• 検索結果がありません。

実践編 - 早稲田大学

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2023

シェア "実践編 - 早稲田大学"

Copied!
87
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

"そうか!"生徒の ⇐ 教師は説明しない。

『教えない教え方』50ページ以上を緊急追加。結局のところ、教師は俳優ではありません。

第8課の文法クイズの採点ですが、な形容詞の否定形が「~じゃないです」と教科書で紹介されているため、問題文中の「真説じゃないです」は不正解として採点されました。教えたいから学びたいへ 教室=社会(生徒と教師=善良な社会人)。

学習者に任せる 対象は学習者個人です。

キーワード

サイトを指定

授業: PC 教室で自習

戦略 2: 短い戦略: 有能な人材を雇うことに気づいていない学生もいます。終わりのないことを、たった数年間の任務で教えたり学んだりする必要はありません。例、

その一部分でも学んで完璧にしようとすれば、かえってその人の天然資源を傷つけ、積極的で勇敢な行動の精神を奪い、結局は世界の愚かさを増大させるだけである。今日実際にこの例がかなりたくさんあります。

物事の真実を理解し、それに対処する能力を養うことは非常に可能であり、それを妨げられることなくうまく伸ばすためのツールです。 「教育」という言葉はあまり適切ではなく、「開発」と呼ぶべきです。このように、学校の主な目的は、いわゆる教育ではなく、能力開発にあります。世界の教育の現状を考えたとき、この基準に当てはまり、教育の主目的と変わらないものもあるのではないかと思うことがあります。私の意見では、我が国の教育制度は全く異なっています。

教育は外からビジョンを植え付ける技術ではない 標準化されたアクティブラーニング≒悪い冗談 学び方を学ぶ場所=リアルコミュニティ。

助けを借りて学ぶ方法を学ぶ 他の人を助けることで学ぶ方法を学ぶ 自立した学習者になる方法を学ぶ リソースを使って学ぶ方法を学ぶ 外の世界で実践することで学ぶ方法を学ぶ

参照

関連したドキュメント

原田 康也, “倫理的葛藤を内包する応答課題の意義:就活準備としての英語発表訓練,” 倫理的葛藤を内包する応答課題の意義 -就活準備としての英語発表訓練-1 原田 康也1 1早稲田大学法学学術院 〒169-8050 東京都新宿西早稲田1-6-1 E-mail: 1harada@waseda.jp 概要