企 業の 基 本属性 の観 点

Top PDF 企 業の 基 本属性 の観 点:

東 京 お 台 場 は 全 国 から 年 間 4,180 万 人 が 訪 問 する 国 内 有 数 の 観 光 スポットであるうえ 約 39 千 人 の 在 勤 者 約 6 千 人 の 在 住 者 が 生 活 の 拠 点 としており 大 型 商 業 施 設 大 手 企 業 居 住 施 設 が 集 積

東 京 お 台 場 は 全 国 から 年 間 4,180 万 人 が 訪 問 する 国 内 有 数 の 観 光 スポットであるうえ 約 39 千 人 の 在 勤 者 約 6 千 人 の 在 住 者 が 生 活 の 拠 点 としており 大 型 商 業 施 設 大 手 企 業 居 住 施 設 が 集 積

電子マネーEdy を運営するビットワレット株式会社(本社:東京都品川区 社長:川合成幸氏) と連携し、各種商業施設に対して電子マネーEdy 取り扱いを推進してまいりました。その結果、 7月中には大型商業施設メディアージュ、ホテルグランパシフィックメリディアン、東京ジョイ ポリス、マルエツなどで Edy 利用ができるようになるほか、9月にはその他大型商業施設など も Edy 取り扱いを開始する見込みです。

5 さらに読み込む

よって 人 生 を 充 実 させていく 必 要 性 高 学 歴 の 人 が 本 サービスに 集 まってくる 傾 向 優 良 企 業 に 入 ったものの 余 暇 の 方 に 重 点 を 置 きたいということで 集 まってくる 高 いレベルでの 教 養 があるからこそ 既 存 の 価 値 観 に 対 し

よって 人 生 を 充 実 させていく 必 要 性 高 学 歴 の 人 が 本 サービスに 集 まってくる 傾 向 優 良 企 業 に 入 ったものの 余 暇 の 方 に 重 点 を 置 きたいということで 集 まってくる 高 いレベルでの 教 養 があるからこそ 既 存 の 価 値 観 に 対 し

若新氏は「ニート株式会社」や「ゆるい就活」など、型にこだわらない開放的な居場所をプロデ ュースしています。JK 課では、女子高校生が交通費なし、給料なしで集まり、ありのままに議論が できる解放的な居場所で様々な企画をしています。 講演後は、地元高校生が新たな町若者居場所づくりについて提案発表をしました。若新 氏と高校生トークセッションでは提案に対して、 「一緒にできること」 「一緒にやってみたいこと」 について意見を出し合い、大人と高校生が一緒に楽しみながら取り組めるように環境づくりをして もらいました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平 成 25 年 度 第 1 回 観 光 交 流 拠 点 施 設 等 整 備 事 業 に 係 る 基 本 構 想 調 査 基 本 計 画 策 定 業 務 委 託 プロポーザル 審 査 委 員 会 議 事 録 概 要 日 時 : 平 成 25 年 12 月 24 日 ( 火 ) 午 前 10 時 00

平 成 25 年 度 第 1 回 観 光 交 流 拠 点 施 設 等 整 備 事 業 に 係 る 基 本 構 想 調 査 基 本 計 画 策 定 業 務 委 託 プロポーザル 審 査 委 員 会 議 事 録 概 要 日 時 : 平 成 25 年 12 月 24 日 ( 火 ) 午 前 10 時 00

委員長:最終的には公開されるが、どっちにしろ非公開理由が明確ならよい。一般的には委員 氏名は公開事項。 委 員:委員氏名を非公開にする積極的な理由はない。 委員長:市長に再確認して決めてください。理由があれば非公開も可です。 議事 2、実施要領(案)について事務局から説明を求めます。 (2)プロポーザル実施要領(案)について

5 さらに読み込む

目 次 0. 現 下 の 環 境 調 和 産 業 政 策 の 要 諦 P2 1.カーボンフットプリント 制 度 とは P3 2.なぜ 今 カーボンフットプリント か~ 産 業 政 策 の 観 点 ~ P10 3.カーボンフットプリント 制 度 試 行 事 業 の 全 体 スケジュール P19 4.

目 次 0. 現 下 の 環 境 調 和 産 業 政 策 の 要 諦 P2 1.カーボンフットプリント 制 度 とは P3 2.なぜ 今 カーボンフットプリント か~ 産 業 政 策 の 観 点 ~ P10 3.カーボンフットプリント 制 度 試 行 事 業 の 全 体 スケジュール P19 4.

(※)地球温暖化対策推進に関する法律第21条に基づく排出抑制等指針(2008年12月12日)において以下とおり規定。 事業者は、日常生活用製品等について、当該製品等環境性能等及びその認証等を表示する標章や、低炭素社会づくり行動計画に記載された カーボン・フット プリント制度等「見える化」活用 により、その利用に伴う温室効果ガス排出量等について、当該日常生活用製品等へ貼付、陳列棚やレシートにおける 表示、インターネット等を通じた情報提供を行うよう努めること。
さらに見せる

27 さらに読み込む

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

このため、建設産業行政としては、建設許可部局において、社会保険担当部局と連携 を図りつつ、建設許可・更新時や立入検査等における確認・指導、経営事項審査厳格化、 社会保険担当部局へ通報等を行うこととしたところである。 また、平成26年9月30日に改正された公共工事入札及び契約適正化を図るため 措置に関する指針(平成13年3月9日閣議決定)においては、 「公平で健全な競争環境を 構築する観点からは、社会保険に加入し、法定福利費を適切に負担する建設業者を確実に契 約相手方とすることが重要である。このため、法令に違反して社会保険に加入していない 建設業者について、公共工事元請業者から排除するため、定期競争参加資格審査等で必 要な対策を講ずるものとする」ほか、 「元請業者に対し社会保険未加入業者と契約締結を 禁止することや、社会保険未加入業者を確認した際に建設許可行政庁又は社会保険担当部 局へ通報すること等措置を講ずることにより、下請業者も含めてその排除を図るものとす る」こととされたところである。
さらに見せる

16 さらに読み込む

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体

1.ポイントについての 会 計 処 理 例 (1) 会 計 基 準 等 の 状 況 我 が 国 においては ポイントについて 個 別 の 会 計 処 理 の 基 準 等 は 存 在 しておらず ポイント 発 行 企 業 は 企 業 会 計 原 則 等 に 則 り 会 計 処 理 をしている 具 体

② ポイントが使用された時点で費用処理するとともに、期末に未使用ポイント残 高に対して過去実績等を勘案して引当金計上 ③ ポイントが使用された時点で費用処理(引当金計上しない) 近時は、ポイント制度が定着し、過去実績データも蓄積してきたこと等により、 上記うち②会計処理が多くなっており、例えば、未使用ポイント残高に対して、 過去使用実績等を勘案して、将来使用が見込まれる部分を適切に見積もり、当該 部分を貸借対照表上引当金として負債に計上するとともに、損益計算書上費用に計 上する会計処理を行っている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

目 次 0. 現 下 の 環 境 調 和 産 業 政 策 の 要 諦 P2 1.カーボンフットプリント 制 度 とは P3 2.なぜ 今 カーボンフットプリント か~ 産 業 政 策 の 観 点 ~ P10 3.カーボンフットプリント 制 度 試 行 事 業 の 全 体 スケジュール P19 4.

目 次 0. 現 下 の 環 境 調 和 産 業 政 策 の 要 諦 P2 1.カーボンフットプリント 制 度 とは P3 2.なぜ 今 カーボンフットプリント か~ 産 業 政 策 の 観 点 ~ P10 3.カーボンフットプリント 制 度 試 行 事 業 の 全 体 スケジュール P19 4.

(※)地球温暖化対策推進に関する法律第21条に基づく排出抑制等指針(2008年12月12日)において以下とおり規定。 事業者は、日常生活用製品等について、当該製品等環境性能等及びその認証等を表示する標章や、低炭素社会づくり行動計画に記載された カーボン・フット プリント制度等「見える化」活用 により、その利用に伴う温室効果ガス排出量等について、当該日常生活用製品等へ貼付、陳列棚やレシートにおける 表示、インターネット等を通じた情報提供を行うよう努めること。
さらに見せる

27 さらに読み込む

目 次 平 成 26 年 度 外 国 人 旅 行 者 の 概 況 事 業 実 施 状 況 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 1 海 外 からの 旅 行 者 誘 致 に 関 する 事 業 (1) 観 光 マーケティング 事 業 (2) 観 光 プロモーション 事 業 (3) 東 京 観 光 レップの 運 営

目 次 平 成 26 年 度 外 国 人 旅 行 者 の 概 況 事 業 実 施 状 況 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 1 海 外 からの 旅 行 者 誘 致 に 関 する 事 業 (1) 観 光 マーケティング 事 業 (2) 観 光 プロモーション 事 業 (3) 東 京 観 光 レップの 運 営

企業系ビジネスイベンツを主催する可能ある都内企業向けに財団 サポート内容を周知するセミナーを2回開催した。 (5)ビジネスイベンツプロモーション基盤構築 海外他都市が持つ知見や情報等共有により国際会議誘致を拡大するた め、誘致に積極的に取り組む海外主要都市コンベンション・ビューロー で構成される国際的なアライアンス組織「ベストシティーズ・グローバル アライアンス」(正式表記「BestCities Global Alliance」)に加盟した。 (6)ユニークベニュー利用促進プログラム提供
さらに見せる

30 さらに読み込む

Ⅱ. 米 国 のイノベーション 創 出 力 2. 米 国 化 学 産 業 史 の 概 観 (1) 米 国 化 学 企 業 Dow DuPont Monsanto 3 社 の 業 界 内 での 位 置 づけ まず 本 稿 で 採 り 上 げる 3 社 (Dow Chemical Monsanto Du

Ⅱ. 米 国 のイノベーション 創 出 力 2. 米 国 化 学 産 業 史 の 概 観 (1) 米 国 化 学 企 業 Dow DuPont Monsanto 3 社 の 業 界 内 での 位 置 づけ まず 本 稿 で 採 り 上 げる 3 社 (Dow Chemical Monsanto Du

第二に、”創造と破壊”をもたらすイノベーションを起こすには、自社取り組 みによって『社会をどう変えるか』という明確な意図をもつことが重要である。 ナイロン事例、GM 種子事例は、当初動機こそ『自社成長』であった が、周辺産業・技術やマーケット、政府動きと絡まりながら、次第に社会的な 意味をもち、大きなうねりへと昇華していったとみることができる(前掲【図表 6、 9】)。歴史に残るイノベーションは、「Ⅱ-1 .産業史と産業クラスターからみた 米国イノベーション」でみたように、蒸気機関から i-Pad まで様々あるが、いず れも社会に大きな”創造と破壊”をもたらしている。「原料」「技術・プロセス」「製 品」「市場」「経営・ビジネスモデル」どこにイノベーションをもたらそうとしてい るか、“妄想的な野心”を持って“しつこく”取り組むことが求められる。 第三に、Dow ポートフォリオ戦略から学ぶは、ポジショニング有効で ある。Monsanto が石化を完全に捨てて農業・種子バイオに邁進し、DuPont が 『火薬企業から化学企業、そして科学企業へ』道を追求し積極的にイノベー ションを起こして市場創出しようとしているに対し、Dow はこうした競合動 きや環境変化をみつつ、言ってみれば『あえて石化は維持』ポジショニング で差別化し、現在地位を保っている。他社とは違う道を進む Dow 戦略は、 時に“横並び”と称される日本企業一つ参考事例となろう。
さらに見せる

14 さらに読み込む

CM の 表 現 に 関 する 基 礎 研 究 日 本 企 業 の CM はどうやって 台 湾 の 顧 客 を 引 きつけるのか 楊 景 翔 要 旨 本 研 究 は 日 本 企 業 が 台 湾 で 放 送 したテレビ CM をとりあげ 日 本 企 業 の CM がど うやって 台 湾 の 顧 客 を

CM の 表 現 に 関 する 基 礎 研 究 日 本 企 業 の CM はどうやって 台 湾 の 顧 客 を 引 きつけるのか 楊 景 翔 要 旨 本 研 究 は 日 本 企 業 が 台 湾 で 放 送 したテレビ CM をとりあげ 日 本 企 業 の CM がど うやって 台 湾 の 顧 客 を

CMは、経営学やマーケティング研究をはじめ、社会学や映像論などさまざ まな領域で研究対象とされている。図 1 にCMと関連諸学と関係を示す。 従来、CM表現法について研究は数多いが、多くはプロモーション手段 に注目したものである。文化面では、台湾と日本比較研究は、歴史と社会 文化からする研究が多かった。広告文化比較多くはアジアと欧米比較に 注目したものである。結果として、台湾日本企業CM表現を事象的に明ら かに比較しようとする試みは尐ないである。以上ことから、本研究では、 台湾における日本企業CMを映像表現視点から分析し、日本企業海外市 場に対して広告ストラテジーを明らかにしたいと考える。
さらに見せる

25 さらに読み込む

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1.セグメント情報とは  企業活動を事業活動特徴等により区分した事業単位を意味し、具体的には営業収益や営業費用その他財務情報を事業別や地域別など切り口 (セグメント)ごとに集計したものをいう。  企業会計・地方独立行政法人会計においては、既にセグメント情報開示が導入されており、この先例を踏まえ、地方公営企業業務内容が多岐に わたる場合には、議会や住民に対する説明責任を果たす観点や、企業経営において経営分析を多面的に行う目的から、適切なセグメントに係る財務 情報を開示することが求められることとなった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

はじめに 幕 張 新 都 心 中 心 地 区 は 海 浜 幕 張 駅 を 中 心 に 新 都 心 の 都 市 イメージを 象 徴 する 地 区 であり 千 葉 県 企 業 庁 が 作 成 したまちづくりの 指 針 である 幕 張 新 都 心 環 境 デザインマニュアル に 基 づき 進 出 企 業

はじめに 幕 張 新 都 心 中 心 地 区 は 海 浜 幕 張 駅 を 中 心 に 新 都 心 の 都 市 イメージを 象 徴 する 地 区 であり 千 葉 県 企 業 庁 が 作 成 したまちづくりの 指 針 である 幕 張 新 都 心 環 境 デザインマニュアル に 基 づき 進 出 企 業

景観上調和を図るため、建築物等形態に配慮する。 a.高層階から眺望  建築物低中層部屋上等は、上階から眺望に配慮し、その舗装や屋根仕 上げ色彩、緑化等修景上工夫を行う。 b.周辺景観と調和  隣接する建築物や工作物、公共施設と調和が図られるよう形態・意匠に配慮 する。

16 さらに読み込む

目 次 厚 生 年 金 基 金 の 基 礎 知 識 3 厚 生 年 金 基 金 加 入 企 業 の 会 計 上 の 取 扱 いと 新 たな 給 付 設 計 8 厚 生 年 金 基 金 に 加 入 している 企 業 の 課 題 13 2

目 次 厚 生 年 金 基 金 の 基 礎 知 識 3 厚 生 年 金 基 金 加 入 企 業 の 会 計 上 の 取 扱 いと 新 たな 給 付 設 計 8 厚 生 年 金 基 金 に 加 入 している 企 業 の 課 題 13 2

かなる財政運営基準を設けるべきか、従来とは違う視点を加えるべきではないでしょうか。 例えば、運用実績を全て給付に回すと、年金制度内に利回り保証ため資本がなくな るため、そうならないような基準を検討することが必要です。 ⑥ そして、最後に、会計上取扱いがあります。このような仕組みは、欧州に実例があり、 それに国際会計基準(IAS19 号)を適用するに当たっては、給付建て制度(DB 制度)とし て取り扱われることになり、その在り方は議論対象となっています。日本退職給付会 計基準は、IAS19 とコンバージェンスしているので、日本で今後このような仕組みが導入 されるとすれば、このでも海外における議論が日本にも入ってくることになると考えられ ます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催

 2011年度は、「キャリア支援ポリシー」に基づき、「キ ャリア教育」と「就職支援」をキャリア支援重 要な柱とし、ポリシーを全学的に周知すると同時に、そ れに基づき様々な事業を実施した。 さらにキャリア教 育については、キャリア教育推進方策検討プロジェクト を設置し、今後キャリア教育に対する取り組みについ て具体的な方向を示した。就職支援については、東日 本大震災影響や一般社団法人 日本経済団体連合会 倫理憲章等に対応しながら、①業界・企業研究、②筆記 試験対策、③書類(履歴書・エントリーシート等)対策、 ④面接対策4つポイントについて様々な事業を実施 した。筆記試験、書類選考対策はもちろんこと、新 たに設けた学生担当制に基づき、face to face面談 に注力した。
さらに見せる

9 さらに読み込む

社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点

社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点

米国企業 が 保有 する 技術 や 知的財産 を 自国 に 移転 するため に 、 さまざまな 圧力 と 脅迫 を 駆使 してきた 実態 を 明 らかにしてい る 。 その 圧力 と 脅迫 中 には 、不透明 で 裁量的 な 政府 取 り 扱 いや 出資制限、調達制限、明文化 されていない 暗黙 規則、中 央政府 や 地方政府 指示、命令 はもちろん 、 サイバー 攻撃 によ る 不法 な 知的財産 窃盗 も 含 まれる ( 。 How China’s Eco- nomic Aggression Threatens the Technologies and In- tellectual Property of the United States and the World 、
さらに見せる

16 さらに読み込む

はじめに 初 めての 海 外 進 出 勉 強 会 は 初 めて 現 地 法 人 の 設 立 を 検 討 される 中 小 企 業 ( 主 に 製 造 業 )をターゲットとして 海 外 進 出 について 基 礎 的 な 知 識 を 身 に つけていただくという 目 的 で 中 小 企 業 が 近 年 数

はじめに 初 めての 海 外 進 出 勉 強 会 は 初 めて 現 地 法 人 の 設 立 を 検 討 される 中 小 企 業 ( 主 に 製 造 業 )をターゲットとして 海 外 進 出 について 基 礎 的 な 知 識 を 身 に つけていただくという 目 的 で 中 小 企 業 が 近 年 数

ジェトロでは、様々な国・分野別セミナーを行っておりますが、中小企業 経営者方々より「各国セミナーを受講する以前に、どの国に進出すべきか わからない」 、 「セミナー受講後、まず何をすればよいかわからない」、 「情報が 断片的過ぎてわからない」、 「進出際に起こるであろう問題をあらかじめ知り たい」など声をいただいております。中小企業方々は、その国や特定分野 情報だけでなく、広範な情報を求められていることがわかりました。しかし ながら、このをカバーしているセミナーはあまりないが実状です。
さらに見せる

63 さらに読み込む

これからの 労 使 協 議 制 労 使 協 議 点 検 チェックリスト 労 使 協 議 制 度 設 置 レベル 地 域 レベル 産 業 レベル 企 業 グループレベル 企 業 レベル 工 場 事 業 所 レベル 事 業 部 (カンパニー)レベル 構 成 当 該 地 域 の 企 業 労 使 産 業 別

これからの 労 使 協 議 制 労 使 協 議 点 検 チェックリスト 労 使 協 議 制 度 設 置 レベル 地 域 レベル 産 業 レベル 企 業 グループレベル 企 業 レベル 工 場 事 業 所 レベル 事 業 部 (カンパニー)レベル 構 成 当 該 地 域 の 企 業 労 使 産 業 別

38 企業グループ協議会においてグループ共通で取り組む連結重視経営方針や経営戦略について協議している 39 企業グループ協議会においてグループ共通で取り組む人材マネジメントやグループ人事あり方について協議している 40 企業グループ協議会においてグループ共通で取り組むコンプライアンスやCSR基準やルールについて協議している 41 企業グループ協議会においてグループ共通で取り組む環境問題(資源エネルギー利用、環境廃棄物、二酸化炭素排出量等)や、 その地域へ影響、配慮について協議している
さらに見せる

8 さらに読み込む

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

また、北前船交易で栄えた豪商たちは“酒田三十六人衆”とよばれ、豪商中 には本間家ように、私財を投じて町ために様々な投資を行うなど、公益に資 する事業を積極的に行ってきた豪商も存在する。 上記ように、酒田は“交易”と“公益”で発展してきた地域であることから、 酒田観光を考える場合には酒田地域や土地歴史・文化を十分に踏まえて 進めていくことが重要である。北前船交易や最上川舟運“交易”と、豪商たち まちづくり精神“公益”を基本的な柱として観光振興を進めていくことが重 要である。
さらに見せる

9 さらに読み込む

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

このため、建設産業行政としては、建設許可部局において、社会保険担当部局と連携 を図りつつ、建設許可・更新時や立入検査等における確認・指導、経営事項審査厳格化、 社会保険担当部局へ通報等を行うこととしたところである。 また、平成26年9月30日に改正された公共工事入札及び契約適正化を図るため 措置に関する指針(平成13年3月9日閣議決定)においては、 「公平で健全な競争環境を 構築する観点からは、社会保険に加入し、法定福利費を適切に負担する建設業者を確実に契 約相手方とすることが重要である。このため、法令に違反して社会保険に加入していない 建設業者について、公共工事元請業者から排除するため、定期競争参加資格審査等で必 要な対策を講ずるものとする」ほか、 「元請業者に対し社会保険未加入業者と契約締結を 禁止することや、社会保険未加入業者を確認した際に建設許可行政庁又は社会保険担当部 局へ通報すること等措置を講ずることにより、下請業者も含めてその排除を図るものとす る」こととされたところである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

長 崎 市 景 観 基 本 計 画

長 崎 市 景 観 基 本 計 画

発注者や設計者、施工者などが同じ色彩を共有できるように、日本工業規格( JIS) にも採用されているマンセル表色系を基礎としたカラーシステムによって表わしていま す。マンセル表色系では、 「色相( Hue)」、「明度(Value)」、「彩度(Chroma)」 3 つ 属性組み合わせによってひとつ色彩を表わします。

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...