トップPDF AIPの見識(APL論文)pdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

AIPの見識(APL論文)pdf 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

AIPの見識(APL論文)pdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

1 「一つでも新たなデータが元論文データに追加されていれば、 別論文である」 と主張は通用しない 理系分野論文では、 先に公表した論文内容に新しいデータを追加して、 改めて公

3 さらに読み込む

検証第3回animationpptx 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

検証第3回animationpptx 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

J. Applied Physics, Vol. 81, No.8 (1997), 4029-4031. 論文2 二重投稿論文論文と推断される論文 Thermal Stability and Magnetic Properties of Bulk Amorphous Fe-Al-Ga-P-C-B-Si Alloys/Akihisa Inoue, Akira Murakami, Tao Zhang and Akira Takeuchi /Mater. Trans. JIM, Vol. 38, No.3 (1997), 189-196.  (Received October 22, 1996)

15 さらに読み込む

日野氏ら2012 07 12付けJST宛告発別紙pdf 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

日野氏ら2012 07 12付けJST宛告発別紙pdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

片は 2 mm 直径 x4 mm 高さである。図1には、応力とひずみ原点(0)が明示され、 かつ二つ応力‐ひずみ曲線間に分割記号が付されている。 これらは学術論文図面 書 き 方 と し て は ほ ぼ 妥 当 で あ る 。 図 キ ャ プ シ ョ ン と 本 文 で 、 図 1 を 応 力 ‐ 伸 び ( elongation ) 曲線と記しているが、 圧縮試験場合、 試料は縮むから 伸び ( elongation )

13 さらに読み込む

検証第1回 アニメpptx 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

検証第1回 アニメpptx 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

論文 2  上記二重投稿疑惑論文論文と推定される論文  Thermal and Magnetic Properties of Fe-Co-Ln-B (Ln=Nd, Sm, Tb and Dy) A morphous Alloys with High Magnetostriction Wei Zhang and Akihisa Inoue : Mater. Trans. JIM, Vol. 40, No.1 (1999), 78-81.

9 さらに読み込む

検証第2回 Mアニメpptx 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

検証第2回 Mアニメpptx 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

  二重投稿疑惑論文と疑惑概要と問題点(ケース1 4) 論文1: 二重投稿が疑われる論文 Formation and mechanical properties of bulk amorphous FC20(Fe-C-Si) cast iron with small addition of B. X.M.Wnag and A.Inoue, Mater. Sci. Eng. A. Vol.304/306(2001)710-715.   10th Inter. Conf on Rapidl y Quenched Metals (and Metastable Materials) (RQ10), August 23-27 (1999), Bangalore/India.  国際 会議報告論文。この論文は、掲載誌区分では Original Research Articles とされている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

金属vol86No3p267 274pdf 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd 金属vol86No3p267 274

金属vol86No3p267 274pdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd 金属vol86No3p267 274

論文とその指摘に対する大学不適切な対応 論 説 はじめに   2007 年末に匿名投書をきっかけに表沙汰になっ た井上明久氏(当時:東北大学総長)を著者とする 論文に関する不正疑惑は,いまだに解消されてい るとは言い難い.その主たる理由は,東北大学 「研究不正とは言えない,問題ない」という類報 告,あるいは日本金属学会科学的裏づけがない 唐突な訂正( Erratum)記事・編集委員会公告では, 誰もが公正な措置であると十分納得できる結果と なっていないからである.しかも,ほとんど大 学や研究機関に設けられている「研究活動におけ る不正行為へ対応(ガイドライン) 」が示す, 「疑 惑を指摘された論文実験結果に関する説明責任 は,再現実験による立証を含め,著者にある」こ とが実行されていないからである.例えば,井上 氏はこれまで一度も不正疑惑解消ため公式説 明を自らが行っていないし, 10 年以上前研究で, すでに関連装置がなくノウハウを持つ研究者もい ないこと等を理由に再現実験実施も試みようと もしない.むしろ再現実験を避けている.このよ うな研究不正疑惑解消には明らかに不適切だと 思われる措置が続いていることに加えて,さらに 次々と明らかにされた井上氏を著者とする論文不 正疑惑数が非常に多いことも特徴である.  本稿は井上氏論文に認められる不正疑惑全 てを示すではなく,論文に報告されている 5 つ 実験データうち4つが不正だと考えられる論
さらに見せる

8 さらに読み込む

検証第3回animationpdf 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

検証第3回animationpdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

magnetism [8-12]. 形式で一度引用しているのみである。論文読者が、 Fig.5 と Fig.6 originality は [12] であると判別することは容易ではない。 使用している図 2/3 が別論文データと同じなのに、その論文を引用していない。 また、残り 1/3 は、引用文献リストに他論文とともに含めてはいるが、元データ がこれら論文一つにあると読者が理解し難い。このような形で同じ内容を公表する ことは、研究倫理上許されないことが学術界共通理解である。
さらに見せる

15 さらに読み込む

秦教授宛公開質問 _15_12_27pdf 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

秦教授宛公開質問 _15_12_27pdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

この回答書を拝読し,秦先生に以下確認と質問をさせて頂きます。 第1は,秦先生「アーク溶解吸引鋳造法による研究成果を発表した論 文」有無に関する確認です。 秦先生は,今回回答で,私本年 4 月 10 日付けおよび 12 月 16 日付け 質問,すなわち,「秦先生にはアーク溶解吸引鋳造法による研究成果を発表し た論文があるでしょうか?」,に対して,上にも述べたように,「大村先生 ご所望論文は存在しません」と述べられています。これは「アーク溶解吸引 鋳造法による研究成果を発表した論文」を作成した事実はないという意味で しょうか。
さらに見せる

2 さらに読み込む

青木清『金属』8月号論説概要pdf 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

青木清『金属』8月号論説概要pdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

解・吸引鋳造法で作製できたという直径 30mm 、 長さ 50mm Zr 55 Al 10 Ni 5 Cu 30 バルク 金属ガラスサンプルは、 (何らかの形で)保管されていて当然で、そのサンプルを公開 して、 必要な再検査して批判に応えることが重要だったはずです。 しかし、 サンプルも 実験記録も海難事故で紛失したということでした。 さらに驚いたことに、 当時と同じ素

5 さらに読み込む

第4回公開質問 16 01 17pdf 最近の更新履歴  wwwforumtohoku3rd

第4回公開質問 16 01 17pdf 最近の更新履歴 wwwforumtohoku3rd

2 / 4 いるは上記一箇所のみです。他方、秦先生が陳述書に添付した論文は、高 周波溶解法に関する論文でした。 したがって、 「添付する論文で発表したように」 文言が、もし上記引用文高周波溶解法に関する記述前に書かれていたと すると、すなわち「当時張涛助手から,添付する論文で発表したように高周波 溶 解 法 に よ る銅 鋳 型鋳 造 法,お よび ア ー ク溶 解 吸 引 鋳 造法 に 関す る 指 導 を 受け ました.」と記されていれば、私たちも理解可能です。この場合、秦先生は「添 付する論文で発表したように」文言を書くべき場所を間違えたと考えます。
さらに見せる

4 さらに読み込む

大津由紀雄先生pdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

大津由紀雄先生pdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

友人難波博孝さん(広大、国語 教育)から、広島大学大学院教育 学研究科初等カリキュラム開発講 座で小学校英語教育教員を募集 している旨、連絡をいただきまし た。重要なポストだと思います で、広くお知らせいたします。 関連する情報は以下サイトにあ ります。

1 さらに読み込む

論文pdf 最近の更新履歴  Keisuke Kawata's HP

論文pdf 最近の更新履歴 Keisuke Kawata's HP

In non-integrated capital markets, the government chooses very high capital tax rates and positive layo¤ tax rates, it then redistributes revenue from these taxes toward households throu[r]

15 さらに読み込む

2 川原 p102pdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

2 川原 p102pdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

萌え声とツン声韻律特徴 SUMMARY: As a case study of the general theme of this special issue—“different phonetic realizations of different so- cial characters”, this paper explores prosodic features of two types of prototypical maid voices, which have been emerging in recent Japanese culture: “moe” and “tsun”. Two professional voice actresses read simple Japanese SOV sentences in three types of voices: Moe, tsun, and normal. Acoustic analyses show that the moe voice is characterized by higher f0 and louder voice than the normal voice, whereas the tsun voice is characterized by lower f0 and quieter voice. The current study also finds that the speakers manipulate H-tone targets more extensively than L-tone targets to differentiate different speech styles, which is compatible with some previous studies and models of intonation. In terms of its research value, the current findings may not be ground-breaking; however, an additional value of this research lies in the fact that this sort of material makes phonetic analyses more accessible to the general public as well as to students in undergraduate education. To that end, some sample sounds are made available at http://bit.ly/1WCu5DA.
さらに見せる

9 さらに読み込む

JKSatteliteチラシpdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

JKSatteliteチラシpdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

Among those levels, “syllables” have played an important role in the development of phonetic and phonological research, but there are other, higher levels of structures, e.g?. “feet”, [r]

1 さらに読み込む

音声研究192_ 川原先生1pdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

音声研究192_ 川原先生1pdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

The C/D Model as a Theory of the Phonetics-Phonology Interface 1) Shigeto K awahara * 音韻・音声インターフェースとC/Dモデル SUMMARY: The C/D model is a theory of the phonology-phonetics interface. This paper presents my personal under-

7 さらに読み込む

中大JMAC川原pdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

中大JMAC川原pdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

.日本 大学 音声学 履修 学生 言語学 文学専攻 わゆ 文系 学生 多.. Speech pathologist 言語聴覚士 目指 多.[r]

4 さらに読み込む

日本語英語pdf 最近の更新履歴  川原繁人の論文倉庫3

日本語英語pdf 最近の更新履歴 川原繁人の論文倉庫3

直前の H は普通の H より高い.. 日本語は基本的に CV 言語?[r]

26 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題