 世帯 ) 世帯数 世帯人員 , , , , ,1

(2) 金沢市の世帯数の動向 350, , ,000 ( 人 世帯 ) ( 人 / 世帯 ) 世帯数 世帯人員 , , , , ,1

ほか、川北町および能美市に対して転出超過となっています【次頁左表】 。 参考として、平成7年から平成 12 年における年齢階層社会増減をみると、 20-24 歳(6,641 人)、15∼19 歳(2,544 人)転入超過が突出しています。一方、 転出超過は 25-29 歳(2,759 人)が最も多いですが、5-14 歳、30-69 歳という幅広い 年代で転出超過となっていることから、学生など単身で短期間定住者は多い

34 さらに読み込む

賃貸住宅市場のマクロ分析の勧め 11 居住する世帯数の推移を推定していきます 図1に総 務省の 住民基本台帳月報 から作成した東京23区の 世帯数の推移を示します なお 季節変動を除くため 図1 東京23区の世帯数推移 12ヶ月移動平均 世帯 8, 7, に12ヶ月の移動平均を採用しています 東京2

賃貸住宅市場のマクロ分析の勧め 11 居住する世帯数の推移を推定していきます 図1に総 務省の 住民基本台帳月報 から作成した東京23区の 世帯数の推移を示します なお 季節変動を除くため 図1 東京23区の世帯数推移 12ヶ月移動平均 世帯 8, 7, に12ヶ月の移動平均を採用しています 東京2

居住する世帯推移を推定していきます。図1に総 務省「住民基本台帳月報」から作成した東京23区 世帯推移を示します。なお、季節変動を除くため に12ヶ月移動平均を採用しています。東京23区では 世帯が一貫して増加傾向にあります。増加幅はサブ プライム問題とリーマンショック影響で、2008年か ら2011年にかけて縮小傾向にありましたが、2012年か ら拡大に転じ、2017年 1 月現在では月当たり約7,000 世帯が増加しています。この数値に、賃貸住宅に居住 する世帯割合を乗じることにより賃貸住宅に居住する 世帯推移を推定します。東京23区賃貸住宅に居住 する世帯割合は、総務省平成25年「住宅・土地統計 調査」から49.5%です。この世帯割合を図1グラフ 数値に乗じたものを図2に示します。これを東京23 区賃貸住宅需要推移として使用します。東京23 区賃貸住宅に居住する世帯は、2017年 1 月現在では 月当たり約3,300世帯が増加していると推定できます。 では、供給状況はどうでしょうか。図3は国土交通省 住宅着工統計」と東京都住宅着工統計」から 推定した東京23区貸家着工推移です。こちらも 季節変動を除くために12ヶ月移動平均を採用してい ます。東京23区ではサブプライム問題が顕在化する前 ピーク時は月約5,300戸賃貸住宅を着工していま した。それがサブプライム問題顕在化と、その後に続 くリーマンショックを経て月約3,100戸まで減少しま した。着工が増加に転じたは2011年からで、その 後、政権交代による景気回復(アベノミクス)、相続 税改正に伴う相続税対策賃貸住宅建設増加、マイナ ス金利導入による金融機関貸し出し態度軟化影 響を受け、2017年 1 月現在には、ピーク時約 9 割、 月約4,800戸まで増加しています。全国貸家着工 がミニバブル時 7 割程度にとどまっていることを考 慮すると、東京23区貸家着工増加幅は大きく、 相続税改正やマイナス金利影響を強く受けているこ とがわかります。供給(貸家着工推移)から需要(推 定賃貸住宅世帯推移)を差し引いたグラフを図4に 示します。サブプライム問題顕在化後に需給差は 一旦大きく縮まりましたが、その後増加に転じていま す。東京23区では、全期間にわたって供給が需要を上 回っていることがわかります。ここでポイントになる
さらに見せる

7 さらに読み込む

(1) 公営住宅の状況 1 公営住宅入居者の状況 1) 住宅の所有関係別低所得者の状況公営住宅制度では 高齢者等の裁量階層を除いて 認定月額所得 15.8 万円以下の世帯が入居資格を有しており 当該世帯 ( モデル :3 人世帯 ) の年収は概ね 400 万円未満の世帯が対象となる 本県において 民

(1) 公営住宅の状況 1 公営住宅入居者の状況 1) 住宅の所有関係別低所得者の状況公営住宅制度では 高齢者等の裁量階層を除いて 認定月額所得 15.8 万円以下の世帯が入居資格を有しており 当該世帯 ( モデル :3 人世帯 ) の年収は概ね 400 万円未満の世帯が対象となる 本県において 民

・東予・南予地域は、需要減少が見込まれることから、今後、県営住宅替事業を 行わず、耐用年数を目途に管理し、その後、用途廃止する。 (平均残耐用年数 東予: 39 年、南予:48 年) ・中予地域は、今後も供給が不足することから、現状戸数を維持する方向で検討する。 なお、検討にあたっては、耐震性が無い(耐用年数が近い)コンクリートブロック造 県営住宅団地替を優先的に検討する。
さらに見せる

17 さらに読み込む

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称計画の期間計画の目標 すさみ町地域住宅整備計画 ( 重点 ) 平成 29 年度 ~ 平成 33 年度 (5 年間 ) 新婚 子育て世帯向け住宅の入居率 交付対象 すさみ町 平成 28 年 12 月 15 日〇 魅力あふれる 新婚 子育て世帯向け住宅

( 参考様式 2) 社会資本総合整備計画 計画の名称計画の期間計画の目標 すさみ町地域住宅整備計画 ( 重点 ) 平成 29 年度 ~ 平成 33 年度 (5 年間 ) 新婚 子育て世帯向け住宅の入居率 交付対象 すさみ町 平成 28 年 12 月 15 日〇 魅力あふれる 新婚 子育て世帯向け住宅

 当町住宅事情としては、平成22年国勢調査によると世帯2,114世帯うち、持ち家1,641世帯、民営借家412世帯である。人口 減少、少子高齢化が進行し空家が増加している状況である。また、町営住宅としては181戸を管理しており、これら町営住宅は昭和 30年代~60年代にかけて建設された簡易耐火構造公営住宅であり、老朽化が進んでいる。今後住宅施策としては、若ものや子 育て世代定住を促進し、この町に住みたいと思えるような子育て施策や子育てに適した住宅を供給し、生産人口流出抑制を図り、
さらに見せる

13 さらに読み込む

地域住宅計画 計画の名称地域住宅計画都道府県名三重県作成主体名計画期間平成 17 年度 ~ 22 年度 1. 地域の住宅政策の経緯及び現況 当該地域は 三重県の南部に位置し 人口約 25,000 人 世帯数約 8,400 世帯の地域である は伊勢志摩国立公園の玄関口として 観光及び水産業を中心に発展

地域住宅計画 計画の名称地域住宅計画都道府県名三重県作成主体名計画期間平成 17 年度 ~ 22 年度 1. 地域の住宅政策の経緯及び現況 当該地域は 三重県の南部に位置し 人口約 25,000 人 世帯数約 8,400 世帯の地域である は伊勢志摩国立公園の玄関口として 観光及び水産業を中心に発展

<事業概要> ・団地内共有スペースストック更新を行い、幼児から高齢者までが安全に生活できる住環境向上を図る。 ・団地内空きスペース有効活用ため、公園、駐車場等整備事業等を行い公営住宅周辺環境整備と入居者利便性向上を図る。 ・住宅に対する市民ニーズ把握や公営住宅既存ストック現況調査等、「長期的な公営住宅整備」に関する事業関連調査を行う。また、この 調査結果が地域づくりにも活かされるように、情報提供を行う。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅱ.BEPPU わくわく 建 設 券 の 取 り 扱 いについて 1.BEPPUわくわく 建 設 券 を 購 入 できる 方 ( 施 主 ) 別 府 市 内 において 自 己 が 居 住 する 専 用 住 宅 または 自 己 が 専 用 する 敷 地 内 の 工 事 をBEP PUわくわく 建 設

Ⅱ.BEPPU わくわく 建 設 券 の 取 り 扱 いについて 1.BEPPUわくわく 建 設 券 を 購 入 できる 方 ( 施 主 ) 別 府 市 内 において 自 己 が 居 住 する 専 用 住 宅 または 自 己 が 専 用 する 敷 地 内 の 工 事 をBEP PUわくわく 建 設

①別府市登録指名業者(平成24年度 建設業者有資格名簿登録業者) ②別府市内に本店を有する事業所 ③別府市内に営業所もしくは支店を有し、1年以上経過している事業所 ④建設業法第3条建設業許可で建設業等県知事許可証、もしくは確定申告書写し 等で建設業を営んでいることが確認できる別府市内事業所(者)

6 さらに読み込む

2-1 沖縄県の住宅事情 (1) 人口 世帯数及び住宅ストックの状況 1 平成 22 年 ~42 年に人口 2.7% 増 ( 全国 :8.9% 減 ) 世帯数 13.0% 増 ( 全国 :5.9% 減 ) 推計によると 本県は人口 世帯数ともに平成 37 年まで増加する ( 全国では人口 H22 世

2-1 沖縄県の住宅事情 (1) 人口 世帯数及び住宅ストックの状況 1 平成 22 年 ~42 年に人口 2.7% 増 ( 全国 :8.9% 減 ) 世帯数 13.0% 増 ( 全国 :5.9% 減 ) 推計によると 本県は人口 世帯数ともに平成 37 年まで増加する ( 全国では人口 H22 世

(5 5 5 5 5 5) 5 5 ) )中 ) ) ) ) ) 中古 中 中 中 中 中 中 古 古住 古 古 古 古 古 住 住 住 住 住 住宅 住 宅市 宅 宅 宅 宅 宅 宅 市 市 市 市場 市 市 市 場 場 場 場 場 場 場 状 状 状 状 状 状況 状 況 況 況 況 況 況 況 1 全国と比較して平成 3 年以降建築中古住宅流通割合が低い 本県は、全国と比較して平成 3 年以降に建築された中古住宅流通割合が低く、特に平成 13 年から 17 年割合が低い状況である。
さらに見せる

14 さらに読み込む

( 資料 3) 比較検討した住宅 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資料 4) 住宅の選択理由 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資

( 資料 3) 比較検討した住宅 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資料 4) 住宅の選択理由 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資

円 1,364 万 円 26.8 年 98.9 万 円 46.0 歳 650 万円 ①延べ床面積はほとんど変わらないこと、②築後年は当然異なるが、価格が大きく異なり、これを 反映し借入金額や返済期間・年間返済額も異なること、③新築住宅取得世帯世帯年齢は若く、 世帯年収も年齢も加味して高いこと、特に分譲マンション取得世帯で際立っていることが特徴である。 (3) 中古戸住宅・中古マンションとも、購入前後に約 7 割でリフォームが行われている。その内容や 金額は調査されていないが、中古住宅取得世帯では、 「リフォームで快適に住める」 「保証やアフターサ ービスがついていたから」 「品質が確保されていることが確認されたから」 「リフォームされてきれいだ ったから」と、さほど負担や懸念があるものとは捉えられていない(資料 5-2)。一方、新築住宅取得世 帯では、 「リフォーム費用などで割高になる」 「隠れた不具合が心配だった」 「給排水管など設備老朽 化が懸念」 「保証やアフターサービスが無いと思った」などと、実際に中古住宅を取得した世帯とは認識 に大きなギャップがあることが伺われる(資料 5-1) 。
さらに見せる

6 さらに読み込む

斜面住宅地における高齢単身世帯の不在住化と住宅継承 [ PDF

斜面住宅地における高齢単身世帯の不在住化と住宅継承 [ PDF

入院 れに続く。しかし、宅地車両アクセス条件を見る と 、 車 両 が 進 入 で き な い 住 宅 割 合 は 戸 て 住 宅 が 最 も 高 く 、 立 地 条 件 悪 い 戸 て 住 宅 に 多 く 高 齢 単 身 世 帯 が 居 住 し て い る こ と が わ か る 。  次に、高齢単身世帯平成 7 年から平成 1 7 年ま で 1 0 年間居住動態について分析する(図 2 )。 当 期間中に地区内に在住した高齢単身世帯延 べ は 4 7 0 世帯、このうち全期間を通じて在住し、かつ世 帯型も変化しなかった世帯は 6 7 世帯(地区内転居を 行なった 4 世帯を含む)、期間中に不在住化した世帯 は 2 0 2 世帯、呼び寄せ同居で世帯型が変化した世帯は 2 6 世帯、同居目的で地区内転居を行なった世帯は 3 世 帯 で あ っ た 。 こ こ で 、 不 在 住 化 し た 高 齢 単 身 世 帯 ( 女 性 み ) に つ い て 年 齢 階 級 不 在 住 化 理 由を時期に見ると( 表 3 ) 、後期高齢期で不在住化 す る 世 帯 と 割 合 が 増 加 傾 向 に あ り 、 不 在 住 化 理由では 8 5 歳以上増加によって入所・入院 占 め る 割 合 が 高 ま っ て い る こ と が 注 目 さ れ る 。 4 . 不在住化後戸建て住宅利用実態
さらに見せる

4 さらに読み込む

( 図 2) 神奈川県の持ち家に住む 75 歳以上の単身高齢者世帯 H20 H25 倍率 77,500 世帯 122,500 世帯 1.58 倍 ( 総務省 : 住宅 土地統計調査 ) ( 図 3) 本市の総住宅数と総世帯数 (H25) 総住宅数 00,000 総世帯数 00,000 差引き 00

( 図 2) 神奈川県の持ち家に住む 75 歳以上の単身高齢者世帯 H20 H25 倍率 77,500 世帯 122,500 世帯 1.58 倍 ( 総務省 : 住宅 土地統計調査 ) ( 図 3) 本市の総住宅数と総世帯数 (H25) 総住宅数 00,000 総世帯数 00,000 差引き 00

はじめに 平成25年住宅・土地統計調査(総務省統計局)によると、本市空き家は00,000戸あり、 空き家率は00.0%となっています。その内訳を見ますと、別荘等二次的住宅が0,000戸、 賃貸用住宅が00,000戸、売却用住宅が000戸及び転勤・入院などため居住世帯が長 期にわたって不在となっているようなその他住宅が0,000戸となっています。これら 住宅うち、建物老朽化等により腐朽が認められる住宅が合計で0,000戸あり(図1)、 火災危険性や倒壊おそれなど安全性低下、公衆衛生悪化、景観阻害等多岐に わたる問題が生じています。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成 29 年度 くらしの保障についてのアンケート 調査結果について Ⅰ. 調査の概要 1. 調査要領 調査対象 正 准組合員の世帯主 ( 世帯主に準ずる人 ) 調査地域 全国 100 地点 (100JA) 調査規模 4,000 世帯 (1JAあたり40 世帯を抽出 ) 調査方法 JA 職員による訪

平成 29 年度 くらしの保障についてのアンケート 調査結果について Ⅰ. 調査の概要 1. 調査要領 調査対象 正 准組合員の世帯主 ( 世帯主に準ずる人 ) 調査地域 全国 100 地点 (100JA) 調査規模 4,000 世帯 (1JAあたり40 世帯を抽出 ) 調査方法 JA 職員による訪

件数ベースでは、「養老」「終身」「医療」で全体8割弱を占める 組合員が加入している生命共済・保険契約件数について、保障種類にそれぞれ構成割合を みると、「終身」(43.6%)が最も多く、次いで「医療」(18.5%)、「養老」(15.0%)と続き、さらに「が ん」(8.6%)、「こども」(8.4%)、「定期生命」(3.4%)、「介護」(2.5%)順となっている(図表3)。 「JA共済(生命)」は、「終身」(45.1%)ウェイトが大きく、全体5割近くを占める。「民 間生保」も「終身」(47.4%)占める割合が大きいが、「がん」(20.2%)、「定期生命」(14.6%) 占める割合が他よりも大きいが特徴である。また、「かんぽ生命」は、「養老」(33.0%)と「終 身」(41.9%)で7割強を占め、「こども」(13.3%)割合も大きい。「JA共済以外生命共済」 は、「医療」(43.6%)が半数近くを占める。「JA共済(生命)」について、前回調査と比較すると、 「養老」「医療」割合は減少し、「終身」「こども」割合が増えている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

目次 第 1 章計画の基本的事項 1-1 計画の背景と目的 計画の位置づけ... 1 第 2 章三春町の現状 2-1 人口等の状況... 2 (1) 人口 世帯数の推移... 2 (2) 地区別人口 世帯数... 3 (3) 地区別人口数の推移 住宅の状況...

目次 第 1 章計画の基本的事項 1-1 計画の背景と目的 計画の位置づけ... 1 第 2 章三春町の現状 2-1 人口等の状況... 2 (1) 人口 世帯数の推移... 2 (2) 地区別人口 世帯数... 3 (3) 地区別人口数の推移 住宅の状況...

こうした状況を踏まえ、町内空家等実態を把握するとともに、空家等に関する 対策を総合的かつ計画的に実施するため、「三春町空家等対策計画」を策定しました。 1-2 計画位置づけ 本計画は、法第 6 条第 1 項に規定する「空家等対策計画」として定めるものです。 なお、本計画は、平成 27 年度に実施した空家等実態調査結果を踏まえ、三春町 最上位計画である「第 7 次長期計画」その他関連計画と整合・連携を図り、三春 町住宅マスタープラン個別計画として位置付けます。
さらに見せる

30 さらに読み込む

自立した生活の実現と暮らしの安心確 保護世帯数保(世帯) 被 年 保向にある 図表 -1-1 被保護世帯数 被保護人員 保護率の年次推移 ( 万人 ) 平成 25 年度 ( 確報値 ) 平成 27 年 月 ( 速報値 ) ,1

自立した生活の実現と暮らしの安心確 保護世帯数保(世帯) 被 年 保向にある 図表 -1-1 被保護世帯数 被保護人員 保護率の年次推移 ( 万人 ) 平成 25 年度 ( 確報値 ) 平成 27 年 月 ( 速報値 ) ,1

また、約57万5,000人が強制抑留され、劣悪な環境もと、長期にわたり過酷な強制 労働に従事させられ、約5万5,000人(うちモンゴル約2,000人)が死亡した旧ソ連・モ ンゴル地域については「戦後強制抑留者に係る問題に関する特別措置法」(平成22年法律 第45号)に基づき閣議決定された「強制抑留実態調査等に関する基本的な方針」に基 づき、関係省庁と連携し、民間団体等協力も得つつ、抑留中死亡者特定や遺骨収容を 進めており、2015(平成27)年3月末までに3万9,218名(うちモンゴル1,429名) 死亡者を特定し、1万9,445柱遺骨を収容した。2015年4月には、ロシア連邦政府等 から提供された抑留者に関する資料全てについて、資料概要とな記載事項等を公表 した。さらに提供資料うち、死亡者に関する資料については、名簿形式となっているも について、シベリア・モンゴル地域以外地域も含めて、カナ氏名、死亡年月日等を公 表し、厚生労働省ホームページにも掲載した。
さらに見せる

14 さらに読み込む

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

・建築改修工事標準仕様書 ・建築設計基準 ・建築改修設計基準 ・建築構造設計基準 ・鉄骨設計標準図 ・建築工事標準詳細図 ・擁壁設計標準図 ・構内舗装・排水設計基準 ・環境配慮型官庁施設設計指針 ・省エネルギー建築設計指針 ・ユニバーサルデザインまちづくり施設 整備マニュアル(三重県) b.積 算

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...