九州 Script 最近の更新履歴 九州地区高等学校英語ディベート大会

全文

(1)

第7回九州地区高等学校英語ディベート大会(2011)

Chairperson Script

チェアパーソンはディベート試合開始前に次のことをする

1. ホワイトボードに、学校名、学校 ID、肯定側・否定側のスピーカーの役割と氏名 (フルネーム),個人 ID を書くように指示(学校名、氏名は英語で)

2. ジャッジがそろっているかどうかを確認

3. タイムキーパーの準備が出来ているかどうか確認

ディベーターとジャッジが着席し時間がきたら、試合開始直前に連絡をする

では、ディベーターの皆さんに連絡をします。

 スピーカーは話す順番に着席してください。

ルールでは,質疑応答の担当者も定められています。間違えた場合,最悪失 格になりますので,再度確認をしてください。

 ディベーターは”Thank you, chairperson. My name is …………”と 言ってからスピーチ、質問を始めてください。

3 スピーチ、クエスチョンタイムが早く終わってもタイマーは止めません。時間 がくるまで静かにしてください。各自が持っているタイマーは音を出さないよ うにセットしてください。

タイムキーパーのタイマーが鳴った後、途中の文章を述べるのはかまいません ただしその途中の文章も10秒以内に終えてください。

  ⑤それでは試合を始めます。

Chairperson , Timekeeper 注意事項!!

・最初にディベーターが名前を言わないでスピーチや質問を始めた場合、

“Please stop. Say your name and start your speech again.”と言って、 再スタートさせる。TK はタイマーをリセットする。

・ タイムキーパーのタイマーが鳴った後、途中の文章を述べるのは良い。 だが、次の文章を言い始めたら”Please Stop!”と言ってスピーチを止め る!また、10 秒を越えた場合も”Please Stop!”と言ってスピーチを止め る!

(2)

・ 試合進行については,ルール(No.16-24)をよく読んでおく。

はじめの挨拶

Good [morning/afternoon] and welcome to [ the 1st / the 2nd / the 3rd / the 4th / the semi-final / the final / Third-fourth place play-off] round of The 7th All Kyushu Senior High School English Debate Contest. On the Affirmative side, we have [肯定側学校名] and on the Negative side we have [ 否 定 側 学 校 名 ].   We will now have brief introductions from both teams.  First, the Affirmative team, please.

(肯定側自己紹介, 名前のみ簡潔にさせる)

Thank you! And, from the Negative team , please.

(肯定側自己紹介, 名前のみ簡潔にさせる)

Thank you

ディベート開始

We will now begin the debate with the Affirmative Constructive Speech for 4 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(4分)    肯定側 CONSTRUCTIVE SPEECH 開始

   残り時間2分、1分、30秒、15秒のそれぞれの時点でプレートを見せ る。 

  肯定側 CONSTRUCTIVE SPEECH 終了ES

Thank you! We will now have a 1 minute preparation time. [TK] タイマーオン(1分)

残り時間30秒、15秒の時点でプレートを見せる。

PREPARATION TIME終了

Preparation time has ended; we will now have Questions from the Negative side for 3 minutes.

[TK] 質問を開始したらタイマーオン(3分)

QUESTION TIME 開始

残り時間2分、1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。 

QUESTION TIME 終了

Question time has ended; we will now hear the Negative Constructive Speech for 4 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(4分)    否定側 CONSTRUCTIVE SPEECH 開始

(3)

   残り時間2分、1分、30秒、15秒のそれぞれの時点でプレートを見せ る。 

  否定側 CONSTRUCTIVE SPEECH 終了ES

Thank you! We will now have a 1 minute preparation time. [TK] タイマーオン(1分)

残り時間30秒、15秒の時点でプレートを見せる。

PREPARATION TIME終了

Preparation time has ended; we will now have Questions from the Affirmative side for 3 minutes.

[TK] 質問を開始したらタイマーオン(3分)

QUESTION TIME 開始

残り時間2分、1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。 

QUESTION TIME 終了

Question time has ended; we will now have a 2 minute preparation time.

[TK] タイマーオン(2分)

残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。

PREPARATION TIME終了

Preparation time has ended; we will now hear the Negative Attack Speech for 2 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(2分)    否定側 ATTACK SPEECH 開始

   残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。    否定側 ATTACK SPEECH 終了ES

Thank you! We will now have Questions from the Affirmative side for 2 minutes.

[TK] 質問を開始したらタイマーオン(2分)

QUESTION TIME 開始

残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。 

QUESTION TIME 終了

Question time has ended; we will now hear the Affirmative Attack Speech for 2 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(2分)    肯定側 ATTACK SPEECH 開始

   残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。    肯定側 ATTACK SPEECH 終了ES

Thank you! We will now have Questions from the Negative side for 2 minutes.

[TK] 質問を開始したらタイマーオン(2分)

(4)

QUESTION TIME 開始

残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。 

QUESTION TIME 終了

Question time has ended. We will now have a 2 minute preparation time.

[TK] タイマーオン(2分)

残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。

PREPARATION TIME終了

Preparation time has ended; we will now hear the Affirmative Defense Speech for 2 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(2分)    肯定側 DEFENSE SPEECH 開始

   残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。    肯定側 DEFENSE SPEECH 終了ES

Thank you. We will now hear the Negative Defense Speech for 2 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(2分)    否定側 DEFENSE SPEECH 開始

   残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。    否定側 DEFENSE SPEECH 終ES

Thank you! We will now have a 2 minute preparation time. [TK] タイマーオン(2分)

残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。

PREPARATION TIME終了

Preparation time has ended; we will now hear the Affirmative Summary Speech for 2 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(2分)    肯定側 SUMMARY SPEECH 開始

   残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。    肯定側 SUMMARY SPEECH 終了ES

Thank you! We will now hear the final speech of this round, the Negative Summary Speech for 2 minutes.

[TK] スピーカーが名前を言い終わったらタイマーオン(2分)    否定側 SUMMARY SPEECH 開始

   残り時間 1分、30秒、15秒の時点でプレートを見せる。    否定側 SUMMARY SPEECH 終了ES

Thank you very much! This is the end of the debate. Thank you debaters!

(5)

We will now take a recess for a few minutes so the judges can decide the winner. Audience and debaters, please be patient until the judges come back. Thank you!

チェアパーソン用 大会ルール抜粋  5.試合進行

16. 制限時間は1試合38分とし,次のとおり実施する。各チームの選手は,以下に指針を定めるそれ ぞれのスピーチの役割に沿い,できるだけ議論をかみ合わせ,分かりやすくスピーチするよう努力す る。

スピーチ 時間

① 肯定 立論 Affirmative Constructive Speech 4 分     準備時間Preparation Time 1 分

② 否定 質疑 Questions from the Negative 3 分

③ 否定 立論 Negative Constructive Speech 4 分     準備時間Preparation Time 1 分

④ 肯定 質疑 Questions from the Affirmative 3 分     準備時間Preparation

Time 2 分

⑤ 否定 アタック Negative Attack 2 分

⑥ 肯定 質疑 Questions from the Affirmative 2 分

⑦ 肯定 アタック Affirmative Attack 2 分

⑧ 否定 質疑 Questions from the Negative 2 分     準備時間Preparation Time 2 分

⑨ 肯定 ディフェンス Affirmative Defense 2 分

⑩ 否定 ディフェンス Negative Defense 2 分     準備時間Preparation Time 2 分

⑪ 肯定 総括 Affirmative Summary 2 分

⑫ 否定 総括 Negative Summary 2 分

38 分

17. 各会場に2名の係員をおく。1名がタイムキー

肯定 スピーチ 否定

A1 ① 肯定 立論 -

A1 ② 否定 質疑 N2

- ③ 否定 立論 N1

A2 ④ 肯定 質疑 N1

- ⑤ 否定 アタック N2

A1 ⑥ 肯定 質疑 N2

A2 ⑦ 肯定 アタック -

A2 ⑧ 否定 質疑 N1

A1 ⑨ 肯定 ディフェンス -

⑩ 否定 ディフェンス N1

A2 ⑪ 肯定 総括 -

- ⑫ 否定 総括 N2

(6)

パーを務め,もう1名がチェアパーソンとして各試合で的確な指示をし,円滑に進行するようにする。チ ェアパーソンと審査委員は,スピーチがあまりに小さい声で行われている場合やスピーチ中に私語を している観客がいる場合などは,教育的な観点から必要最低限の試合指揮を行うことができる。静 寂性の確保が問題となり,あるチームがスピーチを妨害された形になる場合には,チェアパーソンは スピーチ時間計測を一時中断,場合によっては多少延長の指示をし,スピーチを妨害されたチーム 側に損がでないよう,できるだけ公平に試合進行を行う。ただし,スピーチが早すぎるのを注意された 場合や質疑の進行に問題がある場合などは,自己責任とみなして時間計測上の便宜を図る必要は ない。会場係員はスピーチ中に議論の内容にまで直接踏み込んで発言や質問することや,試合終了 前の準備時間などに個々の論点への反論・疑問などを呈示することはできない。

18. タイムキーパーは,発言者が持つ残り時間を30秒ごとにカードで示す。 制限時間が終了したら

“Time is up.” と告げる。ディベーターは制限時間を越えて発言してはならない。制限時間を超えて の発言があった場合は,有効な発言とはならない。その後に行われた発言を審査委員は一切無視 する。制限時間前に発言が終わったとしても,所定の時間が来るまでは,試合進行はせず,タイムキー パーは残り時間を表示する。ただし,否定総括が終わったら試合は終わりとする。

19. チームメンバーはそれぞれ役割を明確にする。図表の提示はどのメンバーが行ってもよい。

①Speaker 1 :立論,相手チームからの質問への返答,相手チームのアタックに対する質疑,デ ィフェンスの4つを担当する。

②Speaker 2:相手チームの立論に対する質疑,相手チームへのアタック,アタックに対する質 疑への返答,総括の4つを担当する。

③Researcher :ディベーターを補助する。試合 中発言することはできない。

上の担当表に記入されたスピーチ担当者が,タイムキーパーからの合図に従い,定められた時間 のスピーチを一人で行う。(A1 は肯定側のSpeaker 1をA2 は肯定側の Speaker 2を表し,同 様にN2,N3 は否定側の担当者を表す)。

20. 間違ったスピーカーがスピーチ・質問・応答を行った場合は,チェアパーソンがスピーチのやり 直しを求める。ただし次のスピーチが終わった後で間違いが判明した場合は,間違ったチームは反 則負けとなり,相手チームの勝ちとする。両チームともに間違いがあった場合には,両チームとも負け となることもある。

21. 各チームは,審査委員からみて左側に肯定側,右側に否定側となるよう な定位置の席につく。両チームとも,相手チームに近い(ジャッジの中央正面

から)順にSpeaker 1 ,Researcher,Speaker 2 が座ることとする。各スピーチの担当者は,基本

A 2

R A 1

N 1

R N2

JUDGE

(7)

的にチームの定位置の席にて起立してスピーチする。やむを得ない事情のある場合を除き,スピーチ 中はずっと起立しておく(質疑応答の質問者も含む)。ただし本選の決勝戦や準決勝戦や,特殊な形 状の教室が会場となっている場合には,運営委員やジャッジの指示などに従って(前の演壇などで) スピーチを行うこととする。

22. ディベーターは試合中にストップウオッチ,辞書,参考資料などを持ち込み,使用することができ る。ただし時間(進行)は,タイムキーパーに従うものとする。

23. スピーチ中のディベーターに対して,メンバーは助言できる。ただし助言は書かれたメモで行う か,審査委員や相手チームに聞こえないような小声で伝えるものとする。なお試合中(準備時間も含 む)に助言を行えるのは,試合に出場しているメンバーのみである。仮に観客席などから助言や資 料・メモなどが差し出されたり,ジェスチャーなどで指示があったりする場合,それまでの試合進行に かかわらず,コミュニケーション・ポイントを無得点とし,相手チームを勝ちとする。

24. 試合の終了後は,試合内容について審査委員に訴えることは一切禁止とする。チームは,①相 手チームが明らかに参加資格を違反して出場したと考えられる場合, ②相手チームが証拠資料につ いて不正を行ったと考える証拠があるときのみ,本部に抗議を行うことができる。

Updating...

参照

Updating...

Scan and read on 1LIB APP