1 利用環境設定 1 利用環境設定 PCdesk(DL 版 ) を利用するパソコンの動作環境を確認し 利用環境を整えます ここでは PCdesk(DL 版 ) を起動するまでの準備やバージョンアップについて説明します 1.1 PCdesk(DL 版 ) の利用準備をする PCdesk(DL 版 )

20  Download (0)

Full text

(1)

1-1

1 利用環境設定

PCdesk(DL 版)を利用するパソコンの動作環境を確認し、利用環境を整えます。

ここでは、PCdesk(DL 版)を起動するまでの準備やバージョンアップについて説明します。

1.1 PCdesk(DL 版)の利用準備をする

PCdesk(DL 版)を利用できるよう、お使いのパソコンの環境を整えます。

PCdesk(DL 版)を利用するためのパソコンの動作環境を確認し、

必要に応じて設定します。

「1.1.1 動作環境を確認・設定する」

PCdesk(DL 版)をパソコンにインストールします。

「1.1.2 PCdesk(DL版)をインストールする」

新しい機能が追加された場合や、新しい帳票が追加された場合等 にバージョンアップします。

「1.2 PCdesk(DL版)をバージョンアップする」

動作環境を確認・設定する

PCdesk(DL 版)を インストールする

PCdesk(DL 版)を

バージョンアップする

(2)

1-2

1.1.1 動作環境を確認・設定する

PCdesk(DL 版)を利用するためのパソコンの動作環境を確認し、必要に応じて設定を変更します。

(1)動作環境を確認する

PCdesk(DL 版)では、自宅やオフィスのパソコンからインターネットを介して、eLTAX の受付窓口であるポ

ータルセンタとデータのやり取りを行います。

「ポータルセンタ」の説明は、以下の参照先の用語説明をご確認ください。

「12 【付録】用語説明」

ご利用にあたっては、インターネットが利用できる環境が必要です。(高速回線を使用することを推奨しま す。)

PCdesk(DL 版)のご利用においては、以下のオペレーティングシステム(OS)及び Web ブラウザの環境を

推奨します。

ハードウェア

CPU 1GHz以上

メモリ オペレーティングシステム(OS)のbit数に応じて、以下のメモリを 推奨しています。

・32bitの場合 1GB以上

・64bitの場合 2GB以上 ハードディスクドライブ(HDD) 1GB以上の空き領域 画像解像度 1,024×768以上 画面表示色 65,536色以上 ソフトウェア

オペレーティングシステム(OS) 以下のいずれかのOSを推奨しています。

なお、いずれも日本語対応版であることが必要です。

・Microsoft Windows 8.1(32bit/64bit)

・Microsoft Windows 10(32bit/64bit)

・Microsoft Windows 11(64bit)

Webブラウザ 以下のいずれかのWebブラウザを推奨しています。

・Microsoft Internet Explorer 11.0(32bit版のみ)

・Microsoft Edge(Microsoft Windows 10(32bit版・64bit版)及 びMicrosoft Windows 11(64bit版))

・Google Chrome(Microsoft Windows10(32bit版・64bit版)及 びMicrosoft Windows11(64bit版))

.NET Framework .NET Framework 4.5以上

(※)Microsoft Edgeについては、2020115日以降にMicrosoft社が提供しているメジャーバージョンが79以降の Microsoft Edgeを対象としています。2020115日より前にMicrosoft社が提供しているMicrosoft Edgeでは ご利用いただけませんのでご注意ください。

(3)

1-3

(2)カレンダーの種類を西暦(日本語)にする

PCdesk(DL 版)が正常に動作するには、「カレンダーの種類」が「西暦(日本語)」であることが必要です。

以下の手順で、お使いのパソコンの「カレンダーの種類」の設定を確認し、「西暦(日本語)」以外の場合は 変更を行ってください。手順

1

から

3

はお使いのパソコンの OS ごとに手順が異なります。手順

4

以降 は、すべての OS で共通の操作です。

1 「コントロールパネル」を開きます。

 Windows 8.1 の場合

画面左下を右クリックし、「コントロールパネル」をクリックします。

 Windows 10 及び Windows 11 の場合

「 」→「Windows システムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

コントロールパネルの「表示方法」の選択

•コントロールパネルの右上に表示される「表示方法」は、「カテゴリ」を選択しておいてください。

2 「地域の言語」画面を開きます。

 Windows 8.1 の場合

「日付、時刻、または数値の形式の変更」をクリックします。

 Windows 10 及び Windows 11 の場合

「日付、時刻、数値形式の変更」をクリックします。

3 「形式」タブを表示します。

 Windows 8.1 又は 10 又は 11 の場合

「地域」画面で「形式」タブをクリックします。

4 「形式のカスタマイズ」画面を表示するた

め、「追加の設定(D)」をクリックしま

す。

(4)

1-4

5 「カレンダーの種類(C)」の設定を変更する 画面を表示するため、「形式のカスタマイ ズ」画面で、「日付」タブをクリックしま す。

6 「カレンダー」に表示される「カレンダー の種類(C)」からプルダウンを開いて「西 暦(日本語)」を選択します。

7 「適用(A)」をクリックした後、「OK」を クリックします。

ポイント

•既に「カレンダーの種類(C)」が「西暦(日本 語)」の場合は、「適用(A)」ボタンはクリック できません。そのまま「OK」ボタンをクリッ クしてください。

(5)

1-5

1.1.2 PCdesk(DL 版)をインストールする

PCdesk(DL 版)のインストーラを使って、お使いのパソコンに PCdesk(DL 版)をインストールします。

併せて、PCdesk(DL 版)で使用する電子証明書がインストールされます。

PCdesk(DL 版)をインストールした後は、TLS1.2 を有効にし、必要に応じてプロキシサーバの設定を変更

します。

(1)PCdesk(DL 版)をインストールする

注意

PCdesk(DL版)をパソコンにインストールするためには、あらかじめPCdesk(WEB版)から利用届出(新規)を行う

必要があります。利用届出(新規)を行い、利用者IDと暗証番号を入手してください。詳細は、以下の参照先を ご確認ください。

「PCdesk(WEB版)ガイド【利用届出(新規)、申請・届出、納税等】」-「2.1 利用届出(新規)を行う」

1 eLTAX ホームページの「PCdesk の特徴と 取得方法」ページ

(https://www.eltax.lta.go.jp/eltax/s oftware/)で「PCdesk(DL 版)をダウン ロードする」をクリックして PCdesk(WEB 版)にアクセスします。

2 ログイン画面にて「利用者 ID」と「暗証番 号」を入力してログインをクリックします。

PCdesk(WEB 版)

(6)

1-6

3 ログイン後、「メインメニュー(ログイ ン)」画面から「利用者メニュー」タブを選 択し、「PCdesk(DL 版)をダウンロード」

をクリックします。

(7)

1-7

4 自動的にダウンロードが始まります。

5 ダウンロードした PCdesk(DL 版)のイン ストーラは ZIP 形式で圧縮されているた め、任意のフォルダに展開します。

ダウンロードしたファイルを右クリック し、「すべて展開」をクリックします。

ポイント

•「すべて展開」が表示されない場合は、以下の 操作を行ってください。

① zip形式で圧縮されたファイルを選択し、

右クリックして「プロパティ」をクリック

② 「全般」タブの「変更」ボタンをクリック

③ ファイルを開く方法で「エクスプローラ ー」を選択し「OK」をクリック

④ 再度、zip形式で圧縮されたファイルを選 択し、右クリックすると「すべて展開」が 表示されます。

6 展開先を指定し、「展開」をクリックしま

す。

(8)

1-8

7 ダウンロードした PCdesk(DL 版)ファイ ルを展開後、作成された「PCdesk」フォ ルダ>「setup」フォルダ>「PCdesk」

フォルダ>「setup」フォルダの順に開き ます。

ポイント

•展開した「PCdesk」フォルダの構成は以下の とおりです。

PCdesk

└─setup ├─PCdesk

│ │ autorun.inf │ │ PCdesk.ico │ │

│ └─setup

│ LTNSetup.exe │

└─移行データ出力ツール

PCdeskデータ移行マニュアル.pdf

└─PCdesk_Export

ICSharpCode.SharpZipLib.dll PCdesk_Export.exe

(9)

1-9

8 「setup」フォルダの LTNSetup.exe をダ ブルクリックします。

9 右のような画面が表示されたら、「はい」

をクリックします。

10 お使いのパソコンに「.NET Framework 4.5」がインストールされていない場合 は、右のような「.NET Framework 4.5」をインストールするための画面が表 示されるので、「インストール」をクリッ クします。クリックすると、「.NET Framework 4.5 Language Pack SP1- 日本語」がインストールされます。

ポイント

•右の画面が表示されなかった場合は、手順13 に進んでください。

11 「PCdesk 用の InstallShield ウィザード へようこそ」画面が表示されたら、

PCdesk(DL 版)の著作権に関する注意を確

認した上で、「次へ(N)」をクリックしま

す。

(10)

1-10

12 「利用者用ソフトウェア(eLTAX PCdesk(DL 版))の使用許諾書」画面が 表示されたら、使用許諾書の内容を確認し た上で、「同意する(A)」をチェックしま す。

13 「次へ(N)」をクリックします。

14 PCdesk(DL 版)をインストールするフォ ルダを確認します。

ポイント

•インストール先を変更する場合は、「変更(C)」

をクリックし、インストール先のフォルダを指 定してください。

•インストール先のドライブのディスク容量と、

インストールに必要なディスク容量を確認する 場合は、「ディスク(U)」をクリックします。

15 PCdesk(DL 版)を使用するユーザを選択 します。

ポイント

•パソコンを使用するすべてのユーザ(複数の異 なるユーザ)がPCdesk(DL版)を利用できるよ うにしたい場合は、「すべてのユーザー(A)」を 選択します。

インストールを実行したユーザのみ

PCdesk(DL版)を利用できるようにしたい場合 は、「このユーザーのみ(M)」を選択します。

注意

PCdesk(DL版)を利用できるのは、Windows OSがデフォルトで用意している

Administrators、Users、PowerUsersグルー プに属するユーザのみです。

•「すべてのユーザー(A)」を選択できるのは、

Administrator権限のあるユーザのみです。

16 「次へ(N)」をクリックします。

(11)

1-11

17 PCdesk(DL 版)のインストールを開始す るため、「インストール(I)」をクリックし ます。

18 引き続き、電子証明書のセットアップを 行います。ここでも、「インストール(I)」

をクリックします。

19 電子証明書登録が正常終了した旨のメッ セージが表示されたら、「OK」をクリック します。

20 インストールが正しく完了した旨のメッ

セージを確認し、「完了(F)」をクリックし

ます。

(12)

1-12

21 インストールが正しく完了すると、

お使いのパソコンのデスクトップ上に、

PCdesk のアイコンが作成されます。

(13)

1-13

(2)TLS1.2 を有効にする

PCdesk(DL 版)を利用するためには、TLS1.2 を有効にする必要があります。

以下の手順で TLS1.2 を有効にしてください。

TLS1.2 の有効化

1 」スタートボタン →「Windows

ステムツール →コントロールパネル」の 順にクリックします。

2 「ネットワークとインターネット」をクリ ックします。

3 「インターネットオプション」をクリック します。

コントロールパネルの「表示方法」

の選択

•コントロールパネルの右上に表示される

「表示方法」は、「カテゴリ」を選択してお いてください。

(14)

1-14

4 「詳細設定」タブをクリックします。

5 「セキュリティ」の「TLS1.2 の使用」をチ ェックします。

6 「適用(A)」をクリックします。

7 「OK」をクリックします。

ポイント

既に「TLS1.2の使用」がチェックされている 場合は、「適用(A)」ボタンはクリックできま せん。そのまま「OK」ボタンをクリックして ください。

(15)

1-15

(3)プロキシサーバの設定を変更する

社内 LAN に接続されたパソコン等で、インターネット接続にプロキシサーバを使用している場合は、LAN の自動構成の設定を確認し、必要に応じて、プロキシサーバの設定を変更する必要があります。

注意

•インターネット接続にプロキシサーバを使用していない場合は、本操作は不要です。

•プロキシサーバの設定を変更する場合は、PCdesk(DL版)のインストール後に行う必要があります。

•プロキシ認証を使用している場合、プロキシサーバに使用しているソフトウェアやバージョンによってはうま く接続できないことがあります。この場合、ポータルセンタへの接続にはプロキシサーバによる認証を行わな い設定にするか、プロキシサーバを経由しないでポータルセンタへ接続してください。

プロキシ認証の設定については、ご利用環境のLAN管理者又はご使用のインターネット接続プロバイダへお 問い合わせください。

LAN の自動構成の確認

1 「 」スタートをクリック→「Windows システムツール」→「コントロールパネ ル」の順にクリックします。

2 「ネットワークとインターネット」をクリ ックします。

3 「インターネットオプション」をクリック します。

コントロールパネルの「表示方法」

の選択

コントロールパネルの右上に表示される

「表示方法」は、「カテゴリ」を選択してお いてください。

(16)

1-16

4 「接続」タブをクリックします。

5 「ローカルエリアネットワーク(LAN)の

設定」に表示されている「LAN の設定

(L)」をクリックします。

(17)

1-17

6 「ローカルエリアネットワーク(LAN)の 設定」画面で、LAN の自動構成の設定を 確認します。

下記のポイントを参照した上で、設定内容 を変更する必要がある場合は、ご利用にな るプロキシサーバの内容を設定してくださ い。

設定の変更方法は、「プロキシサーバの設 定の変更」をご確認ください。

設定変更を行わない場合は、これで、

PCdesk(DL 版)のインストールは完了で す。PCdesk(DL 版)の起動方法について は、以下の参照先をご確認ください。

「2.1 PCdesk(DL版)を起動する」

ポイント

•Internet Explorerと同じプロキシサーバの設 定をPCdesk(DL版)でも使用する場合は、プロ キシサーバの設定を変更する必要はありませ ん。

•以下の場合は、別途プロキシサーバを設定する 必要があります。

・Internet Explorerと異なるプロキシサーバ の設定をPCdesk(DL版)で使用する場合

・「ローカル エリア ネットワーク(LAN)の 設定」画面の自動構成の「設定を自動的に検出 する(A)」及び「自動構成スクリプトを使用す る(S)」がチェックされている場合

(18)

1-18

プロキシサーバの設定の変更(設定変更をする必要がある場合のみ)

注意

•プロキシサーバの設定を変更する場合は、PCdesk(DL版)を終了した状態で行ってください。

7 プロキシサーバの設定が記載されている「C:\Program Files

(x86)\LT\LTN\BIN\BTIP.env」というファイルを「メモ帳」で開きます。

「C:\Program Files (x86)」について

お使いのPC64bitの場合にPCdesk(DL版)がインストールされるフォルダです。

インストール時にインストール先のフォルダを変更した場合は、上記、「Program Files (x86)」をそのフォル ダに読み替えてください。

8 ファイルの内容を、以下のように変更します。

注意

•変更の際は、必ず半角英数字を使用してください。また、設定値の後ろに不要な空白を入力しないでくださ い。

[PROXY]

KUBUN=2

PROXY_ADDRESS=【プロキシサーバのアドレス】

PROXY_PORT=【プロキシサーバのポート番号】

KUBUN 「2」を設定します。

PROXY_ADDRESS プロキシサーバのアドレスを設定します。

例)192.10.10.1 proxy.abc.com

PROXY_PORT プロキシサーバのポート番号を指定します。

例)8080

9 変更が完了したら、「BTIP.env」ファイルを上書き保存します。

プロキシサーバの設定の参照先について

BTIP.envファイルとインターネットオプションの両方に設定がある場合、次のとおり設定が適用されます。

①BTIP.envにKUBUN=2を設定している場合:

BTIP.envの設定が適用されます。(インターネットオプションの設定は適用されません。)

②BTIP.envが初期状態(KUBUN=空白)の場合:

インターネットオプションの設定が適用されます。(BTIP.envファイルの設定は適用されません。)

これで、PCdesk(DL 版)のインストールは完了です。

PCdesk(DL 版)の起動方法については、以下の参照先をご確認ください。

「2.1 PCdesk(DL版)を起動する」

(19)

1-19

1.2 PCdesk(DL 版)をバージョンアップする

PCdesk(DL 版)は、利用開始時に一度インストールを行えば、その後のプログラムのバージョンアップにつ

いては、インターネットを介して簡単に行うことができます。

PCdesk(DL 版)のバージョンが最新かどうかについては、PCdesk(DL 版)を起動するたびに自動的に確認さ

れます。

PCdesk(DL 版)の起動後、バージョン情報を確認した結果が画面に表示されます。表示された内容を確認

し、バージョンアップが必要な場合は、画面にしたがって操作してください。

バージョンアップの実施

PCdesk(DL 版)を起動すると右のような画面が 表示されます。内容を確認し、「次へ」をクリ ックします。

バージョンアップが必要な場合は、自動的にバ ージョンアップされます。バージョンアップが 完了すると、「利用者選択」画面が表示されま す。

バージョンアップが不要な場合は、特に何も行 われず、「利用者選択」画面が表示されます。

ポイント

•バージョンアップが必要な旨のメッセージが表 示された画面で「終了」をクリックすると、

PCdesk(DL版)が閉じます。

その場合は、バージョンアップされません。

バージョンアップが必要な場合

バージョンアップが不要な場合

(20)

1-20 再インストールが必要な場合

PCdesk(DL 版)のバージョンアップ機能でバージョンアップできないような更新があった場合、

「PCdesk(DL 版)の再インストールが必要です。」というメッセージが表示されます。

この場合は、PCdesk(WEB 版)からインストーラをダウンロードし、再インストールしてください。

ダウンロードするには、eLTAX ホームページの「PCdesk の特徴と取得方法」ページ

(https://www.eltax.lta.go.jp/eltax/software/)で「PCdesk(WEB 版)」をクリックし、

PCdesk(WEB 版)にアクセスします。「ログイン」画面にて「利用者 ID」と「暗証番号」を入力して

「ログイン」をクリックします。

ログインしたら、「メインメニュー(ログイン)」画面から「利用者メニュー」タブを選択し、

「PCdesk ダウンロード版」をクリックして操作を行ってください。詳細は、以下の参照先をご確認 ください。

「PCdesk(WEB版)ガイド【利用届出(新規)、申請・届出、納税等】」-「11 PCdesk(DL版)を入手す る」

「1.1.2 PCdesk(DL版)をインストールする」

Figure

Updating...

References

Related subjects :