10.SYS-2020EM_JP_ indd

12 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Owner’s Manual

SYS-2020

5.1 HOME THEATER SPEAKER SYSTEM

Bedienungsanleitung / Manuel de l’Utilisateur /

Manuale delle istruzioni / Manual del usuario /

Gebruiksaanwijzing / Bruksanvisning /

Инструкция по эксплуатации / Instrukcja Obsługi /

取扱説明書

/ 操作说明书

1.SYS2020_EM_ENG_00A_160705.indd 1 2016/07/05 17:34:03

(2)

DEUTSCH

ITALIANO FRANCAIS

ESPAÑOL

NEDERLANDS

SVENSKA

ENGLISH

POLSKI РУССКИЙ

日本語

中文简体字

安全にお使いいただくために

( 本機をご使用の前にお読みください。 )

• ご使用の前に本書をよくお読みの上、正しくご使用ください。 • お読みになったあとは、いつでも見られるところに「保証書」 と共に大切に保管してください。

正しく安全にお使いいただくため、ご使用の前

に必ずよくお読みください。

この取扱説明書および製品への表示では、製品を安全に正しく お使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を 未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。その 絵表示と意味は次のようになっています。 内容をよく理解してから本文をお読みください。

絵表示の例

図の中や近傍に具体的な禁止内容が描かれています。 感電注意 記号は注意(危険・警告を含む)を 促す内容があることを告げるものです。 分解禁止 記号は禁止の行為であることを告げるものです。 電源プラグを コンセントから抜く 記号は行為を強制したり指示したりする内容を告げるものです。

警告

この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、 人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。 電源プラグを コンセント から抜く

万一異常が発生したら、電源プラグをすぐ

に抜く

煙や異臭、異音が出たとき ●

落としたり、破損したりしたとき ●

機器内部に水や金属類、燃えやすいものなどが入っ たとき そのまま使用すると、火災・感電の原因となります。 すぐに本体と接続している機器の電源を切り、必ず電 源プラグをコンセントから抜いて、安全を確認してか ら販売店にご連絡ください。 お客様による修理などは危険ですので絶対におやめく ださい。 必ず実施

ご使用は正しい電源電圧で

表示された電源電圧以外で使用しないでください。 火災・感電の原因となります。 必ず実施

電源コードは大切に

電源コードを傷つけたり、破損したり、加工したりし ないでください。また、重いものをのせたり、加熱し たり、引っ張ったりすると電源コードが破損し、火災・ 感電の原因となります。 電源コードが傷んだら、すぐに販売店に交換をご依頼 ください。 必ず実施

電源プラグの刃および刃の付近にほこりや

金属物が付着しているときは

電源プラグをコンセントから抜いて、乾いた布で取り 除いてください。そのまま使用すると火災・感電の原 因となります。 火気禁止

火や炎を近づけない

本機の上でろうそくを灯す・タバコの灰皿を使用する などの火や炎の発生しているものを置かないでくださ い。火災の原因となります。 禁止

内部に水などの液体や異物を入れない

機器内部に水などの液体や金属類、燃えやすいものな どを差し込んだり、落とし込んだりしないでください。 火災・感電の原因となります。 特にお子様のいるご家庭ではご注意ください。 水ぬれ 禁止

水滴や水しぶきのかかるところに置かない

雨天・降雪中・海岸・水辺での使用は特にご注意くだ さい。 水がかかったり、濡れた状態で使用すると火災、感電 の原因となります。 分解禁止

ねじを外したり、分解や改造したりしない

内部には電圧の高い部分がありますので、火災・感電 の原因となります。 内部の点検・調整・修理は販売店にご依頼ください。 接触禁止

雷が鳴り出したら

機器や電源プラグには触れないでください。 感電の原因となります。 水場での 使用禁止

風呂・シャワー室では使用しない

火災・感電の原因となります。 水ぬれ 禁止

この機器の上に花瓶・植木鉢・コップ・化

粧品・薬品や水などが入った容器、および

小さな金属物を置かない

こぼれたり、中に入ったりした場合、火災・感電の原 因となります。 禁止

必ず AC 100V のコンセントに電源プラグ

を差し込んで使用する

本機は国内仕様です。AC 100V 以外の電源には絶対に 接続しないでください。 火災 ・ 感電の原因となります。

(3)

NEDERLANDS

ITALIANO ESPAÑOL

SVENSKA

DEUTSCH FRANCAIS

ENGLISH

РУССКИЙ POLSKI

日本語

中文简体字

禁止 注意

付属の電源コードを使用する

他の機器の電源コードを本機に使用しないでください。 また、付属の電源コードは本機以外には使用しないでくだ さい。 電流容量などの違いにより火災・感電の原因となることが あります。 必ず実施 禁止

電源コードは確実に接続し、束ねたまま使用し

ない

電源コードを接続するときは接続口に確実に差し込んでく ださい。差し込みが不完全な場合、火災・感電の原因と なることがあります。 根元まで差し込んでもゆるみがあるコンセントには接続し ないでください。その場合、販売店や電気工事店にコン セントの交換を依頼してください。 また、電源コードは束ねたまま使用しないでください。発 熱し、火災の原因となることがあります。 禁止

電源コードを熱器具に近付けない

コードの被ふくが溶けて、火災・感電の原因となることが あります。 禁止

電源プラグを抜くときは

電源コードを引っ張らずに必ずプラグを持って抜いてくださ い。コードが傷つき、火災・感電の原因となることがあります。 ぬれ手禁止

濡れた手で電源プラグを抜き差ししない

感電の原因となることがあります。 電源プラグを コンセント から抜く

すぐにコンセントから電源プラグを抜くことがで

きるように設置する

電源のスイッチを切ってもコンセントからは完全に遮断さ れていません。 万一の事故防止のため、本機をコンセントの近くに置き、 すぐにコンセントから電源プラグを抜くことができるように してください。

注意

この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、 人が軽傷を負う可能性が想定される内容および物的損害のみの発生が想定される内容を示しています。 必ず実施

機器の接続は説明書をよく読んでからおこなう

テレビ・オーディオ機器・ビデオ機器などの機器を接続す る場合は、電源を切り、各々の機器の取扱説明書に従って おこなってください。 また、接続には指定のコードを使用してください。指定以 外のコードを使用したり、コードを延長したりすると発熱し、 やけどの原因となることがあります。 必ず実施

電源を入れる前には音量を最小にする

突然大きな音が出て、聴力障害などの原因となることがあ ります。 禁止

長時間音が歪んだ状態で使用しない

スピーカーが発熱し、火災の原因となることがあります。 禁止

次のような場所には置かない

火災・感電の原因となることがあります。 ●

調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気があたるような ところ ●

湿気やほこりの多いところ ●

直射日光のあたるところや暖房器具の近くなど高温に なるところ 必ず実施

壁や他の機器から少し離して設置する

30cm 以上 放熱をよくするために、他の機器との間は上記の距離を離 して設置してください。 ラックなどに入れるときは、機器の天面や背面から上記の 隙間を確保してください。内部に熱がこもり、火災の原因 となることがあります。 禁止

通風孔をふさがない

内部の温度上昇を防ぐため、通風孔が開けてあります。 次のような使いかたはしないでください。内部に熱がこも り、火災の原因となることがあります。 ●

あお向けや横倒し、逆さまにする ●

押し入れ・専用のラック以外の本箱など風通しの悪い狭 い場所に押し込む ●

テーブルクロスをかけたり、じゅうたん・布団の上に置 いたりして使用する 禁止

不安定な場所に置かない

ぐらついた台の上や傾いたところなど不安定な場所に置か ないでください。落ちたり倒れたりして、けがの原因とな ることがあります。 禁止

この機器に乗ったり、ぶら下がったりしない

特に幼いお子様のいるご家庭では、ご注意ください。倒 れたり、壊れたりして、けがの原因となることがあります。 禁止

重いものをのせない

機器の上に重いものや外枠からはみ出るような大きなもの を置かないでください。バランスがくずれて倒れたり、落 下したりして、けがの原因となることがあります。 電源プラグを コンセント から抜く

移動させるときは

まず電源を切り、必ず電源プラグをコンセントから抜き、外 部の接続コードを外してからおこなってください。コードが 傷つき、火災・感電の原因となることがあります。 電源プラグを コンセント から抜く

長期間の外出・旅行のとき、

またはお手入れのときは

安全のため必ず電源プラグをコンセントから抜いてくださ い。火災・感電の原因となることがあります。 注意

5 年に一度は内部の掃除を

販売店などにご相談ください。内部にほこりがたまったま ま、長い間掃除をしないと火災や故障の原因となることが あります。 特に、湿気の多くなる梅雨期の前におこなうと、より効果 的です。なお、内部の掃除費用については販売店などに ご相談ください。 1.SYS2020_EM_ENG_00A_160705.indd 8 2016/07/05 17:34:05

(4)

日本語

目次

ユニット構成··· 1 付属品··· 1 取り扱い上のご注意··· 2 設置の際のご注意··· 2 設置のしかた··· 2 移動させるときのご注意··· 2 お手入れのしかた··· 2 各部の名前とはたらき··· 3 リアパネル(サブウーハー)··· 3

ご使用になる前に

スピーカーの接続··· 3 スピーカーケーブルを接続する··· 3 サブウーハーの接続··· 4 電源コードの接続··· 4 AV レシーバーの設定··· 4

接続のしかた

操作のしかた

保証と修理について

...5

主な仕様

...6 サブウーハーの操作のしかた··· 4 ご使用になる前にご確認ください。

付属品

e r ⑥ t

q

取扱説明書(本書)...1

w

保証書(梱包箱に貼付)...1

e

スピーカーケーブル(長さ:約 30m)...1

r

オーディオケーブル (長さ:約 3m、RCA ピンプラグ)...1

t

電源コード【本機専用】(長さ:約 1.5m)...1

y

すべり止め(1 シート 20 枚)...1

ステレオ音のエチケット

●隣近所への配慮(おもいやり)を十分に いたしましょう。 ●特に静かな夜間は、小さな音でも通りや すいものです。 夜間の音楽鑑賞には、特 に気を配りましょう。

故障かな?と思ったら

...5

ご使用になる前に

お買い上げいただきありがとうございます。本機をご使用になる前 に、必ずこの取扱説明書をお読みください。お読みになったあと は、いつでも見られるところに大切に保管してください。

ユニット構成

サテライトスピーカーシステム ...5 サブウーハー ...1 • CD-R/-RWまたはDVD-R/-RW/+R/+RW再生中に別のファイル を再生する場合、o を押して階層表示 をおこない、ui を押して再生したい ファイルを選び、ENTERを押してくだ さい。

(5)

日本語

2

接 続 の しか た 操 作 の しか た 保 証と修 理 に つ い て 主な仕 様 故 障 か な ?と 思 っ た ら ご 使 用に な る 前に

取り扱い上のご注意

2

2壁掛けする場合

• 背面にある壁掛け用フックを利用して、壁に掛けて使用できます。 • 壁掛けする際には、安全性を確認し、適切な方法でおこなってく ださい。

1

十分に強度のある壁または補強材に1本のタッピ

ングねじ(市販品、直径3.5~4mm)を取り付

ける。

2

タッピングねじの頭にスピーカー背面の壁掛け用

フックを引っ掛ける。

6mm 20mm以上 ご注意 • タッピングねじの頭が壁掛け用フックの穴のふちにしっかりと掛か っていることを確認してください。 • モルタルや化粧ベニヤ板など、はがれやすい材質の壁には取り付け ないでください。ネジが抜けてスピーカーが落下し、スピーカーが 故障したり、けがをするおそれがあります。 • スピーカーを釘や両面テープなどで取り付けないでください。長期 の使用により、振動で釘がゆるんだり、両面テープがはがれたりし てスピーカーが落下するおそれがあります。 • スピーカーケーブルに手足を引っ掛けることのないように、ケーブ ルは必ず固定してください。 • 取り付け後は必ず安全性を確認してください。取り付け箇所、取り 付け方法の不備による事故などの責任は、当社では一切負いません のでご了承ください。安全性に不安がある場合は、専門の施工業者 に取り付け工事をご依頼ください。 ご 使 用に な る 前に

設置の際のご注意

警告 • 壁への取り付けは安全性確保のため、専門施工業者へ依頼してく ださい。 • スピーカーケーブルを足や手に引っ掛けて本機を落下させること のないように、ケーブルは必ず壁などに固定してください。 • 取り付け後は、必ず安全性を確認してください。 また、その後定期的に落下の可能性がないか安全点検を実施して ください。取り付け場所、取り付け方法の不備によるいかなる損 害、事故について当社はいっさいその責を負いません。

設置のしかた

2

2棚などに設置する場合

付属のすべり止め(厚さ約1mm)を底面の3ヵ所に貼っ てください。 すべり止め • CD-R/-RWまたはDVD-R/-RW/+R/+RW再生中に別のファイル を再生する場合、o を押して階層表示 をおこない、ui を押して再生したい ファイルを選び、ENTERを押してくだ さい。

移動させるときのご注意

• 衝撃を与えないでください。 • サブウーハーを移動させるときは、必ず電源を切り、電源プラグを コンセントから抜いて、他の機器との接続ケーブルを外したことを 確認してからおこなってください。 • サブウーハーを移動させるときは、底面のウーハー部をつかまない ように注意してください。ウーハー部に強い力を加えると、ウーハ ーが故障するおそれがあります。 ウーハー部 フット

お手入れのしかた

• キャビネットや操作パネル部分の汚れを拭き取るときは、柔らかい 布を使用して軽く拭き取ってください。 • 化学ぞうきんをご使用の際は、その注意書に従ってください。 • ベンジン、シンナーなどの有機溶剤および殺虫剤などが本機に付 着すると、変質したり変色することがありますので使用しないで ください。 10.SYS-2020EM_JP_160705.indd 2 2016/07/05 17:42:18

(6)

日本語

接続のしかた

接続の際は、接続する機器の取扱説明書をよくお読みの上、正しく ご使用ください。

各部の名前とはたらき

リアパネル(サブウーハー)

q

w

t

y

e

r

q

電源表示 電源の状態によって、次のように点灯します。 • 電源オン:緑色 • スタンバイ時:赤色 • 電源オフ:消灯

w

ライン入力端子(LINE2IN) 付属のオーディオケーブルを使って、サブウーハー専用出力端子 (SUBWOOFER PRE OUTなど)付きのアンプを接続します。

e

音量調節つまみ(VOLUME) サブウーハーの音量を調節します。

r

オートスタンバイモードスイッチ2 (AUTO2STANDBY2ON/OFF) • ON:オートスタンバイ機能がはたらきます。 • OFF: オートスタンバイ機能がはたらきません。 オートスタンバイ機能 本機に入力される信号がない状態が約3分間続くと、自動的に スタンバイ状態になります。また、スタンバイ状態のときに信 号が入力されると電源がオンになります。

t

電源スイッチ(POWER2ON/OFF) • ON:電源がオンになります。 • OFF:電源がオフになります。

y

AC インレット(AC2IN)

スピーカーの接続

• スピーカー背面の音声入力端子とAVレシーバーのスピーカー出力 端子を付属のスピーカーケーブルを使って接続します。付属のスピ ーカーケーブル(30m)はスピーカーの配線に適した長さに切断 してお使いください。 • サテライトスピーカーはすべて同一です。お手持ちのAVレシーバー のスピーカー出力端子(FRONT L/R、CENTER、SURROUND L/R)にそれぞれのスピーカーを接続してください。 • AVレシーバーにはいろいろなスピーカー出力端子があります。お 使いになるAVレシーバーの取扱説明書を確認してください。 ご注意 • スピーカーをAVレシーバーに接続する場合は、必ずAVレシーバー の電源を切ってからおこなってください。 • 極性を間違えると、位相が変わったり低音域のない不自然な再生音 になってしまいます。正しく接続してください。

スピーカーケーブルを接続する

-側端子:黒 +側端子:赤 レバー ライン(黒)入り

1

付属のスピーカーケーブルをAVレシーバーと各

スピーカーの配線に適した長さに切断する。

2

スピーカーケーブル先端の2

被覆をはずし、ケーブルの芯線を

指でしっかりよじる。

3

レバーを押し下げて、ケーブルの

先端を穴に差し込む。

4

レバーを離す。

• 接続が終わったら、スピーカーケーブルを軽く引っ張り、確実に接 続されていることを確認してください。 ご注意 • スピーカーケーブルの芯線どうしを接触させないでください。アン プの回路がショートし、故障の原因となります。

(7)

日本語

4

接 続 の しか た 操 作 の しか た 保 証と修 理 に つ い て 主な仕 様 故 障 か な ?と 思 っ た ら ご 使 用に な る 前に 操 作 の しか た

サブウーハーの接続

付属のオーディオケーブルを使って、本機のライン入力端子(LINE IN)とアンプのサブウーハー出力端子を接続します。 SUBWOOFER PRE OUT アンプ オーディオケーブル (RCAピンプラグ、付属) ご注意 • すべての接続が終わるまで、電源プラグをコンセントに差し込まな いでください。 • オーディオケーブルは、電源コードやスピーカーケーブルと一緒に 束ねないでください。ハムや雑音の原因となることがあります。

電源コードの接続

すべての接続が完了したら、電源プラグをコンセントに差し込みま す。 家庭用の電源コンセントへ (AC100V、50/60Hz) 電源コード (付属) ご注意 • 電源プラグは確実に差し込んでください。不完全な接続は、雑音発 生の原因となります。

AV レシーバーの設定

• AVレシーバーの設定メニューで、接続するスピーカーの大きさを 設定する場合は、“小”に設定してください。 • クロスオーバー周波数を設定できるAVレシーバーをお使いの場合 は、200~250Hz程度に設定することをおすすめします。

操作のしかた

POWER

VOLUME

サブウーハーの操作のしかた

1

電源スイッチを“ON”にする。

2

VOLUMEつまみで音量を調節する。

ご 使 用に な る 前に 接 続 の しか た 10.SYS-2020EM_JP_160705.indd 4 2016/07/05 17:42:18

(8)

日本語

保証と修理について

2

2修理を依頼されるとき

修理を依頼される前に • 取扱説明書の「故障かな?と思ったら」の 項目をご確認ください。 • 正しい操作をしていただけずに修理を依頼 される場合がありますので、この取扱説明 書をお読みいただき、お調べください。 修理を依頼されるとき • 修理お問い合わせ窓口へご相談ください。 • 出張修理をご希望される場合は、別途出張 料をご請求させていただくことになります ので、あらかじめご了承ください。 • 修理を依頼されるときのために、梱包材は 保存しておくことをおすすめします。

2

2依頼の際に連絡していただきた

い内容

• お名前、ご住所、お電話番号 • 製品名…… 取扱説明書の表紙に表示してい ます。 • 製造番号… 保証書または製品背面(または 底面や側面)に表示していま す。 • できるだけ詳しい故障または異常の内容

2

2お客様の個人情報の保護につ

いて

• お客様にご記入いただいた保証書の控え は、保証期間内のサービス活動およびその 後の安全点検活動のために記載内容を利用 させていただく場合がございますので、あ らかじめご了承ください。 • この商品に添付されている保証書によっ て、保証書を発行している者(保証責任 者)およびそれ以外の事業者に対するお客 様の法律上の権利を制限するものではあり ません。

2

2保証書について

この製品には保証書が添付されております。 保証書は、必ず「販売店名・購入日」などの 記入を確かめて販売店から受け取っていただ き、内容をよくお読みの上、大切に保管してく ださい。

2

2保証期間中の修理

保証書の記載内容に基づいて修理させていた だきます。詳しくは保証書をご覧ください。 ご注意 • 保証書が添付されない場合は有料修理にな りますので、ご注意ください。

2

2 保証期間経過後の修理

修理によって機能が維持できる場合は、お客様 のご要望により、有料修理致します。

2

2 修理料金のしくみ

• 技術料… 故障した製品を正常に修復するた めの料金です。技術者の人件費・ 技術教育費・測定機器などの設備 費・一般管理費などが含まれま す。 • 部品代… 修理に使用した部品代金です。そ の他修理に付帯する部材などを含 む場合もあります。 • 出張料… 製品のある場所へ技術者を派遣す る場合の費用です。別途駐車料金 をいただく場合があります。

2

2 補修部品の保有期間

本機の補修用性能部品の保有期間は、製造打 ち切り後8年です。

故障かな?と思ったら

最初に次のことを確認してください。

n

各接続は正しいですか

n

取扱説明書に従って正しく操作していますか

n

アンプやプレーヤーは正しく動作していますか

本機が正しく動作しないときは、次の表に従ってチェックしてみてください。なお、この表 の各項にも該当しない場合は本機の故障とも考えられますので、お買い上げの販売店にご相 談ください。もし、お買い上げの販売店でもおわかりにならない場合は、当社のお客様相談 センターまたはお近くの修理相談窓口にご連絡ください。 症2状 原2因 対2策 関連ページ 電源スイッチを入れても、 表示が点灯せず、音も出な い。 • 電源プラグの差し込みが 不完全である。 • 電源プラグの差し込みを 点検してください。 4 表示は点灯するが、音が出 ない。 • コードの接続が不完全で ある。 • 音量調節つまみを絞って いる。 • 過大入力や温度上昇など により保護回路が動作し ている。 • しっかり接続してくだ さい。 • 適当な位置まで回してく ださい。 • 一旦電源スイッチ を“OFF”にして、1 分以上放置してから再 度“ON”にしてくだ さい。 それでも復帰しない場合 は、お買い上げの販売店 にご相談ください。 4 3、4 - 音が歪む。 • 音量が大きすぎる。 • 本機を接続したアンプ側 で音が歪んでいる。 • 音量を下げてください。 • アンプ側で低音を増強し ないでください。 3、4 - 発振する。 (大きな音が連続的に出 る。) • 本機の音量が大きすぎ る。 • 音量を下げてください。 3、4 音量がアンプの音量調節に 連動しない。 • アンプのサブウーハー用 以外の接続端子(出力レ ベルが一定)に接続して いる。 • アンプのサブウーハー 用端子に接続してくだ さい。 -

(9)

日本語

6

接 続 の しか た 操 作 の しか た 保 証と修 理 に つ い て 主な仕 様 故 障 か な ?と 思 っ た ら ご 使 用に な る 前に 保 証と修 理 に つ い て 故 障 か な ?と 思 っ た ら

主な仕様

n サテライトスピーカー

形式: フルレンジ・1 スピーカー 密閉型 スピーカーユニット: フルレンジ(8cm コーン形 ×1) 入力インピーダンス: 6 Ω 最大許容入力: 100W(JEITA)、200W(PEAK) 再生周波数域: 100Hz ~ 20kHz 平均出力音圧レベル: 86dB (1W・1m) 寸法: 133(幅)× 131(高さ)× 140(奥行き)mm 質量: 0.5kg

n サブウーハー

形式: アンプ内蔵バスレフ型 スピーカーユニット: 16cm コーン形 ウーハー ×1 再生周波数域: 30Hz ~ 600Hz 最大出力: 100W(PEAK) 入力インピーダンス: 47k Ω 電源: AC100V、50/60Hz 消費電力: 22 W 待機電力: 0.5 W以下(スタンバイ時) 寸法: 298(幅)× 340(高さ)× 305(奥行き)mm 質量: 6kg ※仕様および外観は改良のため、予告なく変更することがあります。 ※JEITA:(社)電子情報技術産業協会(略称:JEITA)が制定した規格です。 ※本機を使用できるのは日本国内のみで、外国では使用できません。 主な仕 様 10.SYS-2020EM_JP_160705.indd 6 2016/07/05 17:42:18

(10)

日本語

お2客2様2相2談2セ2ン2タ2ー

 0 5 7 0 ( 6 6 6 ) 1 1 2

FAX:044(330)1367 ■2受付時間 9:30 ~ 17:30 2 (当社休日および祝日を除く、月~金曜日) ■ 上記番号がご利用いただけない場合 2050(3388)6801 2 〒 210-8569 神奈川県川崎市川崎区日進町 2 番地 1 D&M ビル ■ お問い合わせをいただく前に、ホームページの FAQ をご確認くださ い。 http://denon.jp/jp/html/faq.html ■ メールでお問い合わせをいただくこともできます。 http://denon.jp/jp/html/contact.html z 電話番号・ファックス番号・URL は変更になる場合があります。

修2理2相2談2窓2口

  0 5 7 0 ( 6 6 6 ) 8 1 1

■2受付時間 9:30 ~ 12:002、13:00 ~ 17:302 2 (当社休日および祝日を除く、月~金曜日) ■ 上記番号がご利用いただけない場合 20466(86)9520 ■ 故障・修理・その他のサービス関連情報については、次の当社ホームペー ジでもご確認いただけます。 http://denon.jp/jp/html/service.html ■ 代表修理窓口 首都圏サービスセンター 2 〒 252-0816 神奈川県藤沢市遠藤 2010-16 FAX:0466(86)9522 z ディーアンドエムホールディングス本社では製品の修理を受け付けてお りません。 〒 210-8569 神奈川県川崎市川崎区日進町 2 番地 1 D&M ビル

当社製品のご相談と修理についてのお問い合わせは、お買い上げ店または下記窓口にご連絡ください。

(11)

1.SYS2020_EM_ENG_00A_160705.indd 6 2016/07/05 17:34:06

(12)

Printed in China 5411 11437 00AD Copyright © 2016 D&M Holdings Inc. All Rights Reserved. www.denon.com

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :