• 検索結果がありません。

皆なでできる、私一人でもできる 薬物からの離脱ワークブック(仮称)

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア " 皆なでできる、私一人でもできる 薬物からの離脱ワークブック(仮称) "

Copied!
330
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

皆なでできる、私一人でもできる 薬物からの離脱ワークブック(仮称)

(2)

- 2 -

は じ め に (本書の使い方)

本プログラムは、主に覚せい剤等の薬物依存症の方々の依存からの回復を目 的とし、その一助となるためのプログラムとして作成してあります。

本書は、第 1 部として薬物離脱を直接扱うものになっています。一方、第 2 部は薬物離脱を含め、より良い社会適応を図ることに役立つ内容を扱うものと なっています。もし、週 2 回ワークに参加できる場合には、1 回は第一部、も う 1 回は第 2 部を行うと良いでしょう。また、1 週間に 1 回、ないしは 2 週 間に 1 回ということであれば、まずは第 1 部を完了し、その後に第 2 部に取り 掛かると良いでしょう。

第 1 部については、最初に第 1 回目を行って下さい。その後も順を追って実 施できる内容となっていますが、集団で実施し、途中から参加する場合も多いこ とと思われます。その場合は、第 2~11 回までは順不同で行って構いません。

第2~11回が終わった後、第 12 回を行いましょう。一応すべて終わった後 は、また第 1~11 回を繰り返し、定期的に第 12 回を行い、理解が不足してい るとか、分からない部分があれば当該箇所へ戻って、理解を深めましょう。

本プログラムの第1部(第1回から第12回)は、SMARRP-24(スマ ープ24)をベースとして組み立てられています。現在、わが国の精神保健福祉 センターや多くの医院で採用されているプログラムであります。更に、矯正施設 や保護観察所等の薬物対策プログラムとしてもSMARPPをベースとしたも のか、あるいはSMARPP本体を活用しています。

また、平成25年6月に成立した「刑法等の一部を改正する法律」(法律第4 9号)及び「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法 律」(法律第50号)による、対象となる方々は保護観察所での定期的な指導を 受ける必要がありますが、本プログラムの前半部を受講することで、保護観察所

(3)

での指導の相当部分を免除されることとなります。

本プログラムの作成には、SMARRP作成の中心者である国立研究開発法 人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部長である松 本俊彦先生の多大なるご示唆とご協力により完成したものであります。薬物依 存の回復については、「止めるのは簡単、でも止め続けることは困難」との意識 のもと、繰り返し本ワークブックを活用し、自分の生活や考えを振り返ることが できる仕組みになっています。言葉や表現も平易なものとし、イラスト等を活用 することにより、取り組み易い内容となっています。

次に、第 2 部は、スキーマ療法による認知の修正を目指したプログラムとな っています。ここでは、「認知」の碁を「考え」として表現していますが、認知 というと難しく考えてしまうことから、考えとしています。 気持ちの落ち着か せ方や前向きな考え方など、上手く社会生活を送っていけるような方法を学ぶ 構成になっています。薬物を止めなくてはならないと分かっているけれど止め られないとか、辛いと感じる人は、是非この第 2 部に取り組んでみてください。

気分が動揺しやすい人は、第 13 回を行ってみて下さい。また、基本的に第14

~19回は順不同で構いません。ただ、第20~22回は順に行わないと少々分 かりづらいかもしれません。第13~23回を終わった後に、第24回を行って 下さい。全て終了した後は、再度繰り返し行って、定期的に第24回を行い、理 解が不十分と思われる箇所に戻って、ワークすることをお勧めします。

この第 2 部は、洗足ストレスコーピング所長の伊藤絵美先生のご意見とご教

(4)

- 4 -

次に「この回を始める前に」が用意され、当該回で扱う事項に関連した経験や考 え方等を記載していきます。事前に記載し、それを取り上げ検討するなどの動機 付けが図れるように工夫してあります。

本書をパラパラめくると、タイトルを見ただけで、どのようなことを扱うのか おおよそ検討がつくようになっています。更に、文書中の大切な部分は、青字で 表示してあり、何度も読み返しする場合のチェックポイントとしてあります。ま た、文字を少なくし、図や表も多めにしてあり、多くは書込み式になっています。

これは、知識だけを習得するのではなく、個々に見合った対策を考えてもらいた いとの編者の意図です。書きこんだものを読み直し、ワークが進んだ後も見直し、

再確認し自己への定着化や再度書き直すことを可能とし、より深い考えや意識 に進めるようにしてあります。他の人と比べたり、他の人の考えを参考としたり しながら、薬物からの離脱を真剣に考えることができます。

そして、各回の最後に、「○回のまとめ」を設けてあります。本書を利用され る方々ご自身が、何を学び、どう自分のものとしたかを確認できます。

既にご紹介しましたが、本書は松本俊彦・今村扶美著「SMARPP-24物 質使用障害治療プログラム」(金剛出版 2015)と伊藤絵美著「自分でできるス キーマ療法ワークブック1&2」(星和書店 2015)を参考としていますので、

もっと学びたいと思う人や関連個所を見たいと思う人は、両書を参考として下 さい。

本書は、松本俊彦氏・伊藤絵美氏、藤野京子氏、藤掛友希氏及び本職が作成に 当たりましたが、作成に先立ち、以下の方々との数々の協議や意見集約により完 成いたしました。

監修・執筆 松本俊彦(国立精神・神経医療研究センター薬物依存対策部長)

監修・執筆 伊藤絵美(洗足ストレスコーピング所長)

(5)

編集・執筆 藤野京子(早稲田大学文学学術院教授)

執 筆 藤掛友希(早稲田大学大学院博士課程後期)

執 筆 鷲野 薫(NPO法人両全トウネサーレ理事)

助 言 川崎道子(元中央更生保護審査会委員)

助 言 森田展彰(筑波大学准教授・精神科医師)

助 言 品田秀樹(日本SST普及協会理事)

助 言 法務省保護局、全国更生保護法人連盟等

なお、本書の作成につきましては、日本財団の平成 27 年度助成事業として多 大なご支援を頂きましたことを申し添えます。

平成 28 年 3 月末日

特定非営利活動法人 両全トウネサーレ

理 事 鷲 野 薫

(6)

- 6 -

だい

1 回

かい

プログラムを始

はじ

めるにあたって

___年___月___日

○ このプログラムに参加

さんか

するにあたっての自分

じ ぶ ん

の気持ち

き も

を 確認

かくにん

しましょう。

〇 薬物

やくぶつ

をやめることができるのは、あなた自身

じしん

です。あなた 自身じしん がその気 になることが大切たいせつであり、本ワークブックほん は その援助

えんじょ

をするものです。

○ 薬 物やくぶつをやめ続つづけるためのポイントを理解り か いしましょう。

ここで学

まな

ぶこと

(7)

第1回

だ い か い

をはじめる前

まえ

に…

💡

薬物

やくぶつ

を使った

つか

ことで、困った

こま

ことはありますか? 今

いま

、薬物

やくぶつ

に ついて、どのような思いおも や 考かんがえがありますか?

💡

これからの生活

せいかつ

について、どんな関心事

かんしんじ

や心配事

しんぱいごと

があります か(薬物やくぶつを使うつか こと以外い が いでもかまいません)?

(8)

- 8 -

こ の プ ロ グ ラ ム は 、 あ な た が 薬物やくぶつをや め 続けるつづ の に 少しすこ で も 役立てば

や く だ

と 考かんがえて、多くおお の現場げんば スタッフや専門家せんもんか が 力ちからを合わせて 作った

つく

ものです。

といっても、

「もう二度

と薬物

やくぶつ

に手

を出

さななくなる」といった 魔法ま ほ うのプログラム、あるいは無敵む て きのプログラムなど、世界中せかいじゅう、どこを 探

さが

してもありません。その意味

い み

では、残念

ざんねん

ながら、「このプログラム を受ければ 絶対ぜったいに安心あんしん」などと偉そうえら なことはいえません。

しかし、「このような工夫

くふう

や注意がよい

ちゅうい

らしい」とか、「こんなこと を試したためひとは、薬物やくぶつをやめ続つづけるのに成功せいこうする確率かくりつが高いたか 」といった 知恵

ち え

や知識

ち し き

を、皆さん

みな

と一緒

いっしょ

に学んで

まな

いくものです。

もちろんや薬物やくぶつをやめるかやめないかを決める のは、あなた自身じしん です。それでも薬物やくぶつを使つかってきた自分じぶん を振り返る ふ かえ ことは、あなたのこ れからに無駄

む だ

ではないはずです。もしかすると、このプログラムでい ろいろ 考かんがえたり振 り返かえったりすることで、これからの生き方 い かた

のヒン トが見つかる

かもしれません。

病 院

びょういん

などの施設

し せ つ

で生活

せいかつ

するのに比

くら

べて社会

しゃかい

での生活

せいかつ

では、薬物

やくぶつ

へ の誘惑ゆうわくがたくさんあります。その理由り ゆ うを 考かんがえてみましょう。

① その気 になれば薬物やくぶつを手 に入れて使うつか ことができる

施設し せ つでの生活せいかつでは、薬物やくぶつを手 に入 れるのは簡単かんたんではありませんし、

このプログラムのスタンス

1

薬物

やくぶつ

への誘惑

ゆうわく

2

(9)

そのような場所ば し ょにいると、薬物やくぶつへの 欲 求よっきゅうもあまり感じませんかん 。しか し、ひとたび社会しゃかいに出る と、いろいろな誘ゆうわくがありますし、実際じっさい、そ の気 になれば薬物やくぶつを手 に入れる こともできてしまいます。

② 薬物やくぶつを使ってつか いた仲間なかま に出会 ったり、実際じっさいに薬物やくぶつを見て しまう 以前

い ぜ ん

の薬物

やくぶつ

仲間

な か ま

に偶然

ぐうぜん

出会ったり

で あ

、目

の前

まえ

に気

になる薬物

やくぶつ

が出て

きた場合ば あ い、それを我慢が ま んするのは簡単かんたんなことでは ありません。

③ ちょっと使う

つか

だけならば 影 響

えいきょう

はない 久しぶり

ひさ

に薬物やくぶつに手 を出した としても、最初さいしょ の数回

すうかい

は、以前

い ぜ ん

よりも控えめ

ひか

に使い

つか

、仕事

し ご と

など にも支障ししょうが出ない ようにコントロールできる かもしれません。

そうなると、「こういう風

ふう

に節度

せ つ ど

をもって使えば

つか

、周り

まわ

にもバレな いし、前まえみたいに逮捕た い ほされたり 入 院にゅういんさせられたりすることはないだ ろう」と 考

かんが

えることでしょう。

しかし、多くおお の場合ばあい 、それは最初さいしょのうちだけです。やがて(たいて いは、前

まえ

よりも 短

みじか

い使用

し よ う

期間

き か ん

で)、前

まえ

よりもはるかにひどい使い方

つか かた

に 陥って

おちい

しまう傾向けいこうがあります。

(10)

- 10 -

まわ

りがいつまでも「またクスリをやっているのか」などと自分じ ぶ んを 疑うたが うなど、さまざまな偏見へんけんや差別さ べ つにさらされたりすることもあるでし ょう。そうしたことがあるたびに、腹はらが立ったり 、不安ふあん や失望しつぼうを 感じたり

かん

します。そして「いけない」と 頭あたまではわかっているものの、

その時々ときどきで言い訳 い わけ

をしては、薬物やくぶつを使ってつか しまうかもしれません。

このようなプログラムに参加さ ん かすることを迷うまよひとがいます。迷うまよ 理由

りゆう

としてよく聞

かれるものを以下

に取

り上

げ、説明

せつめい

することに します。

① 「もう何度な ん どもプログラムはやりました」

薬物

やくぶつ

を「やめる」のは簡単かんたんです。あなたもこれまでに、数日すうじつとか 数週間

すうしゅうかん

、あるいは数

すう

ケ月

げつ

程度

て い ど

ならば、何度

な ん ど

もやめるのに成功

せいこう

してき たのではないでしょうか。

しかし、難

むづか

しいのは、「やめ続ける

つづ

」ことです。

では、薬物やくぶつをやめ続ける つづ には、どうしたらよいのでしょうか。

それは、薬物

やくぶつ

をやめるためのプログラムに何回

なんかい

でも繰り返し

く かえ

参加

さんか

することです。すでにどこかで参加さ ん かしたから、同じおな ようなプログラム に繰

り返

かえ

し参加

さ ん か

する必要

ひつよう

はないと思う

おも

ひと

もいるでしょう。しかし、プ ログラムに参加さ ん かすることは、薬物やくぶつをやめ続ける つづ

ことの大おおきな防波堤ぼ う は て い となることでしょう。

3 3 プログラムに参加

さ ん か

することの意味

い み

(11)

② 「プログラムの他ほかに優先ゆうせんすべきことがあります」

これからの社会しゃかい生活せいかつでは、仕事し ご とへの復帰ふ っ きや家族か ぞ く関係かんけいの 修復しゅうふくなど行おこ わなければならないことが山やま積み で、プログラムに割 く時間じ か んももっ たいない、あるいは、やるべきことが多くおお こころ心も 体からだもヘトヘトなので、

休息

きゅうそく

を取りたい 、などと 考かんがえる人ひともいるでしょう。

しかし、薬物

やくぶつ

再使用

さ い し よ う

の危険

き け ん

は、しばしば不意打ち

ふ い う

のように襲

おそ

ってき ます。以外い が いに多いおお のは、仕事し ご とが 順 調じゅんちょうに続いてつづ 経済的けいざいてきに安定あんていし、さら に新しい

あたら

友人

ゆうじん

や恋人

こいびと

などができたり、かつて傷つけて

きず

しまった家族

か ぞ く

との信頼しんらい関係かんけいが 修復しゅうふくしかけた頃ころ、つまり、誰だれがどう見て も人生じんせいが 上手く

う ま

いって見

えるときです。まるで誰

だれ

かが罠

わな

でも仕掛けた

し か

かのよ うに、人ひとは薬物やくぶつの誘惑ゆうわくに不意打ち ふ い うち され、不思議ふ し なほどあっさりと薬物やくぶつ の 欲求

よっきゅう

に降参

こうさん

してしまったりするのです。それがいつなのかは誰

だれ

に も分 かりません。

ただし、世界中せかいじゅうの 研 究けんきゅうが、「こうしたプログラムにより長ながい期間き か ん、 より多く

おお

の回数

かいすう

参加

さ ん か

した人

ひと

の方

ほう

が、再逮捕

さ い た い ほ

される人

ひと

の割合

わりあい

が少ない」

ことを明らかあき にしています。そうであるならば少しすこ でも成功せいこうする 確率

かくりつ

の高い

たか

ほう

に掛けて

みるのが、 賢

かしこ

いやり方

かた

と言

えます。今

いま

できる のは、ちょうど「保険ほ け んをかける」つもりで、プログラムに参加さ ん かするこ とです。

あなたにも「自動車じ ど う し ゃ保険ほ け んに入はいっているときには、案外あんがい、事故

(12)

- 12 -

③ 「プログラムに参加さ ん かすると、かえって薬物やくぶつのことを思い出しておも だ しまいます」

このような理由りゆう から、「プログラムは逆効果ぎゃくこうかではないか」と 考かんがえる 人

ひと

もいます。しかし、この 考かんがえ方かたにはどうも誤解ご か いがあるようです。

というのも、薬物やくぶつをやめ続つづけるのに必要ひつようなのは、「薬物やくぶつのことをす っかり忘れる

わす

こと」ではないからです。むしろ「自分

じぶん

は薬物

やくぶつ

の誘い

さそ

を 受ける

と(あるいは、目の前まえで薬物やくぶつを見 ると)、意志 の 力ちからでは自分じ ぶ んを コントロールできない体質

たいしつ

になってしまっている)ということをし っかりと胸むねに刻みきざ 、かたときも忘れないわす ようにすることが、大切たいせつなの です。

なん

の依存症いぞんしょうであれ、「依存症いぞんしょう」と呼 ばれる 状 態じょうたいになっている人ひとは、

最後

さ い ご

にそれを使った

つか

とき

の「罪悪感

ざいあくかん

」や、その結果

け っ か

として生じた

しょう

「嫌

いや

な 出来事

できごと

」の記憶き お くは、不思議ふ し なほどすぐに忘れてわす しまいます。まさに「喉のど

もと

ぎれば熱あつさを忘わすれる」という 特 徴とくちょうをもっています。しかもその 一方

いっぽう

で、なぜか使い始めた

つか はじ

ころ

の「楽

たの

しさ・気持

ちよさ」はなかなか忘

わす

れられないようです。だからこそ、アルコール依存症いぞんしょうの人ひとは、何度な ん ど

「もう酒

さけ

やめた」と誓いながら

ちか

飲み続け

の つづ

、覚せい

かく

ざい

依存症

いぞんしょう

の人

ひと

は、「こ れが最後さいご の一発いっぱつ」と思おもってはなぜか何 十 回なんじゅうかいも繰り返 く かえ

すわけです。

完璧

かんぺき

な解決

かいけつ

さく

はありません。しかし、

今ここでできることをやってみません か? それは、どうすれば薬物

やくぶつ

の 欲 求

よっきゅう

か ら自分じ ぶ んを守るまも ことができるのかという 対策

たいさく

を練って

いくことです。

(13)

○ このプログラムに、どんな 考かんがえで参加さんか するつもりですか?

○ このプログラムに参加さ ん かして、どんなことを学まなんだり身 につけ たりしたいですか?

○ このプログラムを 終 了

しゅうりょう

するころ、どんな 状 態

じょうたい

になっていた いですか?

Q1 このプログラムへの参加

さ ん か

について、あなたの今

いま

の 気持ち

き も

を教えておし 下さいくだ

(14)

- 14 -

□ 薬物やくぶつを使うつか ことへの誘惑ゆうわくが多いおお 社会しゃかいでの生活せいかつにおいて、こ のプログラムは薬物

やくぶつ

をやめ続ける

つづ

一助

いちじょ

となることを理解

り か い

し ました。

□ このプログラムに参加

さ ん か

する今

いま

の自分

じ ぶ ん

の気持ち

き も

を確認

かくにん

しまし た。

第 1 回

だい かい

のまとめ

(15)
(16)

- 16 -

だい

2 回

かい

薬物

や く ぶ つ

がもたらす害

がい

___年___月___日

○ 薬 物やくぶつが、人間

にんげん

の 心

こころ

にどのような 影 響

えいきょう

を与あたえるのかを理解り か いし ましょう。

○ 薬物

やくぶつ

が、脳

のう

に 影 響

えいきょう

を与

あた

えて、その結果け っ か、人間

にんげん

の 心

こころ

が変わっ てしまうことを理かいしましょう。

○ 薬物

やくぶつ

が、脳

のう

以外

いがい

にも 体

からだ

のさまざまなところに悪

あく

影響

えいきょう

を及

およ

ぼ すことを理解

りかい

しましょう。

ここで学ぶ

まな

こと

(17)

第2回

だ い か い

をはじめる前

まえ

に…

💡

薬物やくぶつを繰 り返かえし使ったつか ことで、あなたの 心こころがどのように 変わった

と思います

おも

か?

💡

薬物やくぶつを繰 り返かえし使ったつか ことが、あなたの 体からだにどのような 影 響えいきょう を与えた

あた

と思い

おも

ますか?

(18)

- 18 -

あなたは覚かくせい剤ざいなどの薬物やくぶつについて、ほんのちょっと使ってつか い る程度て い どだから問題もんだいない、と思っておも いるかもしれません。しかし、多くおお の人ひとが、薬物やくぶつを使つかっているうちに、コントールできなくなって、さま ざまな問題

もんだい

を抱

かか

えるようになっていきます。

そこで、覚せいかくざいなどの薬物やくぶつが、人間にんげんの 心こころや 体からだにどのような 影響

えいきょう

を与える

あた

のかについて 考

かんが

えていきましょう。

薬物

やくぶつ

は、 心

こころ

にさまざまな害

がい

を与えます

あた

が、ここでは、おもなも のを8個 り上 げます。

なぜ薬物

やくぶつ

が問題

もんだい

なのか?

1

薬物

やくぶつ

の 心

こころ

への 影 響

えいきょう

2

(19)

薬物

やくぶつ

を使ってつか いると、人ひとがいないのに声こえが聞 こえたり(幻げんちょう聴 )、「自分じ ぶ んが警察けいさつに追 われている のでは?」という勘かんぐり(妄想もうそう)が 生しょうじたりす ることがあります。

こうした体験たいけんをした人は、薬物やくぶつをしばらくや めた後

のち

でも、ほんの少し

すこ

だけ使う

つか

だけで、幻覚

げんかく

や妄想もうそうがぶり返かえすことがあります。薬物やくぶつを 使わな

つか

くても、大酒

おおざけ

を飲んだり

心理的

し ん り て き

なストレスがきっかけになっ て、同じおな ような 症 状しょうじょうが出る こともあります。これをフラッシュバ ックといいます。

さらにひどくなると、薬物

やくぶつ

をやめて何年

なんねん

っても、慢性的

まんせいてき

に幻覚

げんかく

・ 妄想

もうそう

状 態

じょうたい

が現あらわれたり、無気力

む き り ょ く

状 態

じょうたい

(無動機

む ど う き

症 候 群

しょうこうぐん

) や認知症

にんちしょう

の ような 状 態

じょうたい

が続

つづ

くこともあります。

覚せい

かく

ざい

などの薬物

やくぶつ

によって、眠

ねむ

くなくなってしまうことがあり ます。しかし、眠るねむ ことで、人ひとの 心こころや 体からだの疲つかれはなくなるので

(2)眠

ねむ

りへの 影 響

えいきょう

(1) 幻 聴

げんちょう

や勘

かん

ぐり

(20)

- 20 -

眠るねむ はずの時間じ か んに寝 ないなど、不規則ふ き そ くな生活せいかつをしているうちに、

決められた

時間じ か んに何なにかをするということができなくなって、仕事し ご とな どの約束やくそくもすっぽかすようになります。

はん

断 力

だんりょく

もにぶり、しっかりと 考

かんが

えずに、変

へん

な行動

こうどう

をしていくよ うになります。たとえば、薬物やくぶつに、どんどんお金 かねをつぎ込んで こん いき ます。そして、そのような生活

せいかつ

を立て直そう

た なお

と 考

かんが

えることも、少

すく

なくなっていきます。

薬物

やくぶつ

を使用し よ うすると、落 ち込 んでいた気分き ぶ ん が少すこしの 間あいだ、楽らくになった感かんじがするかも しれません。薬物

やくぶつ

は一時的

い ち じ て き

に気分

き ぶ ん

を和

やわ

らげ てくれますが、その効果こ う かが切れた後あとには、

かえって前

まえ

よりもその気分

き ぶ ん

が強く

つよ

なるこ とが、少なくすく ありません。

うつ 病

びょう

の人

ひと

が薬物

やくぶつ

を使用

し よ う

すると、自殺

じ さ つ

の危険性

き け ん せ い

も高

たか

まると言

われています。

薬物

やくぶつ

は理性り せ いの 働はたらきを弱よわめて、 感 情かんじょうのコントロールを効 かなくさ せます。そのため、何なにか辛つらい 感情かんじょうを抱かかえている場合ば あ いは、我慢が ま んができ

(4)うつ状態

じょうたい

の悪化

あ っ か

(5)自分

じ ぶ ん

を傷

きず

つけること

(3)いい加減

か げ ん

な生活

せいかつ

(21)

なくなり、突発的とっぱつてきに治療ちりょうやくのまとめ飲 みやリストカットのような 自分

じぶん

の 体からだを傷つけきず る行動こうどうを引 き起 こすことがあります。

薬物

やくぶつ

は、自分

じ ぶ ん

の 体

からだ

を傷つけて

きず

しまうだけではありません。多

おお

く の 研究けんきゅうが薬物やくぶつ依存症いぞんしょうと 暴 力ぼうりょく行為こ う いとの関係かんけいを指摘し て きしています。

薬物

やくぶつ

依存症

いぞんしょう

の人

ひと

は、そう でない人ひとと比くらべて、殺人さつじん

傷 害

しょうがい

などの 暴 力

ぼうりょく

犯罪

はんざい

を起

こす確率かくりつが高いたか ともいわれ ています。これも、薬物

やくぶつ

の 影

えい

きょう

で理性り せ いの 働はたらきが弱よわめ られて、 感 情かんじょうのコントロー ルを効

かなくなってしまう からです。

薬物

やくぶつ

を使い続けるつか つづ うちに、性格せいかくも変わって きます。無気力む き り ょ くで無責任む せ き に ん

(6)暴力

ぼうりょく

犯罪

は ん ざ い

(7)性格

せいかく

の変化

へ ん か

(22)

- 22 -

薬物

やくぶつ

は、睡眠すいみんやくや治療ちりょうやく(安定剤あんていざいや抗こううつ薬やくなど)の効果こうか を弱めよわ たり、悪あくえいきょう影 響を与えたりあた します。薬物やくぶつを使ってつか いると、うつ 病びょうや 不眠症

ふみんしょう

を治そうなお として、いくら治療ちりょうやくを飲んで も、

効かなく

なってしまいます。これではいくら 病 院

びょういん

に通かよっても、精神せいしんしょうがい障 害はよくなりません。

○ 当 てはまると思ったおも 項目こうもく

○ あなたの体験たいけんの具体例ぐ た い れ い

Q1

これまでに挙げた

(1)~(8)の中

なか

で、「自分

じ ぶ ん

に 当 てはまるかも…・・・」と思ったおも 項目こうもくはどれですか?

また、その時

とき

の体験

たいけん

を具体的

ぐ た い て き

に書

いてください。

(8)睡眠

す い み ん

や く

や治療

ち り ょ う

や く

の効果

こ う か

を弱める

よわ

(23)

コラム: 重 複

ちょうふくしょうがい

障 害 とは?

一人ひ と りの人に、2つの 障 害しょうがいが同時ど う じに存在そんざいすることを「 重 複ちょうふく 障 害

しょうがい

」と呼 びます。精神せいしんしょうがい障 害(統合とうごうしっちょうしょう失 調 症や躁そううつ 病びょう(=

双 極 性

そうきょくせい

障 害

しょうがい

)、パニック障害しょうがい、PTSD など)をもっている人ひと が,覚せい

かく

ざい

などの薬物

やくぶつ

を使って

つか

いることは,めずらしくあり ません。

精神

せいしん

障害

しょうがい

を 発 病

はつびょう

し、その後

に薬物やくぶつの乱用らんようがはじまる人ひともい ます。反対

はんたい

に、薬物

やくぶつ

を使って

つか

い る う ち に 、 そ の 後遺症こういしょうと し て 精神

せいしん

障 害

しょうがい

が 発 病

はつびょう

する人

ひと

もいます。

精神

せいしん

障害

しょうがい

をもつ人ひとは、そうでない人ひとに比べるくら と、ずっと 薬物

やくぶつ

の依存症いぞんしょうになりやすいことが知られて います。精神せいしん障害しょうがい で 生

しょう

じる、不安感

ふ あ ん か ん

、イライラ感

かん

、不眠

ふ み ん

、幻 聴

げんちょう

・幻覚

げんかく

や妄想

もうそう

と いった不愉快ふ ゆ か いで辛つらい 症 状しょうじょうを自分じ ぶ んなりに和やわらげようと、薬物やくぶつ

(シンナーやマリファナなど)を使う

つか

ひと

がいます。また、やる 気

を出させよう としたり、 緊張感きんちょうかんを和やわらげようとして薬物やくぶつ

(覚せい

かく

ざい

など)を使う

つか

ひと

もいます。これらの薬物

やくぶつ

は一時的

い ち じ て き

に 症 状

しょうじょう

を和やわらげてくれます。しかし、その効果こ う かが切 れた後あとには、

(24)

- 24 -

覚せい

かく

ざい

などの薬物やくぶつは、脳のうに 影 響えいきょうを及およぼします。心臓

しんぞう

、血管

けっかん

、筋肉

きんにく

にも 影 響えいきょうを与えますあた 。また、薬物やくぶつを使つかう過ていで、ほかの病気びょうきになる こともあります。そのそれぞれについて取り上げ と あ ていくことにしま す。

覚せい

かく

ざい

などの薬物

やくぶつ

のさまざまな 体

からだ

への 影 響

えいきょう

のなかで、もっと も多く

おお

見られる

障害

しょうがい

は脳

のう

の 障害

しょうがい

です。脳

のう

は何千億

なんぜんおく

という数

かず

の「神経

しんけい

細胞

さいぼう

」から成 り立 っており、わたしたちの思考し こ うや 感 情かんじょうは、こうした 神経

しんけい

細胞

さいぼう

どうしが結

むす

びつき、非常

ひじょう

に複雑

ふくざつ

なネットワーク回路

か い ろ

を作る

つく

ことで成り立って な た います。しかし、この神経しんけい細胞さいぼうは、薬物やくぶつが作つくり出す 有害

ゆうがい

物質

ぶっしつ

によって、 消 滅

しょうめつ

してしまうのです。

これまで見 てきた 心こころの変化へ ん かとは、薬物やくぶつにより神経しんけい細胞さいぼうのネットワ ークが破壊

は か い

されてしまったことによる ものなのです。

ささいなことでキレたりせず、気持ち

き も

を落ち着かせて お つ 、人ひとの話はなしにじっくりと 耳

みみ

を 傾

かたむ

ける 練 習

れんしゅう

の場

として、N

エヌ

. A

エー

.と いった自助じ じ ょグループ、あるいはDARC

な ど で行 われ てい る ミー ティ ング に 出 席

しゅっせき

することは、神経

しんけい

細胞

さいぼう

の 障 害

しょうがい

か らのリハビリ効果

こ う か

があります。

薬物

やくぶつ

の体

からだ

への影響

えいきょう

(1)脳

のう

への 影 響

えいきょう

(25)

○ ある ・ ない

○ ある場合ば あ い、どんな 症 状しょうじょうですか?

○ ある場合

ば あ い

、これからどんな事

こと

に気

を付

けていきたいですか?

かく

せい剤

ざい

は、脳

のう

だけでなく、心臓

しんぞう

、血管

けっかん

、筋肉

きんにく

にも影響

えいきょう

を与えます

あた

。 一度い ち どに 大 量たいりょうに薬物やくぶつを使用し よ うした結果け っ か、心筋しんきん梗塞こうそくや高血圧こうけつあつによる脳内のうない

Q2

薬物

やくぶつ

使用

しよう

により、あなたには、どんな 体からだの 症 状しょうじょう がありますか?

ある場合ばあい 、どのような 生活上せいかつじょうの注意ちゅういやリハビリ が必要

ひつよう

だと思い

おも

ますか?

(2)脳

のう

以外

い が い

の 体

からだ

への 影 響

えいきょう

(26)

- 26 -

血液

けつえき

へのウィルス感 染 症

かんせんしょう

、とくに、C型がた肝炎かんえんやHIV 感染症かんせんしょうの 問題

もんだい

は無視 できません。感 染 症かんせんしょうは、注射ちゅうしゃで覚せいかくざいを使ってつか いる人ひと が、注射器ちゅうしゃきを他人たにん と 共 用きょうよう(まわし打ち )することで、うつります。

また、薬物

やくぶつ

を使

つか

っているときは、コンドームを使い忘れて

つか わす

セックスし がちですが、その結けつ 、感染かんせんします。薬物やくぶつ依存者い ぞ ん し ゃの中なかには、複数ふくすうのセ ックスパートナーをもつ人ひとも少なくすく ないため、いったん誰

だれ

か一人ひ と りが C型がた肝炎かんえんや HIV に感染かんせんすると、あっという間 に広ひろがってしまいます。

C型がた肝炎かんえんは、10~20年ねんの経過け い かのなかで、ほぼ 100%が肝

かん

硬変

こうへん

と 肝臓

かんぞう

がんになるといわれてい ます。C型

がた

肝炎

かんえん

には、インター フ ェ ロ ン に よ る 治療ちりょうが 広くひろ 行わ

おこな

れていますが、すべての 依存性

い ぞ ん せ い

薬物

やくぶつ

をやめて 1年

ねん

以上

いじょう

を経 っていることが勧すすめられ て い ま す 。 断

だん

薬後

や く ご

ま も な い

時期 や薬物やくぶつへの 欲 求よっきゅうが強つよい時期 には、インターフェロンの副作用

ふ く さ よ う

に より、フラッシュバックが起きたり、感 情

かんじょう

が不安定

ふ あ ん て い

になり暴 力 的

ぼうりょくてき

に なったり、自殺じ さ つしょうどう衝 動が高まったりたか することがあるからです。

ひと

が HIV ウイルスに感染

かんせん

すると、免 疫 力

めんえきりょく

が低

てい

し、さまざまな 病気

びょうき

にかかってしまいます。その病気びょうきが、「エイズ(AIDS)指標しひょう疾患しっかん」 と定められて

さだ

いる病気

びょうき

に当

てはまると、「エイズを 発 症

はっしょう

した」と診断

しんだん

されます。

HIV 感染症かんせんしょうには、主おもに「抗こうHIV 療 法りょうほう」が 行おこなわれます。抗こうHIV薬やく

(3)薬物

やくぶつ

を使う

つか

過程

かてい

でかかる病気

びょうき

(27)

を服用ふくようすることでウイルス 量

りょう

を減らし 、 体からだの 免 疫 力めんえきりょく を回復かいふくさせていきます。ただ し、 薬くすりは決 められた時間じ か んに 正しく

ただ

飲む

必要

ひつよう

があり、くすり薬 の飲み忘れ

の わす

が続く

つづ

と、HIV は 治療ちりょうやくが 効かない 耐性たいせいウ イルスとなってしまいます。

薬物

やくぶつ

の問題もんだいを抱えてかか いる人ひとは、規則的き そ く て きな服薬ふくやくに失敗しっぱいしがちです。その 点

てん

を注意

ちゅうい

する必要

ひつよう

があります。

加熱吸

かねつきゅう

えん

(アブリ) で覚せい

かく

ざい

を使う

つか

場合

ばあい

、感染

かんせん

の危険

きけん

がないと いう点てんでは優すぐれています。しかし、加熱吸かねつきゅうえんの場合ばあい だと、同じおな 効果こうか を得 るのに覚せいかくざいがたくさん必要ひつようで、刺激

し げ き

が足

りないという人も います。また、加熱吸かねつきゅうえんの方ほうが早くはや 使用しよう がコントロールできなくな ってしまうことも指摘

し て き

されています。

このほか、加熱吸

かねつきゅう

えん

によって覚せい

かく

ざい

を使って

つか

いる人

ひと

には、目

の 角膜

かくまく

がただれる角膜かくまく潰瘍かいようが多いおお ことが知られて います。

参照

関連したドキュメント

以上の基準を仮に想定し得るが︑おそらくこの基準によっても︑小売市場事件は合憲と考えることができよう︒

 今日のセミナーは、人生の最終ステージまで芸術の力 でイキイキと生き抜くことができる社会をどのようにつ

自然言語というのは、生得 な文法 があるということです。 生まれつき に、人 に わっている 力を って乳幼児が獲得できる言語だという え です。 語の それ自 も、 から

仏像に対する知識は、これまでの学校教育では必

これはつまり十進法ではなく、一進法を用いて自然数を表記するということである。とは いえ数が大きくなると見にくくなるので、.. 0, 1,

Windows Hell は、指紋または顔認証を使って Windows 10 デバイスにアクセスできる、よ

子どもたちは、全5回のプログラムで学習したこと を思い出しながら、 「昔の人は霧ヶ峰に何をしにきてい

   遠くに住んでいる、家に入られることに抵抗感があるなどの 療養中の子どもへの直接支援の難しさを、 IT という手段を使えば