• 検索結果がありません。

定 豪 と そ の 弟 子 ᴷ 鎌 倉 真 言 派 の 成 立 ・ 展 開 ᴷ

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "定 豪 と そ の 弟 子 ᴷ 鎌 倉 真 言 派 の 成 立 ・ 展 開 ᴷ "

Copied!
64
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

定 豪 と そ の 弟 子 ᴷ 鎌 倉 真 言 派 の 成 立 ・ 展 開 ᴷ

平雅行

稿

(

1)

稿

稿使

(2)

使

(一)

寿寿

(

2)

(一)

(一)(一)

(3)

(一) (永) (

3)

1

(

4)

1 伝法灌頂を受けた初期幕府僧

僧侶(宗派) 伝法灌頂の年月(師匠) 鎌倉で登用された年月 主な役職・備考 定豪(東密)

性我(東密) 円暁(寺門) 行慈(寺門) 忠快(山門) 長暁(寺門) 尊暁(寺門) 栄西(山門) 恵奘(山門)

治承4(1180)02(兼豪) 建久2(1191)04(守覚) 建久3(1192)05(行暁) 建久5(1194)02(行暁) 養和1(1181)10(静暹) 建久7(1196)00(行暁) 建久8(1197)12(行暁) 仁安2(1167)00(基好) 正治2(1200)01(慈円)

建久2(1191)03 文治1(1185)08 寿永1(1182)09 文治2(1186)07 建久6(1195)06

(不明) 正治1(1199)07 正治1(1199)09 建久4(1193)03

鶴岡供僧 勝長寿院別当 鶴岡八幡宮別当 頼朝法華堂別当 元流人(平教盛息) 関東住

鶴岡八幡宮別当 寿福寺長老 求仏房(澄憲息)

(注) 個々の僧侶の史料的根拠については本文注(4)を参照。

(4)

(

5)

(一)

(

6)

(一)(一

)

寿(一)

(

(一) 7)

(

8)

調

(一)

(5)

(一)

寿

(

、⽛宿 9)

宿

2

2 鎌倉における建久四年後白河院周忌千僧供の頭役10

僧侶(宗派) 所属、俗系

円暁法眼(寺門) 大学房法橋行慈(寺門) 慈仁法眼(不明) 厳耀法橋(山門) 定豪法橋(東密) 密蔵房賢祐(東密?) 行実阿闍梨(山門) 義慶阿闍梨(山門) 求仏房阿闍梨恵奘(山門) 専光房阿闍梨良暹(山門)

鶴岡八幡宮別当、源頼朝の従兄 後の頼朝法華堂別当、菅原登宣の子 不明、不明

慈光寺別当、畠山氏の出身

鶴岡供僧、後の鶴岡別当・東寺一長者、源延俊の子 平泉惣別当、不明

箱根山別当、弟は永実 鶴岡供僧、平忠度の舎弟 不明、安居院澄憲の子 走湯山貫首、不明

(注) 出典は⽝吾妻鏡⽞建久四年三月十三日条。

(6)

宿

婿

(一)

(

10)

(一)

(一)(一) (

11)

(一)

(一񩀢) (

(一񩀢) 12)

(

13)

便

参照

関連したドキュメント

4.

鎌倉時代の敬語二題︵森野宗明︶

[r]

[r]

氏名 学位の種類 学位記番号 学位授与の日付 学位授与の要件 学位授与の題目

C)付為替によって決済されることが約定されてその契約が成立する。信用

独立行政法人福祉医療機構助成事業の「学生による家庭育児支援・地域ネットワークモデ ル事業」として、

と言っても、事例ごとに意味がかなり異なるのは、子どもの性格が異なることと同じである。その