• 検索結果がありません。

雑誌名 家政学原論研究

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "雑誌名 家政学原論研究"

Copied!
10
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

著者 花輪 由樹, 小倉 育代, 大本 久美子, 表 真美, 岸 本 幸臣, 長石 啓子, 宮崎 陽子, 吉井 美奈子 著者別表示 Hanawa Yuki, Ogura Ikuyo, Ohmoto Kumiko, Omote

 Mami, Kishimoto Yukiomi, Nagaishi Keiko, Miyazaki Yoko, Yoshii Minako

雑誌名 家政学原論研究

巻 47

ページ 30‑38

発行年 2013‑08‑19

URL http://doi.org/10.24517/00062771

doi: 10.20596/jphe.47.0_30

(2)

研 究

ー ト

家政学広報 るブ

『 家政学 かん 可 能性 ( 2 報 )

一 大学 生 が 抱 く家 政 学

ー ジ ー

花 小 大 表 岸 長 宮 吉

輪 倉 本

本 石

崎 井

由 樹

京 都 大学 )

育 代

短 期 大 学 )

久美 子

(大阪教育 大 学 )

真 幸 啓 陽

京 都 女 子 大 学)

羽 衣 国 際 大 学)

作 陽 大 学)

羽 衣 国 際 大 学)

美奈 子

武庫川 女 子 大 学

原 稿受 付  平成

25

年 2

28

原稿受理  平 成

25

7

2

The

 

Usefulness

 

of

 

Book let

kaseigaku

 

no

 

Jikan

for

       the

 

Publicity

 

of

 

Home

 

Economics

the

 

Image

 about  

Home

 

Economics

 

in

 

University

 students

  Yuki

 

HANAWA

1 

Ikuyo

 

OGURA

2

 

Kumiko

 

OHMOTO

3

Mami

 

OMOTE

4

 

Yukiomi

 

KISHIMOTO

5

 

Keiko

 

NAGAISHI

6

        YQko

 

MIYAZAKI

5 and  

Minako

 

YOSHII

7

Kyoto

σ 励 θ

rs

1

,0s

α

h

α

Wo

況 θ 」翻

or

 

College

2

 

Os

αα

Kyoihu

 

Universi

y3

,  

・ 那 θ πθ

rs

v

 

Hagor

m

Uni

ひε

rs 尠

lnte

n

α

tion

α

1

 

studies

5

,      KurCtshilei

 

S

α

huyo

 

Uniuersi

6μ晩 陀

09

α

0

π

L

θ

niversity

7

(Received 

February

 28

2013Accepted in received  fo  July 2

2013

Keywords  

book let

家政学

,image  

イ メ

university

 

students

大 学 生

 

home

 

economics

1

め に

 

1

研 究背景と 目 的

  家政 学学 問 的発 展

学 問 的検 討

身近認 知も ら と が 重

本 研 究

活事 例 家政学紹 介み た ブ ク レ ト 『家 政 学 じか ん 』1 〕(関 西 家 政 学 原 論 研 究 会

2011 )

学 広 報と して の可 能性課題 と を

目指 ク レ

A5

8

章 か

ら成 り

総 数

96

各章の タイ ト

ル は表

1

に 示 した とお りあ り

主 に 家 族 や 家 庭心 と し た

り上 げ

ク レ トは

2011

6

発行 後

大 学授 業 副読 本と し使 用さ れき た 本 研 究で は ブ 読後意識 を知た め

関 西

中 国 地 区

6

大学家 政 家庭 科

栄養 教諭 関連授 業受 講者対 象

質問紙調査 を行

[第

1

報 ]は質問 紙 調

(3)

全 体 像 を報 告し [第

2

報 ]

本 稿

大 学生 が 抱 く家 政

読後意 識変化分 析 を行

トの役 割と可能性 と を 目的

 

2

)方 法

 

調時 期

2011

10

〜 12

調 査 方 法 集 合法に よ る自 記 式質問 紙 調査手 法

質問内容

  読と最 も味 を持 た 章

,  

最 も興 味 た 理

, 

読 後生 活 変

  読後感 想

  家認知

  読む 前

政学 興 味   読後 家政学 興味

  家 政 学

  家立 ち

  政学す る授 業 受講有 無

10

項目

そ のう ち 本 稿

,   【

8

「家政学 」 う学 問 て の印 象 (

つ い 自由

回答注 日分 析 し

な お 全 体 有効回収 票

401

あ り

ち女 子

378

男 子

12

名 (不 明

11

名)

, 1 ・2 ・3 ・4

回 生

21. 7,44. 6,13. 0,

17. 5

(不

無 回 答

3 . 2

8

回答数

381

ち 女 子

365

男 子

11

名 (不

無 回 答

5

),

1

・2 ・3 ・ 4

回 生

21. 1,46. 7,

12

. 3 ,18. 0 (

不 明

無回答

1. 8

% で

 分 析 方法

まず 家政学型 的 な 用が ど

割 合あ げら れ て る か用 語検 索 よ る 量 的 調査把握し

の キ

ドが 出 現文 章 家 政 学 の イ メ

ジ が

よ う現 れて いる か を文脈 分 析に よ る質的 調

ら かる 中 ブッ ク ト読後変化

も注目 し

 

[第

1

報 ]

検 索と し

15

( 1

家 政学

,2

家庭 科

,3

生 活

,4

家 族

, 5

, 6

結 婚

, 7

夫 婦

, 8

別姓

, 9

子育

, 10

ンダ

ー, 11

仕事

,12

家 事

,13

地 域

,14

15

高 齢

齢 )用 語選 定さ れた が

本 稿 は さ ら 各 章

ド と

え ら れ を 用 語検索単 位

33

個 選 定

(表

1

家 政 学 典 型 的 な 用 語も補 足2

56

用 語 か ら 家 政 学

ジ に 関す的 分 析

2 )

1

  『家政学じか』各章タイ トとキ

 

3

)先行研究と本研究位 置づ け

 れ ま家 政学

関す研 究

3 

157Ls の具体例た イ

ジ研 究 の の 家 政 学 イ メ

直接 言 及 る 研 究 は

藤 田

2012

y }

に み ら れ る み で

 藤

細 分化

専 門す る 今 日家 政 学 が

学 問と し て の意義軽 薄 る と し

家 政 学 部生 に イ メ

調 査 を行

こ で何 が 認 識 さ れ る かを明る こ

示 唆と し た か しこ こ対象と さ れ

某 女子大学 家 政学 部

82

名 (家学 原 論 履修で あ り

本研 究と は 以下 の異 な

ま ず 藤 田研 究 と比較

調対 象者

4

倍 近 く

( 401

(4)

人)

対 象 大学 数

6

大 学幅 広 く

そ し て ブ ク レ ト使用 にる 家 政 学

ジ変 化を 具 体 的検証 な ど が

本 研 究

特 徴 と しあ げ ら れ る

2 .

量 的 分析結 果 及考 察

 

質問紙調査に よ る 【閊

8

家 政 学

の 回答 結果 ら用語 量的 分析 を行 結 果

圧 倒 的 「1

生 活 (

4

割 弱

・ 139

入 )」用 語

ら れ

表 2 )

は表

1

トキ

ドと比 較

2 −1

学 習

学 習 者

価 値 分 析 (

2−2

2−1.

1

ク レ

1

位 用 語 特 徴

 

2

上 位

5

み ら れ た 用語は 「

1 .

牛活

4

唖野弓

・139

/V>」

 

2 .

 家 庭 弄斗 

2

害ljtjs

・67

人)」

3 .

家 族 (

2

割 弱

・64

人)」

4 .

家 政学 (

2

割 弱

・61

人)」 「

5 .

食 (

2

割 弱

・61

人)」

れ ら は

1

ク レ

トで取 りら れ て た キ

ク レ

が 人基 本

家庭視 点か ら社 会あ り方考え を全 体 的 に主 張 しお り 家 政 学 と しえ る

き重要 用 語

量 的 調 査い て も大 学 生

描 か れ る 結 果 と な

2 )表 1に な た 用 語

  今 回 ク レ 網 羅 き な か

9 .

衣」分 野

取 り に も関わ ら

9 .

衣 (

1

割 強

51

「16

裁縫

・35

人)」用 語

て あ げて い 多数存在 し

影 響 は受け ず に家 政

を潜 在 的 し て注 目

3

ジ さ れ な

た 用 語

  表

1

ト で キ

ド に設 定

も関わ ら

, 1

人 も イ

対 象

あ げ な か 用 語

51.

支援 」 「

52.

」 「

53,

別役 割 分 業」 「

54.

育 児休 業 」

55

物 」 「

56

こ と か ら ブ 重 観 さて い る キ

が 家 政 学

ジ と し重 な る わ け

表2 量 的 分 析に よ る家 政 学

n

= 381

単 位

1

用 語)

(5)

ま た

女 性社会 進 出共働 き

子 育

現 代社 会課 題と し 家 庭 科家 政 学 も多様わ れ る用 語 1

で はある が

ろ 家 政 学 か ら連 想 さ れ る 用語と し定着 とが

2−2.

学 習

学 習 者 価 値づ け にす る分     析

1> 学 習 内 容

  表

2

を 学 習 内 容ご と にみ る

用 語頻 出 度

み る限 り

食 住

ジ が 上 位 をめ て

5 ,

食 (

2

割 弱

・6

ユ人)」

11,

調 理

栄 養 (

1

割 強

・40

人 )」 食関

ジ が強 く

ま た

9 .

衣 (1

・51

」 「

16.

裁 縫

被 服

(1

割 弱

・ 35

な ど衣関連

ジ が

そ し

7 .

(1

割 強

・56

に み ら れ るQ

で は 「食 」 や 「住 」 て はれ た

の の

「衣 」て は取 り上 げ な か し かな が らようが 衣 語を連 想しる こと から

こ の

ジ が ど

認 識 過 程形 成さ れ た疑 問

れ にて は

3 −2

い く

 ま衣食住学 習 内容い て

23.

子育

育児 (

12

26 .

福 祉 (

10

人)」なもみ ら れる の に

41.

加齢

高 齢 (

2

人)」 「

44.

介 護 (1 人)」 イ メ

ジ が

か ら

用 語

家政学直接連 想い こ と がえ ら れ

2

)学習 者

 

対 象あ るか をえ た 際

6

女 (

2

割 弱

・59

人)」用 語注 日 す

れ は 上

5

位 置し て り回答 数

い え

6 .

関連用 語あ り

従 来 家 政 学

ジ と考 えら れ る よ

45.

花 嫁 (

1

人)」

46.

良妻 賢

1

入)」

47.

専業婦 (

1

〉」 て は

答 数 皆 無に 近 こ の こと か ら多 く

6 .

女」ら か 関 連が あ る と と ら え

45.

花 嫁 」 「

46.

良妻 賢母」

47.

専 業主婦 」な ど 家事担 当 者 て は

は 入

とが分か る

6 .

女 」 て の回答

内容

さ ら に詳細み る必 要る た め

3−3

い く

3

> 価 値

 副 詞

形 容 詞 な ど注 目 す る と

ず れ も

1

割 程 度 の の衣 食住用語と並 び

12,

身近

密 着

な が

 (1

・38

「13

幅 広

全 般 (1

・ 38

入)」「14

必 要

不 可 欠 (

1

・38

人)」

12

比 較 的 上 位 位 置 し

ま た 「

20.

大 事

大 切

1

割 弱

19

人)」

22,

1

割 未 満

・18

人〉」 「

24.

1

割 未

・12

)」 「

25、

要 (

1

未 満

1

人)」用語も順続 く

14。

必要

不 可 欠 」「20

大 事

大 切 」

22.

」「

25.

重 要 」 用 語自 分 自 身家 政 学 評 価 を 示 す もの であり

内 容自分解 釈

し て ば 現れ て 言葉

う な価 値

ク レ 読 後生 ま れ か どか は調 不 明 だ が

トを読 ん家 政 価 値

わ れ た可 能性 え られ れ に て は

3−4

で 述

2−3.

 N

  本項的調 査

ジ は

, 1 .

ク レ影 響 も し く は

2 .

そ れ ま既存知 識 や授 業か ら 影 響

2

か し [第

1

報]

調結 果に よ る

7

近 くが 家 政

の認 識が な か た こ とを示 し て お

ま り

こ れ は多く生 が ブ ク レ ト に よ る影 響 受け家 政 学知 り始め た可能 性 と をて い

真 相

文 脈用語使用 され か をみる こ と

明 ら か と考 え

 そこ で本 章で の課 題

  家と し

き重 要 用 語 が 大 学 生中 に

さ れ て

( 2−L1 >, 

「衣 」関 す用 語 ら れる の

2−1. 2

) (

2−2. 1),

  「女学 習 者 し て語 ら れ

2−2. 2

  家 価 は ブ ト読わ れ たの か

2−2. 3

4

点 を次 章 明 らて い

(6)

3

質 的 分析結 果 及考 察   本項

前 章で の量 的 調査

よ る 課 題

4

点 を手 掛 か りに 文 脈 分 析 を 行 (表

3

[  家 政語 ]

て は

量 的調査

3

1

) 「生活 」

, 2

家 庭 科 」

, 3

) 「家 族」対象

3−1.

家 政 学 の 重 要 用 語

1

) 「生活 」

  「活」範 囲指 す

の か を 明 らか に する た め

2

の 「

1 ,

生 活 」 を 「

8

家 庭」 とわ せ分析し た (表

3

まず [

1 .

家 庭生活触 れず 「生活 」を と ら え 者 ] (

123

人 )

2 ,

家 庭生 活関連活」を と ら え

1

63

人 )

2

倍存

在 しお り

圧倒 的

家 政 学 を と ら え る 上 「家 庭 」

活 」用 語ん で る こ

 

1 .

家庭

活 」と ら 者 ] を詳み て み る と

,3

ン の傾 向 が あ り 家 政 学 を 生 活

の た め学 問 とす る

[  

目的 型

54

人)

家政学自分距離

か ら学 問を と ら え る

[  

42

人)

具体的 な習 内提 示 す と で学 問を と ら え

[  提 示 型] (

27

人) れ た

 ま た

2 .

家 庭と の関連活 」 を らえ 者 ]につ い て は

家庭か お

意 識 を持 [  求心 型] (

23

人〉

家庭 う身近 な場所か ら 発 展 す [  拡 大型] (

12

人)

家 庭

家 庭 り も広 生 活 を並 列 的 と らえ

[  

並列 型

]( 26

し た

3

的 分 析 によ る家政学の イ メ

傾 向

       (複 数 回答 有 )

不 可

18

重  

13

  目 的 型

豊 か さ

よ りよ さ

13

10

1 ,

生 活 に 触 れ ず にて い

123

身 近

 

な が 18         

  置

18 3 − 11

)生 活

6

3

内    示 型

27

1

  心 型

23

大 型

12

2 .

家庭 生活 と で 「を捉え て る   (

63

人 )

3

並 列 型

26

4

どち ら で  

2

1 .

家 庭 科うなも

家庭

科 の

34

  家 庭 科 そ

16

の よ

な も

13

人 3     

5

1

     

10

 

3 − 12

家 庭 科

2 、

家庭 科

発 展 (

19

人 )

6

3

      の     的 内

3

1

     

  の

ジ が   匕した

8 3 .

家庭 科とは

14

人 ) 1

 

4

3      とは

2

  非 並 列 型 家 族 を中心他 分野 を学 ぶ

3

族 と  会 と   り  10

1 .

家族 以外

も共

ぶ (

39

人 ) 日   

1

3

3 − 13

家 族   並 列 型   く  ぶ   の

1

10

の   の

1

13

1

     

10

2 .

家族注 目

して   ぶ (

25

人 )

15

1 . r

   

・ 4

2

   

    xr

16

3 −

2

3

「衣

   

    xr

2

4

  

   

x 「   

2

1

     

10

女    

子 大  連

10 3

女   の サ

’ ・ 一

  に 必

5

性 学 習

36

人 ) 4  庭  との 

4

4

3 − 3

6

  状 と  連

3

2

   女 共   型

5 5

1

     が

6

3 .

化 型 (

12

人 ) に   ぶ

4

て の 人が  

ζ

2

4 .

  の   (

6

人 )

6

1

  が

23

1 ,

学 習 内 容

32

人 )

7

3

  匕内   不

2

1

  女

7

  3

4

読 後イ メ

2 .

学 習 者

14

人 ) て の 人

6

3

  匕丙   不

1

1

  化

8

3 .

35

人 ) 自 の こと 19

  追

  的 な

8

こ に は

家 政 学 目 的差異さ れ て お

, 

家庭収歛 すに な

    家 庭 な くそ広 が り全 体重視 し 推 察 され

 

結 果 は

家 政 学 が 家 庭 に向か 生 活 を ら え さ

も し く は庭 生を と ら え させ

参照

関連したドキュメント

ところで,労働者派遣契約のもとで派遣料金と引き換えに派遣元が派遣先に販売するものは何だ

ても情報活用の実践力を育てていくことが求められているのである︒

The Moral Distress Scale for Psychiatric nurses ( MSD-P ) was used to compare the intensity and frequency of moral distress in psychiatric nurses in Japan and England, where

 TABLE I~Iv, Fig.2,3に今回検討した試料についての

にする。 前掲の資料からも窺えるように、農民は白巾(白い鉢巻)をしめ、

[r]

quarant’annni dopo l’intervento della salvezza Indagini, restauri, riflessioni, Quaderni dell’Ufficio e Laboratorio Restauri di Firenze—Polo Museale della Toscana—, N.1,

カウンセラーの相互作用のビデオ分析から,「マ