トップPDF Coaching for Communication 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Coaching for Communication 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Coaching for Communication 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

とが本稿目的である。このコーチ法は 1) 選手意識を高めることと 2) 選手に自己責任を負 わせることで 選手業績を上げるという方法である。 TESOL 先行研究、学習者調査、それに著者経験を通して、上記意識向上、責任 負担 ₂ 点を増す事によってESLクラスにおける学習者コミュニケーション能力を向上す る事ができることを論証すると同時に体育競技コーチ法をどのようにしてESL授業に応用 できるかを論じる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Oral Testing for Conversation Skills 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Oral Testing for Conversation Skills 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Most teachers provided students with a written guideline to study for the test (see Appendix B for sample guidelines). One teacher preferred to write the guideline on the board, and another said his students could refer to the worksheets in their notebook. All the ECI teachers set aside class time for students to take a mock conversation test (see Appendix C for sample worksheets). Although every class is devoted to learning the conversation skills that the students will be tested on, a mock test gives students insight into the evaluation process. It also provides students with an opportunity to review the semester’s material, practice the specific skills being tested, and lower anxiety about the upcoming test. Generally, students had one 90-minute class period to practice for the test. A couple of teachers allowed more time over a two or three week period for test preparation.
さらに見せる

16 さらに読み込む

The Effective Classroom 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

The Effective Classroom 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Another฀important฀skill฀for฀students฀to฀learn฀is฀active฀listening.฀These฀are฀the฀interjections฀and฀ phrases฀we฀use฀when฀listening฀to฀show฀the฀speaker฀we฀are฀interested฀and฀listening฀carefully.฀A฀ few฀ examples฀ are:฀ “Wow.”฀ “I฀ see.”฀ “Really!”฀ These฀ phrases฀ are฀ significant฀ in฀ that฀ they฀ give฀ students฀tools฀to฀use฀when฀they฀might฀be฀tempted฀to฀use฀Japanese.฀In฀addition,฀using฀such฀ phrases฀reinforces฀the฀idea฀that฀the฀framework฀language฀of฀the฀class฀is฀English.฀We฀introduce฀ active฀listening฀during฀a฀class฀about฀schedules.฀As฀the฀students฀listen฀to฀answers฀they฀must฀ respond฀with฀an฀appropriate฀phrase.฀A฀reward฀system฀using฀any฀type฀of฀counters฀(marbles,฀poker฀ chips,฀fake฀money)฀placed฀in฀a฀bowl฀in฀front฀of฀each฀group,฀can฀be฀used฀as฀a฀great฀motivator.฀Each฀ time฀a฀student฀authentically฀uses฀active฀listening,฀they฀can฀take฀a฀poker฀chip.฀Each฀time฀they฀ use฀Japanese฀they฀lose฀two฀chips.฀This฀system฀can฀be฀regularly฀used฀to฀overcome฀the฀students’฀ inclination฀to฀resort฀to฀their฀L1฀when฀reacting฀naturally.฀Another฀aspect฀of฀active฀listening฀is฀a฀ repetition฀ of฀ part฀ of฀ the฀ speaker’s฀ statement.฀ For฀ example,฀ S1฀says,฀“I฀get฀up฀at฀6฀a.m.฀on฀ Tuesday.”฀S2฀says,฀“Oh฀6฀a.m.”฀S1:฀“I฀take฀the฀Hankyu฀train฀every฀day.”฀S2:฀“Oh฀I฀see,฀Hankyu.”฀ This฀is฀an฀excellent฀way฀to฀check฀what฀one฀has฀heard฀in฀order฀to฀avoid฀miscommunication฀as฀well฀ as฀to฀show฀the฀speaker฀that฀one฀is฀truly฀listening.
さらに見せる

8 さらに読み込む

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 Don Quijote をドン・キホーテと呼ぶようになるには、どのような変遷があったか。前述 ように、最初紹介となる古賀謹一郎訳編『度日閑言』(1841年訳出)ではドン・キュイコッ テ、そして中村敬宇訳編『西洋品行論』(1878年)ではドンクイッキソーテであった。そして 『西洋品行論』翌年(1879年)に、中村が監督として引率したイギリス留学生12名 1 人である 菊池大麓が、「明治文学論を考究する場合看過できない」(高市:405)とされる『修辞及華 文』を出版した。これはチェンバー兄弟 Chambers’s『百科全書』 Information for the people 、 Rhetorics and Belles Lettres を翻訳したものである。菊池は 6 歳で幕府蕃書調所 で英語を学び、11歳で留学生としてイギリスに渡った。また幕府崩壊後、明治 3 年(1870)2 度 目留学では、ケンブリッジ大学で数学と物理学を修め、近代数学を初めて日本に紹介し、そ 後は東京帝国大学教授、総長、京都帝国大学総長や文部大臣などを歴任した人物である。 明治期『ドン・キホーテ』評で最初に humor というが登場し、そして『ドン・キホーテ』 「笑い」を分類することを、初めて紹介したが菊池大麓訳編『修辞及華文』であった。菊 池は humor を「戯謔」、ludicrous を「滑稽」、wit を「譏刺」と翻訳し、「戯謔ハ又滑稽中二自 ラ篤厚ノ意ヲ含ム者二係ル而シテ本色ノ滑稽ヨリモ稽適切ノ功ヲ収ムヘシトス顧フニドン、ク イキソートハ世界中第一等ノ戯弄文字ノ大作ナル」(菊池:11)、とドン・クイキソート表記 を用いている。また先に述べた幕府旧蔵書では、ドンキショット。また『谷間乃鶯』ではドン キーショットであった。さらに辞典類を参照すると、たとえば明治12年(1879)吉田五十穂(訳 纂)『西洋人名字引』では「ドン・コーキゾート」、また明治26年(1893)山田武太郎(美妙) 『萬国人名辞書』では「どぬきほおて」と平仮名表記になっている。このように幕末から明治に
さらに見せる

16 さらに読み込む

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

29.日本人平均寿命はまだ伸び続けるものとみられる。   In, Japan, the average life expectancy ( 29 ) be further extended. 30.新会社発足祝賀行事が行われている。   Festivities ( 30 ), celebrating the inauguration of the new company. avoid,฀at฀least,฀agree,฀admit,฀accept,฀adopt,฀appoint,฀appreciate,฀at฀least,฀be฀banned,฀ be฀likely฀to,฀be฀anxious฀about,฀be฀available,฀bring฀about,฀be฀concerned฀over,฀ be฀satisfied฀with,฀be฀under฀way,฀be฀ready฀to,฀be฀in฀full฀swing,฀be฀committed฀to,฀ be฀afraid฀of,฀be฀at฀a฀loss,฀call฀on฀~to,฀conclude,฀cope฀with,฀confer,฀do฀without,฀ estimate฀at,฀face฀with,฀facilitate,฀get฀rid฀of,฀give฀rise฀to,฀head฀for,฀in฀line฀with,฀ in฀accordance฀with,฀instead฀of,฀lead฀to,฀lag฀behind,฀mainly,฀manage฀to,฀on฀charges฀of,฀ play฀an฀important฀role,฀persuade,฀pay,฀predict,฀provide,฀result฀in,฀remind฀of,฀reduce,฀ stress,฀stem฀from,฀stick฀to,฀submit,฀share฀with,฀urge฀to,฀warn,฀
さらに見せる

15 さらに読み込む

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ため参考文献Carol A. Fraser, «Lire avec facilité en langue seconde», 61 2004, http://muse.jhu.edu/journals/canadian_modern_ language_review/v061/61.1fraser.pdf も紹介された。 午後 1:30∼ 4:00:モントリオール美術館見学。カナダ画家たち(Paul Kane, Krieghoff , Joseph Légaré, Suzor-Côté, Charles Huot, J. W. Morrice, Maurice Cullen, Le groupe des 7, James MacDonald Barnsley, Prudence Heward, Marc-Aurèle Fortin, Ozias Leduc, Alfred Pellan)絵を見学した。個人的には、Fortin 絵が印象に残った。
さらに見せる

13 さらに読み込む

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語公用論に関する一考察 A Study of Advocacy of Making English the Official Language 尾  崎  哲  夫 The Advocacy of making English the official language has been promoted since 1999 when the convention of the Grand Design of Japan in the 21st Century was held. This controversy includes a lot of issues about not only English language but language itself and communication.

11 さらに読み込む

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

パンフレット作成作業を通して学生が学んだいくつか点をここで紹介する。まず、旅行 に関するを実際に使うことができた(例:voyage, avion, train, tarif, forfait, aéroport など)。 また、フランス観光都市を描写する際に教科書で習った(例:château, vieilles maisons et petites rues, parc, montagne, plage, souvenir, île など)も的確に使いこなせていた。そのほか、 ホテルに関する・表現(教科書 Unité 3)やレストランに関する(教科書 Unité 8)な どについても、特に復習したわけではないが正しく使用できていた。これまでに習ったフラン ス知識を用いてパンフレット製作に当たっている学生姿が確認できた。また、日本歴 史にまで踏み込んで各都市を紹介しようとするグル-プが多くあった。単に外国を受身的な 態度で習っているではなく、自ら文化を外国に向けて発信しようとする積極的な態度が学 生中に芽生えていることがわかった。「石川県」を紹介したグループは、フランス人観光客 向けに「日本語を話してください」 « Parlez japonais »欄を設け、旅行ミニ会話集を作った。 フランス語を習う立場から日本語を教える立場に学生たちは立っている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

英和辞書と連結形 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英和辞書と連結形 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英和辞書と連結形 Some Remarks on Combining Forms in English -Japanese Dictionaries 東 森  め ぐ み Among morphological problems, unclear definition of terminology is one of the most crucial. This paper focuses on the definition of combining forms and discusses how to deal with word- formation information, particularly that which concerns combining forms and affixes in the English-Japanese dictionaries. First, this paper observes how dictionaries define combining forms and discusses the necessity of differentiating between combining forms and affixes in dictionaries for English language learners. Although combining forms and affixes are categorically distinct, it is often difficult to differentiate one from the other, even for specialists. Consequently, many dictionaries tend to confuse combining forms and affixes. Furthermore, the present writer maintains that the current methods of categorization are often too confusing for learners. Secondly, this paper examines the treatment of word-formation information in the newly published Practical Genius English -Japanese Dictionary. In that dictionary the writer of the present paper tried to put combining forms and affixes together and use the classification into word beginnings and word endings, as was proposed in LDOCE² . Finally, this paper presents an outlook for the revised version of the dictionary through the application of similar information on word-formation.
さらに見せる

10 さらに読み込む

Business Presentations Course Results 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Business Presentations Course Results 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

4. The average person between ages 15 and 24 spends two to two-and-a-half hours a day watching television and seven minutes reading. (Mehagan, 2007) It’s clear that technological progress has contributed to the decline in reading: “A hundred years ago, on days when no circus was in town, people looking for entertainment had three alternatives: fulfi lling biological needs, talking or reading. Those looking for information were restricted to the latter two” (Stephens, 1997). Writing in 1997, Stephens noted that “Movies, recordings, radio, telephones, computers, photocopiers and fax machines” contributed to the decline in reading, but noted that the “largest threat” came from television. In 2014, there are more challenges to distract people from books: high speed internet, video games and the constant stream of data from smartphones and tablets all demand people’s time. As the media has become more sophisticated, so has the marketing. Therefore, huge amounts of audiovisual information compete for the attention of potential consumers. Although this change to a multi- tasking lifestyle has been criticized for undermining people’s abilities to concentrate and recall information (Merrill, 2012), we need to accept that audiovisual communication is a key part of modern life. People who master audiovisual communication will fi nd it easier to grab people’s attention. In other words, used correctly, audiovisual communication is an effective way to inform, persuade and entertain. One of the most successful audiovisual communicators is Steve Jobs, whose keynote presentations inspired audiences and helped to make Apple into the most profi table consumer electronics company in the world (Epstein, 2013). The presentation course in this report drew inspiration from the style of Steve Jobs, and Garr Reynolds (an ex-Apple employee).
さらに見せる

10 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、流音化と鼻音化表記である。流音化を発音通りに転写している例は3巻刀部から4 巻、6~7巻、9~ 12巻、16巻、18巻に見られ、24例ある。鼻音化場合は‘ㅅ+ㄴ’例で、 17巻火部にのみ14例ある。また、この17巻には、‘熾불니러날 pu-ruiro-naaru’ように発音 通りに転写し、‘니러날’‘ㄴ’脱落を表わす例も見られる。一方、各音節発音に忠実に 転写している例は、流音化場合、出版期間前半に出された1~4巻に13例ある。2巻‘佽 날 narunairu’は18巻では‘猤날 narurairu’と発音通りに転写しており、他にも同様例 が見られる。鼻音化例は1~3巻、6巻、13巻、17巻に9例ある。‘ㄱ+ㄴ’例は13例で、 2~3巻、5巻、8巻、12~ 13巻、18巻に、‘ㅂ+ㄴ’は13巻に1例のみある。流音化と鼻 音化についても、傾向を異にしはするが、文字通りに転写しているものが多い。そして、最終 回に出版された17巻に実際発音通りに転写したものが多数あることから、初期に出版され た巻と違いが現われていることがわかる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 メキシコにおいて、現在もっとも権威ある教育研究機関メキシコ国立自治大学 Universidad Nacional Autónoma de México(以下 UNAM)前身である王立メキシコ大学(Real Pontifi cia Universidad de México)が、サラマンカ大学に倣って創立されたは1551年ことである。現 在でこそ UNAM は、メキシコで学生数、付属研究機関数ともに最大規模を誇る。しかし当時 はまだスペイン支配下にあったので、1821年に Real(王立)という形容詞が取れてからが、 メキシコ研究機関として独立した時期と考えられる。UNAM は幅広い分野で高い評価を受け る大学である。教育に関する研究も広くおこなわれているが、外国としてスペイン研究 が着手されたは2005年ことである。このようにメキシコでもっともこの分野研究が進ん でいると思われる UNAM においても、外国としてスペインとその教育に関する研究は 端緒についたばかりと言える。教材・メディアに限って言えば、教科書や副教材、e-learning 教 材、研究誌が edelsa, SGEL, difusión など出版社や大学研究機関から多数出版されているス ペインに比して、メキシコではその研究開発がまだこれからというが現状である。
さらに見せる

14 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ったということは、何らかの理由があると判断せざるを得ない。次節において再度検討したい。 4 :実施面課題  以上 YouTube を活用した授業プロジェクトについて、実施準備と問題点を中心に概観し てきた。全体としてプロジェクト実施に大きな問題はなかったが、予行練習を 2 回実施するな ど十分な準備期間を設けたにもかかわらず、Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得など学習者個 人問題が見受けられた。また、プロジェクト内における発音改善について、学習者において も教員においても改善すべき点が明らかとなった。今後も YouTube を用いた発音プロジェク トを授業に取り入れていくことを視野に、本項ではこうした問題防止策などに言及する。  第一に Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得について、アナウンス回数よりもアナウンス方法に 気を配るべきであったと考えている。筆者は授業毎に口頭でアナウンスを行うと同時に、授業 支援システムに掲示することで周知徹底を図ってきた。しかし、授業支援システムを活用して
さらに見せる

12 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 . 4 .スペインに触れる機会を増やす  学習者はスペインに直接触れる機会が多くなく、スペイン圏について知識が希薄であ ると先述した。学習者が言語に触れる機会が少ないという問題を解消し、文化的知識を獲得さ せるためにも、教科書に CD や DVD といった視聴覚教材が添付されていることが望ましい。課 外に鑑賞させることで、授業総時間数制約で教科書内容から省くことにしたものだが、 実際スペイン国や文化がどのようなものなかを効果的に示すことができる。またイ ンターネット環境が整備された学校ではそれを利用することが可能である。実際に会話が交わ される場面や現地生活様子が分かる映像ないし音声を提示することにより、生きた教材と して触れさせることができる。このことも言語に触れる機会を増やすために有効である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 「フランス語 5 ・ 6 」( 3 年次配当)では、このB 1 レベルが具体的目標となるであろうが、 2 年次で習得度別クラスが導入されれば、「フランス語 3 ・ 4 」( 2 年次配当)からすでにB 1 レベルを目指した授業運営が可能になるかもしれない。また、ヨーロッパ共通参照枠CECR 考え方が導入されることにより、卒業後も、語学専門学校に通うことや独学を続けることで、 あるいはフランス滞在や仕事上必要に迫られて、フランス語学習を続ける可能性がある点も 視野に入れた授業カリキュラムを組むことができるようになりつつある。これはとりもなおさ ず、ヨーロッパ共通参照枠CECR提唱する「行動中心主義」につながっていく。外国教育 は生涯にわたるものであり、社会人として世界さまざまな人たちと共に生きていくために必 要なことがらなである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

4 .グループ活動を行なった成果と課題 4 . 1  グループ活動成果  今回試みたグループ活動成果として、クラスに連帯感が生まれたことがまず挙げられる。 筆者は文法訳読方式のみ授業も行なっているが、そのクラスでは一部仲良い学生グルー プがあっても全体的なつながりは感じられない。しかし、グループ活動を取り入れたこのクラ スについては、活動をとおして互い人となりを知る機会があるためか、わからないことがあ れば気兼ねなく周りに質問をしたり、互いに教え合ったりする光景が見られ、学生同士距離 が近くなって、活発な活動につながっているがわかる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

(17) 总听您提起我的姑姑叔叔 ―――― 们 , 辱贱他们都在哪儿 ? 徐坤《乡土中国》 (18) 她眼睁睁地看着这些和她一起干活、被她称作大爷大娘大哥大嫂 ―――――――― 的老乡,一个一个 从她屋里洗劫而去。 郑万隆《天网》 (13)~(15)では「父と母」から成るセット,(16)では「夫と妻」から成るセットというよ うに,AB型AとBは「何らかの意義づけで括られる一組セット構成員がそろうこと」 を表す。(18)にも同様ことがいえるが,ここでは“大爷”と“大娘”が“大爷大娘”とい うセットを,“大哥”と“大嫂”が“大哥大嫂”というセットを構成し,これら二つセット が“大爷大娘大哥大嫂”というセットを構成している。
さらに見せる

9 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

る場合に韓国「실례합니다!(失礼します)」が呼びかけとして使われている例である。  ⑻ 知り合い前で 승혁:실례합니다 ! 계세요 ? 아무도 안 계세요 ? (スンヒョク:失礼します!誰かいらっしゃいますか?誰もいらっしゃらないですか?) → 日本語吹き替え版 :ごめんください。こんにちは。誰かいませんか。 (パ)  例⑻は相手居住空間に実際に入り込んでいるわけではないが、声による入り込みが行われ ている点で謝罪「定型表現」一つ形式が充てられているように考えられる。両言語とも 例⑻ような場面で「呼びかけ」に謝罪「定型表現」が使われるという点では同じであるが、 日本では店人や知らない人に呼びかけるときも「すみません」が幅広く使える。疎関係 では「呼びかけ」を例⑻ように聞き手身体を取り巻く空間へ入り込みと見なすことで、 「すみません」が使われているようにも考えられる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

間と互いに撮影しあう様子も見られ,学生同士交流も意欲を高めることになったであろう。 消極的な学生も,グループワークでは意見を出すことが求められるので,それまでと比較して, 積極的に授業参加しているように見られた。  また,英語歌も学生興味を引いたと考えられる。学生意見にあったが,教科書英語 を読むことには意欲が高まらないが,歌なら印象深く,音が頭に残り,楽しみながら練習でき る。上手に歌うためには,英語リズムや音つながりをマスターしなければならず,その部 分を仲間と何度も歌うことで,英語リズムや音つながりが理解できたと感じたことも窺え る。授業以外でも歌を歌って練習した学生もおり,発音トレーニングが自主学習につながって いる。アンケートを見ても,「 7 .英語歌を歌うことは発音練習ために良い。」が 4 . 7 とい う結果から,学生が歌効果を実感していると考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 先行研究では⑤ように、「-을게요」意味的な特徴は主として約束と分析されており、한 (1991)では「그만 갈게요(もう帰ります)」ような例について告知意味があると言及され ているものの、告知に約束意味がまったくないわけではないと説明されている。また、韓国 教育立場から分析した이(2003)では話し手意図を知らせ、聞き手に直接的、間接的に 準備をさせるため特殊な例として「그만 갈게요(もう帰ります)」が挙げられている。この ように先行研究では「約束」意味に重点を置き、「-을게요」が把握されているため、「그만
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題