• 検索結果がありません。

図 2 モンゴロイドとコーカソイドの顔面構造の違い 2 原人から新人まで 東西においては共通して明瞭な違いがあ る モンゴロイドでは側頭筋の付着する側頭窩の面積は広く 頬骨の張り出しも大きく 側頭筋はより強大である 咬筋の付 着する下顎角部は L 字型を呈し 頬骨弓はより大きく発達して 前方に位置し

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "図 2 モンゴロイドとコーカソイドの顔面構造の違い 2 原人から新人まで 東西においては共通して明瞭な違いがあ る モンゴロイドでは側頭筋の付着する側頭窩の面積は広く 頬骨の張り出しも大きく 側頭筋はより強大である 咬筋の付 着する下顎角部は L 字型を呈し 頬骨弓はより大きく発達して 前方に位置し"

Copied!
6
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

はじめに

 我々、現生人類(ホモ・サピエンス)はアフ リカ起源である。発掘した人骨による考古学 や、世界各地に住む人達のDNAの多形分析な どの人類遺伝学からも、現生人類がアフリカで 誕生した単一種で、それが大きくは 3 回に分 けてアフリカを出て世界各地に移動したであろ う、という拡散の方向性が確認されている1) (図 1 )。  また一方では、ヨーロッパとアジアに住んだ 人達の間には、原人から現代型新人に至るま で、生活地域間には共通した特徴的な差異が認 められている2)。それは元が同じホモ・サピエ ンスであるのに、生活した地域が違うことで、 長い年月を経ながら、その環境に適応するため に人の機能が変化し、その結果として特徴的な 解剖学的形質が形成されてきた、と考えられる からである。我々日本人の有するモンゴロイド としての特徴ある形態は、生活してきたアジア という地域における様々な課題に対応するため の機能によって形づくられてきた訳である3)

モンゴロイドである

日本人の頭蓋形態の特徴

 古くから牧畜・農耕をして肉や酪農製品とい う軟らかい物を食べてきたコーカソイドとは異 なり、モンゴロイドの住んでいたスンダランド においては、木の実や雑穀などが豊富に採れ た。そこで硬い堅果などを食べてきたモンゴロ イドには、強力な咀嚼器官の発達が必要であっ たのである。モンゴロイドはコーカソイドに比 して咀嚼器官がより発達し、咀嚼筋は大きかっ たことが骨格の形態から読み取ることができ る。咬筋と歯列弓の位置関係は、筋力がより効 率的に発現するような解剖学的形態となってお

清水 正裕

清水歯科医院(千葉県船橋市)

日本人へのオーソトロピクス

〜モンゴロイドとコーカソイドの違いについて〜

モンゴロイド  短頭型  シャベル状歯 グラインディング咀嚼パターン 外側翼突筋  歯列弓の拡大  モンゴロイドである日本人に歯科的治療をす る際には、咀嚼機能からのアプローチが必要で ある、と考えている。  何故ならば、モンゴロイドとしての特徴的な 形態が作り上げられたのは、生活環境に適応す るために進化した、機能によるところが大きい からである。中でも咀嚼機能の果たす役割は重 要で、健康な日本人として成育するためには、グ ラインディング咀嚼の獲得が必要であると考え ている。 図 1  現生人類の移動 私達の祖先は10万年程前頃から出アフリカを繰り返して、ス ンダランドのあったアジアや世界各地へと拡散した。 (中橋孝博「世界へ広がる現生人類」より引用)

講演抄録

3

(2)

り、咀嚼力を強く発揮するような構造である (図 2 )。  モンゴロイドの頭蓋が短頭型であることも咀 嚼機能との関係が深いと考えられる。図 3 は 頭蓋の模型を写真撮影し、長頭型、短頭型の頭 蓋上面観4)のシェーマに外形が合うように引き 伸ばし加工して重ね合わせたものである。短頭 型では歯列弓に近接したところに咀嚼筋が付着 し、筋力の発現効率が良好で、長頭型よりもしっ かり咀嚼できる形状であることが理解できる。  頭蓋の個々の骨はある程度このように形態変 化し、回転が生じている。特にモンゴロイドで は側頭骨が外転し、関節窩が前方に移動するた めにⅢ級が多いと考えられる。

日本人を構成する縄文系と弥生系

 そうしたヒトのグループ間における構造的な 違いは、我々日本人の間でも存在する。それは 日本人が、大きく 2 つの異なったタイプのモ ンゴロイドによって構成されているからであ る。 2 ~ 3 万年ほど前より、古来の日本人を 構成していた縄文人である南方モンゴロイド と、 2 ~ 3 千年前より日本に到来した渡来系 弥生人である北方モンゴロイドである。  北方モンゴロイドは図 4 に示されるように、 シベリア、バイカル湖周辺といった極寒の乾燥 した地域での生活に適応した民族であり、「ベ ルクマンの法則」「アレンの法則」にのっとり寒 冷地適応の様々な特徴を示している(図 5 )。 図 2  モンゴロイドとコーカソイドの顔面構造の違い2 ) 原人から新人まで、東西においては共通して明瞭な違いがあ る。モンゴロイドでは側頭筋の付着する側頭窩の面積は広く、 頬骨の張り出しも大きく、側頭筋はより強大である。咬筋の付 着する下顎角部はL字型を呈し、頬骨弓はより大きく発達して 前方に位置して突出した形態となっている。筋肉が総体的に 歯列弓に近い位置に付着し、効果的に咀嚼力が作用するような 構造となっている。(図改変) 図 3  頭蓋の型により、個々の骨は形態変化したり 回転・屈曲などが生じている。 モンゴロイドは方円型の歯列弓であるため、コーカソイドより も歯列弓が狭窄した時には歯列から歯がはみ出しやすく、受け るダメージは大きい。拡大するにしても頬骨弓が前方に位置す るため、頬骨弓から受ける抵抗が大きく拡大しにくい。 図 4  縄文人と渡来系弥生人2 ) 日本には時期を違えて、南方モンゴロイドと北方モンゴロイド が流入した。(図改変) 図 5  縄文人と渡来系弥生人 渡来系弥生人の寒冷地適応した体系は、胴長短足で皮下脂肪が つきやすく、凍傷を避けるため突出物の少ない扁平な顔立ちで ある。眼球を守るために瞼には皮下脂肪がつき一重である。寒 冷で乾燥した冷気をそのまま体内に取り込むと肺は炎症を起こ してしまう。そこで外気を温めて取り込むために上顎洞が発達 した結果、その分だけ面長の顔立ちとなっている。(図改変)

(3)

咀嚼機能と顔形

 現代の日本人は、縄文人そして渡来系弥生人 の混血であり、それらの特徴が複雑な割合で ミックスしながら表現された顔立ちで成り立っ ている。  ところで咀嚼機能の影響であるが、顔面頭蓋 の部位によっては短期間で生じる。咀嚼機能が 退化すると咀嚼筋のつく頬骨と下顎骨が発達し ないため、頬骨は小さくなると同時に後退す る。生命を維持するために必要とされる目や鼻 といった器官の変化は少ないので、日本人は今 後100年程度の期間で図 6 のような未来人の 顔になることが予測されている5)。これは遺伝 的要因ではなく環境的要因に基づく変化であ り、咀嚼機能の影響は比較的短期間に生じるこ とになる。

モンゴロイドの歯・歯列・咬合について

 一方で歯の大きさや形は、遺伝的に決定され ているので短期間で変化することはない。凍り ついた固い冷凍肉を食べたり、動物の皮を歯で 鞣したりするために、前歯の歯牙のサイズは大 きく辺縁隆線の発達した深いシャベル形切歯な どといった特徴がある(図 7 )。  そのため前歯部の歯を配列した後に、シャベ ル状の前歯は捻転が生じやすいという問題があ る(図 8 )。上顎切歯舌側面の凹凸は上下顎切 歯部の整列状態に微妙な影響を与え、上下顎前 歯にウイングを起こしやすい。特に弥生人タイ プの人はシャベル状の程度が強く、この問題が 生じやすい。  その対応策として、モンゴロイドでは前歯部 の被蓋を浅くして、切縁付近の平坦な部分で上 下前歯を咬合させ、切端咬合に近い形での仕上 げが有効である。切端咬合は縄文人やアボリジ ニーに見られる咬み合わせの状態であるが、成 長する過程で顎関節と調和しながら確立される 咬合であることが望ましい。それを短絡的に現 代人に導入すべきではないが、「咬耗咬合」に 類似する被蓋関係を再検討する余地があると考 えている。

グラインディング咀嚼

 ところで我々モンゴロイドの歯列弓形態は コーカソイドと異なる7)。チョッパータイプの 図 6  日本人 100 年後の未来人の顔5 ) 咀嚼機能が退化すると咀嚼筋のつく頬骨と下顎骨が発達しない ため、頬骨は小さくなると同時に後退し顔貌は変化する。遺伝 的に決定された歯の大きさや形は短期間で変化せず、歯並びは ガタガタになることが想定される。クラウディングの問題が生 じても、新人類は矯正治療で対処してしまうので、遺伝子的に は不都合を認識されず、遺伝子レベルで改善させるような変化 は生じないであろう、とも言われている。(図改変) 図 7  シャベル状歯6 ) モンゴロイドは固い食べ物を咀嚼するため、切歯の辺縁隆線が 発達し補強された構造を呈している。 図 8  シャベル状の前歯の捻転 上顎切歯舌側面の凹凸は、上下顎前歯に微妙なウイングを生じ させやすい。

(4)

咀嚼パターンを行うコーカソイドはV字型歯列 弓(図 9 )、主にグラインディングタイプを行 うモンゴロイドはU字型もしくは方円型を呈す ることになる(図10)。  実はその咀嚼パターンであるが、人種的に確 定しているのではなく、日常的に咀嚼する食品 図 9  アメリカ人 54 歳女性 チョッパータイプの咀嚼パターンを行う人たちでは、非機能咬 頭の形態が残されている。また上顎犬歯尖頭の形態が保たれ ている状態は、日本人にはあまり見られない。これは食生活の 違い、それに伴う咀嚼パターンの違いによる。 図 11 咀嚼パターン 軟らかい食品を食べる時は右のようなグラインディングパ ターンではなく、左のチョッパータイプのパターンをとる。固 く噛み応えのある食品を食べることでグラインディングの咀 嚼パターンとなる。 図 10 歯列弓形態の違い チョッパータイプのコーカソイドはV字型、グラインディング タイプのモンゴロイドはU字型(方円型)を呈する。 図 12 現代日本人と縄文人の下顎の大きさ 歯列幅径は縄文人の方が大きいが、下顎骨そのものの最大幅径 や基底幅径はほぼ同じ。噛み応えのある食物をグラインディン グ咀嚼することで、大臼歯が直立して顎骨の発育が促され、歯 列幅径が増大する。現代日本人は縄文人よりも歯列幅径は小さ いが、下顎骨そのものの骨体最大幅や骨体基底幅はほとんど同 じであるので、咀嚼機能が及ぼす影響は大きい(「噛むを科学す る」より引用改変)。 図 14 上下第一大臼歯の頬側 への移動(仮説) 歯列弓幅径の拡大には、上下共に頬 側に移動する必要がある。上顎は頬 側咬頭に力が加わり、下顎は側方か らの力が作用する状態である。それ はグラインディングパターンで咀嚼 することに他ならない。 図 13 咬合時における第一大臼歯の変位8 ) 単に上下を噛み締めて垂直的に力が加わる場合(①)、上下顎共 に舌側に変位する。頬側へ変位するのは上顎は咬合力が頬側咬 頭に加わる場合(②)、下顎は頬側咬頭内斜面へ側方からの力が 作用する場合(③)である。

(5)

の性状によって左右され、噛み応えのある食品 を食べることで、初めてグラインディングの咀 嚼パターンをとることになる(図11)。  つまりモンゴロイドとしての解剖学的形態を 確立するためには、グラインディングタイプの 咀嚼運動をする必要があり、固く噛み応えのあ る食品を食べるような食事指導で咀嚼機能を育 てる必要がある、と考えられる(図12・13)。  グラインディング咀嚼することこそが、生理 的なモンゴロイドの歯列弓を作り上げるのに必 要であると考えており(図14)、それは咀嚼訓 練のデータ9)からも裏付けされている(図15)。  咀嚼筋の付着部からも顔面頭蓋の変化発現の 機序が想定できる(図16)。グラインディング の咀嚼パターンをとるためには、下顎の平衡側 を前下内方へ動かす。その動きは、平衡側の外 側翼突筋が収縮することで生まれる。それを外 側翼突筋起始部の蝶形骨から見れば、蝶形骨大 翼・翼状突起外側板は反作用で外側へ牽引さ れ、蝶形骨の形状は外に拡がる傾向を呈する。 引き続きそれに接するもろもろの骨を変化させ る。側頭骨・頬骨は外転し、口蓋骨・上顎骨は 拡大することで歯列弓後方部が拡がる。その結 果、舌根部が前方に出やすくなり、顔面部の前 方成長が導かれる。  頭蓋の個々の骨は強固に結合している訳では なく、縫合部では結合組織を介在して接してお り、頭蓋骨は可動性を有するのである(図17)。  咬合が頭蓋顔面形態と関連していることにつ いて、古くはBimlerの説明があり(図18)、脳 頭蓋底における角度の変化や回転移動、関節窩 の変位や下顎の回転が生じていることを指摘し ている12)  実際の頭蓋では 3 次元的な変化であり、脳 頭蓋底の蝶後頭軟骨結合部での屈曲では、後頭 骨が前方に回転し(図19)、側頭骨は錐体側頭 軸を回転軸として外転する(図20)。それによ り関節窩は前方に移動するので、縄文人やアボ 図 15 咀嚼トレーニングによる変化9 ) 1 ヵ月間、朝・夕 1 日 2 回、食後の10分間硬質ガムを噛むこ とで歯軸や歯列弓幅径、そして顎骨にまで様々な効果が得ら れ、グラインディング咀嚼の有効性が確認された。チョッパー タイプの咀嚼をしている子供達がグラインディング咀嚼を獲 得することで、より大きな歯列弓幅径の増大が認められ、グラ インディング咀嚼の有効性が確認できる。特に上顎では、歯軸 傾斜角度がそれ程変化せずに、大きな幅径の変化が認められ、 上顎骨正中口蓋縫合部での拡大が生じていると考えられる。 グラインディングパターンの方が、上顎骨の正中口蓋縫合部な どに、より大きな力が作用することが示唆されている10) 図 17 頭頂骨と側頭骨の鱗状縫合 縫合部形状をみても、側頭骨が結合しているのではなく、滑り 動く状態にあることが理解できる。 図 16 外側翼突筋11)の作用 グラインディングの咀嚼パターンをとるためには、下顎の平衡 側を前下内方へ動かすために、平衡側の外側翼突筋が収縮す る。蝶形骨から見れば、翼状突起部は反作用で牽引されること になり(黄色矢印)、外側へ引かれ、蝶形骨の形状は拡大傾向 を示す。それに接するもろもろの骨が変化し、上顎骨や歯列弓 が拡大する。(図改変)

(6)

リジニーなどの切端咬合とも深く関連すると考 えられる。  このように咬合や咀嚼運動機能と頭蓋骨形態 は、お互い密接に関連し合っており、我々モン ゴロイドには、それに相応しい咀嚼パターンを 獲得することが肝要であると考えている。

まとめ

 モンゴロイドである日本人の治療を行う上 で、モンゴロイドとして作り上げられてきた体 のプログラムを無視することはできない。我々 の体を作り上げるためのパーツはアジア地域で の生活環境に適応した体としての部品となるよ う、遺伝的に何万年もかけて決定されたもので ある。そうしたモンゴロイドとしての部品を 使って体は成長する訳で、それにはモンゴロイ ドとして育成するプログラムが必要なのであ る。ところが現在の食生活をはじめとして、生 活は欧米化している。モンゴロイドとしての パーツを使いコーカソイドとしてのプログラム で組み立てているのであるから、結果として歪 みが生じてしまう訳である。モンゴロイドとし ての形態を作り上げているのはモンゴロイドと しての機能である。なかでも咀嚼機能の果たす 役割は大きく、日本人として健全に育成させる には、グラインディング咀嚼が必要不可欠であ る、と考えている。 ●参考文献 1 . 崎谷 満.DNAでたどる日本人10万年の旅−多様な ヒト・言語・文化はどこから来たのか.昭和堂,2008 2 . 馬場悠男.人類学 現代人はどこからきたか.日本経 済新聞社出版局、1993 3 . 溝口優司.アフリカで誕生した人類が日本人になるま で.ソフトバンククリエイティブ、2011 4 . 溝口優司.頭蓋の形態変異.勉誠出版、2000 5 . 馬場悠男、原島 博.人の顔を変えたのは何か−原人 から現代人、未来人までの「顔」を科学する.河出書 房新社、1996 6 . 藤田恒太郎.歯の解剖学.金原出版、1998 7 . 清水正裕.顎顔面領域の前方成長をめざして.顎顔面 口腔育成研究会誌 2013 ; 1 : 13-18 8 . 加藤 均.主機能部位に基づく実践咬合論−第1大臼 歯のミステリー咀嚼のランドマークを探せ.デンタ ルダイヤモンド社、2010 9 . 葛西一貴、他.なぜ咀嚼機能を改善する必要があるの か?−硬性ガムを使用した咀嚼トレーニングの有用 性と臨床応用.Dent Diam 2012 ; 37(2) :156-163 10. 根岸慎一、他.咀嚼力が小児の正中口蓋縫合に及ぼす 力学的影響.Orthodontic Waves Jpn Ed 2013 ; 72(3) : 164-172 11. ニール・S.ノートン 著、前田健康 監訳.ネッター頭 頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス.医歯薬出 版、2012

12. Jeffrey H Ahlin. Maxillofacial Orthopedics : A Clinical Approach for the Growing Child. Quintessence, 1984 13. Jack L Hockel, Herbert.Hooper, et al. Orthopedic

Gna-thology. Quintessence Publishing Co Inc, U.S, 1983

図 18 Bimler によるⅡ級、Ⅲ級の変化 左のように鼻上顎複合体が下方に位置すると、下顎全体は下顎 頭を軸に後方回転しⅡ級の骨格型となる。右では脳頭蓋底で の屈曲が生じると関節窩は前方位をとりⅢ級の不正咬合にな る。(図改変) 図 20 頭蓋底の変化13) 脳頭蓋底(蝶後頭軟骨結合部)での屈曲は、側頭骨を外転させ ながら関節窩を前方に移動させる。(図改変) 図 19 頭蓋底の回転・屈曲13) 右のように脳頭蓋底(蝶後頭軟骨結合部)での屈曲は、後頭骨 の前方回転と関連して生じている。

参照

関連したドキュメント

このような情念の側面を取り扱わないことには それなりの理由がある。しかし、リードもまた

自閉症の人達は、「~かもしれ ない 」という予測を立てて行動 することが難しく、これから起 こる事も予測出来ず 不安で混乱

手動のレバーを押して津波がどのようにして起きるかを観察 することができます。シミュレーターの前には、 「地図で見る日本

ASTM E2500-07 ISPE は、2005 年初頭、FDA から奨励され、設備や施設が意図された使用に適しているこ

神はこのように隠れておられるので、神は隠 れていると言わない宗教はどれも正しくな

自分ではおかしいと思って も、「自分の体は汚れてい るのではないか」「ひどい ことを周りの人にしたので

を負担すべきものとされている。 しかしこの態度は,ストラスプール協定が 採用しなかったところである。