標準原價と賣上利益分析-香川大学学術情報リポジトリ

43 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

企柴の道営に於て近代的に汲も感著なる現はれは、謂ふまでもなく科挙化の徹底と云ふことであるC製造企柴

によりてはー主として製造技術上忙於でのことであるがーその獲際的なる運営に首りて、先づ科革的管珂琴

の理論把捉とその應用の途とを大成し、その成果は可成夙くより燈乎として拶現するものあるを胡たのである。

その料率的管理法に於ては中心的目擦を作柴の高速度化より次第に欒挿せしめて、作業有効化の上に之を置く事 詳二

となり、叉共の後F。rmの考案その他に依りて、計婁途行並にその成果獲得の上により仙暦の改善を加へ、今は

魔ど理想的境域にまで進展しっゝあるを見るのである。その方洩の特色は、党づ工場作柴を中心とする諸関係の

御輿約分析研兇を以て基本之なし、雁紫並に之を園続サそ切の朋備に勤王て、珊想的なる想定周槙としての標

準意還し、その遊行凄常に月辟たる標準忙閲して統制⊥、以て事嘗上の成典を篠栗療準に合致せしむ考の手順

を感へ、庭番と蜜僚との聞正何等かの差欒を生じたると遭、其の原因法要任の所凍上を明かに七﹂卑つその射撃

発寸劇巻.敬二二諦

楼草原債ヾ︼賛上利益分析

ハニ四八︶ 躇六

(2)

策を講すべき途を開くが如く、極めて合理的なる企閲を行ふ鮎にあるのである。而して今之が背景として或は叉 之が輔翼として、最む科挙的に精鋭なる原慣合計の確立老兄るならば、その雨着協調に伐りて、輿近企柴は更に ﹂膠その科挙化に徹底するものあるべきを知る。同時灯叉販愛並に絶牒的経営に、合理的なる管理と精鋭なる複 線統制の施設とを看るならば、経営の粂髄は更に一瞥の科挙化徹底を得るであらう。 叫濃に経営の統制には、合計原理の應用に因り慣値数字を通して之を行ふペきものが甚だ多い′。科挙的管軍法 がその目的達成の中枢的要鮎として選ぶ、作柴棟準の樹立並にその維持は、作柴並に之を固揺する一切の関係に 話〓 封する慣倍の認識計算に、最も多く倍横を持つ怜質のものであつて、原惰合計を通しての群常緑横位得は、科挙 \ 的管理法の婁合にありても特に発雷であり、或は東に科畢的管理法の如きものゝ下に在りてこそ、原惰合計の眞 臆・本領が鼓も完全に達成せらる1ものであると考へなくてはならない。〓arr㌻。コは槙準原慣命計の瑚汲を以 話三 て、製造合計に於ける料率的管理法精紳の應用であると説くのであるが、今日の進歩せる原慣命計とエ場管理法 とは、描然と相融和せる不可離の仙鰭をなすものであると云はなくてはならない。 原慣合計が極めて不完全なる回願的計算の形を以て生れ出でたのは、エ場管理に於ける科挙化運動の展開に比 tては遥かに遮れ、エ場管理に於て料率的管坤法の進化語展してその大成を見るに及びても、簡原個食計は非科 拳的にして、極めて稚拙なるの域を脱し得なかったのである。焉めに科挙的管理法を奉じ、叫般土坂管理の科挙 的徹底を企図したる畢窟蜜際次の間に於て、原償禽計の科挙的促進軒焦眉の急として暗侍する者が多かったので 横準原償と更上利金分析 ︵こ四九︶ 四七

(3)

詳四 ある。それが今日漸く大域の嘘に進み、エ婁管理の側面よりする欝撃に、殆ど完全に合致するを得るの状態に到 達せるを見出しつゝあるのである。次には放資並に絶鰭的緻密に於ける、料率的管理法の精神と標準塀慣制度の 精紳の應用とに基く、管理と改欝統制との組織の大成を見る寄でなくてはならない。 エ夢管理として科挙的の基礎を隠持して生まれたを科挙的管粗法の虞髄は、前にも妄口せるが如く、作業要件 一切に亙る榛準化であけ、その理想的なる梗準に照しての作巣級行に刻する効果的統制である。その槙準櫨立に は、過去に於ける作業業績の分析批判と、膳釆への欲求とを基本嬰件として見出し得る。慣慣合計も針た、その 科挙的なる内容形態に於けるものには、製造隊慣を中心としての過去に於ける柴踏の回顧的分析と、滞米への欲 求とを基本衷件として見出し得る。斯くて完全なる標準原慣を兜づ決定するに成功しなくてはならない。 斯かる原債棟準の樹立ば.作菜の形式内容その他叫切の嬰件を、所謂料率的管理法の理想に守りて標準化した・ る建前に於て、之を行はぎるべからざる.ものなる事は論ヰるまでもない。同時に叉、料率的管甥法に於ける件柴 要件に封する仙切の標準は、・科啓的に汲もiEしき膜慣倉計による標準原偶の指示する∵制約に服してのものなる 番を必要とする。餌ち科挙的工場管法と料率的原場合計とは、共にエ婁に於ける製造企糞の経済仲昂揚に向つ 註五 て、唇歯輔畢の関係を緊密に保麗しっゝ、互に渾然として相融和しなくてはならない。斯くて始めで輿近付柴の 話六 統制が飽くまでも奥地技術的に効果的であり、叉横倍計算的に故も効果的であり得る寄となるものである。 奮釆のエ場管理にありては柁その進歩せるもの佗於てむ、彼の科塾的管理法に見るが如くに、料簡的なえ基本 第十︼春 巻三択 ︵二五〇︶ 四八

(4)

研究に放て・或は諸拉の梗準設定に於て・或は叉企婁日程の司箪の関係に於て、研究部門・企歪部門の如きを特 設する寄の経費塘加が、その此等特設より発たる収益の増加に企及すべくもあらざるべしとの挟まりたろ靭念の 横溢を看、之が塊がて叉原憤禽計の組織並に研究に要する経費の、その之に因りて上げ得べき収益の増加に、企 及すべく庵あらざるべしとの誤解を惹き起し、エ場管理の任忙ありたる者は料率的瑛嬢の把扱に怠りたるのみな 註七 らず、原傾脅計に対して殆ど何物をも嬰求する應なく、▲唯だ漫然と作弟方法並に原偶の蟹田的関係につき、自己 め普通透徹を期するに努めたるのみであつた。 エ場管埋に於て和解的なる方法の麒川とその設定の囲係とは、唯だ罫なる経費上の閃電にあらす、懲米の盲目 的なろ経常が如何に多くの絆螢危機を招来すべかりしかを顧慮するの必要があり、叉原個命計に於ける料率的な る企図と、その之に封する施設とが、金紋皆に封し如何に多くの寄興をなすペきか、叉之が徹咤的なる旅設なく しては、金紋皆が如何に多くの危機を招来すべかりしかを顧慮すべきものである。原慣合計の完備乃室その働英 は、作柴方式に摘する科挙的管理法の完備乃至効果と共に、経費上の聞虜でなく、約終又は施設そのものゝ内容 それ自鰻の問題である。優れたる内容・秀でたる効果を上ぐる組織乃至施設は・如何なる婁合にも絶封に要用で あり、叉之が完備には常に収支不慣的に犠牲の多くをのみ件ふものと宵断する必嬰はなきものである。特にそれ が原偵倉計の間庖であり、それが汲も高き経済性蟹揚の紺地としての題目であるに於ては、それ日照が斯かる牧 受不償を許さゞるも.のである立場に於て、.成山皿を見るものである寄を探く考へなくてはならない。叉斯かる立場 棟準原憫と貿止別徒分析 ︵ご五こ 四九

(5)

虚刹を目的とする製迅企業に於ては、汲も理想的にその目的を達成せんが焉めに、エ場組織は勿論姦轡廟 料・努轡製造方法並に劃般財務の全面に覚りて、科挙的に厳iEなる綿密統制の蜜を上ぐるに成効しなくてはなら ない。その場昔最先に考慮すべき事象は、作柴の橡定的計意・成果の預窄像淀城果賛現の馬めの貸任の委任・壁 際成果の記錐計算・嘗際成果の後足成果への封比・その判比の結英に基く政鷺の決定等之である。此の馬めに 話八 膏N。aコ瓜Gぎerは経常統制の主要三関として、指標・統御調和の三者む指摘するのである。 指梗︵Dir“ハt訂。︶・の任務とする虚は、、寄発火は作東の預克とその成典の預定とを以て骨子とする。企菜がその最 に於て成立を看るの努力を盈ぬなくてはならないのである。 謹一H・B・ロ﹁Ury、Sc訂コt慧c3当a笥ヨ川阜p.p 話 こ 〓・FヨerSOコ︸Ef芳訂コCy−P﹂∃. 謹 三 G■︹⋮〓彗r訂○コ﹀S︻aコdard nOStS︸P.Nか 註 四 声く・エay2S︸牙︵Ouコtぎ色すExenut君COコtrO−もP.NTNN. 註 五 W・R・B琵e;コdL・He竃00d− 話 謹 七 〓ar﹁芯○コ一家dシP−声 第十岬巻 弟﹂ニ耽 ︵こ五二︶ 鼠○

(6)

も合印的にして艇しき威炎を怨ぐる篤めには、すべての統制項目に封し、盲目的なる進行墟は自由放任的なる進 行を許すべきではない。必ずや、其夙に正しく且つ敢も効英的なる事前竣泣・或は計荘なるものを打立てなくて はからない。科挙的管理法が作柴の標準を樹立せんとするのも之が爵めであか、模弛鹿破顔計制度が原惜標準を 樹立せんとするのも亦等しく之が焉めである。企柴は二∴将的には或時期かる預定計宣又は棟準なく1Lて、狛よく 或る成英を上げ得るかも知れない。併かし永遠に官省轟き経螢の中にありて、耗靖的環境の攣輪に曝されつ∼、 叉断へす興隆し来なる競疎の危陶を胃しつ1、更に叉十敵機客の不断なる欲求攣抽に捷吏れつ∼、しかも柑常に 正し軒成果を上げんと欲する寄は賛に妻雛の柴であつて、斯かる場合には備によく周酎の藩楠を洞察しっ1、所 期の目的達成に誤らざる購平たる璧肌計露を樹立するに努めなくてはならない。斯かる計註の樹立に懲りて、眼 前の利寄が長期永遠に官る速大なる利害と互に接着矛眉する場合には、謂ふ皇でもなく眼前の別事を杓て1、永 遠の利害の遠ぺなるものに綻ふの途を選ぶべく、企菜をして常に牽展■膨脹・恒柴を獲ち得せしむるやうにしな くてはならない。此虚に計茸の遠大性を見出すべく、叉斯かる遠大なる計宣の焉めに無方針・無自覚なる事を許 さゞる幾多因子の布衣することを知らなくてはならないのである。 統制へnO。t﹁。l︶は換足成典を上げしむる焉めの計喜を、賓行に移して誤らざるの督拗を指して云ふわである。 斯かる統制に於ても亦眼前仰々の成英達成に直接効兆多き途を選ぶべきも、佃長期永遠の戌英達成に障察と計 り、或は矛眉するものある場合を見川したるときは、申氷遠の成邦速成の焉めに適合せる途を選ぶの暇力作を保 梗準原偶と安土利金分析 ︵二五三︶ 五︼

(7)

持せしめなくてはならない。 而して型この調和︵C00rdi。註。。︶は指楔及び統制に十分なる効英を働きかくペきものであつて、蜜際の統制 を行ふ場曾に、個々の作柴並にその成典を個別的に上ぐるに努むる外に、企業仝髄としての成果の調和よき向上 に努むべく、指抑と統制とを妓も緊密に調和合致せしめなくてはならない。即ち此の為めには、橡定と賛際との 記録並にその封比研究を故も発雷となすものである。斯かる賓際の記録とその改悪又は計定への判比とが、精機 と統制との埜方!それも憂懲り急迫せる個々の革象に射するものと、企業の長き生命の期間に跨りての長期大 成的なるものに封するものと1の問に非常に鮨菅にして有効なる働きがけをなすものであると考へなくてはな らない。 組戯立て吟管理統制の基本である。各部局の機能決定・部局別表任の分櫓・統制力の中央集中、それ等の焉め 藷九 の人的配麓等は、此の紐縛立ての申にありても申栴的重要事象を形成するものであるが、斯かる印綬立ては中央 に集中せられたる統制の威力によりて、下級よれ上級へ漸進的に集中せらる∼形をとるべきものであり、斯く中 央に集中せられたる統制力は磯に臨み欒に應じて、、故も適切にして活依なる機略的計甚を賛助せしめ得るもので なくてはならない。然らざれば所謂好習統制の蜜は之を上げ得ざるものと考へなくてはならない。・各部局にそれ ′ぐt−烹任の分櫓を定むべきであるが、他の二聞に於て各部局的なる行動と全部的なる進退とを、綜合的に山手に 把握統制するの親政が兜行的忙要用である。各部局の発作者は他の部局或は企薬金牌としてゐWe−ra卒を乱す禁 弟十一巻 第二血班 ︵二五四︶ 五二

(8)

を犯し、或はその禁を犯すの罪む念粥に置く顕すら之を忘失して、〓鱒自己の烹任を果す寄のみに液謁すみの傾

向挿するもわであつて、各面局が消極的に互吃をの則を越えざる寄

謙二〇

て、綜合的にも部局的にも、よく成果の政商女期する管珊には、統制の篤めの中央魯椛と調和の馬めの指棟柊待

とが認大なる役目を果たすものと考へなくてはならない。

謹 八 ∩り﹁ヨaNe aコd L,〓一GlOVeフHOW tO⊃コa宣Ne︹OStS P−当L

話 九Hayes−蒙d︸P小一N.

註一〇 p:ヨarshalr tコ旨stry aコd↓rade︸F・u$・

三 企業経常者としての茸任。或は経潜統制の任にある者としての茸任は極めて廣汎であり、その内容は極めて多 濠⊥ 血 粁多様である。今恨りに三azeaコ]G一〇くe﹁の描でる應を引用して見るならば、 川完全なる経常政策の樹立。 拘企業財務の統撹ノ 勒経費支出の統制り ㈹過損なる各偶人に正しく劉常て負櫓せしめたる、職安を中心とす考組織の藤展。 標準原伐と驚上利金分析 ︵二五五︶ 五≡

(9)

舞十忘甘︰鹿二二躾 ︵二義六︶ 五四 面岳婆並に白山競寧の畢肘下にありての配給すべ豆製品の考琴吟味・改卑保詔。 ㈲∵程物・裟挙設備の建設、並にその有効且つ経済的なる利用。 勒適切なる原料・材料晶の機宜を得たる調達獲得。 勒座薬労働・その監督署張等労力の通常なる調達と、労働とその監督上の相互調和 。 刑経営者と被庸者との緊密なる調和保持、並にその焉めの組織予 10経済的方法とその鸞行可能性との上に立脚したる詔作柴又は争揖の公式化。 川魚も有効有利なる製迫並に墾異。 等となるもので偽る。脹密に考察するならば此の外稜々の項目を列挙し得るが、斯かる叫切の寄相に封し原償記 \ 錐・或は原偵約諾事象に関する有効適切なる報告∴の経常統制に輿ふる利益は、謂ふまでもなく鮮少ならざるも / のが厳として存する。殊些鱒惜合計が科挙的なる標準原慣昏計剃髪る場合に、製法のエ程的碧苧贋並 に労働の紳苧製造費川の節減的統制・而して叉製造の原偵統制の上に寄興する効果。利益は蜜に鮮少ならざる ものゝ布する轟は諭するまでもない。斯かる棟準制度を更に叫歩進めて響mの版蘭統制の目的にも横川し、以て 預堺統制の途に⋮歩にても前進する裔を得せしむるは一骨要用の寮であり、エ柴経常をして更町仙暦科挙的なら 註ニー しむの所以であると考ふる事をも得るで叡らう0 兎釆棟準原惜合計制度の製造原慣統制手段として、或はエ婁の製払作業域英敬拗手段として、利用を見るに至

(10)

やたる番それ白鷺が髄めて最近の教達紅かし二hソ、膵臓愈計とし云はゞ喉だ回顧的なる計堺として役立ちたるのみ

のものを、改めて審前計堺と将来に向っての統制封界との合致となト待たる串が∴堺慣命計としては長足の進境

である。更に之空屠城東して、標準原惜禽計の珊想・標準原償倉計制度によりて得たる賛躊・乃至は女標準原

慣そのものを中心として∴裂晶販磁石上に換算統制の資を撃げしむる企閲計在は1由竺暦液鱒の畿蓮町かゝ

り、或は此等の中には寧ろ明日の畿展に放つべきもの多々存するであらう。

勿論梗準原憤倉計の制度並に精神を、斯く坂東統制の二期にのみ聯絡するに留めす、叫企業金牌としての粧螢

統制に聯指せしめて、炭に所謂換算統制の城にまで進展せしむる事は↓騒憂用の事であり1日つ最も速かにあら

ゆる企業をして此の域に進ましむる尋を企閲しなくてはならない。斯くて始めて経営の合頭化が徹底し、紅常統

制の科挙化が獲得し待らる1のである。

標準原憤倉計の制度は製造又は製品慣借計算を、橡窟の数字又は威服にまで指導し行かんとするものなるの資

質より推して、斯かる精神並に斯かる精紳に基︿分析有罪は、製晶放棄の成績後揮の上にまで延長應用を見るベ

詫二こ

き照質のものなる訓を容易に蟄足し待ろものであるし叉従つて製法企業重機の造密の上たまで、延長膝用を見る

べき性舘のものなる罫をも極めて容易に姿見←杓る第のものである。今抜には先づ、棟準原慣命計による結果を

販密航制の方面に聯結し、墾買利益の上に起る攣動を標準原僧基準に分析研究し、以て駁撃統制の上、竺つの

基本を凍れんとする如法を女鹿的隼開陳せんと欲するのである.り此の瓢につきては︹aヨコゾⅢコがその著Easざ 標準原僻と貿辻剰余分新 ○言亮︶ 市立

(11)

第十一食 第≡洩 ︵こ五八︶ 空ハ 詳〓四 StaコdardnOStSに於て可成之を詳細に述べて居る。仇って鼓には童としで氏の計節例並に、玉眼に基き筆を進めや うと瓜ふ。 詫山一吉山NeaコはGざくe﹁こbid.小PP.u讃−uヨ. 話〓劇 エayes二b⋮d●︼P.Nり● 話二ニW・S・エaywarm−Sa訂s空ヨ寮s什rat仰○コもP・uulu心. 註﹁四 E∴寧naヨヨaコ︼Bas首StaコdardCO詠もP.︼N−1︼Up 四 版常の統制を行はんと欲するとき、その手段方法には食も朗批なる攻究を必要とする塾勿論であるが、児づ放 免に、その統制の目的とする霊夢鮎を聞く把捉しなくてはならない。即ち血統利明冊に於ける野上高を預定L、 辞〓二五 其の賛上預足に判する資際野上の梢扉盲二〇〇%の頓に連せしむるの、鋳ナ計的を把梯梯り止しなくてはならない が、既に此の罫はS芸sMaコ遥eヨ乳或はSa訂sぎ。taSの研究の如くに、料率的に困難なる題目をなすものなる 事を知らなくてはならない。此の野上高橡定も.その統制期間を牢箇毎・二間坤の如ぐに、比較的長期に之を定 むる場合には、その内に含む各月の割合又は状態を糸−細別的にそれ′1明細忙橡嘉しなぐてはならない。之が焉め には毎月の螢契に於ける動揺傾向を詳如に研究し、その傾向の傾艮なる側への改善を金団しっゝ進むの熊慶を曝 註二ハ 持しなくてはならない。斯かる橡定の創定は外界の寄附と企業内部の乳植との饗酎に官りて、最もよく之鱒通瞬

(12)

する練達の士を以て、料率的研究部門に於ける情況調査賛刑の調達まちて、之を行はしめなくてはならない。 或は之が馬め忙程々の磯路を特設する必要が亀るのである。 而して次には、斯かる貸上高に因りて生する賛上利益の預定を梯立砕京する節を要するものであるが、此の賛 上利益像定嫁製造企菜に於て製造原偶の密接により影響を受くべきもので、此の場合製造原惜の標準化並にその 推祷が、先行的に畢嬰なる要素をなすものなる寄を掛感しなくてはならない。殊に簡定の収益計宣風よわ賛際収 益の情況が離脱し来りたるとき、その‡の原因並に鰐皮む明かにする焉めには棟準原慣合計弧緻が特に安川で あり、叉その組織の精紳を應用する事が最も肝要であかのである。 収益情況の預定よりの難船を明かにする得めには二耽上品分蟄を兜づ明確に記録計欝し、その各々の原憫並軋 註、−虻 密偵を中心として標準離腑解明計欝を進也なくてはならないのでかるが、斯くてはその計算を却って複雑因稚な らしむる展が多い。製品の種類多き企業に於ては、その各々の賛上記錬を調達する軍は著しく不便なるべく、攻 究利益と寛際利益との問に起るべき収益の攣動を算定し、且つ欒動の因りて起る原因並にその輝度む明かノにする 馬めには、棟準厚情合計た於て獲得したる棟賂臍慣を、とりて以て利別する事は、最戊多くの利便を懲らすもの である。此の事は後に由る摩際計算に於て明示するっ caヨ∋aコの学監依れ禁絶穿ちGrOSSPrO︼︰iけの中より、配給並に仙般亜用を搾除したる増額であ る。紙ハ企は賛上の利益中より費上品原偶に配賦し得ざりし未吸収の製法費用を捧険したる増額である︵配風趣過 ∼ 棲準原倣と更上利金分析 ︵こ充九︶ 五七

(13)

第十〓竿∴⊥間二二軍 ハl〓ハP︶ 五八 の籾今には、その超過したる部分を加算したる額である︶。賛上糾轟は経費上高と賛上品原偶との差朗である が、此等は若干の攣勤索に依牒て影響を受くるものであつて、その婁勤索の第仙は野上分嵐・平均の野上憤格水 準であつて、此等によ旦耳ふまでもなく先づ賓上利益は影懲を受ける。平均の費ヒ偵格水準は安土帽格と賛上品 の内容とにより・て定まり、′之によりて時に野上高をぺならしめ、時に叉之を小ならしめる。而して最後に賛上品 の内容は放資相場階級︵↓ra計・Price︹訂給S︶例へぼ仲川只人∴賛捌人の如きによる貸上情況加と、資上‖m内容収合 せ︵訝s。rtヨe。ごミとの聞に於ける割合忙よりて決定するものであるC仲買人を通す賛上及び直接昏捌人を通す場 合の密上げ割合骨壷略割引の関係上より賛上高の上に影響を興へ、月つ叉宮上の取合せ如何はその各†の種類 のものが必ずしも同⋮の収益率又は敬重尚を保持せざる開係上、直接費上利益の上に▲影響を鳳∵へるものやある。 即ち少なき収益率を持つ晶経め啓上高が比較的多くの分‖猷を占め∵高き収益率を伽持する品種の賛上高が比較的 少なき分盈を占むかならば′−金牌としての賛上高が増加トて、此の取合せより来たる不利を相殺し去る程嘩に連 せざれば、軍上利益は灯下降せざ㌃む杓ないであらう。斯くて︵aヨヨanは欝土高の上に起る軍あるべき攣勤の 詩〓九 基本的黎因として、次の如き聯紺解説式を短めるのである︵ <ar¶巴6.コiココ注prOf済︰ <ar致iO⊃iコ監∼芝ど〓○コaコd笥コe−a;x葛コSeS <a﹁致iOコ一ぎ讐CSSPま芽

(14)

くar致ざコ∴コUコ官sOrbedヨⅦコufantu三色eXP省SeS

<ar訂〓○コiコき彗gぎ○コS監es︰

くariat州○コiコCOS什Of唱00詠sO︼d

くar訂t訂コi⊃aヨOu⊃t Ofコet Sa首s︰

<a†iat仙○コぎく○−uヨe <ariatざコぎe譜nt㌻e pr首e︼eくe汀 くariat⋮○コiコSe≡コ仏Prines <ariat⋮○コぎcOヨPOS琵○コ○巾saies‖ <ar致iOコiコPrO葛rニ○コ︵i・e・jObber一deか︰erprOPOr旨コ︶ <aコ山己0コぎassOコヨeコtO¶prO旨ntssO声 即ち、製造に関する企蓋・貸上品取合せ・費上偵格・その他仙切の版資政策に於ける指鼻的基準を明かにする 焉めに、上記小切の要因を明確に分析開明する革む必賢とする。

謙二五 P=Wh諾⋮Sa−es PuOtaSu P●Nu.

話二ハ 声W・W≡sヨOre︼Bu∼iコ川SSBud笥tSaコdBu倉豆彗yCOコtrOiも﹂心. 漆山七 Bニssは合塊的轡僚をなすべき多くの大金発に於て、貸借封照表の外に彗nuaニa訂sとく○−亡ヨeS整s芽とを、概 生その他匠報思する事なき慣習を痛嘆して居る。J・エ・Bニss一Fぎa宍訂訂コnOperatぎ山Ra芽sぎ三aコageヨeコt﹀ PP.N両01N巴. 標準原璃と貸上利益分析 ︵i〓ハ一︶ 恵九

(15)

製学放資並に此等嗣者統轄の山切を含む製造企業としての粍常に於て、其の中に含む各種機能的諸部門が茸

に密接なる相互聯紺む保持するものなる罫は云ふまでもなレが、製造と駅安との弼部類は後者の輝更能力に依り

て前者の製造が左右せられ、登別潜の製迫能力、に伐りて後者の販資が勢ひ左右せらる1性質を有し、その製造分

量に於て・その屏憤忙於て・乃蜜はその賛偵打点て・賛上利益に於て・瓦に固く相関聯し、其研に各部撃各部

註二〇 門・各節経営的項目・に周りて緊密なる統制が必要となり釆′るものである。開賛統制に懲りては製法原倍の統制

が兜づ必要であり、叉之に儀りて胚費統制の基礎全きを得る繹である。

販褒統制に於て毅絡絞高的首線敬なすものは、賛上利潤の珊想鋸橡裏であり、之が寄掛には叉賛上高を坪想的

に預定しなし・甘腋ならない。・斯かる預定は免づ表明問忙於けるものとしての期聞を劃し、前にも述べたるが如

く季節その他内部的・外部的凍る常葉億件を故も詳密に捕捉したる上に於て、剰串的研究に塞く敢も槽威ある数

字とし之を定め、・従って叉之を以て来るべき常諸∴期聞に於ける統制の基準となさなくてはならないっ進歩は常

些比較の過程中より馨れ川づる卑のでい 第サー啓一帝王離 詳〓八 Caヨ蔓anこb革、PJNr 諸州九 Caヨユaコ∵b弾︸P二い〇. ︵∵二六こ︶ 不Q

(16)

Caヨヨ当は兜づ次の如き販賛像算を想定し、之より出敬して蜜際成繚の上に衣はれたる各節差欒を分析する方 謹二二 途を示し・以て安任の所在を明かにしつゝ、統制の賛を上ぐペき途を開明せんとするのである。 ︵轟 1 謝︶ 潜 如 A︰ 坤ノ堂 鞠 ̄ 鳩 屍∬ 矧 ト⋮⋮⋮・∴一8 乱 率⋮⋮﹁・∵⊥拐 彗 斡⋮⋮⋮⋮一ひ 均 ‖問†⋮∵⋮ C︰ 想 ト・、⋮:⋮︰一S 機串原慣と驚上利傘分析 ト⋮⋮⋮⋮一〇〇 率︰︰∵・㍉▼ 邑 静⋮⋮⋮⋮ 8 砂上⋮・ 故

帥 謡 苅 偲

紗 対 讐d9RO 心〇.〇8 伏 岩.〇8 べ〇.〇〇D 琶.mOO 窃 岩・州営 一∽〇.︵営 城h姦∵こ苧即騨墟 藤 聞 知、詐 紛 議 桝斬覿個1・理知や詩儲 一8.N8 余.NO︺ ひドNぴ○ の.〇∽0 等 ︵a︶ 一〇ぴ ︵b︶ 一岩 ︵c︶ 一〇ぴ ︵二六lニ︶ ′六劇

(17)

∴P 掛 観 望 坤 \甲 淵 観 望 ・ 辞 ︵p︶ ︵ヴし へ0︶ 坤 望 ′淘 第十︼巻 第三渋 由○ 痢⋮︰㌧︰ノ︰㌧ 岩 ∵静⋮︰︰︰⋮ 匝⋮︰・=︰︰・ け︰︰︰⋮⋮一︵盲 諭︰︰⋮∵⋮㌧べひ Nひ ⋮・⋮⋮︰ 曲⋮・・・⋮′︰ 響︰ ト⋮︰︰︰⋮一〇U 諭⋮⋮⋮⋮00P可 助川⋮⋮⋮︰・一ひ.∽ 帥⋮⋮︰︰︰ 姉︰ 乳首扇警扁0 辞柑β愚意首題○ 嬉帥㊦坤帥算騰0 ±ぺ.〇〇〇 朝一∽一︹営 00pm∽の 一p碧玉 串U.のぴ0 〇一.可Nひ のの.皐 ∽○ ∽p00 心心.山 わの 00U ︵こ六四︶ユハ〓

(18)

企業内外の紺摘係によりその時々に攣更を加ふ渇番なき、不欒的なる擦堆原慣む抹用する場合、之を換言すれ ぼ所謂閣鑓的なる標準原憤を採用するとなすならば、綺摘第〓糞に於けるが如く、賛土並に利益に関する換定 は換定期聞内に起る事あるべき各般の事情に鑑み得たる率を、此の固定原偶に乗じ以て正しき換算を碍るに 註二≡ 努めなくてはならない。此の為めに前表㈱掴何に見たるが如き比率を設定し、之が應用をなして橡定の確立を なさなくては洩らない。例へぼ前表に於てA製品に封す牒ものは、預定の慣格水準を固定標準咄00に封し九五 頭なるわ現状しにある上する。即ち此の橡管統制期間た於ては、それだけ憤格水準が下位にある見込とするのであ る。叉製品の原債は原料・市場・或はその他の事情よ少して、同定水準¶00に劃し一〇五〆なるの見込なりとす る。更に叉野上分量は聞好標準把握し.二C〆なるを解る事情にある見込なりとするのである。斯くして始 也七此の橡軍制問に於ける琢定は、その賛上高に於て〓OX設=︼OP∽思を得、之を基本標準唐土高 笠○い含○ 忙乗じ等伯︸ぷ○を得ペく、叉その原偶に及て〓○×l牒叫〓設○思を得、之を基本標準原償笠○−○書に限じ義一望○ を周る繹である。従って利季夙に於て富豪○見場る計算となる。ぷ上の如き方法に依りて、A製品に限らす如 何なる製品に於ても、固定的なる標準を楷宜陀應する標準に引き直し得、叉事情の移植に應じて常に概準の修iE を行ひ、以てその時々に於ける故も正確なる預算を樹立する寄を縛るの卓也る。要はたゞ、同定標準に照して如 何程め修正を行ふべきやの比率を罫由し、しかも常に之を挨らざる寄にある。而して斯かる比率の決定、従って 註二≡ 叉汲も機宜的なる賛上換算の算嚢は、山應之を放資部門の安代怒りとなさなくてはならない。墾甥を行ふ商事企 税率原伐と貸上利存分析 ︵二六五︶ 六三

(19)

弟十川令 弟tニ畢 ︵三ハ六︶ 六四 柴に於て、商品の仕入並に貯戯は牧野の駒捷であり、且つその放資の預先に依りて聴も好適なる什入と貯縄とを 企遷しな・ぺてはならない。胱等礎科解約怒るせ非御輿的なると監胴なく、〓即発づ販賛部門の賓任な施せなさな ててはならない。放資部門の安住推斯く露天なる立場にある寄を知らなくてはならない。閉じて斯かる立琴にあ る墾異部門を∵更に﹁雁高せ立場より統制せんとする場合忙は、此の放安部門の作成したる微罪菅野び科墜的灯 叉資質的に槍討して、之郁修張補訂の途を講すべきものであつて、此が篭めに調奄部門研究部門を動員し、或は 註二四 叉之が馬めに別にB亡倉t讐yC。ヨヨ弄eの機関を特設するものである。要するにSa訂pr。蛤raヨの創定は湛だ謹 話二五 大なる事典である番を知るのである。 謹二〇 し・〇・斉k身eyも仁d宣誓y︹○コ官iも・箪 寧〓 〓・E小Gre笥や芽cOu蔓コgRepOr︻siコBusiコeSSヌaコageヨeコ√p.声 証二二 WiニsヨOr巧﹀萱d−−P.缶. 寧≡ きckぎseyこbid.p.鰐 謹二甲Gr2gOryこbid●も.u参 肇意 斉k芳seyIは此の鮎把つき次の如て述べて居る。欝J見積に陶←ては吹詑三相の基本要件が必罪であ.る0

︵ごGeコe邑Pl芸当m POニハies OニhebusぎのSS.

︵N︶三arket才a官叫s●

(20)

若し右の如き賛際状態にありとすれば、純野上高に於て笠鳥蜜の増加を見たるに拘らす、野上利益は却りて

讐,誠ぶ減少を見たるの結果を示すのである。而して安土晶原偶の確定より冨−怠?を増加したるが如きは、賛

上高増加常然の結果なるべしとは云へ、此の利谷繍少の著大なる原因のごをなすものと想像する寄を許すが如く

六 今前摘橡琴の下にありで、二憲印間近於ける寛際成績を換算ぬ醸し次の如くありたりと恨発すかならぼ、之よ り種々の分析研究を順次展開し行き、以て換算よりの離舵原因を明かにし、預炉成果獲得への途を拓く計欝を行 詰〓六 ふペきである。今はたゞA製品に関する昭薗の解説にのみ留める。 ︵溺 ︻l 翔︶ 横準原伐と貸上利益分析 補 頚 彗 餉 苅 偲 諏 諭 望 助川 覿 甘⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮i 望 讃 廠∵k∵ 馳 静 細﹂ュ郵恕 A聴訴槻卜除い堂新 補頚熟詣 彷 父T.心∞0 恥pの00○ ヰ∽.8U 岩.串u患⋮故 個の一時00 のb∽○ 朝 一.N∽○ △P︵HO へ蒲横瀬涼−−増ヾ︺ 辟 補 助 ひド旧ひ○ ︵二大七︶ 六五

(21)

に見ゆるので計る。しかし唯だ上表の紐状を以てするのみにては、利益減少の贋因を把挺する事を得ない。鼓に 特軋留意すべき鮎は、賛上高の増加そのものに於て、之が橡定以上多量の商品む賛上げたるに原田するものにあ らざるや、或は分量に於ては増加する寄なく、高き慣格水準に於て賛上げたるに原田するものにあらざるや、乃 至は叉高き慣格の品種に於て史上品の取合せを権威したるに原田するものにあらぎるや、更に東北等剛切の原因 註ご七 の複合したるに因るものにあらざるや、おそらく其の原因極めて複雑であつて、しかもその此等一切が柿間とし て不明である事である。故に蘭上分蚤の増加によりて艶何の利益増加を招来し、凍上晶塀倍騰資に基きて葦何の 利益を嚢失したるか、結局利益絶覿に於て預定より三協○の減少を見せたる上表は、叫切の原因並に﹂計算を何 等明示する虚はないのである。 嘗際利益高が裸足利益額に比し抄くも多額の差攣を示したる理由につ㌢、2を十分周明する事は各部局の茸任 を明かにする上に於て、極めて重要なる事項をなすものであると考へなくてはならない。 初釜差攣の蟄生したる理由は、原慣の上に著しき攣動を生じたるにも存すべき寄は想像に難からぎる慶ではあ るが、東上分量・棄上慣格水準・栄上品取合せに起因すべき苛も之を逸してはならない。更に叉販項費用攣勤笛 による魔多きものなる事も︵唯だ資上線利釜とのみ考へす、純利益と考へ牽る時には︶、之を蔑絹する欝を許さざ 芝m賢什﹁a=<か るものである。故に賛上報督・攣上品内容取合せ報償・堅照費報督・費上純利応報告等、所謂 註〓八 訂pOrtSの極めて詳細なるものを得る勧慶・組織む必要とする寄は諭するまでもない。 寛十膚巻 第≡択 ︵二六八︶ ふハ六

(22)

前掲第二表に於ては、標準原憤制度を之に導入する事に依り、その梗準原傾が暦際埴践に於て後節より既ド○¢ の増加を雅たしたる寄を知り得べく、此等は云ふまでもなく兜づ費上品分量の増如が影響したる虚多弁金を看過 する事を許さない。勿論此の校閲係を明察すろ貯めには、別に野上品の含む取合せの情況を明かにしなくてはな ら庵いのであるが、今若し此の取合せの情況を、預算に於て醸愛したるまゝの状態たありと侶定するならば誠に 始めて、標準原憤檜加の原因をなすものは費上高増加のみとなる寄を知り得るのである。故に、 ︵$ 川 蝕︶ 吟 A 鰭 如 閲.けⅧ苅禅ヾ協、て轟如ヽ藤靭萄霜億詞議︵鶉1淋︶⋮⋮︰∵⋮・鶏舎.8e 蠣顎餓−ェこ;義茄\薄儀商魂︵事〓沸︶⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮・⋮・⋮ム仇.〇8 三ひ 坤帥詩劇 ︵桝餅森億=撃ヾ︶ となる。即ち安上の苦際分温は、基本棟準に示Lたる貸上ぐべ▼き商品の楔埴原偶に封する、驚際繋上商品の概準 原慣の比を以て示し、鼓に分食比率として一一五を得る。第一〓衣によれば裸足の分蚤比率は基東棟準に封し一一 〇なるペきを以て、驚際上に於ける分量の増加は預穿に封し五ボインツの増加であり、此の増加は之把相督せる 額に於て、改定蛍上利益を超過する利益を招来したる筈である︵改定の収錆傘にて放資を行ひたりとせば︶。然る 忙此の利益が姿を優し、結局に於て後先利益以下の利益撞得に経りたる寄は∵剛ツに竣先の収益率を維持し得ざ りし忙基くものと考ふるの外はない′。 棟準戚償と盛上利金分析 ︵こ六九︶ 六七

(23)

賛際費上利益は野上品の梗準原慣に判する比率として表はしたるときに、○、四三川八勿なる事を知る。

之を要上分量の増加部分に封し計算し見るならば、野上分量の増加によりて沌志の利益増加を翳らせる計算にあ

る事を見出すべく、若し叉賛上品の内容につき分析研究し見るならば、或る賛上品は此等比率以上或は以下の利

益を労らしたる事を明かにし得る筈なるも、此等真也に二々摘出する事は困難であり、叉今は必ずしもその必

要は存しないであらう。此等は結局賛上品取り合せ上の問題であるとなし得ペく、此等の間明は後ちに試る寄と

する。今は唯だ此等取り合せを標準のま∼なりと恨定し、ただ平均的なる計算を以て上記の如く賛上高増加に依

話〓九

る利益増加額の算出をなすに留むるものである、。C当コぷコは分紫野勤忙よる結果の算定を、別個の方法として標

準又は竣定利益行分比を以てする。

上例に於て濠定利釜を棟準原憤の三、七五〆なりとすれば↓ 利益増加は二七五弗︵害×−00一讃︶となる。上 罷十︼巻 第三渋 冨 謝︶ 勘 細 腰 野 津 如 関村報什坤鱒桝サ濁億=聖ごT持崩︵挙−淋︶⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮︰●岩○ 相野粕汁彗協、て封如\滴億海璃︵鶉〓淋︶⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮︰・上声80 関村ヾも守淵[如ヽ賭儲妬惑 蠣顎堂印︵韻〓淋Y⋮⋮︰︰︰・⋮︰ 埠帥澱竣=山や望帥轟き 噂富 心♪000 ︵こ七〇︶ 六八

(24)

掲第週表芸きて見るに、若し野上分鼓が琢定以上に増加せざりしなら虻、費上利益はこ〇九弗を減じたる事を 知る。但⊥此の場合瑠上境格攣動より釆たる利益欒動並工費上品原.偶の欒動より阻喪る利益欒動の程度をも、傭 別に明かにする事が必要である番は諭を侠たない。故に次ぎには費上分恩の攣勤なかりしものとしての場合に於 ける結果が、如何に表はれ来たるべきかを欝定し、順次研究の階梯を此の方面に向はせたく思ふ。 話二六 ご考ヨ彗二豪チpJNP 註こ七 Gre唱Ury二bidW P.uu巨 註〓八 3c訂iコSeyこb皐︶PP・山渓−全石. 話〓九 Caヨヨaコこ町ざV PP・lNul︼Nか◆ 七 今若し他の高の條件を橡定のま1なりしと恨定し、野上高につきても欒勤の起らざりし寄を想像すれば、費 上高並に原慣は賛際成跨に封比し、九瓦解飴即ち〓○土−∽なりし事を知るべく、従つて計算は次の如くなる。 ︵兼∵山川鮒︶ 横準庶償と賢上利金分析 望苓武:醜 諭︰︰⋮・ .汁 ナ■∵.1いミ∴二こ∴−∴二∴・≠ヽ二﹂㍉ A 劫 諦 符・一ご︵空也8×拐.の辞︶ ムバひNO 心.∽∽一 ︵二七二︶ 六九

(25)

以上の計算が明かとなるに至れば、叉慣格攣動の利益に及ぼし跨る影響をも捕捉し得るのである。即ち今若し

賛上げたる商品の分量を示す記録存するならば、各種品位のものの平均賛慣は之を簡畢に算定し得べく、叉此等

平均相場に依る費上利益欒勤をも容易に敬見し得るのである。しかしA商品の含む品随・寸法笥の各位階級が無

数に存在する場合には、此等こに封しその教兼的記録を得る事困難なる場合あるべく﹂斯かる場合には此等商

品の綜合による検挙原慣を以て、平均密偵の改定に到し攣劫Lたる平均麿憤の堺定方法む講すべきであつて、そ

の具膿的方法は次の通りである。

如ち基本預穿としての節⊥表忙於ける割合を基礎として、賛上げたる商品の棟準原慣を棟準安上高に引直す計

穿を展開せしめ行く手綬を行ふのであるが、之は基本橡算︵第﹁表︶に於けるA商品0賛上商品棟準原慣が、痍 ︷$ 告 期︶

A 潜 知 補語瑚卜別

第十劇巻′\ 東≡輩 鯛▲闇堂斡︵挙〓沖︶ 渇儲弗﹂l・訓=繋ごて猫備靭諭旨侶︵湘−淋∵⋮⋮⋮⋮⋮:︰⋮︰︰:∞︺ 櫨卜曳も、て蟄如\轟個海諭 認蔽諦掩卜訓︵蔑b8\00U︶ 坤紳嘩富町叫モ望帥櫛昏 甥慮瑚汁諭罫料條 鰯 ︷甲且ハ 儲 ︵尊 慮︶ ふの.C00 ひ、9U入U ︵二七二︺ 七〇 既望.串00○ 泣声叫阜∞

(26)

準資上高の八〇%を占むペしとの計算よ抄出凌するのである。即ち基本預堺︵第〓衣︶に見るが如き、梗準原慣碧 八〇〆に相常する魔の梼聖賢上高は︵硯資の賛上高が増加したる結果として、賛上商品の標準原債は望ハ、00 0弗に上り︶pq六、00U弗を八〇〆にて除する事により之を得べく、結果は五七、五CO弗の金顔を得る事とな るのである。之れが即ち種々の品質的内容を包む〓粁の同橙晶としての、棟準安上高を具現したるものと考ふる 謹≡○ 事を得る。Ca召ヨaコに従へぼ、此の畢は蜜際費上げたる商品の平均野上高が欒勤せざりしならぼ、野上高は五 七、五〇〇弗セりしなるペしとの寄許を示すものである。寄資上此の平均値格が攣勤したる篭めに、賛上高は五 四、掴八〇弗︵第二表︶となりたる繹で、此の場合平均慣格水準は、剛00のものが結局九四、七四八〆︵∽ミ讐+ 笥一望○︶にまで下降し灯るものと考へなくてはならない。 鼓に考ふペき事は、橡走の憤格水準は第二衣に見るが如く基本棟準の九五に和苫し、安上分量を基本梗準の一 山○として、預定野上高を空︼、二五〇弗と決定したるものであり、冒つ橡定利益も亦此等によりて決定常出七 たる事である。右の如く賛上の憤格水準が轡勤したる結果は、常然安 は次の如く之を算出する専を得る。 ︵事 什 兇︶ 詳細\媚卜滅罪各騰︵韻−激︶ 捕諏\軸卜惑罫溝億︵事卦鰍︶ 横準原慣と貸上剰筍分析 議 事 櫻 瞥 ︵増 茸︶ ︵こ七三︶ ふ二

(27)

話三仙 る滅牧は、此の率を同稀品質上高たる煮七、貢00弗に乗じて之を求むべく、︹aヨヨaコは叉、繋上慣格の下落を 通じて生七たる利益の減少は、基承像恕の劇二年%に封比し〇三重一%の割合であつて、之が焉め臍二四五弗 の利益減少盈釆たしたる計瀞となる事を詮く、即ち此の帝政野上慨格水準が下落せざりせぼ︵即ち裸定の慣格水 準丸五を維持し得たらんには︶、賛際利釜額は︼四五弗を増加したる筈なる事を示すものであるとも詮明するの である。此の事は次の計算忙よりても之を明かにし得る。

上記の方旗により訝机上たる、同格水準麺動の利谷に及ぼしたる影響の穐虔は、侍一瞥計堺の精錬を経る事

預定の慣格水準より下りたる平均蘭上憤格は、標準賛上高の○、二要一〆である。 ︵$ > 瓢︶ 墟 靭 第十丁巻 第三妖 艶 埴 巻− 恥 増蓮ヽ諭詰協聾︵熟や︶ 寧戒申聞け訓︵漁M淋︶⋮⋮⋮・︰︰︰・︰⋮⋮︰︰:⋮:⋮⋮:⋮:閥笥.伊8 ト 剖︵笥♪gO⑥等︶ 欄適鱒巨砲諦↓覇=Mこ義q㊥熟せ 噸 市 営 帥 涼︵韻〓瓢︶ 増茸ヽ塊卜頭寮慣皆付鴇qや舟ヽ†で≠ヽ克帯 一個び 二仙七四︶ 七二 故に費上利益の上に生じた

(28)

を必要となし、此のまゝにてけ倫賛偶欒勤の影響と野上晶取合せ上の欒動の影響とを含む上に、昏上の情況とし ての商略割引摘係上に於ける種別より釆たる影響をも含み、その内容は伺複合的なるの怜質を帯ぶるものなる欝 謹≡二 を知る。而して費上品取合せ上忙於ける攣化、並に疎略割引の上に於ける欒化により、救命情況を異にするの紺 係は結局製品を種々異洩りたる憫格にて安上げたると同一の結果を懲らすものである。此の場全異上げたる商品 の分盈を統計するの組緻存するならば、之によりて平均相場の攣勤したる情況を容易に算出し得るものである。 事賛上貸上品取合せ並に割引閲係別の情況が大骨る攣化なかりしものとせば、之れ以上計算の精錬を期する必要 はないであらう。しかし之に反する場合には はならない。 さて以上を以て大鰐、費上げ分恩の増加より来たる賛上利谷の攣動を、平均賓上げ慣格の低下より釆たる野上 利益の攣勤と分離し得たのであるが、次に必要なるべき計算は原償の欒動より生じたる資上利益攣劫の決定であ る。之を明かにして始め・て茸上利益攣勤の基本的なる要鮎を、〓鱒間明し得たる結果となるのである。 ︵$ き 瓢︶ A 泄 如 郊辟\鞄諭旨職︵泡−雑︶ 蒔 き⋮⋮⋮︰・︰︰︰⋮・ 棟寧原慣と貸上利爺分析 械顎\霊富︷牒銅錮︶︵湘=沸︶ 雨 滴 磯 野 へこ七五︶ 七≡

(29)

第劇表に示したるが如く預定の賓上原慣は叫〇五であつて、過去に於ける経験と脾釆に封する考慮とに基き合 理的に到達し得ペせ鮎として之が決定をなしたるものであるが、資際に於ては根準原慣に於て四六、000弗に 相常する結英を見、資際原慣は凹九、六八〇弗に上れ、従って梗準原偶に封し嘗際原情比率は仙〇八に達した る鐸である。即ち預定原慣比率のⅧ〇五に封し三ボインツの増加であり、棟準原憤讐ハ、000弗に封する三 ボインツ竺、≡八〇穐に旧するのである。原慣高かり⊥薦めに此の額だけ東上利益の低下を釆たしたる繹で、 註三三 ︹。ヨづa。は叉、原憤高からざりせぼ資上利益は二三八〇弗の増加を見たるべしとも詮明するのである。此の寄 は次の計算によりても亦之を謹明し得る。即ち原憤が橡定の通庸二〇先の水準に留まりtならば、穿上げ潅る商 品の原慣は週九、六八〇亜たらすして、班八、三〇〇たり七なるべく、その結兜利益は又六二八〇弗たりしなる べく、従って叉原償欒動に依る利谷減少は二三八〇弗となるであらう。 ︵淡 + 既︶ 弗 海 事︼ 第サ叩松 茸三班 鴇什ヽ蜘、て熟知\魂儲潮流︹鶉まl淋︶ 蠣霜彗静⋮⋮︰て::=二 ト 訓︵湘〓沸︶ 商魂機密︵望斡\熟せ︶ 恥⋮⋮⋮⋮・⋮⋮︰ 惑︵笥の¶80⑥一〇∽︶ 靭涼澱瞥斗廿亡でルヽサで≠\熟瀧 ︵こ七六︶ 七四

(30)

八 以上の計算の申に於て、安土分H賞の土に起りたる攣勤︵此の例に於ては増加︶が幾何の程度に於て、蜜際利益 の上に欒劫︵此の例に於ては増収︶を類らせるやの算定を行つたのであるが、之は苦際の賛上利益計算に於ける ものであつて、安土の平由憤格並に原債が像走よりは異なる嘗偶に於てのものである。若し平均安土慣格並に原 慣が改定のま1なる場含に、単に穿上分量の増加が後生したならば幾何の賛上利益増加を翳らしたりやを計算し 見るならば、之と前の計算の結魂得たる賛上分数増加に基く利益計算との問には、何程かの差攣を生する筈で 話三四 ある。此の差攣を指して、Ca∋ヨaコは附鴫的攣動︵斉註eコ邑<ar致i。コ︶ と科へるのである。而して此の種の欒 勤をも考慮に入れざれば、署上利率分量の増加により生じたるペき資上利益増加計算は、到底その農相に合致し たるものと考ふるを得ないであらう。上例に於て平均の賛上慣格は下向し原慣は昇騰せるを以て、賛上高檜加よ り生すべき利益増牧を少からしめて屠るのであつて、賛土偶格並に原慣が硬変のま1なりとせぼ、畢上分盈増加 気泡歯音Ⅰ−桝勺望卯熟せ 詳ぎ○ ︹か∃∃当一ib草u p.一Nり. 話三血 Caヨヨaコ︸家チp・︼N00・ 隷≡二 Gre篭ryこb己こP・山岸 諌三二血 Caヨヨaコ一ibid●u PJNp 標準原憫と驚上利益分析 ︵こ七七︶ 七五

(31)

‖‖==+爪器 標準原慣に封し=モ七布野の橡党利益を賓現し得るならば、費上商品の梗準原慣に於て二、000弗の増加を

見たる結語、二吉弗の別森を追加したる宙となるべく、資際の収益率低下せるが焉めに、利益追加竺〇九

雷管是るもので、警此の警の附随的なる収益轡動警六六弗と算定する嘗得るのである。而して右

の六六弗中に於て六弗峰資偵低下により観り、六〇弗は原偵に於ける三ボインツの増加により起りたるものと認

話三五

むる寄を得るのである。C当ヨaコの云ふが如く、斯かる附随的欒勤の計算を明かにし費上分量攣勒により起少

たる、茸上利益欒動の虞相を明かにする寄は最も嬰用であり、単なる粗雑計欝を以て決して満足すべきものでな

註大言

い。∩岩ヨaコは以上を綜合して次の如き利益攣勤分析表を作成する。 第十二智+止第㍗ニ舵 ︵二七入︶ 七六 の馬めに起るペき利益の増加は、之よりは忘多額忙上りたる筈である黎を知り得るであらう。 ︵溺十1撤︶

苛 霹 苫 機 聾

両 署︰ 滴春繭↓朝88十e︵韻1激︶ 泡盛革労N08×∽浪︹部首沸︶ 詩\慈億粗卜訓×・拐N︵湘正雄︶ 坤妙臆聾=山、て蠣蒋堂静︵事項沸︶ 静狩彗騨ハ事1沸︶笥Og√璧芦8 渇け劉如ヽ泡偲海南嘩富野︵冶富鮒︶ 軍霹蕃魔瞥 ⋮⋮一〇・ぉあ思 誓り 一∽.可∽故 N叫ひ 甥 のの

(32)

既一.NⅢ缶 詰三七 ・ 葺∃ja。は云ふ。﹁上記分析に依り、分螢・憤格・膵偵の三野に於て、欝上利茶欒勤め原因存する寄を見出し得 諭 蓼⋮ 弗汁油罫匡倣\南.F ︵ゆ∽−窒.ぶ00︶ 祖 廟⋮ 諏諭旨似\濁音 ︵一〇ぴ1一〇00し 坤 紳⋮薄儀海流蒔淵 蠣覇堂前車富 苛罷き胤蟄⋮ ハ$十〓鮎︶ 瀧串原償と更上利益分析 温億 旨劇 びび.〇〇U ¢ひ 個皐.只さ ﹂○∽ 二.〇〇〇 鳩け如\藩播鞠諭 攣脚∴慧翌晶鼠藩 u,望ひN斌×朝N08 認竃こ∴†W\旭.[対 好 斡 熟 一〇.おあ故 のbg ♪000〇 二.8U 盟 約 一∽・謡故 ○コ Staコ計rn COSt一〇もu志筑 ひN・N8 鳩 h 望.ヰビ 笥.ぴ8 会・N8 商 魂 怠.の讐 蔑.80 堂尉憾蟄串寄︵鳩卜坤陣滴拳固汀海藻ヽ慣憩︶ A 頸 ■卸

補罪 藤磯

・N措故 ひ叫.g 一串び ∽浪 阜の.8〇 一.umO ︵二七九︶ 七七 のの “汽缶 00一.N等 彗齢淋橙

(33)

る隷であるが、就中主たる原因は之を原情攣勤の上に求むる事を得るのである。故に此の頃今の利益回線策は、 主として製造部門に於て之を求むべく、純安部門に就て之を求むペきものにあらざる軍を確認し得る。原偶を兜 づ切下くかる、或は製品を幾分攣へて原償切下げと同一の結果を現出せしむるか、此等を聴先に攻究すべきもの なる事を示すのであるっ此等製品を一修高偶に賛上ぐるやう努力する事は、前者の場合に見るが如く急迫せる問 題ならざる寄を知るべきである。資上分盈並に賛上慣格に関する限り、成績は改定に合致せるものと認めて支障 なきものである。今や寄賛は完全に明白であつて、その原因−その方策につきて段早議論の故地はあり得ない。 併かし右の計算は唯だその快復策を試すペく、しかむその之を講じて故も効果多き方面を指示する忙過ぎない そのUコfaく○−・・ab訂なる状態を快復するの手段方法を具餞的に指示するものではない。之を如何にすべきやは経営 途行者の責任にして、たゞ数字紡ぎ︵F曾﹁eムPぎコ5山︶の蔑寓過を繰返すとも、此の不尽なる状態は之を柚向せ し得べくもないのである﹂此等は嘗際Prcd菩t5.コ芸当a山er∴時忙よルてはSa訂sモ訂コa笥r︶の側に於ける管頭上 の問題をなすものであり、叉別に研究決定を見なくてはならない。製造原慣卯下げの問題は内部技術として1そ の改善の此奴的容易なる吻合が多いっ若し本革灯して上例に於て、堅異部門の茸任と見るべき費上憫格水準・東 上品取合せ・賛上分盈等の欒動により、利益の低下する革質盈明か忙し得たりとするならば、Sa−es苫aコa笥rの 話 施すべき憐復党は、企業の内外殊に外部軍情の打崗に躇し、鮮ならす苦心紅僚を必要とするに至るであらうぐ 州 般の販費統制に於て一暦明快なるSn︼eコt≡c空t誉詠を必要とする串は、班貯特に顧著なる傾向であつて、叉之 発十叫啓 発 三輩 ︵二八〇︶ 七八

(34)

上氷の計算に於ては、費上偵格の欒勤を唯だ平均偶格に於ける形のものとし▲て取扱ひたるに過ぎざるもので、 此の安土債格欒動は、野上げたる商品の取合せ紺備によ、りても亦著しき影響を受くる事を考慮しなくてはならな い。A製品はたゞ概念的に或る叫範囁の下に常て甜めて得る商品の品様なかと云ふのみにして、今之を精細に検 討⊥見るならば、其の各々の品位につきて寸法・型等によりて硝幾多の細分的階級別を生すへきもので、その各 通が執れもー定率の収益を讃す肇偵状態にあるものと考ふる寄を得ない−場合が多いであらう。 A積商品金牌としての啓上利益額は、此のA種商品の費上げを構成したる蜜際の各階級品取合せ綜合の結果と して賛鴫を見たるもので、著し或る叫螢発別に於て此わA柿製品の賓上げが、収益率の低き階鱒のものにより大 許≡八 灯よりて従来に見ざる一骨徹底したる経営の合理化と、その路銀なる効果とを噂め得るものであるか ぃ寧二四 ︹aヨヨan二b草︰p・≡● 謹三五 Caヨヨaコ・﹀P﹂望●. 濠三六 Caヨヨaコこb弾−PJUN◆ 話三七 ︹aヨヨaコ二b革︶PPJuNl︼uu・ 藷三八 C=Be∃ett−Sc訂コt州芳Sa−esヨaコSh首︸P◆P 棟準原伐と袋上利率分析 ︵こ入﹂︶ 七九

(35)

︵諾.忍びのし 謹三九 今C。ヨヨa。のなすが如く、説明の便宜上A様に属する製品め費上げを梗準の資上慣格に換算して、空ハ七五 〇弗を得ぶとするならば、之によ打て取合せの紺係ばA樟品金牌としての利谷胡を減少せしめたる結果にある寄

る必要を生じ釆たるのである。

晶取合せ状態より釆たる賛上偵格の攣動と、嘗際の相場攣動より乗たる賛上慣格の欒動とは、之を明確に匿別す

慣格低落の禿めのもの℡あると、誤認せしむる結果をも生する虞が存するのである。故に多くの禦nに、費上げ 部分構成を見たりとせば.その結果は恰もヰ均野上慣格水準が低下せる如き親を生じ、賛上げ額の減少は野上げ

即ち費上げ品内容組合せ上の攣勒を他より分離する雷めには、賛上げたる商品を竺表即ち甚本橡界面に設

定を見たる、梗準費上債格に換算し、之に同種晶としての野上額︵同僚品としての安上額は、標準通りの内容 取合せにて費上げたる場合生すべき資上額である︶を比較して、その差を求むるの操作を必嬰とするのであ る0 ︵$十川郷︶ A 動 か 埋け如︵薙億翠[頭轟=Ⅷ補正舟、て︶霜横鳩打率⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮・仰声べ3 弘前如ナで坤ヽ塘卜訊︵習gUU+野鶴−淋︶⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮:∞謡8 浮∴甲エⅣbい瀾 第十忘甘 ‖罪≡舵 城.汀慨世、ぐ泄︻罰ヽ帝ゆ付 ー⋮︰::::●∽00.叫 ︵二八こ︺ 八〇

(36)

を推知L得るのである。蓋し、此の取合せが梗準の如くなりせぼ、五七、蒐00弗の啓上げを琴苧レたる筈なる ペきを以てである?之む換誉すれぼ槙準原煩が望ハ、000弗のものの梗準費上覇は一際慣か賛上げの八〇% なる関係上1ィふ讐ハd00を八〇にて験し、孜七、江00弗なるを尊兄するのである。然かる蛋菅費上げたる

商品の槙準野上偶格は五六、七五〇弗たるに過ぎず。即ち此等取り合せの中には、原債に近き償格にて費上げた

る階級のものの存する事を示し、しかも比較的に斯かる種類の費上品の多かりし寄を示すものである。斯くて叉

此の取合せの欒動より生じたる貸←利益攣動を、次の如くして算定する事を得る。

︵事十宜餓︶

浮 ゆ 舟 磯 野

A世知 鼎億抽卜剖︵韻十⋮池︶⋮⋮⋮⋮︰⋮⋮⋮⋮⋮︰⋮︰⋮︰⋮⋮⋮・顔墨−可8 袖凝南罫洋條︵諏+︾挫藤苦⋮⋮⋮⋮⋮︰⋮⋮︰ト博︵b︶ 野ゆ舟協撃︵彗帥熟字・⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮︰⋮⋮︰伐腐 辞軸 ︵pこ.訝×登の﹀宍さ 棲串原償と資上利金分析 磁億皇帥ヽ熟せ⋮⋮⋮⋮⋮:●●●−, 桝ヽ渇偲淘滴︵韻十‖淋︶⋮⋮⋮⋮⋮⋮:⋮⋮︰⋮:⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮:⋮ 朗 膵紺彗前劇︷薄儀堂静︶へ墟−沸︶⋮⋮⋮⋮⋮:⋮⋮⋮:⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮. 磁億海滴=攣N、孟q辟傲︵霹億彗帥︶ ︵a︶ 心¶.〇︵古 一〇㍉ひ○ 帖∽・0べ故恕 佗び.〇〇 一.留故 ︵こ八≡︶ 八一

(37)

︵b︶′錮鍼巾抽博舶‖浣︵肇十淡馳︶ 資際に資現したる利益は標準原慣に封⊥こ≡、三七郎となる。之は管際賛上げたる商品の取合せに勤する棲準 の利益高である。然かるた裸足の利益高は標準原慣の二軍%であつて、後者は梗準取合せに於ける賛上商品の棟 準利益である。即ち取合せの攣勤によけて、十、六童顔の梗準利益減少を招来したる事を知る。之を換言すれば ∴荘躇O naヨヨaコの云ふが如く、賛上品の梗準原慣凶六、000弗が、標準通りなる組合せに於ける賛上品に糾するもの なりとせば、此等商品の標準繋上覇は 準費上叡は五七、五〇〇弗な牒しもめである。梗準賢一上額水準に於ける七五〇弗は︵蜜際慣格水準が第叫表の如く 九六郎なるべきを以て︶景○×篇=ぷ○となり、蜜は七二〇弗が取合せ攣勤より起りたる資上利茶減少となる詣で ある。即ち賛上げたる商品の取り合せが、槙準より少き利釜を繋らす組合せに於て構成を見たる寄聖不すもので ある。 ︵事十細微︶ 捲 レ︵笥べーひ8⑥ 蝕 望∴∴ 海. 諭∵︵魂〓沸︶ 城蒋堂蹄︵韻〓勤︶⋮⋮⋮⋮⋮・ミ⋮′ 発十仰渋 第 三巻 欄卜勤労ゆ育ヽ磯瞥ヰ払q予州ヽナで≠ヽ島部 ひび一N00 怠るg ︵二八四︶ 八〓

(38)

即ち僅かながらも密上憤格水準が改定以上なるの成績を収め得たる結果としての、資上利益増加は五六八弗と 謹

四︼

なる、之を換言すれぼ層上慣格水準が預定の如く九五なりせぼ、賛際資上高空ポイント減少し、賓際更上高五

取合せ欒勤に起因する利益の覇を算出し見るとき、此等を重く考慮せざりし璧口の計算に於て、菅際安土慣格

水準が九凶、七囲八%︵第八表︶なるが如くに見えたるものも、驚は九六なりり事を開示するに至るものである。

平均として九六〆の程度に維持し得たる資上慣格は、より少き利益率の製品をより多く資上げたるが焉めに、恰

も安倍低落を生したるが如くた示現したのである。斯くて憫倫欒勤より釆潅る安土利谷増加は次の計算の如くな

る○

︵瀞十︾搬︶ A泄如 械霜翔け剖︵鵜〓淋︶ 蠣顎淵打撃 藩億姻.什訓−1落鞘片ゃ舟ヽ ′藤斡\遠錨旨倣︰⋮︰⋮⋮︰︰︰ 棟準原伐と蛍上利金分析 諭罫協恕︵︷×ぶぺ8︶堂即萄旨 補職惑罫 努めふ嵐思甲山鴫鼻もこごごヌ空前覿芯 き ひ♪串g\ひの.べg 矧卜滴泰.慣瞥︵湖預︶ 一 ①∽ ひの∞ ﹃NO ︵二八五︶ 入室

(39)

甲四八〇は五ニ﹁九二正常まつたであらう。 即ち取合せ欒勤の結果を分離する計算を得はぎりし時には、襲上憤格水準攣勤の結果は、賛上利益に於て却っ て仙四五弗︵第十二義︶の減少を釆たしたるが如くに見えたのであるが、此の分離計算を行ひたる後ちの結果は、 取り合せ攣勘に基く利蕗城少七二〇弗が、慣格欒動に起因したる利益増些向空ハ九弗により相投せられ、正味一 五二弗の利益減少を招来したる溺を明か忙し得るのである。即ち前の計算︵第十二表︶よりは七弗の増加となる。 此の相違は敵わ合せ欒動に附隠したる偵梅里勤の結果より起りたるもので、取合せが標準通りなりしならば、慣 格攣勤による利益は五七五弗︵彗“筈○×l思︶の利益なりしならんも、取合せに於て不利を生じたるが馬め忙、劃 〆の減少を招釆したるものである。 慣格腰勤佗よる賛上利益増加は、最初蕊七五弗なるが如き計算を示したのであるが、之は分敦攣動による資上 利益攣勤の計算に見るが如く、軍資を開示する計算でない。唯だ賛上品取り合せが標準の如くありし時に於ける 結果である。附随的の攣動より釆たるものは之を別個に示す必要が存するであらう。

達 郎 慨 世 吟 苛

︵轟十正勝︶ 〇芝脚∴翠ゆふ・瑚卜盛事・翫諭−1琴寸︶て協聾\鞍渉︶ 発十山容 第二一銭 朗 ひOu︹凸0 薄 沖 熟 山野

l﹂一ノ

桝#藤億 詩 磯 紗 源 一一〇 儒︶ 倒 錯b川0 A 鯖岬動 地 レ 蠣 零 落 旛 笠㍉g 朝.竺﹀念0 職 霜 熟 弥 ︵こ八六︶ 八四 豊前協単 旨 灘 一一ひ ∽の

(40)

埴苛惑詰料備荒斌−=・ヽ.撃糎ヾⅧ 滴 罫︰彗恥料億=琴寸、て避雷︵寄1訝し 努ゆ点︰剋僧堂恥ヽ熟せ 詞 璃︰鞠諭旨鳳=汚寸、て邸旨ハ一〇Ⅶ−一8Y︰⋮⋮︰︰︰⋮⋮︰︰︰︰ 彗詔富磯璧︰ 坤帥け 城寛堂帥\熟せ ∽−望∽N故×芯一︵H岩 頭芯︰労ゆ鹿=帥勺熱海 標準原償と資上利存分析 坤 帥∵謁播靭諭蒔富 ︵?X隼汽・80︶ 仝︺bOO 朝一〇bUO 闇儀 繭騰鳳一計 笥の・可g=塑ヾ 鴻卜訴親機淘諭 坤卜帥\砧個甑速習の・80−1華ヾ ⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮朝 ≠ざ 蠣霜彗齢一〇・£念忌 一〇ひ の︸○ひ〇 一∽.べひ沢 0⊃ Staコda■1d Cαs什 諭∴諭 望 瓜即 一:.・、・い ∵∴ ∽故 ムの︸¢UAU 一−∽∞○ 怠﹀︹宍︶ 一〇.可ぎ ひの∞ 可N〇 せ ︵二八七︶ 入瓦

(41)

さて、以上む以で利益が漁炭より∴、二瓦○弗の減少を雅たしたる珊由を明かにし得たのである。而して此の 利益減少の痕も賜著な諸原因吟、原偶の上に起打たる轡劫に舷関するむの、即ち憤慨が預㍍に比し革質仁高僧な るを致七夜る事に、之を求むる琴を得る。史に別個の原因としては、昏上品の内容的なる取合せが、利益啓の少 き製品に偏したる事に之を求むる事を得るので小あるバ痕腰上取合上の二部につき回復筍を許する事を緊要とすべ きもので、此の二者の上に改善を施し得れぽ、賛上利家は改定以上に良好なる峨措を上げ得べき状態にある尋を 話四二 知るの′である。但し此等の改善寛行方式は、自ら別個の販密療利手投にまたなくてはならない。 濠四三 芳k象eyの稲ふるが如く、商品は生産面られて始めて販賛し得ペきものであり、同時に駆賓L得るからこそ 生産せら鳥ペきものであるのである。生産貯欄周よ牒販繋が費用であり、爆撃には叉生語が要用である。甑賛し 得ざる商品′を生産し、生産し得ぎる商品を販党せんと欲する企柴は、云ふまでもなくその根粒に於て大なる誤謬 翠ゆヰ声償ふ聖二登−べ8⋮笥べ一等︶ ※声押付一rb∽yゆぴ×笥︶80 濠 恭一×一帖0・聖文讐68 第十〓竿 ∴第三干娩 笥g∵還啓憾瞥一枚 靭 滴 ∽×欝︵=菖 窃 望 Nひ の○ 例 のの

(42)

があり危険がある。原憤密計は生産の馬めの原憤合計であり、叉放膏の焉めの原惜合計であらねばならない。同 時に放資経営の焉めの琢算統制は∵製蓮企業に放て叉生産の焉めの換算統制でなくてはならない。故に原慣合計 制度を以て塊想棟準に附しての生産の統制手段であるとするならば、その精細は橡覚藤別の形を頼りて、販貸の 上に於万る統制の上にも伸び、叉駅畢生琴統轄の二別の上に伸び薇さつて行かなくてはならない。而して企業 全館に通する琢昇統制は標準原偵禽計制度の形を頼りて、鄭払の上にまでよく浸潤して行かなくてはならない。 斯くて製造企柴は全般的にも亦部分的にも、常に最も科挙的なるを期し得るのである。 科挙的経螢の場合に於ては、軽々煩瑛なる賓験・観測・算定を、汚意溌き推珊の下に推し進め行かなくてはなら ない。而してその結果を態則又は公式の形に組立て1行く。・此の公式こそは昏に科解約殿堂紳成の表現であつ 謹四周 て、斯かる殿堂の組成は良き時代と多くの人々との協力によりて売成の城に進め得るものである。際慣密計の存 在せざりし無自覚の時代、事後計算としての幼稚なる経営計算の時代、標準の樹立と成果像定の確立とによる経 営統制の時代と、漸次経螢の科挙化が蜜現しっゝある寄を想ひ、吾人は更に賂東の進展に封し〓盾多くの努力を 重ねざるペからざる事を党ゆるのである。 詮三九 ハa∋ヨaコこb己“p−㍍u・ 許四〇 Caヨヨaコこb芦︶P●︼拭, 濠面〓 Caヨヨ。てi富d・一p・一山、・ 梗準麻憫と盛上利爺分析 ︵二へ九︶ 八′七

(43)

第十仙啓 発二刷洩 詮四二 Wh許二bざ、P・︼NN. 諌四三 3ck5sey︸萱d●︸P・全石・ 話四四 〓arr仙sOコこbid・,P・N山〇・ D・S・Kぎbaニー苫コC甘︰esO〓コきstria−Or笥コ訂t⋮○コ一P.全山. ︵こ九〇︶ 八八

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :