• 検索結果がありません。

雑誌名 家政学原論研究

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "雑誌名 家政学原論研究"

Copied!
9
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

著者 表 真美, 小倉 育代, 大本 久美子, 岸本 幸臣, 長 石 啓子, 花輪 由樹, 宮崎 陽子, 吉井 美奈子 著者別表示 Omote Mami, Ogura Ikuyo, Ohmoto Kumiko,

Kishimoto Yukiomi, Nagaishi Keiko, Hanawa Yuki, Miyazaki Yoko, Yoshii Minako

雑誌名 家政学原論研究

巻 47

ページ 22‑29

発行年 2013‑08‑19

URL http://doi.org/10.24517/00062770

doi: 10.20596/jphe.47.0_22

(2)

研 究

家政学広報 にお け る ブ

ト 『 家政学 可能性 ( 第 1 報)

一 読後

生 活観 家 政 学観

変化

  倉 本 本

石 輪 崎 井 表 小 大 岸 長 花 宮 吉

真 美

京都 女 子 大学 )

育 代

大 阪女 子 短期 大 学 )

久 美 子

教 育 大学 )

幸 啓 由 陽

国 際大学 )

元 く ら し き作 陽 大 学

) 樹

京都 大 学 )

羽 衣国際 大学 )

美 奈 子

(武庫川女子大 学 )

原 稿受 平 成

25

2

28

原 稿 受 理 平 成

25

6

15

The

 

Usefulness

 

of

 

Book let Kaseigaku

 

no

 

Jikan for

       the

 

Publicity

 

of

 

Home

 

Economics

the

 

Change

 of 

Consciousness

 about  

Life

 and  

Home

 

Economics        after

 

Reading

 

the

 

Book let

    Mami

 

OMOTE

1 

Ikuyo

 

OGURA

2 

Kumiko

 

OHMOTO

3

  Yukiomi

 

KISHIMOTO

4 

Keiko

 

NAGAISHI

5 

Yuki

 

HANAWA

6

         Yoko

 

MIYAZAKI

4 and  

Minako

 

YOSHII

7

κ

yo

α 駕

Uni

ersity

1

,0s

αα

Wo

ηLθη

b

 

J

or σollege

2

,0s

αα

1

(ツ011u 

Universi

3

   H

α

goromo

ひ庸 θrs記ツ of 

fn

εnation α

l

 s θS4

rαSん掘

S

lhuyo  

Uni

ersi

5

,         絢

0OUniversi

6

 

Shoinhigashi

 

College

* :

Received February 28

2013Accepted iIl received  form June 15

2013

Keywords

 

book−let

views  abollt  

living

 生 活 観

ク レ

publicity

 

広 報

 

home

 economics

 

1 .

研 究背 景と 目 的

  現代 社 会多 種 多様活問 題山積し

い る 次 世 代 を担 う若失 業 や正 規

ど も じ め や自殺な ど

深刻 絶 た ず

本社 会疲 弊し て え ざ

る を得 科 学技 術情 報 化

, 一

と も 状 況も生

さ が問 わ

生き方

し方

家 庭 家 族 い て

ら た めす 時 期

る だ ろ う

  家

で 日杜 会め て 市 場論理 で は

非 効率 的

非経 済 的ら も

命を 守 り 人 間 を 守 ると を 優 先 し 教 育

1 

家政 学

家 庭 生 活

家 族

に 関 す る研 究 を 通 し

現 在わ れ わ れ生 き

(3)

章 生活す る と

1

一 . 一

家庭生活発展 

一 . .

各 章の テ

1章    あ なたを 『家族1か らみめ る あ な た に ととは ? 

4 章  あなた を 『ジ

ー −

Sか らめ る

. . −

  f育 (イク)ン 」に ?家 事分担

5 あ なた を 『地 域(

M か らみ

  どもま ち」 に ?「思の ま 

6章  を 『住ま

J

め る 2章  あ なたを1親 子髀 係 】か らみめ る

 ては思春期と子人間 関係 

3章  た の 刳 を 1髄 刻

結 婚てな に ?夫 嫡剔 姓か らみ る結 婚カタチ

 人 間 らしいし を  

7章  あな た 鏑 を 醸頗 制 か らみめる

 歳を と る と食事は ど?(b すす 

(4)

ら し見 直ヒ ン トを与 え と が

き るの では なう か

もか か わ らず

家 政 学つ い 教 育

研 究 内容広 く

知 ら る こ と はな く

家政学

間 違 た と ら え方を し る 者 も少 な く な 考 えら れ る

 わ れ わ れ はれ ま

家 政

家 政 学 原 論

現状

多面 的調研 究し てきた まず

畿 圏

253

の 普公 立高 校家 庭 科 教対 象

郵 送 法質問紙 調 査実施

,80

効 回分 析 し結 果 家 政 学

家庭 科背景 学 問と しさ れ る と は 言

が わ か

家 政 学研 究教 育 的反映つ い 評 価低 く

こ れ家 政 学 原 論 や 家 政 学機会減 少し る こ と が 原 因と しえ ら れ る こ と さ ら に 家 政 学ん で 教 員

家 庭 科教 科特 性を 理 解 して い と がら か に Zこ で

国 公 立 大教 員養成 課 程お け る 家 政 学 原 論 開講状 況 調査 した と

,48

校 中

5

し か開講し て 判 明し た3 家庭 科 教育

家政学研究 成果 を教 育を 通 し

の実普及 す好 機で はる が

家庭科 教 育に お け る 家 政学位置け が

に な

と が 示 唆 さ れ る

 こ で

家 政 学 重 要 性 を 高 校 生

さ ら

ひ と 方 策と し

ク レ の じ か ん発 行 本 報 告

そ の 『家政 学の じ 学 広 報お け可 能 性 を

大 学 生 質 問 紙 調 査に より明 らかる こ を 目的

2 .

方 法

1

ク レ 『家 政学の じ か ん概 要

 

『家 政 学か ん

A5

96

冊 子

イ ト冊 子 を 読 こ とよ り家 政学接 す る 「時間」 く る と

い う意 味 を込 めお り

堅 苦 さ を払 くす

め に ひらが なじか 家 政 学

に ふ れ た こ との な読 者 に わ か りや す く家 政 学

の重要性 を伝 えた め

以 下

9

点 を執 筆

編 集原則と し た

  序 章家政 学 て の

設 け

  活問題 に 平易 解 説する

  親しみ やす挿 絵 を入

  各 章最 初

TJ

ド文 を 設 け

, 

出 来

限 り家 知見ませ

参 考文 献あ げ

, 

と し 「今家 政学 !」

設 け

家 政 学 関 連の べ

 

ご と に さ らび た し て

家 政学関 連 す推 薦 図 書あ げ

 

く設 け読 み や す く し

節 見 出 し疑 問 形形式を と る

そ し

 

1

7 章

ま で 読 者身 近し て も らうた め

「あ なの 今 を○ ○ め る う章イ ト

も読

 

『家政学の じ内 容紹 介 す

序章に は

タ イ ト ル で

家政学 ま とめ た

1

か ら

7

ま で は 家 族 親子 関 係

制 度

ー ,

住 ま

加 齢つ い 取 り

1

各 章題 と概 要す リ

2

) 質問紙調 査方 法

  「家 政学 じか ん家政学 広報 効果

検証する こ とを目的と し読 後調査 を実 施 した 調 査概 要 は 以 下 とお りあ る 関 東

関 西

中 国 地 区

6

大 学お け家 庭 科 教 育 法

家 政学系 科家 政

活 科学

家 族係 論 )

栄 養 教 諭関連 科目 の副 読 本 と

授 業 時間外目 を通 すと を課題

2011

10〜12

受講 を対象々 の授 業時 間内集 合法 り自記式 質問 紙 調査行 な

調 査 内 容 は

, 

最 も興 味 を

そ の理 由

, 

読後生 活変 化

, 

  家認 知

  家 興味

  家 政 学

 

家 政 学役立 ち感

分 析 対 象

401

うち 女 子

378

男 子

12

無 回

11

名 )

, 1 ・2 ・3 ・4

生 は各

21. 7,44, 6,13. 0,17, 5

3. 2

各 大 学 受 講 科目別

者 数 は表

2

に示し た

な お

, A

大学 家 族 関係 論 受 講生 と

E

大学は家 政学 部

,B ・D ・E

大 学生 活 科学 系 学 部

,C

大 学食 文 化 学部

 

F

大 学

(5)

2

  対 象者人数

科 目

A

大学

B

大学

C

大学

D

大学

E

大 学

F

大学 計

家 庭 科 教 育 法

178 27 4 10 219

家 族関係論

31 31

生活 科学 概 論

64 64

家 政学原論

17 17

栄 養 教 諭

51 51

管理栄養 士

19 19

209 64 78 23 17 10401

3 .

研究結 果 お よび考 察

1)

最 も 興 味 を 持 た章とそ理 由

1

 最 も興 味 を持 た章

2

 興 味 を 持 た 理由

社 会 学系学 部

お よ

A

大 学家 庭科 教 育 法 受 講 者家 政 学 部複 数学 部所 属す受 講あ る

 最 も興 味 を 持 た章 い て尋 ねた とこ ろ

「家 族」

27. 2

% で多 く

「親子 関 係 」

25. 9

「制 度」 「

」 「地 域

「住 ま」 「加 齢 」 順 と な た (図

1

  興味た 理 由 を数 回答 でね たと こ ろ

「自 分 に 身 近 な 内 容 だ た か ら」

「も興 味 が あ内 容 だ た か ら」 「今 後 社 会 内 容 と 思 た か ら」 「読み や す か

た か ら (図

2

家 族 (

1

章 )

親 子 関 係

2

章 )

最 も興 味 を 持 学 生

上 位

4

理 由 を 選 者 が多

「知ら な 内 容 だか らを 選

45

制 度 (

3

章 )

( 6

興味 た と 回 答 した 者 が多

18

,9

 前 述よ う

イ トル の

か ら

る よに 工た が

目 を と お し

序章除 く収録 な る に低 くな傾 向があ た (

69 . 1

, 1

83 。 5

, 2

80

,3

62 . 1

, 4

62 . 6

5

51. 6

,6

50. 6

,7

48. 1

家 族

親 子 関 係

近 な 内 容

やすさ加 え

冊 子 前半 部分収 録さ れて いた た

ん だ学 生 こ と が

最 も興 味 た とくが 回 答 し要 因

え ら れ

多 く情 報め に

今 後

こ の 考 慮入 れ

収録 順 を考え る 必 要 が あ るとが 示唆

さ れ た

(6)

( 2)

読 後生 活 観変 化

40  

00

50   η

D

      早 } 凹

L

_

       

       

. . _ ___ _

  Z8    Z5

    翻

 

9

L 耀

 

3

「生 活す る方」や 生 活変 化 が あ た と答 え た 学 生 自 由 記 述含 まれ て た キ

       ん で

変える こ と意 味大 き知  

『家 政 じか ん で

対 す る考え 方や 生 活変 化 が あ り ま した か

質問に は

「変 化 (「変 化あ りそ う」)」回 答 し

280

( 69. 8

特 に変 化 が な か

113

( 28. 2

% ) 不 明

無 回答

8

名 (

2

 変 化 が あ た 者

具体的 な内 容 を 自 由記問 うた と

, 280

記 述

自 由 記 述傾 向 を 分 析 すめ に

各章

内容端 的ら わす 語

15

し た

序 章 「家政学 」 「家庭 科 」

「生活 」

, 1

章 「家族 」

, 2

章 「親」

, 3

章 「結婚 」

「夫 婦」 「別 姓

,4

章 「子

育 児 」 「

仕 事

働 (く)」 「家事 」

, 5

章 「地 域

, 6

章 「住

, 7

章 「高 齢

加 齢 」

こ れ ら

15

ドで キ

し た結 果

3

示 す件 数と な

 最も出 現 数 た キ

家 族 」

「家族大切 さ気 付

家族関係を し か り築 う と 思

。( A

大 学 家 庭 科 教 育 法受 講

・2

回 生

た 内

多 か た 「親 」し て は

「私両親共働

小 さ な 頃 か ら悩 み や 相 談姉 妹 や友達 に し

手く親る こ が 出 来 ない こ

レ ン を感じた と もあ た が

ん でし さ客 観 が で実 家生 で就職 しも実 家か ら

ス を 生 か し家 族

な 関係姿勢 を持 ち 続 け た と思

( B

大 学 生 活 科 学 概 論受

・4

回 生)」

内容

こ の よ う

族」 「親 」

ドを

記 述

自身現在 家 族 に対 す る 見方や態度を見 直し

内 容 が

  して

夫 婦 別 姓

子育仕 事

家事 分 担な ど を含 む

関 す記 述

ら れ た

  「結婚ん てま だだ と思

た が

夫婦 別 姓問 題

自分素 敵

ざ 結 婚 な る 前も う 少 し結 婚法律 上 問 題 に

い い の では なか と思

( A

大学 家 庭科教育法 受 講

・2

回 生)」

「結 婚 す相手に 求 め条件

家事

育 児手伝 う け 加 え

( C

大 学 栄 養 教 諭 科 目受 講

・1

回 生

と 言 内容よう

将 来 的な 生活 設 計

今 まで のえ を改 め た

う記 述 が

 

む ま

結 婚し てど も が産 まれ た ら仕 事 を辞めうと思

実 際 私家 族 る と

仕事

る 人 が た か ら し か し

こ の

ん で

母 親仕 事ら生し て

に は どうす (育

地 域

親 子あ り方 )な ど をる こが で き た こ れ

10

,20

年 後 こ とを考え仕事探 そ う思う

B

大 学活科 学概 論受講

4

の よ う

出 産 を仕事め よ

あ る

は 家事行 う き と た学生 も 述 か らえ た

読 後 に 自 身 固 定 的 な 性 別 役 割 分 業 観 を 変 化 させ た学 生も多くれ た

 

さ ら

「結婚 や 出 産 は ま だ 深 く

ん で将来 自分 は ど

うな道を 選ん で 生 社 会変 化敏 感な り な が ら 自分の ラ ル に て の考え を 固め て く必 要 があ

A

大 学 家 庭 科 教 育 法 受 講

(7)

2

回 生

た 内 ら れ た

よ う

れ か らを主体 的

積 極 的

行 動 す に な た こ と がか が

  「家政学 」に い て記 述 は

大学 専 攻

受 講 科 目偏 り な く

17

み ら れ た

以 下代 表 的 な

6

例 を 示 す

「家 政 学 は れ か ら社 会 を 支

大 き くえ る 可能 性 学 問分 野 と考 自分

家庭

家 族の ウ イ トが

A

大学 家 庭 科 教育 法 受講

・ 2

回 生

」 「自生 活 を見 直 すき か け

家 政 学 う学 問 が ど れ だけ私た ち根 強 く関係し て

再確認

A

学 家 庭 科 教育 法 受講

・ 2

回 生)」 「学家政学 う も

た が

番 身

だ と 思

当 た り前 よ う生 活 し て

く中 深 く考活 すれ ば

充 実し た 日 々 をご せ る とこ と に

B

大 学 生 活 科 学 概 論受講

4回 生

い社 会 発展は 家 庭 生基 盤 を 家 政 大 切 知 り

普 段何 気 な 生 活 意 味

を考え る よ

B

大学生 活 科概 論 受講

・4

回 生)」社 会 を立 場 た と

家 政 学人 間が生活 しい く中必 ず必 要 な学 問 なの で

か り勉 強 し

将 来 に役立 て た

C

大学教 諭 科 目

・1

回 生

1

章 (家 族 )ん で

家 族

今 自分が 思 う家族大 切に し よ 名 前程度しか 知 ら な か

た の で具体 的家 政 学内容

で き

も興味 深 学 問だ とじ ま

( D

大 学 管理 栄士 科 目

・ 3

回 生

ず れ

述 も

密着し た学問 「家 政 学」

大 切 さ

今 後生 活に 生 か しい と

い う内 容

じ た 「家 政学

ジ」 自 由 記 述ね た 結 果

2

詳 細報 告す

 

「家 庭 科」 述 し

7

「改

現代社 会に お 家 族 行 う際

ま ざ ま な 問題 に き当た る と を感

自分が こ の ような 問 題に く家庭 科

い う 教 科 を通 じ児 童何 か し ら 生 き く た めの ヒ ン トを 与 え の で は な

か と考

A

大 学 家 庭 科 教 育法 受講

・2

〉」「家 庭 科 き 内 容 くさと思 身近 な疑問 や 問 題点 目 を 向 けい こ う と思 う 家 庭 科重要

気 付 く とが 出 来 ま

。( A

大 学 家 庭 科 教 育 法 受 講

・2

)」 述 が

「家庭科 」 て 述 多 く小 学 校家 庭科教育 法受 講 者あり

家 庭科教 科 と し 重要性 を再 認 識 す る き か け と な

て い

 

以 上

生 活 に 対 す る考え 方 や 生 活 に 変 化 が あ た」と 回 答 した

280

政学 じか

自身見 直

積 極 的 に暮ら しを

将来生活に 関す る 見 方 を 変えるき か け た こ と

さ ら

よ う な 生 活 営 み 「家 政 学 」 「家 庭 科」が 役 と を複 数学 生 が 認 識 す る と を 自 由 記 述 よ り読 み と る

と が き た

3

) 家認 知

心 と読 後

    関 心 変 化       表

3

  家政学認 知と興味

読後変 化

こ のか ら 「学 」 う学 問を知 ま し た か

  知 た     あ る程 度 知 た  あ ま り知 らなか   知 ら な か

   

〉 不 明

無 回    

7

 (

1. 7

>        

119

 (

29. 7

)       

197

 (

49. 1

)       

74

 (

18. 5

か ら 「家 政学 」 興 味

関 心あ り ま し   大 変 あ た    あ程 度   あ ま りな     全 くな

 

4

1

)       人 (%〉 不 明

   34  

8 , 5 )           209 ( 52 1)          118 ( 29. 4)          35 

8, 7

こ の本 を 読 ん で か ら 「家 政学 」つ い興味

変化した

も興味

関心が増した ある程度興味憫が増した  変 化  

じた

5

1. 2

      人 (%) 不 明

無 回答

78  ( 19 . 5 ) 287  ( 71 。 6

30

7. 5

1

0, 2

5

1. 2

参照

関連したドキュメント

ところで,労働者派遣契約のもとで派遣料金と引き換えに派遣元が派遣先に販売するものは何だ

ても情報活用の実践力を育てていくことが求められているのである︒

The Moral Distress Scale for Psychiatric nurses ( MSD-P ) was used to compare the intensity and frequency of moral distress in psychiatric nurses in Japan and England, where

 TABLE I~Iv, Fig.2,3に今回検討した試料についての

にする。 前掲の資料からも窺えるように、農民は白巾(白い鉢巻)をしめ、

[r]

quarant’annni dopo l’intervento della salvezza Indagini, restauri, riflessioni, Quaderni dell’Ufficio e Laboratorio Restauri di Firenze—Polo Museale della Toscana—, N.1,

カウンセラーの相互作用のビデオ分析から,「マ