人未満企業では半数以上が

Top PDF 人未満企業では半数以上が:

結果概要 Ⅰ 人手不足への対応について 1. 人員の過不足状況について 社 % 不足している 1, 過不足はない 1, 過剰である 合計 2, 全体では 半数以上の企業が 不足している と回答 n =2,

結果概要 Ⅰ 人手不足への対応について 1. 人員の過不足状況について 社 % 不足している 1, 過不足はない 1, 過剰である 合計 2, 全体では 半数以上の企業が 不足している と回答 n =2,

 全体半数以上企業「不足している」と回答。 <業種別集計> ( 1.「不足している」と回答した企業の割合※無回答除く)  業種別、介護・看護、運輸業、建設業「不足している」と回答した企業6割 を超えており、その他の業種においても人手不足の状況みられる。

9 さらに読み込む

ウ食事で摂る食材の種類別頻度野菜 きのこ 海藻 牛乳 乳製品 果物を摂る回数が大きく異なる 例えば 野菜を一週間に 14 回以上 (1 日に2 回以上 ) 摂る人の割合が 20 代で 32% 30 代で 31% 40 代で 38% であるのに対して 65 歳以上 75 歳未満では 60% 75 歳以

ウ食事で摂る食材の種類別頻度野菜 きのこ 海藻 牛乳 乳製品 果物を摂る回数が大きく異なる 例えば 野菜を一週間に 14 回以上 (1 日に2 回以上 ) 摂る人の割合が 20 代で 32% 30 代で 31% 40 代で 38% であるのに対して 65 歳以上 75 歳未満では 60% 75 歳以

(3)その他 ア 食育による栄養バランス改善の方向性 外食、中食、冷凍食品・レトルト食品を利用する回数多い者も、主食・主菜 ・副菜をそろえて食べている回数多い者と少ない者いる(図 78~図 81)。こ れらの回答者の属性を比較すると、主食・主菜・副菜をそろえて食べている回数 多い者に、単身世帯の割合顕著に少なく、夫婦と子どもからなる世帯顕著に 多い(図 82)。このため、上記の食習慣をもっていると必ず栄養バランスとりづ らい訳なく、こうした食習慣をもっていても栄養バランスを取ることできる よう方向づける食育の方向性もある。
さらに見せる

18 さらに読み込む

第 7 章伊勢志摩区域地域医療構想 1 現状と課題 (1) 区域の概況 図表 -7-1 人口の状況 全年齢 ( 人 ) 35, 歳未満 ( 人 ) 7, 歳以上 65 歳未満 ( 人 ) 13,93 65 歳以上 ( 人 ) 74,15 うち 75 歳以上 39,009 65

第 7 章伊勢志摩区域地域医療構想 1 現状と課題 (1) 区域の概況 図表 -7-1 人口の状況 全年齢 ( 人 ) 35, 歳未満 ( 人 ) 7, 歳以上 65 歳未満 ( 人 ) 13,93 65 歳以上 ( 人 ) 74,15 うち 75 歳以上 39,009 65

手術件数について、伊勢赤十字病院腹部と心血管系(心・脈管)多く、 市立伊勢総合病院整形(筋骨格系・四肢・体幹)と腹部多く、県立志摩病院 では腹部と整形(筋骨格系・四肢・体幹)多い状況です。 リハビリについて、伊勢赤十字病院、脳血管疾患等、運動器を中心に幅広 く対応しており、市立伊勢総合病院、県立志摩病院、運動器最も多くなって います。
さらに見せる

18 さらに読み込む

直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員 500 人以上 1000 人未満数 直前事業年度における ( 連結 ) 売上高 100 億円以上 1000 億円未満 直前事業年度末における連結子会社数 10 社未満 4. 支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指針 5. その他

直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員 500 人以上 1000 人未満数 直前事業年度における ( 連結 ) 売上高 100 億円以上 1000 億円未満 直前事業年度末における連結子会社数 10 社未満 4. 支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指針 5. その他

 ロ.使用人、法令、定款ならびに社会通念に反する行為等の事実を知った場合、「公益通報者保護規程」に基づき、社内の所定の窓口に通報 を行い、不正行為等の早期発見と是正行われる体制とする。  ハ.監査部員、「内部監査規程」に基づき各部門の業務に関し、法令、定款および社内諸規程の遵守状況ならびに、職務執行の手続き等の内 部監査を行い、社長および監査役に対しその結果を報告し、内部監査により判明した各部門の指摘事項等の是正確認を行うものとする。 (6)当社ならびに親会社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
さらに見せる

11 さらに読み込む

どのような人に治療をするか? 他の疾患で生存年数が 1 年未満と予想される人を除いて 慢性 C 型肝炎 (HCVPCR が 6 ヵ月以上陽性 ) すべてに対して治療は考慮すべき Hepatology 2015; 62(3): 治療目標は? SVR (sustained virologi

どのような人に治療をするか? 他の疾患で生存年数が 1 年未満と予想される人を除いて 慢性 C 型肝炎 (HCVPCR が 6 ヵ月以上陽性 ) すべてに対して治療は考慮すべき Hepatology 2015; 62(3): 治療目標は? SVR (sustained virologi

免疫抑制薬、移植後の HCV複製を加速させる Abbreviations: CrCl, creatinine clearance; eGFR, estimated glomerular filtration rate; ESRD, end-stage renal disease; HD, hemodialysis Changes made on February 24, 2016. Hepatology. 2015 Sep;62(3):932-54

45 さらに読み込む

親会社の上場取引所 補足説明 3. 企業属性 上場予定市場区分決算期業種直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員数直前事業年度における ( 連結 ) 売上高直前事業年度末における連結子会社数 マザーズ 6 月サービス業 100 人以上 500 人未満 100 億円未満 10 社未満 4. 支配株

親会社の上場取引所 補足説明 3. 企業属性 上場予定市場区分決算期業種直前事業年度末における ( 連結 ) 従業員数直前事業年度における ( 連結 ) 売上高直前事業年度末における連結子会社数 マザーズ 6 月サービス業 100 人以上 500 人未満 100 億円未満 10 社未満 4. 支配株

当社のコーポレート・ガバナンスの状況以下のとおりです。 Ⅰ.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方及び資本構成、企業属性その他の基本情報 1.基本的な考え方 当社「日本に新しい洗車文化を」を企業理念のもと、お客様、株主、取引先、社員等、すべてのステ ークホルダーから信頼される企業として、企業価値の向上に努めるとともに、会社業務の執行の公平性、 透明性及び効率性の確保に努めてまいります。このため、コーポレート・ガバナンス体制を確立、強化 し有効に機能させること不可欠あると認識し、今後も成長のステージに沿った見直しを図り「ディ スクロージャー(情報開示) 」及び「コンプライアンス体制」の強化を図っていく所存あります。
さらに見せる

10 さらに読み込む

アンケート設問 ( スクリーニング )(2 / 16) 300 名以上 1,000 名未満 Q1.7へ 1,000 名以上 Q1.7へ Q1-5 企業の資本金 あなたの現在の勤務先の資本金を選んでください 5,000 万円未満 5,000 万円以上 1 億円未満 1 億円以上 3 億円未満 3 億円

アンケート設問 ( スクリーニング )(2 / 16) 300 名以上 1,000 名未満 Q1.7へ 1,000 名以上 Q1.7へ Q1-5 企業の資本金 あなたの現在の勤務先の資本金を選んでください 5,000 万円未満 5,000 万円以上 1 億円未満 1 億円以上 3 億円未満 3 億円

兼任者について、その最も従事している割合多い業務の 欄に、その人数を記入してください。 例えば、「開発・構築」と「運用・管理」を兼任しているいる 場合、その「開発・構築」に関する業務に「運用・管理」よりも 多く従事しているとすれば、「開発・構築」の「情報セキュリティ業務 との兼任者人数」に”1”とご記入ください。

16 さらに読み込む

- 都市鉄道における遅延発生と輸送障害の現況都市鉄道における輸送トラブルと列車遅延に関していくつかの知見が得られている 三大都市圏における輸送トラブル発生件数 ( 平成 9 年度 ) は 支障時間 0 分未満が 60% 以上 0 分未満 80% 以上 0 分未満 90% 以上となっている 首都圏では

- 都市鉄道における遅延発生と輸送障害の現況都市鉄道における輸送トラブルと列車遅延に関していくつかの知見が得られている 三大都市圏における輸送トラブル発生件数 ( 平成 9 年度 ) は 支障時間 0 分未満が 60% 以上 0 分未満 80% 以上 0 分未満 90% 以上となっている 首都圏では

複数の始業時刻ある場合、個人の判断始業時 刻を選択できる度合あまり高くないとの回答多 かった。また、さらなる時差通勤の実施可能性、 大半の団体「やや困難」または「非常に困難」としており、その理由「サービスの低下」最も多かった。 鉄道事業者の取組の一つとして、最近、ICカード乗車券を活用して早朝利用にポイント等を付与してオフ ピーク通勤を推進する取組み行われている。今後、利用者へのより効果的なインセンティブの与え方の研究を 深め、需要シフトの効果を高めていく必要ある。
さらに見せる

8 さらに読み込む

日本企業の実績を見てみよう< 図 1> 過去 5 年 10 年 15 年といずれの期間で見ても伊藤レポートが掲げる8% を超える企業は少数派であり ISSが掲げる5% を下回る企業が半数近くを占めている 日本企業のROEが短期でも長期でも低迷しているという事実は受け入れざるを得ないようだ 14 年

日本企業の実績を見てみよう< 図 1> 過去 5 年 10 年 15 年といずれの期間で見ても伊藤レポートが掲げる8% を超える企業は少数派であり ISSが掲げる5% を下回る企業が半数近くを占めている 日本企業のROEが短期でも長期でも低迷しているという事実は受け入れざるを得ないようだ 14 年

一方、欧米企業積極的なM&Aを通じて業界再編を進め、過当競争を回避すること売上高 営業利益率を高めている。その結果、リスクへの耐性強化され、さらなる積極的な M&A可 能になるという好循環につながっている<図2>。 以上の解釈、食料品セクターに限ったことなく、広く日本企業、産業界に共通しているよ うな気してならない。このことグローバル競争において日本企業劣後している大きな要因 の一つになっていると言って過言ないのないか。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(2) 次に これを従業員規模別にみると 100 人以上の企業と 100 人以下の企業とでは傾向が大きく違っている 総じて言えば 規模の大きい企業では減らしているとする企業の割合が多く 規模の小さな企業では増やすか 減らすとしても 減らすと回答する企業は非常に少なくなる傾向にある (4) 総じて言え

(2) 次に これを従業員規模別にみると 100 人以上の企業と 100 人以下の企業とでは傾向が大きく違っている 総じて言えば 規模の大きい企業では減らしているとする企業の割合が多く 規模の小さな企業では増やすか 減らすとしても 減らすと回答する企業は非常に少なくなる傾向にある (4) 総じて言え

(3)正社員への登用制度を採用している企業を産業 別にみると、医療・福祉 61.5%、複合サービス事 業 56.0%、金融・保険業 55.6%、教育・学習支 援業 47.8%、情報通信業 45.6%、製造業 44.6 %、サービス業(他に分類されないもの) 44.2%、 建設業 39.3%、運輸業 38.5%、電気・ガス・熱 供給・水道業 35.7%、卸売・小売業 34.8%、飲 食店・宿泊業 34.5%、そして不動産業 24.7% ある。採用率医療・福祉の 61.5%から不動産業 の 24.7%まで業種によって大きく異なっている。ち なみに最近、産業別の非正規労働者を「増加させた」 企業の割合との相関係数 0.569 あり、非正規労 働者に積極的な産業ほどこの制度を積極的に導入す る傾向あるといえよう。(図22参照)
さらに見せる

7 さらに読み込む

2/5 1. 恋のきっかけ SNS 女性の 4 人に 1 人が SNS がきっかけで 異性に好意を持った 経験アリ はじめに 恋愛におけるコミュニケーションにおいて SNS を活用することは有効だと思いますか? と聞いたところ SNS ユーザーの 20~30 代未婚女性のうち 56% と半数以上が

2/5 1. 恋のきっかけ SNS 女性の 4 人に 1 人が SNS がきっかけで 異性に好意を持った 経験アリ はじめに 恋愛におけるコミュニケーションにおいて SNS を活用することは有効だと思いますか? と聞いたところ SNS ユーザーの 20~30 代未婚女性のうち 56% と半数以上が

◆20 代女性の“恋人とのコミュニケーション手段”、「LINE」「電話」を上回る! 続いて、今回の調査回答者のうち、 「現在恋人いる女性」150 名を対象に、恋人とのコミュニケーション手段とし て、SNS どれくらい活用されているかを調べました。 まず、「現在の恋人との対面以外のコミュニケーションにおいて、最も活用しているもの何ですか?」と聞いたところ、 「携帯電話のメール機能」(47%)、「携帯電話の電話機能」(23%)、「LINE」(21%)、「Facebook」(3%)、「mixi」(3%)という結 果になりました。最も多かったの「メール機能」でした、何らかの「SNS」を回答したの合計 27%と 4 に 1 にの ぼっており、SNS を恋人との連絡手段としているも多いようです。
さらに見せる

5 さらに読み込む

[2] 企業規模について次に 企業規模を比較したい 就職活動スタート当初は 従業員 300 人未満 の中小企業を希望していた人は 9% と 1 割に満たなかったが 入社企業では 16% に増えた 逆に割合が減ったのは 1000 人 ~5000 人未満 の規模で 当初は 27% だったが 入社企業では

[2] 企業規模について次に 企業規模を比較したい 就職活動スタート当初は 従業員 300 人未満 の中小企業を希望していた人は 9% と 1 割に満たなかったが 入社企業では 16% に増えた 逆に割合が減ったのは 1000 人 ~5000 人未満 の規模で 当初は 27% だったが 入社企業では

[4] 予定勤務期間 入社企業にいつまで(どのくらいの期間)勤める予定かを聞いた。最も多かったの「定年まで(な るべく長く)」 64%と 6 割を超えていた。次に多いの「とりあえず 3 年くらい」 16%。厚労省 の調べ、大卒女子の 3 年以内離職率 34.7%にのぼっている(2009 年卒者) 、この数字を見る 限り、入社時点早期離職を考えているそれほど多くなさそうだ。また、出産を機に離職す るケースも多い、今回の調査「子供できるまで」 12%にとどまった。ちなみに、「定年まで」 を選んだ、総合職入社者 65%、一般職など総合職以外の入社者 62%と大きな差なく、自 分に合う働き方なるべく長く勤務したいとの考え主流と言える。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1. 算定構造の概要 通所リハビリテーション イ通常規模事業所の場合 ロ大規模事業所 (Ⅰ) の場合 ハ大規模事業所 (Ⅱ) の場合 ( 単位 ) 1 時間以上 2 時間以上 3 時間以上 4 時間以上 6 時間以上 2 時間未満 3 時間未満 4 時間未満 6 時間未満 8 時間未満 要介護 1

1. 算定構造の概要 通所リハビリテーション イ通常規模事業所の場合 ロ大規模事業所 (Ⅰ) の場合 ハ大規模事業所 (Ⅱ) の場合 ( 単位 ) 1 時間以上 2 時間以上 3 時間以上 4 時間以上 6 時間以上 2 時間未満 3 時間未満 4 時間未満 6 時間未満 8 時間未満 要介護 1

留意事項通知 …H12老企第36号第二8 (6)平均利用延人員数の取扱い ① 事業所規模による区分について、施設基準第十号イ(1)に基づき、前年度の1月当たりの平均 利用延人員数により算定すべき通所リハビリテーション費を区分しているところある、当該平 均利用延人員数の計算に当たって、同号の規定により、当該指定通所リハビリテーション事業所 に係る指定通所リハビリテーション事業者指定介護予防通所リハビリテーション事業者の指定 を併せて受け一体的に事業を実施している場合、当該指定介護予防通所リハビリテーション事業 所における前年度の1月当たりの平均利用延人員数を含むこととされているところある。した って、仮に指定通所リハビリテーション事業者指定介護予防通所リハビリテーション事業者の指 定を併せて受けている場合あっても、事業一体的に実施されず、実態として両事業分離され て実施されている場合に、当該平均利用延人員数に当該指定介護予防通所リハビリテーション 事業所の平均利用延人員数含めない取扱いとする。
さらに見せる

87 さらに読み込む

図 1 左側は 全病院における病床規模の分布を 右側は回答者施設の病床規模の分布を示す 200 床以上 ~500 床未満 500 床以上では全体に占める割合に比べて回答者の割合がやや高く 200 床未満では やや低い 以下 回答施設全体の統計要約は この点を考慮に入れてみる必要がある 図 1 全病院

図 1 左側は 全病院における病床規模の分布を 右側は回答者施設の病床規模の分布を示す 200 床以上 ~500 床未満 500 床以上では全体に占める割合に比べて回答者の割合がやや高く 200 床未満では やや低い 以下 回答施設全体の統計要約は この点を考慮に入れてみる必要がある 図 1 全病院

1.2 調査方法・回答率 本調査一般社団法人日本医療情報学会、一般財団法人医療情報システム開発センターの連名 行った。全国の一般病院 8,507 施設を調査対象とし、郵送調査法による標本調査を実施した。標本 抽出にあたり、調査対象を地域と病床規模により層化した。病床規模 200 床未満、200 床以上~ 500 床未満、500 床以上の 3 区分とした。表 1 、ブロック別、病床規模別の病院数ある。全部 4,000 施設を地域ブロック別、病床規模別に比例割当無作為抽出した。調査期間平成 27 年 1 月~2 月ある。回答 596 施設より得られ、回答率 15%あった。
さらに見せる

22 さらに読み込む

年収 300 万以下 (4.2%) から 1,500 万以上 (1.4%) 営業が赤字でも消費税は納めなければならない 販売価格に転嫁できなくてもしはらわなければならない 2004 年度から免税店が 3000 万から 1000 万になり半数以上が転嫁できない 2 一方で輸出大企業には多額の 戻し税

年収 300 万以下 (4.2%) から 1,500 万以上 (1.4%) 営業が赤字でも消費税は納めなければならない 販売価格に転嫁できなくてもしはらわなければならない 2004 年度から免税店が 3000 万から 1000 万になり半数以上が転嫁できない 2 一方で輸出大企業には多額の 戻し税

引き下げられる一方、国保料(税) 、後期高齢者医療・協会けんぽ・介護 保険料など軒並みの値上げです。この上、消費税の増税引き上げられると、 今以上の受診抑制の医療・介護を受けられない孤独死や孤立死につながって いきます。消費税大増税などに向けた11法案(消費税関連2法案・年金関連 3法案、子ども・子育て新システム関連3法案・マイナンバー関連3法案)を 一括審議へ「構造改革」路線を暴走する政府与党。今こそ、安心して住み続け られるまちづくりへ頑張る社保協の出番!草の根の運動を広げるとき! 1、消費税を 2014 年 4 月に8%、2015 年 10 月に 10%へ
さらに見せる

7 さらに読み込む

) 学習する日の 日の学習時間は平均してどれくらいですか 5 時間以上 3.0%.% 時間未満 8.7% 3 時間以上 5 時間未満 30.% 時間以上 3 時間未満 5.7% 3) 単位分のレポート ( 論述式のもの ) が完成するまでに要する平均時間はどれくらいですか 5 時間未満 3.5%.%

) 学習する日の 日の学習時間は平均してどれくらいですか 5 時間以上 3.0%.% 時間未満 8.7% 3 時間以上 5 時間未満 30.% 時間以上 3 時間未満 5.7% 3) 単位分のレポート ( 論述式のもの ) が完成するまでに要する平均時間はどれくらいですか 5 時間未満 3.5%.%

・他の生徒に比べ高年齢の学生なので、福祉の問題自分にとっても、とても身近なことなのに、勉強 して初めてわかったこと沢山ありました。実習の指導者「福祉とても奥深いのです」と何度も 仰ったこと印象に残っています。卒業しても学び続ける必要を感じました。また、先進国と言われる 我が国の福祉の考え方の水準の低さとても残念です。 「国の政治のレベル国民のレベル」と言われ ます、一福祉のことを考えて発言、発信すること、良い社会実現できると思いました。 ・締切日までにオンデマンド、レポート提出といつも期限に追われて、週末ごとに勉強しており、家族か
さらに見せる

12 さらに読み込む

< 受験生トレンド > 受験生に必須のアイテム 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 3 人に 1 人以上が活用している Twitter が第 1 位に 目的は モチベーションを上げたい 記録に残したい 共有して安心したい が上位に 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用

< 受験生トレンド > 受験生に必須のアイテム 受験生の半数以上が勉強に SNS を活用 3 人に 1 人以上が活用している Twitter が第 1 位に 目的は モチベーションを上げたい 記録に残したい 共有して安心したい が上位に 勉強専門アカウントについては約 5 割が興味 約 2 割が活用

また、「塾・予備校を選ぶ時に誰の意見を最も参考にしますか。」と質問したところ、4に1「友達(25.5%)」 の意見を最も参考にしていると回答。次いで「母親(15.8%)」、「高校の先生(13.3%)」となっており、とりわけ 家庭内「父親(6.0%)」、「兄・姉(3.3%)」に大差をつけて、母親の影響大きいことわかりました。 自分にあった講座 授業料 合格実績 講師 通学の利便性 自習室 サポート体制 校舎の雰囲気 対面授業 担当スタッフ テキスト 質問対応 無料イベント・講座 映像授業 説明会 その他
さらに見せる

6 さらに読み込む

(2) 年齢 3 区分別人口割合の推移 年齢 3 区分別人口構成比の推移をみると 15 歳未満及び 15~64 歳がともに減少しており 一方 65 歳以上は増加しています 2016( 平成 28) 年では 15 歳未満が 11.8% 15~64 歳が 59.3% 65 歳以上が 28.9% となって

(2) 年齢 3 区分別人口割合の推移 年齢 3 区分別人口構成比の推移をみると 15 歳未満及び 15~64 歳がともに減少しており 一方 65 歳以上は増加しています 2016( 平成 28) 年では 15 歳未満が 11.8% 15~64 歳が 59.3% 65 歳以上が 28.9% となって

(4)地域支える総合的な支援体制の構築 ①地域包括支援センターの充実 【地域包括支援センターの機能強化】 高齢者の総合相談窓口として、地域包括支援センターを2ヶ所設置しています。市 地域包括支援センターに対して、包括的支援事業に係る方針を示し、それに基づいた活 動計画を設定し活動の充実に努めています。相談件数年々増加し、相談内容について も複雑・多様化し、認知症や虐待等の困難事例も多く、社会福祉士・看護師・主任介護 支援専門員専門性を生かした活動できるよう支援必要です。
さらに見せる

31 さらに読み込む

1. 外国人留学生の採用状況調査に回答した企業のうち 大卒以上の外国人留学生をいわゆる高度人材として雇用している企業は 50.6% と半数を超えており そのうち 2016 年度の採用を見込んでいる企業は 57.1% だった 2016 年度の採用予定を従業員規模別でみると 従業員数 1000 人以上の

1. 外国人留学生の採用状況調査に回答した企業のうち 大卒以上の外国人留学生をいわゆる高度人材として雇用している企業は 50.6% と半数を超えており そのうち 2016 年度の採用を見込んでいる企業は 57.1% だった 2016 年度の採用予定を従業員規模別でみると 従業員数 1000 人以上の

6.外国留学生に求める語学力 相対的に順位を下げた語学力だ、求められていることに変わりない。具体的にどの程度のコミ ュニケーションレベルを求めているのかをまとめた。まず日本語について、内定時にビジネス上級 レベル以上 (レベルの目安下表参照) を求める企業、文系 44.9%、理系 36.0%と 4 割前後だった。 これ入社後に、文系 79.1%、理系 74.4%と大きく増えることから、かなり高い水準の日本語力を 求める企業多いことわかる。採用時に設ける JLPT(日本語能力試験)のレベルも尋ねた、最高 レベルの「N1」 17.6%に過ぎず、7 割近く(68.6%)の企業 JLPT の基準を設けていなかった。つ まり、基準設けていないものの、求める日本語能力のハードル高いということだ。
さらに見せる

12 さらに読み込む

■「週に5日以上」は全体で49%と約半数、男性は60%、女性は37%

■「週に5日以上」は全体で49%と約半数、男性は60%、女性は37%

【 株式会社マクロミル 会社概要 】 株式会社マクロミル、さまざまな企業の商品やサービス等に対する消費者の声を、インターネットを活 用して瞬時に集めるインターネット市場調査会社です。 国内 73 万を超える独自調査モニタを調査対象として迅速なネットリサーチを行う「QuickMill」のほか、 携帯電話を活用したモバイルリサーチ「MobileMill」、世界各国の消費者を対象にした海外市場調査 「GlobalMill」など様々なネットリサーチサービスを展開しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...