トップPDF poster 20090925 最近の更新履歴 SFJ

poster 20090925 最近の更新履歴  SFJ

poster 20090925 最近の更新履歴 SFJ

国道246号線 長津田門 岡部門  21世紀を迎えまもなく10年になろうとしている世界はいま、不安とゆらぎ中に あると言えましょう。それは、政治・経済・社会・文化・教育・産業など、あらゆ る人間活動情報化とそのグローバリゼーションすなわち世界規模化に基づいた急 速な「変化」に伴って、知識社会における「知識成立条件」自体ゆらぎが無視 できなくなってきたため、これまでように、個人や組織が取るべき行動を的確に 設計することが困難になってきていることと密接に関係していると見られます。  しかし一方で、数百万年生存し続けてきた本来人類は、自然と人間社会ゆら ぎの中で、祖先が遺した経験則を伝承し、困難には知恵と感性を作動させて挑戦 し、創造を為して生き残ってきたことも厳然とした事実であります。
さらに見せる

1 さらに読み込む

最近の更新履歴  SFJ

最近の更新履歴 SFJ

(090- 7794- 0267) まで予め申し込んでください。 セミナー概要 (資料を用意します) 「 フラクチュオマティクス:f l uc t uom at i c s 」とは、 「f l uc t uat i on」と「i nf or m at i c s 」 を合体したことばであり、文字通りには「ゆらぎ情報学」 、内容は「ゆらぎ科学と 技術」という意味を持っています。すなわち、フラクチュオマティクスは、ゆらぎ計 測、解析、解釈という情報学手法を媒介し、科学と技術を接着して一体化し、予測や 発見、創造を先導する魅力的な学問分野となっています。セミナーは、下記目次に従 って行われます。 【山本光璋・鷹野致和「ゆらぎ科学と技術−フラクチュオマティク ス入門」 (東北大学出版会発行、2004)よ
さらに見せる

1 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

Mountain Stream は山から川をつたって海に流れていく、というウォ ーターフォール的な基盤はありますが、滝と違い、川はいくつかコン トロール可能な面があります。上記点を踏まえて、管理可能なウォータ ーフォールではなく、制御可能なウォーターフォールを整理します。

5 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

とめておこうというが、知働化研究誌編纂意義です。 この研究誌は、今後各メンバ、知働化研究会検討や活動ベースラインとして 活用できるでしょうし、このようにまとまった書き物にすることによって、社会的な インパクトも与えることもできると思います。ともかく「書いたものしか残らない」

7 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

題 「是(ぜ)」と「頁(けつ)」とを組合わせた形。 「頁」は頭に儀礼用帽子をつけて拝んで いる人姿。「是」は「匙(さじ)」形で、上 部すくう杓(しゃく)部分が人顔でい えば「額(ひたい)」にあり、「あたま、かし ら」意味に用いる。ある事柄で中心とな る主題。芸術作品中心となる思想内容、 テーマ。

27 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

研究成果や過去 の評判に応じて 講演の内容を変 える. 窓口で顧客と話し[r]

19 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

事業概要  さまざまな知識を整理し、誰もが分かるように表現するため技術として、オントロジーというものがあります。われ われは、病院医療手順書であるクリニカルパスとオントロジー技術を組み合わせ、これまで明確でなかった医療 目的など知識を明らかにするとともに、オントロジーに基づくクリニカルパスモデリングツールを開発し、実際電 子カルテにこれらを組み込んで病院診療に活用し、医療向上や安全向上、さらには優れた知識スタッフ 間共有・循環を目指した適用実証研究を行います。
さらに見せる

30 さらに読み込む

最近の更新履歴  exektlab

最近の更新履歴 exektlab

神話候補 (2/2) •  資産を活用すれば生産性はあがる   •  人間は間違うが機械は間違いを起こさない   •  デファクトスタンダードやグローバルスタンダードに従えば間違いはない   •  プラクティスを実践すれば上手くいく  

9 さらに読み込む

最近の更新履歴  epubcafé

最近の更新履歴 epubcafé

eBook Initiative Japan Co., Ltd.[r]

64 さらに読み込む

最近の更新履歴  epubcafé

最近の更新履歴 epubcafé

1 死ぬまで寝たきりにならないため16運動と14生活習慣    210 2 他人に言えない私たち性 女性800人セキララ白書    131 3 つまずくエリート 東大生が悩む「発達障害」          79 4 「中国抜き」でも日本は生きていけるこれだけ理由        67 5 ヒトラー贈り物 Uボート日本来航記          56 6 なんちゃって鬱 オフィスで増殖する新症例          42 7 死刑囚は見た 意外すぎる世界「罪と罰」          40 8 この差はいったい何なか? 「貧困女子」と「富裕女子」      38 9 「のぞみ」がスピードを捨てた理由 屈辱「名古屋飛ばし」から20年    37 10  デジタル危機ドミノが止まらない シャープ・パナ・ソニー次は?    35
さらに見せる

21 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Previous cases of intergroup attacks on an unknown female with an infant (usually a mother–infant pair) from a neighboring group may be classified into two types, according to whether th[r]

6 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Previously, only one study (Yerkes) observed quantifiable evidence of consolation following aggres- sion (de Waal and Aureli 1996); conversely, Arnold and Whiten (2001) reported its absen[r]

9 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

However, when subordinates initiated grooming, the dominant female reciprocated grooming with subordinate females less frequently than with subordinate males, and the probability of groo[r]

10 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

2 Changes in the submission frequency of each subordinate (the number of times subordinate females behaved submissively toward the dominant female divided by the number of times that eac[r]

8 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Aggression had a negative effect on the social relationship between opponents because of an elevated probability of aggression occurrence and an increased time interval until the first no[r]

13 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

The duration of grooming performed by dominant males was affected by the status of the grooming partner and group size ( Table 1 ); dominant males groomed dominant females for longer dur[r]

9 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Of 37 cases of polyadic ag- gressive interactions, none involved 3 males or male-male coalitions attack- ing adult females; the absolute number of dyadic and polyadic (male-male coalitio[r]

26 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Tension reduction hypothesis: If greetings function to regulate intra- group tension, 1) they should occur after acts of aggression, and should not necessarily involve participants in fo[r]

21 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Results involving the number of males were consistent when analyzing the comparative data with different measures of mating skew, in phylogenetic and nonphylogenetic tests, and when usin[r]

12 さらに読み込む

最近の更新履歴  nkutsukake

最近の更新履歴 nkutsukake

Following the relationship repair hypothesis, we predicted that (1) victims suffer increased rates of aggression in the post-conflict period, and (2) the risk of suffering further aggres[r]

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...