日本結核病学会東海支部学会 第132回総会演説抄録 53-54

全文

(1)

53

── 第 132 回総会演説抄録 ──

日本結核病学会東海支部学会

平成 30 年 11 月 17・18 日 於 浜松市浜北文化センター(浜松市) 第 114 回日本呼吸器学会東海地方学会  と合同開催 第 17 回日本サルコイドーシス/肉芽腫       性疾患学会中部支部会               会 長  早 川 啓 史(国立病院機構天竜病院)   1 .Mycobacterium intracellulare _PCR 偽 陽 性 を 示 した肺Mycobacterium lentifl avum 症の 1 例 ゜伊藤

靖弘・児嶌 駿・大嶋智子・岩泉江里子・大場久乃・ 藤田 薫・金井美穂・三輪清一・白井正浩・早川啓史 (NHO 天竜病呼吸器・アレルギー) 84 歳男性。喀痰抗酸菌塗抹陽性にて当院に紹介された。 喀 痰 PCR 検 査 で は M. intracellulare の み 陽 性 で あ り 肺 MAC 症と考えられた。培養された抗酸菌は,コロニー の性状が M. intracellulare とは異なり,16S rRNA 解析に て M. lentifl avum と同定された。M. lentifl avum は,MAC の PCR 検査として普及している COBAS TaqMan MAI test で,M. intracellulare に偽陽性を示すため,注意を要する ので報告する。

Kekkaku Vol. 94, No. 2 : 53, 2019

(2)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :