• 検索結果がありません。

福岡県 福岡県果樹農業振興計画 目標年度平成 37 年度 計画期間平成 28~32 年度 平成 29 年 3 月 福岡県

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "福岡県 福岡県果樹農業振興計画 目標年度平成 37 年度 計画期間平成 28~32 年度 平成 29 年 3 月 福岡県"

Copied!
26
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

福岡県果樹農業振興計画

目標年度 平成37年度

計画期間 平成28~32年度

平成29年3月 福 岡 県

福岡県

(2)
(3)

福岡県果樹農業振興計画 目次

1 福岡県における果樹農業の現状 ・・・1

2 果樹農業の振興に関する方針 ・・・1

(1)競争力の高い商品づくりのための生産力を強化 ・・・2

(2)経営安定に向けた生産基盤の整備を促進 ・・・10

(3)多様なニーズに対応する生産・出荷体制を確立 ・・・11

(4)県産果実の販売・消費を拡大 ・・・12

〈計画関係資料〉 ・・・13

(4)

1 福岡県における果樹農業の現状

本県果樹の平成27年度栽培面積は6,220ha(全国10位)、産出額は244億 円(全国10位)となっています。

品目別では、かきやうんしゅうみかん、ぶどうを始めとして、キウイフルーツやいち じく等、多様な品目の生産を展開し、それぞれが全国有数の産地を形成しています。

しかしながら、生産農家の高齢化や後継者不足に加え、資材の高騰による生産コスト の増加、温暖化による生産環境の変化等により、果樹農家の経営は厳しい状況が続いて おり、果樹全体の栽培面積は、最近5年間で1,170ha 減少しています。

また、消費者の食生活や嗜好の変化に伴い、国内における果実の消費量が減少し、価 格の伸び悩びが続いている一方で、消費者の果実品質に求めるニーズが以前を増して高 まってきています。

こうした状況を踏まえ、福岡の果樹産地の振興を図るためには、消費者から選ばれる 高品質な果実の安定供給と、果樹農家の生産基盤の強化が喫緊の課題となっています。

2 果樹農業の振興に関する方針

◎「競争力のある果樹農業の実現」を目指し、次のことに取り組みます。

(1)競争力の高い商品づくりのための生産力を強化

(品目別の振興方針)

・県独自品種等の優良品種の生産を拡大

・品質向上・省力技術の開発・普及や施設の導入により高品質安定生産を推進

(2)経営安定に向けた生産基盤の整備を促進

・改植と園地整備により作業効率のよい優良園地を確保

・優良園地を明確化し担い手への集積を促進

・園地整備と併せた高性能省力機械や省力技術の導入により規模拡大を促進

・品目に合った施設栽培の導入を促進

・収入保険制度、果樹共済への加入を促進

・鳥獣害対策を促進

(3)多様なニーズに対応する生産・出荷体制を確立

・広域集出荷体制の構築と消費者ニーズに対応した選果場の整備を推進

・パッケージセンターの活用を促進

・アジア向けを中心とした輸出を促進

・安全・安心果実を届ける生産・出荷を促進

(4)県産果実の販売・消費を拡大

・販売促進活動を通じて県産果実の認知度を向上

・加工・業務用果実の販路を拡大

・6次化商品の製造・販売を促進

・食育と連携した県産果実への理解を促進

・毎日くだもの200g運動の推進

(5)

2(1)競争力の高い商品づくりのための生産力を強化

<品目別の振興方針>

【現状及び課題】

本県は、栽培面積1,410ha(全国9位)の主産県であり、「早味かん」や

「北原早生」等の優良品種の導入を進めるとともに、糖度基準により、園地ごとに 生産・販売を区分し、品質のばらつきをなくし、高品質な果実を有利に販売する取 組みを進めています。

一方で、急傾斜地を中心に面積が減少しており、生産量を維持するためには、作 業効率のよい優良園地の集積による、担い手の規模拡大を促進することが必要です。

【方 策】

・優良品種による高品質リレー販売の実現

糖度の上がりにくい極早生品種から、「早味かん」や「北原早生」等の優良品種 への転換を図ります。また、山間部に適した「青島温州」等の晩生品種を、小木化 のためのわい性台木「ヒリュウ台」を活用して導入をすすめます。

加えて、高品質果実を継続して提供するため、優良品種のない時期に出荷が可能 な系統を育成・探索し、導入を目指します。

・シートマルチ栽培による高糖度果実の安定生産 優良品種の特長を最大限に発揮するため、シ

ートマルチ栽培の導入を推進するとともに、点 滴かん水等による水管理の徹底により、高糖度 みかんの生産拡大を図ります。

・中晩 柑の 品質 向上

需 要の 低い 品種 から「 不知 火」 等の 優良

品種へ の更 新を 推進 すると とも に 、栽培 技術 の 向上 によ り、高品質 果実 の安 定生 産を行 いま す。

・園地 整備 によ る優 良園地 の確 保

傾斜の緩和や作業道設置などの園地整備に併せて、スピードスプレーヤなどの高性 能省力機械の導入を推進し、作業の効率化を図るとともに、優良園地を担い手に集積

し、生産量の減少を抑制します。

【施策目標】

基準(27年度) 目標(32年度)

「早味かん」栽培面積 高糖度みかん出荷割合

38ha 23%

80ha 33%

かんきつ(優良品種導入と園地整備により競争力のある産地へ)

園地整備後のシートマルチ栽培

(6)

【現状及び課題】

本県は、栽培面積1,720ha(全国3位)のかきの主産県ですが、価格の低迷 や、天候不順による病害虫や生理障害の多発等、厳しい経営が続いています。

一方、販売が始まった「秋王」は、糖度が高くサクサクした食感や種がほとんどな く食べやすいなど、評価が高く高価格で販売されており、栽培技術の確立による高品 質安定生産が急務となっています。

【方 策】

・「秋王」の安定生産と拡大

「秋王」は、結実安定や高品質生産のための栽 培技術を確立するとともに、「伊豆」や「松本早 生富有」からの転換を促進し、生産拡大と安定供 給を図ります。

また、ブランド確立のため、高級フルーツ店と の取引を重点的にすすめるとともに、貯蔵技術を 確立し、高価格での長期販売を実現します。

・「富有」の高付加価値販売

主力品種である「富有」は、冷蔵柿の数量を確保し、計画的な長期出荷と市場シェ アの確保により、高付加価値販売を行います。

・生産安定技術の確立と普及

フジコナカイガラムシの新たな防除技術を確立・普及するとともに、「早秋」では、

炭そ病の防除や着果管理等の徹底により、収量の安定を図ります。

・生産基盤の整備と複合化による経営の安定・拡大

改植時の園地整備と併せて、高性能省力機械や、平棚栽培や低樹高ジョイント整枝 などの省力樹形の導入により管理作業を効率化するとともに、ぶどうやいちじく等の 他品目の導入により経営の安定・拡大を図ります。

【施策目標】

基準(27年度) 目標(32年度)

「秋王」栽培面積 冷蔵柿の出荷量

34ha 2,035t

100ha 2,000~2,500t

かき(「秋王」を中心とした高品質果実の安定生産)

「秋王」

(7)

【現状及び課題】

本県は、栽培面積839ha(全国6位)の主産県です。大きく食べやすい、「種 なし巨峰」や「ピオーネ」に加え、近年 は、皮ご と食 べられ る「シャインマスカッ ト」等の種なし大粒系品種の需要が 高ま ってい ます 。

一 方 で 、 天 候 不 順 に よ る 着 色 不 良 や 、 露 地 栽 培 に お け る 病 害 や 房 枯 れ な ど の 生理障 害の 多発 によ り、収量 が不 安定と なって おり 、さらな る施設 の導 入が 必要 で す。

【方 策】

・競争力のある「種なし大粒系品種」の生産拡大

消費者ニーズが高く、生産が安定している「種なし巨 峰」や「ピオーネ」、皮ごと食べられる「シャインマス カット」を、省力化技術である短梢せん定栽培や、施設 の導入と併せて、引き続き生産拡大を図ります。

・黒色品種の着色対策

「巨峰」、「ピオーネ」では、環状はく皮等による着 色向上対策に取り組むとともに、高温下でも着色の優れ る大粒系黒色品種を早期に育成し、導入を図ります。

・「シャインマスカット」の生産安定技術の確立対策 消費者の人気が高い「シャインマスカット」の生産を

拡大するとともに、枝管理や房つくりなどの栽培技術を 確立・普及し、食味や外観のばらつきのない果実の生産 を図ります。

・作型の組み合わせによる経営規模の拡大

12 月 から 加温 を始め る超 早期 ハウ スから トン ネル まで の作型 の組 み合 わせ に よ り 、 経 営 規 模 の 拡 大 を 促 進 し ま す 。 ま た 、 加 温 ハ ウ ス で は 、 自 動 換 気 装 置 や 多重被 覆施 設 等 の 導 入によ り、無 駄な 燃 油使用 を抑 え、コ ス ト削減 を図 りま す。

【施策目標】

基準(27年度) 目標(32年度)

種無し大粒系品種の栽培面積 166ha 1 8 0 ha

ぶどう(消費者人気の高い「種なし大粒系品種」の生産拡大

「シャインマスカット」

「ピオーネ」

(8)

ジョイント整枝栽培

【現状及び課題】

本県は、栽培面積439ha(全国9位)の主産県です。温暖化に伴う需要期の 他県産との競合や、梅雨期の食味低下等により、西南暖地の特性を活かした早出し 産地の優位性が薄れています。

また、県内の品種構成は「幸水」と「豊水」に特化しており、樹齢の進行や気象 災害により樹勢が低下し、収量の減少や、発芽不良などの生理障害が増えつつあり ます。

改植により園地の若返りを図り、高品質安定生産に向けて生産基盤を強化する必 要があります。

【方 策】

・優良 品種 の 育 成 ・ 導入

7 月 に 出 荷 可 能 で 食 味 の 優 れ る 優 良 系 統 を 育 成 し 、 早 期 に 導 入 を 図 る と と も に、「 幸水 」「 豊水 」に偏 った 品種 構成 の適正 化を 行 い ます 。

・園地の 若返 りと併 せた早 期成 園化・省 力樹形 の 導入

老 木園 は 、優良 品種へ 改植 し 、園地 の若返 りを図 りま す。

また、改植 時に は、早期成 園化 や、整枝 せ ん定等 の省 力・簡素 化のた め、ジョ イン ト整 枝等の 省力 樹形 の導 入を促 進し 、担 い手 の規 模拡大 を図 りま す。

・気象 災害 に強 いな し産地 の育 成

「 豊 水 」 や 「 あ き づ き 」 な ど の 中 晩 生 品 種 は 、 台 風 に よ る 被 害 を 防 ぐ た め 、 防風ネ ット の整 備や 棚の強 化に より 、台 風に強 い園 地づ くり を推進 しま す。

ま た 、 発 芽 不 良 対 策 と し て 、 改 植 に よ る 樹 の 若 返 り や 、 排 水 対 策 等 の 園 地 条 件、せ ん定 ・施 肥技 術 の 改 善 等 に よ り、 健全な 樹 体 を育 成し ます。

【施策目標】

基準(27年度) 目標(32年度)

ジョイント整枝等の導入面積 28ha 40ha

なし(優良品種への改植に併せた省力樹形導入による規模拡大)

(9)

【現状及び課題】

本県は、栽培面積305ha(全国2位)のキウイフルーツの主産県です。消費 拡大が予想される中、黄色系で糖度が高い県育成品種「甘うぃ」の販売が開始され、

キウイフルーツの生産拡大に向けた機運が高まっています。

一方、キウイフルーツかいよう病(Psa3 系統)や、立枯れ症等の生理障害が発生 しており、発生防止対策の徹底が必要です。

【方 策】

・「甘うぃ」の導入による新たな産地育成と生産拡大 「甘うぃ」の高品質生産技術を早期に確立

し、生産を拡大します。

また、新たにキウイフルーツを導入する産 地を育成するとともに、広域一元集荷体制を 構築し、規格の徹底による高品質果実販売を 促進します。

・高糖度商品の安定供給

栽培管理を徹底し、「ヘイワード」の高糖 度商品である“博多甘熟娘れ っ こ”や“博多甘あま

を安定して供給するとともに、「甘うぃ」や「レインボーレッド」と併せて、高糖 度キウイフルーツのリレー販売を確立します。

・安定生産対策

キウイフルーツかいよう病(Psa3系統)の発生を防ぐため、マニュアルに基づく 防除対策を徹底するとともに、オス木の植栽や花粉精選機の導入をすすめ、健全な 自家花粉を安定して確保します。

また、立枯 れ症 や連 作障害 に強 い台 木を 早期に 選抜 し、 普及 を図り ます 。

【施策目標】

基準(27年度) 目標(32年度)

「甘うぃ」栽培面積

高糖度商材の出荷割合

12ha 81%

28ha 86%

※高糖度商材:ヘイワード(博多甘熟娘、博多甘香)、レインボーレッド、甘うぃ

キウイフルーツ(「甘

あま

うぃ」を起爆剤とした生産拡大)

新品種「甘うぃ」

(10)

【現状及び課題】

本県は、栽培面積115ha(全国2位)のいちじくの主産県で、県育成品種「と よみつひめ」は、首都圏での販売が拡大しており、高価格で販売されています。一 方で、降雨や夏季の高温により商品化率が低下し、出荷量が不足するなどの問題が 顕在化しています。

このため、施設の導入や安定生産のための技術確立により、価格の維持と収量の 安定を図ります。

【方 策】

・施設化等による安定生産

収穫期の降雨による商品化率の低下を抑えるため、ハウス・トンネル等の施設栽 培や、シートマルチ栽培を拡大します。また、高温による異常成熟を防止する栽培 技術を確立・普及し、生産安定を図ります。

・パッケージセンターの活用推進

各産地でのパッケージセンターの活用を進め、出荷調整労力の軽減による個別面 積の維持・拡大を促進します。また、光殺菌装置の活用による出荷後の腐敗防止や、

規格の徹底による産地間での品質のバラツキ解消を推進します。

また、消費者へのPR活動を積極的に行うとともに、加工・業務用を含めた多様 な販売ルートを確保し、県産いちじくのブランド確立を図ります。

・改植による収量安定を推進

県育成の株枯病抵抗性台木品種「キバル」の 導入により、株枯病発生ほ場における改植を促 進し、収量の安定を図ります。

【施策目標】

基準(27年度) 目標(32年度)

「とよみつひめ」雨よけ栽培割合 パッケージセンター取扱率

40%

5 7 %

4 8 % 7 0 %

いちじく(「とよみつひめ」の安定生産とブランド確立

「とよみつひめ」の施設栽培

(11)

【現状及び課題】

本県産のももは、加温ハウスによる早生種の早期出荷や、大玉で糖度の高い中晩 生種のリレー販売等、地域の状況に合った多様な栽培が行なわれていますが、開花 期の天候不順や夏季高温により、収量、品質が不安定です。

また、近年、気候変動が要因と思われる若木が枯死する障害の発生が多くなって おり、発生防止対策の検討が必要です。

【方 策】

・施設化及び平棚栽培の導入

施設化や平棚栽培の導入により、収量の安 定と、高品質な果実生産を促進し、有利販売

を行います。

・優良品種への改植

優良な早生・中生系統の探索を進め、改植を推進するとともに、若木の枯死対策 として、「ひだ国府紅しだれ」等の新たな台木の検討を行います。

【現状及び課題】

すももは、西南暖地の特性を活かし、早出しによる有利販売を行っていますが、

結実が不安定であるため、生産量の年次格差が大きく、また老木化による樹勢低下 で収量が減少しつつあります。

【方 策】

・施設化及び平棚栽培の導入

施設化を促進し、早出しによる有利販売を行い ます。また平棚栽培の導入をすすめ、収量の安定 と省力化を図ります。

・改植に合わせたジョイント整枝の導入

根強い人気のある「大石早生」、「ソルダム」は、改植により若返りを促進する とともに、「貴陽」をはじめとした優良品種の導入を図ります。また、改植時には ジョイント整枝を導入し、早期成園化と省力化を図ります。

もも(優良品種の導入と施設化等による高品質安定生産の推進)

すもも(優良品種の導入とジョイント栽培の普及推進)

加温ハウスでの平棚栽培

すもものジョイント整枝

(12)

○う め

大梅から小梅まで幅広い消費者のニーズに応じた 品種を導入するとともに、省力 化の ため 、低樹 高化 を推進 しま す。

○び わ

低樹高栽培による省力化や、パッケージセンター の活用による出荷調整労力の軽減を進めます。

○りんご

既存産地を対象に、栽培管理の徹底により、高品 質果実の生産を図るとともに、直売や観光、加工・

業務用出荷など多様な需要へ対応します。

○特産果樹

ゆずは、中山間地域の既存産地を中心に、低樹高 化による省力かつ持続可能な栽培技術の定着を図る とともに、生果流通と併せて加工・業務用向けの生 産支援を行います。

各産地で振興品目として位置づけられたブルーベ リー等の果樹については、需要に合わせて適正生産 を図ります。

地域に根差したその他の果樹

(13)

作業性の良い園地への整備

2(2) 経営安定に向けた生産基盤の整備を促進

改植に併せた園地整備により優良園地を確保するとともに、園地の区分・流動化によ り担い手へ集積し、果樹農家の規模拡大と栽培面積の減少抑制に取組みます。

○改植と園地整備により作業効率のよい優良園地を確保 優良品種への改植に併せて、傾斜の緩和や作

業道の設置等を行い、作業効率が良く、省力化が 可能な園地への整備を進め、優良園地を確保しま す。

果樹は、未収益期間が長いことから、農家毎 に長期的な改植計画の設定を促進するともに、

借 地 を 活 用 す る 等 、 計 画 的 な 改 植 を 推 進 し ま す。

○優良園地を明確化し担い手への集積を促進

各地域の産地協議会等を核として、園地データの整備や地域との話し合いを通じ て、維持すべき優良園地を明確化するとともに、優良園地の遊休化を防ぐため、農地 中間管理機構等と連携して担い手への集積を促進します。

○園地整備と併せた高性能省力機械や省力技術の導入により規模拡大を促進

園地整備と併せて必要となる高性能省力機械等の導入を促進します。また、管理 作業の省力・簡素化のため、平棚栽培やジョイント整枝等の省力技術の導入を進め、

雇用労力を活用しやすい基盤を整備し、経営規模の拡大を促進します。

○品目に合った施設栽培の導入を促進

安定生産のための施設化を推進するとともに、加温栽培や品種の組み合わせにより 作型を分散し、規模拡大を図ります。

また、12~1月に加温を始める加温栽培では、自動換気装置や多重被覆施設等 の省エネ設備の導入を推進し、燃油使用量の低減を図ります。

○収入保険制度・果樹共済への加入を促進

自然災害や販売環境による減収を補填するためのセーフティーネット措置とし て、収入保険制度や果樹共済への加入を促進します。

○鳥獣害対策を促進

イノシシやカラス等による果実被害を防止するため、侵入防止柵や防鳥ネット の整備のほか、捕獲従事者の育成や、環境整備等の地域ぐるみの 対策を併せて促 進します。

10

(14)

パッケージセンターでの いちじく調整風景

2(3) 多様なニーズに対応する生産・出荷体制を確立

○広域集出荷体制の構築と消費者ニーズに対応した選果場の整備を推進

「秋王」「甘うぃ」は、導入して間もないことから、ロットを集約し、規格の徹底 による高品質果実の出荷を行うため、広域集出荷体制を構築し、早期にブランドを確 立します。

また、JAの大量ロット販売を継続するとともに、品質の高い果実の区分販売や、

日持ち性の向上による付加価値の高い販売を行うため、非破壊式光センサーや光殺菌 装置等を整備します。

○パッケージセンターの活用を促進

家庭における出荷調整作業の労力を軽減で きるだけでなく、消費者や実需者が求める規 格・荷姿に対応できるパッケージセンターの利 用が増加しており、夏季の品目であるいちじく やすもも、ぶどう等の果樹の取扱いが拡大しつ つあります。

今後も、実儒者ニーズへのきめ細やかな対応 による有利販売と、生産者の経営規模の維持・

拡大のため、パッケージセンターの活用を促進 します。

○アジア向けを中心とした輸出を促進

九州農産物通商(株)や関係団体と連携し、県 産果実の輸出に取組んでいますが、輸出国の病 害虫検疫に係る規制や農薬残留基準等により、

輸出量が伸び悩んでいます。

各国の輸入条件にきめ細かく対応するため、

輸出専用園地の設定や選果場設備の整備等、産 地における生産・出荷体制を構築し、輸出量の 拡大を促進します。

○安全・安心果実を届ける生産・出荷を促進

食の安全・安心に対する意識の高まりに応えていくため、生産・出荷の過程で、生 産者等が自主的に安全・安心確保対策を行えるよう、GAPの導入・運用を促進しま す。

かき、あまおう販促フェア(タイ)

11

(15)

2(4) 県産果実の販売・消費を拡大

○販売促進活動を通じて県産果実の認知度を向上 関係機関・団体と連携し、トップセールスや試 食会等の販売促進活動を積極的に実施し、果実の 持つおいしさや機能性を実儒者・消費者に伝え、

県産果実の認知度向上と消費拡大を図ります。

○加工・業務用果実の販路を拡大

首都圏をはじめとした高級スイーツ店や食品業者 等、特長のある果実を求める事業者での取扱い拡大 を積極的に推進し、販路を拡大します。

また、うんしゅうみかんを主体とするかんきつ類 の加工用仕向け果実は、生果の需給調整機能を有し ていることから、関係団体と連携し計画的な原料供 給を図ります。

○6次化商品の製造・販売を促進

消費者ニーズを捉えた6次化商品の開発や改良を 促進するとともに、関係機関・団体と連携し、展示 会や商談会等を通じた販路開拓の取組を支援しま す。

また、青果と併せて販売を促進し、果実の消費拡 大を図ります。

○食育と連携した県産果実への理解を促進

学校等と連携して、幼少期から県産果実の摂取を促進するとともに、果実の機能性 について幼児・児童・生徒や保護者に、理解促進を図ります。

○毎日くだもの200g運動の推進

全国的な運動である“毎日くだもの200g運動

”を推進し、果実のおいしさだけでなく、健康維持 などに有効な機能性や、果実の選び方・食べ方等、

様々な情報発信を行い、消費拡大を図ります。

知事によるトップセールス

「とよみつひめ」を使ったお菓子

(福岡県菓子工業組合)

「秋王」を使ったケーキ

(カフェコムサ)

12

(16)

<計画関係資料>

1 「福岡の果樹」産地構造改革計画(果樹産地構造改革計画)

県内30地域、 89 産地(平成29 年3月時点)において 、 産地の目指 すべき具体的な 姿を 定めた産地構造改革計画 を策定し、実現に向けた取 組みを行っています。

【計画期間】 平成28~32年度 【計画の内容】

【担い手の考え方】

○ 産地の中心的役割を担う農業者であり、産地が一体となって育成を図る もの

○ 果樹産地の構造改革を推進する観点から、10 年後も果樹生産を続け、産 地の戦略に基づく取 組を実施する農家

項 目 目標及び取組み内容

人材戦略 ① 担い手の考え方、担い手数の目標

② 認定農業者、新規就農者等の支援手段

流通販売戦略

①消費 者・ 実儒 者 のニ ーズ に応 じた 果 実を 供給 する た めの取組み

② 多様な販売ルートの確保に向けた取組み

③新たな流通体制の整備に向けた取組み 等

生産戦略

① 農地利用計画

② 生産を振興する品目・品種

③ 品目・品種別の生産目標、計画

④ 今後導入すべき新技術

⑤ 加工・業務用果実の生産・出荷目標、計画 等

そ の 他 ① 経営支援の強化

② 安全・安心な果実づくり対策 等

13

(17)

果樹産地構造改革計画策定産地一覧(平成28~32年度)

普及指導センター名 果樹産地協議会名 産地数 策定品目名

福 岡

JA福岡市 1 ぶどう

JA福岡市東部地域 2 かんきつ、びわ

糸島地域 6 かんきつ、ぶどう、もも、かき、キウイフルーツ、いちじく

小 計 3 9

北筑前

宗像地域 4 かんきつ、いちじく、びわ、すもも

JA粕屋 4 かんきつ、キウイフルーツ、いちじく、すもも

小 計 2 8

朝 倉 朝倉地域 7 かき、なし、ぶどう、もも、すもも、いちじく 、 キウイフルーツ

小 計 1 7

久留米

JAにじ地域 6 かき、なし、ぶどう、もも、いちじく 、 キウイフルーツ

JAみい地域 1 いちじく

久留米地域 5 かき、ぶどう、なし、いちじく、もも

JAみづま地域 1 いちじく

久留米市田主丸地域 1 ぶどう・かき・いちじく

小 計 5 14

北九州

遠賀地域 3 びわ、いちじく、かんきつ

北九州西部地域 1 いちじく

北九州東部地域 1 いちじく

小 計 3 5

飯 塚

福岡嘉穂地域 4 なし、かき、ぶどう、いちじく

直鞍地域 3 ぶどう、いちじく、キウイフルーツ

宮小路果樹組合 1 なし・りんご

小 計 3 8

田 川 田川地域 3 なし、ぶどう、いちじく

小 計 1 3

南筑後

柳川地域 2 ぶどう、いちじく

南筑後地域 10 みかん、ハウスみかん、山川ぶどう、大牟田ぶどう、いちじく 、 キ ウイフルーツ、すもも、なし、もも、ブルーベリー

福岡大城地域 1 いちじく

山川地域 1 かんきつ

大牟田地域 1 かんきつ

シトラス21中央福岡地域 1 みかん

小 計 6 16

八 女

八女地域 9 かんきつ、ぶどう、なし、キウイフルーツ、もも、すもも、かき、うめ、いちじく

筑後地区みかん 1 かんきつ

ぶどう香房くろぎ 1 ぶどう

小 計 3 11

京 築

JA福岡京築地域 6 いちじく 、 も も 、 な し、キウイフルーツ、ゆず、かんきつ

大平柿 1 かき

豊の国ブルーベリー 1 ブルーベリー

小 計 3 8

30 89

14

(18)

2 果樹生産の指標(目標とすべき 10a当たりの生産量、労働時間及び栽培に適した自然条件)

対象果樹の種類 品種名 生産量

(kg/10a)

労働時間

(時間/10a)

平均気温

冬期の最低温度

降水量 年間 4 月 1 日 その他

~10 月 30 日

4 月 1 日

~ 10 月 30 日

うんしゅう みかん

早味かん 北原早生 宮川早生 青島温州

2,500 3,000 3,500 3,000

145 152 152 152

15℃以上 18℃以下

-5℃以上 腐敗果の発生や品質低下を防ぐため、 11 月か ら収穫前において降霜が少ないこと。

中晩柑類 不知火 南津海

4,000

3,500 281 16℃以上 -5℃以上

ぶどう

巨峰 ピオーネ シャインマスカット

1,200 1,500 1,500

309 386 294

7℃以上 14℃以上 -20℃ 以上 (欧州 種 は-15℃以 上)

1,600 ㎜以 下(欧 州種は 1,200mm 以下)

枝枯れ等を防ぐため、凍害及び雪害を受けや すい北向きの傾斜地での植栽は避けること。

な し 幸水 豊水

2,500 3,500

295

232 7℃以上 13℃以上 -20℃以上 花器や幼果の障害を防ぐため、蕾から幼果発

芽期において降霜が少ないこと。

も も

日川白鳳 あかつき 川中島白桃

2,000 357 9℃以上 15℃以上 -15℃以上 1,300 ㎜以下 花器や幼果の障害を防ぐため 、蕾から幼果発 芽期において降霜が少ないこと。

か き

富有 早秋 秋王

2,200 2,000 1,500

203 178 194

13℃以上 19℃以上 -13℃以上 新梢の枯死を防ぐため、発芽・展葉期に おい て降霜が少ないこと。

く り 国見

筑波 360 55 7℃以上 15℃以上 -15℃以上 新梢の枯死を防ぐため、展葉期において降霜が少ないこと。

う め 南高 2,000 198 7℃以上 15℃以上 -15℃以上 幼果は凍害を受けやすいので、幼果期に降霜が少ないこと。

すもも 大石早生李

ソルダム 1,500 341 7℃以上 15℃以上 -18℃以上 花器や幼果の障害を防ぐため、蕾から幼果期において降霜が少ないこと。

キウイフルーツ ヘイワード 甘うぃ

2,700 3,200

171

200 12℃以上 19℃以上 -7℃以上 新梢の枯死を防ぐため、発芽・展葉期において降霜が少ないこと。

び わ 茂木

田中 1,500 816 15℃以上 -3℃以上 傷害果や病害果の発生を防ぐため、強風の発生が少ないこと。

りんご 6~14℃ 13~21℃ -25℃以上 1,300 ㎜以下 花器や幼果の障害を防ぐため、蕾から幼果期において降霜が少ないこと。

いちじく 蓬莱柿

とよみつひめ 1,900 646 13℃以上 -5℃以上 収穫期に昼夜温格差の少ない こと。発芽・展葉

時に降霜が少ないこと。

15

(19)

3 果樹の経営類型

○ 企業的タイプ

果樹の種類 技術体系 経営規模

(a)

作付面積 (a)

出荷量 (kg/10a)

単価

(円/kg)

労働時間

(時間/10a) 粗収益

(千円)

所得

(千円)

うち雇用

うんしゅうみかん 早味かん その他極早生 北原早生 早生 石地 普通温州 (労力 3 人+臨時 雇用 123 人・日)

・優良品種「早味かん」、「北 原早生」、「石地」を導入。

・シートマルチ栽培、センサー選果によ る高品質果実生産・出荷。

・園内道整備、SS、運搬車、

乗 用 草 刈 機 導 入 に よ る 省 力化。

350

40 30 50 130 40 60

2,500 2,700 3,000 3,000 2,700 3,000

280 200 290 240 280 270

145 152 152 152 152 152

計 5,287 978 26,014 8,474

うんしゅうみかん 早味かん 北原早生 早生 石地 青島 キウイフルーツ

ヘイワード 甘うぃ (労力 3 人+臨時

雇用 69 人・日)

・優良品種「早味かん」、「北 原早生」、「石地」を導入。

・シートマルチ栽培、センサー選果によ る高品質果実生産・出荷。

・園内道整備、SS、運搬車、

乗 用 草 刈 機 導 入 に よ る 省 力化。

・キウイフルーツは「ヘイワ ード」、「甘うぃ」の露地・

棚栽培。

300

30 50 100 30 30 30 30

2,500 3,000 3,000 2,700 3,000 2,700 3,200

280 290 240 280 270 350 450

145 152 152 152 152 171 200

計 4,737 545 25,503 8,901

16

(20)

果樹の種類 技術体系 経営規模 (a)

作付面積 (a)

出荷量 (kg/10a)

単価

(円/kg)

労働時間

(時間/10a) 粗収益

(千円)

所得

(千円)

うち雇用

かき 早秋 秋王 富有 富有冷蔵 ぶどう

巨峰 シャインマスカット

(労力 3 人+臨 時雇用 245 人・

日)

・かきは、「早秋」「秋王」

「冷蔵富有」を主力とし、

早生から 12 月収穫まで の品種構成。

・園内道整備、SS、作業台 車、乗用草刈機導入。

・ぶどうは、トンネル栽培 で、短梢せん定・種なし 栽培により、収量安定と 省力化。

300

50 50 20 130 20 30

2,000 1,500 2,000 2,000 1,500 1,600

280 500 220 400 700 1,000

181 196 194 194 372 325

計 6,610 1,961 24,730 8,843

17

(21)

果樹の種類 技術体系 経営規模 (a)

作付面積 (a)

出荷量 (kg/10a)

単価

(円/kg)

労働時間

(時間/10a) 粗収益

(千円)

所得

(千円)

うち雇用

なし

幸水・トンネル 幸水

豊水

(労力 3 人+臨時 雇用 340 人・日)

・ 「 幸 水 」 「 豊 水 」 主 体 で 、 一 部 トンネル栽 培 の 専 作経営。

・平行整枝による省力化。

防除作業は SS を使用。

・ JA 部 会 に よ る 共 同 選 果・共同販売。

300

60 140 100

2,800 2,500 3,500

450 350 300

336 295 232

計 8,466 2,698 30,310 10,691

ぶどう

デラウエア・加温 巨峰 12 月加温 巨峰・1 月加温 巨峰・2 月加温 ピオーネ・無加温 ピオーネ・トンネル シャインマスカット (労力 3 人+臨時 雇用 145 人・日)

・ 品 種 、 作 型 を 組 み 合 わ せ労力分散。

・ 巨 峰 早 期 加 温 は 種 あ り 栽 培 、 他 は 短 梢 せ ん 定 ・ 種 な し 栽 培 に よ る 省力化。

・JA 部会による共販。

170

10 20 20 30 30 30 30

1,700 1,500 1,500 1,600 1,500 1,500 1,600

1,560 1,600 1,280 1,190 850 730 1,000

286 398 398 333 357 386 325

計 5,983 1,160 28,914 8,696

18

(22)

○ 持続的タイプ

果樹の種類 技術体系 経営規模

(a)

作付面積 (a)

出荷量 (kg/10a)

単価

(円/kg)

労働時間

(時間/10a) 粗収益

(千円)

所得

(千円)

うち雇用

かき 早 秋 太 秋 秋 王 富 有 冷蔵富有 ぶどう

ピオーネ・トンネル 巨峰

(労 力 3 人 + 臨 時 雇 用 146 人・日)

・ 収 益 性 の 高 い 「 早 秋」、「秋王」を導 入。

・ 「 ピ オ ー ネ 」 は ト ンネル栽培。

260

30 30 30 30 60 30 50

2,000 2,000 1,500 2,000 2,000 1,300 1,300

280 280 500 220 400

1,000

600

181 157 196 194 194

372 309

計 5,934 1,165 19,530 6,532

かき 早 秋 秋 王 富 有 冷蔵富有 いちじく

とよみつひめ無加温 (労力 3 人+臨時雇用 52 人・日)

・ 収 益 性 の 高 い 「 早 秋」、「秋王」を導 入。

・「秋王」、「富有」

は平棚導入。

・ 「 と よ み つ ひ め 」 は 無 加 温 ハウスで パッ ケージセンター利用。

200

30 40 30 70

30

2,000 1,500 2,000 2,500

2,200

280 500 220 400

720

181 196 203 203

436

計 4,435 418 17,752 6,158

19

(23)

○ 開始型タイプ

○ 複合経営品目として導入が考えられる品目の指標

品目名 作型等 単価

(円/kg)

出荷量 (kg/10a)

粗収益 (千円/10a)

所得 (千円/10a)

労働時間

(時間/10a) 備 考

もも

加温・棚栽培 1,000 1,800 1,800 239 346 選果は共同選果場利用

中生種 450 2,000 900 347 357 個選共販

すもも

雨よけ・棚栽培 698 2,000 1,396 455 451

主力品種:大石早生李・

ソルダム

露地・棚栽培 420 1,500 630 169 341

果樹の種類 技術体系 経営規模

(a)

作付面積 (a)

出荷量 (kg/10a)

単価

(円/kg)

労働時間

(時間/10a) 粗収益

(千円)

所得

(千円)

うち雇用

いちじく

とよみつひめ 無加温 露地

(労力 2 人+臨時雇 用 45 人・日)

・ 無 加 温 + 露 地 で 労 力 分 散。

・ 一 文 字 整 枝 に よ る 省 力・早期成園化

35

20 15

2,200 1,900

850 780

674

646

計 2,316 360 5,963 2,302

20

(24)

4 栽培面積と生産の目標

平成 26 年度 平成 32 年度 平成 37 年度

現状対比 現状対比

栽培面積 生産量 栽培面積 生産量 栽培面積 生産量 栽培面積 生産量 栽培面積 生産量

ha ha ha

うんしゅうみかん 1,450 24,200 1,320 23,180 91 96 1,310 23,000 90 95

り ん ご 14 130 13 125 93 96 12 120 86 92

ぶ ど う 855 8,400 810 8,270 95 98 800 8,200 94 98

な し 457 9,800 440 9,660 96 99 430 9,600 94 98

も も 106 930 101 910 95 98 99 900 93 97

び わ 44 80 42 80 95 100 41 76 93 95

か き 1,810 18,200 1,710 17,880 94 98 1,670 17,300 92 96

く り 270 195 258 190 96 97 250 185 93 95

う め 328 1,210 314 1,190 96 98 308 1,150 94 95

す も も 80 670 76 650 95 97 74 630 93 94

キウイフルーツ 301 5,500 310 5,850 103 106 315 6,000 105 109

い ち じ く 115 1,155 115 1,200 100 104 115 1,200 100 104 小 計 5,830 70,470 5,509 69,185 95 98 5,424 68,561 93 97

その他果樹 570 2,030 541 1,715 95 84 476 1,639 84 81

合 計 6,400 72,500 6,050 70,900 95 98 5,900 70,000 92 97 ※H26 年栽培面積は、いちじく以外は「果樹生産出荷統計」、いちじくは、特産果樹生産動態等調査による。

※H26 年生産量は、5 ヵ年(H22~26 年)平均反収に栽培面積を乗じて算出。

※その他果は、果樹合計から掲載品目を除いたもの

21

(25)
(26)

福 岡 県 果 樹 農 業 振 興 計 画

発 行 日 平 成 2 9 年 3 月

編 集 福 岡 県 農 林 水 産 部 園 芸 振 興 課

福 岡 県 農 林 水 産 部 園 芸 振 興 課

〒 8 1 1 - 8 5 7 7 福 岡 市 博 多 区 東 公 園 7 - 7 T E L 0 9 2 - 6 4 3 - 3 4 8 7

F A X 0 9 2 - 6 4 3 - 3 4 9 0

福 岡 県 行 政 資 料 分 類 番 号

P C

所 属 コ ー ド 4700500 登 録 年 度

2 8

登 録 番 号 0005

福岡県

参照

関連したドキュメント

き の とし 位置 け、農地を計画的に保全し いくとし います そのため. に 、 武蔵野市に い

- 8 - 業系会議、報奨旅行)に対するファムトリップを行い、MICE 開催都市東京の魅力を 伝えるとともに、都内関連事業者とのビジネスマッチングを行うことで、東京での

・緊急時に活動するモニタリング要員を育成するため、放射線測 定研修を実施しました。 (5回)

賃借人は,笠岡市○○に本店を有し,農作物の生産販売等を行う法人です。

ア)総合相談支援業務

地域住民・福祉関係者を巻き込んだ“地域の福祉は地域で支える”支え合いのネットワー

(1)地域貢献に関する目標を達成するためとるべき措置 ア 地域共同研究機構を構成する4センターは、活動成果の拡大を図るために連 携を密にして活動を行う。特に、第2期中期計画での大きな柱である「福祉・ 健康まちづくり推進センター」の活動については、新たに機構に配置される予 定の教員を核に、他の3センターが協力して支援していく。