中心市街地内周遊のイメージ

Top PDF 中心市街地内周遊のイメージ:

広域道路整備基本計画に位置づけのある環状道路を形成する 市街地再開発 区画整理等の沿道まちづくりとの連携あり 米原市都市計画マスタープラン 中心市街地内で行う事業である 幹線都市計画道路網密度が 1.5km/km2 以下である市街地内での事業である DID 区域内の都市計画道路整備であり 市街地の都

広域道路整備基本計画に位置づけのある環状道路を形成する 市街地再開発 区画整理等の沿道まちづくりとの連携あり 米原市都市計画マスタープラン 中心市街地内で行う事業である 幹線都市計画道路網密度が 1.5km/km2 以下である市街地内での事業である DID 区域内の都市計画道路整備であり 市街地の都

地域形成 □ 鉄道や河川等により一体的発展が阻害されている地区を解消する □ 拠点開発プロジェクト、地域連携プロジェクト、大規模イベントを支援する ■ 主要な観光地へアクセス向上が期待される 黒壁ガラス館 (年間観光客入り込み数:2,654.6千人/年 H23年)、長濱オルゴール堂 (年間観光客入り込み数:841.8千人/ 年 H23年)、彦根城(年間観光客入り込み数:826.7千人/年 H23年)

17 さらに読み込む

三沢市中心市街地活性化基本計画

三沢市中心市街地活性化基本計画

現在、中心市街地に計画されている「MGプラザ」は、本市固有観光資 源である「アメリカ文化にふれあえる街」象徴として機能に加え、「世界初 太平洋無着陸横断飛行ミス・ビードル号発進地」、「寺山修司が少年期 を過ごした街」、「ラムサール条約登録地仏沼」などといった本市恵まれた 観光資源インフォメーション機能を果たし、中心市街地に不足している観光 機能を担うこととしている。また、広域観光協議会である十和田エイトライン観 光協議会(三沢市・十和田市・東北町・新郷村)や小川原湖広域観光協議会 (三沢市・東北町・六ヶ所村)各観光拠点中で、最も個性的で集客力高 い拠点として期待されており、これが整備されることにより、市民生活向上は もとより、広域観光魅力向上に大きく貢献するなど、中心市街地のみならず 三沢市及び周辺市町村へ波及効果がもたらされる。
さらに見せる

104 さらに読み込む

中心市街地と里山・水辺におけるSDGsのまちづくり

中心市街地と里山・水辺におけるSDGsのまちづくり

 ところでグリーンインフラとは何か?ふわっとしていて難しいですね。いろんな定義がある中 で,例えば,これは国交省ホームページから抜き書きです。安全・安心ですとか,国土適切 な管理,生活向上,人口減少・高齢化。こういった課題を,自然環境が有する機能で解決 していこうということになります。ただ,これでもまだわかりにくいというところはあるでは ないかと思いますが,まずはそういうものだということを理解してください。例えば,「自然環 境が有する多機能性を活用し」とありますが,先ほど申し上げたグレーインフラである堤防を考 えてみますと,川があふれた時に堤防があることで洪水を防ぐ。ただ,川あふれていない時は, 川とまちを分断する要素になります。機能を発揮する必要がない時に問題があるわけです。それ に対し,遊水池であれば,川があふれた時にはそこに水をたたえ,洪水になっていない時は緑豊 かな水辺場所になっているという多機能性を持っているわけです。そこがグレーインフラとグ リーンインフラ違いになります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

目次 ページ番号 第 1 章中心市街地の活性化に関する基本的な方針 (1) 中心市街地活性化の必要性 1 (2) 本計画の位置づけと策定方針 (3) 本計画の期間 第 2 章中心市街地の現状 (1) 本市の成り立ちと特色 2 (2) 中心市街地の形成と概況 3 (3) 中心市街地の既存資源 4 (4

目次 ページ番号 第 1 章中心市街地の活性化に関する基本的な方針 (1) 中心市街地活性化の必要性 1 (2) 本計画の位置づけと策定方針 (3) 本計画の期間 第 2 章中心市街地の現状 (1) 本市の成り立ちと特色 2 (2) 中心市街地の形成と概況 3 (3) 中心市街地の既存資源 4 (4

22 (2)前計画数値目標と達成状況 ①歩行者・自転車通行量(平日と休日平均) 歩行者・自転車通行量(平日と休日平均)は、最終値(平成 25 年度調査)が 18,555 人で、計画策定時当初目標(25,000 人)を達成できませんでした。これは、目標 値設定際に通行量増加効果を見込んだ一部事業が未実施、または当初想定した とおりに実施されなかったことや、郊外や周辺市町村大型商業施設へシフト、 いまだ低迷する経済環境ほか、中心市街地主要百貨店民事再生手続き開 始(平成 23 年 3 月)や老舗小売店廃業・閉店連鎖的発生による影響が残存して いることが考えられます。
さらに見せる

85 さらに読み込む

霧島市における中心市街地の変容と地形環境

霧島市における中心市街地の変容と地形環境

中心市街地にある 4 店舗は,1980 年代以前と 2000 年代出店が半々で,1 軒が隼人面 から氾濫原へ移行帯に,残り 3 軒は氾濫原に立地している.中心市街地は 4 軒にとど まるものの,周辺に 6 店舗が取り囲んでおり,未だに霧島市最大商業中心地をなしてい ると言える.周辺 6 店舗出店時期は,西に隣接する 1 軒が 1980 年代以前,北西に隣接す る 2 軒が 1990 年代,南側に近接する 3 軒が 2000 年代と位置によって新旧がみられるが, いずれも氾濫原に立地するは共通である.もう一つ商業中心地は,1990 年代に 3 店舗 が出店した旧隼人町見次交差点(国道 223 号線と県道北永野田小浜線)周辺で,2 軒は 隼人面,1 軒は現氾濫原に立地する.これら 3 店舗同様に,天降川右岸に位置する 3 店舗は,より南側にいずれも 2000 年代に開業しており,1 軒は隼人面,国道 10 号線沿い 2 軒は干拓地に立地している.中心市街地およびその周辺,天降川右岸に続く第 3 極と 呼べる商業中心地は,陸上自衛隊国分駐屯地近傍に位置する 3 店舗で構成され,1990 年 代出店 1 軒ならびに 2000 年代出店 1 軒が自衛隊駐屯地と同じく隼人面,2000 年代出 店 1 軒が氾濫原に立地している.これら以外 4 店舗は,ロードサイドでもより周縁部 に点在しており,谷底低地(2 軒)や沖積段丘(2 軒)に位置している.
さらに見せる

23 さらに読み込む

平成19年度中心市街地にぎわい支援事業

平成19年度中心市街地にぎわい支援事業

・個々にはポツポツといいものがあるが線にはなっていない。サインは町に溶 け込むと目立たないし、わからないとサイン意味がない。サインも大切だ が、案内人がいなく、説明する人がいないほうが問題である。 ・市民方がおもてなしメッセージを伝えられるほうが持続エネルギー になっていくではないか。⇒今やっていることを市民に知ってもらい、 巻き込むためサイン作りである。

37 さらに読み込む

中心市街地の衰退と再生のメカニズム : ジェーン・ジェコブズの都市理論による滋賀県長浜市の中心市街地再生の事例分析

中心市街地の衰退と再生のメカニズム : ジェーン・ジェコブズの都市理論による滋賀県長浜市の中心市街地再生の事例分析

で。第3期 『黒壁』 変革期は1 9 9 7年から現在まで時期である。その中でも, 都市発展メカニズムとして特に注目したいは第2期『黒壁』転換期で ある。 1996年4月7日∼11月30日,238日間に及ぶ北近江秀吉博覧会で転換 転換期以前『黒壁』は,①中心市街地における新たな担い手層誕生, ②中心市街地「ガラス」と「歴史的な木造建築」を活かした芸術的生産 様式(Artistic Mode of Production)蓄積過程,③ガラス文化創造事業とし て『黒壁』経営体制確立という特徴があるもの(矢部 2 0 0 0,2 0 0 1) , それだけであれば,前述したパウワース先進性と同じ「模倣」域を出な い。この試行錯誤状態から,新たな分業発生へと質的に変化させたは, 北近江秀吉博覧会による経験である。このイベントは,当時 NHK 大河ド ラマ秀吉にちなんで行われたもので,開催半年前に急遽開催が決定され た。この,実質的な運営を担ったが『黒壁』社長(当時)笹原氏を中心 とする長浜青年会議所(JC)を中心とするメンバーであった。時間も資金 も限られていたために,当時,金沢で地元企業を中心に企画されていたイベ ント「フードピア金沢」プロデューサーであった出島二郎氏を招聘する。 「フードピア金沢コンセプトはフード (食物) 祭りと風土祭を兼ね合わせ, 金沢誇る独自食文化を発信して,地域「風」と「土」を革新しようと する試みである。 「風」は漂泊者であり,フードピアに全国から集まる文化 人, 「土」は定住者,すなわち地域住民と地域定住法人(地域発型企業) であり,柳田国男民俗学や鶴見和子発的発展論影響が見られるコン セプトである」 (佐々木 2 0 0 1:1 2 7) 。出島氏を通じて,これまで金沢で蓄積 されてきた地域発型企業を中心としたまちづくりエッセンスが長浜に注 がれることとなる。会場は既存建物を中心に利用し,コンパニオンは若い 女性ではなく, 「5 5歳以上青年男女求む」と呼びかけシルバー世代協力 を求めた。これまで湖岸部でイベント経験も生かされ,青年会議所メン バー,商店街メンバー,市役所,高齢者など,これまではあまり相互に接触 しなかった様々人々が協働して開催するイベントになった。
さらに見せる

18 さらに読み込む

概要版「豪商のまち松阪」中心市街地土地利用計画

概要版「豪商のまち松阪」中心市街地土地利用計画

交通結節点である松阪駅を中心とした本市玄関口にふさわしい高度利用による都市機能展開を図るゾーン 交通軸 中心市街地骨格を形成し、交通流動円滑化と地区一体化を図る道路 中心商店街ゾーン 松阪駅へメインストリート及び伊勢街道・和歌山街道沿いに商店街が存在し、商店・飲食店等が立地する賑わ いを図るゾーン

6 さらに読み込む

資料3 中心市街地及び竹園・吾妻東部エリアの都市再生のあり方 つくば市 | 第2回つくば中心市街地再生推進会議

資料3 中心市街地及び竹園・吾妻東部エリアの都市再生のあり方 つくば市 | 第2回つくば中心市街地再生推進会議

5.具体的開発イメージ 誘導イメージ 公務員宿舎立地街区は,変化に富んだ都市環境を創出するために,敷地形状が特殊 な街区も多く存在するため,街区により誘導すべき事項が異なることが想定される。 誘導を行う際には街区ごとに具 体的な誘導 事項を示したガイドライン等を作 成す ることが必要であるが, いくつか街区において誘導すべき事項及び好ましい開発イ メージシミュレーションを実施した。

14 さらに読み込む

資料2 中心市街地及び竹園吾妻東部エリアの都市再生のあり方 つくば市 | 第3回つくば中心市街地再生推進会議

資料2 中心市街地及び竹園吾妻東部エリアの都市再生のあり方 つくば市 | 第3回つくば中心市街地再生推進会議

4.好ましい誘導イメージ 公務員宿舎立地街区は,変化に富んだ都市環境を創出するために,敷地形状が特殊 な街区が多く存在するため,街区により誘導すべき事項が異なることが想定さ れ る 。 誘導を行 う際には 街区ごと に具体的 な誘導 事項を示 したガイ ドライン 等を作 成す ることが必要であるが,3街区において好ましい開発誘導イメージを示す。

13 さらに読み込む

能代市中心市街地活性化計画

能代市中心市街地活性化計画

③能代市大型店 能代市店舗面積 3,000 ㎡以上大型店は、中心市街地に能代ショッピングセン ター(イオン能代店)とコメリホームセンター能代店 2 店が立地している。中心 市街地大型店としては、能代長崎ショッピングセンター(ザ・ビック 能代長崎 店)、ホーマック能代店、スーパーセンター能代、ショッピングタウンアクロス能代、 フレスポ能代があり、主に国道 7 号ロードサイドやその周辺に出店している。
さらに見せる

29 さらに読み込む

第11章 その他中心市街地の活性化のために必要な事項 第二期長野市中心市街地活性化基本計画  長野市ホームページ

第11章 その他中心市街地の活性化のために必要な事項 第二期長野市中心市街地活性化基本計画 長野市ホームページ

また、 平成 23 年 2 月には、 外部有識者による長野駅善光寺口景観検討委員会を設置し、 「長野顔」 にふさわしい魅力ある駅前広場デザイン検討を行い、平成 23 年度には、駅前広場デザイン を決定する予定である。 今後、JRで計画している駅ビル建設計画や、その他交通事業者と協議調整を行い、平成 24 年度から工事に着手し、北陸新幹線が金沢まで延伸される平成 26 年度末までに、長野駅善光寺口 駅前広場整備を行う予定である。
さらに見せる

3 さらに読み込む

能代市中心市街地活性化計画

能代市中心市街地活性化計画

来街者 218 49 22 16 6 7 1 - - 49 38 12 1 12.9 平日 108 50 24 14 6 6 1 - - 50 38 11 1 13.2 休日 110 48 19 18 6 8 1 - - 48 37 14 1 12.6 男性 84 52 21 16 6 4 1 - - 52 37 10 1 13.5 女性 134 47 22 16 5 9 1 - - 47 38 14 1 12.5 10代 55 78 11 6 2 4 - - - 78 16 5 - 17.1 20・30代 20 55 25 10 5 5 - - - 55 35 10 - 14.1 40・50代 60 52 15 20 8 5 - - - 52 35 13 - 13.0 60代以上 83 27 33 22 6 11 2 - - 27 54 17 2 9.8 足元(1Km以内) 72 53 31 13 3 1 - - - 53 43 4 - 14.3 近隣(1~3Km) 50 34 20 24 14 6 2 - - 34 44 20 2 10.3 周辺(3~5Km) 18 50 17 17 - 17 - - - 50 33 17 - 12.6 広域(5Km以上) 78 55 15 14 4 10 1 - - 55 30 14 1 13.4 徒歩・自転車 109 43 32 17 5 3 1 - - 43 49 7 1 12.7 クルマ 46 46 13 17 11 11 2 - - 46 30 22 2 11.6 バス・電車 59 64 10 14 2 10 - - - 64 24 12 - 14.7 最寄品買物 103 33 31 22 5 9 - - - 33 53 14 - 10.9 衣料品等買物 11 27 36 18 - 18 - - - 27 18 18 - 10.1 飲食・レジャー 13 69 8 8 8 8 - - - 69 15 15 - 15.2 通勤通学・仕事 44 96 2 - - - 2 - - 96 2 - 2 19.3 公共施設・金融利用 29 28 28 17 14 10 3 - - 28 45 24 3 9.5 その他 18 61 6 22 11 - - - - 61 28 - - 14.1
さらに見せる

10 さらに読み込む

資料2 中心市街地及び竹園・吾妻東部エリアの国家公務員宿舎の処分スケジュール つくば市 | 第5回つくば中心市街地再生推進会議

資料2 中心市街地及び竹園・吾妻東部エリアの国家公務員宿舎の処分スケジュール つくば市 | 第5回つくば中心市街地再生推進会議

第3期 ○敷地が不形状な宿舎 第4期 ○処分にあたって調整等が必要な宿舎 2.処分手法 基本的にすべて宿舎において「地区計画等活用型一般競争入札」とするが,良 好な都市環境創出ため, 地区計画に加え新たな誘導等を行う必要がある街区につ いては, 「二段階一般競争入札」導入を検討する 。なお,第1期処分宿舎 以外 街区においては, ガイドライン及びインセンティブによる誘導も合わせて行うこと を提案する。 制度創設後は, 処分時にガイドライン適用に配慮することやインセ ンティブ制度等について十分周知する必要がある。
さらに見せる

2 さらに読み込む

福知山市中心市街地活性化基本計画

福知山市中心市街地活性化基本計画

民間 民間団体 本市中心市街地は、福知山城から 京街道に沿って、歴史的建造物や江戸 時代「まち割り」などが残ってお り、こうした歴史的資産や個人所有 財産を“まち文化”、“まち宝” として施設改修等を行い、建物一 般公開や展示を行うとともに、サイン 設置や語り部による案内を通して、ま ちなか全体を「ミュージアム」に仕立 て上げることで、来街者が、歴史や文 化、飲食や買い物を楽しみながらまち なか歩きが出来る環境を整える。
さらに見せる

5 さらに読み込む

能代市中心市街地活性化計画

能代市中心市街地活性化計画

3. 中心市街地活性化目標 [1] 中心市街地活性化目標 「中心市街地活性化ビジョン」において、中心市街地活性化将来像とともに基本方 針を設定し、中心市街地活性化に必要な視点として「高齢者」、「環境」、「健康」 3 つ 視点から導き出される能代市中心市街地活性化目標イメージ を取りまとめている。ま た、中心市街地将来像と活性化目標イメージ実現に向け、中心市街地が活性化し たものと判断できる成果として、8つ目標を掲げ、目標達成に向けた中心市街地活性 化施策に取り組むこととしている。後期計画においても、8つ目標を継続していく。
さらに見せる

14 さらに読み込む

つくば中心市街地再生推進会議最終報告本文

つくば中心市街地再生推進会議最終報告本文

参考資料3 各地区における好ましい開発イメージ 5.3,5.4 で示した各地区将来像及び誘導項目をもとに, 「商業業務集積地区」及 び「中高層住宅地区」 , 「中低層住宅地区」において実際に開発する際イメージを作 成した。本イメージはあくまで好ましいイメージを例示したものであり,実際開発 とは異なる。また,公務員宿舎立地している街区は形状が特殊な箇所が多く,街区 ごとに注意すべき事項が異なるが,基本的な注意事項を示していることから,開発事 業者においては,下図に示すイメージに近い開発を行うことが望まれる。
さらに見せる

48 さらに読み込む

和歌山県中心市街地のコンパクトシティ化のためのシミュレータ開発

和歌山県中心市街地のコンパクトシティ化のためのシミュレータ開発

����� ��������> 現代わが国地方都市において,都市政策上,容易には解決が出来ない問題が存在す ることが認識されている.それは,都心空洞化対策として中心商店街活性化に都市計 画や商工サイドで様々なメニューを提示しながら行政が応援するという施策を講じる一方 で,その衰退化要因ともなっている郊外型店舗立地を促すような土地利用拡大を行 わなければならないというジレンマである.また,都市をコンパクトにするため誘導施 策には,自動車に代わる交通手段確保,街中居住推進,多用な就業機会確保が必要 である.これら政策は,居住地を移動して日常生活圏範囲を変化させることである. しかし,これら施策には自動車という利便性高い自由な交通手段を捨てる個別利害, 郊外で広々とした開放的な自然と一体的な居住空間に自由に居住する満足を捨てる個別 利害,都市部以外郊外や農村部で就業機会を捨てる個別利害と相反するというジ レンマが生じる.
さらに見せる

26 さらに読み込む

福知山市中心市街地活性化基本計画

福知山市中心市街地活性化基本計画

B まちなか観光『光秀くん・ひろこさん手形』発行事業 → 180 人増/年 本事業は、中心市街地活性化先導的事業に位置付けられている福知山城周辺 賑わい施設はもとより、中心市街地における加盟店等で一定金額以上食事 や買物をされた場合に、特典付きまちなか観光『光秀くん・ひろこさん手形』を 発行するものである。特典としては、該当7施設うち有料施設である福知山城 及び佐藤太清記念美術館入館料減免や、本事業加盟店で飲食・買物等割引 き、並びに、スタンプラリーによる景品配布等を計画しており、この手形によっ てまちなか回遊を促していくとともに、観光ボランティアグループによるまちな か観光案内や見どころマップ配布、レンタサイクル事業等を活用することで各 施設入館者増加を目指すものである。
さらに見せる

105 さらに読み込む

中心市街地活性化つながるまちづくりプラン

中心市街地活性化つながるまちづくりプラン

第 章 中心市街地現状 分析 - 中心市街地エ ア特徴 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 - 中心市街地周辺状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12 - 中心市街地人口現状 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13 - 中心市街地経済活動 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 - 中心市街地に対 市民意識 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 - 中心市街地におけ 課題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 24
さらに見せる

65 さらに読み込む

Show all 10000 documents...