Execute を選択する。

ドキュメント内 PXW-X200 (Page 56-64)

便利な機能を使う

2. Execute を選択する。

マーカー領域の色相検出を実行します。

検出に成功すると完了メッセージが表 示され、元の画面に戻ります。

Multi Matrixの場合は、調整対象となる 色がColor Detectionで検出された色に 変更され、その色の部分にArea Indication(ゼブラパターン)が表示さ れます。

Skin Tone Detailの場合は、調整対象エ リアはArea Detectionで検出された色 を中心とするエリアに変更され、Area Indication(ゼブラパターン)が表示さ れます。

検出に失敗した場合は、エラーメッ セージが表示され、元の画面に戻りま す。

3)GammaのSelectで選択できるガンマカーブ

(STD:スタンダードガンマ、HG:ハイパーガ ンマ)

STD1:SDカムコーダー相当のガンマテーブル

STD2:x4.5ゲインのガンマテーブル STD3:x3.5ゲインのガンマテーブル

STD4:SMPTE-240M規格相当のガンマテーブル STD5:ITU-R709規格相当のガンマテーブル STD6:x5.0ゲインのガンマテーブル

HG1: 325%のDレンジの入力を100%の出力に

するガンマテーブル

HG2: 460%のDレンジの入力を100%の出力に

Black ブラックの調整

–99〜+99 (±0) マスターブラックのレベルを調整する。

Black Gamma ブラックガンマレベルの 調整

–99〜+99 (HD:±

0、SD:–16)

映像の暗い部分のみを立てて階調をはっきりさせた り、逆に潰してノイズを抑えるブラックガンマ機能 のレベルを調整する。

Low Key SAT ローキーサチュレーショ ンの調整

–99〜+99 (±0) 映像の暗い部分のみの色を濃くしたり、逆に薄くし

てノイズを抑えるローキーサチュレーションのレベ ルを調整する。

Copy

ピクチャープロファイル のコピー

Execute / Cancel Executeを選択するとコピーを実行する。

PP Data

ピクチャープロファイル の保存と読み出し

Display Mode Date&Time / Model Name

保存や呼び出し時に表示されるリストボックスに表 示する項目を選択する。

Store(SxS)

Execute / Cancel Executeを選択するとピクチャープロファイルをSxS メモリーカードに保存する(保存ファイルは64個ま で可能)。

Recall(SxS)

Execute / Cancel Executeを選択するとピクチャープロファイルをSxS メモリーカードから読み出す。

Store(USB)

Execute / Cancel Executeを選択するとピクチャープロファイルをUSB メモリーに保存する(保存ファイルは64個まで可能)。

Recall(USB)

Execute / Cancel Executeを選択するとピクチャープロファイルをUSB メモリーから読み出す。

Reset

ピクチャープロファイル のリセット

Execute / Cancel Executeを選択すると標準設定に戻る。

PICTURE PROFILE SET

項目 細目と設定値 内容

撮影

HG3: 325%のDレンジの入力を109%の出力に

するガンマテーブル

HG4: 460%のDレンジの入力を109%の出力に

するガンマテーブル

記録待機中は、直前に記録したクリップの 削除(Last Clip DEL) およびSxSメモリー カードに記録されたクリップの一括削除

(All Clips DEL) が可能です。

◆ サムネイル画面でのクリップ削除について は、「クリップを削除する」(102ページ)を ご覧ください。

アサイナブルボタンで削除する

あらかじめアサイナブルボタンのいずれか にLast Clip DEL機能を割り当ててください

(43ページ)。

Last Clip DEL機能を割り当てたアサイナブ ルボタンを押して、Executeを選択すると、

最後に記録されたクリップがSxSメモリー カードから削除されます。

セットアップメニューで削除する

OTHERSメニューのClip(145ページ)から Last Clip DELを選択してExecuteを選択し、

再度Executeを選択すると、最後に記録され

たクリップがSxSメモリーカードから削除さ れます。

ご注意

クリップコンティニュアスレックがOnのときは、

Last Clip DELを選択できません。

クリップを一括削除する

OTHERSメニューのClip(145ページ)から All Clips DELを選択してExecuteを選択し、

再度Executeを選択すると、すべてのクリッ

プがSxSメモリーカードから削除されます。

ご注意

• HDモードとSDモードのクリップが混在記録さ れているSxSメモリーカードでは、現在選択さ れているモードのクリップのみ削除されます。

ファイルシステムでFATを選択している場合は、

OKマーク(42ページ)が付加されたクリップ は削除されません。UDF、exFATを選択してい

る場合は、Lock Clip(99ページ)が設定されて いるクリップは削除されません。

本機では、セットアップメニューの設定内 容を本機のSxSメモリーカードまたはUSB メモリー(UDF、exFATモード時)に保存 することができます。このデータを使って 適切なセットアップ状態をすばやく再現で きます。

ご注意

OTHERSメニューのClock SetとHours Meterの値 は保存されません。

セットアップファイル

メニューの全設定データ(ピクチャープロ ファイルを含む)を保存します。

SxSメモリーカードまたはUSBメモリー

(UDF、exFATモード時)に64個まで保存す ることができます。

セットアップファイルは「SETUP.SUF」、

「SETUP002.SUF」〜「SETUP064.SUF」 というファイル名で保存されます。

Userファイル

カスタマイズしたUSERメニューの設定項目 と設定データを保存します。

SxSメモリーカードまたはUSBメモリ―

(UDF、exFATモード時)に64個まで保存す ることができます。

このファイルを本機のメモリーに読み込む ことにより、USERメニューをカスタマイズ した状態にセットアップすることができま す。

Userファイルは「001.USER」〜

「064.USER」というファイル名で保存され

ます。

ピクチャープロファイル

撮影シーンに合わせて設定したピクチャー プロファイルの設定値を保存します。

本機の内蔵メモリーに5個、SxSメモリー カードまたはUSBメモリー(UDF、exFAT モード時)に64個まで保存することができ ます。

ピクチャープロファイルは

「PPDATA.SUF」、「PPDATA002.SUF」〜

クリップの削除

設定データの保存と呼び出し

撮影

「PPDATA064.SUF」というファイル名で保 存されます。

ファイルを保存する

1

ファイルを保存するメディアを準備す る。

SxSメモリーカードを使用する SxSメモリーカードをカードスロットに 入れます。

入れたスロットに対応するSxSメモリー カードアイコンが画面に表示されるこ とを確認してください。

もう1枚のSxSメモリーカードが選択さ れている場合は、SLOT SELECTボタン で切り換えてください。

USBメモリーを使用する

USB メモリーを使うときは(UDF、

exFAT モード時)、外部機器接続端子に

フォーマット済みのUSBメモリーを接 続します(27ページ)。

2

セットアップファイルの場合は、

OTHERSメニューのCamera Data

(140ページ)を選択する。

Userファイルの場合は、OTHERSメ ニューのUser Data(140ページ)を選 択します。

ピクチャープロファイルの場合は、

PICTURE PROFILEメニューのPP Data

(56ページ)を選択します。

保存するデータに名前を付けるときは 手順3に進む前に、名前を設定します。

◆詳しくは「ファイルに名前を付ける には」(58ページ)をご覧ください。

3

セットアップファイルの場合は、

Camera Data > Store(SxS)、または Store(USB)を選択する。

Userファイルの場合は、User Data >

Store(SxS)、またはStore(USB)を選択 します。

ピクチャープロファイルの場合は、PP Data > Store(SxS)、またはStore(USB) を選択します。

ファイルのリストボックスが表示され

ファイルが保存されていないファイル 番号には、「No File」と表示されます。

すでにデータが保存されているファイ ル番号には、日付、時刻やファイル名 が表示されます。

4

保存したいファイル番号を選択し、

ジョグダイヤルまたはSET/SELボタ ンを押す。

実行待ちメッセージが表示されます。

ご注意

手順3で指定した保存先にすでにセットアッ プファイルが保存されている場合は、上書き を許可するかどうかの確認メッセージが表示 されます。

5

保存を実行するときは、Executeを 選択し、ジョグダイヤルまたはSET/

SELボタンを押す。

保存を中止するときは、Cancelを選 択し、ジョグダイヤルまたはSET/

SELボタンを押す。

保存を実行すると画面に実行中メッ セージが表示され、終了すると完了 メッセージに変わります。

ご注意

保存可能なメディアが挿入されていない場合や、

メディアの容量が足りない場合はエラーメッセー ジが表示されます。

ファイルに名前を付けるには

設定データをファイルとして保存する前に 名前を付けておくと、ファイルの識別に役 立ちます。

以下の文字を使用できます。

数字、アルファベット、特殊文字(!、#、

$、%、&、'、(、)、*、+、,、-、.、/、:、;、

<、=、>、?、@、〔、\、〕、~) ご注意

ピクチャープロファイル名に使用できる文字は数 字、アルファベット、- (ハイフン) 、_(アン ダーバー)、およびスペースです。

1

OTHERSメニューのCamera Data>File IDを選択する。

Userファイルの場合はOTHERSメニュー のUser Data > File IDを選択します。

撮影 ピクチャープロファイルの場合は

PICTURE PROFILEメニューのProfile Nameを選択します。

2

ジョグダイヤルを回す、または上/下 ボタンを押して文字を選択し、ジョ グダイヤルまたはSET/SELボタンを 押す。

3

手順2を繰り返す。

4

文字の入力が終了したら、ジョグダ イヤルまたはSET/SELボタンを押し てカーソルをSETに合わせ、再度 ジョグダイヤルまたはSET/SELボタ ンを押す。

設定した名前が表示されます。セット アップファイルを保存する操作(58 ページ)を行うと、この名前でデータ が保存されます。

ファイルを呼び出す

ご注意

SxSメモリーカードまたはUSBメモリー(UDF、

exFATモード時)からファイルを呼び出すと、本 機内部に保存されているデータは上書きされます。

1

ファイルを保存したメディアを準備す る。

SxSメモリーカードを使用する ファイルを保存したSxSメモリーカード をカードスロットに入れます。

入れたスロットに対応するSxSメモリー カードアイコンが画面に表示されるこ とを確認してください。

もう1枚のSxSメモリーカードが選択さ れている場合は、SLOT SELECTボタン で切り換えてください。

USBメモリーを使用する

ファイルを保存したUSB メモリーを外 部機器接続端子に接続します。

2

セットアップファイルの場合は、

OTHERSメニューのCamera Data

(140ページ)を選択する。

Userファイルの場合は、OTHERSメ ニューのUser Data(140ページ)を選 択します。

ピクチャープロファイルの場合は、

PICTURE PROFILEメニューのPP Data

(56ページ)を選択します。

3

セットアップファイルの場合は、

Camera Data > Recall(SxS)、また はRecall(USB)を選択する。

Userファイルの場合は、User Data >

Recall(SxS)、またはRecall(USB)を選 択します。

ピクチャープロファイルの場合は、PP Data > Recall(SxS)、または

Recall(USB)を選択します。

ファイルのリストボックスが表示され ます。

ファイルが保存されていないファイル 番号には、「No File」と表示されます。

すでにデータが保存されているファイ ル番号には、日付、時刻やファイル名 が表示されます。

4

呼び出しするファイル番号を選択し、

ジョグダイヤルまたはSET/SELボタ ンを押す。

実行待ちメッセージが表示されます。

ご注意

選択したファイルに再起動を必要とする設定 変更が含まれていた場合は、再起動を許可す るかどうかの確認メッセージが表示されま す。

5

呼び出しを実行するときは、

Executeを選択し、ジョグダイヤル またはSET/SELボタンを押す。

呼び出しを中止するときは、Cancel を選択し、ジョグダイヤルまたは SET/SELボタンを押す。

呼び出しを実行すると画面に実行中 メッセージが表示され、終了すると完 了メッセージに変わり、セットアップ ファイルに従って本機の設定が変更さ れます。

ご注意

読み出し可能なメディアがない場合や、メディア に該当のファイルがない場合はエラーメッセージ が表示されます。

ドキュメント内 PXW-X200 (Page 56-64)