が 1987年の 大国の興亡 という著作の中ですでに喝破していたことでもあった ポール ケネディによると アメリカ合衆国は 戦略的な拡大過剰 に苦しんでいた 当時 アメリカ合衆国はさまざまな合意による戦略的な契約を引き継いでおり これら政治的 経済的 軍事的なしがらみは 自らの利益を大きく損ねるまで

10 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

ベ ル リ ン の 壁 と ソ ビ エ ト 連 邦 の 崩 壊 に よ っ て 、第 次 世 界 大 戦 終 結 以 後 、 国 際 関 係 を 形 成し て きた 西 対 立 の 論 理 と 二 極 対 立 の 世 界 が 消 滅 し た こ と 明 ら か と な っ た 。そ し て わ れ わ れ は 新 し い 段 階 に 突 入 し た の で あ る 。   専 門 家 や 政 治 家 は 、 二 極 対 立 の 世 界 が 一 極 世 界 に 代 わ っ て い く の か 、 多 極 世 界 に 代 わ っ て い く の か 、 ど ち ら に な る の か と 考 え た 。 後 者 の 立 場の 可 能 性 を 擁 護 す る 立場 から 、 も し ソ 連が 崩 壊 す れ ば 、 同 様 に ア メ リ カ 合 衆 国 も 衰 退 の 兆 候 を 示 す だ ろ う と 言 わ れ た が 、 そ れ は 、歴 史 家 ポ ー ル ・ ケ ネ デ ィ

I R I S 国 際 関 係 戦 略 研 究 所 所 長

訳 ◉ 渡 邊 奈 穂 子

氏(

)は

(2)

が 、 1 9 8 7 年 の 『 大 国 の 興 亡 』 と い う 著 作の 中 で す で に 喝 破 し て い た こ と で も あ っ た 。   ポ ー ル ・ ケ ネ デ ィ に よ る と 、 ア メ リ カ 合 衆 国 は 「 戦 略 的 な 拡 大 過 剰 」 に 苦 し ん で い た 。 当 時 、 ア メ リ カ 合 衆 国 は さ ま ざ まな 合 意 に よ る 戦 略 的 な 契 約 を 引 き 継 い でお り 、 こ れ ら 政 治 的 ・経 済 的 ・ 軍 事 的 な し が ら み は 、 自 ら の 利 益 を 大 き く 損 ね るま で に な っ て い た 。こ れ ま で の 幾 つ か の 帝 国 の よ う に 、 ア メ リ カ 合 衆 国 は世 界 中 で 交 わ し た 契 約 が 重 荷 と な っ て 衰 退 の 段 階 に 突 入 し 、 も が き 苦 し むよ う に な っ て い た 。一 見 し て ア メ リ カ 合 衆 国 の 実 力 は 約 束 を 履 行 す る に は 不 十 分 だ っ た か ら で あ る 。   ア メ リ カ 合 衆 国 の 経 済 は 実 際 に 後 退 し て い た 。 自 動 車 製 造 業 は まさ に 倒 産 寸 前に 追 い 込 まれ て い た 。 ア メ リ カ 合 衆 国 は日 本 に 技 術 的 に 追 い 抜 か れ 、 経 済 的 に も 追 い 越 さ れ そ う で あ っ た 。   ア メ リ カ 合 衆 国 の相 対 的 な 衰 退 に よ っ て 、 多 極 世 界 の 出 現 が 可 能 と な っ た の で あ る 。 多 極 世 界 と は 、 日 本 と 、 分 立 に よ る 負 担 が 軽 減 さ れ た ヨ ー ロ ッ パ 、 そ し て 中 国 と ロ シ ア も 含 む パ ワ ー の 台 頭 に よ る も の で あ っ た 。 特 に ロ シ ア は 共 産 主 義 の 拘 束 か ら 解 放 さ れ 、 得 意 の カ ー ド を 切 る だ け の 準 備 が 整 っ て い た 。   そ れ と は 反 対 に 他 の 人 々 は 、 ソ 連 の 終 焉 の結 果 は 、 ア メ リ カ 合 衆 国 に よ る 一 極 世 界 の 道 で し か あ り え な い と 考 え た 。 な ぜな ら ば 、 ア メ リカ 合 衆 国 は その 敵 対 国 を 失 っ た 後 、 世 界 レ ベ ル で 唯 一 の グ ロ ー バ ル パ ワ ー に な っ た か ら で あ る 。 90年 代 は 、む し ろ こ の 仮 説 が 正 し い こと を 検 証 し て い た 。し か し な が ら 、 ア メ リ カ の パ ワ ー が 確 固 と し た 比 類 の な い も の で あ る と し て も 、世 界 が 一 極 化 し た わ け で は な か っ た 。 ジ ョ ー ジ ・ ブ ッ シ ュ は 世 界 が 一 極 化 し た と 信 じ 、 単 独 行 動 を と る こ と に よ っ て 結 果 的 に ア メ リ カ合 衆 国 を 恒 常 的 な 弱 体 化 に 導 い た の で あ る 。 そ の こ と は イ ラ ク 戦 争 に よ っ て 証 明 さ れ た 。   実 際 、世 界 は 一 極 的 で は な い 。 グ ロ ー バ ル 化 し た 今 日 の 世 界 で はど ん な 大 国 も 、 自 分 の 都 合 を 他 国 に 押 し 付 け る こ と は で き な い か ら だ 。ど んな 大 国 で あ れ 、 た と え 、 超 大 国 ( ハ イ パ ー パ ワ ー ) で あ っ て も 、 国 際 的 な 大 き な 難 題 に 対 し て 、 一 国 だ け で 特集

世界新秩序と日本の針路

(3)

こ と も 、 解 決 す る こ と もで き な い 。 し か ら と い っ て 世 界 は 多 極 化 し た わ け で も な リ カ の パ ワ ー は 、 2 期 に わ た る ジ ョ ー ジ ・ 政 権の 課 題 を 履 行 す る に 足 る も の で は な し か し だ か ら と い っ て 、現 状 で は ア メ リ カ に 比 肩 す る 国 も な い 。 世 界 は 一 極 で も 多 極 で も な く 、グ ロ ー バ ル い る と い っ た 方 が よ い 。し か し 世 界 は ア メ 国 の 相 対 的 な 衰 退 ( まだ復 活 する 可 能 性 ) に 従 っ て 、多 極 化 の 途 上 に あ る と い う き る 。 特 に 他 の パ ワ ー の 極 が 、 ゆ っ く り な く 、 着 実 に 頭 角 を 現 わ し て い る か ら で と え そ れ が ま だ ア メ リカ に 比 肩 す る には な い と し て も 、 そ れ ぞ れ の 活 動 空 間 、 勢 力 て 、 国 際 的 な 決 定 過 程 の 中 で 比 重 が 次 第 な っ て い る の で あ る 。

——

11は

き わ た っ て い る 通 念 と は 異 な り 、 9 ・ 11の 界 を 新 し い 時 代 に 導 い た わ け では な か っ た 。 グ ロ ー バ ル な 力 関 係 は ほ と ん ど 修 正 さ れ る こ と は な か っ た 。 諸 大 国 の そ れ ぞ れ の 相 対 的 な 影 響 力 も 何 も 変 わ ら な か っ た 。 諸 列 強 の そ れ ぞ れ は 、 2 0 0 1 年 9 月 11日 の 前 と 同 じ 政 策 を 引 き 継 い だ 。   断 絶 よ り も 継 続 の要 因 の 方 が 強 か っ た 。 9 ・ 11 の テ ロ は 眼 を 見 張 る 劇 的 な 出 来 事 で は あ っ た が 、 新 し い 国 際 秩 序 を も た ら す ま で に は 至 ら な か っ た 。 ア メ リ カ合 衆 国 は 打 撃 を 受 け た が 、 弱 体 化 し た わ け で は な か っ た 。   だ か ら と い っ て 、 ア メ リ カ 合 衆 国 が 、 そ れ ま で の 世 界 と は 異 な る 力 関 係 あ る い は世 界 の 構 築 を 実 現 し た わ け では な か っ た 。 お そ ら く 、 世 界 化 の 結 果 、 内 戦 ・ 貧 困 ・ 反 乱 暴 動 に よ っ て 打 ち の め さ れ た 世 界 を 前 に し て 平 和 ・安 全 保 障 ・繁 栄 の オ ア シ ス な ど あ り え な い 、 と いう こ と を 再 認 識 し た に す ぎ な か っ た 。   こ の よ う に 、 9 ・ 11は 世 界 化 の 悲 劇 的 な 側 面 を 明 示 し た だ け で あ っ た 。 9 ・ 11を 通 し て 、 グ ロ ー バ ル 化 し た こ の世 界 で は 、 最 強 の 国でさ え も 脆 弱 で あ る と い う こ と が 明 ら か と な っ た の で あ る 。

(4)

  従 っ て( ア メ リ カ だ け で な く )国 際 社 会 全 体 に と っ て 真 に 決 定 的 な 過 去 と の 断 絶 は 9 ・ 11で は な く 、 1 9 8 9 年 11月 9 日 の ベ ル リ ン の 壁 崩 壊 で あ っ た 。   性 急 で あ っ た り 、 先 の 見 通 し を 欠 い て い た り 、 あ る い は 人 の 注 意 を 引 く た め に 、 表 現 を 誇 張 す る こ と で 単 な る 事 件 と 、 歴 史 的 な 変 わ り 目 を 混 同 し て し ま う こ とが し ば し ば あ る 。 そ し て 、 た び た び 耳 に す る の は 、 か く か く しか じか の 事 件 の 後 は も う 何 も 元 に は 戻 ら な い と い う 説 明 で あ る 。 し か し 、こ れ ら の 事 件 が 真に 重 要 で 、 国 際 関 係 の 構 造 変 化 を 明 示 し た も の であ る と し て も 、 そ れが 歴 史 的 な 過 去 と の 断 絶 で あ る こ と な ど は 、 ま ず な い 。 世 界 は 不 変 で は な く 進 化 す る 。 し か し そ の進 化 は必 ず し も 革 命 の 勃 発 と い う わ け で は な い 。一 つ ひ と つ の 事 件 が 国 際 関 係 の 構 造 を 形 成 す る た め に 有 用 で あ る と し て も 、そ の 中 の た っ た 一 つ だ け が ( 一 連 の 事 件 でも 同 じ こ と だ が ) 構 造 全 体 を 変 え て し ま う こ と な ど な い の で あ る 。   実 際に は 、 二 極 世 界 の 終 焉 後 も 、 新 た な 歴 史 的 断 絶 な どな か っ た 。 依 然 と し て 世 界 は 現 実 に は 再 編 成 の 途 上 に あ る の で あ る 。   1 9 7 0 年 代 初 め 、 リ チ ャ ー ド ・ ニ ク ソ ン と ヘ ン リ ー ・ キ ッ シ ン ジ ャ ー は 、 世 界 を 地 政 学 的 観 点 か ら 、 ア メ リ カ 合 衆 国 ・ ソ 連 ・ ヨ ー ロ ッ パ ・ 日 本 ・ 中 国 の 5 極 に 峻 別 し た 。 今 日 、ソ 連 が ロ シ ア に と っ て 代 わ り 、 こ の 5 極 ク ラ ブ 内で 序 列 の 変 更 が 生 じ て い る が 、 事 態 に ほ と ん ど 変 化 が な か っ た こと は 周 知 の と こ ろ で あ る 。 こ の メ ン バ ー ・ リ ス ト に 、 場 合 に よ っ て は イ ン ド を 加 え るこ と も で き る が 、 そ れ は 今 現 在 で は な く 、 将 来 の 可 能 性 と し て で あ る 。   し か し 、 新 し い パ ワ ー の 極の 出 現 と 、 西 欧 世 界 と ア メ リ カ合 衆 国に よ る 独 占 支 配 の終 わり は 重 要 な 傾 向 で あ り 、 そ れ は ゆ っ く り と では あ る が 、 ず い ぶ ん 前 か ら 明 ら か に な っ て い る 。 世 界 は 多 極 的 に な っ た と は い え な い が 、多 極 化 へ と 向 か っ て い る 。   二 極 世 界 の 終 結 が 、 根 本 的 な 歴 史 的 断 絶 の 節 目 に な る と い う 立 場 か ら す れ ば 、 西 欧 世 界 に よ る パ ワ ー の 独 占 が 終 わ り を 告 げ たこ と は 一 つ の 時 代 の 潮 流 で あ る 。 そ れ は だ ん だ ん 明 確 に な り 、徐 々 に だ が 、 継 続 的 な も の と な っ て い る 。 西 欧 世 界 は4 特集

世界新秩序と日本の針路

(5)

ヨ ー ロ ッ パ が 、 そ し て 20世 紀 に は ア メ 地 上 を 支 配 し た 。 20世 紀 初 め の 世 界 地 ら 、ほ と ん ど 満 場 一 致 で ヨ ー ロ ッ パ 色 に 。 19世 紀 な ら ば 、「 5 極 シ ス テ ム の 中 で は 単 純 で ある 。 3 対 2 にな らね ば な ら あ る 」 と ビ ス マ ル ク は 言 う こと が で き ヨ ー ロ ッ パ は 5 大 国 に よ っ て 支 配 さ れ 、 ッ パ が 世 界 を 牛 耳 っ て い た 。 20世 紀 に リ カ 合 衆 国 が そ れ を 引 き 継 い だ 。 新 興 国 の 出 現 ( す で に そ の う ち の 幾 つ 出 現 し て い る の だ か ら 不 正 確 な 呼 び 方 ) の お か げ で 、 こ の 西 欧 の 支 配 を 改 め ね ば な ら な く な っ た 。 ア メ リ カ 合 衆 国 も 、 も は や 自 分 た ち の 解 決 法 や 都 合 を 付 け る こ と は で き な く な っ た 。 そ の 点 ジ ョ ー ジ ・ ブ ッ シ ュ の イ ラ ク 戦 争 の 失 敗 的 な 例 で あ る 。 今 日 、国 連 加 盟 国 1 9 2 、 お よ そ 1 4 0 カ 国 は 発 展 国 な い し 発 50カ国 は 停 滞 も し く は 貧 困 に あ え い で い ・ 人 口 統 計 学 的 に 、 そ し て 戦 略 的 に も 、 ず っ と 確 固 た る 地 位 を 占 め て き た 西 欧 諸 国 は 一 層 そ の 地 位 を 強 め る に 至 っ て い る 。 従 っ て( ア メ リ カ の ) 単 独 主 義 は 単 な る 道 義 的 過 ち と い う だ け で な く 、 政 治 的 な 過 ち で も あ る こ と が わか る 。も は や 誰 も 自 分 の 解 決 法 を 押 し 付 け る こ と は で き な い 。 そ れ 故 、 合 議 に よ っ て 解 決 法 を 見 出 さ ね ば な ら な い の で あ る 。 多 国 間 主 義 は 一 つ の 選 択 肢 で は な く 、 適 用 可 能 な 、 共 通 の 解 決 法 を 見 つ け る た め の 唯 一 の 道 な の で あ る 。

  こ の よ う に あ ら ゆ る こ と が 再 検 討 され 、 戦 略 的 な 意 味 で の大 混 乱 が 生 じ る こ と は 、 日 本 が そ の 固 有 の 難 題 に 直 面 す る こ と を 意 味 す る が 、 そ の 分 、 好 都 合 な 面 も 出 て くる だ ろ う 。 東 京 は 二 極 世 界 が 崩 壊 し た 時 、 新 外 交 に つ い て 考 え て い た 。 長 い 間 、 日 本 は 再 生 と 経 済 発 展 に 力 を 注 い で き た 。 誰 も が 賞 賛 す る こ と だ が 、 日 本 経 済 は 1 9 5 0 年 の世 界 の G N P の 3 % か ら 、 1 9 8 0 年 に は 16% を 占 める ま でに な っ た 。 ア メ リ カ 人 は 、 日 本 が も は や 外 交

(6)

上 の野 心 を 持 た な い こ と を 願 っ た 。そ し て 日 本 人 は ア メ リ カ の 期 待 に 進 ん で 応 え よ う と し た 。 ア メ リ カ の戦 略 的 傘 下 で 、 経 済 発 展 に 専 念 し 、 G N P 世 界 第 2 位 に な る こ と が で き た の で あ る 。 1 9 8 0 年 代 に は 、 日 米 両 国 で 「 責 任 分 担 」 を め ぐ る 論 争 が 始 ま っ た 。 日 本 は 経 済 大 国 には な っ た が 、 ソ 連 の 脅 威 に 備 え たグ ロ ー バ ル な 安 全 保 障 へ の 努 力 に 貢 献 し 、 失 速 状 態 の ア メ リ カ 合 衆 国 の 負 担 を 軽 く し て や る こ と が も っ と で き た の で は な か っ た か 。 日 本 は そ の 手 段 を 持 っ て お り 、ア メ リ カ 人 は 防 衛 上 の 負 担 を 分 担 し ても ら う 必 要 が あ っ た か ら で あ る 。   二 極 世 界 が 消 滅 し 、 同 時に 日 本 が 「 失 わ れ た 10 年 」 に 突 入 し た の は 、 こ う し た 時 代 背 景 の 中 の こ と で あ っ た 。 こ の 「 失 わ れ た 10年 」 と は バ ブ ル 経 済 の 崩 壊 に 伴 う 経 済 の 停 滞 と 社 会 の 根 本 的 変 化 の 時 期 で あ っ た 。 人 々 は 貯 蓄 や 労 働 で は な く 余 暇 や 消 費 に 価 値 を お く よ う に な っ た の で あ る 。   湾 岸 戦 争 ( 1 9 9 0 〜 1 9 9 1 年 ) は 日 本 に 「 小 切 手 外 交 」 と いう つ ら い 記 憶 を 残 し た 。国 連 の 承 認 の 下 に な された イ ラ ク に 対 す る 集 団 安 保 の 発 想 に よ る戦 争 努 力に 対 し て 、 日 本 は 財 政 面 で 参 加 す る よ う に 求 め られ た の で あ る 。 な ぜ な ら日 本 は 軍 事 的 に 参 加 で き な い た め 、 戦 略 レ ベ ル で は 何 も 言 う こ と が で き な い か ら で あ っ た 。   た だ ち に 平 和 維 持 活 動 任 務 に 参 加 の 可 能 性 が 検 討 さ れ 、 国 連 平 和 協 力 法 が 採 択 さ れ た 。 そ れ は 安 全 保 障 理 事 会 の 常 任 理 事 国 入 り の 序 章 で も あ っ た 。 日 本 は そ れま で は 安 全 保 障 の 消 費 者に し か す ぎ な か っ た が 、 そ の 供 給 者 に は な るこ と がで き る の で あ ろ う か 。   問 題 は 、 ア ジ ア の 冷 戦 終 結 が ヨ ー ロ ッ パ と は 同 じ 戦 略 上 の 結 論 を も た ら さ な か っ た と い う こ と で あ る 。 ヨ ー ロ ッ パ に お け る 冷 戦 終 結 は 、す べ て の 国 に と っ て 領 土 的 脅 威 が な く な っ た こ と を 意 味 し た 。 戦 争 は 確 かに 、 バ ル カ ン半 島 で 勃 発 し た が 、 そ れ は 内 戦 で あ り 、 バ ル カ ン 半 島 内 の同 朋 間 で の血 な ま ぐ さ い 対 立 で あ っ た 。そ れ が ヨ ー ロ ッ パ 大 陸 の 他 の 国 々 へ 波 及 し な い こ と は 分 か っ て い た 。   ヨ ー ロ ッ パ のど の 国 も 、 軍 事 的 な 攻 撃 に さ ら さ 特集

世界新秩序と日本の針路

(7)

な か っ た 。 し か し 、 こ の 種 の 外 部 か ら す る 懸 念 が 旧 ワ ル シ ャ ワ 条 約 諸 国 に お けて 存 在 し た こ と は 論 理 的 か つ 逆 説 的 。な ぜ な ら そ れ ら の 国 々 で は ロ シ ア 軍 は 撤 り で あ る が 、 そ れ に 先 立 つ 45年 も の 間 駐 留 し て い た か ら だ っ た 。 そ の よ う な こ とは 全 く な か っ た 。 民 国 内 外 の 戦 争 の 危 険 は 日 常 的 に 存 在 し 、 わ る こ と は な か っ た 。 そ の 代 わ り に 、東 結 の 結 果 、 国 家 間 で 起 こ り 得 る 紛 争 の 和 さ れ た 。「 文 明 の 衝 突 」 の 理 論 が 具 体 最 も 深 刻 な 危 機 が 、 二 つ に 分 断 さ れ た 、 を 襲 っ た 。 南 北 朝 鮮 と 、 大 陸 中 国 ・ 台 、 す な わ ち ル ー ル の な い 国 内 紛 争 は 、 ワ 約 と ソ 連 の 崩 壊 と と も に 消 滅 す る こ と 。日 露 間 の 争 い 、 日 韓 に 対 し て 常 に 存 鮮 の 脅 威 、飛 躍 的 に 発 展 す る 中 国 と 、日 っ た 関 係 な ど で あ る 。 懸 念 材 料 は た く ア ク タ ー ( 行 為 主 体 ) は 多 様 化 し 、 戦 略 的 バ ラ ン ス の 実 現 が 不 可 能 で あ っ た 以 上 、 事 態 は 一 層 悪 化 せ ざ る を 得 な か っ た 。

バル

  ア ジ ア の 戦 略 的 不 安 定 に 加 え て 、 グ ロ ー バ ル な 戦 略 的 不 安 定 ( 中 近 東 、 ア フ ガ ニ ス タ ン 、 イ ラ ン )、 さ ら に世 界 規 模 の 脅 威 ( 温 暖 化 対 策 、「 破 綻 国 家 」 の 問 題 、 伝 染 病 対 策 、 最 貧 国 支 援 、 国 際 正 義 な ど ) が 存 在 す る 。   わ れ わ れ は 世 界 化 す る 「 地 球 村 」 に 生き て い る 。 し か し 、言 葉 の 正 確 な 意 味 で の 国 際 共 同 体 ( コ ミ ュ ニ テ ィ ー ) は 存 在 し な い 。 国 際 的 な さ ま ざ ま な ア ク タ ー が 共 通 の 解 決 法 に つ い て の 取 り 組 み 方 で 、一 致 す る の は 容 易 で は な い 。 そ れ 故 、 多 国 間 ( 協 調 ) 主 義 を強 化 し 、 共 同 作 業 の 道 を 確 保 し なけ れ ば な ら な い の であ る 。 責 任 感 と 全 体 の 利 益 に 対 す る 意 識 の 強 さ が パ ワ ー に 匹 敵 し て い な け れ ば な ら な い の で あ る 。   経 済 面 で の 比 重 の 大 き さ 、 つ ま り 国 際 的 地 位 が 回 復 した お かげ で 、 日 本 に 対 す る 期 待 が 寄 せ ら れ

(8)

て い る 。 も ち ろ ん 日 本 が 国 連 の安 全 保 障 理 事 会 で 常 任 理 事 国 の 地 位 を 得 る こ と は 当 然 の こ と であ ろ う 。 世 界 機 関 は そ の 正 当 性 と 、 日 本 の力 が 大 き く な っ て い る こと を 理 解 す べ き だ 。 中 心 機 関 で あ る 安 保 理 は 、 そ の 正 当 性 を 失 わ な い 限 り に お い て 、 1 9 4 5 年 と 同 じ で な く て も よ い は ず だ 。   5 カ 国 ( 日 本 、 イ ン ド 、 ブ ラ ジ ル 、 ド イ ツ 、 南 ア フ リ カ ) へ の 新 た な 拡 大 は 、 安 保 理 の 権 限 を 弱 め る ど こ ろ か 強 化 す る こ と に な る だ ろ う 。   2 0 0 5 年 に は 、 も う 少 し で 国 連 安 保 理 の 議 席 を 獲 得 で き そ う だ っ た が 、 そ れ は 失 敗 に 終 わ っ た 。 し か し 、 政 治 環 境 がそ の 後 変 化 し 、 多 国 間 主 義 に 対 す る 反 発 は 今 で は こ の 時 よ り も 小 さ く な っ て い る 。 従 っ て 、 問 題 は 再 検 討 さ れ な け れ ば な ら な い 。 常 任 理 事 国 の 議 席 を 得 る こ と は 日 本 の 国 益 で あ る 。 同 時 に 、 日 本 の 関 与 が も っ と 大 き く な る こ と に よ っ て 国 連 活 動 の 効 率 が 高 め ら れ る と い う 点 で 、 そ れ は 国 連 に と っ て も 利 益 と な る 。 こ の 問 題 では 、 日 本 の 国 益 と 全 体 の 利 益が 相 互 に 補 強 され る こ と に な る の で あ る 。 こ の相 乗 効 果 が 同 じよ う に 発 揮 さ れ る 、 そ う い う 分 野 が 他 に も あ る 。   そ の 第 一 は 、政 府 開 発 援 助 ( O D A ) で あ る 。 第 二 次 世 界 大 戦 直 後 、 日 本 は 開 発 支 援 の 最 初 の 受 益 国 だ っ た 。今 日 で は 日 本 は O D A の 主 要 供 給 国 の 一 つ で あ る 。 日 本 は 1 9 9 1 年 以 降 、O E C D の 政 府 開 発 援 助 の 主 要 な 供 給 国 ( あ る い は E U 全 体 を 一 つ とし て み る と 2 番 目 ) に な り 、 政 府 開 発 援 助 に つ い て は 日 本 モ デ ル が 語 ら れ る ま で に な っ た 。日 本 に と っ て 、 政 府 開 発 援 助 は 外 交 政 策 上 の最 も ふ さ わし い 手 段 であ り 、 そ の海 外で の 存 在 感 を 認 め さ せ る こ と を 意 味 し て いた 。 ア フ リ カ 、 東 ア ジ ア の 国 々 と 同 様 に日 本 に と っ て も 、 そ の 安 全 保 障 と 繁 栄 に 大 い に 寄 与 す る も の だか ら で あ る 。 こ の 援 助 は アジ ア の 新 興 工業 国 が 離 陸 す る た め に 大 き な 役 割 を 果 た し た の で あ る 。   1 993 年 以 来 、 T I C A D (ア フリ カ 開 発 会 議 ) が 開 か れ 、 日 本 は ア フ リ カ の 開 発 に 立 ち は だ か る 障 害 に つ い て 国 際 社 会 に 警 告 を 発 す る こ と に 貢 献 し た 。 政 府 開 発 援 助は 2 0 0 8 年 以 後 軌 道 修 正 し 、 気 候 変 動 対 策 を 最 優 先 す る よ う に な っ た 。 特集

世界新秩序と日本の針路

(9)

で日 本 の 国 益 と 世 界の 利 益 は 一 致 し て 開 発 援 助 を 通 じ て 、 日 本 は 自 分 の 属 す 経 済 的 躍 進 に 加 担 す る 一 方 で 、 ア ジ ア 歴 史 的 な 対 立 関 係 を 改 善 す る こ と に 成 は 、 日 本 に と っ て 利 益 の 新 天 地で あ る 。 史 的 な 負 債 は 存 在 し な か っ た 。旧 ヨ ー 地 列 強 の 場 合 と は 違 っ て い た 。そ こ で 日 0 年 代 、 ア フ リ カ 大 陸 に 関 心 を 示 し た ろ 、 ヨ ー ロ ッ パ 諸 国 は 自 分 た ち の 再 統 合 り で あ っ た 。 一 次 資 源 の 話 は 切 り 離 し し て も 、 国 連で 50票 を 持 つ ア フ リ カ に が 無 関 心 の ま ま であ る は ず が な い 。最 ア の 大 国 と い う 肩 書 を 認 め さ せ る こ と 中 国 に 自 由 な 行 動 を さ せな い よ う に す D A 外 交 の 強 い 根 拠 の 一 つ で あ る 。 題 は 国 際 正 義 で あ る 。 勝 者 の 正 義 も し 行 人 ( 超 大 国 に よ る制 裁 行 為 ) の 責 任 の 選 択 で あ る 、 と い う 考 え 方 は 捨 て ね 。 それ は 国 際 刑 事 裁 判 所 の 今 後 の 課 題 で あ る 。   国 際 刑 事 裁 判 所 に 対 し て 、 最 初 は あ え て 何 も 言 わ な い 態 度 を と っ た 日 本 は 、そ の 姿 勢 を 克 服 す る こ と に 成 功 し た 。 ロ ー マ会 議 では 、 極 め て 積 極 的 で あ っ た 日 本 だ が 、 2 0 0 7 年 4 月 に な っ て 初 め て 国 際 刑 事 裁 判 所 設 立 条 約 を 批 准 し た 。 日 本 が リ ー ダ ー シ ッ プ を と ら な か っ た た め 、 ア ジ ア に お け る 条 約 の 批 准 プ ロ セ ス は 停 滞 し 、そ の 姿 勢 は 批 准 し な い た め の 口 実 と 他 の 国 々 に は 思 わ れ た か も し れ な い 。   し か し そ の 後 、 日 本 は 賢 明 にも 批 准 を 支 持 す る 方 向 を 選 択 し 、 国 際 刑 事 裁 判 所 の 設 立 の た め の 姿 勢 を 積 極 化 さ せ た 。 そ して キ ャ ン ベ ラ 、 ダ ー ナ ン 、 マ ニ ラ 、ビ エ ン チ ャ ン で の 設 立 促 進 セ ミ ナ ー に 参 加 し た 。 日 本 は 条 約 の 批 准 を 可 能 に す る た め 、 最 大 の 技 術 的 支 援 を 行 っ た 国 の 一 つ と な っ た の で あ る 。   世 界 の 温 暖 化 対 策 は 大 き な戦 略 的 課 題 と 長ら く み な さ れ て き た 。 世 論 の 温 暖 化 に 対 す る 懸 念 は 1 9 9 7 年 、 京 都 議 定 書 が 調 印 さ れ て か ら 加 速 的 に 大 き く な っ た 。 京 都 議 定 書 は 温 室 効 果 ガ ス の 排 出 量 を 1 9 9 0 年 の排 出 量 を 基 準 にし て 、 6 % 削

(10)

減 す る目 標 を 日 本 に 対 し て 義 務 付 け て い た 。 そ し て 日 本 は 、 こ の議 定 書 の 決 定 に 対 し て 積 極 的 な 態 度 を 明 らか に し た 。 E U 諸 国 と 連 携 し て 、 日 本 は 2 0 0 8 年 夏 、 洞 爺 湖 の G 8 会 合 に お い て 主 要 議 題 を 提 案 した 。 日 本 の 調 査 に よ ると 90% の 日 本 人 は 環 境 問 題 が 深 刻で あ る と 考 え 、 そ の 3 分 の 2 は 自 前 の エ ネル ギ ー に よ る 開 発 を 望 ん で い る 。 こ の 2 0 0 8 年 の 夏 、 日 本 政 府 は 温 暖 化 対 策 にお い て 、 世 界 的 民 間 大 企 業 の イ ニ シ ア テ ィ ブ の ため の 音 頭 取 り を 行 っ た 。 福 田 首 相 ( 当 時 ) は 新 興 国 に 対 し て 温 暖 化 支 援 対 策 の た め に 1 0 0 億 ド ル の 支 援 基 金 の 創 設 、 ま た 3 0 0 億 ド ル を 上 限 と す る 国 家 レ ベ ル で の 研 究 プ ラ ン の 創 設 を 発 表 し た 。 2 0 1 6 年 開 催 の オリ ン ピ ッ ク の ため 、 東 京 を 立 候 補 地 と す る 計 画 も ま た 環 境 保 護 を 基 礎 に う た っ て い た 。   2 0 0 9 年 9 月 の 選 挙 後 、 鳩 山 首 相 は そ の 後 2 0 2 0 年 ま で におよそ 25% 、 二 酸 化 炭 素 の排 出 を 削 減 す る 意 思 を 明 ら か に し た 。 日 本 は 以 前 は 公 害 大 国で 、 環 境 に 無 頓 着 と 思 われ て い た が 、 今 で は 環 境 外 交 の指 導 国 だ と 自 認 す る ま で に な っ て い る 。 日 本 は 政 府 開 発 援 助 と 環 境 保 護 を う ま く 結 び 付 け て い る の で あ る 。   グ ロ ー バ ル 化 さ れ た 世 界 で は 、 外 交 政 策 決 定 の 重 要 な 要 素 と し て の 国 際 世 論は 大 きな 要 因 と な り つ つ あ る 。 大 国 が 正 当 で あ る た め には 責 任 感 を も た な け れ ば な ら な い 。 権 利 か ら 作 ら れ た パ ワ ー に は 、 世 論 を 説 得 す る た め に 義 務 も 必 要 にな る 。 日 本 の よ う な 大 国 に と っ て 、 目 標 は 、 国 益 の 擁 護 ( 各 国 の 政 策 の 基 礎 ) と 全 体 の 利 益 ( 国 際 的 人 気 を可 能 に し 、ソ フ ト パ ワ ー の 基 礎 の 一 つ と な る ) を 両 立 さ せ る こ と に あ る 。 パスカル・ボニファス Pascal Boniface 1956年生まれ。IRIS(国際戦 略関係研究所 ) 所長、パリ第 八大学欧州研究所教授。『国 際戦略誌』( 季刊 )・『戦略年 鑑』編集長。国際関係論・地 政学・核軍縮・パワー論・フラン ス外交。『フランスはまだ大国か』 『核抑止力再考』『帝国に対抗 するフランス』『世界の理解』な ど四十冊近くの著書がある。TV・ 新聞などマスメディアにもよく登 場するフランスを代表する国際 関係論専門家。 特集

世界新秩序と日本の針路

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :