トップPDF E in QM 最近の更新履歴 物理学ノート

E in QM 最近の更新履歴  物理学ノート

E in QM 最近の更新履歴 物理学ノート

m 問題 9. 長岡− E. Rutherford 水素原子模型について考える。以下,陽子質量を M ,電 子質量を m ,真空誘電率を ε 0 ,電気素量を e とする。 9-1. 静止した陽子を中心として,クーロン力によって電子が半径 r ,速さ v で等速円運動 している *7 。この系全エネルギー E および円運動加速度 rω 2 ,角速度 ω を r 関数と してグラフで表わせ。 E 減少に伴って, r や rω 2 ,角速度 ω がどのように変化するか説 明せよ。
さらに見せる

24 さらに読み込む

E in SM 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM 最近の更新履歴 物理学ノート

許される量子状態 マクロに見たエネルギーが U である状況を再現するミクロな量子状態集まり。エネルギーが, U まわり微小幅範囲内に入る全てエネルギー固有状態とその線形結合(重ね合わせ)を許される量子状態 と呼ぶ。 マクロな系基本的な性質 マクロな量子系では,ある平衡状態に対して許される量子状態ほとんど全てが(マク ロな物理測定で比較する限り)区別できない。言い換えると,「許される量子状態」圧倒的大多数が,マクロ に見ればそっくりである。この大多数そっくりな状態を「典型的状態」と呼ぶ。
さらに見せる

39 さらに読み込む

E in TDExam2016 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in TDExam2016 ans

E in TDExam2016 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in TDExam2016 ans

圧力 P(T; V, N ) 変化,すなわち状態方程式情報を 含んでいない。状態方程式セットになってはじめて U (T; V, N ) 系熱力学的性質を完全に指定できる。つ まり U (T ; V, N ) だけでは,系熱力学的全情報を保有

2 さらに読み込む

E in Me05 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me05 ans

E in Me05 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me05 ans

t 1 = 0 解は出発時に対応する。またそのとき速 度は (4.10) より v 1 = v y (t 1 ) = −v 0 . (4.16) つまり打ち上げ時と落下時では速度向きは逆だが その速さは同じである。また t 1 = 2t h なので打ち上 げから落下まで中間時刻で最高点に達する。 21-7. v y (t) と y(t) を t 関数としてグラフで表せ。

7 さらに読み込む

E in Me06 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me06 ans

E in Me06 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me06 ans

= LT − 1 . (5.31) 25-3. 運動方程式を書け。ついでに下降時終端速度 v ∞ を運動方程式だけから求めてみよう。 【解答】質点に働く力は重力と空気抵抗である。空気抵抗は、上昇中には下向き,下降中には上向きに働く。

10 さらに読み込む

E in SMExam2016 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in SMExam2016 ans

E in SMExam2016 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in SMExam2016 ans

βℏω ≪ 1 なので第 1 項より第 2 項がはるかに大きい。 そのため,上で . . . と記したテイラー展開高次項 に第 1 項と同程度大きさ項が現れる可能性がある。 実際この例では次に − 1

3 さらに読み込む

E in Me04 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me04 ans

E in Me04 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me04 ans

20 3 運動方程式 b > 0 ならば g + b > g なので,両質点にとって実質的な重力加速度が大きくなったと感じる。これはエレ ベーターが上昇し始める瞬間感覚と同じ。他方 b < 0 ならば g + b < g となり,重力加速度加速度が小さく なったと感じる。同じくエレベーターが下降し始める瞬間感覚である。 b = −g すなわち滑車が自由落下す るとき, a = 0 となり滑車に対する加速度は 0 になる

5 さらに読み込む

E in Me03 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me03 ans

E in Me03 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me03 ans

2.5 外積を用いる計算例 15 特に P が地面に接するは ωt = 2nπ 時で,その瞬間速度 v A は v A = Rω(1 − cos 2nπ, sin 2nπ) = (0, 0) = 0. (2.72) 地 面 に 接 す る 瞬 間 , P は 静 止 し て い る 。こ れ は 車 輪 が 滑 ら な い こ と を 意 味 す る 。車 輪 平 行 移 動 速 度 r ˙ 0 = (v, 0) と 回 転 運 動 に よ る 速 度 r ˙ A ′ = (−v, 0) 合 成 で あ る 。一 方 P が 車 輪 頂 上 B に あ る 時 , ωt = (2n + 1)π より,その瞬間速度 v B は
さらに見せる

3 さらに読み込む

IWFBCA in onv1 最近の更新履歴  GCOEアジア保全生態学 IWFBCA in onv1

IWFBCA in onv1 最近の更新履歴 GCOEアジア保全生態学 IWFBCA in onv1

4 Lake Biwa Environmental Research Institute, Yanagasaki 5-34, Otsu, Shiga 520-0022 Japan While freshwater ecosystems provide ecosystem services essential to human well-being, such as provisioning of water and fishery resources, they are the most vulnerable to human disturbances and have been concerned about their biodiversity loss. We focus on the ancient Lake Biwa because it has been exposed to various severe anthropogenic environmental changes during the last half century though its high biodiversity and endemism. Various past environmental and biota data of the Lake Biwa are recorded during the period of progressing ecosystem deterioration. We can trace back changes in biodiversity and identify human drivers and environmental pressures for the biodiversity loss. This knowledge would provide many insights for conservation of biodiversity not only for the Lake Biwa but also for Asian lake ecosystems. In this study, we focus on a littoral benthic macro-invertebrate fauna because its habitats, located in the interface between aquatic and terrestrial ecosystems, are the most vulnerable to human activities. The archival data revealed that there was a significant trend for the littoral zoobenthos diversity to steadily decrease as time elapsed, especially in shallower area and that the temporal pattern of abundance was quite different among taxa. We found that community structure of the littoral benthic macro-invertebrate was largely affected by environmental factors associated with problems occurred in the Lake Biwa: e.g. eutrophication, warming and massive submerged macrophyte stand. In this talk, we will also introduce other current outcomes and future perspectives for establishing plan of conservation for the biodiversity of lake ecosystems.
さらに見せる

28 さらに読み込む

E in MeExam2009 最近の更新履歴  物理学ノート E in MeExam2009

E in MeExam2009 最近の更新履歴 物理学ノート E in MeExam2009

✎ この平面が xy 平面になるように座標系を選べ。 7-4. 同様に角運動量が保存する場合、質点速度 z 成分 v z が 0 になることを示せ。 7-5. 右図ように、時刻 t で r にあった質点 m が、時刻 (t + t) に r + r に進んだ。時刻 t で速度を v として面積速度を求めよ。

2 さらに読み込む

E in Me 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me 最近の更新履歴 物理学ノート

1. 直線上ある点 A 位置ベクトル a に,直線と平行なベクトル d 定数倍を加える。 2. 原点から直線に降ろした垂線足を H , H 位置ベクトルを h とする。 P と H を結ぶ線は, h と直 交する。 3. 直線同一でない 2 つ点 S, T 位置ベクトルをそれぞれ s, t とする。 P は線分 ST を適当に 内分または外分した点である。

38 さらに読み込む

E in SM01 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM01 最近の更新履歴 物理学ノート

i=1 p i χ i [A] (1.5) が事象 A が生じる確率である。 確率物理的な意味に関する基本的な仮定 ある事象 A が起きる確率が極めて 1 に近い場合,実際問題とし て事象 A が確実に起きると考えられる。以下, 「実際問題としては確実」という状況を「ほぼ確実に」と表現 する。加えて, 『ある事象 A が起きる確率 Prob p [A] が極めて 1 に近いなら,一度観測において事象 A はほ ぼ確実に起きる。逆に,確率 Prob p [A] が極めて小さいなら,一度観測において事象 A はほぼ確実に起きな い』と仮定する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

E in SM04 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM04 最近の更新履歴 物理学ノート

問題 24. 一様重力下にある理想気体平衡状態を古典近似もとで調べる。位置座標を r = (x, y, z) とし, 0 ≤ x ≤ L, 0 ≤ y ≤ L, 0 ≤ z ≤ H (4.18) を満たす体積 V = L 2 H 箱に閉じ込められた質量 m 単原子分子を考える。それぞれ粒子間に相互作用 はなく,ポテンシャル

5 さらに読み込む

E in Me05 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me05 最近の更新履歴 物理学ノート

*2 長さ L ,質量 M ,時間 T ,電荷 Q ,温度 Θ を基本量と考えることで,全て物理量は基本量組み立て単位として表すことがで きる。 SI 単位系における基本量単位はそれぞれ m , kg , s , C , K である。ただし SI 単位系基本単位には,電荷でなく電流 A が採用されている。電流次元は CT −

2 さらに読み込む

E in SM02 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM02 最近の更新履歴 物理学ノート

今,ある量子系エネルギー固有値問題が完全に解けたとする。すなわち ˆ H ϕ i = E i ϕ i (2.2) を満たす全て ϕ i と E i が得られた事になる。ここで i = 1, 2, · · · は,エネルギー低い順序に定める :

4 さらに読み込む

E in Me06 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me06 最近の更新履歴 物理学ノート

3-8. この質点が等速運動になる条件およびその終端速度 v ∞ を求めよ。 3-9. 速度 v y (t) をグラフで表せ。 3-10. 下降中高さ y(t) が下ように表されることを確かめよ。 y (t) = − 1 κ log

2 さらに読み込む

J161 e JETTA 2012 最近の更新履歴  Hideo Fujiwara J161 e JETTA 2012

J161 e JETTA 2012 最近の更新履歴 Hideo Fujiwara J161 e JETTA 2012

Table 3 shows experiments reporting the time spent by dif- ferent stages of the constraint-driven untestability identification flow developed in this paper. As explained in the Introduc- tion, not all the modules (multiplexers F M and functional units F U ) in the RTL designs are affected by sequential untestability. Our method identified one module from gcd, three modules from mult8x8 and two modules from diffeq that had testability problems. Thus, only the above- mentioned six modules were considered in the hierarchical untestability proof by the constraint-driven logic-level ATPG. As it can be seen from the Table, the extraction of test path constraints required up to 1 min of run time. As discussed in Section 5 the constraint minimization step is very much de- pendent on the time-step bound. In the case of ADD2 the time- step bound k is 7 and the time for minimizing the constraints is accordingly more than 4,000 s. The test environment synthesis Table 4 Constraint-driven top-
さらに見せる

11 さらに読み込む

aid2 e 最近の更新履歴  修学院小学校国際ボランティア

aid2 e 最近の更新履歴 修学院小学校国際ボランティア

(the page with seals of the Mayor of Kyoto City and the prefectural governor)] OR + a certificate of safe+ keeping of the above+mentioned certificate.. A life style is unstable due to [r]

4 さらに読み込む

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

1935: un anno difficile per le relazioni nippo-italiane, ma fecondo per lo scambio letterario Andremo a indagare quell’anno teso e intenso in cui, mentre i rapporti tra Italia e Giappone subivano una brusca involuzione per via della Guerra d’Etiopia, l’uscita di tre antologie poetiche ravvivava lo scambio intellettuale fra i due paesi: Poesie giapponesi d’oggi di Lionello Fiumi e Kuni Matsuo, Vento di Greco. Le poesie tradotte d’Itaia di Hayato Kumabe, Venti e ombre. Antologia della poesia moderna italiana di Eisai Akiyoshi (Akira Tsubouchi).

1 さらに読み込む

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

Una svolta nella storia della messa in scena. Masakazu Kikuchi (Università di Osaka)[r]

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題