トップPDF project 4a1a 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 project 4a1a

project 4a1a 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区 project 4a1a

project 4a1a 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 project 4a1a

学ぶ質的研究 歯薬出 株式会社 (Richards, L. Thousand Oaks, Sage publications.).[r]

4 さらに読み込む

seminar urano 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

seminar urano 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

• 実証研究で扱う要因は、(先行研究、文献研究段階で)理論的に議論された もののみが好ましい。「性別」や「上位群、下位群」などを要因に入れる研究 があるが、本当にそれらを含める必要があるかが議論されていない場合が多い。 研究で扱う要因については、原則的にはその全て正当性をあらかじめ議論す る必要がある。ただし仮説生成型質的研究(後述)では、データ収集過程で 必要に応じて修正を行う。

6 さらに読み込む

symposium hiromori 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

symposium hiromori 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

Unit Theme (Can-Do) Useful Language Prewriting Guided Writing Proofreading 項 目 番 号 難 易 度 1 Introducing the area one lives in Verb tense (present), capitalization, punctuation Focused freewriting Creating topic sentences Present tense,

24 さらに読み込む

(light) 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区 (light)

(light) 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 (light)

課題別研究プロジェクト発表 15:30 ~ 17:30 第1会場「英語学習者自律と動機づけを促進する理論と実践」 研修室1 (4F) 司会者:佐久正秀(大阪信愛女学院短期大学) 提案者:犬塚章夫(愛知県刈谷市立小垣江小学校) 河田浩一(愛知県立熱田高等学校) 佐久正秀(大阪信愛女学院短期大学) 塩谷三徳(沼津工業高等専門学校) 髙木亜希子(青山学院大学) 中嶋愛美(元中学校教員)

8 さらに読み込む

paper watari 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

paper watari 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

・ 大西泰斗 イ 2011 . 一億人 英文法 東京 東進 ・ Robinson, Peter (2001). “Task Complexity, Task Difficulty, and Task Production: Exploring interactions in a componential framework.” Applied Linguistics 22(1): 27-57. ・ ____ (2007). “Criteria for Classifying and Sequencing Pedagogic Tasks.” In García Mayo, María del Pilar (ed.). Investigating Tasks in Formal Language Learning. Clevedon: Multilingual Matters. pp. 7-26.

9 さらに読み込む

CELES 12 Flyer2 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

CELES 12 Flyer2 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

1.「よい研究」条件と種類 浦野 研 (北海学園大学)  英語教育に関わる研究を行うとき、まずはその研究を何た めに行うかを明確にする必要がある。その上で、その目的を 達成するために適切な研究課題を設定し、さらにその課題に対 して適切な研究手法を選択、決定することが重要である。本発 表では、特に実証研究(何らかのデータ・情報を集めることに よって研究課題に対して答えを導き出す研究)を中心に取り上 げ、英語教育研究文脈における「よい研究」条件について 具体例を交えながら提案する。同時に、研究種類として考え られる主な手法を紹介し、研究立案段階で研究課題にふさわ しい研究手法選び方についても議論したい。
さらに見せる

4 さらに読み込む

paper watari slides 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区 paper watari slides

paper watari slides 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区 paper watari slides

2. 概念整理 2-2. 文法指導位置づけ • 理論的・実証的研究蓄積は膨大な量にのぼ る;学習に何らかの有効性を持つことは多く 研究によって支持されているが,文法指導 占める位置については依然として様々な立 場が存在

31 さらに読み込む

project 4a2 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

project 4a2 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

o   知とは •   理論 (theories)  モデル (models)  仮説 (hypotheses) 等々 (e.g., VanPatten & Williams, 2007) •   “… a theory is a set of statements about natural phenomena that explains why these phenomena occur the way they do” (p. 2) •   “A model describes processes or sets of processes of a

26 さらに読み込む

project 2 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

project 2 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

A practical guide. Chichester, West Sussex: Wiley-Blackwell. • 松川禮子(1991)「『これから英語教育学はいかにあるべきか』本学会における研究レビューと展 望」『中部地区英語教育学会』20: 159-163. • Seliger, H. W., & Shohamy, E. (1989). Second language research methods. Oxford: Oxford

26 さらに読み込む

project 1 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

project 1 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

第 42 回中部地区英語教育学会 岐阜大会 2012 年 6 月 30 日 課題別研究プロジェクト③ 英語教育研究法過去・現在・未来 浦野 研(北海学園大学) 酒井 英樹(信州大学) 髙木 亜希子(青山学院大学) 田中 武夫(山梨大学) 藤田 卓郎(福井県立坂井農業高校) 本田 勝久(千葉大学) 亘理 陽一(静岡大学) 発表資料およびその他補足情報はウェブ上にも公開します。以下 URL をご利用ください。
さらに見せる

2 さらに読み込む

最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

Using discourse analysis to inspire task design in ESP MULLER Theron 富山大学 There are an increasing number of discipline-specific discourse analysis fields emerging which concentrate primarily on critical analysis of professional dialog in order to inform practice in English speaking countries, such as the discipline of doctor-patient discourse analysis. Such investigations offer a rich source for inspiring task work in the language classroom using extracts of authentic language for both language skills work and meaning-focused communication work, yet how language teachers can successfully transform a discourse analysis-based research article into a classroom task suitable for and compatible with Japanese learners of English is not clear. This presentation addresses this problem through sharing several such adapted tasks and how they were transformed from the journal articles they were based on into classroom task activities. Where appropriate, student reactions to and reflections on the activities will also be shared, along with samples of student task production. Based on the presenter’s experience of developing such tasks for his ESP classroom, principles concerning such task design will be summarized. Participants should expect to gain insight and tools to assist them in creating their own adapted tasks for their ESP and general English courses based on published discourse analysis research.
さらに見せる

51 さらに読み込む

paper imai 最近の更新履歴  中部地区英語教育学会 岐阜地区

paper imai 最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

----------- ( 2011 ) 「有界性と均質性概念から動詞二つ用法を考察する ― 母語話者アンケート に基づく事例研究 ― 」安武知子・小泉直・川岸貴子・今井隆夫・内田政一編『ことばとコ ミュニケーションフォーラム』 pp.52-62. 東京:開拓社 今井隆夫・宮浦国江( 2011 ) 『認知言語学と英語学習 / 教育』日本認知言語学会セミナー 講 義 資料 :

4 さらに読み込む

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << "a = " << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >>

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << "a = " << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >>

return 0; } ソース 1-29 においてはじめに注目するは、APPLE や ORANG クラス定義後についている「 : public FRUIT 」 である。これはは「このクラスは FRUIT クラスを継承している」ということを意味している。つぎに注目するはコン ストラクタあとについている「 : FRUIT( ”名前” ) 」である。これは「継承したクラスコンストラクタを呼び出す 前にスーパークラスコンストラクタを呼び出す」ということを意味している。最後に注目するは apple.show name() と orange.show name() である。このようにサブクラスはスーパークラスメンバ変数やメンバ関数を文字どおり「継承」 して用いることが出来る。
さらに見せる

32 さらに読み込む

第36回中部地区英語教育学会 和歌山大会

第36回中部地区英語教育学会 和歌山大会

質的研究代表的な5つ手法 Narrative research, Phenomenology, Grounded theory, Ethnography, Case Studies 方法論と研究手順について、比較しながら解説している。どの手法を用いるべきか迷 っている人にお勧め。 Frankel, J. R., & Wallen, N. E. (2008). How to design and evaluate research in education. NY: McGraw-Hill Higher Education.

12 さらに読み込む

第36回中部地区英語教育学会 和歌山大会

第36回中部地区英語教育学会 和歌山大会

統計 web/統計 tips を活用→必要なサンプルサイズ計算 母比率区間推定'無限母集団(場合 http://software.ssri.co.jp/statweb2/cgi-bin/tips_1.cgi 無限母集団から抽出したサンプル中である条件を満たす対象比率'サンプル比率(が母集団それと 近い値であって欲しい場合、サンプル比率がある程度誤差範囲内で収まるために必要なサンプルサイ ズを、誤差、信頼度、母比率を指定することで求めることができる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

OE05a 最近の更新履歴  OE07 ITILV3活用研究会

OE05a 最近の更新履歴 OE07 ITILV3活用研究会

的キヴニケ改善 CS同 タプンエンキ゜ェャ 考え方 基 い いる タプンエン キ゜ェャ 計画 度ホa点 実行 D為 評価 Cプピヒペ 改善 グヒt ィ 活動を 的 実 施 る 製品やキヴニケ 業務 品質を維持 向 い いう考え方 ある 一般 的 度DCグ キ゜ェャ 呼 れる

19 さらに読み込む

Komori2016a 最近の更新履歴  岩手大学農学部植物生命科学科

Komori2016a 最近の更新履歴 岩手大学農学部植物生命科学科

Chunfen Zhang, Sota Sato, Tatsuro Tsukuni, Mamoru Sato, Hatsuhiko Okada, Toshiya Yamamoto, Masato Wada, Shogo Matsumoto, Nobuyuki Yoshikawa, Naozumi Mimida, Kaori Takagishi, Manabu Wat[r]

1 さらに読み込む

Isogai2016a 最近の更新履歴  岩手大学農学部植物生命科学科

Isogai2016a 最近の更新履歴 岩手大学農学部植物生命科学科

を解析す すべ 罹病樹 ブ ベ モザイク随伴ウイ ス 検出 さ ました さ モザイク病徴 出現し い 葉方 病徴 出現し い い葉 ウイ ス濃度 高いこ を明 しました こ っ ブ ベ モザイク病 ブ ベ モザイク随伴ウイ ス っ 引 起こさ

1 さらに読み込む

Uemura2016a 最近の更新履歴  岩手大学農学部植物生命科学科

Uemura2016a 最近の更新履歴 岩手大学農学部植物生命科学科

Lipid profiles of detergent resistant fractions of the plasma membrane in oat and rye in association with cold acclimation and freezing tolerance.[r]

1 さらに読み込む

OW03a 最近の更新履歴  OE07 ITILV3活用研究会

OW03a 最近の更新履歴 OE07 ITILV3活用研究会

導入目的 に立ち返って考えることが必要となる。そしてプロジェクト初期段階で目的が曖昧であると 判断される場合は、目的を明確化するため時間を割くべきである。 また、どの企業にも上下関係強さや組織間パワーバランスなど、企業ごと事情があり中々 話が纏まらない場合が多い。 しかし議論を重ねていくと現実的な共通認識は出てくるはずである。 例えば、 「会社方針だから・・・」 、 「今年度事業目標は・・・」 、 「経営層意向は・・・」な どのようにサービス戦略(サービス・ストラテジ)基本的なところに行きつくはずである。そ してそのために提供しなければいけない IT サービスで努力目標値 (レスポンスや情報量に対す るキャパシティ)とそれを実現するためにどこに資源(人、モノ、金)を投入していくかに繋が っていく。 これは初期段階でサービス・デザインようにも取れる。どの企業においても ITIL
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 10000 documents...