4. 設定

4.7. 拡張機能の設定(Advanced Switch Configuration)

4.7.2. b. トランキングの設定(Trunk Configuration Menu)

「Advanced Switch Configuration Menu」でコマンド「L」を選択すると、図4-7-6のよ うな「Trunk Configuration Menu」の画面になります。この画面でトランキングの設定を 行います。

図4-7-6 トランキングの設定

PN26249K Local Management System

Advanced Switch Configuration -> Trunk Configuration Menu System Priority : 1

Key Mode Member Port List

--- --- --- 1 Manual 5-6

2 Active 7-10

--- <COMMAND> --- [N]ext Page [A]dd Group Member Set P[o]rt Priority

[P]revious Page [R]emove Group Member LACP [G]roup Status Se[t] System Priority [M]odify Group Mode [Q]uit to previous menu Command>

Enter the character in square brackets to select option

108

画面の説明

System Priority LACPを用いてネットワーク上でトランキングを構成する際に必要なこの装置の優先順 位です。数値が小さいほど優先順位が高くなります。工場出荷時は1に設定されていま す。

Key トランキングのグループ番号を表示します。

Mode トランキングの動作モードを表示します。

Active この装置からLACPパケットを送出し、相手側とネゴシエーション を行うことでトランクを構成します。

相手側のモードがActive、またはPassiveである必要があります。

Passive この装置からはLACPパケットは送出せずに、相手側からのLACP パケットの受信でネゴシエーションを行った上でトランクを構成 します。

相手側のモードがActiveである必要があります。

Manual LACPパケットを用いず、強制的にトランキングを構成します。相 手側も同様の設定である必要があります。

Members Port List

トランキングのグループに属しているポートを表示します。

ご注意: トランキングのモードがスイッチ同士で共にPassiveの場合、LACPのネゴシエー

ションが行われずにループが発生します。LACPを用いてトランキングを構成する

場合は片側の設定を必ずActiveとしてください。

ここで使用できるコマンドは下記のとおりです。

N 次のページを表示します。

「N」と入力すると表示が次のページに切り変わります。

P 前のページを表示します。

「P」と入力すると表示が前のページに切り変わります。

T LACPにおけるこの装置のSystem Priority値を設定します。

「T」と入力するとプロンプトが「Enter system priority for LACP>」となりますので、

A 新たにトランキングの設定を行います。

「A」と入力するとプロンプトが「Enter trunk group admin key>」となりますので、設定したいグ ループの番号を入力してください。プロンプトが「Enter port member for group key #>」となり ますので、トランキングするポート番号を入力してください。ポート番号を複数入力する場合カン マで区切るか、連続した数字の場合はハイフンで指定してください。その後、プロンプトが「Lacp Active,Lacp Passive or Manual trunk setting(A/P/M)>」に変わりますので、動作モードを Activeにする場合は「A」、Passiveの場合は「P」、Manualの場合は「M」を選択してください。

R トランキングの設定を削除します。

「R」と入力するとプロンプトが「Enter trunk group admin key>」となりますので、削除したいグ ループの番号を入力してください。プロンプトが「Enter port member port for group key #>」

となりますので、削除するポート番号を入力してください。ポート番号を複数入力する場合はカン マで区切るか、連続した数字の場合はハイフンで指定してください。

M トランキングの動作モードを変更します。

「M」と入力するとプロンプトが「Enter trunk group admin key>」となりますので、変更したいグ ループの番号を入力してください。その後、プロンプトが「Lacp Active,Lacp Passive or Manual trunk setting(A/P/M)>」に変わりますので、動作モードをActiveにする場合は「A」、Passiveの場 合は「P」、Manualの場合は「M」を選択してください。

O トランキングにおけるこの装置のポート毎のプライオリティ値を設定します。

「o」を入力すると画面が「Set port Priority」に変わります。詳細設定の方法は次項(4.7.2.c)を参照 してください。

G LACPグループの状態を表示します。

「G」と入力するとプロンプトが「Enter trunk group number >」となりますので、表示したいグル ープのkeyを入力してください。(ここで入力できるのはmodeが「Active」または「Passive」のグル ープのみです。)その後、画面が「LACP Status」に変わります。これについては次項(4.7.2.d)を参 照してください。

Q 上位のメニューに戻ります。

ご注意: この装置では1グループに最大24ポートまでのメンバーを設定可能ですが、トラ ンク動作するのは8ポートまでとなります。そのグループの9ポート目以降のメン バーはバックアップモードとなり、8ポート目までのリンクに障害が発生した際、

そのポートに変わってトランクを構成するメンバーとなります。この場合、メン

バーとなれる優先順位は次項(4.7.2.c)で設定されるPort Priority値により決定さ

れ、全て同じPriority値の場合はポート番号が小さい順からトランクを構成します。

110

ドキュメント内 本取扱説明書は 以下の機種を対象としています 品名品番ファームウェアバージョン Switch-M24GPWR+ PN26249K 以上 2 (Page 107-110)