事業者自己評価シートの構成は、以下のとおりである

Top PDF 事業者自己評価シートの構成は、以下のとおりである:

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

有効期間が終了する30日前にはなされるよ う,必要な援助を行わなければならない。 (心身状況等把握) ☆準用 第13条 指定通所リハビリテーション事業 , 指定通所リハビリテーション提供に当たって , 利用に係る居宅介護支援事業が開催する サービス担当会議 (岡山市指定居宅介護支援等 事業人員及び運営に関する基準等を定める 条例 (平成26年岡山市条例第31号) 第16条 第9号に規定するサービス担当会議をいう。 以 下同じ。 ) 等を通じて, 利用心身状況, 病 歴, その置かれている環境, 他保健医療サービ ス又は福祉サービス利用状況等把握に努め なければならない。
さらに見せる

40 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(介護予防サービス費支給を受けるため援助) ☆準用 ければならない。 (心身状況等把握) ☆準用 第13条 指定介護予防訪問リハビリテーション事業 ,指定介護予防訪問リハ ビリテーション 提供に当たって,利用に係る介護予防支援事業が開催す るサービス担当会議( 岡山市指定介護予防支援等事業人員及び運営並びに 指定介護予防支援等に係る介護予防ため効果的な支援方法に関する基準等 を定める条例 (平成26年市条例第32号。 以下 「指定介護予防支援等基準条例」 という。)第33条第9号 に規定するサービス担当会議をいう。以下同じ。) 等を通じて,利用 心身状況,病歴 ,その置かれている環境,他保健医療 サービス又は福祉サービス利用状況等把握に努めなければならない。 (介護予防支援事業等と連携) ☆準用
さらに見せる

23 さらに読み込む

目 次 1 様式 5 平成 28 年度自己評価シート ( 年度末評価 ) 1 2 様式 6 平成 28 年度自己評価シート ( 年度末評価まとめ ) 8 3 様式 8 平成 28 年度学校関係者評価シート ( 年度末評価 ) 11

目 次 1 様式 5 平成 28 年度自己評価シート ( 年度末評価 ) 1 2 様式 6 平成 28 年度自己評価シート ( 年度末評価まとめ ) 8 3 様式 8 平成 28 年度学校関係者評価シート ( 年度末評価 ) 11

【今後改善方策】 〇平成 29 年度,すべて教科において単元指導計画をもとに実践し,生徒に付けさせたい資質・能力を,どのようにして付けさせたらよいか, また,どのように指導し評価したらよいか,その実践に何を準備すべきかなど,課題を明確にし,授業改善を行う。 〇課題解消に向け,学校全体“主体的な学び”が推進できるよう研修を重ね,その実践に取り組む。「見る」⇒「やってみる」⇒「振り返 る」⇒「修正する」⇒「やってみる」といった一連活動を念頭に置いた研究授業を計画し,生徒に主体的な学びを促す授業を実施する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

2 前項介護予防訪問入浴介護従業うち一人以 上,常勤なければならない。 3 指定介護予防訪問入浴介護事業が指定訪問入浴 介護事業 ( 指定居宅サービス等事業人員, 設備 及び運営に関する基準 (平成十一年厚生省令第三十七 号。 以下 「指定居宅サービス等基準」 という。 ) 第四 十五条第一項に規定する指定訪問入浴介護事業を いう。 以下同じ。 ) 指定を併せて受け, かつ, 指定 介護予防訪問入浴介護事業と指定訪問入浴介護 (指 定居宅サービス等基準第四十四条に規定する指定訪 問入浴介護をいう。 以下同じ。 ) 事業とが同一事 業所において一体的に運営されている場合について , 指定居宅サービス等基準第四十五条第一項及び第 二項に規定する人員に関する基準を満たすことをも って, 前二項に規定する基準を満たしているものとみ なすことができる。
さらに見せる

37 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(心身状況等把握) ☆準用 第四十九条七 指定介護予防訪問看護事業, 指定介護予防訪問看護 提供に当たって, 利用 に係る介護予防支援事業が開催するサービ ス担当会議 (指定介護予防支援等事業人員 及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護 予防ため効果的な支援方法に関する基準 (平成十八年厚生労働省令第三十七号。 以下 「指 定介護予防支援等基準」 という。 ) 第三十条第九 号に規定するサービス担当会議をいう。 以下同 じ。)等を通じて,利用心身状況,病歴 , その置かれている環境, 他保健医療サービス又 福祉サービス利用状況等把握に努めなけ ればならない。
さらに見せる

41 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

第3条 前条規定によりなおその効力を有するものとさ れる旧介護予防サービス等基準条例第5条第2項及び第 6項並びに第7条第2項規定,旧指定介護予防訪問 法律第83号。以下「整備法」という。)附則第11条 又は第14条第2項規定によりなおその効力を有する ものとされた整備法第5条規定(整備法附則第1条第 3号に掲げる改正規定に限る。)による改正前介護保 険法 (平成9年法律第123号。 以下 「旧法」 という。 ) 第53条第1項に規定する指定介護予防サービスに該当 する旧法第8条2第2項に規定する介護予防訪問介護 (以下「旧指定介護予防訪問介護」という。)又は旧法 第54条第1項第2号に規定する基準該当介護予防サー ビスに該当する旧法第8条2第2項に規定する介護予 防訪問介護若しくはこれに相当するサービス(以下「旧 基準該当介護予防訪問介護」という。)について,第 2条規定による改正前岡山市指定介護予防サービス 等事業人員,設備及び運営並びに指定介護予防サー ビス等に係る介護予防ため効果的な支援方法に関 する基準等を定める条例(以下「旧介護予防サービス等 基準条例」 という。 ) 第4条から第47条まで規定, なおその効力を有する。
さらに見せる

52 さらに読み込む

080(解釈通知) 在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

080(解釈通知) 在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

② 病院又は診療所によ り行われる訪問看護 ,訪問リハビリテ −ション, 通所リハ ビリテ −ション 又は短期入 所療養 介護 (2) 暴力団員 排除(第2項) 介護保 険事業に より暴力団 活動 を助長し, 又は暴力 団運営に 資することな いよ う,指定居宅サービ ス事業役員及び 当該指定に係る事 業所管理 以下 「 役員等 」 という 。 ) , 暴力 団員あ ってなら ないことを規定し たものある 。 その ため,本市において ,指定居宅サービ ス事業指定を 受けようと する 申請 書に,役員等変更 に伴うもの変更届 に,役員等が暴力 団員ない 旨誓約 書に 役員等名簿を添付し て提出しなければな らないこととする 。ただし, 平成25 年4 月1日において現に 指定を受けている全 て指定居宅サー ビス事業 ,同日 にお ける当該指定に係る 事業役員等につ いて,前記にかか わらず,平 成25年 4月 末日までに,役員等 が暴力団員ない旨 を誓約書に役員等 名簿を添付 して市長 に提 出するものとする。
さらに見せる

30 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

各号に掲げる基準に応じ,それぞれ当該各号に 定める規定による基準とする。 一 法第五十四条第一項第二号規定により,同条 第二項第一号に掲げる事項について都道府県(地 方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百 五十二条十九第一項指定都市(以下「指定都 市」という。)及び同法第二百五十二条二十二 第一項中核市(以下「中核市」という。)にあ って,指定都市又は中核市。以下この条におい て同じ。)が条例を定めるに当たって従うべき基 準 第五十七条第四号(第六十一条において準用 する場合に限る。),第五十八条,第五十九条, 第百四十五条第六項(第百八十五条において準用 する場合に限る。 ) , 第百八十条, 第百八十一条, 第二百六十七条(第二百八十条において準用する 場合に限る。)及び第二百七十九条規定による 基準
さらに見せる

54 さらに読み込む

060(居宅サービス) 在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

060(居宅サービス) 在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

ウ 法第8条2第7項に規定する介護予防通所介護 ウ 地域における医療及び介護総合的な確保を推進するため関 係法律整備等に関する法律 (平成26年法律第83号。 以下 「整 備法」という。)附則第11条又は第14条第2項規定により なおその効力を有するものとされた整備法第5条規定(整備法 附則第1条第3号に掲げる改正規定に限る。)による改正前法 (以下「旧法」という。)第8条2第7項に規定する介護予防 通所介護
さらに見せる

8 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(法定代理受領サービス提供を受けるため援助) ☆準用 第15条 指定介護予防福祉用具貸与事業 ,指定介護予防福祉用具貸与 提供 開始に際し, 利用申込が介護保険法施行規則 (平成11年厚生省令第36号。 以下「施行規則」という。)第64条各号いずれにも該当しないとき,当該 利用申込又はその家族に対し,居宅サービス計画(同条第1号ハ及びニに規定 する計画を含む以下同じ。)作成を居宅介護支援事業に依頼する旨を市町村 に対して届け出ること等により, 指定介護予防福祉用具貸与提供を法定代理受 領サービスとして受けることができる旨を説明すること,居宅介護支援事業に 関する情報を提供することその他法定代理受領サービスを行うために必要な援 助を行わなければならない。
さらに見せる

26 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

厚生労働大臣が定める地域に事業所が所在 □ 該当 青P214 厚生労働大臣が定める中山間地域等地域に事業所が 所在 □ 該当 青P214 利用説明、同意 □ あり 青P215 訪問看護 1月当たり延訪問回数が100回以下 □ 該当 サービス提供票 青P214 介護予防訪問看護 1月当たり延訪問回数が5回以下 □ 該当 介護予防サービス計画 青P964 1時間30分以上

9 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

3 前項利用,前3月平均値とする。た だし,新規に指定を受ける場合,推定数とする。 4 第2項サービス提供責任,介護福祉士その 他基準省令第5条第4項に規定する平成24年厚生 労働省告示第118号により厚生労働大臣が定める あって,専ら指定訪問介護に従事するものをも って充てなければならない。ただし,利用に対す る指定訪問介護提供に支障がない場合,同一敷 地内にある指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護 事業所(岡山市指定地域密着型サービス事業人 員,設備及び運営に関する基準等を定める条例(平 成24年市条例第86号。以下「指定地域密着型サ ービス基準条例」という。)第6条第1項に規定す る指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所を いう。)又は指定夜間対応型訪問介護事業所(指定
さらに見せる

38 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(小数点以下切り上げ)>利用定員 災害、虐待等受入等やむを得ない利用による定員超過利用について、当該定員超 過利用が開始した月(災害等が生じた時期が月末あって、定員超過利用が翌月まで 継続することがやむを得ないと認められる場合翌月も含む。)翌月から所定単位 数減算を行うことせず、やむを得ない理由がないにもかかわらずその翌月まで定 員を超過した状態が継続している場合に、災害等が生じた月翌々月から所定単位数 減算を行うものとする。また、この場合にあって、やむを得ない理由により受け 入れた利用について、その利用を明確に区分した上、平均利用延人員数に含 まないこととする。
さらに見せる

22 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(法定代理受領サービス提供を受けるため援助) 第十五条 指定訪問入浴介護事業 , 指定訪問入浴介 護 提供開始に際し, 利用申込が介護保険法施行 規則 (平成十一年厚生省令第三十六号。 以下 「施行規 則」 という。 ) 第六十四条各号いずれにも該当しな いとき, 当該利用申込又はその家族に対し, 居宅 サービス計画作成を居宅介護支援事業に依頼す る旨を市町村に対して届け出ること等により, 指定訪 問入浴介護 提供を法定代理受領サービスとして受 けることができる旨を説明すること, 居宅介護支援事 業者に関する情報を提供することその他法定代理
さらに見せる

33 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

応型訪問介護看護事業 (指定地域密着型サー ビス基準条例第6条第1項に規定する指定定 期巡回・随時対応型訪問介護看護事業をい う。以下同じ。)指定を併せて受け,かつ, 指定訪問看護事業と指定定期巡回 ・ 随時対応 型訪問介護看護 (指定地域密着型サービス基準 条例第4条に規定する指定定期巡回 ・ 随時対応 型訪問介護看護をいう。 ) 事業が同一事業 所において一体的に運営されている場合に, 指 定地域密着型サービス基準条例第6条第1項 第4号アに規定する人員に関する基準を満た すとき (次項規定により第1項第1号ア及び 第2号に規定する基準を満たしているものと みなされているときを除く。 ) , 当該指定訪 問看護事業, 同項第1号ア及び第2号に規 定する基準を満たしているものとみなすこと
さらに見せる

38 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(法定代理受領サービス提供を受けるため援助) ☆準用 第十五条 指定訪問リハビリテーション事業,指定訪問リハビリテーション 提供開始に際し,利用申込が介護保険法施行規則(平成十一年厚生省令第三 十六号。以下「施行規則」という。)第六十四条各号いずれにも該当しないと き,当該利用申込又はその家族に対し,居宅サービス計画作成を居宅介護 支援事業に依頼する旨を市町村に対して届け出ること等により,指定訪問リハ ビリテーション 提供を法定代理受領サービスとして受けることができる旨を説 明すること,居宅介護支援事業に関する情報を提供することその他法定代理 受領サービスを行うために必要な援助を行わなければならない。
さらに見せる

21 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(1月につき+100 単位) 利用に対して、指定訪問リハビリテーション事業所又は指定 通所リハビリテーション事業理学療法士、作業療法士又は 言語 聴覚士(理学療法士等)が、指定訪問リハビリテーション 又は指定 通所リハビリテーション一環として利用居宅を 訪問する際 にサービス提供責任が同行する等により、当該理 学療法士等と利用身体状況等評価を共同して行い、か つ、生活機 能向上を目的とした訪問介護計画を作成
さらに見せる

19 さらに読み込む

別紙 Ⅰ 対象事業の概要環境影響評価法 ( 平成 9 年法律第 81 号 以下 法 という ) 第 15 条に基づき 事業者である国土交通省関東地方整備局及び横浜市から 平成 30 年 6 月 22 日に送付のあった環境影響評価準備書 ( 以下 準備書 という ) の概要は次のとおりである 1 事業

別紙 Ⅰ 対象事業の概要環境影響評価法 ( 平成 9 年法律第 81 号 以下 法 という ) 第 15 条に基づき 事業者である国土交通省関東地方整備局及び横浜市から 平成 30 年 6 月 22 日に送付のあった環境影響評価準備書 ( 以下 準備書 という ) の概要は次のとおりである 1 事業

また、自主的に行うとしている環境監視調査について、監視項目及び実施 内容を可能な限り具体的かつ正確に示し、その調査結果を公表する必要があ る。 さらに、事業実施により一部といえ生物生息環境が失われることから、 周辺地形などを説明することにより、生物生息環境として位置づけを 明らかにした上、埋立地存在が動物・植物・生態系に与える影響評価 を行うことと併せて、環境保全措置ある生物共生型護岸、当該地生物 生息環境に資する構造となるよう検討し、その見込まれる効果を説明する 必要がある
さらに見せる

5 さらに読み込む

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

在宅型サービス事業所等自己点検シート|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

第十三章 福祉用具貸与 第一節 基本方針 (基本方針) 第百九十三条 指定居宅サービスに該当する福祉用具貸与(以下「指定福祉用具貸 与」という。)事業,要介護状態となった場合においても,その利用が可 能な限りその居宅において,その有する能力に応じ自立した日常生活を営むこと ができるよう,利用心身状況,希望及びその置かれている環境を踏まえた 適切な福祉用具(法第八条第十二項規定により厚生労働大臣が定める福祉用具 をいう。以下この章において同じ。)選定援助,取付け,調整等を行い,福 祉用具を貸与することにより,利用日常生活上便宜を図り,その機能訓練 に資するとともに,利用を介護する負担軽減を図るものなければなら ない。
さらに見せる

24 さらに読み込む

目 次 1 様式 5 平成 29 年度自己評価シート ( 年度末評価 ) 1 2 様式 6 平成 29 年度自己評価シート ( 年度末評価まとめ ) 9 3 様式 8 平成 29 年度学校関係者評価シート ( 年度末評価 ) 13

目 次 1 様式 5 平成 29 年度自己評価シート ( 年度末評価 ) 1 2 様式 6 平成 29 年度自己評価シート ( 年度末評価まとめ ) 9 3 様式 8 平成 29 年度学校関係者評価シート ( 年度末評価 ) 13

〇各学年加入率,1年生 91%,2年生 87%,3年生 89%と,昨年度より若干減少したが高水準を維持している。 ③教職員指導力向上推進 〇研究授業週間中に,全教員が他教員授業を最低1回参観するという行動計画中,今年度における研究授業週間校内教員授 業参観割合,第1回 51%,第2回 21%,年間を通して 61%目標値を上回り,昨年度より大きく増加した。また,授業アンケー ト,肯定的評価割合が 71%,目標値を若干上回った。
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...