宗教教育考 : 浄土真宗の教義とその表現方法について(二)

25 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

 

 

 

 

 

  当 研 究 は 、平 成 二 十 三 年 度 研 究 助 成 に よ っ て 行 っ た「 宗 教 教 育 考 ─ 浄 土 真 宗 の 教 義 と そ の 表 現 方 法 に つ い て ─( 一 )」 の 続 編 で あ る 。   宗 教 教 育 を 実 践 す る 上 で の 研 究 課 題 は 多 々 あ る が 、 ま ず 、 浄 土 真 宗 の 教義 の 表 現方 法 を 確 立 す る こ と を 研 究 の 目 的 と す る 。 具 体 的 に は 、 拙 著 『 高 校 生 か ら の 仏 教 入 門 』 に お い て ま と め た 、 第 三 章 の 二 「親 鸞聖 人 の 教 え 」 の 部 分 に つ い て 、 そ の 出拠 を 明ら か に し 、 教 義 的 根 拠 を 示 す 。 そ し て 、 そ の 教 義 を 高 校 生 に 理解 さ せ る た め に 、 ど の よ う な 表 現 を と っ た の か 。 そ の 注 意 点 や ポ イ ン ト を 明 ら か に す る 。   尚 、平 成 二 十 三 年 度 は 、「 1 . 真 実 の 教 」 と 「 2 . 阿 弥 陀 仏 」 の 部 分 に つ い て の 研 究 を 行 っ た が 、平 成 二 十 五 年 度 は 、

(2)

「 3 . 本 願 」 と 「 4 . 念 仏 」 の 部 分 に つ い て の 研 究 を 行 う 。

 

 

 

  浄 土 真 宗 の 教 義 の 根本 は 、 阿 弥 陀 仏 の 本 願 に あ る 。 親 鸞 に お い て 浄 土 真 宗 と は 、 教 団 と し て の 宗 名 で は な く 、 阿 弥 陀 仏 の 本 願 に よ っ て 救 わ れ る 教 え の こ と で あ る 。『 親 鸞 聖 人 御 消 息 』 に    選 択 本 願 は 浄 土 真 宗 な り (『 註 釈 版 聖 典 』 七 三 七 ) と あ り 、『 教 行 信 証 』「 教 巻 」 の 標 挙 に    大 無 量 寿 経   真 実 の 教   浄 土 真 宗 (『 註 釈 版 聖 典 』 一 三 四 ) と あ る 。 そ し て 、「 教 巻 」 の 本 文 に 、    ‌‌ そ れ 真 実 の 教 を 顕 さ ば 、 す な は ち 『 大 無 量 寿 経 』 こ れ な り 。( 中 略 ) こ こ を も つ て 如 来 の 本 願 を 説 き て 経 の 宗 致 と す (『 註 釈 版 聖 典 』 一 三 五 ) と あ る よ う に 、『 大 無 量 寿 経 』 に 説 か れ た 本 願 の 教 え こ そ 、 真 実 の 教 で あ り 、 浄 土 真 宗 な の で あ る 。   本 願 の 本 に は 、 因 本 と 根 本 の 二 義 が あ る 。

(3)

  因 本 の 願 と は 、因 位 の 時 の 願 い と い う 意 味 で 、仏 ( 果 位 )が 菩 薩( 因 位 )の 時 に お こ し た 願 い の こ と で あ る 。こ の 願 い は 、 そ の 願 い が 完 成 し な け れ ば 仏 に 成 ら な い と い う 誓 い を と も な っ て い る の で 、 誓 願 と も い う 。   更 に 、 菩 薩 の 願 に つ い て 、 あ ら ゆ る 菩 薩 に 共 通 す る 総 願 と 、 そ れ ぞ れ 固 有 の 別 願 と が あ る 。 総 願 と は 、 具 体 的 に は 、 四 弘 誓 願 の こ と で 、 衆 生 無 辺 誓 願 度 ( 限 り な い 衆 生 を さ と り の 岸 に 渡 そ う と い う 誓 願 )、 煩 悩 無 尽 誓 願 断 ( 尽 き る こ と の な い 煩 悩 を 断 と うと い う 誓 願 )  法 門無 量 誓 願 学 ( 無 量 の 教 え を 学 ぼ うと い う 誓 願 )、 仏 道 無 上 誓 願 成 ( こ の 上 な い さ と り へ の 道 を 成 就 し よ う と い う 誓 願 ) の 四 つ で あ る 。   別 願 は 、 釈 迦 仏 の 五 百 願 、 薬 師如 来 の 十 二 願 、 阿 弥 陀 仏 の 四 十 八 願 が 代 表 的 で あ る 。 法然 の 教 え を 承 け た 親 鸞 の い う 本 願 と は 、 も ち ろ ん 、 阿 弥 陀 仏 の 四 十 八 願 の こ と で あ る 。 法 然 の 『 選 択 本 願 念 仏 集 』 に    ‌‌ わ た く し に い は く 、 一 切 の 諸 仏 お の お の 総 別 二 種 の 願 あ り 。「 総 」 と い ふ は 四 弘 誓 願 こ れ な り 。「 別 」 と い ふ は 釈 迦 の 五 百 の 大 願 、薬 師 の 十 二 の 上 願 等 の ご と き こ れ な り 。 い ま こ の 四 十 八 の 願 は こ れ 弥 陀 の 別 願 な り 。(『 七 祖 篇 』 一 二 〇 二 ) と あ る の が そ れ で あ る 。   次 に 、 根 本 の 願 と は 、 衆 生 救 済 の た め の 根 本 と な る 願 と い う 意 味 で 、 阿弥陀 仏 の 四 十 八 願 の 中 、 特 に 第 十 八 願 の こ と を 言 う 。 法 然 は 阿 弥 陀 仏 が 衆 生 救 済 の た め に 本 願 の 中 で 念 仏 を 選 び 取 っ た と い う こ と で 、選 択 本 願 と も 言 う 。『 仏 説 無 量 寿 経 』 に 説 か れ る 第 十 八 願 を 具 体 的 に 挙 げ る と 、 次 の 如 く で あ る 。    ‌‌ た と ひ わ れ 仏 を 得 た ら ん に 、十 方 の 衆 生 、至 心 信 楽 し て 、わ が 国 に 生 ぜ ん と 欲 ひ て 、乃 至 十 念 せ ん 。 も し 生 ぜ ず は 、 正 覚 を 取 ら じ 。 た だ 五 逆 と 誹 謗 正 法 と を ば 除 く 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 一 八 )    ‌‌ 設 我 得 仏   十 方 衆 生   至 心 信 楽   欲 生 我 国   乃 至 十 念   若 不 生 者   不 取 正 覚   唯 除 五 逆   誹 謗 正 法 (『 原 典 版

(4)

聖 典 』 二 二 )   こ の 第 十 八 願 を ど の よ う に 現 代 語 に 訳 す る か と い う こ と は 、 大 変 重 要 な 問 題 で あ る 。 親 鸞 は 、『 尊 号 真 像 銘 文 』 に 、 次 の よ う に 解 説 し て い る 。    ‌‌ 「設 我 得 仏 」 と い ふ は 、 も し わ れ 仏 を 得 た ら ん と き と い ふ 御 こ と ば な り 。「 十 方 衆 生 」 と い ふ は 、 十 方 の よ ろ づ の 衆 生 と い ふ な り 。「 至 心 信 楽 」 と い ふ は 、「 至 心 」 は 真 実 と 申 す な り 、 真 実 と 申 す は 如来 の 御 ち か ひ の 真 実 な る を 至 心 と 申 す な り 。 煩 悩 具 足 の 衆 生 は 、 も と よ り 真 実 の 心 な し 、 清 浄 の 心 な し 、 濁 悪 邪 見 の ゆ ゑ な り 。「 信 楽 」 と い ふ は 、 如 来 の 本 願 真 実 に ま し ま す を 、 ふ た ご こ ろ な く ふ か く 信 じ て 疑 は ざ れ ば 、 信 楽 と 申 す な り 。 こ の 「 至 心 信 楽 」 は 、 す な は ち 十 方 の 衆 生 を し て 、 わ が 真 実 な る 誓 願 を 信 楽 す べ し と すす め た ま へ る 御 ち か ひ の 至 心 信 楽 な り 、 凡 夫 自 力 の こ こ ろ に は あ ら ず 。「 欲 生 我 国 」 と い ふ は 、 他 力 の 至 心 信 楽 の こ こ ろ を も つ て 安 楽 浄 土 に 生 れ ん と お も へ と な り 。「 乃 至 十 念 」 と 申 す は 、 如 来 の ち か ひ の 名 号 を と な へ ん こ と を す す め た ま ふ に 、 遍 数 の 定 ま り な き ほ ど を あ ら は し 、 時 節 を 定 め ざ る こ と を 衆 生 に し ら せ ん と お ぼ し め し て 、 乃 至 の み こ と を 十 念 の み な に そ へ て 誓 ひ た ま へ る な り 。 如 来 よ り 御 ち か ひ を た ま は り ぬ る に は 、 尋 常 の 時 節 を と り て 臨 終 の 称 念 を ま つ べ か ら ず 、 た だ 如 来 の 至 心 信 楽 を ふ か く た の む べ し と な り 。 こ の 真 実 信 心 を え ん と き 、 摂取 不 捨 の 心 光 に 入 り ぬ れ ば 、 正 定 聚 の 位 に 定 ま る と み え た り 。「若 不 生 者 不 取 正 覚」 と い ふ は 、「 若 不 生 者 」 は も し 生 れ ず は と い ふ み こ と な り 、「 不 取 正 覚 」 は 仏 に 成 ら じ と 誓 ひ た ま へ る み の り な り 。 こ の こ こ ろ は す な は ち 至 心 信 楽 を え た る ひ と 、 わ が 浄 土 に も し 生 れ ず は 仏 に 成 ら じ と 誓 ひ た ま へ る 御 の り な り 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 六 四 三 〜 六 四 四 ) こ れ に 依 っ て 、 次 の よ う に 現 代 語 訳 を 行 っ た 。    ‌‌  私 が 仏 に な る と き 、 す べ て の 人 々 が 、 私 の 救 い が 真 実 で あ る と 疑 い な く 受 け 入 れ 、 私 の 国 ( 浄 土 ) に 生 ま れ

(5)

る と 思 っ て 、わ ず か 十 回 で も 念 仏 し て 、も し 生 ま れ る こ と が で き な い よ う な ら 、私 は さ と り を 開 き ま せ ん 。 た だ し 、 五 逆 罪 を 犯 し た り 、 仏 の 教 え を 謗 る も の だ け は 除 か れ ま す 。( 一 七 四 〜 一 七 五 )( 以 下 、 太 字 は 拙 著 『 高 校 生 か ら の 仏 教 入 門 』 の 本 文 で あ り 、 引 用 箇所 の 頁数 の み 記 す 。 ま た 傍 線 が あ る 場 合 は 当 論 文 に 於 い て 書 き 加 え た も の で あ る 。) た だ し 、 最 後 の 「 唯 除 の 文 」 に つ い て 親 鸞 は 、『 尊 号 真 像 銘 文 』 に て 、 次 の よ う に 述 べ て い る 。    ‌‌ 「唯 除 五 逆 誹 謗 正 法 」 と い ふ は 、「 唯 除 」 と い ふ は た だ 除 く と い ふ こ と ば な り 、 五 逆 の つ み び と を き ら ひ 、 誹 謗 の お もき と が を し ら せ ん と な り 。 こ の ふ た つ の 罪 の お もき こ と を し め し て 、 十 方 一 切 の 衆 生 み なも れ ず 往 生 す べ し と し ら せ ん と な り 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 六 四 四 ) こ れ に あ る よ う に 、「 た だ 除 く 」 と い う 言 葉 は 、 こ の 二 つ の 罪 ( 五 逆 罪 ・ 謗 法 罪 ) の 重 い こ と を 知 ら せ て 、 回 心 さ せ る こ と に よ っ て 、 す べ て の 人 々 が 往 生 で き る と 知 ら せ よ う と さ れ て い る の で あ る 。   次 に 、 本 願 を 理 解 す る 上 で 重 要 に な っ て く る の が 、 法 蔵 説 話 で あ る 。   『 仏 説 無 量 寿 経 』 に は 、 次 の よ う に 説 か れ て い ま す 。    ‌‌  昔 、 あ る と こ ろ に 一 人 の 国 王 が い ま し た 。 国 王 は 、 世 自 在 王 仏 の 説 法 を 聞 い て 感 動 し 、 自 ら も さ と り を 目 指 し た い と 思 い 、 国 王 の 位 を 捨 て 出 家 し て 、 一 人 の 修 行 者 ( 菩 薩 ) と な り ま し た 。 名 を 、 法 蔵 菩 薩 と 言 い ま し た 。 そ し て 、 五 劫と い う 長 い 間 、 思 惟 し て 、 四 十 八 の 誓 願 ( 四 十 八 願 ) を 建 て ま し た 。 そ れ は 、 い ずれ も 『 私 が 仏 に な る と き 、 ○ ○ で き な い よ う な ら 私 は さ と り を 開 き ま せ ん 。』 と い う も の で す 。 中 で も 、 十 八 番 目 の 願 い ( 第

(6)

十 八 願 ) に は 、『 す べ て の 人 を 必 ず 救 う 』 と 万 人 の 救 済 が 誓 わ れ て い る の で 、 根 本 的 な 願 と い う こ と で 本 願 と 呼 ば れ て い ま す 。    ‌‌  そ の 後 、 法 蔵 菩 薩 は 兆 載 永 劫 と い う 長 い 間 、 修 行 し て 、 つ い に 阿 弥 陀 仏 と い う 仏 に な り ま し た 。 そ れ は 、 今 か ら お よ そ 十 劫 も 昔 の こ と で す 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 一 一 〜 二 八 頁 参 照 )( 一 七 二 〜 一 七 三 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 こ の 法 蔵 説 話 を ど の よ う に 受 け 取 る べ き か 。 結 論 的 に 言 え ば 、単 な る 作 り 話 で は な く 、ま た 、 真 実 を 表 す 為 に 人 間 が 創 り 出 し た 譬 喩 的 象 徴 的 物 語 で も な い 。 真 実 な る 世 界 か ら 真 実 を 知 ら せ る 為 に 、 物 語 と し て 現 れ て く だ さ っ た も の で あ る と 受 け 取 る べ き で あ る 。 譬 喩 的 象 徴 的 表 現 は 、人 間 の 側 か ら 、人 間 が 理 解 出 来 る よ う に 、 人 間 の 理 解 の 枠 組 み の 中 に 組 み 入 れ て 理 解 す る と い う こ と で あ り 、 そ の よ うな 理 解 で は 、 決 し て 法 蔵 説 話 の 真 実 は 明 ら か に は な ら な い 。 真 実 な る も の は 、 私 の 理 解 の 枠 組 み を 破 っ て く れ る も の で な く て は な ら な い 。 よ っ て 、「 私 か ら 真 実 へ の 方 向」 で は な く 、「真 実 か ら 私 へ の 方 向」 、 つ ま り 、 真 実 の 顕 現 体と し て 法 蔵 説 話 を 受 け 取ら な け れ ば な ら な い の で あ る ( こ れ は 、 阿 弥陀 仏 を 、「 真 実 を 象 徴 的 に 表 し た 仏 さ ま 」 で は な く 、「 真 実 の 世 界 か ら 真 実 を 知ら せ る 為 に 人 格 的 に 現 れ て く だ さ っ た 仏 さ ま 」 と 表 現 し た こ と と 同 様 で あ る )。 釈 尊 が さ と っ た 真 実 、 そ れ は 、 ま さ に 阿 弥陀 仏 の 本願 と し て 私 た ち に 届 く の で あ る 。 そ し て 、 そ れ は 同 時 に 、 阿 弥 陀 仏 と は ど う い う 仏 さ ま か と い う こ と を 表 す も の で も あ る の で あ る 。 そ れ を 、 ‌‌ ‌‌  釈 尊 は 、 さ と り の 内 容 ( 真 実 ) を 、「 す べ て の 人 を 必 ず 救 う 」 と い う 阿 弥 陀 仏 の 願 い ( 本 願 ) と し て 説 い て く だ さ い ま し た 。 ‌‌ ‌‌  阿 弥 陀 仏 と い う 仏 さ ま は 、 肉 体 を 持 っ た 実 体 的 な 仏 さ ま ( 歴 史 上 の 人 物 ) で は あ り ま せ ん が 、 ど の よ う な 仏 さ ま か と い う こ と が 、 ひ と つ の 物 語 と し て 説 か れ て い ま す 。( 一 七 二 )

(7)

と 表 現 し た 。 そ し て 、 結 論 的 に は 、 ‌‌ ‌‌  以 上 が 「 法 蔵 説 話 」 と 呼 ば れ て い る も の で す が 、 こ れ は 単 な る 作 り 話 で は な く 、 真 実 の 世 界 が 物 語 と し て 現 れ て く だ さ っ た も の だ と 、受 け 取 っ た ら い い で し ょ う 。 人 は 理 論 で は 救 わ れ ま せ ん 。 物 語 の よ う に 人 格 的 に 説 か れ て 、 は じ め て そ の 人 の 心 に 響 き 、 救 い と な る の で す 。 ‌‌ ‌‌  自 己 の 願 い を か な え る こ と ば か り を 追 い 求 め 、 自 他 と も に 傷 つ け 、 迷 い 苦 し ん で い る 私 た ち が 、 阿 弥 陀 仏 の 願 い ( 本 願 ) に 出 遇 う こ と に よ っ て 、 自 ら の 愚 か さ に 気 づ か さ れ る と 同 時 に 、 正 し い 道 に 導 か れ 育 て ら れ て い く の で す 。( 一 七 三 ) と 、 真 実 が 法 蔵 説 話 の よ う に 人 格 的 に 顕 現 す る こ と に よ っ て 、 私 た ち の 心 に 届 き 、 救 い と な る と い う こ と 、 そ し て 、 浄 土 真 宗 と は 、 そ の 法 蔵 菩 薩 の 願 ( 本 願 ) に よ っ て 救 わ れ る 宗 教 で あ る と い う こ と を 明 ら か に し た 。   さ て 、 四 十 八 願 の見 方 を 考 察 す る と 、 浄 影 寺 慧 遠 は 、 摂 法 身 の 願 ( 仏 身 に 関 す る 願 い )〈 十 二 ・ 十 三 ・ 十 七 願 〉、 摂 浄 土 の 願 ( 浄 土 に 関 す る 願 い )〈 三 十 一 ・ 三 十 二 願 〉、 摂 衆 生 の 願 ( 衆 生 の 救 済 に 関 す る 願 い )〈 残 り の 四十 三 願 〉 の 三 つ に 分 け た 。『 無 量 寿 経 義 疏 』 巻 上 に 、    ‌‌ 有 四 十 八 願 義 三 文 別 有 七 義 要 三 者 一 摂 法 身 願 二 摂 浄 土 願 三 摂 衆 生 願 四 十 八 中 十 二 十 三 及 第 十 七 是 摂 法 身 第 三 十 一 第 三 十 二 是 摂 浄 土 餘 四 十 三 是 摂 衆 生 (『 浄 全 』 第 五 巻 二 七 ) と あ る の が そ れ で あ る 。    善 導 ・ 法 然 は 、 四 十 八 願 は 、 第 十 八 願 に お さ ま る と 見 て い た 。 善 導 の 『 観 経 疏 』「 玄 義 分 」 に

(8)

   ‌‌ 法 蔵 比 丘 、 世 饒 王 仏 の 所 に ま し ま し て 、 菩 薩 の 道 を 行 じ た ま ひ し と き 、 四 十 八 願 を 発 し て 、 一 々 の 願 に の た ま は く 、《 も し わ れ 仏 を 得 た ら ん に 、 十 方 の 衆 生 、 わ が 名 号 を 称 し て 、 わ が 国 に 生 ぜ ん と 願 ぜ ん 、 下 十 念 に 至 る ま で 、 も し 生 ぜ ず は 正 覚 を 取 ら じ 》〉 ( 意 ) と 。( 『 七 祖 篇 』 三 二 六 ・『 註 釈 版 聖 典 』 三 六 四 )( 「 真 仏 土 巻 」 引 用 ) と あ る 。 法 然も 、 阿 弥 陀 仏 の 四 十 八 願 の 中 、 第 十 八 願 に 基 づ い て 念仏 往 生 の 法 義 を 打 ち 立 て た 。 こ れ を 一 願 建 立 と い う ( 善 導 も こ の 立 場 に 立 つ )。 法 然 の 『 選 択 本 願 念 仏 集 』 に 、    弥 陀 如 来 、 余 行 を も つ て 往 生 の 本 願 と な さ ず 、 た だ 念 仏 を も つ て 往 生 の 本 願 と な し た ま へ る 文 。    ‌‌ 『無 量 寿 経 』 の 上 に の た ま は く 、「 た と ひ わ れ 仏 を 得 た ら ん に 、 十 方 の 衆 生 、 心 を 至 し 信 楽 し て 、 わ が 国 に 生 ぜ ん と 欲 し て 、 乃 至 十 念 せ ん に 、 も し 生 ぜ ずと い は ば 、 正 覚を 取 ら じ 」(第十 八 願 ) と 。( 『七 祖篇 』 一 二 〇 一 〜 一 二 〇 二 ) と あ る の が そ れ で あ る 。   そ れ を 承 け た 親 鸞 は 、 阿 弥 陀 仏 の 四 十 八 願 の 中 、 第 十 八 願 に 基 づ い て 打 ち 立 て ら れ た 念 仏 往 生 の 法 義 を 、 第 十 七 願 ・ 第 十 八 願 ・ 第 十 一 願 ・ 第 十 二 願 ・ 第 十 三 願 の 真 実 五 願 に 開 き 示 し た 。 こ れ を 一 願 建 立 に 対 し て 、 五 願 開 示 と い う 。 つ ま り 、 ま と め れ ば 第 十 八 願 、 開 け ば 真 実 五 願 と な る の で あ る 。 第 十 八 願 文 に 真 実 五 願 を 当 て は め れ ば 、「 至 心 信 楽 欲 生 我 国 」 が 第 十 八 願 、「 乃 至 十 念 」 が 第 十 七 願 、「 若 不 生 者 」 が 第 十 一 願 、「 不 取 正 覚 」 が 第 十 二 ・ 十 三 願 と な る 。   ま た 親 鸞 は 、『 教 行 信 証 』 の 各 巻 の 標 挙 に 願 名 を 挙 げ て い る 。「 教 巻 」 に は 『 大 無 量 寿 経 』 と 経 典 を 挙 げ て い る が 、「 行 巻 」 に は 「 諸 仏 称 名 の 願 」( 第 十 七 願 )、「 信 巻 」 に は 「 至 心 信 楽 の 願 」( 第 十 八 願 )、「 証 巻 」 に は 「 必 至 滅 度 の 願 」( 第 十 一 願 )、「 真 仏 土 巻 」 に は 「 光 明 無 量 の 願 」( 第 十 二 願 )・「 寿 命 無 量 の 願 」( 第 十 三 願 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 こ れ は 、 浄 土 真 宗 の 法 義 が 、 真 実 五 願 に よ っ て 成 り 立 っ て い る こ と を 示 す も の で あ る 。 こ の よ う に 願 に よ っ て 法 義 を 立 て る こ

(9)

と を 「 取 願 立 法 」 と い う 。   更 に 、 方 便 の 巻 「 化 身 土 巻 」 に は 、「 至 心 発 願 の 願 」( 第 十 九 願 )、 「 至 心 回 向 の 願 」( 第 二 十 願 ) が 標 挙 と し て 挙 げ ら れ て い る が 、 こ れ は 、 親 鸞が 、 衆 生 往 生 の 因 を誓 う 三 願 ( 第 十 八 ・ 十 九 ・ 二 十 願 の 生 因 三 願 ) の 中 に 、 真 仮 ( 真 実と 方 便 ) を 見 て い か れ た こ と を 表 し て い る 。 つ ま り 、 親 鸞 は 、 第 十 八 願 を 真 実 の 願 、 第 十 九 願 ・ 第 二 十 願 を 方 便 の 願 と 見 て い か れ た の で あ る 。   親 鸞 は 、 こ の 三 願 に つ い て 、 第 十 九 願 か ら 第 二 十 願 、 そ し て 、 第 十 八 願 へ と 転 入 す る と い う こ と を 述 べ ら れ て い る 。 三 願 転 入 と 呼 ば れ て い る も の で あ る 。『 教 行 信 証 』「 化 身 土 巻 」 に 、    ‌‌ こ こ を も つ て 愚 禿 釈 の 鸞 、 論 主 の 解 義 を 仰 ぎ 、 宗 師 の 勧 化 に よ り て 、 久 し く 万 行 諸 善 の 仮 門 を 出 で て 、 永 く 双 樹 林 下 の 往 生 を 離 る 。 善 本 徳 本 の 真門 に 回 入 し て 、 ひ と へ に 難 思往 生 の 心 を 発 し き 。 し か る に 、 い ま こ と に 方 便 の 真 門 を 出 で て 、 選 択 の 願 海 に 転 入 せ り 。 す み や か に 難 思 往 生 の 心 を 離 れ て 、 難 思 議 往 生を 遂 げ ん と 欲 す 。 果 遂 の 誓 ( 第 二 十 願 )、 ま こ と に 由 あ る か な 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 四 一 三 ) と あ る の が そ れ で あ る 。「 万 行 諸 善 の 仮 門 」 と は 、自 力 諸 行 往 生 を 誓 う 第 十 九 願 ( 要 門 ) の こ と で 、「 双 樹 林 下 の 往 生 」 と は 、 第 十 九 願 の 往 生 の こ と で あ る 。「 善 本 徳 本 の 真 門 」 と は 、 自 力 念 仏 往 生 を 誓 う 第 二 十 願 ( 真 門 ) の こ と で あ り 、 「 難 思 往 生 」 と は 、 第 二 十 願 の 往 生 の こ と で あ る 。「 選 択 の 願 海 」 と は 、 他 力 念 仏 往 生 を 誓 う 第 十 八 願 の こ と で あ り 、 「難 思 議 往 生 」 と は 、 第 十 八 願 の 往 生 の こ と で あ る 。 つ ま り 、 第 十 九 願 か ら 第 二 十 願 へ 回 入 し 、 第 二 十 願 か ら 第 十 八 願 へ と 転 入 す る と い う の で あ る が 、 こ れ は 、 親 鸞 の 求 道 の 歴 程 の こ と で あ る と 言 わ れ て い る 。   こ の 文 は 、 我 々 に も 三 願 を 転 入 す る よ う に 勧 め て い る の で は な く 、 自力 諸行 往 生 を 目 指 す 者 も 、 自力 念 仏 往 生 を 目 指 す 者 も 、 真 実 へ と 導 か ん と す る 阿 弥 陀 仏 の 慈 悲 の は た ら き ( 方 便 ) を 表 す も の で あ り 、 方 便 の 教 え を 捨 て て 、

(10)

真 実 の 教 え ( 他 力 念 仏 の 教 え ) に 入 る こ と を 勧 め ら れ て い る の で あ る 。

 

 

  「 他 力 本 願 」 と い う 言 葉 は 、 一 般 的 に も よ く 知 ら れ て い る 言 葉 で あ る が 、 多 く の 場 合 、 誤 解 さ れ た 状 態 で 使 わ れ て い る 。    ‌‌  「 他 力 本 願 」「 悪 人 正 機 」「 往 生 浄 土 」 は 、 浄 土 真 宗 の 教 え の 三 本 柱 と も 言 わ れ て お り 、 た い へ ん 重 要 な 教 義 で す が 、 多 く の 人 々 に 誤 解 さ れ て い る の も 事 実 で す 。    ‌‌  「 他 力 本 願 で は ダ メ だ 。 自 力 で な け れ ば 」 と 言 っ た 時 、 多 く の 場 合 は 、「 自 分 は 何 も し な い で 、 他 の 力 に よ っ て希 望 通 り に な る こ と を 願 っ て い る よ う で は ダ メ だ 。 自分 で努 力 し て つ か み 取 ら な け れ ば 」 と い う こ と を 、 意 味 し て い る よ う で す 。 と こ ろ が 、 こ れ は 「 他 力 本 願 」 の 本 来 の 意 味 と は 、 全 く 違 い ま す 。( 一 七 六 ) と 、 ま ず 現 状 を 把 握 し 、 次 に 「 他 力 本 願 」 と い う 言 葉 の 意 味 を 明 ら か に し た 。    ‌‌  「 他 力 本 願 」 の 「 他 力 」 と は 、「 阿 弥 陀 仏 の す べ て の 人 を 救 う 力 ・ は た ら き 」 の こ と で す 。「 本 願 」 と は 、「 阿 弥 陀 仏 の す べ て の 人 を必 ず 救 う と い う 願 い 」 の こ と で す 。 た だ し 、 た だ 願 っ て い る だ け で は な く 、 願 い を 実 現 す る 力 ・ は た ら き を 持 っ て い る の で 、「 本 願 力 」 と も 言 い ま す 。 親 鸞 聖 人 は 、「 他 力 と い ふ は 如 来 ( 阿 弥 陀 仏 ) の 本 願 力 な り 」( 『 教 行 信 証 』『 註 釈 版 聖 典 』 一 九 〇 頁 ) と 示 し て く だ さ っ て い ま す 。 つ ま り 、「 他 力 本 願 」 と は 、「 阿 弥 陀 仏 の 力 で あ り 、 そ れ は 、 す べ て の 人 を 必 ず 救 う と 願 い 、 願 い 通 り に 救 う は た ら き 」 の こ と な の で す 。( 一 七 六 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 他 力 と い う 言 葉 は 、 自 力 と い う 言 葉 と 共 に 使 わ れ る こ と も 多 く 、 言 葉 の 意 味 を 明 ら か に し

(11)

て も 、 日 常 の 中 で は 、 間 違 っ た 意 味 で 使 わ れ る こ と が 多 い 。「 受 験 勉 強 は 他 力 で は だ め 、 自 力 で な け れ ば 」 な ど と い っ た も の が 典 型 的 な 例 で あ る 。 こ の よ う な 間 違 い を 招 く 原 因 の 一 つ は 、 日 常 生 活 の 行 為 に つ い て 自 力 ・ 他 力 を 語 っ て い る と い う と こ ろ に あ る 。    ‌‌  浄 土 真 宗 ( 仏 教 ) で 自 力 ・ 他 力 を 語 る 時 に は 、 日 常 生 活 で の 人 間 の 行 い に 関 し て 、 自 力 ・ 他 力 を 述 べ て い る の で は あ り ま せ ん 。 仏 の さ と り を 求 め る ( 真 実 を 体 得 す る ) と い う こ と に 関 し て 、 述 べ て い る の で す 。( 一 七 六 〜 一 七 七 ) と あ る よ う に 、 日 常生 活 の 行 為 が 自力 か 他 力 か と い う 問 題 で は な く 、 仏 の さ と り を 求 め る と い う 仏 道 修 行 の 上 で 語 ら れ る も の な の で あ る 。   そ し て 、 も う 一 つ 注 意 し な け れ ば な ら な い の は 、 仏 道 修 行 の 上 で 語 ら れ る 自 力 ・ 他 力 は 、 単 に 「 自 分 の 力 」「 仏 の 力 」 と い う 意 味 で は な く 、 自 力 と は 「 自 分 の 力 ・ 行 い に 価 値 を 認 め 、 当 て に す る こ と ( 註 」 ①) で あ り 、 他 力 と は 、「 阿 弥 陀 仏 を た の み に す る こ と 、 そ の は た ら き を 受 け 入 れ る こ と ( 信 心 )」 の 意 味 で あ る と い う こ と で あ る 。    ‌‌ こ の 場 合 、 自 力 と は 、「 自 分 の 力 ・ 行 い 」 と い う よ り 、「 自 分 の 力 ・ 行 い に 価 値 を 認 め 、 当 て に す る こ と 」、 他 力 と は 、 「 阿 弥 陀 仏 の 力 ・ は た ら き 」 で あ り 、「 阿 弥 陀 仏 を た の み に す る こ と 、 そ の は た ら き を 受 け 容 れ る こ と 」 で す 。    ‌‌ さ と り を 求 め る と い う こ と に 関 し て 、 私 の 行 い は 当 て に な ら な い 、 私 の 力 で は ど う し よ う も な い と い う こ と を 見 抜 き 、 は た ら き 続 け て く だ さ っ て い る の が 阿 弥 陀 仏 で あ り 、 そ の は た ら き が 他 力 な の で す 。( 一 七 七 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 こ の こ と は 、『 親 鸞 聖 人 御 消 息 』 に 、    ‌‌ ま づ 自力 と 申 す こ と は 、 行者 の お の お の の 縁 に し た が ひ て 余 の 仏 号 を 称念 し 、 余 の 善 根 を 修 行 し て わ が 身 を た の み 、 わ が は か ら ひ の こ こ ろ を も つ て 身 ・ 口 ・ 意 の み だ れ ご こ ろ を つ く ろ ひ 、 め で た う し な し て 浄 土 へ 往 生 せ ん

(12)

と お も ふ を 自 力 と 申 す な り 。 ま た 他力 と 申 す こ と は 、 弥陀 如 来 の 御 ち か ひ の な か に 、 選 択 摂 取 し た ま へ る 第 十 八 の 念 仏 往 生 の 本 願 を 信 楽 す る を 他 力 と 申 す な り 。 如 来 の 御 ち か ひ な れ ば 、「 他 力 に は 義 な き を 義 と す 」 と 、 聖 人 ( 法 然 ) の 仰 せ ご と に て あ り き 。 義 と い ふ こ と は 、 は か ら ふ こ とば な り 。 行 者 の は か ら ひ は 自 力 な れば 義 と い ふ な り 。 他 力 は 本 願 を 信 楽 し て 往 生 必 定 な る ゆ ゑ に 、 さ ら に 義 な し と な り 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 七 四 六 ) と あ る こ と か ら 明 ら か で あ る 。 そ し て 、「 他 力 に は 義 な き を 義 と す 」 と い う 法 然 の 言 葉 を 示 さ れ て い る 。 義 と は 、「 は か ら い 」 と い う こ と で 、 自 力 の こ と で あ る 。 つ ま り 、 他 力 は 、 義 ( 自 力 の は か ら い ) が な い の を 、 義 ( 本 義 ) と す る と い う こ と で あ る 。   更 に 、 も う 一 つ 押 さ え て お か な け れ ば な ら な い こ と が あ る 。 そ れ は 、「 他 力 本 願 」 に つ い て 、「 他 力 と は 、 他 人 の 力 で は な く 、 阿 弥 陀 仏 の 力 で あ る 」 と い う 従 来 の 説 明 で は 、 不 十分 で あ る と い う こ と で あ る 。 そ の 説 明 で は 、 他 人 の 力 で は な い と い う 誤 解 は 解 け て も 、 ど の よ う な 力 か が は っ き り し な い 。 一 般 の 人 の 感 覚 で は 、「 他 力 と は 、 神 さ ま の 力 で あ る 」 と い う の と 何 ら 変り が な い 。 よ っ て 、 阿 弥 陀 仏 の 力 と は ど の よ う な 力 で あ る の か を 明ら か に し な け れ ば な ら な い 。    ‌‌  「 他 力 」 と は 、「 阿 弥 陀 仏 の す べ て の 人 を 救 う 力 」 で あ る と い っ て も 、 阿 弥 陀 仏 と い う 実 体 的 な 全 知 全 能 の 絶 対 者が い て 、 私 を 救 っ て く れ る と い う よ う な も の で は あ り ま せ ん 。 私 を 救 う は た ら き の 他 に 阿 弥陀 仏 が 存 在 す る の で は あ り ま せ ん 。 真 実 の あ り方 か ら 遠 ざ か っ て い る 愚 か な 私 が 、 真 実 の 方 向 へ 導 か れ て い く 、 そ の は た ら き そ の も の が 阿 弥 陀 仏 で あ り 、 他 力 な の で す 。( 一 七 七 〜 一 七 八 ) と あ る の が そ れ で あ る 。   ま た 、 他 力 の 受 け 取 り の 誤 解 に つ い て 、 よ く あ る も う 一 つ の 例 が 、「 私 を 生 か し て く れ て い る 私 以 外 の 多 く の も の

(13)

の 力 ・ は た ら き 」 を 他 力 と 受 け 取 る も の で あ る 。    ‌‌  他 力 を 、「 私 を 生 か し て く れ て い る 私 以 外 の 多 く の も の の 力 ・ は た ら き 」 と 受 け 取 っ て 、「 他 力 の お 蔭 で 」 と 喜 ん で い る 人 も い ま す 。 こ れ も 内 容的 に は 大 切 な 受 け 止 め 方 で す が 、 浄土 真 宗 の 他力 と は 違 い ま す 。 多く の も の の お 蔭 で生 か さ れ て い る に も 関 わ ら ず 、 そ れ に 気づ い て い な い こ の 私 を 、 そ の 真 実 に 目 覚 め さ せ て く れ る は た ら き が 、 阿 弥 陀 仏 の は た ら き で あ り 、 他 力 な の で す 。( 一 七 八 ) と あ る の が そ れ で あ る 。「 私 を 生 か し て く れ て い る 多 く の も の の は た ら き 」 と 「 他 力 」 の 関 係 を 言 え ば 、「 私 を 生 か し て く れ て い る 多 く の も の の は た ら き 」 は 「 他 力 」 で は な く 、「 多 く の も の の は た ら き に よ っ て 生 か さ れ て い る 」 と い う こ と を 教 え て く れ る は た ら き が 「 他 力 」 な の で あ る 。   最 後 に 、「 他 力 本 願 」 の 意 味 が 誤 解 さ れ る 理 由 と し て 、「他 力 本 願 」 の 生 き 方 が 、 自 分 で は 何も し な い で 、 他 の 力 に た よ っ て 生 き る と い う 間 違 っ た イ メ ー ジ が あ る と い う と こ ろ に あ る 。 よ っ て 、「 他 力 本 願 」 の 生 き 方 を 明 ら か に す る 必 要 が あ る 。    ‌‌  「 他 力 本 願 」 の 生 き 方 と は 、 自 分 で 何 も せ ず 他 に 頼 る 生 き 方 で は な く 、 自 己 中 心 の 心 か ら 離 れ ら れ ず 真 実 に 背 い た 生 き 方 を し て い る 私 が 、 阿 弥 陀 仏 の は た ら き に 出 遇 う こ と に よ っ て 、 自 ら の 愚 か さ に 気 づ か さ れ る と 同 時 に 、 少 し ず つ で は あ る け れ ど 、 真 実 の 生 き 方 へ と 方 向 転 換 さ れ て い く よ う な 生 き 方 な の で す 。( 一 七 七 ) と あ る の が そ れ で あ る 。   以 上 、「 本 願 」 に つ い て 述 べ て き た が 、 高 校 生 が 耳 に す る 単 語 と し て は 、「 本 願 」 で は な く 、「 他 力 本 願 」 の 方 が 多

(14)

い で あ ろ う 。 そ し て 、 一 般 の 人 が 誤 解 し て い る の と 同 じ く 、「 他 力 本 願 」 は 、 自 分 で 何 も せ ず 、 他 に 頼 る こ と で あ る と 理 解 し て い る 場 合 が 多 い 。 こ れ ら の 誤 解 を 解 く た め に は 、「 他 力 」 と は 、 他 の 力 で は な く 、 阿 弥 陀 仏 の 力 で あ る と い う 説 明 で 終 わ る こ と な く 、 そ の 力と は 、 私 た ち を 真 実 に 導 い て く だ さ る は た ら き で あ る と い う こ と を 明 ら か に す る こ と が 必 要 で あ ろ う 。 そ し て 、 そ の は た ら き こ そ 、 す べ て の 人 を 救 う と い う 「 本 願 ( 本 願 力 )」 の こ と で あ り 、「 他 力 」 な の で あ る 。

 

)〉   次 に 念 仏 に つ い て で あ る が 、 従 来 の 真 宗 要 論 ・ 真 宗 概論 で は 、「 名 号→ 信 心 → 称 名 (念 仏 )( 以 下 、 称 名 と 念 仏 を 同 意 で 用 い る )」 と い う 順 番 で 、 そ の 項 目 が 挙 が る こ と が 多 い 。 こ の 場 合 、 名 号 に は 私 を 救 う す べ て の 徳 が 収 ま っ て お り 、 私を 救 う は た ら き が あ る と 言 い 、 そ れ を 全 徳 施 名 ・ 名 体 不 二 と い う 言 葉 で 説 明 し て い る 。 そ し て 、 そ の 名 号 が 私 の 心 に 届 い た の が 信 心 で あ り 、口 か ら 出 た の が 念 仏 で あ る 。 つ ま り 、念 仏 と は 、信 後 の 報 恩 感 謝 の 念 仏 ( 称 名 報 恩 ) で あ る と す る 。   こ れ は 間 違 い で は な い が 、 こ の よ う な 説 明 は 「 名 号 と い う 何 か 実 体 的 な 存 在 が あ っ て 、 そ れ が 私 に 届 き 、 そ の 時 、 あ り が と う の 念 仏 を 称 え る 」 と 単 純 に 受 け 取 り 、 名 号 の は た ら き は 南 無 阿 弥 陀 仏 の 念 仏 と な っ て 私 に 届 く に も 関 わ ら ず 、「 何 も 受 け 取 っ て い な い の に 念 仏 す る 意 味 が わ か ら な い 、 念 仏 す る 気 に な れ な い 」 と な り か ね な い 。 南 無 阿 弥 陀 仏 と 念 仏 す る と こ ろ に 、 名 号 の 徳 も 称 名 報 恩 の 意 も 明 ら か に な る の で あ る 。 よ っ て 、「 名 号 → 信 心 → 称 名 ( 念 仏 )」

(15)

と い う 説 き 方 で は な く 、念 仏 の 二 つ の 側 面 と し て 、従 来 、名 号 の 徳 と し て 説 い て い た 面 ( 喚 び 声 ) と 、称 名 報 恩 の 面 ( あ り が と う の 念 仏 ) を 、 説 く と い う 形 に し た 。

 

 

  南 無 阿 弥 陀 仏 の 名 号 に つ い て 、    ‌‌  「 南 無 阿 弥 陀 仏 」 と は 仏 さ ま の 名 前 で あ り 、 こ れ を 名 号 と 言 い ま す 。「 南 無 」 と は 、 イ ン ド の 「 ナ マ ス 」 と い う 言 葉 が 変 化 し た 「 ナ モ 」 の 音 写 で 、 も と も と 「 尊 敬 す る 」 と か 「 依 り ど こ ろ に す る ・ た の み に す る 」 と い う 意 味 が あ り ま す 。 よ っ て 、 普 通 は 「 南 無 ・ 阿 弥 陀 仏 」 と は 、「 阿 弥 陀 仏 を 依 り ど こ ろ に し ま す ・ た の み に し ま す 」 と い う 意 味 に な り ま す 。 と こ ろ が 、 親 鸞 聖 人 は 、「 南 無 」 と は 、「 た の み に し ま す 」 と い う 私 か ら の 言 葉 で は な く 、 「 我 を た の め 、 必 ず 救 う 」 と い う 阿 弥 陀 仏 の 「 喚 び 声 」 だ と 言 わ れ て い る の で す 。 と 述 べ て い る 。 こ れ は 、「 六 字 釈 」 に よ っ て い る 。   ま ず 、 善 導 は 『 観 経 疏 』「 玄 義 分 」 に 六 字 を 釈 し 、    ‌‌ 「南 無 」 と い ふ は す な は ち こ れ 帰 命 な り 、 ま た こ れ 発 願 回 向 の 義 な り 。「 阿 弥 陀 仏 」 と い ふ は す な は ち こ れ そ の 行 な り 。 こ の 義 を も つ て の ゆ ゑ に か な ら ず 往 生 を 得 。( 『 七 祖 篇 』 三 二 五 ・『 註 釈 版 聖 典 』 一 六 九 )( 「 行 巻 」 引 用 ) と い う 。 善 導 の 六 字 釈 は 、摂 論 家 の 人 々 が 、『 観 経 』下 々 品 の 念 仏 に は 、浄 土 往 生 を 願 う と い う 願 は あ っ て も 行 が な い( 唯 願 無 行 ) の で 、 即 時 に 往 生 で き な い と い い 、 別 時 意 ( ず っ と 後 に 得 る 利 益 を 即 時 に 得 ら れ る か の よ う に 説 く 説 き 方 ) の 方 便 説 で あ る と 主 張 し た こ と に 対 し て 、 念仏 に は 願 行 具 足 し て い る の で 、 即 時 に 往 生 で き る と い う こ と を 明ら か

(16)

に し た も の で あ る 。   親 鸞 の 六 字 釈 は 、善 導 の 六 字 釈 を 承 け た も の で は あ る が 、願 行 具 足 と い う 観 点 と は 違 っ て い る 。『 教 行 信 証 』「 行 巻 」‌ に は 、    ‌‌ し か れ ば 南 無 の 言 は 帰 命 な り 。 帰 の 言 は 、[ 至 な り 、] ま た 帰 説 な り 、 説 の 字 は 、[ 悦 の 音 な り 。] ま た 帰 説 な り 、 説 の 字 は 、[ 税 の 音 な り 。 悦 税 二 つ の 音 は 告 な り 、述 な り 、人 の 意 を 宣 述 す る な り 。] 命 の 言 は 、[ 業 な り 、招 引 な り 、 使 な り 、教 な り 、道 な り 、信 な り 、計 な り 、召 な り 。] こ こ を も つ て 帰 命 は 本 願 招 喚 の 勅 命 な り 。 発 願 回 向 と い ふ は 、 如 来 す で に 発 願 し て 衆生 の 行 を 回 施 し た ま ふ の 心 な り 。 即是 其 行 と い ふ は 、 す な は ち 選 択 本 願 こ れ な り 。 必 得 往 生 と い ふ は 、 不 退 の 位 に 至 る こ と を 獲 る こ と を 彰 す な り 。『 経 』( 大 経 ) に は 「 即 得 」 と い へ り 、 釈 ( 易 行 品 ) に は 「 必 定 」 と い へ り 。「 即 」 の 言 は 願 力 を 聞 く に よ り て 報 土 の 真 因 決 定 す る 時 剋 の 極 促 を 光 闡 す る な り 。「 必 」 の 言 は [ 審 な り 、 然 な り 、 分 極 な り 、] 金 剛 心 成 就 の 貌 な り 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 一 七 〇 ) と あ る 。 こ れ は 、 約 仏 釈 と 呼 ば れ る も の で 、 仏 の 救 済 の は た ら き を 仏 の 側 か ら 顕 す 解 釈 で あ る 。 要 点 を 言 え ば 、 南 無 と い う の は 、 帰 命 と い う こ と で あ り 、 そ れ は 、 本 願 招 喚 の 勅 命 、 す な わ ち 、 弥 陀 の 喚び 声 だ と い う の で あ る 。 こ こ で は 、 南 無 の 二 字 の 解 釈 に な っ て い る が 、 南 無 阿 弥 陀 仏 の 六 字 に 通 じ る も の で あ る 。   親 鸞 に は 、 別 の 側 面 か ら 釈 す る も の も あ る 。『 尊 号 真 像 銘 文 』 に は 、    ‌‌ 「言 南 無 者 」 と い ふ は 、 す な は ち 帰 命 と 申 す み こ と ば な り 、 帰 命 は す な は ち 釈 迦 ・ 弥 陀 の 二 尊 の 勅 命 に し た が ひ て 召 し に か な ふ と 申 す こ と ば な り 、 こ の ゆ ゑ に 「 即 是 帰 命 」 と の た ま へ り 。「 亦 是 発 願 回 向 之 義 」 と い ふ は 、 二 尊 の 召 し に し た が う て 安 楽 浄 土 に 生 れ ん と ね が ふ こ こ ろ な り と の た ま へ る な り 。「 言 阿 弥 陀 仏 者 」 と 申 す は 、「 即 是 其行 」 と な り 、 即 是 其行 は こ れ す な は ち 法 蔵 菩薩 の 選 択 本 願 な り と し る べ し と な り 、 安養 浄 土 の 正 定 の 業 因

(17)

な り と の た ま へ る こ こ ろ な り 。「 以 斯 義 故 」 と い ふ は 、 正 定 の 因 な る こ の 義 を も つ て の ゆ ゑ に と い へ る 御 こ こ ろ な り 。「 必 」 は か な ら ず と い ふ 、「 得 」 は え し む と い ふ 、「 往 生 」 と い ふ は 浄 土 に 生 る と い ふ な り 。 か な ら ず と い ふ は 自 然 に 往 生 を え し む と な り 、 自 然 と い ふ は 、 は じ め て は か ら は ざ る こ こ ろ な り 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 六 五 五 ) と あ る 。 こ れ は 、 約 生 釈 と 呼 ば れ る も の で 、 衆 生 の 側 か ら 顕す 解 釈 で あ る 。 こ れ に よ る と 、 南 無 と い う の は 、 帰 命 と い う こ と で あり 、 そ れ は 、 釈 迦 ・ 弥 陀 の 仰 せ の ま ま に そ の 招 き に 従 う と い う 言 葉 だ と い う の で あ る 。 こ の 南 無 の 二 字 の 解 釈 も 、 当 然 、 南 無 阿 弥 陀 仏 の 六 字 に 通 じ る も の で あ る (註②) 。   次 に 、 親 鸞 が 念 仏 を 真 実 の 行 で あ る と し て い る こ と を 考 察 す る 。    ‌‌  親 鸞 聖 人 は 、 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え る こ と が 、 真 実 の 行 だ と 言 わ れ て い ま す が 、 そ れ は 、 私 の 行 い に つ い て 言 っ て い る の で は あ り ま せ ん 。 私 の 行 い ほ ど あ て に な ら な い も の は あ り ま せ ん 。 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え て い る の は 私 で す が 、 阿 弥 陀 仏 の 救 い の は た ら き が 私 に 届 き 、 南 無 阿 弥 陀 仏 の 言葉 と な っ て 現 れ て い る の で す 。 私が 称 え て い る ま ま が 、 阿 弥 陀 仏 が は た ら い て くだ さ っ て い る 姿 な の で す 。 つ ま り 、 阿 弥 陀 仏 の は た ら き だ か ら こ そ 、 真 実 の 行 と 言 え る の で す 。( 一 八 一 ) と あ る の が そ れ で あ る 。『 教 行 信 証 』「 行 巻 」 に 、    ‌‌ つ つ し ん で 往 相 の 回 向 を 案 ず る に 、 大行 あ り 、 大 信 あ り 。 大 行 と は す な は ち 無 碍 光如 来 の 名 を 称 す る な り 。 こ の 行 は す な は ち こ れ も ろ も ろ の 善 法 を 摂 し 、 も ろ も ろ の 徳 本 を 具 せ り 。 極 速 円 満 す 、 真 如 一 実 の 功 徳 宝 海 な り 。 ゆ ゑ に 大 行 と 名 づ く 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 一 四 一 )

(18)

と あ る 。 大 行 ( 真 実 の 行 ) と は 、 無 碍 光 如 来 の 名 を 称 す る な り と あ る が 、 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え る と い う こ と で あ る (註③) 。   「 こ の 行 は す な は ち こ れ も ろ も ろ の 善 法 を 摂 し 、 も ろ も ろ の 徳 本 を 具 せ り 」 は 量 徳 、「 極 速 円 満 す 」 は 用 徳 、「 真 如 一 実 の 功 徳 宝海な り 」 は 性 徳 を 表 す と 言 わ れ て い る 。 つ ま り 、 大 行 と は 、 真 如 に か な い 、 無 量 の 徳 を も ち 、 衆 生 を す み や か に 涅 槃 に 至 ら し め る 勝 れ た 行 業 ( お こ な い ) の こ と で あ る 。 そ れ ゆ え 、「 真 実 行 」 と も い わ れ る の で あ る (註④) 。   更 に 、 そ の 行 が 人 間 か ら 出 て き た も の で は な く 、 弥 陀 の 本 願 か ら 出 て き た も の で あ る こ と を 明 ら か に す る 。    ‌‌‌ し か る に こ の 行 は 大 悲 の 願 ( 第 十 七 願 ) よ り 出 で た り 。 す な は ち こ れ 諸 仏 称 揚 の 願 と 名 づ く 、 ま た 諸 仏 称 名 の 願 と 名 づ く 、 ま た 諸 仏 咨 嗟 の 願 と 名 づ く 、 ま た 往 相 回 向 の 願 と 名 づ く べ し 、 ま た 選 択 称 名 の 願 と 名 づ く べ き な り 。 (『 註 釈 版 聖 典 』 一 四 一 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 大 行 は 、 本 願 、 厳 密 に は 第 十 七 願 よ り 出 て き た も の で あ る と す る の で あ る 。『 仏 説 無 量 寿 経 』 の 第 十 七 願 文 を 具 体 的 に 挙 げ れ ば 、 次 の 如 く で あ る 。    ‌‌ 「た と ひ わ れ 仏 を 得 た ら ん に 、 十 方 世 界 の 無 量 の 諸 仏 、 こ と ご と く 咨 嗟 し て 、 わ が 名 を 称 せ ず は 、 正 覚 を 取 ら じ 。」 ( 一 八 )   つ ま り 、 大 行 ( 真 実 の 行 ) で あ る 念仏 は 、 確 か に 私 が 称 え て い る の で す が 、 そ れ は 私 の 自 己 中 心 の 心 か ら 出 て き た も の で は な く 、 阿 弥 陀 仏 の 大 き な 願 い ( 本 願 ) か ら 出 て き た も の で あ り 、 阿 弥 陀 仏 か ら 回 向 さ れ た 行 な の で あ る 。   尚 、 な ぜ 本願 の 中 で 念 仏 が 選 択 さ れ た か と い う こ と に つ い て は 、 法 然 の 『 選 択 本願 念 仏 集 』 に 勝 劣 の 義 と 難 易 の 義 に よ っ て 応 え て い る 。

(19)

   ‌‌ な ん が ゆ ゑ ぞ 、 第 十 八 の 願 に 、 一 切 の 諸 行 を 選 捨 し て 、 た だ ひ と へ に 念 仏 一 行 を 選 取 し て 往 生 の 本 願 と な し た ま ふ や 。 答 へ て い は く 、 聖意 測 りが た し 。 た や す く 解 す る こ と あ た は ず 。 し か り と い へ ど も い ま 試 み に 二 の 義 を も つ て こ れ を解 せ ば 、 一 に は 勝 劣 の 義 、 二 に は 難 易 の 義 な り 。 初 め の 勝 劣 と は 、 念 仏 は こ れ 勝 、 余 行 は こ れ 劣 な り 。 所 以 は い か ん と な ら ば 、名 号 は こ れ 万 徳 の 帰 す る と こ ろ な り 。 し か れ ば す な は ち 弥 陀 一 仏 の あ ら ゆ る 四 智 ・ 三 身 ・ 十 力 ・ 四 無 畏 等 の 一 切 の 内 証 の 功 徳 、 相 好 ・ 光 明 ・ 説 法 ・ 利 生 等 の 一 切 の 外 用 の 功 徳 、 み な こ と ご と く 阿 弥 陀 仏 の 名 号 の な か に 摂 在 せ り 。 ゆ ゑ に 名 号 の 功 徳 も つ と も 勝 と な す 。 余 行 は し か ら ず 。 お の お の 一 隅 を 守 る 。 こ こ を も つ て 劣 と な す 。( 『 七 祖 篇 』 一 二 〇 七 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 勝 劣 の 義 と は 、 念 仏 を 勝 、 余 行を 劣 と す る の で あ る 。 そ の 理 由 と し て 、 名 号 は 万 徳 の 帰 す る と こ ろ で あ る (「 所 帰 万 徳 の 名 号 」) と い う こ と を 挙 げ る 。 そ し て 、 難 易 の 義 に つ い て は 、    ‌‌ 次 に 難 易 の 義 と は 、 念 仏 は 修 し や す し 、 諸 行 は 修 し が た し 。( 中 略 ) 念 仏 は 易 き が ゆ ゑ に 一 切 に 通 ず 。 諸 行 は 難 き が ゆ ゑ に 諸 機 に 通 ぜ ず 。 し か れ ば す な は ち 一 切 衆 生 を し て 平 等 に 往 生 せ し め ん が た め に 、難 を 捨 て 易 を 取 り て 、 本 願 と な し た ま へ る か 。( 『 七 祖 篇 』 一 二 〇 八 〜 一 二 〇 九 ) と あ る 。 念仏 は 易 で 諸 行 は 難 で あ る 。 一 切 の 衆 生 を 平 等 に 往 生 さ せ る た め に 、 難 で あ る 諸 行 を 捨 て 、 易 で あ る 念仏 を 取 っ て 、 本 願 の 中 で 誓 わ れ た の で あ る 。 そ し て 、 結 論 と し て 、    ‌‌ し か れ ば す な は ち 弥 陀 如 来 、 法 蔵 比 丘 の 昔 平 等 の 慈 悲 に 催 さ れ て 、 あ ま ね く 一 切 を 摂 せ ん が た め に 、 造 像 起 塔 等 の 諸 行 を も つ て 往 生 の 本 願 と な し た ま は ず 。 た だ 称 名 念 仏 一 行 を も つ て そ の 本 願 と な し た ま へ り 。( 『 七 祖 篇 』 一 二 〇 九 〜 一 二 一 〇 ) と い う の で あ る 。

(20)

 

 

  一 般 の 人 、特 に 高 校 生 に は 、「 称 名 」「 名 号 」と い っ た 言 葉 は 馴 染 み が な い が 、「 念 仏 」と い う 言 葉 は 知 っ て い る 。 そ こ で 、 念 仏 を 次 の よ う に 規 定 し た 。    ‌‌  念 仏 と は 、文 字 通 り 、も と も と は「 仏 を 念 ず る こ と 」、 つ ま り「 仏 を 心 に 思 い 浮 か べ る こ と 」が 中 心 で し た 。 し か し 、 現 在 、 念 仏 と 言 っ た 場 合 は 、「 仏 の 名 ( 名 号 ) を 称 え る 」 と い う 称 名 念 仏 の 意 味 で 使 わ れ る こ と が 、 ほ と ん ど で す 。 法 然 聖 人 ・ 親 鸞 聖 人 の 伝 え て く だ さ っ た 念 仏 も 、称 名 念 仏 の こ と で す 。 浄 土 真 宗 に お い て 念 仏 と は 、称 名 ( 仏 の 名 を 称 え る こ と )、 つ ま り 「 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え る こ と 」 で す 。( 一 八 二 ) と あ る よ う に 、 念 仏 と は 、「 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え る こ と 」 で あ る が 、 そ の 心 の あ り よ う に よ っ て 、 自 力 の 念 仏 と 他 力 の 念 仏 に 分 か れ る 。    ‌‌  「 南 無 阿 弥 陀 仏 」 と い う 言 葉 は 、 も と も と 「 私 が 、 阿 弥 陀 仏 を た の み に し ま す 」 と い う 意 味 で 、 た く さ ん 称 え る こ と に よ っ て 救 い を 得 よ う と い うも の で し た 。 こ れ を 自 力 の 念 仏 と 言 い ま す 。 し か し 、 親 鸞 聖 人 の 説 か れ た 念 仏 は 他 力 の 念 仏 で あ り 、 た く さ ん 称 え て 、 そ の 見 返 り と し て 救 い が 与 え ら れ る と い う も の で は あ り ま せ ん 。 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え る こ と は 私 の 行 い で は あ る け れ ど 、 実 は 、 仏 の は た ら き が 私 の 上 に 現 れ た よ う な 行 い な の で す 。 称 え て い る ま ま が 、 仏 が は た ら い て い る 姿 な の で す 。 南 無 阿 弥 陀 仏 の 言 葉 を 通 し て 、 限 り な い ひ か り と い の ち の 世 界 に 触 れ る の で す 。 そ れ は 、 教 え を 聞 く こ と と 一 緒 で あ る と 言 っ て も よ い で し ょ う 。( 一 八 二 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 そ し て 、

(21)

   ‌‌  私 が 一 生 懸 命 念 仏 し て 、 そ の 私 の 行 い の 見 返 り と し て 、 浄 土 と い う さ と り の 世 界 に 生 ま れ さ せ て い た だ く の で は あ り ま せ ん 。 仏 の は た ら き を 疑 い な く 受 け 容 れ る 信 心 に よ っ て 、 浄 土 に 生 ま れ さ せ て い た だ く の で す 。 こ れ を 「 信 心 正 因 ( 信 心 が 浄 土 に 生 ま れ る 正 し き 因 )」 と 言 い ま す 。    ‌‌  で は 、 念 仏 は 何 か と 言 え ば 、 仏 さ ま に 対 し て あ り が と う と い う 、 報 恩 感 謝 の 意 味 に な る の で す 。 こ れ を 「 称 名 報 恩 」 と 言 い ま す 。 な ぜ 称 名 が 報 恩 に な る か と い う と 、 念 仏 は 、 仏 さ ま の 願 い に か な っ た 行 為 だ か ら で す 。「 信 心 正 因 ・ 称 名 報 恩 」 は 、 浄 土 真 宗 の 大 切 な 教 義 の 一 つ で す 。 称 名 正 因 で は な い こ と に 注 意 し ま し ょ う 。    ‌‌  つ ま り 、 念 仏 と は 、 私 を 真 実 に 導 く 仏 さ ま の 喚 び 声 で あ る と 同 時 に 、 私 の 側 か ら 言 え ば 、 あ り が と う の 報 恩 感 謝 の 意 味 に な る の で す 。( 一 八 三 ) と 、 信 心 正 因 ・ 称 名 報 恩 の 義 を 明 ら か に し た 。   称 名 報 恩 の 義 に 関 し て は 、『 教 行 信 証 』「 行 巻 」 の 「 正 信 偈 」 に 、    た だ よ く つ ね に 如 来 の 号 を 称 し て 、 大 悲 弘 誓 の 恩 を 報 ず べ し と い へ り 。    ( 唯 能 常 称 如 来 号   応 報 大 悲 弘 誓 恩 )( 『 註 釈 版 聖 典 』 二 〇 五 ) と あ る の が そ れ で あ る 。 な ぜ 称 名が 報 恩 に な る か と い う こ と に つ い て 、「 仏 さ ま の 願 い に か な っ た 行 為 だ か ら で す 」 と 述 べ て い る が 、 も う 少 し 教 義 的 に 述 べ れ ば 、 仏 徳 讃 嘆 の 徳 と 常 行 大 悲 の 徳を 備 え て い る か ら で あ る と 言 え る 。 仏 徳 を 讃 嘆 す る と こ ろ に 、 そ の 仏 徳 が 衆生 に 届 き 衆生 を 教化 す る の で あ る 。 煩 悩 具 足 の 凡 夫 が 、 本当 の 意 味 で 仏 徳 を 讃 嘆 す る こ と は 難 し い が 、『 尊 号 真 像 銘 文 』 に 、    ‌‌ 南 無 阿 弥 陀 仏 を と な ふ る は 仏 を ほ め た て ま つ る に な る と な り 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 六 五 五 ) と あ る よ う に 、 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え る こ と は 、 仏 徳 讃 嘆 に な る の で あ る 。

(22)

  ま た 、 称 名 に は 、 如 来 の 大 悲 を 十 方 世 界 に 伝 え る は た ら き が あ る の で あ る 。 こ れ を 常 行 大 悲 ( 常 に 大 悲 を 行 ず る ) と い う 。『 正 像 末 和 讃 』「 悲 歎 述 懐 讃 」 に    無 慚 無 愧 の こ の 身 に て   ま こ と の こ こ ろ は な け れ ど も    弥 陀 の 回 向 の 御 名 な れ ば   功 徳 は 十 方 に み ち は ま ふ (『 註 釈 版 聖 典 』 六 一 七 ) と あ る の は 、 称 え る 者 に 常 行 大 悲 の 力 が あ る の で は な く 、 弥 陀 の は た ら き で あ る 名 号 が 届 い た 姿 が 称 名 で あ る か ら 、 そ こ に 常 行 大 悲 の は た ら き が あ る と い う こ と を 表 し て い る 。   こ の よ う に 、 称 名 は 「 あ り が と う の 念 仏 」 で あ る と 同時 に 、 仏 徳讃 嘆 と 常 行大 悲 と い う 利 他 の 徳 が 行 ぜ ら れ て い る こ と に な る の で 、 菩 薩 の 報 恩 行 と 同 じ 意 味 を も つ の で あ る 。『 浄 土 和 讃 』「 讃 弥 陀 偈 讃 」 に    仏 慧 功 徳 を ほ め し め て   十 方 の 有 縁 に き か し め ん    信 心 す で に え ん ひ と は   つ ね に 仏 恩 報 ず べ し (『 註 釈 版 聖 典 』 五 六 五 ) と あ る の は 、 こ の 意 で あ る 。   以 上 、名 号 → 信 心 → 称 名( 念 仏 )と い う 形 で は な く 、念 仏 の 二 つ の 側 面 と し て 、従 来 、名 号 の 徳 と し て 説 い て い た 面( 喚 び 声 ) と 、 称 名 報恩 の 面 ( あ り が と う の 念 仏 ) を 、 説く と い う 形 に し た 。 そ れ は 名 号 や 称 名 と い う 言葉 よ りも 、 念 仏 と い う 言 葉 の 方 が 一 般 の 人 に と っ て 、 馴 染 み が あ る と 思 わ れ る か ら で あ る 。   更 に 、 現 代 に お け る 伝 道 、 特 に 高 校 生 な ど の 若 い 人 へ の 伝 道 と い う こ と を 考 え た 時 、 念 仏 と 言 っ た 場 合 、 称 名 報 恩 の 意 よ り も 、 南 無 阿 弥 陀 仏 の 念 仏 は 仏 さ ま の 喚 び 声 で あ る と い う 面 か ら 説 明 す べ き で あ ろ う (註⑤) 。

(23)

  そ し て 、「 南 無 阿 弥 陀 仏 の 念 仏 は 、 自 ら が 称 え て い る ま ま が 、 仏 さ ま の 喚 び 声 を 聞 く こ と で あ り 、 も う 少 し 具 体 的 に 言 え ば 、 教 え を 聞 く こ と で あ る と い っ て も よ い で あ ろ う 。」 こ の よ う な 表 現 を と る こ と に よ っ て 、 は じ め て 浄 土 真 宗 の み 教 え や 念 仏 に 出 遇 っ た 人 も 受 け 取 り や す く な る の で は な い だ ろ う か 。

  以 上 、「 本 願 」 と 「 念 仏 」 に つ い て 、 そ の 出 拠 を 明 ら か に し 、 教 義 的 根 拠 を 示 し た 。 そ し て 、 そ の 教 義 を 高 校 生 に 理 解さ せ る 為 に 、 ど の よ う な 表 現 方 法 が適切 か 検 討 し て み た が 、 一 つ の ポ イ ン ト は 、 で き る だ け 高 校 生 が 聞 い た こ と の あ る 言 葉 を 使 う と い う と こ ろ に あ る 。 た だ 、 そ れ に よ っ て 、 世 間 一 般 に 誤 解さ れ て い る 意 味 と 混 同 さ れ る 危 険 性 は あ る が 、 そ れ を 正 し て い く 方 向 に 進 む べ き で あ ろ う 。   「 本願 」 に つ い て 語 る 場 合 、「 他 力 本願 」 と い う 言 葉を 中 心 に 「 他 力」 や 「 本願 」 を 語 る の で あ る が 、 誤 解 さ れ て い る 意 味 を 是 正 す る と 共 に 、「 他 力 と は 他 の 力 で は な く 阿 弥 陀 仏 の 力 で あ る 」 と い う 表 面 的 な 言 葉 の 意 味 の 説 明 だ け で な く 、 そ の 内 容 を 詳 し く 伝 え る 必 要 が あ る だ ろ う 。 そ こ に 「 本 願 」 や 「 他 力 」 の 意 味 も 明 ら か と な り 、 言葉 の 誤 解 も 解 け る は ず で あ る 。   「 念 仏 」 に つ い て 語 る 場 合 も 、「 名 号 」「 称 名 」 と い っ た 言 葉 を 使 い す ぎ ず 、 で き る だ け 「 念 仏 」 と い う 言 葉 に そ の 両 方 の 意 味 を 含 む と い う 方 向 で 説 明 し た 方 が 理 解 し や す い で あ ろ う 。   更 に 、 大 谷 光 真 氏 が 、「 浄 土 真 宗 で は 、『 念 仏 を 称 え れ ば 救 わ れ る 』 よ り も 、『 念 仏 を 称 え る 身 に な っ て 救 わ れ る 』 と 言 う 方 が し っ く り し ま す 。 念 仏 を 救 い の 条 件 と し な い か ら で す 。( 『 世 の な か 安 穏 な れ 』七 二 )」 と 述 べ て い る よ う に 、

(24)

『 念 仏 を 称 え る 身 に な っ て 救 わ れ る 』 の よ う な 表 現 を 積 極 的 に 使 っ て い く の も 大 切 な 方 向 性 で あ ろ う 。 ( 註 1 ‌‌ ) 自 力 と は 、「 信 罪 福 心 」 で あ る と も 言 わ れ る 。 信 罪 福 心 と は 、 罪 は 苦 果 を 招 き 、 福 は 楽 果 を 招 く と い う 、 善 因 楽 果   悪 因 苦 果 の 道 理 を 信 じ る 心 の こ と で あ る 。 ( 註 2 ‌‌ ) 蓮 如 『 御 文 章 』 三 帖 の 七 に は 、『「 南 無 」 の 二 字 は 、 衆 生 の 阿 弥 陀 仏 を 信 ず る 機 な り 。 つ ぎ に 「 阿 弥 陀 仏 」 と い ふ 四 つ の 字 の い は れ は 、 弥 陀 如 来 の 衆 生 を た す け た ま へ る 法 な り 。 こ の ゆ ゑ に 、 機 法 一 体 の 南 無 阿 弥 陀 仏 と い へ る は こ の こ こ ろ な り 。( 『 註 釈 版 聖 典 』 一 一 四 七 )』 と あ る 。 こ れ に よ る と 、 南 無 と は 、「 弥 陀 を た の む 信 心 ( 機 )」 、 阿 弥 陀 仏 と は 、「 必 ず 助 け る ( 法 )」 の こ と で あ り 、 そ の 機 と 法 が 離 れ た も の で は な く 一 つ で あ る と い う こ と を 、「 機 法 一 体 の 南 無 阿 弥 陀 仏 」 と 言 わ れ て い る 。 ( 註 3 ‌‌ )「 大 行 と は 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 す る な り 」 と 言 わ ず 、「 大 行 と は 無 碍 光 如 来 の 名 を 称 す る な り 」 と 言 わ れ た の は 、 曇 鸞 の 『 論 註 』 下 巻 の 讃 嘆 門 釈 に よ っ て い る か ら で あ り 、 そ れ に つ い て 、 梯 實 圓 氏 は 、 三 つ の 理 由 を 挙 げ て い る 。     ① 本 願 の 念 仏 は 、 真 実 の 意 味 に お い て 仏 徳 を た た え る 讃 嘆 の 行 ( 如 実 讃 嘆 ) で あ る と い う こ と が 明 ら か に な る か ら 。     ② ‌‌ 尽 十 方 無 碍 光 如 来 と い う み 名 は 、 そ れ を い た だ い て 称 え る 人 々 の 無 明 ( 疑 惑 ) の 闇 を 破 り 、 往 生 成 仏 の 願 い を 満 足 せ し め る と い う す ば ら し い は た ら き を も っ て い て 、 よ く 成 仏 の 因 と な る と い う い わ れ が 明 ら か に な る か ら 。     ③ ‌‌ 「 南 無 阿 弥 陀 仏 と 称 え る 」 と い っ た の で は 、 そ れ が 自 力 念 仏 か 他 力 念 仏 か の 区 別 が つ か な い が 、『 往 生 論 註 』 の 讃 嘆 門 の 釈 に よ る こ と に よ っ て 、 大 行 と い わ れ る 称 名 は 名 号 の い わ れ に か な っ て 称 え る 如 実 の 称 名 で あ り 、 三 信 ( 一 心 ・ 信 心 ) を 具 え て い る 他 力 の 称 名 で あ る と い う こ と が 明 確 に な る か ら 。 ‌ (『 聖 典 セ ミ ナ ー 教 行 信 証 [ 教 行 の 巻 ]』 一 七 六   参 照 ) ( 註 4 ‌ ) 真 実 行 は 、私 の 行 い で は な く 、仏 の は た ら き で あ る 。 そ れ は 、名 号 に そ の 功 徳 が あ る か ら だ と い う 場 合 が あ る 。『 一 念 多 念 証 文 』 に 、「 真 実 功 徳 と 申 す は 名 号 な り 。 一 実 真 如 の 妙 理 、 円 満 せ る が ゆ ゑ に 、 大 宝 海 に た と へ た ま ふ な り 。」 (『 註 釈 版 聖 典 』 六 九 〇 )

(25)

と あ る の が そ れ で あ る ( 註 5 ‌‌ ) 大 谷 光 真 氏 は 次 の よ う に 述 べ て い る 。「 私 は 現 代 人 に は 、「 南 無 阿 弥 陀 仏 」 は 感 謝 の お 念 仏 だ と 説 く 前 に 、 阿 弥 陀 さ ま が 私 を 喚 ん で い て く だ さ る お 喚 び 声 だ と 伝 え る 方 が 理 解 さ れ や す い の で は な い か 、 と 最 近感 じ て い ま す 。」 (大 谷 光 真 『 浄 土 真 宗 の こ れ か ら 』 三 三 )。             宗 教 教 育   本 願   念 仏   表 現 方 法

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :