トップPDF 資料シリーズ No122 全文 資料シリーズ No122 企業の海外事業展開の雇用・人材面への影響に関する調査 ~ものづくり産業を中心に~|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズ No122 全文 資料シリーズ No122 企業の海外事業展開の雇用・人材面への影響に関する調査 ~ものづくり産業を中心に~|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズ No122 全文 資料シリーズ No122 企業の海外事業展開の雇用・人材面への影響に関する調査 ~ものづくり産業を中心に~|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 節 海 外 派 遣 社 員 赴 任 先 ポ ス ト … … … … … … … … … … … … … … … … … … 年4 第 節 海 外 展 開 社 員 メ リ ッ ト ン 企 業 メ リ ッ ト … … … … … … … … … … 年4 . 社 員 メ リ ッ ト … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 年4 . 企 業 メ リ ッ ト … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 年イ 第 5 節 課 題 海 外 展 開 国 内 本 体 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 年イ 第 節 小 括 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 年6 第 章 取 地 方 自 治 体 け る 海 外 展 開 支 援 策 ~ 福 井 県 事 例 か ら ~ 取 … … … … … … … … 年9 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 年9 第 節 支 援 体 制 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 40
さらに見せる

87 さらに読み込む

表紙・まえがき・調査担当者と執筆分担・目次 資料シリーズ No122 企業の海外事業展開の雇用・人材面への影響に関する調査 ~ものづくり産業を中心に~|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・調査担当者と執筆分担・目次 資料シリーズ No122 企業の海外事業展開の雇用・人材面への影響に関する調査 ~ものづくり産業を中心に~|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 節 課 題 海 外 展 開 国 内 本 体 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 35 第 節 小 括 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 36 第 章 地 方 自 治 体 け る 海 外 展 開 支 援 策 ~ 福 井 県 事 例 ら ~ … … … … … … … … 39 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 39

6 さらに読み込む

資料シリーズ No120 全文 資料シリーズ No120 労働時間に関する企業等ヒアリング調査 ―裁量労働制、勤務間インターバル制を中心に―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズ No120 全文 資料シリーズ No120 労働時間に関する企業等ヒアリング調査 ―裁量労働制、勤務間インターバル制を中心に―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

6.行政等各方面要望 企業経営環境が厳しさ増す中あって、労働能力最大限引き出し、生産性 向上させるため労働者がより柔軟で自律的働くことができる労働環境整備が必要不 可欠である。特に、過去議論あったホワイトカラー・エグゼンプション制度については、 現行法制とホワイトカラー働き方ミスマッチ解消する方法として是非導入してもらい たい。会員企業中でも当該制度が必要と考える企業思いは非常強いものがある。さら 、ホワイトカラー・エグゼンプション制度導入と並行して、裁量労働制等現行法制 要件緩和も行ってもらいたい。また、法令改正のみならず、行政指導についても適正かつ 現実的な指導お願いしたい。例えば、在社時間労働時間と同一視するような行政指導 が散見されるが、そういった過度厳格な指導は、職場における従業員個々人スキル・ア ップため自発的な学習や、上司と部下雑談(その中で仕事アイデアが生まれたり) といった日本企業良き伝統阻害し、企業競争力も悪影響及ぼしている。他も、
さらに見せる

86 さらに読み込む

参考資料 調査シリーズ No60 地方自治体における雇用創出への取組みに関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

参考資料 調査シリーズ No60 地方自治体における雇用創出への取組みに関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

□ 本市では、製造業基幹産業として県内でも有数工業集積有しており、工業発展とともにま ちも発展続けてきました。バブル崩壊以降、長期低迷していた景気動向がようやく上向き傾向 示していたものが、昨年後半から、景気停滞感が強まってきており、一時回復基調見せてい た有効求人倍率も1倍割り込んでいる状況が続いています。特に、本市地域においては、中小 規模事業所が多く、各企業は景気悪化とあわせ、新たな雇用は困難と判断しているものと 思われ、求人倍率は県内でも下位位置しています。このような中で、本市においては、用地確保 などから、大規模な企業誘致による雇用創出は困難であるため、既存企業活性化図り、 経営者雇用意向高めるため施策・事業展開図っています。主な取り組みとしては、公共 職業安定所が事務局である地区雇用対策協議会が実施する就職合同面接会実施支援や 障害者雇用取り組む企業視察研修、市民求人情報提供実施しています。また、平 成 17 年度から就職相談や各種セミナー開催する「若年者就労支援事業実施しています。さら 本年度から、国が実施するトライアル雇用事業と連動し、若年者継続的雇用する事業支 援する「若年者雇用定着支援事業実施しています。このような施策・事業実施によりどの程度 が雇用結びつくかは未知数ではありますが、雇用については、市民が安定的な生活営む上 で、また、まち活性化非常重要な問題でありますので、新規創業者継続的な支援含め、 今後ともハローワークや商工会など関係機関と連携深め取り組んでいく必要があると考えておりま す。
さらに見せる

99 さらに読み込む

資料シリーズNo28 全文 資料シリーズ No28 経営戦略・ガバナンスとHRM に関する企業事例調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo28 全文 資料シリーズ No28 経営戦略・ガバナンスとHRM に関する企業事例調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

い う 流 れ そ っ て 伝 わ っ て い く 。 委 員 会 等 設 置 会 社 あ る 社 は す 見 た 指 名 委 員 会 ・ 監 査 委 員 会 ・ 報 酬 委 員 会 委 員 会 取 締 役 会 元 設 置 さ れ て い る 。 委 員 会 は い れ 取 締 役 し そ ほ ん 社 外 取 締 役 よ っ て 構 成 さ れ 指 名 委 員 会 取 締 役 候 補 者 人 選 報 酬 委 員 会 取 締 役 ・ 執 行 役 報 酬 決 定 ま た 監 査 委 員 会 経 営 よ る 業 務 執 行 対 す る 監 視 行 っ て い る 。 一 方 業 務 執 行 ト ッ プ あ る 代 表 執 行 役 社 長 は 取 締 役 会 お い て 選 出 さ れ る 。 代 表 執 行 役 社 長 は 全 執 行 役 員 よ っ て 構 成 さ れ る 経 営 委 員 会 や 様 々 経 営 課 題 対 応 し て 部 門 横 断 的 設 置 さ れ た 各 種 委 員 会 検 討 ・ 決 定 業 務 進 め て い く 。 ま り 社 は 業 務 執 行 機 関 ト ッ プ 取 締 役 会 よ っ て 選 出 さ れ 業 務 執 行 対 し 取 締 役 会 チ ェ ッ ェ 及 ぶ 同 時 取 締 役 会 活 動 自 体 社 外 取 締 役 中 心 す る 委 員 会 よ っ て チ ェ ッ ェ さ れ る い う 業 務 執 行 対 す る 重 監 査 体 制 設 け ら れ て い る 。
さらに見せる

69 さらに読み込む

資料シリーズ No099 全文 資料シリーズ No99 雇用調整助成金による雇用維持機能の量的効果に関する一考察|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズ No099 全文 資料シリーズ No99 雇用調整助成金による雇用維持機能の量的効果に関する一考察|労働政策研究・研修機構(JILPT)

実施した「多様な就業形態に関する実態調査、参考データとして併せて取り上げてお きたい。これは、雇用・就業形態別雇用動向把握するため実施した調査事業調査) であるが、この中で、調査実施前3年間雇用調整助成金受給しながら雇用調整実施し たかどうか尋ねている 12 。これよると、製造業で約4割(39.1%)、産業計では 13.4% 事業所が、「過去3年間雇用調整助成金受給して雇用調整実施したことがある」と 答えている(第4表)。調査時点前、3年間という期間限定はあるが、調査時点は 22 年8 ~9月であるので、本研究が対象しているリーマン・ショック後時期当該助成金受 給したケースが対象中心なっているものと考えて、まず間違いはないであろう。 このデータは該当する事業割合示すデータであるので、ここから即、当該助成金が 適用された労働者数やその割合がわかるわけではない(わかるためは、事業所ベースでは なく適用労働者ベースデータである必要がある)が、参考すべき重要なデータと言える。 そして、割合がかなり高いことも注目しておきたい 13 。なおこのデータに関しては、次項 で労働時間データ分析作業においてもう一度取り上げる。
さらに見せる

27 さらに読み込む

資料シリーズNo179全文 資料シリーズNo179「企業における転勤の実態に関するヒアリング調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo179全文 資料シリーズNo179「企業における転勤の実態に関するヒアリング調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

お 、企 業 合 併 や 収 、新 規 開 業 拠 点 拡 大 傾 向 あ る 企 業 、小 売 業 G 社 、宿 泊 業 K 社 、飲 食 業 L 社 、介 護 福 祉 サ ビ ス 業 O 社 あ る 非 製 造 流 通 サ ビ ス 系 そ 傾 向 る 以 上 踏 ま え る 、国 内 拠 点 全 国 的 展 開 い る 、建 設 業 A 社 、建 設 業 不 動 産 業 B 社 、 運 輸 業 F 社 、 小 売 業 G 社 、 金 融 業 H 社 、 保 険 業 I 社 、 飲 食 業 L 社 、 旅 行 業 M 社 、 介 護 福 祉 サ ビ ス 業 O 社 る そ 、支 店 等 拠 点 全 国 及 ぶ こ 、国 内 ロ ッ 区 分 、採 用 配 置 ロ ッ 別 行 う 方 針 あ る 企 業 以 、 ロ ッ 別 採 用 人 事 管 理 方 針 あ る 企 業 略 す 、建 設 業 A 社 、建 設 業 不 動 産 業 B 社 、運 輸 業 F 社 、 旅 行 業 M 社 あ る こ 企 業 、 新 卒 採 用 総 合 職 採 用 、 出 身 大 学 出 身 地 等 考 慮 、 当 該 地 域 内 初 任 配 置 行 い 、 以 後 配 置 当 該 ロ ッ 内 中 心 異 動 す る 傾 向 あ る た 、 採 用 大 都 市 部 大 卒 者 多 い 地 域 大 学 出 身 者 人 数 少 い こ 、 都 市 部 大 学 出 身 採 用 者 都 市 部 以 外 各 地 域 初 任 配 置 す る 場 合 あ る 一 方 、 建 設 業 不 動 産 業 B 社 、 介 護 福 祉 サ ビ ス 業 O 社 、 中 途 採 用 中 心
さらに見せる

185 さらに読み込む

参考資料 調査シリーズ No19 ものづくり現場における外国人労働者の雇用実態に関する 調査結果|労働政策研究・研修機構(JILPT)

参考資料 調査シリーズ No19 ものづくり現場における外国人労働者の雇用実態に関する 調査結果|労働政策研究・研修機構(JILPT)

請負会社としてうまくやっていけるかどうかは日系人社会と日本社会両方熟知している 人がキーなる。業請けが手っ取り早い金儲けと考えたところは多角化が早い。しかし、顧 客立場からすれば、構内外注化していく。結局、最後は経営者理念問題なる。ただ し、日系人と関係考えた上でビジネス展開するであれば、話はまた別。会社として 理念がどこあるかが、業績はどうか、業請け手っ取り早い金儲けと考えるかどうか、 親会社・子会社と関係で運命共同体的やってきたかどうかでこれから方針が違う。 この業界はメーカーによって育てられたところがある。顧客が請負増やすは、変動 対するバッファとして位置づけ、総額人件費うかせるが目的。仕事が安定しているとこ ろは請負増やす。請負切って自社残したいところは、どこ部署も社員かパート 1、2名置くようしている。
さらに見せる

135 さらに読み込む

調査シリーズNo60 全文 調査シリーズ No60 地方自治体における雇用創出への取組みに関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査シリーズNo60 全文 調査シリーズ No60 地方自治体における雇用創出への取組みに関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

組んでおります。 □ 本県場合、約4年間1倍台で推移してきた有効求人倍率が、今年5月1倍切ったところでは あるが、本県企業は、依然として人材不足感がある。また、本県人口は、このままペースだと、 22 年後は約 18 万人が減少となる。こうしたことから、知事就任以来、Uターン就職促進努め てきた。知事就任間もない頃、東京浅草で、県出身 20 才代中心とする若者たち集まり出席 する機会があったが、そのとき、私から若者達県内企業魅力伝えると、「そんなにいい企業が あるとは知らなかった」「知っていれば、県内で就職したかった」など非常関心持つ人が多くいた。 そこでまず取り組んだが、県外進学した学生対象、東京・大阪・名古屋・金沢で開催してい る「就職セミナー」や、県内企業と直接、接する機会として年末年始帰省時期開催している「Uタ ーンフェア」である。いずれも採用環境変化いち早く対応し、開催時期、場所、回数見直しし たことなどにより年々参加者は増加し、昨年度、多く参加があった。私自らも、東京で「学生向け セミナー」や「Uターンフェア」「父母向けセミナー」出席した。おそらく、知事自らこれほど就職セミ ナー出席するは他はいないと思うが、参加した学生達は、熱心傾けてくれた。これら 取組みにより、県外大学進学者「Uターン就職率」については、過去3か年で徐々に上昇し、 県外流出数は、18 年3月卒では 3423 人だったものが、直近 20 年3月卒では 3069 人まで縮小し てきたところである。20 年度においては、その他も①県内企業インターンシップ、県外大学進 学生が参加できるよう周知強化②9月 29 日より、県労働雇用課内においても、求人や求職受理 ができるなど直接的な職業紹介実施③高校同窓会と連携による働き盛りUターン促進事業 ④首都圏など大学 71 校訪問して県内企業魅力PRなど取り組んでいる。さらに、県内大 学から県外流出が漸増するという新たな課題対応するため、新た県内4大学で本県企業 魅力等伝える学内セミナー等も開催している。また、より効果的Uターン就職進めるためは、 若者魅力ある企業誘致は何より重要である。若者は、今ある地元企業もたいへん素晴らし い企業があることも PR しているが、「これなら東京で就職しなくても県内で就職しよう」と思わせるよう な働き口がないとならない。しかも、なるべく多彩で多ければ若い人が定着する。昨年7月第 1号同意受けた本県企業立地促進計画では本計画基づいて申請あった企業立地件数は、 本年7月現在で 19 社、新規雇用数は 634 人と全国トップクラス成果あげている。幸いも、本県 就業構造については、生産年齢人口うち働く者割合や女性働く者割合、また、若者含 めた正規雇用割合が全国1位となるなど、全国で最も望ましいものとなっている。今後ともUタ ーン促進と企業誘致は車両輪如く積極的取り組んでいくこととしている。
さらに見せる

168 さらに読み込む

資料シリーズNo185全文 資料シリーズNo185「中国進出日系企業の研究」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo185全文 資料シリーズNo185「中国進出日系企業の研究」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

止事件はなく、工会が操業停止調停活動介入した事例もごくわずか」 (山下、2012a:100) であったという。 以上議論まとめておくと、第一、改革開放以降、中国では経済発展とともに、労働 市場が形成されてきたが、その労働市場は都市と農村二元構造対応した分断された(歪 んだ)市場である。第二、その分断された労働市場中で「最大犠牲者」は農民工で あり、その数は 2 億人以上上る。この劣悪な条件おかれて、経済発展から「取り残され た」人びとは中国社会不安定要因もなりかねないため、中国政府は 2000 年代から、農 村発展や農民工救済注いできた。第三、こうしたなかで、中国的な意味で労 働争議は急増しており、それは中国経済発展阻害要因なりかねない勢いで増加してい る。労働問題は、現在までところ、政府が用意した「社会的なチャンネル、あるいは社会 的な回路」流し込まれ、それなり問題解決至っている。このよう、中国政府は、中 国労働争議個別的な、純粋な経済的な案件として「社会的定義」し、政治的・社会的 な混乱、政治的な不安定原因ならないようしてきた。だが第四、こうした労働問題 が集団的なストライキ発展する可能性秘めている。実際、正確な把握はできないが、 集団的なストライキが発生しており、そのことが、経済活動大きな影響持つだけでは なく、政治的も重大な影響持つ可能性がある。この意味で、中国政府にとって、労働 問題は重要案件である。
さらに見せる

104 さらに読み込む

資料シリーズNo65 全文 資料シリーズ No65 契約社員の人事管理―企業ヒアリング調査から―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo65 全文 資料シリーズ No65 契約社員の人事管理―企業ヒアリング調査から―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

このよう、必ずしもすべてではないが、補佐的な業務従事する契約社員は、プロフェ ッショナル的な業務従事する契約社員よりは明らか正社員登用希望する傾向あると いう。そして、結果として契約社員として採用された人うち 1 割程度が正社員登用されて いる。なお、毎年正社員登用枠は、業績影響受けて変動する。ここ 1 ~ 2 年について は、ホテル業界が軒並み不況であること反映して、正社員登用枠は狭まっており、登用希 望者が待機しているが現状である。C 社では、このような状況が長く続くことによって、 補佐的な業務従事する契約社員モチベーションが低下すること懸念している。 他方、プロフェッショナル的な業務従事する契約社員が正社員登用希望しない傾向が ある点についても、いくつか理由がある。第 1 、もし正社員なるならば、異動により 職種が変わる可能性も出てくるが、契約社員は職種が限定されているため、契約社員まま でいた方が、当該業務スキル活かすとともに、伸ばしていくことができるからである。 一般、プロフェッショナル的な業務従事する契約社員は、特定業務続けていきたい という意識が強く、仮に C 社と雇用契約が終了しても、高度なスキル活かして、他社 転職、起業するなどして生計立てていくことができるである。第 2 、契約社員まま でいた方が年収が高い場合があるからである。もっとも、退職金相当額差し引いても正社 員より年収が高いというケースは少数であるが、いずれせよ、手取り収入が減ってしま うことに対する抵抗は少なからずある。
さらに見せる

85 さらに読み込む

第Ⅲ部 参考資料 調査シリーズ No44 ものづくり産業における人材の確保と育成 ―機械・金属関連産業の現状―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第Ⅲ部 参考資料 調査シリーズ No44 ものづくり産業における人材の確保と育成 ―機械・金属関連産業の現状―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

新卒 能系正社員・ 術系正社員計画 採用 事業対応策 し 、中途採用や外部 人材活用 中心 - 能系正社員 術系正社員 新 採用- 過去 年間 新 能系正社員 術系正社員 計画 採用 回答事業所 程度 対応策 能系正社員 場合 製造業務経験者 中途採用 請負 派遣 外部人材 活用 製造部門未経験者 中途採用 術系正社員 場合 術部門経験者 中途採 用 行 い 事業所 比較的多い た.6~7 図表 ・

94 さらに読み込む

資料シリーズNo171全文 資料シリーズNo171「若年者のキャリアと企業による雇用管理の現状:『平成25年若年者雇用実態調査』より|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo171全文 資料シリーズNo171「若年者のキャリアと企業による雇用管理の現状:『平成25年若年者雇用実態調査』より|労働政策研究・研修機構(JILPT)

中学 高校 専修学校 (専門課程 高専・短大 大学 大学院 .3% 21.6% 10.2% 13.8% 50.6% 3.4% 3,880 鉱業,砕石業,砂利採取業 51.9% 3.7% 25.9% 18. 5% 27 建設業 .8% 16.3% 10.9% 13.2% 55.8% 3.1% 129 製造業 .8% 43.1% 4. 3% 11.5% 36. 6% 3.7% 601 電気・ガス・熱供給・水道業 40.1% 1. 9% 17.8% 35. 7% 4.5% 157 情報通信業 14. 4% 14.4% 9.6% 60.8% .8% 125 運輸業,郵便業 22.3% 6.9% 9.2% 59.2% 2.3% 130 卸売業 18.1% 5. 6% 7. 9% 61.6% 6.8% 177 小売業 24.1% 7.6% 13.3% 52.5% 2.5% 158 金融業・保険業 .7% 11. 8% 2. 3% 11.1% 73.1% 1.0% 305 不動産業・物品賃貸業 8. 1% 2. 9% 15.4% 69.1% 4.4% 136 学術研究,専門・技術サ ビス業 16.3% 5. 4% 9.8% 54.3% 14.1% 184 宿泊業,飲食サ ビス業 25.2% 17.2% 18.5% 39. 1% 151 生活関連サ ビス業,娯楽業 1.1% 18.9% 26.3% 15.8% 37. 9% 95 教育,学習支援業 4. 5% 7.8% 17.9% 64.6% 5.2% 446 医療,福祉 .2% 9. 2% 29.0% 18.8% 39. 7% 3.2% 590 複合サ ビス事業 36.2% 2. 2% 9. 9% 50.8% .8% 362 サ ビス業(他 分類されないもの 1.9% 26.2% 15.0% 11.2% 45.8% 107 1,000人以上 . 1% 15. 8% 9.3% 11. 3% 58.0% 5.4% 1,876 300~999人 .1% 25.0% 7. 8% 13.4% 51.5% 2.2% 771 100~299人 27.5% 10.8% 13.9% 45. 6% 2.2% 546 30~99人 30.4% 11.6% 18.3% 39. 3% .5% 405 5~29人 3.2% 27.3% 19.1% 24.8% 25. 5% 282
さらに見せる

317 さらに読み込む

資料シリーズ No128 全文 資料シリーズ No128 中小企業における若年者雇用支援施策の利用状況 (若年社員ヒアリング調査報告)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズ No128 全文 資料シリーズ No128 中小企業における若年者雇用支援施策の利用状況 (若年社員ヒアリング調査報告)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

ま え 昨今 景 気回 復 若 年者 雇 用状 況 足 改善 し い し し 今日 若 年 者 雇用 問題 構 造的 長期 的 背景 生 い こ 加え 学校卒 業時 滑 就 職 っ た 適 キ ャリ ア形 成や 職 業的自 立等 そ 後 職 業人 生 い 大 困 難 抱え 可 能 性 あ 常 取 組 続け 課 題 一 あ いえ う そ た 政府 様 々 若 年者雇 用支 援施 策 実 施し た こ 制 度 効 率的 効 果的 運 用 た 現行 制 度 活 用状 況 び そ 制度 及 ぼし た 影響 効果 い 現 状 把握 し 改善 策 検 討し いく 必要 あ 本研 究 以上 問 題 意識 実 際 こ 制度 活 用し 主 中 小企 業 就 職 し い った 若年 者 ヒ アリン 調 査 実施 し た
さらに見せる

211 さらに読み込む

資料シリーズNo2 全文 資料シリーズ No2 リストラと雇用調整|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo2 全文 資料シリーズ No2 リストラと雇用調整|労働政策研究・研修機構(JILPT)

一方、 1992∼1997年度リストラ実施した企業とそうではない企業比較すると、 リ ストラ実施直前 (中) 1998∼1999年度において実施企業は有意な減少傾向があるに対し、 実施直後2000年度においては逆増加傾向が観察される以外は、 大きな差はない。 それでは1999年度雇用調整方法選択と従業員あたり経常利益増減と関係はどのよう なっていただろうか。 これ表4−2と同様まとめたが表5−2である。 まず、 希 望退職募集採用した企業がリストラ実施年度である1999年度まで一貫して減少傾向維 持していたことがわかる。 保有従業員に対して十分な経常利益あげることができない状態 が長期にわたって持続していたことがうかがえる。 これに対して早期退職優遇制度導入・ 拡充によって対応した企業と転籍出向によって対応した企業は1995∼1997年度にかけて明確 回復傾向描いた。 解雇選択した企業はサンプルサイズが小さくあまり参考ならない が、 変動がかなり激しい。 リストラ実施直後利益減少は希望退職募集でもそれほど大 きくない。 資産と比較して従業員大幅な減員実施できたためと考えられる。 リストラ実 施後2000∼2001年度回復傾向については、 転籍出向中心すえた企業で遅い傾向があ るほかは大きな相違は観察されず、 2002年度は例外なく利益減少経験している。
さらに見せる

70 さらに読み込む

調査シリーズNo44 全文 調査シリーズ No44 ものづくり産業における人材の確保と育成 ―機械・金属関連産業の現状―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査シリーズNo44 全文 調査シリーズ No44 ものづくり産業における人材の確保と育成 ―機械・金属関連産業の現状―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

従業員規模と関連見ると、「正社員が高度な業務専念できるようなった」「突発的 な業務量増大対応できるようなった」、「ノウハウ蓄積・伝承が難しくなった」 「非正社員・外部人材に対する教育訓練負担が増した」、「正社員採用・配置において即 戦力志向が強まった」各項目で、従業員規模より大きい事業所グループにおいて回答率 が高まる傾向が見られ、なかでも、「正社員が高度な業務専念できるようなった」「突発 的な業務量増大対応できるようなった」、「ノウハウ蓄積・伝承が難しくなった」 3 項目では、従業員 300 名以上事業所における回答率が目立って高くなっている。 業態別集計すると、主「最終製品生産、自社ブランドで販売」する事業所、主「自 社仕様で部品または材料加工・生産、不特定ユーザー販売」する事業所では、「正社員 が高度な業務専念できるようなった」と回答する事業割合が相対的見て高く、主 「受注先図面基づいて、部品または材料加工・生産」している事業所では低い。 また、主「自社仕様で部品または材料加工・生産、不特定ユーザー販売」する事業 所では、「突発的な業務量増大対応できるようなった」こと、技術部門職場おけ る変化や影響として挙げる事業比率も、他業態比べて高くなっている。技能者・技術
さらに見せる

334 さらに読み込む

第Ⅲ部資料編 調査シリーズNo126「ものづくり企業の新事業展開と人材育成に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第Ⅲ部資料編 調査シリーズNo126「ものづくり企業の新事業展開と人材育成に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

4 育成行う予算が不足している 10 その他(具体的: 5 指導される側能力や意欲が不足している ) 6 指導する側能力や意欲が不足している 11 とくに課題となっていることはない 問 13 現在、技能系正社員うち、採用後3年超えるまで勤めている人割合(定着率)は、①新卒採用、 ②中途採用でおおよそどの程度ですか。それぞれ下選択肢番号1つ記入してください。
さらに見せる

183 さらに読み込む

第Ⅱ部企業インタビュー調査結果 調査シリーズNo126「ものづくり企業の新事業展開と人材育成に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第Ⅱ部企業インタビュー調査結果 調査シリーズNo126「ものづくり企業の新事業展開と人材育成に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

― る程度水準まで蓄積していた。1987 年は、医療用具製造許可取得する。当初は、人工 関節製造持ちかけた病院向け細々と生産していた。 同社が本格的医療器具製造乗り出すは、千葉大学と連携開始してからである。 同大学は、80 年代から、川崎製鉄と間で医療用具向けチタン合金研究進めていた。だ が、医療用具は、前述とおり、作ったからといって必ず売れることが保証されるわけでは なく、大量生産行う大企業にとっては、リスクが大きいことから、川崎製鉄側は研究継続 断念、千葉大学は新たなパートナー探していた。当時、川崎製鉄と取引あった同社が この話聞きつけた。チタン合金製人工関節は、顧客要望応じて、製品一品一品カ スタマイズする必要があるため、大量生産は向かないものの、プロペラ比べると付加価 値が高く、中小企業が手がける適した製品であることから、本格的製造乗り出すこ と決意した。
さらに見せる

42 さらに読み込む

調査シリーズNo177全文 調査シリーズNo177『ものづくり産業を支える企業の労働生産性向上に向けた人材確保・育成に関する調査結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査シリーズNo177全文 調査シリーズNo177『ものづくり産業を支える企業の労働生産性向上に向けた人材確保・育成に関する調査結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 章造 回答企業 属性 プ シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 設立時期 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 本社所 地 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 業種 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 現 主力製品 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 4 業務範 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 4 主 商圏 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 5 引高 最 多い企業 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 5 引高 最 多い企業 売 割合 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 5 過去 間 引高 最 多い企業 依存度 推移 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 6 海外売 高比率 後 見通 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 6 最大 競 相手 立地地域 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 7 う 強 企業 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 7 直近 決算 間売 高 営業利益 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 直近 決算 間売 高 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 前 比 売 高 変化 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 直近 決算 間営業利益 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 前 比 営業利益 変化 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 営業利益率 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 ISO 得状況 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 ISO 品質 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 ISO 環境 ン シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由0 自社 環境変化 対 認識 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由0 後 経営見通 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由甲 自社 人材 基本的 特徴 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由甲 社員 状況 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由申 正社員 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由申 従業員 正社員+直接 用 非正社員 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由申
さらに見せる

164 さらに読み込む

資料シリーズNo36 全文 資料シリーズ No36 非正社員の雇用管理と人材育成に関する予備的研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo36 全文 資料シリーズ No36 非正社員の雇用管理と人材育成に関する予備的研究|労働政策研究・研修機構(JILPT)

-」- 序 論 1 . 本 研 究 目 的 働 く 人 々 就 業 意 識 多 様 化 や 労 働 移 動 増 大 、 そ し て 企 業 る 人 材 即 戦 力 志 向 高 ま 、職 務 再 編 柔 軟 化 、業 務 変 動 応 た 雇 用 量 柔 軟 な 調 整 等 伴 い 、199 年 代 入 て 、 日 本 労 働 市 場 で 、 長 期 雇 用 関 係 下 で 働 く い わ ゆ る 正 社 員 が 減 少 し 、 パ ー ト 、 ア ル イ ト 、 契 約 社 員 と い た 非 正 社 員 及 び 派 遣 労 働 者 ・ 請 負 労 働 者 と い た 外 部 労 働 者 が 増 大 し て い る こ う し た な で 、 所 得 得 る 機 会 と し て け で な く 、 職 業 能 力 開 発 や 続 的 な キ ャ リ ア 形 成 が 可 能 と な る 職 業 生 活 、 現 在 い て も つ 将 来 的 も 確 保 ・ 実 現 す る た 、 す て 働 く 人 々 対 し て 能 力 開 発 機 会 が 提 供 さ る こ と が 不 可 で あ る し し な が 、 非 正 社 員 及 び 外 部 労 働 者 、 正 社 員 比 て 、 能 力 開 発 機 会 機 会 が 量 や 質 で 劣 る こ と 否 定 で 、 現 状 ま ま で こ う し た 人 々 職 業 能 力 開 発 と 蓄 積 が 進 ま な い た 、 キ ャ リ ア 形 成 支 障 生 る も し な い さ 、 将 来 的 、 我 が 国 け る 技 能 蓄 積 や さ 労 働 生 産 性 低 下 引 起 こ す 可 能 性 も 指 摘 さ て い る
さらに見せる

209 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題