第133回「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」

全文

(1)

第133回「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」

ご説明内容

1. 日 時 平成26年7月2日(水)18:30~21:15 2. 場 所 柏崎原子力広報センター 2F研修室

3. 内 容

(1)前回定例会以降の動き(東京電力、原子力規制庁、資源エネルギー庁、

新潟県、柏崎市、刈羽村)

(2)防災計画、避難計画について(新潟県、柏崎市)

添付:第133回「地域の会」定例会資料

以 上

(2)

平 成 2 6 年 7 月 2 日 東 京 電 力 株 式 会 社 柏崎刈羽原子力発電所

第133回「地域の会」定例会資料〔前回 6/4 以降の動き〕

【不適合関係】

<区分Ⅲ>

・6月10日 水処理建屋におけるけが人の発生について(P.2)

【発電所に係る情報】

・6月13日 経済産業省の「原子力の自主的・継続的な安全性向上に向けた提言」を踏 まえた当社における原子力の安全性向上に向けた取り組みについて(P.4)

・6月26日 柏崎刈羽原子力発電所における安全対策の取り組み状況について(P.12)

・6月27日 当所におけるタービン駆動原子炉給水ポンプのタービン動翼取付部の点検 について(続報)(P.15)

【福島の進捗状況に関する主な情報】

・6月27日 福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマッ プ進捗状況(概要版)(別紙)

以 上

<参考>

当社原子力発電所の公表基準(平成 15 年 11 月策定)における不適合事象の公表区分について 区分Ⅰ 法律に基づく報告事象等の重要な事象

区分Ⅱ 運転保守管理上重要な事象

区分Ⅲ 運転保守管理情報の内、信頼性を確保する観点からすみやかに詳細を公表する事象 その他 上記以外の不適合事象

(3)

平成 26 年6月 10 日 東 京 電 力 株 式 会 社 柏崎刈羽原子力発電所

区分:Ⅲ

場所 水処理建屋(非管理区域)

件名 水処理建屋におけるけが人の発生について

不適合の 概要

平成 26 年6月9日午後2時 20 分頃、水処理建屋(非管理区域)の増築工事に伴い、

内部足場組立作業に従事していた協力企業作業員が、足場上部にいた共同作業者に足場 板(長さ約 180cm、幅約 24cm、重量約 8.3kg、鋼製)を手渡ししていたところ、共同作業 者が誤って当該板を落としてしまったため、協力企業作業員の右足の第2趾(人差し指)

に直撃し、負傷したことから、業務車にて病院へ搬送しました。

* 水処理建屋

発電所内で使用するための純水を製造する設備を設置している建屋。

安全上の重 要度/損傷

の程度

<安全上の重要度>

安全上重要な機器等 / その他設備

<損傷の程度>

□ 法令報告要

■ 法令報告不要

□ 調査・検討中

対応状況

病院における診察の結果、右第2趾不全切断と診断され、手術を受けております。

数日間の入院後、通院加療の予定です。

今回の足場組立・解体作業におけるけが人の発生について、発電所内に周知による注 意喚起を行い、再発防止に努めてまいります。

被災状況のイメージ

2

(4)

1号機

展望台

柏崎刈羽原子力発電所 屋外

水処理建屋におけるけが人の発生について

発生場所

(水処理建屋)

3号機

4号機 7号機 5号機

2号機 6号機

3

(5)

経済産業省の「原子力の自主的・継続的な安全性向上に向けた提言」を 踏まえた当社における原子力の安全性向上に向けた取り組みについて

平成 26 年6月 13 日 東京電力株式会社

当社は、平成 26 年5月 30 日に経済産業省総合資源エネルギー調査会 電力・ガス 事業分科会 原子力小委員会 原子力の自主的安全性向上に関するワーキンググルー プにおいて取りまとめられた「原子力の自主的・継続的な安全性向上に向けた提言」

を踏まえ、このたび、当社における原子力の安全性向上に向けた取り組みを取りま とめましたので、お知らせいたします。

当社といたしましては、福島原子力事故を忘れることなく、昨日よりも今日、今 日よりも明日の安全レベルを高め、比類無き安全を創造し続けてまいります。

以 上

添付資料

○東京電力における原子力の安全性向上に向けた取り組みについて

・ (別紙-1)原子力の安全性向上に向けた取り組み事例

・ (別紙-2)確率論的リスク評価(PRA)を含めたリスク情報の活用の取り 組み

4

(6)

ிʮᩓщỆấẬỦҾ܇щỉܤμࣱӼɥỆӼẬẺӕụኵỚỆếẟề

z2012ᐕ9᦬䈮␠㐳䉕䊃䉾䊒䈫䈜䉎䇸ේሶജᡷ㕟․೎䉺䉴䉪䊐䉤䊷䉴䇹䉕⸳⟎䈚䇮࿖ౝᄖ䈱ኾ㐷ኅ

䈎䉌䈭䉎䇸ේሶജᡷ㕟⋙ⷞᆔຬળ䇹䈱⋙ⷞ䊶⋙〈䈱ਅ䇮ᡷ㕟䉕ផㅴ䈜䉎૕೙䉕ᢛ஻䇯

z2013ᐕ3᦬䈮╷ቯ䈚䈢䇸⑔ፉේሶജ੐᡿䈱✚᜝䈍䉋䈶ේሶജ቟ోᡷ㕟䊒䊤䊮䇹䈮ၮ䈨䈐ᡷ㕟

䉕ផㅴ䈚䇮ේሶജᡷ㕟⋙ⷞᆔຬળ䉕ᆎ䉄䈫䈜䉎╙ਃ⠪䈱⋙ⷞ䊶⹏ଔ䉕ฃ䈔䈭䈏䉌ᡷༀ䉕㊀䈰䇮 䈠䈱ㅴ᝞⁁ᴫ䈲྾ඨᦼ䈗䈫䈮౏⴫䇯

⑔ፉේሶജ੐᡿䈱✚᜝䈍䉋䈶ේሶജ቟ోᡷ㕟䊒䊤䊮

z⑔ፉේሶജ੐᡿䈱ᩮᧄේ࿃䈲䇮䇸቟ోᗧ⼂䇹䇮䇸ᛛⴚജ䇹䇮䇸ኻ⹤ജ䇹䈱ਇ⿷䈏᜗䈇䈢䇸቟ో䈲ᣢ䈮⏕┙䈘䉏䈢䉅䈱䈫ᕁ䈇ㄟ䉂䇮Ⓙ௛₸╬䉕㊀ⷐ䈭⚻༡⺖㗴䈫⹺⼂䈚 䈢⚵❱ౝ䈱໧㗴䇹䈫⚿⺰ઃ䈔䇮䇸ੱᥓ䉕ዧ䈒䈚䈢੐೨䈱஻䈋䈮䉋䈦䈩㒐䈓䈼䈐੐᡿䉕㒐䈕䈭䈎䈦䈢䇹䈫✚᜝䇯

z⊒㔚ᚲ⸳஻㕙䈱ኻ╷䋨䊊䊷䊄ኻ╷䋩䈫⚵❱ౝ䈱໧㗴䉕⸃ᶖ䈜䉎䈢䉄䈱ኻ╷䋨䉸䊐䊃ኻ╷䋩䈱ታᣉ䈮䉋䉍䇮੐᡿೨䈱቟ో䈮ኻ䈜䉎ㆊା䈫௉䉍䉕৻᝹䈚䇮ᩮᐩ䈎䉌ᡷ㕟䇯 2

ᄖㇱ䈱⋙ⷞ䊶⹏ଔ䉕ฃ䈔䈭䈏䉌ᡷ㕟䉕ផㅴ 1

䊂䊷䊦䊶䉪䊤䉟䊮ᆔຬ㐳 䋨ర☨࿖ේሶജⷙ೙ᆔຬ㐳䋩

䊋䊷䊋䊤䊶䉳䊞䉾䉳೽ᆔຬ㐳 䋨⧷࿖ේሶജ౏␠ฬ⹷ળ㐳䋩

ᄢ೨ ⎇৻ᆔຬ

䋨䊺䊎䉳䊈䉴䊶䊑䊧䊷䉪䉴䊦䊷 ઍ⴫ข✦ᓎ␠㐳䋩

ᰞ੗ ᱜผᆔຬ

䋨ర࿖ળ᧲੩㔚ജ⑔ፉේሶജ

⊒㔚ᚲ੐᡿⺞ᩏᆔຬળᆔຬ䋩

⋥༡ᛛⴚജ䈱ᒝൻ

ౝㇱⷙ೙⚵❱䈮䉋䉎⋙ⷞ䊶ᡰេᒝൻ

ኻ╷2 ኻ╷1 ⚻༡ጀ䈎䉌䈱ᡷ㕟

䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ᵴേ䈱లታ ኻ╷4

ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ ኻ╷3

✕ᕆᤨ⚵❱䈱ᡷ✬

ኻ╷5

ኻ╷6

࢘ᅈỊᅦ޽Ҿ܇щʙ૏ửਰụᡉụẆႆᩓ৑ᚨͳ᩿ỉɧͳấợỎʙ૏଺ỉ࠼إ෇ѣỉɧᢘЏẰửขẪӒႾẲẆʚࡇểᢅᣟʙ૏ửឪẮẰễẟẺỜỉો᪃ỆӕụኵỮỂẟỦẇ

ᅦ޽Ҿ܇щʙ૏ửൿẲềࣔủỦẮểễẪẆମଐợụờʻଐẆʻଐợụờଢଐỉܤμἾἫἽử᭗ỜẆൔ᫏໯ẨܤμửоᡯẲዓẬỦҾ܇щʙಅᎍỆễỦẇ ᅶẺẼỉൿॖ

ἏἧἚݣሊ

ἡὊἛݣሊ

ේሶജ቟ో⋙ⷞቶ 䉳䊢䊮䊶䉪䊨䊐䉿ቶ㐳 䋨ర⧷࿖ේሶജ౏␠ ቟ో䊶଻⸽ᜂᒰᓎຬ䋩

䉸䊷䉲䊞䊦䊶䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ቶ ᭑ᧄ ⍮૒ቶ㐳 䋨ర䊟䊮䉶䊮䊐䉜䊷䊙䊺ᐢႎㇱ㐷⽿છ⠪䋩

1䌾4ภᯏ஥㒐ầႇ䋨ᶏᛮ㜞䈘15m䋩

ⓨ಄ᑼ䉧䉴䉺䊷䊎䊮⊒㔚ᯏゞ䋨2บ/䉶䉾䊃㬍3䋩

ܤμॖᜤܤμॖᜤ

২ᘐщ২ᘐщ

ݣᛅщݣᛅщ

ᑝἑ ⋥Ꮖ ข✦ᓎ䇮ઍ⴫ၫⴕᓎ␠㐳

ᢞ࿯ ᢥᄦᆔຬ

䋨᧲੩㔚ജ䊺ข✦ᓎળ㐳䋩

䊐䉞䊦䉺䊔䊮䊃⸳஻䋨6ภᯏ䋩

ኻ╷1䌾6౒ㅢ

ኻ╷6䋺⋥༡ᛛⴚജ䈱ᒝൻ 䈭䈬 ኻ╷4䋺䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ᵴേ

ኻ╷3䋺ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ ኻ╷1䋺⚻༡ጀ䈎䉌䈱ᡷ㕟

ኻ╷2䋺ේሶജ቟ో⋙ⷞቶ䈱⋙ⷞ䊶ᡰេ

ේሶജ䊥䉴䉪⎇ⓥ䉶䊮䉺䊷䋨㔚ਛ⎇䋩 䉇☨࿖㔚ജ⎇ⓥᚲ䋨䌅䌐䌒䌉䋩䈫䈱ㅪ៤ ኻ╷3䋺ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ ኻ╷5䋺✕ᕆᤨ⚵❱䈱ᡷ✬

ኻ╷6䋺⋥༡ᛛⴚജ䈱ᒝൻ ኻ╷3䋺ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ ኻ╷4䋺䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ᵴേ

ኻ╷3䋺ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ

⏕₸⺰⊛䊥䉴䉪⹏ଔ䋨PRA䋩䉕฽䉄䈢 䊥䉴䉪ᖱႎ䈱ᵴ↪䈱ข䉍⚵䉂 ኻ╷4䋺䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ᵴേ

ኻ╷2䋺ේሶജ቟ో⋙ⷞቶ䈱⋙ⷞ䊶ᡰេ

ኻ╷3䋺ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ

⏕₸⺰⊛䊥䉴䉪⹏ଔ䋨PRA䋩䉕฽䉄䈢 䊥䉴䉪ᖱႎ䈱ᵴ↪䈱ข䉍⚵䉂

᧲੩㔚ജ䈱ข⚵

•ᄖㇱ䉴䊁䊷䉪䊖䊦䉻䊷䈱ෳ↹

•䊨䊷䊄䊙䉾䊒䈱౒᦭䈫䊨䊷䊥䊮䉫䉕ㅢ䈛䈢ో૕ᦨㆡ䈱ㅊ᳞

•↥ᬺ⇇ᄢ䈪䈱ੱ⊛䊶⍮⊛ၮ⋚䈱లታ

•࿖ౝᄖ䈱ᦨᣂ䈱⍮⷗䈱ㄦㅦ䈭ዉ౉䈫ᣣᧄ䈱ข⚵䈱ᶏᄖ⊒ା

•ᄙ᭽䈭ᄖㇱ䉴䊁䊷䉪䊖䊦䉻䊷䈫䈱䊥䉴䉪⹺⼂䈫⺖㗴䈱౒᦭

•╙ਃ⠪⊛䈭␠ౝ቟ో⋙ⷞᯏ⢻䈱᭴▽

•䊥䉴䉪▤ℂ⋡ᮡ䈱⸳ቯ䈫⛮⛯⊛䈭⷗⋥䈚

•䊥䉴䉪ᖱႎ䈱෼㓸䇮䊂䊷䉺䊔䊷䉴ൻ䈫Ⓧᭂ⊛ᵴ↪

•ᦝ䈭䉎቟ోᕈะ਄䈱䈢䉄䈱⎇ⓥ䈱ౣ᭴▽䈫࿖ౝᄖ㑐ଥᯏ㑐䈫䈱䉮䊷䊂䉞䊈䊷䉲䊢䊮ᒝൻ

•ᚒ䈏࿖․᦭䈱ᄖ⊛੐⽎䈮⌕⋡䈚䈢䊒䊤䊮䊃Ფ䈱੐᡿䉲䊷䉬䊮䉴෸䈶䉪䊥䊐䉣䉾䉳䈱․ቯ䈫䇮ᣢሽ 䈱䉲䉴䊁䊛䈪䈲ᗐቯ䈘䉏䈩䈇䈭䈇੐ᘒ䈻䈱஻䈋෸䈶࿁ᓳ䉕฽䉃䊧䉳䊥䉣䊮䉴䈱ะ਄

•ᷓጀ㒐⼔䈱లታ䉕ㅢ䈛䈢ᱷ૛䈱䊥䉴䉪䈱ૐᷫ

•ᛕ್⊛ᕁ⠨䉇ᱷ૛䈱䊥䉴䉪䈱ᗐ௝ജ╬䉕஻䈋䈢⚵❱ᢥൻ䈱ታ⃻

•ૐ㗫ᐲ䈱੐⽎䉕⷗ㅏ䈘䈭䈇✂⟜⊛䈭䊥䉴䉪⹏ଔ䈱ታᣉ

•⚻༡䊃䉾䊒䈱䉮䊚䉾䊃䊜䊮䊃䈱ਅ䇮䊥䉴䉪ᖱႎ䉕⚻༡್ᢿ䈮෻ᤋ䈜䉎䊜䉦䊆䉵䊛䈱ዉ౉

ឭ⸒䈱᭎ⷐ

3. ਄⸥ข⚵䉕⌕ታ䈮 ㅴ䉄䇮ᩮઃ䈎䈞䉎 䈢䉄䈮․䈮᳞䉄䉌 䉏䉎ᆫ൓

1. ㆡಾ䈭䊥䉴䉪䉧䊋 䊅䊮䉴䈱ᨒ⚵䉂䈱 ਅ䈪䈱䊥䉴䉪䊙䊈 䉳䊜䊮䊃䈱ታᣉ

2. ᧲੩㔚ജ⑔ፉ╙৻

ේሶജ⊒㔚ᚲ੐᡿

䈱ᢎ⸠䉕಴⊒ὐ䈮 ታ〣䈏᳞䉄䉌䉏䉎 ข⚵

㗄⋡

ᾋӋᎋᾍҾ܇щỉᐯɼႎὉዒዓႎễܤμࣱӼɥỆӼẬẺ੩ᚕểỉݣࣖ

Ҿ܇щܤμો᪃ἩἻὅỊẆኺฎငಅႾὉҾ܇щỉᐯɼႎܤμࣱӼɥWGỆợỦ੩ᚕỆݣࣖẴỦݣሊểễẾềấụẆܭ᣽ႎễႸ೅ሥྸửᘍẟễầỤბܱỆӕụኵỮỂẟẪẇ

ᅦ޽Ҿ܇щʙ૏ỉ࢘ʙᎍểẲềẆʙ૏ỉኺ᬴ể૙᚞ử෇ẦẲငಅမểңщẲễầỤẆҾ܇щỉܤμࣱӼɥể̮ׅ᫂ࣄỆஇٻᨂѐỜềẟẪẇ

࢘ᅈỉ̅ԡ

5

(7)

࠯঺․
࠰
உ‣‥ଐ

Ҿ܇щ↝ܤμࣱӼɥ↚Ӽↀ↎

ӕ↹ኵ↮ʙ̊

೎ ⚕䋭䋱

ӕኵ̊Ⅎ ኺփޖ↝ܤμॖᜤӼɥ ∝∝∝∝∝∝≔

ӕኵ̊ℳ Ҿ܇щܤμႳᙻܴ↝ᚨፗ ∝∝∝∝∝∝≕

ӕኵ̊ℴ ⇣∞⇝∉∑∝⇙∅∋⇱⇗∞⇝∍∙ܴ↝ᚨፗ ∝∝∝∝∝≖

ӕኵ̊ℵ ขޖ᧸ᜱ੩కщ↝ࢍ҄ ∝∝∝∝∝≗⊡≘

ӕኵ̊ℶ ⇵⇜∞⇯Ўௌ ∝∝∝∝∝∝≙

ӕኵ̊ℷ ႆᩓ৑ⅹ↷↢ஜࡃ↝ዬ࣯଺ኵጢ↝ોዻ ∝∝∝∝∝∝≚

ӕኵ̊ℸ ႸਦↈႸ೅΂↧↝∓∞⇯∄⇩⇽ ∝∝∝∝∝∝≛

≟Ӌᎋ≡ ிʮᩓщ↚ⅹↀ↺Ҿ܇щ∐⇟⇕∄⇳⇞∇∙⇮↝˳С ∝∝≜

z

⚻༡ጀ䉇ේሶജ䊥䊷䉻䊷㑆䈪䈱⼏⺰䈱ᯏળ䉕Ⴧ䉇䈚䇮቟ో䈮㑐䈜䉎ଔ୯ⷰ䈱౒᦭䉕ㅴ䉄䉎

z

੹ᓟ䈲䇮䊥䊷䉻䊷䈻䈱ᦼᓙ੐㗄䈱᣿⏕ൻ䇮䊝䊆䉺䊥䊮䉫䈫ᡷ㕟ផㅴ૕೙䈱ᒝൻ䇮␠ౝ䉮䊚䊠䊆䉬

䊷䉲䊢䊮䈱ଦㅴ╬䈱䊙䊈䉳䊜䊮䊃䈱ᡷༀ䉕ㅢ䈛䈩䇮ේሶജㇱ㐷ో૕䈻䈱቟ోᗧ⼂䈱ᶐㅘ䉕࿑䉎

z

⚻༡ጀ䉇ේሶജ䊥䊷䉻䊷㑆䈪䈱⼏⺰䈱ᯏળ䉕Ⴧ䉇䈚䇮቟ో䈮㑐䈜䉎ଔ୯ⷰ䈱౒᦭䉕ㅴ䉄䉎

z

੹ᓟ䈲䇮䊥䊷䉻䊷䈻䈱ᦼᓙ੐㗄䈱᣿⏕ൻ䇮䊝䊆䉺䊥䊮䉫䈫ᡷ㕟ផㅴ૕೙䈱ᒝൻ䇮␠ౝ䉮䊚䊠䊆䉬

䊷䉲䊢䊮䈱ଦㅴ╬䈱䊙䊈䉳䊜䊮䊃䈱ᡷༀ䉕ㅢ䈛䈩䇮ේሶജㇱ㐷ో૕䈻䈱቟ోᗧ⼂䈱ᶐㅘ䉕࿑䉎

ӕኵ̊Ⅎ ኺփޖ↝ܤμॖᜤӼɥ

⚻༡ጀ䉇ේሶജ䊥䊷䉻䊷䈱⼏⺰

1

⚻༡ᐙㇱะ䈔⎇ୃ ේሶജ䊥䊷䉻䊷䈮䉋䉎䉫䊦䊷䊒⸛⼏

ේሶജ䊥䊷䉻䊷䈱䋵䈧䈱ⴕേᜰᮡ

2

z

⛮⛯⊛䈭቟ోᕈ䈱ะ਄䉕ᦨఝవ䈱⚻༡⺖㗴䈮૏⟎ઃ䈔䉎

z

⸳⸘䈲ᗐቯㅢ䉍䈮䈭䉌䈭䈇䈖䈫䉕೨ឭ䈫䈚ᷓጀ㒐⼔䈱஻䈋䉕ᅑബ

z

⥄ὼ⃻⽎䈱䊥䉴䉪䈮⻞⯯䈮ะ䈐ว䈇䇮䈠䉏䉕ㆊዊ⹏ଔ䈚䈭䈇

z

቟ోᕈ䉕ะ਄䈘䈞䉎ᛛⴚജ⢒ᚑ䈮ദ䉄䇮䉼䊞䊧䊮䉳䈚䈢䈖䈫䈲ᄬᢌ䈚䈩䉅⹏ଔ䈜䉎

z

ේሶജ䈱ᱷ૛䈱䊥䉴䉪䉕␠ળ䈮⺈ታ䈮વ䈋䇮቟ᤃ䈮቟ᔃ䉕᛼䈚ઃ䈔䈭䈇

ኻ╷䋱 ⚻༡ጀ䈎䉌䈱ᡷ㕟

6

(8)

z

␠ᄖ䉋䉍ቶ㐳䋨䉳䊢䊮䊶䉪䊨䊐䉿䋩䉕᜗⡜䈚䇮䊜䊮䊋䊷䈱䊃䊧䊷䊆䊮䉫䉕ⴕ䈇䇮⋙ⷞᵴേ䉕㐿ᆎ

z

ၫⴕ஥䈻ឭ⸒䊶ഥ⸒䉕ⴕ䈉䈫䈫䉅䈮䇮ᵴേᚑᨐ䉕ข✦ᓎળ䈻ႎ๔

z

⚻༡ጀ䉇ේሶജ䊥䊷䉻䊷䈲ห⋙ⷞቶ䈎䉌䈱ឭ⸒䊶ഥ⸒䉕〯䉁䈋䇮቟ోᗧ⼂ะ਄䈮ᓎ┙䈩䉎

z

␠ᄖ䉋䉍ቶ㐳䋨䉳䊢䊮䊶䉪䊨䊐䉿䋩䉕᜗⡜䈚䇮䊜䊮䊋䊷䈱䊃䊧䊷䊆䊮䉫䉕ⴕ䈇䇮⋙ⷞᵴേ䉕㐿ᆎ

z

ၫⴕ஥䈻ឭ⸒䊶ഥ⸒䉕ⴕ䈉䈫䈫䉅䈮䇮ᵴേᚑᨐ䉕ข✦ᓎળ䈻ႎ๔

z

⚻༡ጀ䉇ේሶജ䊥䊷䉻䊷䈲ห⋙ⷞቶ䈎䉌䈱ឭ⸒䊶ഥ⸒䉕〯䉁䈋䇮቟ోᗧ⼂ะ਄䈮ᓎ┙䈩䉎

ӕኵ̊ℳ Ҿ܇щܤμႳᙻܴ↝ᚨፗ

ේሶജᐙㇱ䈻䈱䉟䊮䉺䊎䊠䊷䉇⊒㔚ᚲ䉡䉤䊷䉪䉻䉡䊮䈱᭽ሶ

1

ข✦ᓎળ䈻䈱ႎ๔᭎ⷐ

2

z

ᄙ䈒䈱ᄙ䈒䈱ಽ㊁䈪ᡷༀ䈱䇸⪚⧘䇹䈏⷗䉌䉏䈧䈧䈅䉎䈏䇮⋡ᮡ䈫䈜䉎਎⇇䊃䉾䊒䉪䊤䉴䈫䈲 䉁䈣ਵ㔌䈏䈅䉍䇮䉇䉎䈼䈐੐䈏ᄙ䈇䇯

z

ឭ⸒䈱ౕ૕଀䋺⑔ፉ╙৻䈮䈍䈔䉎቟ో䉕▤ℂ䈜䉎䈢䉄䈱ᨒ⚵䉂䈱ቯ⟵

⑔ፉ╙৻ᑄἹ䊨䊷䊄䊙䉾䊒䈮䈧䈇䈩䈱቟ో䈮㑐䈜䉎䊥䉴䉪䋨․䈮ⵍ䈳䈒✢㊂䋩⹏ଔ ᄌᦝ▤ℂ䈮㑐䈜䉎᣿⏕䈭ᚻ㗅䋨䉼䉢䊮䉳䊙䊈䉳䊜䊮䊃䋩䈱ㆡ↪

ේሶജ቟ోᢥൻ䇮䊌䊐䉤䊷䊙䊮䉴䉕ะ਄䈘䈞䉎䈢䉄䈱䉝䉪䉲䊢䊮䊒䊤䊮䈱᭴▽

⊒㔚ᚲᐙㇱ⡯ຬ䈻䈱䉟䊮䉺䊎䊠䊷 ⑔ፉ╙৻䈮䈍䈔䉎䉡䉤䊷䉪䉻䉡䊮

ኻ╷䋲 ⚻༡ጀ䈻䈱⋙ⷞ䊶ᡰេᒝൻ

z

␠ᄖ䉋䉍ቶ㐳䋨᭑ᧄ⍮૒䋩䉕᜗⡜䈚䇮䉴䉺䉾䊐䋱䋳ฬ䈫䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉺䊷䋳䋴ฬ䈫౒䈮ᵴേ

z

ਥ䈮ේሶജㇱ㐷䈱䊥䉴䉪ᖱႎ䈱෼㓸䊶ಽᨆ䉕ⴕ䈇䇮⚵❱⊛䈭⋧⺣⓹ญ䈫䈚䈩䈱ᯏ⢻䉕ㆀⴕ

z

ේሶജㇱ㐷ౝ䈱␠ળ⊛ᗵᕈ䈱㉯ᚑᵴേ䇮વ䉒䉎䉮䊮䊁䊮䉿䋨േ↹䊶䌃䌇╬䋩䉕⵾૞

z

␠ᄖ䉋䉍ቶ㐳䋨᭑ᧄ⍮૒䋩䉕᜗⡜䈚䇮䉴䉺䉾䊐䋱䋳ฬ䈫䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉺䊷䋳䋴ฬ䈫౒䈮ᵴേ

z

ਥ䈮ේሶജㇱ㐷䈱䊥䉴䉪ᖱႎ䈱෼㓸䊶ಽᨆ䉕ⴕ䈇䇮⚵❱⊛䈭⋧⺣⓹ญ䈫䈚䈩䈱ᯏ⢻䉕ㆀⴕ

z

ේሶജㇱ㐷ౝ䈱␠ળ⊛ᗵᕈ䈱㉯ᚑᵴേ䇮વ䉒䉎䉮䊮䊁䊮䉿䋨േ↹䊶䌃䌇╬䋩䉕⵾૞

ӕኵ̊ℴ⇣∞⇝∉∑∝⇙∅∋⇱⇗∞⇝∍∙ܴ↝ᚨፗ

䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉺䊷䈱ᵴേ䈱᭽ሶ

1

䉸䊷䉲䊞䊦䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ቶ䈱ᵴേ੐଀

2

⑔ፉ䈪䈱૑᳃ะ䈔ળ⼏䈪䈱⺑᣿ ࿷ᣣᄢ૶㙚䈪䈱⺑᣿ળ ᧄᐫ䈪䈱ቯ଀⸥⠪ળ⷗

z

ᐢႎㇱ䉇ේሶജㇱ㐷䈫ㅪ៤䈚䈭䈏䉌ฦ⒳䉮䊮䊁䊮䉿䋨ᶏᄖะ䈔฽䉄䋩䉕ᢛ஻䊶లታ

ኻ╷䋳 䍶䍛䍘䍮ᵴേ䈱లታ

䋨㪍㪆㪈㪊ᤨὐ䋩

7

(9)

z

቟ోะ਄䈱䈢䉄䈱ᷓጀ㒐⼔ᒝൻ╬䈱ၮᧄᣇ㊎䉕╷ቯ

z

ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജᒝൻ䈱䈢䉄䈱⻉ኻ╷䈫䈚䈩䇮䇸቟ోะ਄ឭ᩺ജᒝൻ䉮䊮䊕䇹䇮࿖ౝᄖ䈱ㆇォ⚻㛎 䈱䊧䊎䊠䊷䈍䉋䈶䊧䊎䊠䊷䊒䊨䉶䉴䈱⷗⋥䈚╬䉕ታᣉ

z

቟ోะ਄䈱䈢䉄䈱ᷓጀ㒐⼔ᒝൻ╬䈱ၮᧄᣇ㊎䉕╷ቯ

z

ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജᒝൻ䈱䈢䉄䈱⻉ኻ╷䈫䈚䈩䇮䇸቟ోะ਄ឭ᩺ജᒝൻ䉮䊮䊕䇹䇮࿖ౝᄖ䈱ㆇォ⚻㛎 䈱䊧䊎䊠䊷䈍䉋䈶䊧䊎䊠䊷䊒䊨䉶䉴䈱⷗⋥䈚╬䉕ታᣉ

ӕኵ̊ℵ ขޖ᧸ᜱ੩కщ↝ࢍ҄≋≔≒≕≌

቟ోะ਄䈱䈢䉄䈱ᷓጀ㒐⼔ᒝൻ╬䈱ၮᧄᣇ㊎䈱╷ቯ

1

z

⑔ፉ╙৻䈱੐᡿䈱ᢎ⸠䉕〯䉁䈋䇮᰷☨䈱ᷓጀ㒐⼔᭎ᔨ䉇቟ోᒝൻᚢ⇛䉅ෳ⠨䈮 䈚䈩䇮቟ో⏕଻䈱ၮᧄᣇ㊎䉕╷ቯ

z

ᷓጀ㒐⼔ᒝൻ䈱䈢䉄䇮ኻ╷䈱ෘ䉂䋨ᄙ᭽ᕈ䋩䉕㊀ⷞ

z

੐᡿䈏ᤨ㑆䈫䈫䉅䈮ㅴዷ䈜䉎䈖䈫䈮⌕⋡䈚䈢Ᏹ⸳䋯น៝ኻ╷䈱⚵䉂ว䉒䈞䉕⸳ቯ

቟ోะ਄ឭ᩺ജᒝൻ䉮䊮䊕䈱ዉ౉

2

z

ᷓጀ㒐⼔䉕Ⓧ䉂㊀䈰䉎䈖䈫䈏䈪䈐䉎⾌↪ኻലᨐ䈱ᄢ䈐䈇቟ోኻ╷䉕䇮㵱ឭ᩺㵱䈚䇮 㵱ታ⃻㵱䈜䉎ᛛⴚജ䈱ᒝൻ䉕⋡⊛䈮䉮䊮䊕䉕ታᣉ

z

ᐔᚑ㪉㪌ᐕᐲ䈱ఝ⦟ឭ᩺䈱䈉䈤䇮䋳ઙ䈱ኻ╷䈱ㆇ↪䉕㐿ᆎ

z

ᐔᚑ㪉㪍ᐕᐲ╙৻࿁䈱ᔕ൐ᢙ䈲䇮ᤓᐕᐲᲧ䋲୚ᒝ䈫䈭䉎㪏㪊ઙ

቟ోะ਄ឭ᩺ജᒝൻ䉮䊮䊕䈱ዉ౉੐଀䋨⑔ፉ╙ੑ䈪䈱⴫␜ᧅ⸳⟎䋩 ኻ╷䋴 ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ

ӕኵ̊ℵ ขޖ᧸ᜱ੩కщ↝ࢍ҄≋≕≒≕≌

ㆇォ⚻㛎䋨OE䋺Operation Experience)ᖱႎ䈱ᵴ↪

3

z

㪉㪇㪈㪊ᐕᐲಽ䈱ㆇォᖱႎ䈱ౝ䇮╙䋴྾ඨᦼ䉁䈪䈮㪌㪇㪌ઙ䈮䈧䈇䈩ಽᨆቢੌ

䋭ౕ૕⊛䈭ᓇ㗀⹏ଔ䈏ᔅⷐ䈫್ᢿ䈘䉏䈢㪈㪉ઙ䈱䈉䈤䇮䋵ઙኻ╷ᬌ⸛ਛ䇮䋳ઙኻ╷ቢੌ

䉶䊷䊐䊁䉞䊧䊎䊠䊷

4

z

⊒㔚ᚲ䈱ᵴേ䉕䇮ේሶജ቟ో䈱ⷞὐ䈎䉌䊧䊎䊠䊷䈜䉎䉶䊷䊐䊁䉞䊧䊎䊠䊷䉕ታᣉ

z

ᶏᄖ䈱⍮⷗䈎䉌ᓧ䈢䊧䊎䊠䊷䈱ⷞὐ䉕䉅䈫䈮ⴕ䈇䇮ᚻ㗅ᦠ╷ቯ╬䈱ᡷༀὐ䉕᛽಴

z

ᐔᚑ26ᐕᐲ䈲ᣂ䈢䈮䇮ේሶജ቟ో䈮ଥ䉎ᢎ⢒╬䉕䊧䊎䊠䊷ኻ⽎䈫䈜䉎⸘↹

䉶䊷䊐䊁䉞䊧䊎䊠䊷䈱᭽ሶ

଀䋺☨࿖䊋䉟䊨䊮2ภᯏ䈪2012ᐕ䋱᦬30ᣣ䈮⊒↢䈚䈢㔚Ḯ♽᡿㓚䈮䈧䈇䈩䇮 ᒰ␠ᚲౝ㔚Ḯ᭴ᚑ䈪䈱᜼േ⏕⹺䈱䈢䉄⸃ᨆ䉕ታᣉ䇯

ᒰ⹥᡿㓚䉕ᬌ⍮䈜䉎⛮㔚ེ䈏ᬌ⍮䈪䈐䈭䈇႐ว䈮஻䈋䈩䇮ㆇォຬ䈻䈱ᵈᗧ

༐⿠෸䈶ኻᔕᚻ㗅䈱ᢛ஻䉕ታᣉ䇯

䋨㪍㪆㪈㪇ᤨὐ䋩 ኻ╷䋴 ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ

8

(10)

z

⸳⸘਄䈱ᗐቯ䉕ᄢ䈐䈒਄࿁䉍䇮౒ㅢ⊛䈭ⷐ࿃䈪቟ో⸳஻䈱ᐢ▸䈭ᯏ⢻䈏༚ᄬ䈜䉎੐᡿䈻䈱 ኻ╷䉕ᬌ⸛

z

Ἱᔃ៊்╬䈮䉋䉎๟ㄝⅣႺ䈻䈱㊀ᄢ䈭ᓇ㗀䉕⊒↢䈘䈞䈭䈇䈢䉄䈱ᦨༀ䈱ኻ╷䉕ㅊ᳞

z

⸳⸘਄䈱ᗐቯ䉕ᄢ䈐䈒਄࿁䉍䇮౒ㅢ⊛䈭ⷐ࿃䈪቟ో⸳஻䈱ᐢ▸䈭ᯏ⢻䈏༚ᄬ䈜䉎੐᡿䈻䈱 ኻ╷䉕ᬌ⸛

z

Ἱᔃ៊்╬䈮䉋䉎๟ㄝⅣႺ䈻䈱㊀ᄢ䈭ᓇ㗀䉕⊒↢䈘䈞䈭䈇䈢䉄䈱ᦨༀ䈱ኻ╷䉕ㅊ᳞

ӕኵ̊ℶ ⇵⇜∞⇯Ўௌ

䊊䉱䊷䊄ಽᨆ䈱ኻ⽎䈫䈭䉎੐⽎

1

䊊䉱䊷䊄ಽᨆ䈱ታᣉ⁁ᴫ

2

䊁䊨ⴕὑ

䋨䊚䉰䉟䊦䈭䈬䋩 ᶏᐩἫጊྃἫ

┥Ꮞ䋨䌆䋳䊧䊔䊦䉕⿥䈋䉎䊧䊔䊦䋩

z

⊒↢㗫ᐲ䈱⑼ቇ⊛ᩮ᜚䈏ਇ᣿⏕䈭੐⽎䉕฽䉄䇮ಽᨆኻ⽎䈫䈜䉎㪊㪇䈱⥄ὼ⃻⽎෸䈶 ᄖㇱੱὑ੐⽎䉕᛽಴

Ꮒᄢ㓓⍹䈱ⴣ⓭

᦭Ქ䉧䉴

z

⸳⸘਄䈱ᗐቯ䉕਄࿁䉎䊊䉱䊷䊄䈏⊒↢䈚䈢႐ว䈱ᓇ㗀╬䉕㗅ᰴಽᨆ䋨⃻࿷⚥⸘㪈㪎ઙ䋩

z

቟ో⸳஻䈏૶↪ਇ⢻䈭႐ว䈪䉅䇮ㆇ↪㕙䈱ኻᔕ䈮㊀䈐䉕⟎䈐น⢻䈭㒢䉍ᓇ㗀䉕ૐᷫ䈜䉎䈖䈫 䉕ᬌ⸛

ኻ╷䋴 ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ

z

䋳⊒㔚ᚲ䋨ᨰፒಿ⠀䇮⑔ፉ╙৻䇮⑔ፉ╙ੑ䋩䈍䉋䈶ᧄᐫ䈱✕ᕆᤨ૕೙䈲䌉䌃䌓૕೙䈮⒖ⴕ䈚䇮 㒐ἴ⸠✵䉕Ⓧ䉂㊀䈰䇮⸠✵䈱ㇺᐲ䇮ㆡಾ䈭ᡷༀ䉕ታᣉ

z

੹ᓟ䉅⸠✵䉕㊀䈰䉎䈫䈫䉅䈮䇮␠ᄖ䉇ᄖㇱᯏ㑐䈫䈱ㅪ៤⢻ജ䉕㜞䉄䈩䈇䈒

z

䋳⊒㔚ᚲ䋨ᨰፒಿ⠀䇮⑔ፉ╙৻䇮⑔ፉ╙ੑ䋩䈍䉋䈶ᧄᐫ䈱✕ᕆᤨ૕೙䈲䌉䌃䌓૕೙䈮⒖ⴕ䈚䇮 㒐ἴ⸠✵䉕Ⓧ䉂㊀䈰䇮⸠✵䈱ㇺᐲ䇮ㆡಾ䈭ᡷༀ䉕ታᣉ

z

੹ᓟ䉅⸠✵䉕㊀䈰䉎䈫䈫䉅䈮䇮␠ᄖ䉇ᄖㇱᯏ㑐䈫䈱ㅪ៤⢻ജ䉕㜞䉄䈩䈇䈒

ӕኵ̊ℷ ႆᩓ৑ⅹ↷↢ஜࡃ↝ዬ࣯଺ኵጢ↝ોዻ

㒐ἴ⸠✵䈱᭽ሶ

1

੹ᐕᐲ․䈮ᵈജ䈜䉎ਥ䈭੐㗄

2

ᳪᨴ᳓ṳ䈋䈇ኻᔕ⸠✵䋨⑔ፉ╙৻䋩

✕ᕆᤨኻ╷ᧄㇱ䈱⸠✵䈱᭽ሶ䋨ᨰፒಿ⠀䋩

z

ભᣣ䊶ᄛ㑆䈮੐᡿䈏⊒↢䈜䉎䈖䈫䉕ᗐቯ䈚䈢ኻᔕജ䈱ᒝൻ䋨⚵❱ᡷ✬䇮ኋ⋥૕೙ᢛ஻╬䋩

z

ㆊ㉃੐᡿ㅴዷ䉲䊅䊥䉥䈱੍᷹䉇ኻ╷䉕ㄦㅦ䈮┙᩺䈪䈐䉎䉣䉨䉴䊌䊷䊃䉕⢒ᚑ

z

ᄙ㊂䈱᡼኿ᕈ‛⾰䈏᡼಴䈘䉏䉎੐᡿䉕ᗐቯ䈚䇮᡼኿✢᷹ቯ䇮ⵍ䈳䈒▤ℂ䇮㒰ᨴ╬ⷐຬ䉕Ⴧຬ

z

⾗ᯏ᧚䉇ੱຬ䈭䈬䈱੐᡿ᓳᣥ䈮ᔅⷐ䈭䊥䉸䊷䉴䊙䊈䉳䊜䊮䊃䈱ⷰὐ䈪ᧄᐫ䉰䊘䊷䊃ᯏ⢻䉕ᒝൻ

z

ේሶജᡷ㕟⋙ⷞᆔຬળ䈎䉌䈱ឭ⸒䉕〯䉁䈋䇮ᐢ▸࿐䈱㑐ଥᯏ㑐䈫䈱วห⸠✵䉕ታᣉ

㆙㓒ᠲ૞䊨䊗䉾䊃⸠✵䋨ᨰፒಿ⠀䋩 㶎Incident Command System䋨☨࿖╬䈪ᮡḰ⊛䈮ណ↪䈘䉏䈩䈇䉎ἴኂᤨ⃻႐ᜰើ䉲䉴䊁䊛䋩

ኻ╷䋵 ✕ᕆᤨ⚵❱䈱ᡷ✬

9

(11)

z

㵰਎⇇䊃䉾䊒䊧䊔䊦䈱ຠ⾰䊶቟ో䈱ะ਄㵱䈫䈇䈉⋡ᮡ䈮ะ䈔䇮ේሶജᡷ㕟⋙ⷞᆔຬળ䉕ᆎ䉄䈫䈜䉎

╙ਃ⠪䈱⋙ⷞ䊶⹏ଔ䉕ฃ䈔䈭䈏䉌ᡷༀ䉕㊀䈰䇮䈠䈱ㅴ᝞⁁ᴫ䈲྾ඨᦼ䈗䈫䈮౏⴫䈚䈩䈇䈒

z

㵰਎⇇䊃䉾䊒䊧䊔䊦䈱ຠ⾰䊶቟ో䈱ะ਄㵱䈫䈇䈉⋡ᮡ䈮ะ䈔䇮ේሶജᡷ㕟⋙ⷞᆔຬળ䉕ᆎ䉄䈫䈜䉎

╙ਃ⠪䈱⋙ⷞ䊶⹏ଔ䉕ฃ䈔䈭䈏䉌ᡷༀ䉕㊀䈰䇮䈠䈱ㅴ᝞⁁ᴫ䈲྾ඨᦼ䈗䈫䈮౏⴫䈚䈩䈇䈒

ӕኵ̊ℸ ႸਦↈႸ೅΂↧↝∓∞⇯∄⇩⇽

ᣇ╷䋶䋺⋥༡ᛛⴚജ䈱ᒝൻ ᣇ╷䋵䋺✕ᕆᤨ⚵❱䈱ᡷ✬

ᣇ╷䋳䋺ᷓጀ㒐⼔ឭ᩺ജ䈱ᒝൻ

ᣇ╷䋴䋺䊥䉴䉪䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ᵴേ䈱లታ ᣇ╷䋲䋺 ౝㇱⷙ೙⚵❱䈮䉋䉎⋙ⷞ䊶ᡰេᒝൻ ᣇ╷䋱䋺⚻༡ጀ䈎䉌䈱ᡷ㕟

ฦᣇ╷

᧲ᣣᧄᄢ㔡ἴ⑔ፉේሶജ੐᡿ ਎⇇万ຠ⾰丵቟ో䶺ะ਄

2011.3 2013.3 2014.6

⸠✵㸢ᡷༀ㸢ቯ⌕㸢⸠✵㸢䊶䊶䊶 䉮䊮䊕䇮䊊䉱䊷䊄ಽᨆ䈱ታᣉ䈭䈬

⋙ⷞቶ⊒⿷䊶ᵴേᒝൻ

䌓䌃ቶ⊒⿷䊶䍶䍛䍖䍘䍮䍋䍤䍗䍎䍞䍎ᵴേ㐿ᆎ

቟ో䈲⏕┙䈘 䉏䈢䈫䈱ᕁ䈇 ㄟ䉂䇮ㆊ㉃੐

᡿䈱䊥䉴䉪䉕 ㆊዊ⹏ଔ 䊃䊤䊑䊦એᄖ䈱 䊥䉴䉪ᖱႎ㐿␜

䈮ᶖᭂ⊛ᆫ൓

ㆊᐲ䈱䊜䊷䉦䊷 ଐሽ䈪⸳⸘⢻ജ 䉇䉲䉴䊁䊛ో૕

䉕ୄ⍑䈜䉎⢻ജ 䈏ਇ⿷䇯✕ᕆᤨ

⸠✵䉅ᒻ㜈ൻ䈚䇮 ㆊ㉃੐᡿䉇ห

ᤨⵍἴ䈻䈱ᗐ

௝ജ䉅ᰳᅤ

䌾 䌾

⎇ୃ╬

⎇ୃ䊶⼏⺰䊶ኻ⹤

䌓䌅㈩⟎䊶ᒝൻ䇮቟ో㑐ㅪ⚵❱䈱ᡷ✬

䌾 䌾

ේሶജ቟ోᡷ㕟世౏⴫

䌉䌃䌓ዉ౉

⋥༡

૞ᬺ

z

ේሶജ䊥䉴䉪▤ℂળ⼏䈮䈩䇮ᐔᏱᤨ䈱䊥䉴䉪▤ℂ⁁ᴫ䉕⛔᜝䈚䇮ᔅⷐ䈮ᔕ䈛䈩ᡷༀ䉕ᜰ␜䈜䉎

z

⋙〈஥䈱ේሶജ቟ో⋙ⷞቶ䈲䇮ේሶജ቟ో䈱ⷰὐ䈎䉌ၫⴕ஥䈮ኻ䈚䈩⋙ⷞ䊶ഥ⸒䉕ⴕ䈉

z

䉸䊷䉲䊞䊦䊶䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ቶ䈲䇮␠ળ⊛ᗵᕈ䈱ⷰὐ䈎䉌␠ౝฦㇱ⟑䈮ഥ⸒䉕ⴕ䈉

z

ේሶജ䊥䉴䉪▤ℂળ⼏䈮䈩䇮ᐔᏱᤨ䈱䊥䉴䉪▤ℂ⁁ᴫ䉕⛔᜝䈚䇮ᔅⷐ䈮ᔕ䈛䈩ᡷༀ䉕ᜰ␜䈜䉎

z

⋙〈஥䈱ේሶജ቟ో⋙ⷞቶ䈲䇮ේሶജ቟ో䈱ⷰὐ䈎䉌ၫⴕ஥䈮ኻ䈚䈩⋙ⷞ䊶ഥ⸒䉕ⴕ䈉

z

䉸䊷䉲䊞䊦䊶䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ቶ䈲䇮␠ળ⊛ᗵᕈ䈱ⷰὐ䈎䉌␠ౝฦㇱ⟑䈮ഥ⸒䉕ⴕ䈉

≟Ӌᎋ≡ ிʮᩓщ↚ⅹↀ↺Ҿ܇щ∐⇟⇕∄⇳⇞∇∙⇮↝˳С

ේሶജ䈮㑐䈜䉎䊥䉴䉪 ข✦ᓎળข✦ᓎળ

⋙〈

ၫⴕ

ႎ๔

ේሶജ቟ో⋙ⷞቶ

ේሶജ቟ో⋙ⷞቶ ႎ๔

▤ℂ

䉸䊷䉲䊞䊦䊶 䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ቶ

䉸䊷䉲䊞䊦䊶 䉮䊚䊠䊆䉬䊷䉲䊢䊮ቶ ᧄㇱ㐳

䋨ේሶജ䊶┙࿾ᧄㇱ䋩 ᧄㇱ㐳

䋨ේሶജ䊶┙࿾ᧄㇱ䋩

ේሶജ቟ో䈮㑐䈜䉎⋙ⷞ䊶ഥ⸒

ᖱႎ౒᦭

ታോ▤ℂ䊶ኻ╷ታᣉ

ႎ๔䊶⋧⺣

␠ળ⊛ᗵᕈ䉕

〯䉁䈋䈢ኻᔕ ഥ⸒

䊥䉴䉪ౝኈ䇮 ኻ╷⁁ᴫ䉕ႎ๔

ේሶജ䊥䉴䉪▤ℂળ⼏

䌛ਥᩏ䋺ᧄㇱ㐳䌝 㶎㪉

ේሶജ䊥䉴䉪▤ℂળ⼏

䌛ਥᩏ䋺ᧄㇱ㐳䌝 㶎㪉

⊒㔚ᚲ䈍䉋䈶ᧄᐫේሶജฦㇱ㐷 䋨䊥䉴䉪ኻ╷䈱ታᣉ▎ᚲ䋩 䊥䉴䉪▤ℂᆔຬળ

䌛ᆔຬ㐳䋺␠㐳䌝㶎1 䊥䉴䉪▤ℂᆔຬળ 䌛ᆔຬ㐳䋺␠㐳䌝㶎1

ႎ๔ ႎ๔

ၫⴕᓎળၫⴕᓎળ

ᖱႎ౒᦭

㶎1 ో␠ᄢ䈱䊥䉴䉪䉕▤ℂ䈜䉎䇮㶎2

10

ේሶജ䊥䉴䉪䉕▤ℂ䈚䇮䊥䉴䉪▤ℂᆔຬળ䈮ႎ๔䈜䉎

(12)

㽳ේሶജ㒐ἴ 䋨✕ᕆᤨኻᔕ䋩 㽲ᣣᏱ⊛䈭䊥䉴䉪ᖱႎ

䈱ᵴ↪䋨ㆇォ䋯଻቞䋩

ᄩྙᛯႎἼἋἁᚸ̖ίᵮᵰᵟὸửԃỜẺἼἋἁऴإỉ෇ဇỉӕụኵỚ Кኡὼᾁ μ˳΂ Ҿ܇щܤμǛӼɥƢǔƨNJƴྵئǛɶ࣎ƱƠƯ

ȪǹǯऴإǛ෇ဇƢǔ

㽲ᣣᏱ⊛䈭䊥䉴䉪ᖱႎ 䈱ᵴ↪䋨ㆇォ䋯଻቞䋩

㽳ේሶജ㒐ἴ 䋨✕ᕆᤨኻᔕ䋩 䇼⃻႐䈪䈱ᵴ↪䇽

䇼ᡰ䈋䉎䈢䉄䈱ᛛⴚജ䇽

㽴ၮ⋚ᢛ஻䋨ੱ䈫ᛛⴚ䋩

㽵ේሶജ቟ో䈮ଥ䉎䊥䉴䉪䊙䊈䉳䊜䊮䊃 䇼⚻༡䈱䉧䊋䊅䊮䉴䇽

ᣣᏱ⊛䈭䊥䉴䉪ᖱႎ䈱ᵴ↪

1

ᓥ᧪䉋䉍䉅⢻േ⊛䈮⃻႐䊧䊔䊦䈪䊥䉴䉪ᖱႎ䉕૶䈇ㄟ䉖䈪䈇䈒ข䉍⚵䉂䋨⃻႐ജ䈱ᒝൻ䋩 䋭䋱䋮૕೙ᢛ஻䋨⊒㔚ᚲ⚵❱䈱⷗⋥䈚䋩

䃂䉲䉴䊁䊛䉣䊮䉳䊆䉝㶎䈱㈩⟎

⊒㔚ᚲ䈮䉲䉴䊁䊛䉣䊮䉳䊆䉝䊥䊮䉫䉫䊦䊷䊒䉕⸳⟎

䃂ේሶജ቟ో䉶䊮䉺䊷䈱⸳⟎

ේሶജ቟ో䈮㑐䈚⊒㔚ᚲో૕䉕ୄ⍑䈜䉎ᯏ⢻䉕৻రൻ 䊥䉴䉪ᖱႎ䉕〯䉁䈋䈢⸳஻㕙䊶ㆇ↪㕙䈱ᡷༀ䉕ឭ᩺

䋭䋲䋮ㆇォ䋯଻቞▤ℂㇱ㐷䈱ข䉍⚵䉂 䃂቟ో⸳⸘䈱ᩮ᜚䋨♽⛔ᯏ⢻䈭䈬䋩䉕⛽ᜬ䈜䉎

ข䉍⚵䉂

䃂ㆇォ⁁ᘒ䈱ਛ䈪䉋䉍቟ో䈭⁁ᘒ䉕ㆬᛯ 䋨䊥䉴䉪䊝䊆䉺䈮䉋䉎䊒䊤䊮䊃⁁ᘒ䈱▤ℂ䈭䈬䋩

䋨㶎䋩୘䇱䈱ᯏེ䈣䈔䈪䈲䈭䈒

♽⛔䈫䈚䈩䈱቟ోᯏ⢻

䈱ஜోᕈ䉕⋙ⷞ䊶⹏ଔ䈚䇮 ᡷༀ䈜䉎ᛛⴚ⠪

1

1

ේሶജ㒐ἴ䋨✕ᕆᤨኻᔕ䋩 2

䃂䊥䉴䉪ᖱႎ䈮♖ㅢ䈚䈢✕ᕆᤨⷐຬ䈱Ⴧᒝ䋨 䋭䋱䉇 䋭䋱䈫䉅㑐ㅪ䋩 䂾䊧䊔䊦䋲䋬䋳䌐䌒䌁䋨 䋭䋲ෳᾖ䋩⚿ᨐ䈱ᵴ↪

䃂੐᡿䈱ㅴዷ䈱ᵹ䉏䉇䉪䊥䊐䉣䉾䉳㶎䈱․ቯ䊶ᛠី

䃂㒐ἴ⸠✵䈱లታ

䋨㶎䋩䈅䉎ᄢ䈐䈘એ਄䈱⽶⩄䈏ട䉒䈦䈢 㓙䈮䇮቟ోᯏ⢻䈱ᄙ䈒䉕หᤨ䈮༚ᄬ 䈜䉎⁁ᴫ䋨㪚㫃㫀㪽㪽㩷㪜㪻㪾㪼䋩

1

䃂䋺ᣢ䈮ታᣉᷣ䉂䈪䈅䉍䋬੹ᓟᦝ䈭䉎లታ䉕࿑䉎䉅䈱 䂾䋺੹ᓟᣂ䈢䈮ታᣉ䈜䉎੍ቯ䊶⸘↹䈱䉅䈱

ၮ⋚ᢛ஻䋨ੱ䈫ᛛⴚ䋩

䋭䋱䋮ੱ᧚⢒ᚑ

䃂⥄␠䉫䊦䊷䊒ౝ䈱䌐䌒䌁ᛛⴚ

䋭䋲䋰ᐕ䈎䈔䈩⢒ᚑ䈚䈢䉫䊦䊷䊒ળ␠䋨䋨ᩣ䋩䊁䊒䉮䉲䉴䊁䊛䉵䋩䈱䌐䌒䌁ᛛⴚ 䋭ᣂ䈢䈭䌐䌒䌁ᛛⴚ䉅㓐ᤨข䉍ㄟ䉂

䃂⊒㔚ᚲⷐຬ䈮ኻ䈜䉎ේሶജ቟ో䈮ଥ䉎ᢎ⢒䊒䊨䉫䊤䊛䈱᭴▽

䋭䋲䋮ᛛⴚၮ⋚

䃂ฦ⒳቟ో⹏ଔ䋨ၮ⋚ᢛ஻䋩䈱ታᣉ 㽲⏕⏕₸⺰⊛䊥䉴䉪⹏ଔ䋨䌐䌒䌁䋩

䋺ౝ⊛੐⽎䋨䊤䊮䉻䊛᡿㓚╬䋩䉇ᄖ⊛੐⽎䋨࿾㔡䇮ᵤᵄ╬䋩 䉕ኻ⽎䈫䈚䈢䊥䉴䉪⹏ଔ䋨䊧䊔䊦䋱䋬䋲䋬䋳㶎䋩 䋨㶎䋩䊧䊔䊦䋱䋺Άᢱ៊்䉁䈪䉕⹏ଔ

䊧䊔䊦䋲䋺ᩰ⚊ኈེ䈎䉌䈱᡼኿ᕈ‛⾰᡼಴䉁䈪䉕⹏ଔ 䊧䊔䊦䋳䋺౏ⴐ䊶ⅣႺᓇ㗀䉁䈪䉕⹏ଔ

䋭ᣣᧄේሶജቇળᮡḰ೙ቯ೨䉋䉍

⥄␠䉫䊦䊷䊒䈮䈩ౝ⊛੐⽎䋯ᄖ⊛੐⽎

䋨࿾㔡䇮ᵤᵄ䋩䌐䌒䌁䉕ታᣉ

䋭䋱䋰ᐕᲤ䈮ታᣉ䈚䈩䈐䈢ቯᦼ቟ో䊧䊎䊠䊷 䋨䌐䌓䌒䋩䈪䉅ౝ⊛੐⽎䌐䌒䌁䉕ታᣉ䈚䇮

⥄␠䉫䊦䊷䊒䌐䌒䌁ᛛⴚജะ਄

䋭ᓧ䉌䉏䈢⍮⷗䉕↢䈎䈚䈩ቇળᮡḰ೙ቯ䈮⽸₂ 䋭੹ᓟ䉅⥄␠䉫䊦䊷䊒䌐䌒䌁ᛛⴚജ䉕↢䈎䈚䈩⹏ଔ䉕ታᣉ

㽳቟ో⵨ᐲ⹏ଔ䋨䉴䊃䊧䉴䊁䉴䊃䋩䋺ᄖ⊛੐⽎䈮ኻ䈜䉎㗎ஜᕈ䊶䉪䊥䊐䉣䉾䉳ᕈ䉕⹏ଔ 㽴䊊䉱䊷䊄ಽᨆ䋺㗫ᐲ䈏ਇ⏕ቯ䈪䉅㊀ᄢ䈭ᓇ㗀䉕෸䈿䈜น⢻ᕈ䈱䈅䉎੐⽎䉕ಽᨆ 䃂ᣂ⍮⷗䈱ข䉍ㄟ䉂

䋭࿖ౝᄖᖱႎ䈱ข䉍ㄟ䉂䋨ᣣᧄේሶജቇળ䇮ේሶജ቟ోផㅴදળ䇮☨࿖㔚ജ⎇ⓥᚲ䇮

ේሶജ⊒㔚ㆇォදળ䇮㪙㪮㪩㩷㪦㫎㫅㪼㫉㫊㩷㪞㫉㫆㫌㫇䇮᰷Ꮊ㪙㪮㪩㩷㪚㫃㫌㪹䇮

਎⇇ේሶജ⊒㔚੐ᬺ⠪දળ䇮࿖㓙ේሶജᯏ㑐䇮╬䋩 䋭࿖ౝᄖේሶജ⊒㔚ᚲㆇォ⚻㛎ᖱႎ䈱ಽᨆ

䋭㔚ਛ⎇ ේሶജ䊥䉴䉪⎇ⓥ䉶䊮䉺䊷䈫䈱ㅪ៤

䋱⊒㔚ᚲౝ䈮ⶄᢙ䈱䊒䊤䊮䊃䈏

┙࿾䈜䉎ᓇ㗀䉅⠨ᘦ

3

3

3 3

ේሶജ቟ో䈮ଥ䉎䊥䉴䉪䊙䊈䉳䊜䊮䊃

䊥䉴䉪䉧䊋䊅䊮䉴䈱ᨒ⚵䉂䈱ਅ䈪䈱䊥䉴䉪䊙䊈䉳䊜䊮䊃䈱ታᣉ 䋭䋱䋮ේሶജ䊥䉴䉪▤ℂળ⼏

䃂䊥䉴䉪ᖱႎ䉕〯䉁䈋䇮቟ోኻ╷䇮ㆇ↪䈱ᡷༀ䉕ᗧᕁ᳿ቯ䈚䇮ᬺോ⸘↹䈮⪭䈫䈚ㄟ䉂 䋭䋲䋮଻቟ᆔຬળ䇮଻቟ㆇ༡ᆔຬળ

䃂ේሶജ቟ో䈮ଥ䉎୘೎㊀ⷐ᩺ઙ䉕ክ⼏

4

4 4 3

ᄢ⎕ᢿ㪣㪦㪚㪘 㪠㪪㪣㪦㪚㪘 䉺䊷䊎䊮⵬ᯏ಄ළᶏ

᳓♽᡿㓚

ේሶἹ⵬ᯏ಄ළᶏ

᳓♽㪈♽೉᡿㓚

⋥ᵹ㔚Ḯ㪈♽೉᡿㓚 㕖㓒㔌੐⽎

㕖Ᏹ↪੤ᵹ㔚Ḯ㪈♽

೉᡿㓚

ਛ⎕ᢿ㪣㪦㪚㪘 ᄖㇱ㔚Ḯ༚ᄬ 㪩㪧㪪⺋േ૞╬㪪㪆㪩ᑯ⺋㐿᡼

᳓૏ૐਅ੐⽎

ో⛎᳓༚ᄬ ዊ⎕ᢿ㪣㪦㪚㪘

㓒㔌੐⽎ ㅢᏱ஗ᱛ

䉇䉇 䉇䉇

䉇䉇 䉇䉇

㪌㪆㪉㪍 䋨Ἣ䋩

㪌㪆㪉㪎 䋨᳓䋩

㪌㪆㪉㪏 䋨ᧁ䋩

㪌㪆㪉㪐 䋨㊄䋩

㪌㪆㪊㪇 䋨࿯䋩

㪌㪆㪊㪈 䋨ᣣ䋩

㪍㪆㪈 䋨᦬䋩

ේሶἹ಄ළ᧚ᵺൻ♽䋨䌃䌕䌗䋩䌁♽ὐᬌ ᱷ⇐ᾲ㒰෰♽䋨䌒䌈䌒䋩䌁♽ὐᬌ䇮ᓳ᳓⵬⛎᳓♽ὐᬌ

䉇䉇

䉇䉇 㬍㪈㪇

㬍㪈㪆㪈㪇 ㆇォਛ 䊥䉴䉪

⦡䈱⷗ᣇ

䇼䊥䉴䉪䊝䊆䉺䈮䉋䉎ቯᦼᬌᩏᤨ䈱⁁ᘒ▤ℂ䈱଀䇽

䇼䌐䌒䌁䈱଀䋨ᨰፒಿ⠀䋷ภᯏ ౝ⊛੐⽎ㆇォᤨ䊧䊔䊦䋱䋩䇽 䋭䉝䉪䉲䊂䊮䊃䊙䊈䉳䊜䊮䊃ⷐ⺧䋨ᐔᚑ㪋ᐕ䋩એ೨䈱⁁ᘒ䉕⹏ଔ 䋭ోἹᔃ៊்㗫ᐲ䋨䌃䌄䌆䋩䈲㪊㪅㪊㬍㪈㪇㪄㪍㪲㪆Ἱᐕ㪴

䋨⿠࿃੐⽎೎䈱 䌃䌄䌆䈱ഀว䋩

11

(13)

ᨰፒಿ⠀ේሶജ⊒㔚ᚲ䈮䈍䈔䉎

቟ోኻ╷䈱ข䉍⚵䉂⁁ᴫ䈮䈧䈇䈩

ᐔ ᚑ 㪉 㪍 ᐕ 䋶 ᦬ 㪉 㪍 ᣣ

᧲ ੩ 㔚 ജ ᩣ ᑼ ળ ␠ ᨰ ፒ ಿ ⠀ ේ ሶ ജ ⊒ 㔚 ᚲ

ᐔᚑ㪉㪍ᐕ䋶᦬㪉㪌ᣣ⃻࿷

㸇䋮⠴㔡䊶ኻᵤᵄᯏ⢻䇭䋨ᒝൻ䈘䉏䉎ਥ䈭੐㗄䈱䉂⸥タ䋩 䇭䋱䋮ၮḰᵤᵄ䈮䉋䉍቟ోᕈ䈏៊䈭䉒䉏䈭䈇䈖䈫

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭ၮḰᵤᵄ䈱⹏ଔ 䇭䇭䇭㩷䋨䋲䋩䇭㒐ầႇ䈱⸳⟎

㩷䇭䇭䇭䋨䋳䋩䇭ේሶἹᑪደ䈱᳓ኒᚺൻ ቢੌ ቢੌ

㩷䇭䇭䇭䋨䋴䋩䇭ᵤᵄ⋙ⷞ䉦䊜䊤䈱⸳⟎

䇭䇭䇭㩷䋨䋵䋩䇭⾂⇐ႍ䈱⸳⟎ ቢੌ ቢੌ

䇭䇭䇭㩷䋨䋶䋩䇭㊀ⷐᯏེቶ䈮䈍䈔䉎Ᏹ⸳ឃ᳓䊘䊮䊒䈱⸳⟎ ቢੌ ቢੌ

䇭䋲䋮ᵤᵄ㒐⼔ᣉ⸳╬䈲㜞䈇⠴㔡ᕈ䉕᦭䈜䉎䈖䈫

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭ᵤᵄ㒐⼔ᣉ⸳䋨㒐ầႇ䋩╬䈱⠴㔡ᕈ⏕଻ ቢੌ ቢੌ

䇭䋳䋮ၮḰ࿾㔡േ╷ቯ䈱䈢䉄࿾ਅ᭴ㅧ䉕ਃᰴర⊛䈮ᛠី䈜䉎䈖䈫

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭࿾㔡䈱ំ䉏䈮㑐䈜䉎䋳ᰴర䉲䊚䊠䊧䊷䉲䊢䊮䈮䉋䉎࿾ਅ᭴ㅧ⏕⹺ ቢੌ ቢੌ

䇭䋴䋮቟ో਄㊀ⷐ䈭ᑪ‛╬䈲ᵴᢿጀ䈱㔺㗡䈏䈭䈇࿾⋚䈮⸳⟎

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭ᢝ࿾ౝᢿጀ䈱⚂㪉㪇ਁᐕ೨એ㒠䈱ᵴേ⁁ᴫ⺞ᩏ ቢੌ ቢੌ

㸈䋮㊀ᄢ੐᡿䉕⿠䈖䈘䈭䈇䈢䉄䈮⸳⸘䈪ᜂ଻䈜䈼䈐ᯏ⢻䋨⸳⸘ၮḰ䋩 䇭䇭䋨ᒝൻ䈘䉏䉎ਥ䈭੐㗄䈱䉂⸥タ䋩

䇭䋱䋮Ἣጊ䇮┥Ꮞ䇮ᄖㇱἫἴ╬䈱⥄ὼ⃻⽎䈮䉋䉍቟ోᕈ䈏៊䈭䉒䉏䈭䈇䈖䈫

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭ฦ⒳⥄ὼ⃻⽎䈮ኻ䈜䉎቟ో਄㊀ⷐ䈭ᣉ⸳䈱ᯏ⢻䈱ஜోᕈ⹏ଔ ቢੌ ቢੌ

䇭䋲䋮ౝㇱḷ᳓䈮䉋䉍቟ోᕈ䈏៊䈭䉒䉏䈭䈇䈖䈫

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭ḷ᳓㒐ᱛኻ╷䋨᳓ኒᚺൻ䇮ო⽾ㅢㇱ䈱ᱛ᳓ಣ⟎╬䋩 Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ

ኻᔕ⁁ᴫ ᨰፒಿ⠀ේሶജ⊒㔚ᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈔䉎ⷙ೙ၮḰ䈻䈱ਥ䈭ኻᔕ⁁ᴫ

ቢੌ

Ꮏ੐ਛ䋨ᐔᚑ㪉㪍ᐕ䋷᦬ਅᣨቢੌ੍ቯ䋩

䋶ภᯏ 䋷ภᯏ

ⷙ೙ၮḰ䈱ⷐ᳞ᯏ⢻䈫ᒰᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈇䈩⻠䈛䈩䈇䉎቟ోኻ╷䈱଀

ቢੌ

䋺Ꮏ੐ਛ 䋺ቢੌ

䋺ᬌ⸛ਛ

㪈㩷㪆㩷㪌㩷

12

(14)

ᐔᚑ㪉㪍ᐕ䋶᦬㪉㪌ᣣ⃻࿷

ኻᔕ⁁ᴫ ᨰፒಿ⠀ේሶജ⊒㔚ᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈔䉎ⷙ೙ၮḰ䈻䈱ਥ䈭ኻᔕ⁁ᴫ

䋶ภᯏ 䋷ภᯏ

ⷙ೙ၮḰ䈱ⷐ᳞ᯏ⢻䈫ᒰᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈇䈩⻠䈛䈩䈇䉎቟ోኻ╷䈱଀

䇭䋳䋮ౝㇱἫἴ䈮䉋䉍቟ోᕈ䈏៊䈭䉒䉏䈭䈇䈖䈫

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭⠴Ἣ㓚ო䈱⸳⟎╬ Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ

䇭䋴䋮቟ో਄㊀ⷐ䈭ᯏ⢻䈱ା㗬ᕈ⏕଻

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭㊀ⷐ䈭♽⛔䋨㕖Ᏹ↪Ἱᔃ಄ළ♽╬䋩䈲䇮㈩▤䉅฽䉄䈩♽⛔න૏䈪ᄙ㊀ൻ䉅䈚䈒䈲ᄙ᭽ൻ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ 䇭䋵䋮㔚᳇♽⛔䈱ା㗬ᕈ⏕଻

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭⊒㔚ᚲᄖㇱ䈱㔚Ḯ♽⛔ᄙ㊀ൻ䋨䋳䊦䊷䊃䋵࿁✢䋩 ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ

䇭䇭䇭㩷䋨䋲䋩䇭㕖Ᏹ↪䊂䉞䊷䉷䊦⊒㔚ᯏ㩿㪛㪆㪞㪀Άᢱ䉺䊮䉪䈱⠴㔡ᕈ䈱⏕⹺ ቢੌ ቢੌ

㸉䋮㊀ᄢ੐᡿╬䈮ኻಣ䈜䉎䈢䉄䈮ᔅⷐ䈭ᯏ⢻

䇭䋱䋮ේሶἹ஗ᱛ

䇭䇭䇭㩷䋨䋱䋩䇭ઍᦧ೙ᓮ᫔ᝌ౉ᯏ⢻ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ

䇭䇭㩷䇭䋨䋲䋩䇭ઍᦧ಄ළ᧚ౣᓴⅣ䊘䊮䊒䊶䊃䊥䉾䊒ᯏ⢻ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ

䇭䇭㩷䇭䋨䋳䋩䇭䈾䈉㉄᳓ᵈ౉♽䈱⸳⟎ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ

䇭䋲䋮ේሶἹ಄ළ᧚࿶ജ䊋䉡䊮䉻䊥䈱ᷫ࿶

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭⥄േᷫ࿶ᯏ⢻䈱ㅊട ቢੌ ቢੌ

㩷䇭䇭䇭䋨䋲䋩䇭੍஻䊗䊮䊔䊶䊋䉾䊁䊥䊷䈱㈩஻ ቢੌ ቢੌ

䇭䋳䋮ේሶἹ࿶ജૐ࿶ᤨ䈱ේሶἹᵈ᳓

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭ᓳ᳓⵬⛎᳓♽䈮䉋䉎ઍᦧේሶἹᵈ᳓ᚻᲑ䈱ᢛ஻ ቢੌ ቢੌ

䇭㩷䇭䇭䋨䋲䋩䇭ේሶἹᑪደᄖㇱ䈮䈍䈔䉎ធ⛯ญ⸳⟎䈮䉋䉎ේሶἹᵈ᳓ᚻᲑ䈱ᢛ஻ Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ

䋨ᐔᚑ䋲䋶ᐕ䋷᦬ਅᣨቢੌ੍ቯ䋩

㩷䇭䇭䇭䋨䋳䋩䇭ᶖ㒐ゞ䈱㜞บ㈩஻ ቢੌ

䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭㶎䋱䇭⑔ፉේሶജ੐᡿એ೨䉋䉍⸳⟎䈚䈩䈇䉎⸳஻

㪉㩷㪆㩷㪌㩷

ᐔᚑ㪉㪍ᐕ䋶᦬㪉㪌ᣣ⃻࿷

ኻᔕ⁁ᴫ ᨰፒಿ⠀ේሶജ⊒㔚ᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈔䉎ⷙ೙ၮḰ䈻䈱ਥ䈭ኻᔕ⁁ᴫ

䋶ภᯏ 䋷ภᯏ

ⷙ೙ၮḰ䈱ⷐ᳞ᯏ⢻䈫ᒰᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈇䈩⻠䈛䈩䈇䉎቟ోኻ╷䈱଀

䇭䋴䋮㊀ᄢ੐᡿㒐ᱛኻ╷䈱䈢䉄䈱ᦨ⚳䊍䊷䊃䉲䊮䉪⏕଻

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭ઍᦧ᳓ਛ䊘䊮䊒䈍䉋䈶ઍᦧᶏ᳓ᾲ੤឵ེ⸳஻䈱㈩஻ ቢੌ ቢੌ

䇭䇭㩷䇭䋨䋲䋩䇭⠴࿶ᒝൻ䊔䊮䊃䈮䉋䉎ᄢ᳇䈻䈱㒰ᾲᚻᲑ䉕ᢛ஻ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ 䇭䋵䋮ᩰ⚊ኈེౝ㔓࿐᳇䈱಄ළ䊶ᷫ࿶䊶᡼኿ᕈ‛⾰ૐᷫ

䇭䇭㩷䇭䋨䋱䋩䇭ᓳ᳓⵬⛎᳓♽䈮䉋䉎ᩰ⚊ኈེ䉴䊒䊧䉟ᚻᲑ䈱ᢛ஻ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ 䇭䋶䋮ᩰ⚊ኈེ䈱ㆊ࿶⎕៊㒐ᱛ

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭䊐䉞䊦䉺䊔䊮䊃⸳஻䈱⸳⟎ Ꮏ੐ਛ ᕈ⢻⹜㛎⚳ੌ㶎䋲

䇭䋷䋮ᩰ⚊ኈེਅㇱ䈮⪭ਅ䈚䈢ṁⲢἹᔃ䈱಄ළ䋨䊕䊂䉴䉺䊦ᵈ᳓䋩

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭ᓳ᳓⵬⛎᳓♽䈮䉋䉎䊕䊂䉴䉺䊦䋨ᩰ⚊ኈེਅㇱ䋩ᵈ᳓ᚻᲑ䈱ᢛ஻ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ 䇭㩷䇭䇭䋨䋲䋩䇭ේሶἹᑪደᄖㇱ䈮䈍䈔䉎ធ⛯ญ⸳⟎䈮䉋䉎䊕䊂䉴䉺䊦䋨ᩰ⚊ኈེਅㇱ䋩ᵈ᳓ᚻᲑ䈱ᢛ஻ Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ

䋨ᐔᚑ䋲䋶ᐕ䋷᦬ਅᣨቢੌ੍ቯ䋩

䇭䋸䋮ᩰ⚊ኈེౝ䈱᳓⚛῜⊒㒐ᱛ

䇭䇭㩷䇭䋨䋱䋩䇭ේሶἹᩰ⚊ኈེ䈻䈱⓸⚛ኽ౉㩿ਇᵴᕈൻ㪀 ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ 䇭䋹䋮ේሶἹᑪደ╬䈱᳓⚛῜⊒㒐ᱛ

䇭䇭㩷䇭䋨䋱䋩䇭ේሶἹᑪደ᳓⚛ಣℂ⸳஻䈱⸳⟎ ቢੌ ቢੌ

䇭㩷䇭䇭䋨䋲䋩䇭ᩰ⚊ኈེ㗂ㇱ᳓ᒛ䉍⸳஻䈱⸳⟎ ቢੌ ቢੌ

䇭㩷䇭䇭䋨䋳䋩䇭ේሶἹᑪደ᳓⚛ᬌ⍮ེ䈱⸳⟎ ቢੌ ቢੌ

䇭㩷䇭䇭䋨䋴䋩䇭ේሶἹᑪደ䊃䉾䊒䊔䊮䊃⸳஻䈱⸳⟎ ቢੌ ቢੌ

䇭㪈㪇䋮૶↪ᷣΆᢱ䊒䊷䊦䈱಄ළ䇮ㆤ䈻䈇䇮ᧂ⥃⇇⏕଻

䇭䇭㩷䇭䋨䋱䋩䇭ᓳ᳓⵬⛎᳓♽䈮䉋䉎ઍᦧ૶↪ᷣΆᢱ䊒䊷䊦ᵈ᳓ᚻᲑ䈱ᢛ஻ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ ᣢሽ⸳஻㶎䋱䈮䈩ኻᔕ 䇭㩷䇭䇭䋨䋲䋩䇭૶↪ᷣΆᢱ䊒䊷䊦䈮ኻ䈜䉎ᄖㇱ䈮䈍䈔䉎ធ⛯ญ䈍䉋䈶䉴䊒䊧䉟⸳஻䈱⸳⟎ Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ 䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭㶎䋱䇭⑔ፉේሶജ੐᡿એ೨䉋䉍⸳⟎䈚䈩䈇䉎⸳஻

䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭䇭㶎䋲䇭๟ㄝᎿ੐䈲⛮⛯ታᣉ

㪊㩷㪆㩷㪌㩷

13

(15)

ᐔᚑ㪉㪍ᐕ䋶᦬㪉㪌ᣣ⃻࿷

ኻᔕ⁁ᴫ ᨰፒಿ⠀ේሶജ⊒㔚ᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈔䉎ⷙ೙ၮḰ䈻䈱ਥ䈭ኻᔕ⁁ᴫ

䋶ภᯏ 䋷ภᯏ

ⷙ೙ၮḰ䈱ⷐ᳞ᯏ⢻䈫ᒰᚲ䋶䇮䋷ภᯏ䈮䈍䈇䈩⻠䈛䈩䈇䉎቟ోኻ╷䈱଀

䇭㪈㪈䋮᳓Ḯ䈱⏕଻

㩷䇭䇭䇭䋨䋱䋩䇭⾂᳓ᳰ䈱⸳⟎䋨᷆᳓䉺䊮䉪䊶㒐Ἣ᳓ᮏ䈻䈱ㅍ᳓㈩▤฽䉃䋩 ቢੌ ቢੌ

䇭㩷䇭䇭䋨䋲䋩䇭ᄢḊ஥⚐᳓䉺䊮䉪䈱⠴㔡ᒝൻ

䇭㩷䇭䇭䋨䋳䋩䇭㊀ᄢ੐᡿ᤨ䈱ᶏ᳓೑↪㩿ᵈ᳓╬㪀ᚻᲑ䈱ᢛ஻ ቢੌ ቢੌ

䇭㪈㪉䋮㔚᳇ଏ⛎

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭ⓨ಄ᑼ䉧䉴䉺䊷䊎䊮ゞ䊶㔚Ḯゞ䈱㈩஻

䇭㩷䇭䇭䋨䋲䋩䇭✕ᕆ↪㔚Ḯ⋚䈱⸳⟎

䇭㩷䇭䇭䋨䋳䋩䇭✕ᕆ↪㔚Ḯ⋚䈎䉌ේሶἹᑪደ䈻䈱Ᏹ⸳䉬䊷䊑䊦䈱Ꮣ⸳ ቢੌ ቢੌ

䇭㩷䇭䇭䋨䋴䋩䇭ઍᦧ⋥ᵹ㔚Ḯ䋨䊋䉾䊁䊥䊷╬䋩䈱㈩஻ Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ

䇭㪈㪊䋮ਛᄩ೙ᓮቶ䈱ⅣႺᡷༀ

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭䉲䊎䉝䉝䉪䉲䊂䊮䊃ᤨ䈱ㆇォຬⵍ䈳䈒✢㊂ૐᷫኻ╷䋨ਛᄩ೙ᓮቶ๟࿐䈱ㆤ䈻䈇╬䋩 䇭㪈㪋䋮✕ᕆᤨኻ╷ᚲ

䇭䇭㩷䇭䋨䋱䋩䇭఺㔡㊀ⷐ᫟䈱⸳⟎

䇭㩷䇭䇭䋨䋲䋩䇭䉲䊎䉝䉝䉪䉲䊂䊮䊃ᤨ䈱ᚲຬⵍ䈳䈒✢㊂ૐᷫኻ╷䋨✕ᕆᤨኻ╷ᚲ๟࿐䈱ㆤ䈻䈇╬䋩 䇭㪈㪌䋮䊝䊆䉺䊥䊮䉫

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭Ᏹ⸳䊝䊆䉺䊥䊮䉫䊘䉴䊃ኾ↪㔚Ḯ䈱⸳⟎

䇭䇭㩷䇭䋨䋲䋩䇭䊝䊆䉺䊥䊮䉫䉦䊷䈱㈩஻

䇭㪈㪍䋮ㅢାㅪ⛊

䇭䇭㩷䇭䋨䋱䋩䇭ㅢା⸳஻䈱Ⴧᒝ䋨ⴡᤊ㔚⹤䈱⸳⟎╬䋩 䇭㪈㪎䋮ᢝ࿾ᄖ䈻䈱᡼኿ᕈ‛⾰䈱᜛ᢔᛥ೙

䇭㩷䇭䇭䋨䋱䋩䇭ේሶἹᑪደᄖㇱ䈎䉌䈱ᵈ᳓⸳஻䋨㜞ᚲ᡼᳓ゞ䈍䉋䈶䉮䊮䉪䊥䊷䊃䊘䊮䊒ゞ䋩䈱㈩஻

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

Ꮏ੐ਛ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

㪋㩷㪆㩷㪌㩷

㗄⋡ 㧝ภᯏ 㧞ภᯏ 㧟ภᯏ 㧠ภᯏ 㧡ภᯏ 㧢ภᯏ 㧣ภᯏ

Σ㧚㒐ầႇ㧔ႇ㒐㧕ߩ⸳⟎

Τ㧚ᑪደ╬߳ߩᶐ᳓㒐ᱛ 㧔㧝㧕㒐ầოߩ⸳⟎㧔㒐ầ᧼฽߻㧕 㧔㧞㧕ේሶἹᑪደ╬ߩ᳓ኒᚺൻ 㧔㧟㧕ᾲ੤឵ེᑪደߩᶐ᳓㒐ᱛኻ╷

㧔㧠㧕㐿㐽ᚲ㒐ầოߩ⸳⟎̪㧟

㧔㧡㧕ᶐ᳓㒐ᱛኻ╷ߩା㗬ᕈะ਄㧔ౝㇱḷ᳓ኻ╷╬㧕 Υ㧚㒰ᾲ࡮಄ළᯏ⢻ߩᦝߥࠆᒝൻ╬

㧔㧝㧕᳓Ḯߩ⸳⟎

㧔㧞㧕⾂⇐ႍߩ⸳⟎

㧔㧟㧕ⓨ಄ᑼࠟࠬ࠲࡯ࡆࡦ⊒㔚ᯏゞ╬ߩㅊട㈩஻

㧔㧠㧕㧙㧝✕ᕆ↪ߩ㜞࿶㈩㔚⋚ߩ⸳⟎

㧔㧠㧕㧙㧞ේሶἹᑪደ߳ߩᏱ⸳ࠤ࡯ࡉ࡞ߩᏓ⸳

㧔㧡㧕ઍᦧ᳓ਛࡐࡦࡊ߅ࠃ߮ઍᦧᶏ᳓ᾲ੤឵ེ⸳஻ߩ㈩஻

㧔㧢㧕㜞࿶ઍᦧᵈ᳓♽ߩ⸳⟎̪㧟 㧔㧣㧕ࡈࠖ࡞࠲ࡌࡦ࠻⸳஻ߩ⸳⟎

㧔㧤㧕ේሶἹᑪደ࠻࠶ࡊࡌࡦ࠻⸳஻ߩ⸳⟎

㧔㧕ⅣႺࡕ࠾࠲࡝ࡦࠣ⸳஻╬ߩჇᒝ ޓޓޓ࡮ࡕ࠾࠲࡝ࡦࠣࠞ࡯ߩჇ⸳

㧔㧕㜞บ߳ߩ✕ᕆᤨ↪⾗ᯏ᧚ୖᐶߩ⸳⟎̪㧟 㧔㧕ᄢḊ஥⚐᳓࠲ࡦࠢߩ⠴㔡ᒝൻ 㧔㧕ࠦࡦࠢ࡝࡯࠻ࡐࡦࡊゞ╬ߩ㈩஻

㧔㧕ࠕࠢ࠮ࠬ㆏〝ߩ⵬ᒝ 㧔㧕఺㔡㊀ⷐ᫟ߩⅣႺᡷༀ

㧔㧕ㅍ㔚㋕Ⴁၮ␆ߩ⵬ᒝ̪㧟࡮㐿㐽ᚲ⸳஻╬ߩ⠴㔡ᒝൻᎿ੐̪㧟

㧔㧕ᵤᵄ⋙ⷞࠞࡔ࡜ߩ⸳⟎ Ꮏ੐ਛ

ቢੌ

Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ ᬌ⸛ਛ

Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ ᕈ⢻⹜㛎⚳ੌ̪㧞

Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ Ꮏ੐ਛ

ቢੌ

Ꮏ੐ਛ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ

Ꮏ੐ਛ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ

ቢੌ

ቢੌ

Ꮏ੐ਛ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ ቢੌ ቢੌ ቢੌ

ᬌ⸛ਛ

ቢੌ

ቢੌ ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ

ቢੌ

ቢੌ ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ ቢੌ ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ ቢੌ ቢੌ

ᬌ⸛ਛ ቢੌ

ቢੌ

ᬌ⸛ਛ

Ꮏ੐ਛ ቢੌ

ቢੌ

ᬌ⸛ਛ

ቢੌ

ቢੌ ቢੌ ቢੌ ቢੌ ቢੌ

Ꮏ੐ਛ ቢੌ

ᨰፒಿ⠀ේሶജ⊒㔚ᚲߦ߅ߌࠆ቟ోኻ╷ߩታᣉ⁁ᴫ

ቢੌ ቢੌ

ቢੌ ᶏᛮ㨙એਅߦ㐿ญㇱߥߒ

ቢੌ ቢੌ ቢੌ

ᐔᚑᐕ㧢᦬ᣣ⃻࿷

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ቢੌ

ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ ቢੌ ቢੌ

㧔㧕ᩰ⚊ኈེ㗂ㇱ᳓ᒛࠅ⸳஻ߩ⸳⟎ ቢੌ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ

ቢੌ

㧔㧥㧕ේሶἹᑪደ᳓⚛ಣℂ⸳஻ߩ⸳⟎ ቢੌ ᬌ⸛ਛ ᬌ⸛ਛ

̪㧞ޓ๟ㄝᎿ੐ߪ⛮⛯ታᣉ

̪㧟ޓᒰ␠ߦ߅޿ߡ⥄ਥ⊛ߥข⚵ߣߒߡታᣉߒߡ޿ࠆኻ╷

੹ᓟ߽ޔࠃࠅ৻ጀߩା㗬ᕈะ਄ߩߚ߼ߩ቟ోኻ╷ࠍታᣉߒߡ߹޿ࠅ߹ߔޕ

ቢੌ

ቢੌ

㩷㪌㩷㪆㩷㪌㩷

14

(16)

(お知らせ)

当所におけるタービン駆動原子炉給水ポンプの タービン動翼取付部の点検について(続報)

平 成 2 6 年 6 月 2 7 日 東 京 電 力 株 式 会 社 柏崎刈羽原子力発電所

他社の原子力発電所におけるタービン駆動原子炉給水ポンプ*1のタービン動翼取 付部にひびが確認された事例を踏まえ、当所においてタービン駆動原子炉給水ポンプ のタービンの健全性を確認するため、自主的な点検を実施することとしており、全号 機を対象に順次点検(超音波探傷検査*2)を進めております。

(平成26年4月24日お知らせ済み)

6号機については、6月2日から6月26日まで動翼取付部の点検を実施し、異常が ないことを確認しましたのでお知らせいたします。

今後、他号機においても、順次点検を行ってまいります。

以 上

*1 タービン駆動原子炉給水ポンプ

プラントの通常運転状態において、原子炉へ給水するための蒸気タービン駆動のポン プで、各号機2台設置されている。

*2 超音波探傷検査

材料の欠陥を検出するための非破壊検査の一つで、検査対象物に超音波を入射し、そ の反射波を利用してひびの判定やひびの深さを測定する検査。

15

(17)

廃炉・汚染水対策の概要

廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議2014年6月27日

1/8

使用済燃料プール からの燃料取り出し

燃料デブリ

(溶融燃料)取り出し

原子炉施設の解体等

「廃炉」の主な作業項目と作業ステップ

保管/搬出 燃料取り出し

燃料取り出し 設備の設置 瓦礫撤去、

除染

「汚染水対策」の3つの基本方針と主な作業項目

保管/搬出 燃料デブリ

止水、水張り 取り出し 除染、

漏えい箇所調査

設備の設計 解体等

・製作 シナリオ

・技術の検討

1、2号機 3号機 4号機

1〜3号機

方針1.汚染源を取り除く

〜事故で溶けた燃料を冷やした水と地下水が混ざり、1日約400トンの汚染水が発生しており、下記の3つの基本方針に基づき対策を進めています〜

方針2.汚染源に水を近づけない

方針3.汚染水を漏らさない

①多核種除去設備よる汚染水浄化

②トレンチ(注2)内の汚染水除去

③地下水バイパスによる地下水汲み上げ

④建屋近傍の井戸での地下水汲み上げ

⑤凍土方式の陸側遮水壁の設置

⑥雨水の土壌浸透を抑える敷地舗装

⑦水ガラスによる地盤改良

⑧海側遮水壁の設置

⑨タンクの増設(溶接型へのリプレイス等)

多核種除去設備(

ALPS

タンク内の汚染水から放射性物質を除去しリスクを低 減させます。

汚染水に含まれる62核種を告示濃度限度以下まで低 減することを目標としています(トリチウムは除去で きない)。

さらに、東京電力による多核種除去設備の増設、国の 補助事業としての高性能多核種除去設備の設置に取り 組んでいます。

(放射性物質を吸着する 設備の設置状況)

凍土方式の陸側遮水壁

建屋を凍土壁で囲み、建屋への地下水流入を 抑制します。

昨年8月から現場にて試験を実施しており、

本年6月に着工しました。今年度中に遮水壁 の造成に向けた凍結開始を目指します。

(延長:約1,500m、凍土量:約7万m3) 凍結プラント

凍土遮水壁

海側遮水壁

1〜4号機海側に遮水壁を設置し、汚染された地下水の 海洋流出を防ぎます。

遮水壁を構成する鋼管矢板の打設は一部を除き完了(9 8%完了)。本年9月からの運用開始を目指しています。

(設置状況)

使用済燃料プールからの燃料取り出し

平成25年11月18日より4号機使用済燃料 プールからの燃料取り出しを開始しました。

4号機は、平成26年末頃の燃料取り出し完了 を目指し作業を進めています。

(燃料取り出し状況)

1166 /1533

移送済み燃料(体)

76%取り出し完了(6/26時点)

(注1)事故により溶け落ちた燃料。

〜4号機使用済燃料プールからの燃料取り出しを推進すると共に、1〜3号機の燃料取り出し、燃料デブリ(注1)取り出しの開始に向け順次作業を進めています〜

(注2)配管などが入った地下トンネル。

(18)

建屋カバー 使用済燃料 プール(SFP)

原子炉 格納容器

(PCV) 原子炉 圧力容器

(RPV) 燃料 デブリ

圧力抑制室 (S/C)

注水

ベント管 トーラス

原子炉建屋(R/B)

注水

ブローアウトパネル

(閉止完了)

注水

構台

安全第一 福島第一安全第一福島第一安全 第一 福島第一

安全第一 福島第一安全第一 福島第一安全第一 福島第一

取り組みの状況

◆1〜3号機の原子炉・格納容器の温度は、この1か月、約20℃〜約40℃※1で推移しています。

また、原子炉建屋からの放射性物質の放出量等については有意な変動がなく※2、総合的に冷温停止状態を維持していると判断しています。

※1 号機や温度計の位置により多少異なります。

※2 原子炉建屋から放出されている放射性物質による、敷地境界での被ばく線量は最大で年間0.03ミリシーベルトと評価しています。これは、自然放射線による被ばく線量(日本平均:年間約2.1ミリシーベルト)の約70分の1です。

2号機 3号機 4号機

クローラクレーン

燃料取り出し用カバー

1号機

1166 /1533

移送済み燃料(体)

76%取り出し完了(6/26時点)

2/8

東京電力(株)福島第一原子力発電所1〜4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ進捗状況(概要版)

建屋内への地下水流入量を減らし汚染水の増加を抑えるため、

建屋山側でくみ上げた地下水を5/21から順次排水し、地下水 の水位を徐々に下げています。

厳しい運用目標(トリチウムでは、法令告示濃度6万ベクレル

/リットルに対して1500ベクレル/リットル)を定め、くみ 上げた地下水がこの運用目標未満であることを、毎回確認した 上で排水しています。12本の井戸のうち1本でトリチウム濃 度の上昇が見られますが、事前に決められた方法に従い、この 井戸の分析頻度を増やして監視を強化し、排水時の水質は運用 目標を十分に下回ることを確認しています。

海水中の放射能濃度も継続してモニタリングしており、これま でと変化はありません。

地下水バイパスの状況

6/9に第3回会合(福島市)

を開催し、これまでのご意 見を踏まえ、福島第一原子 力発電所の情報提供の取り 組みを紹介しました。また、

更なる情報提供の改善に向 けた貴重なご意見をいただ きました。

廃炉・汚染水対策 福島評議会の開催

汚染土壌の舞い上がりによる汚染の拡散 を防止するため、6/30より海底土被覆 工事を開始し、2014年度中に港湾内全 域の海底土を被覆します。

<港湾内海底土 追加被覆範囲>

4 号 機 及 び 共 用 プ ー ル の 天 井 ク レーンの年次点検のため、7/1か ら9月上旬にかけて燃料取り出し作 業を中断します。

この点検は予定された点検であり、

2014年内の取り出し完了予定に変 更はありません(現在約7割の取 り出し完了)。

4号機使用済燃料プール 天井クレーンの点検実施

監視計器の信頼性向上を目的とし て、6/5〜6にかけて2号機の格 納容器内に温度計・水位計を追設 しました。

設置の際に、格納容器内の水位を 測定し底部より約300mmの高さ まで水があることを確認しました。

追設した計器の傾向を1ヶ月程度 監視し、妥当性を評価します。

2号機格納容器内 温度計・水位計の追設

港湾内全域の被覆工事を開始

A系、C系はフィルタ劣化を早期に 検知し、系統内の汚染を拡大する ことなく停止していましたが、B系 と同様にフィルタを改良品に交換 し、A系は6/9、C系は6/22に処 理を再開しました(全系統で処理 再開)。

引き続き、2014年度内にタンクに 貯留する汚染水の処理完了を目指 していきます。

多核種除去設備(ALPS)

3系統運転を再開

一部が完成することか ら、福島第二原子力発 電所構内で執務してい る東京電力の水処理関 連部門など、約400名 の要員が7月中に移転 予定です。

<暫定事務棟 外観>

現場と情報共有を密にし、迅速な対応を可能と するため、福島第一原子力発電所敷地内に、暫 定事務棟を建設しています。

より現場に近い

暫定事務棟へ執務場所を移転

2014年度内の 凍結開始を目指 し、1号機北西 エリアにおいて、

6/2より凍結管 設置のための掘 削工事を開始し ました。

<陸側遮水壁 凍結管設置工事状況>

ボーリングマシン

(掘削用重機)

凍土方式の陸側遮水壁設置に 向け本格施工開始

建屋への地下水の流入を防ぐため、凍土壁で建屋 を囲む陸側遮水壁を構築します。

1号機からの燃料取り出しに向け、

原子炉建屋上部のガレキ撤去が必要 です。

ガレキ撤去に向け、7月初旬より建 屋カバーの解体に着手する予定です。

なお、建屋カバーの解体及びガレキ 撤去の際には、放射性物質の飛散抑 制対策を十分に行うとともに、放射 性物質濃度のモニタリングを行いな がら、着実に進めます。

1号機原子炉建屋カバー

7月初旬より解体着手

(19)

主な取り組み 構内配置図

3/8

提供:日本スペースイメージング(株)、(C)DigitalGlobe

1 号 2

6 号

号 5

廃炉・汚染水対策 福島評議会の開催

(※福島市)

3 号 4 号

凍土方式による

陸側遮水壁

凍土方式の陸側遮水壁 設置に向け本格施工開始

敷地境界

2号機格納容器内 温度計・水位計の追設

排水口

No.12 No.1

地下水バイパス 一時貯留タンク 地下水バイパス揚水井

4号機使用済燃料プール 天井クレーンの点検実施

地下水バイパスの状況

多核種除去設備(ALPS)の

3系統運転を再開

多核種

除去設備

暫定事務棟

より現場に近い 暫定事務棟へ 執務場所を移転 港湾内全域の被覆工事を開始

1号機原子炉建屋カバー7

月初旬より解体着手

Updating...

参照

関連した話題 :