英國の法律格言概觀-香川大学学術情報リポジトリ

25 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

ヽ.、 絵律彗:蔓︸家舛畠を研究するときは、よく共圃の法律思想敬明紅かならしめるこ占が出来る。潜律格言

宮昏尽忠ふ各号層各官立忘著官d・

\ r /

吉 1閏

諒 吉

山 各国の法律を研究する把は、摘発法∵慣習法判例法を研究する以外に、政経菅c訂s甘c訂宅礪rt彗 或は は叫駿に白熱に磯草した鴻のが多いからである。殊に英国の如き慣習法を法律の主要闇系とする闊に′於て、特ほ 然りとするゎ本稿に於て英園の主要法律格言を摘げて舅察ずるごととする。その多くは英国に放て自然に後生せ るものであるが、中には外囲から輸入せられたもので英圃にても叔ろて行はれるものである。又特定改革者の √; 嘗であつこ俄にひろく行ばれるものもある。 〓 此感に此の際、共闘を云ふ名粥についてーをの原石霊疲ず空ととする。秋範疇はイングラント 出羞 訂鼓 ︵英蘭・と持される︶ 整式ふ。大ブ県テン島からスコツ至フンドとウH−ルスを除い妄部分であつて、本来 あ意義であるパ次に大ブ!ア寺アイルラ忘猿には北・アイルラシド・︶との聯合王掛 Ug監河iコgdO挙Oh 昏①昏ea︷B註a岩and I邑and︵誉rt許謎Ⅰ邑and︶ 払指す。即ち英本闊である。次に英本図の外、一番治 観、海列錬士等を含めた釈義の名粥としては、其覇助∵謬・1鼓︸Emp岳と云ま川があるが、感近では主として 英聯邦′浮・雷FC註計㌢w邑芦。芸aピ牒嵐野C︶の藷を使用する。牒兼の英国E亀an乱の法律格言は、 、ナ 主として鉄琴のイングランド的ものであるが、葉音ひろぺ解して患い挺。 −七重 議闘の法砕格言概観″

薬酪の法神格冨概観

(2)

2 払儲∵象脅莞多ン語の格欝が闇老来ね。姦鐸を榊ヒ薄雲篭英韓佐倉訴訟嫁入的訴訟と物的訴訟と

雪が、人的訴訟は又賢訴訟宣芸遠雷必澄ものせある。廃って恩艶腐申蒜手が死写る時はー

そ賢助辞訟絃滑攣るをふのであ驚これ禁漁行瑞賢告毘s・の詐の場合疫その′濾讐禁のであ。 ▼■

野では次十凝固の裏芸誓警苦順に摘誓㌻蔓る。摩し卦数晶凝せず、そ貧鰐の状況

を知る正足るとい蓬鮎′竃ぎ蓋いた。兵周の法繚格言按誉L七英欝であるが、衰昔テン琴′ル‡フナ

言語があ㌃。これ簑監て鷺のノ質的寄席賢カ、ノル七フラン孟芸aw㌧許n徴去ふ︶が法緻語

として使用せられ、又ラテン帯へ賢■−a賢妻芸︶か法璧町とし・て使用せられ冤魂泰ゃも此の蜜柑が蓋叩の ヽ 外に使用せられでゐ居である。忽歩的である去に等的雷ほ.、英閏や準怯を示す﹁め秦規で雪が、これ は英故 も にて特に然豊あ各で漆庵ヤ

五 Acg噂望。na軒m官軍意思短音計

プ 〃A篭諾0邑毘岩ndi箪W邑=意ご牒牒眉 キ∴詩 人的訴訟ハ人卜共=内職オル。 、 ニー ふり、 る0 六 Aこmen a詔邁ua︸官許け辞命甘w. ユ撃スべチノ人ハ法律ノ殖三や等ヂアルご;スオブライフ桝整 2 設明此の望遠封違約専制主義貯ノ封して、嬰嘗富墨壷が掲車た原則で奉る。 第二十岨巷 第二祝 本稿は自分の蕗夜研究してぁる此絞法 膳衆の癖命に於てドイツ放送 ロe已sc訂 丁り六 牒m篭rati声㌻w、の∴歯として農園夷法律格吉廠衰癒したのであ

欝骨適温訂計er寧

共済打ては叫ニー五年の ヽ

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(3)

\ヽ ヤグタ受ざ志a篭鱒G叩r霹芙悪者と諸される︶以来卜幾多の婁警巌て忽讐れた畠である。フランろに 七軽率等なる語は自由、周愛なる語と共に、革命のこ天日楼とせられた。親閲に潔波、米国意次修正第†聞條 :

へA哲紆崇く。抽家A象nd牒慧。ご訂C。n嘗象。neご許じ邑edSta富。;莞r鼠‘はそめ竺節

一 に簸て∵何人二親シテ冷淡律わ平等テル保護ヲ拓Åコトヲ循ズ。

曾‡宮ミ完早宮藩寺蓬菩ts嘗s賢i。n景蔓al勺喜cti。n。:訂叫aw︶湛あか。又丁乱闘

六年、日本間怒法第二裏圃民の椿利及び畿汚勢辛四肢第二項は﹁/スべテ囲民ハ漁ノ下三千等デナツテ、人種、侶 錬i性称”蔽愈的身分叉ハ朝地ニヨサ政治的、経済的叉ハ融脅的関係−tオイ早業別サレナイ﹂と坑定サる。要す

るに此等払すべて迂枕日中菜哉観衆の原則であるわけである。

七 Al−音数sn⋮箆dゐ登p各iicand t許諾s瑠¢こsゎ最︼首dt。日馬etbi00aCCu瞥s紆史∵ど二ざ焉 仙 一語 ス、べテ人数剖ハム﹂毎ハヤか祭具ぞ芸・ヰ?且被倭人、ハ筑追者t相野そア審隠ヲ受グル種別ガブタ ヘラ、レテヰル。︵やト、スオブ湧、ィ三脚戴Y え 説明 この柘常は中華貯掛ける寄制約裁判に軌㌃、近世昏由童詭の珊寄裁判の欝則であ\る。哉判が鑓鹿 に行は、れたゎー奴察隈が被告人に優駿L凝地位に於︰で、、表判が府はれることを防小だものであるひ英国にて牲マ 肌 グナカルク以架幾多の経過陀止り此の原則が確歌せられ鷲軋本国藩政は第三十七條讐項に於て1諾べテ刑事 尊侍二於発表潜入ハ重苦敦軌朗Å迅速ナ姦据敦軋ヲ疫ケル橙利ヲ季ハ笠と疲対して、ノ。.の原則を掃ばて通 由急ぎ1蓮如邑軒︸頂り童?1訂n On命訂望Cβニ官許呵・ 、u 鐸 十フ犯人サ逃末子ユニ人の無罪老ヲ嗣スルナカレ。 英断の践得格言措翫 こ〇七

(4)

2 今度はアラシス藷の格言が別て準驚ノ裁判に陪席潰 ∴ そして民間陪賓げ倉見をよく反映して裁判の専制から、 †一COmm仁∋n−S er3ワ臣ciごus. 1二般的ナ談ハ法ヲデス・。 2 艶帝は正しきむのでなければならぬのは理想だが↓ 畑 一〇A ′ 夢二☆一懲∵鱒二凝∵∵∴宣 2 訟明、此の格言枚刑事訴訟に於ける自由義義原則である?申聴専制主義では犯人逮捕に乎段数稗ばず、叉 自白を強制せL炒る確のことあり、時に強驚のも、のが自白を強制せられて罪なくして罰せられることがあつた。 と砂原則はそれのない様にせんとするのである。日本国忍法第三土二條以下に於て此の穏の保障をしてゐる。特 に第コ耳八備に於いて﹁何人モ自己▲遁不利箪チ供蓮華礪要サγナイ。同軍頑強制拷問若シクハ脅迫ニヨル自白 叉ハ不常設長ウ抑留、、著シタハ柵祭サレタ後ノ自白ハコレヲ認接トスルゴトガヂ恕サイ。同琴二項何人モ自巳托小 不利益す唯二ノ澄抜ガ本人夕自白ヂアル場食−二有罪トサレ、叉ハ刑罰ヲ科セきレナイ﹂と規定して、自白の粥 制を禁止してゐる。

法の存耗理由が消滅することがある川、息の稗貫は英周では童として判例法に適用があると云はれる。

十・C毘d。nユヱur︶云−塁塗そ風音増ゃ sa弓三悪−ibe諸∽d僧小鼻g−e冨声 l 英闘︵アンダんテール︶ニ於ケル緒自由牢堺所定ル竜ノハ民間陪審眉ナ莞 ゼ、敦明法律∴官●腐cht・d邑︶遠、叫の上部構造であ怠ら・仁 1一詩∴改療ノ坪由ガ消波スルー汲醤鰻専泊城スル。 爪九1︹︰¢設㌢訂′raき駕訂gis亡霊Satぷ首肯計二 特に正しぺないものも布衣する。、殊に制定法よりも、 弧操の自由を苛つ、符のである。︵ド・トクヴィルの富︶ 萱草意義度を韓潤したのは↓英国が単やかった。 下部構療養る¶般敢愈番構がかわると

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(5)

慣習法広重斬のある英国法把て賢かかる軍が間々針る。即ち或る事に関して既に誤つた判例があつた場金に於 て、∵二賦人がそれに経つて生活して偽る時、これを欒吏㌻る痔は、敢愈に混乱が迫つて、析謂法嗣安全性ヤざ・イ さ詳乳ch針監が塗されるヱととなる。従っ す右と、その判例は叫の旗重なるのである。 璽一日凋‡裁判所で認められた慣習法嬢共闘の慣習法そのものであり、磨これが今日云はれる例の普通放となつた ︶ と云ふのであり︰普通法が如何宜し薫英観に成立したかをよく示す格言である。これはポロック、メー空フンド 共著芸ワーギ嘉竪刷の英周港の旛濃所載の一名文句である〃 − る。 摩 ♯血∵由ざnこ扇子宮や倉d慈厨eIw。● 叫 i 叫方ヲ舐イデ双方ヲ裁判ス入ダ。 が慮る。それほ樺利の土龍凪各鴻の埠保護的準ぬ場合がぁるからである。毎数とか出詐期限せか埠此の制度であ イ⊥ レ0 、ノ 十〓 TFe cus冒ヨ○叫臣e粥in 孝∴英園の韓律鰭系は利発準と慣習法であり、 十三、Pe㌻Y欝訂a耳ふ雪告i串 1 遅滞は権利を消滅せしめる。 2 私人が準律上り権利を主張し、或は裁判箪に改称丑の救臍を求めるには、 号シグスコ⊥1ト︵王裁判朗︶∴グ 鳳の捧律格言概観 誌isこh巾芸St。m′。﹃ En蟄ndand訂cOmeS落命COヨmOn訂w・ “曙 1 慣習法の敬む主要なもの藩近縁︵コ・ンキンけ卜︶である。此の \ あー慧りおそくてはいけない場合 山〇九 伽ゝ

(6)

一■▲ ‘ゝ 般入が物を判断す渇望還サ墾名言分を重いて判断弟るとよ浴せぉもはれるのである。 前厄心サ被食入の渡路陳述打撥脅をあ窄へるのごあ㌢この原則は裁判のみ′ならず、贋く調停の瘍合、車の柚二 十五∵土クす1サィ 純音t叫・︵衡脊法と誉れそ絶壁左胸曾・。 英団の法優駿系払制定溢と慣習法であり、速習法の汲も連繋怒ものは漕迫準ハコンモンP−︶なることは既に 遠べた雨、鹿習法の今山ウ窟蓼なものは、衛軍法︵芸イチイ︶である。開平法は普通法胡紋鮨を禰ひ、藩過激 の昔では舟臍さィ▼れない挙婁徹帝政裁判所にて正拳御津の概念の下に薮擁tて灘たこ逐により生じた鰐習決である や のせある。以下柑軍法¢格普段若手掲げる一。これちは一般に綺平淡格言二唐風眉=観商号ity−と呼ぼれるもので 云ふ。大湊官が裁判するときに観想の由凌で牒なく、 は普通準の意味に解鐸するのである。 竿 ある沌 十六 国宅ity a落inゼe詔Ona声 / 二ぷ 義〓サ﹁攣第三耽 1\ ㌢ノしれは裁判官∵調僚潜の空軍ある。泥棒にも瓦分の学芸ふごとがある。必ず原骨、 潜入双方の言分牽充分きい.て敦判し孜軒れぽ片手落となるので、ある。近世刑署訴訟の原則は 1 街苧露ハ封人的二行ハ〟ル。

㌣賢宗純研C音′法

十やE昔マ老骨w町料e官・ 1 衡平添ハ普通故に追随す為も 牒∵批夙に魔女濾痙︵ロー︶とあるのは普通法のこ皇である。 此所に追随するとは兎挙圃苧携は﹂ †工∵J㌘ 被藩学身の展心攫働かきかけげ﹂裁判したモとである。 刷凝鑑衡脊法よ封解して法律人p−︶と云ふ時 普通汲の牲発として由現し蟄達せるこ 被督、許追者、級 数判に於ては判決

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(7)

とを示すものである。 ′ ㌃ とわことから良心裁判新改る語が生れた。 二十 勤喜i墨訂○粁s On′㌢a再as許諾註ic︸−思こ息ざ軍営dO声 んじて裁判するのである。 二十二 閏ぷ註呵責i叫−星t崇Sist Pヨ彗命さl象計軋. i 菜閥の法律格蛮概由 1 関学故人各人五億靡ヲ履行災ル意想デル毎ノド推定スル。 2 等提督過払で薄られな造酒遼なせる︰潰で・晋、この裁判笠 すものである。 中丸 E琶遭雫田g蓬○呵、COnC訂n寒aC富偶苧喝仲営口a芦 + 租 ト r 衝撃法ハ封入的しこ裁判スル良心′鼓判朗ナリ矩 2 この璧墨琴壊敦剃桝の特質嘉すも等髪用磯判ぼ被莞良心に働荒け差されること㍍計、り。

曇∴⊥晋茸妄愚s岩山許−嘗号音嘗二首;や普眉

1 衡平法ハ形式ヨリ空風忠二儲意スル。 ・ 2 繭逃の如く御幣統裁判閉経普通法で露られなかった救消を輿んとするのであるから、形式よりむ資質を箕 2 これも亦衡平放の特質敬示す放射である。∼ 1 掬平治ハブスべ牽コテハ統ニケサレクモノ七宗倣ス。 斗八 田増iギ定点星雲an官箆意意烏軍営よ意官軍 ノ ■−・♪− 一 − 二〓

(8)

∼′、 ∼ 2 これ又正義概摩の鮎より裁判するのが衡平濱の本質であるからで︰める。 感十′三 E苫茸wil−ロ告s誌琶aヨ。n鋼1。b。Wi臣。已a記鷲宮 1 衡平迭ハ救済プ輿ヘズシテ不法行為ヲ恋認セズ。 2 この原則も亦衡平決が正義衡尊庭鹿・とするこ左挙がすのである。 二十閤 E血鼓tabiか諾ヨ監i禁裏魚di警謡tiO巨草 ﹂ 衡平訟ノ救済ハ敦盛的チリ。 2 衡軍法は畢嵩衡平により形式よりも驚賀に碩さを於て政所する。従つてモの救済力法は杓子党規約ではな ザ 州 ぐ、敦盛的であることを嘉すのである。 二十五・E完ryman i00aCの冨n乳鉢inn。Cの巳,已nt叫−′訂i即p;扁d篭i苫・ 1 2 此の彗昆近せ自由童義閲豪あ新東訴訟の大原則である。中瀬専制睾豪打ては被疑者或は被華八は初めか ら罪人放である。これ叔被潜入の入梅を無祓せることとなる。被潜入は判決により有罪と決定すると、有罪人と なるが、判決の覇は未だ有罪入で描紛いのである。一個の人格者とLての奴扱をせぬぼならない。々 ・ヾ 二主ハ E壱ym牒∽FO転−伽詳。aSt訂・ ユスべ一う人ノ家ハ彼ノ城チリ。 2 名人湛醤油を番ヰる。その日由は色々あるが、各人の住居の不可侵と云ふことが必要である。此の格言は 城と■やネ語庭藤用してゐるから、飴礎古くからあつたと恩はれる。各人鱒憲法並紅法律に定めちれた事績なくし ︳ て、みだりに住属に傑人せられざる徳利、並に住居畝みだゎに強制後攻、或は弛制立混誓乞妻求せられない権利 第〓ナ︼奄 滞二祝 一〓一劇

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(9)

雷︵訟選外無籍士又は状師と繹される︶ 英国の法律格言触蔽

悠 この魔富ほ、汝禅家・蓬肉つたのである。とれは法律家の掛には、怨還律を相蔓っ違和豊か過し

て蝿介で賢。そ吉ふ人が憐窪ん去ると、榛別表ばかりで雷昧がーないとの意で警。明治初年の若い

法律選の中には、時をう意のも莞賀意紆な宗、眉の産衣は常扱が園溝で∴人相暁監禁が多

いあである。従って批の望遠硯衣ご偲不用ぽなったものせ解したいのである。

1r 訴訟ヲ好ムモノヘ財産少テク、欝省ヲ財ムモノハ健廉少ナシ。 2 この彗還少し皮肉で挙る。抵に訴訟狂と稲せられ、絶す魔人と寧ひ、すぐ訴訟をするものがある。露と ひ渉り七塗その閻仕事机衆ず、費用多く−符塙財産を少なくするものが漆る筈皮肉つ窓のと思われる。 をみ占められると云うlのが、近代自由蓋童の原則である。 ′ 二十七 ﹃。nd。=a雲話sニー覧ew風音意思そ草食岳常 ∠ ギ†⊥諦ふ計亘㌣藷旨. 1 彼ハ法蓼院﹂一准撃シテヰ莞 牒∴英薗の癖謹士に些顧ある。蒜パリスクー評ri頓首︵訟廷擁護立と鐸される︶、適はリリシタ1SO家t 2 ま 罵題下柳橋ナ人トカ駕樺家ヲ富マ夫。 二十八 甥邑sa監。bst︼蔓em昔風をこ薫風s致料F この彗冨訴訟狂を皮肉つたものである。

二守九 Ag⋮d訂w濁声abad常温骨膏∵∵

1 薯キ︰彊禅家ハ忍シキ隣人ヂアル。 である。その中.バリスターにーなるためにインズオブコート 訂莞○㈹ 一二ニ t li邑命Fea訂F ○ \ 瑚

(10)

告琵・︵班辣箪院と詩でれる︶ と庫ばれるものが購鱒あゃ∵その由れかのイン、︵湊箪院︶ に入箪せねばならな い。即ちインチ﹁テムブル ぜ官軍示ゼ茸骨 ミノツドルテムプル 炉内註払訂、訂回握訂 リンカー′ン、ス1、イン ㌘宍0訂姶 訂lグヤース.イン㌧苧ays畠ヂの.桝院であつて予何れ鳩首ンインの軸心部に琴かれ一・た。在輩期間はタ1ふ︵蓼 ヽヾ 瓢y、貯分れるが各螢斜に於て應−ル盃星︶で違の由数晩餐愈軋出席せぬぼならない と談話の・甘に納車として又耕璽﹂として〟の廠静僚絡めるのである。本望昆此め薔鰐堅不す鳩のである。 且准骨法曹とレ繁多年の躍験潅有する無題士が申年以後裁判宙となる怒例が極めて多い。痍が戦隊は・どうか.薄衣 野猿轡伽ら裁判官灯計る革が庇較的少凝阜と云はれる†これ紋様々事情があ牒と恩路れるが、一合後多数の有馬毎 ぬ

言監富士軍禰授輿式■に招待せられ

である∵僻謹士試鹸に及興するほ、コールナイトC註鼻訂‖﹂霹するヨに資格授輿式が行はれるや即ち此の格 聖・耕謹士になるには﹂前線晋で造べた如き過程が必要七遜るが:ハト/︵署葦′と揉此所では留謹士協禽の愛 揮謹士各位が裁判官となられることむ希望するのである。 三土二 琵¢S好打悪どs′訂註−首芸首そ竺首号早耳阜 ∴ 1 紋ハ潔ヲ摂ツテ平ル。野シソレハ鋸二涼味ノアルコーダハナ、イ。 2示朗に†ンチと.は戯席釆ほ裁判官の豪富る。 1∴ 彼ハ郡盛土ガラ裁判官ニナック。 ′ 祀

言二訂c崇d軋。草野

1ヰ敏ハ軽縫士試験二及第シク。 ≡十± 諾功is岩i等dざt訂こ紆計鱒 第二ナエ琴 第二択 、¢ 英粗で.は裁判官、耕護士と〆もにその組合的鞄位は高い 0.、

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(11)

2 晶愈清の際、或ぼ還の際豪語に敦賀盗嘉判申・裁判官或笛雪辱が何か窟讐崩へば乳 ■ \

竃がと愛つた等蛋警︶管蒼還還盗品かす警がある。その時宕れ蚤雷のの雷蒼鳶それ

は偶菰のこと晋の讃髄靂壷成とか反警か、府別の意味のな遠雷るとの表現で霊。俺竺簑硯は

じ \ も㌢這の意嘘が雪。孟は﹁禦頭ヲ琴言ル。ソ夏リレへ彼ノ率ノ申ハ璽プアル︵彼ハ箪アアル芸霊 ヾ、

誓れる場合があってぼに恩放さる紛慧警なる痘の文筆還昧がこ碇蒜誉れる女賓聖管し七掲げ

ておく。轟蒜の塞ぎか契約條攫等慧昧が薬幡で誤解の誉れの禁ととが必警警。フランスの文豪

スタンダールだつ賢莞が頭趨⋮ランス嘩窟C罫C互生i註C&e基諭し誓う冨誉それ誉

ランス民盛典は極めてす軍な文京であ少、誤解むまぬく発句か恵く見越撃沈掠された天下の名文だからと箪笥

三十四 嵩¢ざ打金Si置. 1 彼ハ絹ノ東成ヲ潜シタ。︵彼︵餌菩顧問頼義士トナツタ︶ 2 英観でキングスカウンセル 内息s C¢羞監︵観望顧問料産土又は勅溝縛攣苦謬される︶犠パリスク上 の−争で多年の経験聖人が任命せられ驚キシダスカサンセルは絹の法服︵シルク︶敬着用するからかく解する。 句

苧ナ草∴曾w訂c音譜i旨遥孟旬m昌吉家各Fc訂aゴ訂監00.

㌣意麦臥蓋は恩蘭還墨蒙る。鴛霊剣朗簑漕苫窟判するものセかる曽崖

1 禰卒統裁判朗主寧フジトス∵ル畢ハ、掃キ手‡料ルヲ嬰ス∵ル々 や 二・Y ′ とゝにぉい菩顎約を求める也のは自分も亦潔白でなけれぼならぬといふ意味である。 三十六 H魚−鼻0芳村s′e軍環ぎS−︿払○の邑苧 1 和学ヲ求ムル着ハ自ラ術苧ヲかス 英囲の法律暦法隙由 、 一 職 二 ー

(12)

屯 〓六 て碍〓十﹁名 節〓批 2 比の格許は前奏と同じく睾・準鱒冨であぇ。逼ら計平を智行せずして衡平を求むる如きものは、磯平淡裁 判所は救済を異へることが損耗ない空茶ふ敢昧である。 1 大ト婁トハ法律上⋮人ナ軋。 凋 これほ長い間英問普通法上の大原則であつた この意味は、女手は結婚して宴と誉と妻の人格は沃の人 格に吸牧せられる。従って菊姫動産は夫の所有となり、償倍不勒鐘は婚姻砥綬申、大の研肇に綜する。物的財産 は虻の管攣か共に蹄廃心た。その代り犬は葵を保護したのである。英団普通韓にて蜂要の地位をカヴアーチユア c。責竃三被覆物︶と云ふ′ひこれは宴は大の人格に吸収せられ■先の保護の下にあること藍混線J主語で憤る。 かのシHクスピイーヤ原作ヴ≡スゐ商人結婚の場にて、ポーbヤ継がバツサワオ些霜ふ次の藷が漁場まく此の 事情鼓嘉す。即ちポーシヤ冒くゴ今カラスダ=コノ屋敷を、コレラノ家来共香田ノ私自ラモ、アサグノ御所覇ト ナルノヂゴザイマス﹂。︵三琴−場︶9編んて∵これは中世のことであ牒、近海になつて次第に穿の地位が向上した てとは云ふ迄も、ない。それは本稿に放てしぼ \出てくる術誓拭平めって、衡平法は妻の特損財産監認めた。を の後、賓財産法 詳med書m醤Sp還星︸aCt・㌫00r蛸.に放て廣汎監蒜財産的繰利をみとめた。更に一丸三 \ 、 一 1止 穴︵戯サ邁︶ハ盗賊ヲ招待スル。 2 盗賊の行島のよくないことは云ふ好もないが、世の中には盗賊の行儀を蘭渡することが関々ある。声じまー

わを厳裔還すれぼ盗賊の入る機密が防がれるわけである。柄窺になつてから治すまりは柄窺にならぬ用心、盗賊

は防犯に朋心と云ふべきであろう。

≡十八 A F宏bal︼d and一く叫訂are Oゴe. 三千七、The F已ei首ま訂s tbe thi軋.

(13)

行はれてゐる意味で、此所に掲げておく。これは刑法のご堺則である。罪を犯してから被潜人がそん牢藩命の・軒

るのを知らなかつた圭茶ふ挽群が許されぬとの意であ患。日本刑準攣二十/八條第三項ほ﹁法律ヲ知ヲサ/ルヲ以テ 罪ヲ犯ス意ナシト薦スニコ一打ヲ得ス。仰情動三国り其刑ヲ減刑ス一ルコト/ヲ待﹂主税足してゐる。即ち本原則を徹額

ずると多少酷な場合があるから情状枢耳サ瀾刹灘凍るとしたのである。

泉年の訝正携■㌃wり各m︵試ar款払w。鷲nan払丁邑訂asO眉︶ 2 畢琴︵ジャスエアれス︶は・携律たては街中︵エクイティ︶ わ、又ほ不公窄となることが一め智 正読は極めて冷静にじて、 のである。 民法は無能力の制を徹際して全くの東女岡野秒規定をなした。 ≡十九 昔意思a︼風s n訂乳の畠芦

とがわか為。序で凌が試朝野陀七政明治民洩は諺む血能力者として規定し宛が、昭和二十二奉有言義行の新

の地位を得た。壷女阿楷の塞団の如ぐ鶉.へ∵られてゐる英園取警吏女何曜′︵展韓上の︶は趣く近代庭番隕あるこ

甲†㌻頗in駒Caロ賢溜W3n甲 1 開音ハ恋︵不振行為しヲナス能ハズ㍉ 怒、この格言ほ世外側般に行ほれる確言であつて﹂ 了 甲†∴冒設c命−00n讐鶏angりy. 1 英国の法律格言概鱒 漁ソ不知ハ詐サズ。 永 英国に放て特に行はれ名と云ふのではない.が、英問に.ても、■

と共に法律上の東療則である。怒ると判断を誤零

しかも怒らず要塞の命ずる朗によが正邪を刊執す

A立 l董Ⅵ 軽伐つで濁身女と同叫の痕繚上 〓七 /■

(14)

◆l■ 身は沖寧なもの.とせられ、た1その後、マグナガルタ八女嚢竺三尭厚︶によ炉、大局の代表の同意なく、膵手 に入民・に課税し琴り、 、、告精細は現在折去り彗揖太されてゐり′㌔人民の代ざた \人民優 る間食Pa誅莞n再は大なる楷限を有して、闘王はむレろ磯野釘行使せぬが、現在にても猿轡上は攣ふほ主緒着 であゎ卜人或は去樺宥とばせられて・紆紅い。二むの寄情を浄律上相姦格者は固‡忙しせ政治上の、黒植着挽ル属ハ成 疫試食︶∴乱打と詮明ずる場食もある。さて前にもどつて、政の警蒜望山の鮭射的黎怖伎考慮し七解降せぬば 一なちぬ。摂王は、三倍智で盗り、法令教布着で臥男、紳艶であるハリ∴般の蕗食掛人民を規絆するもぁゃ︰園言軒数 菌碑、 堅孟掲ので敵いとの思想であ,璧︰国王とで恥入問である以上、事安土或か行焦が携親に誌、反すをと七もあるか ヰ知れ・芝し′併し′その場合でも園‡は訴追せら紅軒すー、裁判やられたり、潮薮を受けかこ.と牲ない−の意味であ 聖廟ほ哲‡の政治的安貯については勉、の訂の・が代≠町髭路㊨魚ふゅで鮎る8この寄は後に撞づオ。、 − f 国王、︵キ.ング︶.は永踏倒に存在す右。人間としてわ蹄王は薄命が塾や∵併し壬俄鳴琴据で後掩宥の規定が /ニ + + 1/′儲ズルコト′出奔孝漆砕ハススタル、コモガ招来ナイ。 ㌢法礫の中世は罰署ある瀧樺モ罰則の.なレ法梓と.がある。罰則げある港鱒︵これ望遠でぁ吾挽守る校 三て ・把入にすすいめると︰人は椚碍して碓ひ易いが、酎即の適い接待去れ挽矧が少な心︶は人・に守る已▼とをすすめて く 輯十二女iロ粥Ⅰ§甥dies. ㌻ 間王ハ死セズ鼠 2 啓二十両替痕二択

闘王経略代に於て攣撥や㌢も、、好闊にては元孝義襟脊であり、自ら寧嘗儀屈して∵人昆教法如し昆その

佃 ∵八 、叫

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(15)

′ l も伸え守ぎないものーⅤある。やはり人間だからそうなるかも知れない。、賂畢融合に於ては法律はなく・なり、捧術 攣宣麿と瞥革のみが凍るむの意見虹あると甲寧であゎ 米弼打パウ㌻園㌧喝昌鉢は此の意見を引閲して、 併しソヴュイブトでも漆禅はあると云ふこと訂引用し、つつ、一膳来祀命でも法律の存凌すること牢妻盤しでゐる。 − ︵パちンF迭の解氷増。喜晶︸呵已牒の0〓﹂等・︶入間が苓部紳鹿の如き入梅薯とならない限り、洪律はなく憤らな いであらう。法律わある、限り、や捻り罰則の必芽もやむを錯ないかも知れ・放い。 四十四 竹a壱︶s層首. 1一法の遅滞。︵シュクスヒイヤ︶ 2 此所に放とはむしろ裁判の意に解すペきである。姦判をやる嘉炭随分長くかかつたらしい。何年或釘何 十年かかつたといふ例がある。此の格言はそれをボビたものである。我図で霊長そっだつた。攻囲に逸事三年 といふ語がある。公事︵クジ︶宅は音の語で訴訟の意味で警心。共闘でも随分長い訴訟があったと港思はれる。 − 四†五 どw O叫m免許ヨt∽旨鎚︸aw①呵昏わ訂nd is t訂same. 1 商慣習添わ開法トハ同山デアル。 ド郷菅謎詳息i告二七億−㌫運空軍教莞鹿禁火鈎にて拭商慣習法昼党争な韓得と看傾きれなuで、 T問の静間習としての地位しかみとめちれなぃこ、よが多かづ鷲てンスブイ→ル†卿は、滴慣習蘭訂普通法即ち 英錦の図法どじて取扱つたのであ告かくして癌慣瞥鎗拭鼠なる摘慣乳より蒜泳待とな?托。そして、この事

竺八〇〇年代に放け莞蔵の控摂約蔑展望勝者琴をなすごとと恩をのざ箸†

.∵・∴ チ、・・・∴1ニこ・∴=−∴∵=︰∴こ㌻こて・1・∵ニニ.二≒・ 2 この登蕎軋英囲に戯て南畝の′半官思!意軍息首鼠〓雪子 戎八抗の法繹揖言漑域 と糾せ計れた有名なマン、礼フ★−ル 一一九︸

(16)

l、既存ノ汝辞ナク、れテ犯罪テク、叉刑罰ナシ。 2㌧・鼠富近代韓治国家纂ける刑輩の原則を示す表現である。畠代違憲銅君主の寄倒的刑警り人

畠寄るものは、人尿の農賢つ遠雷られた紆漂真に賢ざれば宗せられないとと冨る。腎墜

薇なけれぼ犯罪㌢、叉酢瀾がなhことである。ごの意味で刑扶は犯人のマグ芸ル、ク︵大登劉︶と法貨るので才 ぁる。研が更に毒すすんで考察する時、その法線み性質である。その法律は犯罪後如定せられた接伴翠憬嘗

富意w.音感骨酢卦及的牒琶警豊ふ︶ノでぎ憲ぎふ⋮である。宜應で此わ瞥口掛事後警はな

く、′既存勒携禅なくし㌣と償件をつけてゐるので掛る.∵即ち犯麗あ時以静た榊党ぜられた迭にあらすんば、外の 行惑を犯罪として刑罪を科するこ、とを得魔いとするのである。こ舶畝罪刑改革王養生試ふ。これが本格冨の意味 であlる。麟つて行惑の噂、適法で思った行鶉繁/行飽後酎哀した汲即ち欝後時限よつて虚罪刑殖ないと云ふ結論 が削るわけである.。 遡及鹿野旗︵エメスポスト㌻クト 人定安行才時三通蟄アアック行薔叉ハ既蒜靡ト・恥レ.夕行軍一ヅ右テハ刑㌧軍上′賓任ヲ閲ハレ▼サイ。叉鞄フ犯 罪エツノィテ寧ネデ珊翠上ノ吏任ヲ闘ハレナイ﹂′之規程してゐる。

四十七.2¢﹂man獣a言質・n占is音詩C監e㌧n雪、may君臣粁e歩行㌻wi已○訂s OWn han訝

㌢∵何人言争一関係ア、ル啓件亨警ノ奴恥嘗ノ号トヲ待ナイし竿頭廷ノ判決づ碍ナイデ卿苧≠罰スルコトヲ 得ナイ。︵ユーネオプライフ、所載︶ 針鹿野軋訂鮮紅関係ある寄掛と鱒目分が敬啓膚︵原潜文略嫁懲︶や軌る蕗事儲件、或笹郷啓恋仲の場合蛛、、 百分が被零着である場合∵私訴の常客着でかる慧冒∵被唐人、︵被静追撃恐、掛る場奪訴選対そある場合等をい /肇ご十−告十第二銃 ニー○

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(17)

\ ノ ヰ 母 音 ふ。これらの慧口に自ら琴判官在る事は月頗の親潮をな㌻恐れあ計故、裁判膚海渇ことを得ぬのである。近代串 絵図家膵於け宥訴訟法の芸風則である。ノこれ竺般に判事の除斥か邑u邑n.A壷C已i針u︸義と云ふ。が本 γ畠寄訴訟法第三十五僚河和事訟欝二十酪條は此の原則を規定する。 次に本望ロの墾哀繋の意味に移ちぅ。これは裁判官が慈膠雫な判決むしー芯芯けな心と云ふ意味であ奄即 ち、法定の訴訟乎携にょり法律把従つて刑罪を科さ恵ければならない。︵つまり刑罰を科するには改樺を以ってせ

ぬば\な宥︵界卿串草案準、羞軋㌢腎正規の新手繚簑ら語れ慧らないの霊で警。窯琵〆

同家の刑事法上の義則である。日本璽還琴三ェ僕はその爵た閲して﹁何扶毛改行ノ定メル芋攣−ヨラサケ ー レバ、某ノ生命岩クハ自由ヲ餐ハレ父ハリノ他ノ刑罰ヲ科セラレナイ﹂と規定じて、此等の原則の茸現をはかつ てゐる。 、

苧八草man−S−i賢10軒1r−e㌘se牒d音fO︰官same暴n声

1 何人竿同う犯罪二到シテ間接ノ裁判ヲ受ケル義務ハナイ。︵ユー万プライフ所撃 2 此の格言む亦近代澤海家掟ぬ凄る利敵野訟上の美原則である。去る犯非拓らいて壷敢判があって磐別 \ され志なり、又は無靡となつた等、眈に奴判臍のものが、一機力嶺の専断により同じ犯罪について再び裁判される

とな、る志的安富苧な㌣慧急呈墓蕗牒p蔓酢c写豆宵五蒸す如嘉雪雲て、人民の穂別 +

は著しく不安におとし入れられるこよとなる。従つ電通代蕾海図家の刑事訴訟に於ノては、既に裁判添の事件につ 、 いては璃び訴追㌻るむと・の轟か様にしてゐる㌦これ空事不鞘埋の原則芽嘗−n id㌢圭芸。駄本関野潤 /− 第≡十淡味は第−垂軒に於て﹁父同−ノ犯罪宣ウイ一芸、要約啓上ノ安住ヲ間ハレナイ﹂と規虚して此の原則の .努 驚硯をはかつてゐる。何ほ日本刑事訴訟法第二義六十二藤は、薦博一かぐの如き場合の訴追あつ■た場合は免訴の判 薬園の法絆桁荒城睨 一〓叫

(18)

繹藩隆盛解閣、女忠節繹、論撃解稼ご横顔解碍∵勝少解藤、勿論解秘、癖正解繹、滑帯解慧貰之なり¢ぎて撃 、

る湖発準︵スダチニート︶を解樺サる監靭キ徽乍屯文字把拘泥峯孜やで、壷髄の意味粍租を把攣︵アウフファ ッ・り吾︶するこ之は結構だが、、学の尭あに條寒陀盆望遠を無琴陀軍勢Lて解攣芸と、御堂韓が資質的に欒許 る。 竜物締取締旗は買入又は古物買入に資すては必ず質入寄又は嚢虫の佳節、

祓 を受けたも同様となる。乙れはよくあることだが慣ま恵けれぼなら放いのである。

一 せば、疲物故買針取り締隼蹴ぼならなぃ。日本鱒麿墾憲六十六條は臓物故欝を禁止し.ておゃ、叉質屋敬締箪、

人の多いのほ受給者ある′からだ主式はれてゐる。虚品なゎと知って買ふのが沐け頂い。薇つて準人を防止せんと

、 帯〓十一巻 第二牡 決をなすべきものとしてゐるバ 四十尭こぞ音数i完巧﹀nO昏i乳. \\ 1 受械者デ示レバ盗賊ナシ。 哀十 ぎ:三ヨ号こnt。計琵賢w乳類註icか牒・邑臣針・ す遠望ナ豊遺志畳替遍入夫ベカ﹂フ?。 望∵これ夜湖寧潜解繹の際の心得欝である。離党法の解絆には瀞々の穏耕があるひ

り︼ 1 全部ノ1防禦二非ザルモノハ屈ノ防染エアラス。 宰二∵富家忍甘a計粁nce t訂ニ∽a WF。呵e計置莞魚. 2.これ埠盗人と盗Åより盗品を買込む受凝着人臓物政男者と耳云ふ︶

志望甘は詐一語於ける慧惑J諾欝諸人の心緒べ、き原則であ驚漁延に磨いこ望J透粛警攻撃する

氏名を明らかならしめる楼嬰衷じてゐ の儲傾をよく表現せ卑彗量ある。盗

即ち常雄解琴威ひは立法解

(19)

五十ニ∴軍資羞牢詳こ露、i㌔n集計筈・ ュ 合理的ナブザルモ′ 旦此の轟音綻拭︵ロ∴⊥の本質む鎗く牽現して′お宮法の定義は難しい。法は国家によサ典へら▲れた張倒約 な親鱒︵ノ誉︶ ム違約なもの′でなほればなら沿と準へ、らるか撃者が恩適宜骨頂女声意思時、湖琴嶽の患い・翌日 に慣習法に▲㌢隼をれむない場合に膝麗ノ︵RかPS苫︶にギると云ふ。此の備後よは脚ち合理的なものま蚕はねば 螢黎㌢黎諷す各額骨組凰と放つて敗訴把患ちる場合がある。熟耕せる桝護士は必ず全部の防勢のために全力むそ 、ごれを他の普轟音が戯賛するあけだが′、その慧三部招け防染したのでは炭の防欒とならない。和つ・て布苧方の J そぐわで挙る。 ならぬのである。 五十三 冠註a c払冒昌乱髪訂肇 一 ㌢ 法律テケ■レバ犯罪ナシ。 ザ 2−以下罪刑法窟去哉の原則に関するラテン語の格言を数個かかげよう。前述した様に此の格言は専制的君王 ’ の凝縮から、入選を守った近代韓指図家の刑法原射である罪刑法寧茶菓堅不す。 濫†闇 苫監置噂話琵Si乳嘉温・ 品 ′\ l 鉄蹄サケレバ刑罰ナシ? 2 河びラテン語の梢評。前硝宮と共に罪押捺革王立の、H翠なる内容牢なす。近代自由、要義め成立蜂、法律的 托は此隠原則を入梅の手によ伊原別翠Hよゎ獲得するとと匿あ空挺臍的には職業商業の自由にあつたと云へよ ニ=ニ 英観の法繹雪崩現 ′

(20)

、 2\饗しい刑︰遥論は省略する。此の堕違犯非とは法徐による刑罰の件ふものと解すれぼよいのであらう。 騎三彗草とl共に罪刑琴定主務の内容をなすものと理解すべきであらう。 − 正せ七嘉島um、C昌e︸1n島ap完nPSine訂笥 1 法絆ナケレバ犯罪ナク刑罰ナシ。

2犯管刑瓢羞律に去て富られるものである。此の碧賢ういうふ露て警て、前記葦≡五

十四とむ一仰の支箪とせるものである。− 五巨八ぎ巾監−awこ訂m−け寮乳and−訂呵em監y・ l 啓法、華恵、救済︵、抗癌︶。 2.これは英囲に於ける制定法解繹の遠別であるバ共闘の別軍資スタ亨ユⅠ上空般に突如制定せられる・ が如きは殆ど稀れであつて、凄くは綻米債習法として存準し霊違法︵ニンモ㌃項ふを結合じヾそれに若干の

救済︵宝︶を施したもめが告ので髪。との苺惰羞解丁竃此の彗冒見るかY悪意昧讐く中萱と瀞

ぅ。日本国琴携第二寺二俵は此の原則を薄定する。

五‡江 2邑apOena昔や官営眉 − 1 犯罪ナ、ケレバ刑罰ナシ。 2 鞘びラテン語の壁呂。刑罰は犯罪を必妥とする。

義を形成する棉言である。

草工ハ′ぎぎ鼻c註nens−ne℃。昌a−e琶i㌘

漁 ぷ

寸法禅ニヾヨル刑掛サケレ.バ犯罪ナノシ。 鱒二平十像了解二牡 1 ■ 雨着は密酪な線係卑官する。登重富と共に罪、刑法淀去

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(21)

六†㌧A pers阜j各tn乏t。b¢a︺象潟in詳毒n CaSe. 人ハ自分自身ノ訴訟ノ裁判官斗ナれコトハ出来失イ。 牒 此の格育と阿哲品格告が備に出撃︵閤十七︶ので、それを参照せちれたい。 六十−AP印璽na㌻ct首戸払料s奄i誌t訂P璃S芦 1 人的訴訟ハ人卜共二拘滅スル。

㌔この彗這Act・這芸濃ism。ri−ur、Cu牒瑠S旨P姿芸蒜の埜コロの英讐漂。覇碧る︵吾

「 所を参照せノられたい。 六主エPO罵SS=房15日莞pO藍ひ○ごトの訂wl −・ 1、占有ハ九分ノ膠ナリ㌦ 2 お宥は所有とは異なる。湖南機転い場曾でもみとめられる物械である。朗菊機北ハの他の本械に対するもの である。さこ物権に関して詐訴ありとせんか。本樺を有せざる場合取もが萄を萄寸る場合には勝訴となること多

とか云ふが如きは盗の棟昏をなくす′る意味で萄カな防犯とな曳

ち弟たか・を考発すると、よく丑の刻滋祖霊覆輪刷新凝灘せられ溌せ芸

その溜特融伺廃る索慮︵弊審︶、、が存凝んたかを瑠廉も﹂叔複成その弊暑が本法剃鱒に止り如何に傲臍︵匡室穀 ふて即ち或る軸足法を顔樺する時、㌧それが判定せら耽る繭の普迫準揉如何であつ漉か六蕾臨︶、を考察し、次いで 2 盗には色々原因があらう。そ紆申で鍵倉に遭遇することは凧富夫きな原因であらう。声じまわをよくす敬 1 横倉ハ盗ヲツクル。 茸斗九∴暑p蔓u邑y m鉢e:訂thi牟 英闊の池律格言概厩 号㍗ ′ ご一富

(22)

二評 第二十忘予感二既 早ので診る。 六十三 P。SS瑠首 ト占有ハ権威︵権利︶毒ジ。 2 此の療育はiE歯に僻絆す訂には占有璧㈹甘党分に研究せぬばならぬ。此所で庸二應の誼朋をなす隼こどめ 渇。物橙成は虜有辟とか地上楯とかがあわ、これを線輪して本撃と云ふのだが、本揺にあらざる物樺が占有鱒であ る。示轡着して る場合、ン例へぼ・物、︰〝宿りて朗摘/せる場合。何乱たし七も物故占有しでゐを以⊥接収謹なき限り古有者が占有物ゐ 上甚行使する疲利揉之を髄潜に有す富をのと確答竿れるゐであるご日本民法務田八十八條︶例へぼ成人が物む節 義してゐる噂、左の▲物は登Mであるとか横領とか療に虜艶がない限り、をわ人の串詣は悪冒せられる。これむ \ 占各巻膚カと云ふ。串富原かかる効力があ脅さて と讃す烏場合鴻あ蒐。をの方が理解しやすいを思ふ用即ち本格冨の意味は鍬む占有せ庵時は、持別に反語なき醜 即 断、−その︰荒その物む慧還占有富と毎へられ.る。右ういぶ意味に解攣夕べせであ乳と息ふ。 再、

六十囲べす曇醤an乱s号‡ご㌢⋮首s乱打毒ぎ音名訂を首朱夏牒音已a≠d葺i玖芦

1溜形成′ス品ノ・うハ刊蘭十諾牒遥紳ニ∵㌢、佃ダ決争各こて妄。︵マンス㌃−ルド軒

昇英放で′終刊決に ♂

が乳首・の■警葦、判放竃雀東菅蒜靂露悪思牽虜成す倉卓︳の敵機冨る。彗

て判決に放ては判決理由に注目せねばなら鱒わゆである。 で意二晋ふ漕せ風音・り司琵詳t瑠ea訂詳小宮︸叫. ∵

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(23)

が∵拭経文簿中佐は時に飴詐の文句が挿入せちれある場合あゆⅧ 1 物自柊︵笥資白樺︶が語ル。 2 此の格言は、英淡佗於ける不訟布質臨㌃w①ご0諒に放ける大原則である。即ち過失の立謹蓑既に摘㌻ 蘇 るものである。撃池の不法行為では一敗紅原告が立認蓑使庭料するのであるが、此の格言の追福ある場合には、 原潜揉嘉謹賀任なく、却って被貸が立籠安住を㌻る紆である。即ち損軍賠償に於ける無過労贅産の場合と云つて よいであらう。即ち督冨蒜が被償の管機内把あゎ、且扱せの過失あるにあらざれぼ損審が畿生し払いと考へら れる情況の場蕎に損腎が生ぜる場合である。 甚/ 2′ 此め祐軍仏英摘の固定の特果せ示す患ので参る。嚢卸にては困諜埜小学宜なす瀧は′ずとの格言の布衣する こせほ前述し鷲そわ場金団畳の為せる朽盛につ■いて法的に肇任を負ぶもⅦが他に存在するこ上によわ、園諾の 行鍔に関する茸任が合琶的に解決せられるものと宿ずる。、∼ ㍍ ・ン といふ意味である。 2 ての登百瀬汰健脚樺.鱒叫遠別で 1 鹿討ノ元旬ハ擁除ヤア解捧サルペシ。 六十七 菅垣風貌牒首鼠. 六十八 雲計邑−nO口許i鼠焉ia

監許多⋮On嘗t⋮a6呂竃牒完an

英国の法辞格言概観 ーnJuq・

上の場合ほをの飴計の文句を排除して解樺する

叫 艶姿な文句は仙旬た多とも粗末に出衆ない

(24)

岬 ○ 2 此の楕.草鱒覇者と同じく双方に同等の衡牟法上の権利ある場合に於ける制噺の義輝である。此の場合、普 通法︵。1︶が存在すれ疫、漕鱒操に依って利敵する。普通訟む優先せしめると云ふ意味であるじ序でに街中蔑 に射して一般にP−︵哲と云ふ時は、普適法︵コンモンP−︶藍風味するのが染出の叫般的用放である。 七十叫 Y。⋮曽n。t甘d笥占fw−思こ首t訂、許諾r l 縛デ滴ヲ朝漸スべ㌃ラズ用 亮 批の稗貫は外観によって捗々しく物番を判断bてはいけないと云ふのである。必ず内容を充分に調査しな

けれ′ぱならぬ。この事は法廷に於け笥裁判官や瞥祭官の充分心得べき事で・めるのみでない二糖人が物事を判断

2\此の格言は不法行為怨讐大原則である。不︰操行為によりて権利侯寄息已iaの生ず′るのは被寄者の意思

艦反すむからでぁる。紛らて被審者がをの娯溝を受けるこざ品志せる時は、磯村優審がないと結論出衆るであ へ

らう。丈被琴脊が進んでその危険を車齢した場合㊨尚校正解繹さるべきで針針う雄

大十九、碧er¢昏溜a計薫風e号ties料?叫旨i㌃i膏常置s∴

1 同等ソ衡や法上ノ徳利アル時ハ時間的≠党ンジ・タ甘′ガ優卑スル。 2 潤び蘭争淡雪買述べる。この格言は朗謂低利の凝今ふ官骨頂儲−の繁昌闇頗である′。あちら立てれ ばこちち立たノサで、双方に椿利参牒慧M学める。此の場合は法律改発として時間的に先.に生じた槍利を俊兜せし 潜様と云ふ意味で挙る。∵所謂﹁先ン女︶バ八ヲ制三隻苓ふべきであるや 七十 尋Fe声音諾a牒邁凰遼邑甘、tFヤーa薫pr茎註肌. / イl 同等ノ衡苧法上ノ構利アル斗キハ普通扶ガ傑先スル′ぶ 第二十一巻 第〓耽 l同音シタルモノ一l封、ンテハ権利俊審ナシ。 二一入

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(25)

昇る場合に於て充分注意すべきである鳶思ぶ。

七士︸ 以卜至ハ‡ハ偶の彗置場げた。必労しも多くはないが、以上の扶待格言を通じて、美園の琴襟章博 一

なりこ東薗の法曹還の大髄が考察せられると恩ふ。少数の例外を除き多数のものは近代碍冶園豪の法的原則が

合吏れてゐること牽付拓注憲せられたいのである≠地図に於ては相常春激な政治攣勤により獲得せられた近代自

由養親閻豪の凄碕原則がー︰糞同姓ては漸進的に成立せる粘の多いこjに特に温意せられたいのである。

へ 七卜三 以上本稿を執聾し七痛感した事は鉄棒格言の研究並に理解には賢に法律の各分野の通じて贋き智識を

必要とすることでぁる。義門セクシヨサルズAにとぢ寒風らてゐては到底充分−な理解が出来ないと云ふことであ

っ驚、本稿の説明もそう云ふ意味で不充分峯免れなかったと恩ふ。漉の鮎は何卒各位の御籠容をお園ひ致す次第

で暫曾叉何分多数にわたる法待望甲の憲な如ば、意外の重要格吾で逸脱したのもあつ窪も知れない。これ

は滞米適雷の攣常に補充致したいと思ふ。

︵昭和∴十≡年五月二†≡日稿︶ ︵昭和二†≡年七月二十八日校正︶ 英甜の臨浮轡苗概翫 i〓九

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :