職員への個別禁煙指導 の試 み

全文

(1)

職員への個別禁煙指導 の試 み

富山大学保健管理セ ンター ○ 廣上員里子、角間純子、岸本寛史、西村優紀美、齋藤清二

Mariko Hirokami, Junko Kakuma, Norihumi Kishimoto, Yukimi Nishimura, Seiji Saito : A trial of individual coachins to stop smoking

は じめに〕

今 や喫煙が健康 に悪 いことは科学的にも明 らか な事実 とされ、環境 の無煙化 は社会全体のニーズ とな っている。本学 において も保健管理 セ ンター の役割 として禁煙 を希望す る職員 に対 しての支援 に取 り組んだので報告す る。

目 的 〕

禁煙を目的に来所 した職員 に対 して、看護師が 個別禁煙指導を行 い、その有効性 と今後の課題 を 明 らかにす る。

方 法 〕

期間:H15年 9月〜H16年 9月

対象:禁 煙 セ ミナーを受講 した後、禁煙希望で来 所 した職員 7名 。

方法:当 セ ンターの禁煙プログラム (図 1)に そっ て看護師がニ コチ ン代替療法 を主 とした個別指導 を実施。指導の フォローア ップは 1年 間 とし、来 所時に行 う初回指導 と訪問及び電話訪間によるフォ

ローア ップ指導 8回 で構成する。

(表 1)

結 果 〕

7名 を禁煙継続期間でみると 1年 間継続 した人

は 2名 で、禁煙開始後 に再喫煙 した例 は 2ヶ 月後 が 1名、 4ヶ 月半後が 2名 、 5ヶ 月後が 1名 であっ た。 また 6ヶ 月間は禁煙で きたがその後、宴会時 のみ に 1〜 2本 の喫煙 とい う例 が 1名 で あ った (表 2)。

考 察 〕

1年 間禁煙 を継続 した人 は 7名 中 2名 であ り再 喫煙 した 5名 中 4名 が喫煙本数が減少す るなど喫 煙 に関 しなん らかの行動変容があ った。 この こと か らフォローア ップ指導で行 った禁煙継続への賞 賛 と励 ま し、禁煙の効果 と喫煙再開への きっかけ に対するア ドバイスはセルフ ・エフィカシイーの 向上 につなが り行動療法の継続 に有効であったと 考え られた。

一方、再喫煙のきっかけは宴会の席、パチンコ、

イライラ時であ り、喫煙 に変わる行動をお こせな か った ことが再喫煙 につなが ったと考え られた。

事前 に喫煙習慣 を観察 し、 タバ コが吸いた くなる 状況を知 り、それに対処す る方法を検討 してお く ことが必要であ った と考え られた。 また、 A,D, E氏 は同一集団をなす職種 の顔見知 りであ り、お 互 いに禁煙 に対 してのモチベーションを高めてい たと考え られるが、禁煙開始 日か ら数 ヶ月でそれ ぞれ再喫煙 とな った。 この ことか ら今後 F6か ら

(2)

56

F7で の工夫 として来所 などを加えた強化が必要 と考え られた。

まとめ〕

0個 別禁煙指導 はセルフ ・エフィカシーの向上 に つなが り禁煙へのアプローチとして有効である。

・再喫煙者 に対 しては行動療法の提示だけでな く、

個 人 の背景 に応 じた指導 が今後 の課題 で あ る。

・喫煙者 が さ らに禁煙 を継続 で きるよ う①職場 の 環境 の整備②継続 した禁煙 サ ポー トが重要 で あ

る。

図 1 禁 煙プ ログラム

処方 00濃 度測定

F 4 来 所

↑ 処方 00濃 度測 定

F 5         お       F 7 来

↑ 処 方 CO濃 度 測 定

F=フ ォロニアップ

表 1〈 指 導 内容〉

初  回  指  導 フ ォロー ア ップ指導

禁煙 サポ ニ トの 内容 を説 明

問診 票 を用 いた評価

タバ コ依存度 テ ス トとスモー カー ライザ ー によ る Co濃 度測定 と結果説 明

指 導 用 チ ャー トを用 いて タバ コの害 と禁煙 の効 果 につ いて説 明

ニ コチ ン代替療法 につ いて説 明

フ ォロー ア ップ につ いて説 明

禁煙開始 日の確認 と励 ま し

ニコチンパ ッチの貼 り方、副作用 とその対処療

離 脱 症状 の確認 と対処方 法 の説 明、 喫煙 再 開防 止 につ いての ア ドバ イ ス

励 ま し、 タバ コを吸 いた い気持 ちへ の対処方法 の説 明

禁煙 の効果 と禁煙継続 のための方法 の紹介

(3)

職員への個別禁煙指導 の試み

表 2 個 別禁煙指導経過表

事  例  (氏 )

項     目 A B C D G

一 難

男 男

駆│:81 1418

数   /   日 3101

禁 煙 開 始 年 齢   ( 才 ) 21:5

競輪場へ行 く バスが禁煙 と な った禁煙ム ー ドにのった

麟義華議株

1‐:曇蓋お■ 自1勢1鶴│た│お知人に勧 め られて

職場の雰囲 気で何 とな

自分のため 自分│ど家族 のため

過 去 の 禁 煙 経 験 ( 回) な   し 131´■141 2 3〜 4 1 1

家 族 の 協 力 者 い る

一 拓

1‐ ,導│

いない い る い る

いない

禁 煙 成 功 の 自 信 かな りある

多等轟撼

少│も,あ│る 少 しあ る 少 しあ る 少 しあ る 少 しあ る ニコチン依存度テス ト 結 果 (点)

TTS配 布枚数 ( )は 使用枚数

サイ ズ   3 0 31(31) 31■:(1黎131) 1 一 9 31(31) 1 7 ( 1 7 ) 1 7 ( 1 7 ) 17(17) サイズ  2 0 21(18) 1:411(11導) 7 ( 1 ) 21(21) 1 4 ( 1 4 )

サイズ   1 0 1114:│(1121) 1

1   週 間 後 経 過 ( F 3 ) 禁煙中 111::11:I:111, │

禁騨 │

禁煙中 禁煙中 禁煙中 禁煙 2   週 間 後 経 過 ( F 4 )

4   週 間 後 経 過 ( F 5 ) 一″ 1本 吸う 1本 吸 う

3 ヶ 月 後 経 過

無篠中

6 ヶ 月 後 経 過 ( F 7 1 躙 輻

1 年

稀1二 │‐ l‐ 〜 2

本喫煙

現 在 の 状 況 禁煙再チ ャレ ンジ予定

│ 1 1 1 1 1 1 : 1 麟│ : : :

鯛 瀞締1黎

再喫煙で

転勤 喫煙中

喫煙中なが ら 再 チ ャレンジ 希望有 リ

1幣に■‐│■12 11:繰 種│

現 在 の 本 数 / 日 1211

受 診 回 数  (処 方 含 む ) ■: 1

相 談 1

問 ( 丁 E L 含 む )

(4)

フ ォローアップ指導

Fl 初 回指導か ら 3〜 4日 後 に電話で 1回 目のフォローア ップを行 う。

禁煙開始 日の確認 ・禁煙 に向けての励 ま しをする。

F 2 禁煙開始 日か ら 3〜 4日 後 に電話訪間で 2回 目のフ ォローア ップを行 い禁煙で きたことを誉めるとともに脱症状を確認 し、喫煙再開の対策をア ドバイスする。

ニコチン製剤副作用の有無の確認 と対処方法について説明する。

禁煙開始 1週 間 目に電話訪間で 3回 目のフ ォローアップを行 い禁煙開始 して 2 週間 目が最 も再喫煙 し易 い時期なのでなんとか この時期を乗 り切るよう励 ます。

前回同様 にニコチン製剤 について尋ねる。

第 2回 目の来所。呼気中 CO濃 度測定 し、禁煙できた ことを誉める。再喫煙の 有無 について尋ね、 タバ コを吸いたいという気持 ちがあるな らば、時間の経過 とともに吸 いたい気持 ちがな くな ってい くことを話 し、禁煙を続 けるように励 ます。呼気中 CO濃 度の測定値を見て禁煙 に対 しての励みにもなる。

第 3回 目の来所。呼気中 CO濃 度測定 し禁煙の経過 について尋ねる。

禁煙後 lヶ 月すると体調が良 くな ったことを体感 していると思われる。禁煙 に 対 しての自信が出来始めている頃で、 lヶ 月禁煙できればその後 も禁煙できる 確率が さらに高 くなることを伝え、 自信を高めるよう働 きかける。

初回指導 よ り3ヶ 月後 に電話訪間でフォローアップを行 う。禁煙の効果を尋ね る。味覚が もど り食物 もおい しく感 じ、食欲がでて くることか ら体重増加がみ られることがあるので肥満予防へのア ドバイスをする。

初回指導 よ り6ヶ 月後 に電話訪間でフ ォローア ップを行 い、禁煙 を継続するた めの方法を紹介する。

0タ バ コの害について自分な りのイメージをもつ

。禁煙理由や禁煙中の努力を思い浮かべる 0禁 煙 して良か ったことを考える

。禁煙できたことに自信をもつ 0周 りの人に禁煙を勧める

F 3

F 4

F 5

F 6

F 7

F 8   初 回指導 よ り 1 年 後 に電話訪間でフ ォローアップを行 う。

F 7 同 様 にフ ォローアップを行 う。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :