公民館改修整備事業 平成23年度 教育委員会事務点検評価報告書 狭山市公式ウェブサイト

Full text

(1)

要 事業 思わ 第 評価 見 う こ 公民館活動 あ 方 検討 計画的 進 いうこ 求 い 思う

測 関東直 型地震 東海 東 海地震等 対 備え 共 気候変動 自然災害 多発 配慮 安 全面へ 配慮 万全 そ 視点 要 あ う 超高齢社会 迎え 高齢者 施設利用 対 配慮 怠

い 視点 可 概 障害 持 人々へ 配慮 バリア フリ 化 事足 思わ 手抜 い こ 望 い

- 2952

環境配慮

事務事業 目的 容

公共建築物改修計画 基 計画的 屋 防水 外壁改修 給排水改修 耐震補強等 行 い 成 度 水 公民館 屋 防水工事及び屋 冷却塔移設工事 実施

前 度方向性評価 目的

事務事業 名称

前年度 ◆第一 評価 担当課 評価

評価 視点

活動 容

段 前 度 方向性 対

改善活動 公民館改修整備事業 施設 維持 安全確保 図 有効性 高

い 評価 事務事業 評価

有 効 性

項目 評価理由

昭和 0 代 建 公民館 多く 老朽化 進 い

公民館 各地区 中 施設 あ 防災 点 あ こ 施設 維持 や安全確保 図 計画的 改修整備 実施 必要 あ

目標値

個 別 評 価

必 要 性

効 率 性

前年度 目的 妥当性

市民ニ へ 対応 市 関 必要性 市 担 必要性

実績値

達成率 咁

成 果 指 標 咂 成 果 区分

1

実績値 区分

実績値

100.0%

1

実施形態

件 目標値

目標値 達成率

(

活 動 指 標 咂 実 施 状 況

指標名

達成率

3

対象

改修件数

位コ ト 効率性

指標

1

事務事業 実施状況 成果

今後 計画的 改修工事 進 昭和 0 代 建 館 老朽化 いくこ 改 修 け く 更新 関わ 今後 方針 明確化 必要 あ

活動目標 達成度 成果 向

位施策へ 献度 市民サ ビ 向

総合振興計画実施計画 (

04

367

人件費

事業区分

実施 千

千 事業開始

背景等

昭和 建設 中央公民館 昭和 0 代 建設 公民館 館あ 老朽化 進 い こ 改修整備 計画的 行うこ 必要 い

指標名

事業費計 直接費決算額+人件費 経

個別計画等 名称

千 千

人 実施期間

総合振興 計画

位置 け 生涯学習 推進 生涯学習 振興

生涯学習 機会や場 充

10,000

14,640

4,423

11,585

2230

0.04

0.04

7,035

事務事業 基 事項

度教育委員会事務点検評価

度実施事務事業 評価表

事業費 整理番号

7

71,799

度 度 度

11,645

10,000

度 区分

直 接 費

決算額

源 訳

国県支出金 そ 他特定 源 一般 源 算額

従事職員数

人件費 従事職員数× 均給

< 段階評価>    :極めて高い  :高い  :普通  :低い  :かなり低い

目標値 考え方

※ 位当 経費

7,035

60

実績値 達成率 目標値

360

7,403

368

4,423

12,005

0.04

4,790

1

1

100.0%

100.0%

そ 他 学識経験者 意見等

公民館改修整備事業

章 成 16

5 人 育 文化 創造 度

教育委員会 生涯学習部 中央公民館 担当部課

電話番号

-1 1 2

各公民館施設

実施計画 H ~

事業名

目 項

公民館施設 維持 利用者 安全や利便性 確保 節

施行業者 選定 競 入 行わ い 建築審査課及び検査 課 連携 コ ト効率 向 や執行体制 効率化 図 い

今後 方向性

手段 最適性 コ ト効率 向

益者 担 適正化 執行体制 効率化 前年度 公民館改修整備事業

1

)

直営 全部委託 一部委託 補助・負担 その他

内容の見直し 抜本的見直し 廃止 休止 完了

指定管理

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)