Microsoft PowerPoint - 診療所向けカルテ公開依頼V1.9(0913修正)

27 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

診療所様向け

診療所電子カルテデータの連携カルテサービス連携方法

V1.9改

2016年9月8日

(2)

改版履歴

版数 日付 ページ 改版内容(カッコ内変更したスライド番号) 1.0 初版作成 1.1 H25.03.14 9 ・アップローダ利用時の補足ページを追加 1.2 H25.04.02 4 ・共用中継サーバ利用時の制限事項を追加 1.3 H25.07.08 10~25 ・頁追加(SS-MIXデータ連携インターフェース関連頁) 1.4 H27.05.01 18,19 ・パッケージのレベルアップにて、汎用XMLに属性が追加されたため、補足を追記 1.5 H26.06.17 全て ・患者受付業務の入力補完機能など中継サーバ設置向けの記載があったため、見直し。 1.6 H26.07.01 11 ・SS-MIX出力必須項目の追記 1.7 H27.10.01 19 ・まめネット利用環境のページを追加 1.8 H27.11.17 9 ・SS-MIXアップローダ仕様のファイル名の見直し。 1.9 H28.09.08 3,5 ・図の修正 7 ・動作環境OSの追加 11 ・SS-MIXデータの出力方法 の変更 11 ・SS-MIXデータ出力にあたっての留意事項 の追記 12 ・データ種別について を項目修正 21~27 ・補足2.SS-MIX標準化ストレージ 表示項目について を追加

(3)

診療所カルテ参照の仕組み

診療所カルテ参照の仕組み

A診療所SS-MIXストレージ B診療所SS-MIXストレージ Z診療所SS-MIXストレージ ・ ・ ・ A診療所 共用中継サーバ アップロードフォルダ (一時的) 電子カルテサーバ

・データセンターに診療所向け共用中継サーバ(SS-MIXストレージ)を構築しております。

・診療所電子カルテから出力されたSS-MIXデータは、当協会より提供を行うアップローダを利用しデータセンター内の

「共用中継サーバ」に格納します。アップローダは定期間隔での自動実行で動作します。

注意事項 ※1 詳細については、7ページ「各診療所への依頼事項」をご確認して下さい。 ※2 電子カルテからカルテデータをSS-MIXへ変換し出力する事については、電子カルテベンダーとご相談下さい。 アップロード後、ファ イル削除する仕様 になっています 連 携 カ ル テ 連 携 ア プ リ 連 携 カ ル テ W E B サー ビ ス 連携カルテ WEBサーバ SS-MIXアップローダ しまね医療情報ネットワーク「まめネット」

(4)

共用中継サーバご利用の際の制限事項

共用中継サーバご利用の際の制限事項

制限事項

■共用中継サーバへの通信量削減及び、サーバ容量の制限より、共用中継サーバに格納するデータは「

公開同意

患者のカルテデータのみ

」といたします。

・公開同意患者の選択方法は以下の通りです

公開同意患者を知る方法として、10ページ「公開同意済み患者通知」インタフェースを利用し下さい。

※上記インタフェースを利用する事で、電子カルテへ同意患者フラグ等を手動で付けなくても、自動でフラグ等が付

きます。

※退会患者のデータは退会を知りえてから出力対象外とし、これまで作成したデータを削除するかどうかは施設毎

に検討しシステム実装して下さい。

(5)

セキュリティ対策

セキュリティ対策

【データセンターに格納されたデータのセキュリティ】

・データセンターの共用中継サーバは、ファイアウォールにより通信制御され、他の医療機関からもアクセスできません。 6ページ「ネットワークセキュリティ概念図」を参考にして下さい。 ・アップローダには、医療機関毎に設定する医療機関コードと認証コードが正しくないとアップローダが動きません。 ※医療機関コードと認証コードは、当協会より医療機関毎に発行いたします。 ・しまね医療情報ネットワーク(以下「まめネット」と言う)の通信経路はNTTデータ社のVPN技術により暗号化されるので盗聴 や、インターネット環境からの成りすましはできません。(厚労省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第4.2版(平 成25年10月)」に準拠)

【診療所電子カルテ・院内ネットワークのセキュリティ対策】

・セキュリティポリシー上、電子カルテネットワークとまめネットを分離している施設では、以下の対応方法をご検討ください。ただし、電子 カルテネットワークとまめネットが接続している場合は以下の対応は不要です。 対応方法:ファイアウォールを導入し、通信制御として電子カルテサーバからSS-MIXデータをアップローダが動く端末へ送る通信のみ を可能して下さい。 電子カルテネットワーク まめネット 電子カルテサーバ アップロード ファイアウォール SS-MIXアップロード用 フォルダ アップローダ

(6)

ネットワークセキュリティ概念図

ネットワークセキュリティ概念図

連携カルテ WEBサーバ

ファイアウォール

VPN装置

DMZ

セキュリティゾーン

診療所 診療所 病院 共用中継サーバ SS-MIXデータ セキュリティゾーンへは、連携カルテWEBサーバとのみ通信許可しており、診療所 や病院から直接通信を行いSS-MIXデータを参照しない仕組みとなっています。

まめネット参加機関

(7)

各診療所への依頼事項

各診療所への依頼事項

NO 内容 備考 1 【電子カルテからのSS-MIX2出力対応】 電子カルテサーバからSS-MIX2 V0.96の規約に則った ファイルでカルテデータをSS-MIXデータに変換し出力をお 願いします。 ・電子カルテが出力する項目については、11ページ「SS-MIXデータ出力にあたっての留意事項に従って下さい。 2 【パソコン】 専用パソコンでなくてもかまいませんので、ご用意ください。 ・動作環境は下部の注記を参照して下さい。・新たに用意される場合は、診療所で保守管理を行って下 さい。 3 【パソコン】 SS-MIXアップロードフォルダの設定及び、アップローダをイン ストールを行って下さい。 ・診療所で保守管理を行って下さい。 4 【ネットワーク】 アップローダの動作は、まめネットに接続している必要があり ます。 ・まめネットに接続されていない場合はSS-MIXデータは共用 中継サーバにはアップロードされません。 5 【ネットワーク】 電子カルテネットワークに、まめネットを接続して下さい。 ・接続できない場合は、5ページ【診療所電子カルテ・院内ネットワークのセキュリティ対策】の対応方法をご検討下さい。 注)アップローダは、以下の環境で動作します。

O S:Windows VISTA、 Windows7、Windows8.1、Windows10 実行方法:1~1140分単位で自動実行します。(アプリ常駐必須)

(8)

連携ファイル名(フォルダ名)定義

連携ファイル名(フォルダ名)定義

SS-MIXのファイル命名規約に原則従いますが、物理削除や論理削除が必要となることを考慮し、赤字の部分については、まめ ネット独自仕様として追加します。 項目名 必須 概要 患者ID ○ 患者を一意に識別するためのID。 英数字6文字以上 診療日 ○ 診療情報を作成した日付。 西暦8桁(YYYYMMDD) データ種別 ○ 処方、臨床検査等、データを区別するための識別文字。 SS-MIXのデータ種別定義に従うものとする。 オーダ番号 ○ オーダを特定するための識別番号。 ファイル作成日時 ○ ファイル作成を行った日付。HL7文書に関してはMSH-7と同等値。 西暦14桁(YYYYMMDDHHmmssSSS) 診療科コード ○ 入力組織コード。 HL7文書に関してはORC-17と同等値。 有効フラグ ○ ファイルの状態を表すフラグ。 0:無効、1:有効、2:更新履歴 拡張子 ファイル(フォルダ)のデータ形式を表す。 ・拡張子なしのファイル ⇒HL7ファイルとして処理する。 ・拡張子なしのフォルダ ⇒連携ディレクトリとして処理する。 ・拡張子「files」のフォルダ ⇒連携ファイルと対になる添付データフォルダ ・拡張子「del」のファイル ⇒ストレージ上のファイルに対して論理削除指示 ・拡張子「kil」のファイル ⇒ストレージ上のファイルに対して物理削除指示

(9)

SS-MIXアップローダ仕様 補足

SS-MIXアップローダのインストールフォルダ check SS-MIXアップローダはSS-MIXアップローダのフォルダ内にcheck、err、log、uploaderという4個のフォルダを自動生成します。 ・SS-MIXデータファイルはcheckフォルダ下にファイルを格納してください。この時、 checkフォルダ内には新たにフォルダなどは作成 しないで下さい。 ・HTML・XML、画像ファイル等の添付がある場合は連携ファイル名.filesのフォルダを作成し、添付ファイルを中に格納してください。 1234567890_-_ADT-00_9999999999_20130101000000000_01_1 1234567890_20130101_EXT-01_9999999999_20130101000000000_01_1.htm 1234567890_20130101_EXT-01_9999999999_20130101000000000_01_1.files 20130101_1000_1.jpeg HTMLや画像ファイル等の添付ファ イルは、アップロードする事で表示 することができます。 アップロードには、新たにフォルダ( 連携ファイル名に「.files」をつけた フォルダ名称)を作成格納して下 さい。 err log uploader

(10)

「公開同意済み患者通知」インタフェース

本インタフェースは、例えば公開同意済み患者のSS-MIXデータを出力する場合に利用します。 【連携方法】 ファイル連携:データセンターの共用中継サーバ内に連携用のフォルダがあるので、このフォルダを通じて同意済み患者リストファイル を共有します。フォルダ名やファイルパスについて個別打ち合わせ時にお知らせいたします。 【ファイル仕様】 ファイル名: PID_LIST_医療機関CD.txt 更新頻度:5分間隔で更新処理を行い、最新化(ファイルの上書き)を行います。 ファイル内容:要求された医療機関の公開同意されている患者IDの一覧 ファイルフォーマット:txtファイルとし、各フィールドをカンマ区切りで出力します。1行1レコードとし改行コードで区切り、ます。 フィールド名: 施設患者ID、退会フラグ、死亡日、閲覧同意フラグ

インターフェースについて

項目名 内容 施設患者ID 医療機関で使われる患者IDが入ります。 退会フラグ 患者さんのまめネット参加の状態について入ります。 0:未退会、1:退会 死亡日 死亡が確認された場合、他施設を含め患者登録に死亡日を入力を行うと死亡日が入ります。「YYYYMMDD」形式 閲覧同意フラグ 医療機関の閲覧同意状態が入ります。 0:未確認、1:閲覧同意あり、2:閲覧同意拒否

(11)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

電子カルテデータ発生後、直ちにSS-MIX変換し出力をお願いします。

これは連携カルテサービスでは、救急外来受診等緊急性のある運用での利用も想定しているためです。

共用中継サーバ故障時は、各診療所の電子カルテから再出力することを想定しています。電子カルテより再出

力が困難等の事情がある場合には、必ず別途バックアップを行って下さい。

共用中継サーバで取り扱うSS-MIXは「SS-MIX2 V0.96」の仕様です。電子カルテは、SS-MIX2 V0.96

の仕様に変換して出力して下さい。

SS-MIXデータの出力方法

SS-MIXデータ出力にあたっての留意事項

■次の項目については、必ず出力ください。

患者基本情報/病名/アレルギー/処方/注射/検体検査結果

■次の項目については、技術的に困難な場合を除き出力してください。

放射線・内視鏡・エコー・生理・病理検査レポート及びそれに付随するキー画像

透析、手術、輸血の各オーダー(処置系オーダー)の指示日時、指示内容及び実施情報

(12)

データ種別について

データ種別について

■連携カルテサービスでは右表の分類で情報を表示

します。

電子カルテより出力可能な診療情報を整理を行い、

各診療情報をどの分類するか個別に打合せを行った

のち、電子カルテからSS-MIX変換しアップローダへ出

力をお願いします。

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

NO 分類 1 SOA 2 処方 3 調剤 4 注射 5 検体検査 6 放射線検査 7 生理検査 8 内視鏡検査 9 その他検査 10 手術 11 透析 12 輸血 13 看護記録 14 その他

(13)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

SS-MIXアップローダのインストールフォルダ check イメージファイル(ファイル名: 患者ID_診療日_データ種別_オーダNo_発生日時_診療科_コンディションフラグ.拡張子)

SS-MIX仕様の拡張ストレージの格納方法について

方法1:画像ファイル等を格納する場合

PDF、JPEG、PNGなどの単一ファイルで、ブラウザでそのまま表示できるものについて、以下の方法で画像ファイ

ルを格納して下さい。

注)拡張ストレージを利用の際は、データ種別、文書形式IDが必要です。個別打ち合わせ時に開示いたします。

(14)

添付データ(XSLスタイルシート、画像ファイル等)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

(1)HTMLやXMLのように、外部参照用のリンクを持てる形式の場合、データ種別のフォルダの下に、外部参 照用フォルダを作成し、その下に添付データを格納してください。 (2)HTMLやXMLに添付データは、相対パスで記述してください。 SS-MIXアップローダのインストールフォルダ check データファイル(HTML,XML) (ファイル名: 患者ID_診療日_データ種別_オーダNo_発生日時_診療科_コンディションフラグ.拡張子)

データファイル.files(ファイル名: 患者ID_診療日_データ種別_オーダNo_発生日時_診療科_コンディションフラグ. files) データファイル名に「.files」をつけたフォルダ名称としてください

方法2:XML形式での格納の場合(独自XML)

この方法で格納したSS-MIXデータは、専用画面で指定されたスタイルシートを使って表示されます。

拡張ストレージのデータを扱う方法としてHTML及び、XML形式(HL7CDA R2)を採用される場合、以下の方

法でHTML・XMLファイルおよび添付ファイルを格納して下さい。

また、格納されたHTML・XMLを正しく表示するためのスタイルシートもあわせて格納して下さい。

注)拡張ストレージを利用の際は、データ種別、文書形式IDが必要です。個別打ち合わせ時に開示いたします。

(15)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

SS-MIXアップローダのインストールフォルダ check 汎用XMLファイル(ファイル名: 患者ID_診療日_データ種別_オーダNo_発生日時_診療科_コンディションフラグ.拡張子)

方法3:XML形式での格納の場合(汎用XML)

この方法で格納されたデータは、連携カルテのカレンダ画面で詳細データとして表示されます。 まめネットで定めたXMLフォーマットでXMLデータ出力していただければ標準化ストレージ同様、連携カルテカレンダ画面内で情報を 表示できます(テキストのみ)。 医師等のテキスト記載が多いSOAはこの方法で出力をお願いします。 注)拡張ストレージを利用の際は、データ種別、文書形式IDが必要です。個別打ち合わせ時に開示いたします。

(16)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

(方法3続き)汎用XMLフォーマット仕様

共通部説明 ・XML宣言文 ・XMLファイルであるための宣言文を記載 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> ・ファイルエンコーディング XML宣言文で使用したエンコーディングでファイルを保存する 推奨:UTF-8 タグ説明 ・BLOCKS要素 ・一番外枠を<BLOCKS>タグで囲む ・BLOCK要素 ・表単位で<BLOCK>タグで囲む

・ toggle属性にて折りたたみ表示を設定可能( true / false ) ・ROW要素

・行単位で<ROW>タグで囲む

・bgcolor属性にて背景色を設定可能( #000000 の形式で指定) ・align属性にて水平方向の位置を設定可能( left / right / center) ・valign属性にて垂直方向の位置を設定可能(top / middle / bottom)

・width属性にて幅を設定可能(auto / 数値(単位付き)で指定 / %で指定 ) ・COL要素

・列単位で<COL>タグで囲む

・改行コードには対応しないため、改行を表現する場合はROW要素から分ける必要がある ・bgcolor属性にて背景色を設定可能(#000000の形式で指定)

・align属性にて行揃えの位置を設定可能(left / right / center)

(17)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <BLOCKS> <BLOCK> <ROW><COL>今日は、</COL></ROW> <ROW><COL>朝から</COL></ROW> <ROW><COL>頭が痛い</COL></ROW> </BLOCK> <BLOCK> <ROW bgcolor="#D0F5A9"> <COL width="25%">項目1</COL> <COL width="25%">項目2</COL> <COL width="25%">項目3</COL> <COL width="25%">項目4</COL> </ROW> <ROW>

<COL width="25%" align="left">項目1-1</COL> <COL width="25%" valign="top">項目2-1</COL> <COL width="25%">項目3-1</COL>

<COL width="25%">項目4-12345678901234567890</COL> </ROW>

<ROW>

<COL width="25%" align="right">項目1-2</COL> <COL width="25%" valign="bottom">項目2-2</COL> <COL width="25%">項目3-2</COL>

<COL width="25%">項目4-12345678901234567890</COL> </ROW>

<ROW>

<COL width="25%" align="center">項目1-3</COL> <COL width="25%" valign="middle">項目2-3</COL> <COL width="25%">項目3-3</COL> <COL width="25%">項目4-12345678901234567890</COL> </ROW> <ROW> <COL width="25%">項目1-4</COL> <COL width="25%">項目2-4</COL> <COL width="25%">項目3-4</COL> <COL width="25%">項目4-12345678901234567890</COL> </ROW> </BLOCK> <BLOCK toggle="true"> <ROW><COL bgcolor="#D0F5A9"><<詳細については、ここをクリックしてください。>></COL></ROW>

<ROW><COL width="25%" bgcolor="#D0F5A9">項目1</COL><COL width="55%">薬品A</COL><COL width="20%">1mg</COL></ROW> <ROW><COL width="25%" bgcolor="#D0F5A9">項目2</COL><COL width="55%">薬品B</COL><COL width="20%">2mg</COL></ROW> <ROW><COL width="25%" bgcolor="#D0F5A9">項目3</COL><COL width="55%">薬品C</COL><COL width="20%">3mg</COL></ROW> </BLOCK>

(方法3続き) 汎用XMLフォーマット仕様

表示例

(方法3続き) 汎用XMLフォーマット仕様

表示例

クリックすると、下記の様 に広がります。

(18)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

連携カルテ SS-MIXデータ連携インタフェース (出力方法)

補足)拡張ストレージ出力 方法2,方法3の違い

補足)拡張ストレージ出力 方法2,方法3の違い

方法2の場合 連携カルテカレンダ画面とは別に、「添付」を押し指定されたスタイル シートの通り参照画面で閲覧できます。 放射線 方法3の場合 連携カルテカレンダ画面の詳細エリアに出力データが表示されます。 連携カルテカレンダ画面 連携カルテカレンダ画面

(19)

電子カルテから患者を指定して、連携カルテをURL連携したい場合、以下のURLを指定してブラウザ起動してください。

【URL】 http://bs-web-04.healthnet.local/scs/samlRedirect?SESSION_REDIRECT_URL=http%3A%2F%2Fbs-web-04.healthnet.local%2Fwcs%2FurlRedirect&SESSION_SCREEN_SEQ=X0101_00_003&PAT_ID=XXXXXXXXX X&AREA_CODE=8002&SEARCH_KIND=CR_TYPEA ※「XXXXXXXXXX」には、施設患者IDを記載してください。 必須事項:URL連携を起動する場合、IEのウィンドウ設定を以下の設定で起動して下さい。

電子カルテからの連携起動方法

電子カルテからの連携起動方法

設定項目 説明 設定値 width 画面の幅 1280 or 1024 height 画面の高さ 1024 or 800 toolbar ツールバーの表示 no location アドレスバーの表示 no directories ユーザ設定ツールバーの表示 no status ステータスバーの表示 no menubar メニューバーの表示 no scrollbars スクロールバーの表示 no resizable ウィンドウのリサイズ yes top 表示ウィンドウの上位置 0 left 表示ウィンドウの左位置 0

(20)

補足1.SS-MIX標準化ストレージ 病名転記区分の解釈について

補足1.SS-MIX標準化ストレージ 病名転記区分の解釈について

■病名転記区分について

病名(歴)情報登録・更新メッセージ(PPR^ZD1) - プロブレム詳細セグメント(PRB) - PRB-14 プロブレムのライフサイクル状態 について 転記区分として使用する値は、HL7 表「0241-患者の結果」または「JHSD 表 0006-転帰区分」を参照 となっていますが、まめネットでは両表をマージした以下のコード表を利用してください コード 名称 まめネットでの表示 出典元 D 死亡 死亡 HL7 表-0241 R 回復 回復 HL7 表-0241 N 回復せず/変わらない 不変 HL7 表-0241 W 悪化 悪化 HL7 表-0241 S 後遺症 後遺症 HL7 表-0241 F 完全に回復した 治癒 HL7 表-0241 U 未知 未知 HL7 表-0241 I 中止 中止 JHSD 表-0006 M 寛解 寛解 JHSD 表-0006 C 継続 継続 JHSD 表-0006 O その他 その他 JHSD 表-0006

(21)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 患者基本属性情報

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 患者基本属性情報

■まめネットで扱うSS-MIXについて

連携カルテ画面にて扱う項目は以下の通りとします。電子カルテシステムで扱う項目を過不足なく設定してください。 患者基本情報[ADT-00] セグメント フィールド名 OBX-3 検査項目 OBX-5 検査値 OBX-6 単位 DB1-2 身体障害情報 DB1-4 身体障害の有無 PID-28 国籍 PID-11 患者住所 PID-13 電話番号-自宅 PV1-2 患者区分 PV1-7 主治医 PV1-10 診療部門 IN1-2 保険プランID IN1-3 保険会社ID IN1-12 プラン有効日付 IN1-13 プラン失効日付 IN1-17 被保険者と患者の関係 AL1-2 アレルゲン分類 AL1-3 アレルゲン情報

(22)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 病名

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 病名 病名[PPR-01]

■まめネットで扱うSS-MIXについて

連携カルテ画面にて扱う項目は以下の通りとします。電子カルテシステムで扱う項目を過不足なく設定してください。 セグメント フィールド名 ORC-12 依頼者 ORC-17 入力組織 PRB-7 プロブレム設定日付/時刻 PRB-10 プロブレムの分類 PRB-13 プロブレムの分類確認状態 PRB-14 プロブレムのライフサイクル状態 PRB-15 プロブレムのライフサイクル状態の日付/時 PRB-16 プロブレムの発生日付 PRB-17 プロブレムの発生テキスト PRB-18 プロブレムのランキング PRB-25 セキュリティー/感受性 ZI1-2 保険プランID ZI1-3 保険会社ID

(23)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – アレルギー

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – アレルギー アレルギー情報[ADT-61]

■まめネットで扱うSS-MIXについて

連携カルテ画面にて扱う項目は以下の通りとします。電子カルテシステムで扱う項目を過不足なく設定してください。 セグメント フィールド名 IAM-3 アレルゲン情報 IAM-4 アレルギー重症度 IAM-5 アレルギー反応情報 IAM-6 アレルギーアクションコード IAM-9 アレルギー物質に対する感受性 IAM-11 アレルギー発症日 IAM-12 アレルギー発症時期 IAM-17 アレルギー臨床確認状況 IAM-19 確認機関 IAM-20 確認日時

(24)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 処方オーダ(処方実施通知)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 処方オーダ(処方実施通知) 処方オーダ実施情報[OMP-11]

■まめネットで扱うSS-MIXについて

連携カルテ画面にて扱う項目は以下の通りとします。電子カルテシステムで扱う項目を過不足なく設定してください。 セグメント フィールド名 ORC-4 依頼者グループ番号 ORC-12 依頼者 RXA-5 投薬コード RXA-6 投薬量 RXA-7 投薬単位 RXE-4 与薬量-最大 RXE-7 依頼者の投薬指示 RXE-10 調剤料 RXE-11 調剤単位 RXE-19 1日あたりの総投与数 RXE-21 薬剤部門/治療部門による特別な調剤指示 TQ1-3 繰返しパターン TQ1-6 サービス時間 TQ1-7 開始日時 TQ1-8 終了日時 TQ1-11 テキスト指示

(25)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ 薬剤量の扱いについて

補足2.SS-MIX標準化ストレージ 薬剤量の扱いについて

■処方薬について

頓用薬や外用薬においては、1回量や1日量が表現し難い問題がある。まめネットでの数量表現については以下の通りとする。 処方オーダ依頼情報[OMP-01] 処方オーダ実施情報[OMP-11] セグメント フィールド名 説明 オプション指定 まめネット 内服薬 頓服薬 外用薬 RXE-2 与薬量-最小 一回分の投薬量を示す。不均等投薬時は、一回分投薬量の最小値を示す。 必須。ただし、値がセットできない場合は「””」をセットする。 1回量 出力する 出力する 「””」をセット RXE-19 1日あたりの総投与数 実際の調剤単位で表現されるような、個々の調合薬のための一 日当たりの投与量合計を含む。 トリガイベントおよびその他のフィールド 条件により設定要否が決まる。 1日量 出力する 出力しない 出力しない RXE-10 調剤量 薬剤または処置供給者によってコード化された調剤量。 投薬量の総量を示す。 必須。ただし、値がセットできない場合 は「””」をセットする。 総量 出力する 出力する 出力する セグメント フィールド名 説明 オプション指定 まめネット 内服薬 頓服薬 外用薬 RXA-6 投薬量 投薬された量。 必須。ただし、値がセットできない場合は「””」をセットする。 1回量 出力する 出力する 「””」をセット RXE-19 1日あたりの総投与数 実際の調剤単位で表現されるような、個々の調合薬のための一 日当たりの投与量合計を含む。 トリガイベントおよびその他のフィールド 条件により設定要否が決まる。 1日量 出力する 出力しない 出力しない RXE-10 調剤量 薬剤または処置供給者によってコード化された調剤量。 投薬量の総量を示す。 必須。ただし、値がセットできない場合 は「””」をセットする。 総量 出力する 出力する 出力する

(26)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 注射オーダ(注射実施通知)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 注射オーダ(注射実施通知) 注射オーダ実施情報[OMP-12]

■まめネットで扱うSS-MIXについて

連携カルテ画面にて扱う項目は以下の通りとします。電子カルテシステムで扱う項目を過不足なく設定してください。 セグメント フィールド名 RXA-5 投薬コード RXA-6 投薬量 RXA-7 投薬単位 RXA-9 投薬注記 RXR-1 経路 RXR-2 部位 RXR-3 投薬装置 RXR-4 投薬方法 RXR-5 経路指示

(27)

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 検体検査結果

補足2.SS-MIX標準化ストレージ

表示項目について – 検体検査結果 検体検査結果[OML-11]

■まめネットで扱うSS-MIXについて

連携カルテ画面にて扱う項目は以下の通りとします。電子カルテシステムで扱う項目を過不足なく設定してください。 セグメント フィールド名 SPM-4 検体タイプ SPM-17 検体採取日時 OBR-22 結果報告/状態変更-日時 OBX-3 検査項目 OBX-5 結果値 OBX-6 単位 OBX-7 基準値範囲 OBX-8 異常フラグ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :