人口増減割合別の地点数

Top PDF 人口増減割合別の地点数:

目次 1 人口の動向分析....1 (1) 人口 総人口の推移 年齢 4 区分別人口の推移 出生数 死亡数 転入数 転出数の推移 総人口の推移に与えてきた自然増減及び社会増減の影響 性別 年齢階層別の人口移動の状況... 1

目次 1 人口の動向分析....1 (1) 人口 総人口の推移 年齢 4 区分別人口の推移 出生数 死亡数 転入数 転出数の推移 総人口の推移に与えてきた自然増減及び社会増減の影響 性別 年齢階層別の人口移動の状況... 1

2040(平成 52)年に合計特殊出生率 2.07 まで上昇するとしたパターン2では、 総人口は右肩上がりに上昇し続けます。一方で、出生率は過去趨勢ままで社会 移動率を±0とする(封鎖人口)パターン3では、総人口は急速に約 17 万人まで 減少します。そこで、封鎖人口まま 2040(平成 52)年に合計特殊出生率 2.07 ま で上昇するとしたパターン4では、総人口減少が緩くなり、2060(平成 72)年に は約 20 万人にとどまります。この2つパターンから墨田区は、出産率が高い世 代でもある女性を含む 20 歳から 30 歳代転入超過によって総人口を維持している 要因が強いことがわかります。
さらに見せる

50 さらに読み込む

資 _ 図表 10-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

資 _ 図表 10-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

邑楽郡千代田町   ■ 医療・介護需要(人口動態)  邑楽郡千代田町は、太田・館林二次医療圏に属している。人口は11179人、人口密度は514人/㎢ である。第1号被保険者人口(65歳以上人口)は2999人、高齢化率(65歳以上人口割合)は27%と 全国平均レベルである。高齢者世帯は2431、うち夫婦世帯は30%と低く、高齢者独居世帯は 9%と低い。死亡場所が自宅割合は11%とやや低く、老人ホーム割合は8%とやや高い。  邑楽郡千代田町人口は、2025年に10454人(2015年比-6%)、2040年に9057人(2015年比-19%) と推計されている。75歳以上は2015年1326人が、2025年に1823人(2015年比+37%)、2040年に1838 人(2015年比+39%)と推計されている。
さらに見せる

54 さらに読み込む

70 図 1 非正規雇用労働者の割合や増減率の推移 ( 男女別 ) %

70 図 1 非正規雇用労働者の割合や増減率の推移 ( 男女別 ) %

 金 (2008) は,1984 ~ 2003 年における日本 上場企業財務諸表をパネル化し,社会保険料を 含む福利厚生費など増加が企業雇用に与える 影響を分析した。 分析には日本政策投資銀行と財 団法人日本経済研究所『企業財務データバン ク』と日本経済新聞社『FinancialQuest』,そ して東洋経済新報社『会社四季報』をマッチン グさせてパネルデータを作成して使用している。 分析では,企業が負担する福利厚生費は雇用者 に有意に負影響を与えているという結果が出て おり,福利厚生費増加が雇用に転嫁されている ことが証明されている。また,社会保険料を含む 福利厚生費が全雇用者と正規雇用者に与える影響 を比較・分析し,福利厚生費は,全雇用者よりも 正規雇用者雇用により負影響を与えていると いう結果を出している。
さらに見せる

20 さらに読み込む

目次 Ⅰ 岡山県の人口の現状と分析 1 1. 人口動向分析 1 (1) 人口の推移と将来の見通し (2) 出生 死亡 ( 自然増減 ) と転入 転出 ( 社会増減 ) 2. 自然減 ( 出生者数低下 ) の要因 3 (1) 非婚化 晩婚化の進行 (2) 合計特殊出生率の推移 3. 社会減 ( 転出超

目次 Ⅰ 岡山県の人口の現状と分析 1 1. 人口動向分析 1 (1) 人口の推移と将来の見通し (2) 出生 死亡 ( 自然増減 ) と転入 転出 ( 社会増減 ) 2. 自然減 ( 出生者数低下 ) の要因 3 (1) 非婚化 晩婚化の進行 (2) 合計特殊出生率の推移 3. 社会減 ( 転出超

① ②により、 ○ 少なくとも、2060 年に 155 万人程度が確保され、長期的には概ね 140 万人程度 で安定的に推移する。 ○ 総人口に占める年少人口(0~14 歳)割合は、2010 年 13.7%から、2060 年 には 15.7%、2110 年には 17.4%となり、人口構造が徐々に若返っていく。 併せて、③により、豊かな自然やこれまで培われた地域固有伝統や文化を維持 しながら、安心して住み続けられる多様で魅力ある岡山県を実現できる。
さらに見せる

26 さらに読み込む

資 _ 図表 40-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増

資 _ 図表 40-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増

 1人あたり医療費(国保)は399千円(偏差値61)と高い。後発医薬品割合は62%とやや高い。 ■ 介護供給  総高齢者施設・住宅定員は872人(偏差値50)と全国平均レベルである。介護保険施設定員 (病床)は偏差値51と全国平均レベル、うち介護療養が0人、老健が偏差値53とやや多く、特養が 偏差値50と全国平均レベルである。高齢者住宅定員は偏差値46とやや少なく、うちグループ ホームが偏差値48と全国平均レベル、特定施設は偏差値44と少なく、サ高住(非特定)は偏差値53 とやや多い。一方、居宅サービスは、訪問介護事業所が偏差値50と全国平均レベル、訪問看 護が偏差値43と少なく、通所介護が偏差値57と多い。通所リハが偏差値55とやや多く、訪問入浴 が0、短期入所が偏差値49と全国平均レベル、居宅介護支援が偏差値50と全国平均レベルである。  75歳以上1,000人あたり介護施設・高齢者住宅利用者は偏差値48と全国平均レベル、訪問介護 利用者は偏差値42と少ない。
さらに見せる

106 さらに読み込む

北海道の人口動向 3 社会増減 5 万 -5 人 - 転入数 転出数 転入超過数の推移 北海道 半世紀にわたり道外への転出超過が続いており その主な要因は若年者の進学 就職に伴

北海道の人口動向 3 社会増減 5 万 -5 人 - 転入数 転出数 転入超過数の推移 北海道 半世紀にわたり道外への転出超過が続いており その主な要因は若年者の進学 就職に伴

重点戦略プロジェクト概要 人 口 減 少 に伴 う域 内 需 要 減 少 に対 応 するため、グロー バル化 潮 流 を 捉 え 、アジア成 長 力 を着 実 に取 り 込 むとともに、日 ロ国 境 地 域 振 興 などを通 じて、国 際 競 争 力 高 い北 海 道 を創 造 する。 我 が 国 食 料 安 定 供 給 に 貢 献 する 本 道 農 業 ・ 水 産 業 国 際 競 争 力 を高 め る と と も に 、 本 道 なら で は 森 林 資 源 ブランディングを進 めることにより、地 域 に所 得 と雇 用 を生 み出 すチャレンジングな農 林 水 産 業 を確 立 する。
さらに見せる

8 さらに読み込む

資 _ 図表 28-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

資 _ 図表 28-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

佐用郡佐用町   ■ 医療・介護需要(人口動態)  佐用郡佐用町は、西播磨二次医療圏に属している。人口は17637人、人口密度は57人/㎢である。 第1号被保険者人口(65歳以上人口)は6669人、高齢化率(65歳以上人口割合)は38%と非常に高 い。高齢者世帯は5834、うち夫婦世帯は37%と低く、高齢者独居世帯は14%とやや低い。死 亡場所が自宅割合は12%と全国平均レベル、老人ホーム割合は7%と全国平均レベルである。  佐用郡佐用町人口は、2025年に14777人(2015年比-16%)、2040年に10973人(2015年比-38%) と推計されている。75歳以上は2015年3815人が、2025年に3833人(2015年比±0%)、2040年に3510 人(2015年比-8%)と推計されている。
さらに見せる

77 さらに読み込む

資 _ 図表 37-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

資 _ 図表 37-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

三豊 観音寺市 6 9.2% 52 9.7% 44 4.8% 48 三豊 三豊市 1 1.3% 43 9.5% 44 4.2% 47 (注) 「一般診療所による看取り実施件数」は平成26年9月1か月間件数である。よって死亡者に占める割合は、「一般診療所によ る看取り実施件数」を単純年換算(12倍)した上で、1年間死亡者で割っている。そのため、平成26年9月1か月間件数が0件場合 は、年間死亡者に占める割合も0%となる。また、死亡者が極端に少ない地域では、看取りを単純に12倍すると、100%を超えてしま う場合がある。
さらに見せる

35 さらに読み込む

Ellis 1970 Oxford (1990) SILL(Strategy Inventory for Language Learning) (Rubin, 1975; Naiman, Fröhlich, Stern, & Todesco, 1978)Rubin(1975) verbal-repo

人口の社会増減は転出超過傾向が続き社会減の状態で 自然増減は死亡数が出生数 を上回る自然減の状態が続いており 人口減少の一途をたどっているが 特に社会減の影響を大きく受けている状況にある 名寄市は 基幹産業である農家戸数の減少や企業の支店などの撤退などにより 転出超過が大きくなり 人口減少が進んでき

- 8 - 7 目標達成状況に係る評価に関する事項 7-1 目標達成状況に係る評価手法 事業 KPI である合宿受入人数及び新規冬季スポーツ大会誘致、スポーツコミッシ ョンで雇用者について、実績値を公表する。また、産学金官労などからなる外部 組織である、名寄市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進委員会(産業界から「商工 会議所」 、 「青年会議所」 、 「JA」 、 「森林組合」 、学術機関「名寄市立大学」 、官公庁「北 海道」 、金融機関から「北星信用金庫」 、労働団体「連合北海道」 、その他「観光協会」 「社会福祉協議会」 、 「女性団体」などが参画)により、事業結果を検証し、改善点 を踏まえて次年度事業手法を改良することとする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目次 第 1 章計画の基本的事項 1-1 計画の背景と目的 計画の位置づけ... 1 第 2 章三春町の現状 2-1 人口等の状況... 2 (1) 人口 世帯数の推移... 2 (2) 地区別人口 世帯数... 3 (3) 地区別人口数の推移 住宅の状況...

目次 第 1 章計画の基本的事項 1-1 計画の背景と目的 計画の位置づけ... 1 第 2 章三春町の現状 2-1 人口等の状況... 2 (1) 人口 世帯数の推移... 2 (2) 地区別人口 世帯数... 3 (3) 地区別人口数の推移 住宅の状況...

第2章 三春町現状 6 (2)住宅所有関係 平成 27 年住宅所有関係一般世帯をみると、一般世帯 5,952 世帯うち、 持ち家は 4,793 世帯(80.5%)、借家等は 738 世帯(19.5%)となっています。 持ち家割合(持ち家率)は、平成 27 年には平成 22 年から大きく減少しました が、このことは東日本震災による避難者等受け入れにより、借家等総数が増加した ことによるものと考えられます。
さらに見せる

30 さらに読み込む

自然 経済 行政 位置 市域 1 上水道 下水道等の普及状況 32 面積 1 住宅の種類 戸数 33 気象 2 ごみの量 資源ごみの量 33 市税 34 人口 学校 人口 世帯数の推移 3 年金 国保 37 人口集中地区人口 4 福祉施設 38 年齢別 男女別人口 5 市の財政 39 地

自然 経済 行政 位置 市域 1 上水道 下水道等の普及状況 32 面積 1 住宅の種類 戸数 33 気象 2 ごみの量 資源ごみの量 33 市税 34 人口 学校 人口 世帯数の推移 3 年金 国保 37 人口集中地区人口 4 福祉施設 38 年齢別 男女別人口 5 市の財政 39 地

2005(平成17) ○倉吉市・関金町合同成人式開催(1月)○倉吉市・関金町合併…昭和30年5月灘手村と合併 以来50年ぶり市町村合併(3月)、「倉吉、関金新発見伝」を語る(3月)、『BSカラオケ塾』公開録画(4 月)、市町村合併記念式典・市民芸能文化フェア(5月)○西倉吉消防署が生田に新築○企業誘致や 地元企業増設続く…㈱セイコ製作所・西倉吉工業団地に工場建設開始(1月)、㈱エバルス・西倉吉 工業団地に進出(9月)、㈱テクノメタル・大谷に第2工場完成(10月)、倉吉尾池工業 ㈱・新工場完成 (11月)○ケーブルテレビ利用可能エリア拡がる…第1期CATV未整備地域解消事業完成 整備率 84%→94%(3月)、第2期CATV未整備地域解消事業着手(11月)○市課題解決に向け、各種条例制 定…「高齢者虐待防止条例」制定(3月)・「男女共同参画推進条例」施行(4月)・「倉吉市落書き防止 条例」制定(9月)○「倉吉市次世代育成支援行動計画」策定(3月)○集落排水処理施設供用開始 …整備完了に伴う処理場運転開始○防災センター「くら用心」オープン(5月)○アスベスト問題…ア スベスト問題が急速に全国的な広がりを見せ、社会問題化。当市でも相談窓口を設置、市有施設ア スベスト使用状況調査などを実施(6月~)○国際交流、韓国羅州市などと市民レベル交流…シニア サッカー交流(7月)、少年硬式野球交流(8月)、鳥取短期大学生が羅州大学訪問 (9月)、未来ウォー クと韓国国際ウォーキング協会相互交流(5・10月)、EU児童青少年演劇日本縦断招へい公演 2005IN鳥取開催(8月)○国内交流も盛んに行われる…千葉県松戸市、千葉県館山市、奈良県大淀 町とそれぞれ交流、岡山県真庭市長と会談(12月)○各小学校区に地域ぐるみ学校安全組織が 立ち上がる…パトロールなど安全活動開始(9月)○倉吉市打吹地区「美しいまちなみ大賞」受賞(10 月)○合併後発市議会議員選挙…新議員21人が決まる(10月)○経営再建中ダイエー唯一店 舗「倉吉サンピア」が閉店(10月)○倉吉駅周辺整備進む…上井都市再生住宅(仮称)着工(9月)、上 井公民館・上井児童センター建設工事着工(11月)○新しく「倉吉観光案内所」がオープン(12月)○ 徳島県吉野川市と災害時相互応援協定締結(12月)○倉吉市出身先代・佐渡ケ獄親方(元横綱琴 桜)が偉大な功績を残して日本相撲協会を定年退職(11月)
さらに見せる

59 さらに読み込む

目 次 1 章仙台市の人口 世帯動向 1-1. 仙台市の人口 人口 世帯数の推移 年齢別人口構成 合計特殊出生率 自然動態 転入出状況 ( 社会動態 ) 通勤状況 仙台市の世帯

目 次 1 章仙台市の人口 世帯動向 1-1. 仙台市の人口 人口 世帯数の推移 年齢別人口構成 合計特殊出生率 自然動態 転入出状況 ( 社会動態 ) 通勤状況 仙台市の世帯

(2)住宅現状 平成 25 年総住宅は約 562,000 戸であり、5 年前平成 20 年と比較して 31,300 戸増加し ている。主世帯は住宅増加率を上回って増加傾向となっている。空き家率は平成 20 年を ピークに増加傾向にあったが、東日本大震災影響により、減少に転じ、平成 25 年空き家 は 56,000 戸で、空き家率は 10.0%となったと考えられる。建て方住宅推移では、非木 造共同住宅が住宅割合共に年々増加し、平成 25 年には住宅全体約 50%を占めている。 また、少子高齢化進展により、夫婦と子供世帯が減少する一方で、単身世帯や夫婦のみ 世帯割合は高まる傾向にあり、既存住宅有効活用に向けて民間住宅市場と連携するなど、 さまざまなライフスタイル変化に応じた居住ニーズへ対応していく必要がある。
さらに見せる

243 さらに読み込む

目 次 はじめに 1 Ⅰ せたな町の人口動向分析 1 1 総人口の推移と将来推計 2 年齢 3 区別人口の推移 3 出生 死亡数 転入 転出数の推移 4 5 歳年齢階級別人口の推移 5 年齢階級別の人口移動の長期的動向 6 年齢階級別の産業大分類別就業者数 7 地域別の人口移動の状況 8 合計特殊出

目 次 はじめに 1 Ⅰ せたな町の人口動向分析 1 1 総人口の推移と将来推計 2 年齢 3 区別人口の推移 3 出生 死亡数 転入 転出数の推移 4 5 歳年齢階級別人口の推移 5 年齢階級別の人口移動の長期的動向 6 年齢階級別の産業大分類別就業者数 7 地域別の人口移動の状況 8 合計特殊出

2 将来人口に及ぼす自然増減・社会増減影響度分析 人口増減は、出生・死亡からみた自然動態と転入・転出からみた社会動態に分けて 捉えることができます。 グラフは自然動態及び社会動態経年変化(1988 年~2013 年)を示しています。 1988 年は、自然増減が少なく、社会減が 300 人と人口減少主な要因でしたが、徐々 に社会減は 100 人台へシフトし、 少子高齢化影響で徐々に自然減が加速して 100 人を 超え、2013 年には社会減と自然減が同じ程度になっており、自然減と社会減を止める 両方対策を進めていく必要があります。
さらに見せる

21 さらに読み込む

資 _ 図表 20-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増

資 _ 図表 20-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増

 1人あたり医療費(国保)は352千円(偏差値52)と全国平均レベルである。後発医薬品割合は62% と全国平均レベルである。 ■ 介護供給  総高齢者施設・住宅定員は1345人(偏差値49)と全国平均レベルである。介護保険施設定員 (病床)は偏差値50と全国平均レベル、うち介護療養が偏差値49と全国平均レベル、老健が偏差 値50と全国平均レベル、特養が偏差値51と全国平均レベルである。高齢者住宅定員は偏差値46 とやや少なく、うちグループホームが偏差値47とやや少なく、特定施設は偏差値46とやや少な く、サ高住(非特定)は偏差値49と全国平均レベルである。一方、居宅サービスは、訪問介護事 業所が偏差値46とやや少なく、訪問看護が偏差値53とやや多く、通所介護が偏差値51と全国平 均レベルである。通所リハが偏差値48と全国平均レベル、訪問入浴が偏差値51と全国平均レベ ル、短期入所が偏差値50と全国平均レベル、居宅介護支援が偏差値50と全国平均レベルである。  75歳以上1,000人あたり介護施設・高齢者住宅利用者は偏差値48と全国平均レベル、訪問介護 利用者は偏差値57と多い。
さらに見せる

111 さらに読み込む

第 1 節人口の推移 1 総人口と世帯数の推移 平成 25 年 1 月 1 日現在 人口は 580,852 人 世帯数は 259,048 で平成 5 年から 人口 世帯数ともに増加傾向にあります 出典 : 各年 1 月 1 日現在総人口 2 段階別人口の推移と将来推計平成 17 年から 25 年まで

第 1 節人口の推移 1 総人口と世帯数の推移 平成 25 年 1 月 1 日現在 人口は 580,852 人 世帯数は 259,048 で平成 5 年から 人口 世帯数ともに増加傾向にあります 出典 : 各年 1 月 1 日現在総人口 2 段階別人口の推移と将来推計平成 17 年から 25 年まで

腎疾患外来患者と 1 か月当たり医療費推移 出典:埼玉県国民健康保険団体連合会データをもとに作成 2 特定健康診査・特定保健指導状況 平成 20 年 4 月から医療制度改革大綱基本的な枠組み一つに、生活習慣病対策推進体 制構築が盛り込まれ、医療費適正化総合的な推進に向け、医療保険者に特定健康診査・特 定保健指導実施が義務づけられました。この特定健康診査等は、糖尿病等生活習慣病発 症や重症化を予防し、メタボリックシンドローム該当者及びその予備群を減少させることを 目的としています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

資 _ 図表 37-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

資 _ 図表 37-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

(注) 政令指定都市については、原則区単位で掲載しているが、医療費、地域差指数、介護費は、市単位でしかデータが公開されていないため、その項目についてはブランクとしてい る。また、介護保険広域連合に加入している市町村については、介護費が市町村単位で公表されていないため、その項目についてはブランクとしている。後発医薬品割合について は、平成27年4月~平成28年3月まで月次平均値を掲載しているが、保険請求なかった市町村、保険請求あった薬局が3施設以下市町村およびデータが公開されていない政 令指定都市区部はブランクとしている。なお、全国や都道府県合計値は、政令指定都市や広域連合値を含んだ数値を掲載している。
さらに見せる

35 さらに読み込む

資 _ 図表 10-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

資 _ 図表 10-1 人口動態 二次医療圏市区町村人口 人口密度 2025 年総人口 2040 年総人口 年総人口増減率 年総人口増減率 2015 年 人口 2025 年 人口 2040 年 人口 年 人口増減率 年 人口増減率 全国

(注) 政令指定都市については、原則区単位で掲載しているが、医療費、地域差指数、介護費は、市単位でしかデータが公開されていないため、その項目についてはブランクとしてい る。また、介護保険広域連合に加入している市町村については、介護費が市町村単位で公表されていないため、その項目についてはブランクとしている。後発医薬品割合について は、平成27年4月~平成28年3月まで月次平均値を掲載しているが、保険請求なかった市町村、保険請求あった薬局が3施設以下市町村およびデータが公開されていない政 令指定都市区部はブランクとしている。なお、全国や都道府県合計値は、政令指定都市や広域連合値を含んだ数値を掲載している。
さらに見せる

54 さらに読み込む

第 1 章人口 医療資源等 資料 1 人口と人口増加率の推移 資料 2 年齢 3 区分別の人口割合と性比割合の推移 資料 3 二次保健医療圏別 年齢 3 区分別の人口割合の推移 資料 4 人口動態の推移 資料 5 死因順位第 10 位までの死亡数と死亡割合 資料 6 受療率( 人口 10 万人対 )

第 1 章人口 医療資源等 資料 1 人口と人口増加率の推移 資料 2 年齢 3 区分別の人口割合と性比割合の推移 資料 3 二次保健医療圏別 年齢 3 区分別の人口割合の推移 資料 4 人口動態の推移 資料 5 死因順位第 10 位までの死亡数と死亡割合 資料 6 受療率( 人口 10 万人対 )

一 国開設する病院若しくは診療所であつて、宮内庁、法務省若しくは防衛省が所管するもの、 独立行政法人労働者健康安全機構開設する病院若しくは診療所であつて、労働者災害補償保 険保険関係成立している事業に使用される労働者で業務上災害を被つたもののみ診 療を行うもの、特定事務所若しくは事業所従業員及びその家族診療のみを行う病院若し くは診療所、児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第四十二条第二号に規定する医療 型障害児入所施設若しくは障害者日常生活及び社会生活を総合的に支援するため法律(平 成十七年法律第百二十三号)第五条第六項に規定する療養介護を行う施設である病院又は独立 行政法人自動車事故対策機構法(平成十四年法律第百八十三号)第十三条第三号に規定する施 設である病院若しくは診療所病床については、病床種別ごとに既存病床又は当該申 請に係る病床に次式により算定した(次式により算定したが、〇・〇五以下である ときは〇)を乗じて得たを既存病床及び当該申請に係る病床として算定すること。
さらに見せる

65 さらに読み込む

(3) 地区 ( 日常生活圏域 ) 別人口 高齢化率 日光市は人口の中で 65 歳以上の高齢者割合 ( 高齢化率 ) が 市全体で 3.6% であり 県平均 の 25.1%( 平成 26 年 1 月 1 日現在 ) を上回っている また 地域ごとに人口 3 区分の構成 割合は大きく異なっており 特に

(3) 地区 ( 日常生活圏域 ) 別人口 高齢化率 日光市は人口の中で 65 歳以上の高齢者割合 ( 高齢化率 ) が 市全体で 3.6% であり 県平均 の 25.1%( 平成 26 年 1 月 1 日現在 ) を上回っている また 地域ごとに人口 3 区分の構成 割合は大きく異なっており 特に

※厚生労働科学研究補助金による「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策費用対効果に関する研 究班」が定めた「健康寿命算定方法指針」及び「健康寿命算定プログラム」を用いて県保健福祉部 健康増進課が算定した値。 ※人口規模が小さい市町がほとんどであるため、死亡者数等について平成 24 年~26 年3か年分を補 填。また「不健康な期間」を算定するに当たって介護保険事業における要介護2以上認定者を基礎数値 として用い算定した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

( 目次 ) 新潟県人口ビジョン 策定の考え方 1 Ⅰ 新潟県の人口の現状と将来人口の推計 1. 人口の現状 2 (1) 総人口 年齢 3 区分別人口の推移 (2) 自然増減の状況 (3) 社会増減の状況 (4) 本県人口への自然増減と社会増減の影響 2. 将来推計人口の分析 10 (1) 将来人口

( 目次 ) 新潟県人口ビジョン 策定の考え方 1 Ⅰ 新潟県の人口の現状と将来人口の推計 1. 人口の現状 2 (1) 総人口 年齢 3 区分別人口の推移 (2) 自然増減の状況 (3) 社会増減の状況 (4) 本県人口への自然増減と社会増減の影響 2. 将来推計人口の分析 10 (1) 将来人口

もの人数平均が約 1.8 人となっており、近年合計特殊出生率に比べ高くなって いる。 (図表 15) さらに、実際子ども人数が理想とする子ども人数より少ない理由(複数回 答)として、 「大学教育に対する教育費にお金がかかる」 (36.2%)をはじめ保育園 等保育料、高校教育、義務教育などにお金がかかる、 「子どもに応じた手当等 による経済的援助が不十分だから」 (22.6%)など経済的な理由や、 「仕事と子育 て両立が難しいから(仕事が忙しく、子育て時間がとれないから) 」 (23.6%) といった時間的な理由に加え、 「年齢的に妊娠・出産が難しいから」 (27.6%) 、 「結 婚が遅かったから」 (15.0%)といった晩婚化・晩産化を背景とした理由が上位とな っている。
さらに見せる

21 さらに読み込む

Show all 10000 documents...