トップPDF biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ④解糖系は、簡単にいえば6炭糖を2分子3炭糖(ピルビン酸)に分割 する過程であること、その過程で1分子から2分子 ATP と2分子 NADH を生じることを解説する。ピルビン酸をこれからどう処理することに なるかについて概略を説明する。解糖系調節について、フルクトー ス 2,6- ビスリン酸などはたらきを解説する。

53 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.5.1 ) 1.炭水化物は最終的にどこでどのようにして単糖にまで分解されるか。 2.小腸粘膜上皮が単糖を吸収するしくみについて説明せよ。 3.乳糖不耐症原因、発症誘引、ならびに症状について説明せよ。 4.細胞は何によってグルコースを取り込むか。

1 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

モノ オキシゲナーゼ:   酸素分子から 原子1 個を基質に与え、 水酸基をつく る。 も う 1 個原子で水を作る。 チト ク ローム P450 モノ オキシゲナーゼサイ ク ル ヘム( 鉄イ オンと 構

35 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

炭素長4 ∼1 0 脂肪酸: 牛乳に多く 含まれる 炭素数: 二重結合数( 位置) 細胞膜を構成する脂質やト リ アシルグリ セロール を構成する脂肪酸長さ は原則と し て1 6 ( 個 炭素) 以上

55 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

④グリ コ ーゲンシンタ ーゼによるα (1 → 4) グリ コ シド 結合による鎖延長 ④ ⑤ ⑤分岐酵素( 4:6 ト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ) によっ て鎖末端が鎖途中にα (1 → 6) 結合さ れる ④

36 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 腎尿細管にはたら き、 Na+ 再吸収を促進、 K+ 再吸収を抑制 • アンド ロゲン – 副腎皮質網状層( 内層) から 分泌 – 末梢組織でテスト ステロンまたはエスト ロゲンに変換さ れる

52 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– A.   グルコ ース乳酸へ変換には酵素が必要である – B.   ヘキソ キナーゼは肝臓におけるグルコ ース代謝にお いて、 糖質を含む食餌をと っ たあと 吸収期において重 要な役割をはたす

43 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

肝臓へアンモニア輸送 (2) 筋では、 グルタ ミ ン酸デヒ ド ロゲナーゼでアンモニアと α - ケト グ ルタ ル酸から グルタ ミ ン酸を作り 、 さ ら にアラ ニンアミ ノ ト ラ ンス フ ェ ラ ーゼでピルビン酸と 反応さ せてアラ ニンをつく る

63 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 例: 葉酸類似物質 – 葉酸代謝を阻害→プリ ン生成を阻害 – メ ト ト レキセート : がん細胞成長をコ ント ロール – ト リ メ ト プリ ム: 細菌ジヒ ド ロ葉酸リ ダク タ ーゼを

69 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

2 型糖尿病: 慢性的経過 高血糖を是正するほど、 合併症 頻度が低く なる 左図( 図2 5 . 1 1 ) は、 高血糖 改善結果 HbA1c が低下すると 、 網膜症発症が低下するこ と を 示し ている。

26 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.7.10 ) 1.1型糖尿病と2型糖尿病類似点と違いを述べよ。 2.ケトアシドーシスとは何か。1型糖尿病と2型糖尿病どちらで起こりやすいか。 3.糖尿病における高脂血症(高リポタンパク血症)主な原因は何か。どのようなリポ タンパク質が増えるか。

1 さらに読み込む

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

飽和脂肪酸 • 種類によって、血中コレステロール値を上げ るはたらきが違う – 炭素数14(ミリスチル酸)、16(パルミチン酸) 脂肪酸が、最も血漿コレステロール上昇効果が ある。

43 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

6.ガラクトースとグルコースように、特定ひとつ炭素まわり立体的な配置が 異なるものどうしを何というか?また、2個以上炭素まわり立体的な配置が異なる が、鏡像関係でないものどうしを何というか? 7. D- グルコースと L- グルコースように、立体構造が鏡像関係にあり、しかも重ね合 わせることができないものどうしを何というか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

7.カルシウムイオンがピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体を活性化するしくみを答えよ。 8.α-ケトグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体調節について答えよ。 9. TCA サイクル調節において、エネルギー物質充足・不足はどのような方法で調節 に反映されているか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎生化学 復習資料 (第1回 生体内エネルギー産生 2012/04/10 ) 1.イラストレイテッド生化学第6章「生体エネルギー学と酸化的リン酸化」をよく読み、 次に示す生体内エネルギー産生と利用について文章に対して、空欄にあてはまる言 葉を答えよ。

1 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.インスリンならびに C ペプチド血中半減期はそれぞれどの程度か。 5.インスリン分泌を促進または抑制するものを挙げよ。 6.代謝へインスリン効果を簡潔に説明せよ。 7.インスリンレセプターはどのようにして刺激を細胞内部に伝えるか。 8.細胞へインスリン作用について説明せよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.06.05) 1. NADPH 主な役割について説明せよ。それら機能はどの器官と関係があるか? 2. NADPH は過酸化水素処理においてどのように使われるか? 3.チトクローム P450 モノオキシゲナーゼはたらきについて説明せよ。 4.白血球による食作用について説明せよ。

1 さらに読み込む

biochem 110406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• エンタルピー:反応中に放出または吸収される熱 • エントロピー:乱雑さ目安 • 原子間結合力がエネルギー源 – 電子は原子間腕としてしばしば描かれる。実際には電子所在: 軌道(原子軌道、分子軌道)どこか

26 さらに読み込む

Show all 10000 documents...