トップPDF 日本人学習者の目指す明瞭性()の高い英語発音とは 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本人学習者の目指す明瞭性()の高い英語発音とは 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本人学習者の目指す明瞭性()の高い英語発音とは 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 .学習英語発音に対する考え方  外国教育における発音指導分野に、二つ相対する考え方が存在する。ひとつ意見 、目標言語母語話者に近い発音を習得すること可能だし、それを目標にすべきだという 考え方である。二つ目考え方、「外国なまり」があっても構わないから、わかりやすく明 瞭な発音を目指すべきだというものである。Levis(2005)前者を母語発音原則(nativeness principle)、後者を明瞭原則(intelligibility principle)呼んでいる。行動主義心理学に基盤 をおく audiolingualism が主流を占めた 1960 年代以前時代において、ネイティブ発音目指すべきという、このような母語発音原則が優勢であった。しかし「完璧」なネイティブ発 音でなければならないする極端な主張、それ以前発音教育歴史を遡っても多く無か ったようである。たとえば Jones(1956)「“よい発音誰にでも分かりやすい(intelli- gible )な発音で、“悪い発音、ほとんど人が理解しにくい発音」だいう。このよう に 1950 年代においても、発音「理解されやすさ」重要視されていたことがうかがえる。  誤答分析(error analysis)研究分野で学習エラーを種類別に分類したり、中間言 特徴を分析したりすることが、その主な関心事だった (Schachter, 1974;Scott, 1974)。学 習発音誤りを分析し、いかにすれば母語発音干渉から生じる発音誤りを防ぐことが できるかが研究焦点なっていた。この時代で学習発音エラーを分析・分類し、 どのようにすればエラーを防いで、英語母語話者発音に近づくことができるかが研究中心 であった。コミュニケーション話し手聞き手間で成立するが、この時代、話し手であ る学習発音が主な分析対象になっていた。
さらに見せる

13 さらに読み込む

初めての英語発音指導 ―英語の歌を歌おう― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

初めての英語発音指導 ―英語の歌を歌おう― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、日本、ほぼすべて音に母音がくっつきますから、日本語を話すとき声帯が震 えます。試してみる分かりますが、喉仏辺りに手をつけて日本語を声に出してみて下さい。 声が発せられている間ずっと声帯が震えているが感じられるはずです。つまり、日本音 に母音がくっついているため有声音なり声帯が震えるです。有声音声帯を震わせて発 する音で、わずかな量出し入れで済む胸式呼吸で十分なです。つまり、腹式呼吸を使 ってたくさん息を吸いこみ、それを勢いよく吐き出さなくても日本語出せるというこ です。その結果、英語母語話者に比べて、日本語母語話者頻繁に息継ぎをすることになり ます。一方、英語子音だけを出す頻度が高いため、つまり、声帯を震わせて発生する頻度が 日本語より低いため、英語母語話者頻繁に腹式呼吸をしています。
さらに見せる

16 さらに読み込む

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

瞭で自然な発話が要求される 1) 。さらに高度なコミュニケーションを想定した場合、たとえば ニュースようにスピードある発話を理解するために、意味なる間に短く挟ま れる文法要素を的確に聞き取らなければならない。また長いセンテンスを、ある程度スピー ドで、適切なイントネーションで「読む・言う」為に、日本存在しない結合現象習 得が不可欠だ。たとえば前置詞 de 定冠詞 la が続く場合、前後関係によって[də la] ではなく、de [ə]が脱落して[dla]つながり、[d]から[l]へ移行部分で一種破 裂音(両側外破)ができる。この結合現象を聞いただけで 2 つ子音があることを知覚し、真 似できる日本人学習ほとんどいない。この結合現象を知らない学習多く、[d]ある い[l]どちらか一つ子音として聞き取る。その結果、前置詞 de を使わずに名詞を 2 つ続けたり、de 後ろ名詞冠詞が必要であっても省略をしたりするなど間違いが定着し てしまう。このように発音聞き間違いが、文法基本的な間違い原因なっていること 珍しくない。
さらに見せる

20 さらに読み込む

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

必要ない判断していた。結婚リスク利点をレノックスよく考慮し、目をよく開 いて結婚するだ。人にそれぞれ好みがあるし、三五歳ジョン・レノックス、エベレッ トが見かけどおり女性でまったくないかもしれない忠告されなければならない年齢で ない。バクスターこのように、レノックス二人目妻として可愛いだけ女性 ― 人をも てなしたり、彼金を絵ように美しく使ったりすることに才能ある女性 ― を意図的に選 んだ思い込んだ。バクスターにこの気の毒な男性情熱真剣な性質について何も 分からなかったし、バクスターが幻想呼ぶものにレノックス幸せがどの程度抱き込まれて しまっているかも分からなかった。彼唯一関心事仕事を上手く仕上げることだけだっ た。人を魅了するマリアン顔に対して彼が以前持っていた関心おかげで、その分だけ彼 仕事上手く仕上がった。性格造形におけるあの力、そして、レノックス関心を捉えた現実 あの深さを実際バクスターが肖像画中に吹き込んだこと紛れもない事実だった。しかし それ、彼がまったく意識せず悪意を持たずにしたことだった。バクスター芸術家として 気質が失望を糧にし、喜び苦悩によって脂肪を蓄え、バクスター人として部分に旺盛な 影響力を発揮した。つまり、簡単に言ってしまう、この若い男性本当意味で芸術家だっ たということである。強力で感じやすい彼性質測り知れない奥深い所で、彼才能交感し、失望諦めという重荷をキャンバス上に移し換えたであった。マリアン ちょっとした関係あと、バクスター一生愛し続け信頼し続けることができる感じた若い 女性知り合った。この新しい感情によって目を覚まされ力づけられた彼、古い恋愛によっ てできた不足をよりはっきりした明晰さで埋めることができた。それゆえ彼心を込めて肖 像画を描くことができた。彼にそれ以外に何かできることがあるなどエベレットに想像も できなかっただろう。彼底から正直に最善を尽くした。その確信招かれなくても訪れ たし、そのために彼正直ささらに優れたものなった。
さらに見せる

30 さらに読み込む

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 中国「近代化」において、最大誘因何だろうか、また、最も大きな変化何か。こ れまでに中国近代的変化について、「西洋文明的接触同时直接在我们的语文 发生了影响, 最重要的是词汇的改 ,新的词语跟着新的物件和新的思想像潮水一样的涌 来 其次是文法方 面,也增加了好 新的语句组织的方式 (西洋文明接触同時に直接われわれ言語に影響 を及ぼされた。最も重要な語彙改造である。新語新しい事物、思想が怒濤ように入 ってきた。次文法面である。新しい文型も多く増えた)」という呂叔湘指摘からも分かる ように 9) 、その誘因西洋言語接触に帰し、「現代中国欧化語法現象」という名下で 考察が行われてきた。意識的でないにせよ、日本から影響を軽んじられた。事実として 、中国語彙面において日本影響を最も大きく受けたが、このような語彙増加こ れまで言語本質無関係なもの考えられてきた節がある。王立達「関于、対于」など 複合前置詞を日本語から借用主張し(「現代漢語中従日借来的詞彙」『中国文』1958 年)、強い反発を受けた。確かに日本語に「関于、対于」という語形が存在しない。王論文 趣旨日本語「関して、対して」影響によって、中国に「関于、対于」という複合前置 詞が発生、或いは頻用されている現象を指摘しているものであろう。現在「関于、対于」目 的を前置させる前置詞として王論文が発表された 50 年前よりも盛んに使用されるようになっ た。筆者、中国最も大きな近代的変化 3 点になる考えている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

アディナ ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アディナ ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

念につきまとわれた。ついにその疑念があまりにも大きくのしかかってきたので、私小型 馬車を雇い再びアルバーノに戻った。午後遅く宿に到着したが、スクロープたちに宿で会える かどうか分からなかった。実際、彼ら散歩に出かけていて、宿主人も彼ら行先を知らな かった。彼らが帰って来るまでその小さな汚い町をぶらぶらする以外にすることがなかった。 アルバーノ湖ほとりカプチン派修道院を覚えておられるだろうか?私そこまで歩いて 行った。教会入り口がまだ開いていたので、私中に入って行った。夕暮れが教会隅に忍 び寄っていたが、何か信仰上儀礼か、多くろうそく灯りで祭壇明々照らされていた。 薄暗い中で、ろうそく灯りようにきらきら輝いていた。あちらこちらでひざまづい た人影がぼんやり自ら存在を示していた。それ組み合わされた明暗が織りなすちょっと した作品だった。私座ってそれを楽しんでいた。しばらくして、私近くに座っている若い 女性が熱心に祈っている姿に気がついた。手上に組んで置かれていた。顔上を向き、 奇妙に開いた目光輝く祭壇を見つめていた。ご存知とおり、私たち家庭暖炉輝き 中で様々なことを想像するものだ。この若い女性ろうそく中で恍惚するような啓示 を読み取っているように見えた。彼女表情がとても特異で、それが彼女正体を偽装してい たので、自分がアディナ・ワディントンを見ているだという認識突然衝撃とともにやっ て来た。私彼女同行を探したが、彼女一人ようだった。彼女をこっそり観察する権 利私にないように思えたが、彼女に声をかける気にも黙って立ち去る気にもなれなかった。 夕闇がせまっていた。彼女に連れがいないどういうことなだろう?彼女残り人たち を待っている結論づけた。多分スクロープ、ご婦人たちに許されない特権、つ まり、修道院テラスから夕日を見るために中に入って行き、ワディントン夫人スケッ チためメモをとるために教会外をぶらぶらしているだろう。私向きを変え教会側 壁に沿って反対側にいるその若い女性に近づいた。今度私が近づいてくることに彼女が気づ いた。祭壇から目を離して私方を向き、しばらく私顔を見つめていたが、どうやら私だ 気がつかなかったようである。しかし、ついに彼女がゆっくり立ち上がったとき、彼女が私 に気づいたことが分かった。彼女カトリック教徒になり異端である友人たち袂を分かつ 準備をしているだろうか?
さらに見せる

37 さらに読み込む

自己調整語彙学習における自己効力感の影響 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

自己調整語彙学習における自己効力感の影響 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

習を計画したり(プランニング)、学習を行っている間に使用している認知方略がうまく使えて いるかを考えたり(モニタリング)、使用した方略が効果的であったかなどを振り返る(評価す る)などという、より高次な(=メタ)レベル行為や思考考えられる、メタ認知方略(meta- cognitive strategies)である。メタ認知方略、語彙学習において認知方略よりも重要な要素 であることがわかっており、語彙学習がうまく行える学習、メタ認知を使った「体系的な 学習方法」(structured approach)を用いていることが明らかになっている(Fan, 2003;Gu & Johnson, 1996;Kojic Sabo & Lightbown, 1999;Sanaoui, 1995)。また、語彙学習方略指導にお いても、メタ認知方略を含むほうが、認知方略のみ指導よりも効果的であることが知られて いる(Mizumoto & Takeuchi, 2009;Nyikos & Fan, 2007;Rasekh & Ranjbary, 2003)。  このように、語彙学習方略研究で(他学習方略研究同じように)、認知方略メタ認知 方略を主な対象することが多いが、動機づけ、学習スタイル、年齢、性別ような個人差 (individual differences)要因も同時に調査され、語彙学習方略使用に影響があるということ が報告されている(Catalán, 2003;Gu, 2002;堀野・市川,1997;Kojic Sabo & Lightbown, 1999;Mizumoto, 2007;Nakamura, 2002;Schmitt, 1997)。外国学習における個人差で、動 機づけがもっとも重要であるということ言うまでもないが(Cohen & Dörnyei, 2002;Dörnyei, 2005)、語彙学習方略においても動機づけ大きな影響を及ぼすことが明らかにされている (Mizumoto & Takeuchi, 2008;Tseng & Schmitt, 2008)。動機づけがなければ、意図的に語彙学 習方略を使用することないだろう。逆に、語彙学習方略知識が不足している場合に、動 機づけが高かったとしても効果的な学習ができない。このような理由からも、語彙学習方略 動機づけ別々構成概念としてこれまで研究されているものの、表裏一体ものである考 えられる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 だが、同じく表 1 が示すように、A も B も、日常生活において二言語を併用あるいは混合 していることに注目する必要がある。特に A 、キルギスを学んでいる外国話す際に、 ロシアが混ざらないよう努力する証言しており、当該インタビューにおいて、主なる 言語がキルギスである通常会話に比べ、CS 発生頻度が特に低かった可能が考えられ る。C も同様に、日常生活における言語使用について「ある人ロシアで、別キ ルギスで話す」証言しており、いずれか言語が主なる言語として選択される場合があ ることも十分考えられる。すなわち、本稿で明らかになった CS 頻度パターン・特徴が、各 インフォーマントに常に当てはまるわけでないである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

量、すなわち、外国教育深く関連する母語・早期英語教育・ネイティヴスピーカー等問 題に寄せる気概厳粛な認識、そしてその志操に敬服せざるをえない。  月刊雑誌『新潮』〈2009 年 1 月号〉「特別対談:日本危機ウェブ進化」において水 村美苗、インターネット専門家である梅田望夫対談し、その場で日本語将来に対する 強い危機感を吐露している。「西洋ロゴスに地球が支配されないために、非西洋国語 して日本語を維持していく。それこそが人類的ミッションでないか」(水村美苗/梅田望夫  347)揚言する水村美苗、対談梅田望夫相手に深い焦慮に駆られつつ、「グローバリゼ ーションいうけれど、その一方にグローバリゼーションに回収できないローカルいうか、 個別的なものがある。それ人間が地球さまざまな土地に住み、さまざまな母語を話してい る限り、必然的に存在するものですよね。だから、ローカルであることを意識しつつ、そのロ ーカルな環境で生きる運命をどう引き受けるかということを、日本で書くことでもって人類 に向けて示していかなければならない。すべて人が人類に向って直接書く目指す必要 ない。あえて言えば、人類という抽象的な対象に向けて書かれたこと、ローカルな人間に向 けて書かれたことがちがう日本人が日本語で読み書きして示すことが、人類へ貢献にも なる思うんです。すべて人が英語という人類で書いてしまったら、世界とても退屈な ものになってしまう。…………………グローバルなものに回収しきれない世界存在を訴え続 けることこそ、パブリックな行為だ思うんですよ」(水村美苗/梅田望夫 355)、持論を ぶつ。英語支配という問題に敢為精神で立ち向かう水村美苗肩肘張らない率直な意見を 傾聴するに如くないだろう。新たな主体確立を希求して日本語世界に帰って行った吉 田健一水村美苗決断勇気、筆者心に漣が立つ。
さらに見せる

19 さらに読み込む

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ウイドブロがこの詩集に載せた詩編、「額絵」として鑑賞されることを意識してか、どれも が短い。比較的に長い「急行列車」でも、2 ページに収まってしまう程度 40 行に過ぎない。 そのことが、本質的に斬新な詩を、新しい手法に不慣れな読者にとっても分かりやすいものに している。またグリスが指摘していることだが、用いられる単語も、観念的で日常になじまな い、奇を衒ったようなものでなく、より詩人身の丈に応じた平易な言葉になっている。キ ュビスム画家が『北極詩』美点であるするこの特徴、パリ違い、この種詩に 対して一切免疫を持たなかったスペイン詩人たちあいだに熱心な支持を得た一因な った。そうしたなかで誕生したが、スペインにおける最初前衛主義ウルトライスモである。 彼ら、シュルレアリスムがその中心に常にブルトンを抱いたようにウイドブロをその懐に 迎えることをせず、むしろ反力を高めていったが、1922 年に機関紙「ウルトラ」が廃刊なり 運動が解消した後も、スペイン詩底流にその反響を残した。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 「そうです!」言った。「肉体魂が一緒でなければならないという恥ずべき必要さもしい譲歩なんです。ときどき、たとえ一時間でも耐えられない感じるときがあります。 このような犠牲を払って真実について語るを聞いてもらうくらいなら、たとえ運命命ずる ところにしたがって溺れようとも、あの厚かましいペテン師別れた方がましだ感じるとき があります。黙って口を閉じ、あの男卑劣な詐欺行為に対して少なくとも私要求もし ない主張することで万事おさまっているですが、彼付き合っていること自体が制裁であ り、あのいまいましい見世物に参加していることが純粋な真実へ冒涜なです。ご覧とお り、私不幸にも何かを信じてしまったです。知ってしまったです。そして知性に関して 、毒を含んだくずを口にするか、真科学という熟した甘い果実を口にするかが重要である 考えているです!私毎晩目を閉じ、顎を固定し、歯を噛みしめているです。しかしあ くだらない戯言を聞かざるを得ないです。始めから終わりまで恥ずべき嘘塊です。 今でもうすべて暗記してしまいました。立ち上がって私にもぺらぺら話すことができます。 それ一日中私耳で鳴り響いています。長い布きれをかぶせたテーブル下に屈み込んでテ ーブルを叩いている恐ろしい夢を見るです。外に教授が立っていて聴衆に向かって『これ アルキメデス霊です』言うです。そして、私息苦しくなってテーブルをひっくり返し 千人も前に詐欺師共犯として登場するです。私無視された人類へメッセージ 価値があまりにも大きく、あまりにも計り知れないので、私がそれを口にすることを可能に する手段正当だ信じることができる瞬間があります。黄金島に向かって航海するとき、 力を誇示する海賊がその船を大洋に引っぱっていってもかまわないです。そのような気分で、 目をつぶって聞かないようにしながら壁にもたれて陰に座っているとき、本当に聞こえない です!私はるか遠いところにあるです ― 空中に浮かび、発明翼に乗って高く舞 い上がっているです。しかし突然、忌まわしい現実が私に襲いかかるですが、ここに座っ ているが本当私 ― 山ような黄金よりも一粒科学的真理が貴重だ考えている私 ― だという自分感覚が信じられなくなるです!」
さらに見せる

28 さらに読み込む

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「何もかもを」という部分に対応させるという構想である。“I could see”原文にない が、これも前半部“making . . . look like”対応させて、この風景を眺めている「僕」視 点を強調したものである。このほか、“a thick layer of rain cloud”単に“a thick cloud”だ けでいいないか、“going down through”する「(くぐり抜けて)落下[墜落]し」 というニュアンスになってしまうないか等意見や、「やれやれ」をどう表現するか、 いった点についてさまざまな意見が交わされた(注:ただし、この時点で自主的な議論とい うよりも、講師誘導による意見交換域を出ていない。この点について改めて触れる)。  なお、前述とおり、この課題意図あくまでも「英語学習一環ということであり、 本来意味「翻訳」(または「翻訳教育」)を目指したものでない。したがって、出来上が った訳文「翻訳」としてとくに問題しない。指導する側から見て重要なこと、 ⑴ 訳出という作業を通じてテクストを別視点から眺めるという経験をさせること、その上 で ⑵ 日英言語構造上差異について理解をより深め、これを ⑶ 最終的な目標である「言 メタ意識」養成へつなげていく、ということである。
さらに見せる

30 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 .ASEP2010 から見えること  2010 年度 ASEP における参加学生言葉による、「英語外国として使う人同士コ ミュニケーションに必ず衝突や不完全な意思疎通」があるため、「自分たちこういう風に プレゼンを作りたい説明する交渉力」や、「自分が主張したいことに説得力を持たせるため コミュニケーション能力が必要であることに気づく」という ASEP 効果がみられた。さらに、 リピーターから「Presenter 経験として、Coordinator がプレゼン内容についてもう少し踏 み込んだ意見を与えてあげられたら良かった」指摘があった。このこと、意見や価値観 対立からコンフリクトが発生して、それを解決するために両グループが苦心しており、その ことをリピーターが歯がゆい思いで見守っている状況を示している。
さらに見せる

7 さらに読み込む

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

竹 内   理  我々が敬愛する北村 裕先生が、65 歳定年を迎え、本学をご退職になられる。言葉で言 い表せない、強い寂しさを感じずにいられない。  北村先生、お互い前任校時代から数えて、もう 25 年を越えるおつきあいなる。私が まだ 20 代後半、先生が 40 代前半時であった。学会でお会いしたが初めてであったが、そ 素晴らしい英語力に感服するしかない、印象を覚えた。その後、先生が長期留学経 験を一切持たず、日本でのみ英語を学んできたという話を聞き、ふたたび驚いた次第である。 また、ご研究面でも、パソコンという言葉がまだ一般化していない時代に UNIX ワークス テーションを駆使して、まさに外国教育工学という言葉にふさわしい業績を打ち立てられて いた。その後も、ベルギー著名な心理学者 G. d’Ydewalle 先生共著で眼球運動に関する認 知心理学的研究を行われたり、米国 CNN 社契約して英語教育教材を開発されたり、常に フロントランナーとして、面目躍如たる活躍を続けられていた。これらに加えて、恩師大西 昭男先生(関西大学元学長・理事長)薫陶を十分に受け、幅広い分野で深い教養をお持ちで もあった(更にフルート名手でもある)。このように、私からすれば、北村先生真に仰ぎ見 るような存在であった。その先生、国際研究大会実行委員会メンバーとして、またその後 、(先生が愛してやまない)関西大学同僚としてご一緒させていただき、間近に接する機会 が持てたこと、後研究・教育として人生に大きな影響を与えたこと言うまで もない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 これら先行研究が示唆している点、まず、現行あるいは今後多様な社会変化に鑑み て、「ネイティブ」「ノンネイティブ」という二項対立的な見方を脱する視点が要求されている ことが挙げられる。また、ネイティブ・スピーカー存在そのものを疑問視したり、ネイティ ブ・スピーカーを言語学習モデルすることを問題視したりする意見もある。例えば、Cook ( 2002 )、目標言語ネイティブ・スピーカー言語能力や言語使用を目指すことが、必ず しも第二言語学習最終目的でないことを主張している。この主張に、ノンネイティブで ある第二言語学習、ネイティブように振舞う必要なく、ノンネイティブであること 利点を活かした言語能力を獲得するべきであるという考えが念頭にある。しかし、実際に、 この「ノンネイティブであること利点を活かした言語能力」が何であるかという説明、ど 研究においても明確になされないまま、今日に至っている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

人種偏見のメカニズム 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

人種偏見のメカニズム 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

その文明社会構成を破壊することない。勝利が得るもの獲得かもしれないし、敗 北喪失受け入れられるか、あるいはそこから復興するかもしれない。弱い部族消滅さ せられるかもしれないが、それによって勝利弱められることない。しかし相互依存 した国家間で戦争が起きる、獲得したもの獲得でなく、失ったものを回復するに戦い あっている両サイドをさらに破壊することしかできない。そうなると戦争社会的悲劇なる。  つまり社会に対する戦争危険殺人に対する二重基準だけでない。本当脅威社会 状況に反して戦争が始まり、社会を破壊へ導く場合である。近代金融、商業、生産、美術 科学発展が各国間相互依存を頂点に至らしめた時に、第一次世界大戦が社会的破壊をも たらす戦争最たるものなった。近代的な状況下で戦争を起こすこと征服される国にとっ ても、征服する国にとっても同じような社会的災難をもたらすことに気づかねばならない。現 在戦争に関する重要な事実、宿命主義考え方がいかにナンセンスかを示している。彼 ら単なる聴衆になり、現実戦争、体右側傷を治すために左側を切り刻むようなもの なのに、宿命主義ただそれを見ているだけだった。ナイフや銃や爆弾を使って、苦しんで いるを見て宿命主義「身動きがとれていない。やろうしていることができていない。 体つくりがなっていないだ」言っているようなものだ。何もできないあたりまえだ。 体部分炎症が右側まで広がり、右脚が動かなくなる、残った左脚で進めない。も し医者なら、「こんなことをやめない限り、死んでしまいますよ。回復させるに、血液体全 体を循環しており、体一部を切りつけてしまう死に至るということに気づくことだ」言 うだろう。
さらに見せる

21 さらに読み込む

アメリカテレビニュース英語の音声特性―音響分析から 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アメリカテレビニュース英語の音声特性―音響分析から 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

3 .プロソディ,その他における音声特性 3 . 1  強勢拍リズム  英語を聞いている,そこに独特リズムがあることに気がつく。このリズム主として, 文中強く聞こえる音節が,ほぼ等しい時間間隔で現れる傾向があることによって生まれる いわれている。このような英語に特徴的なリズムことを強勢拍リズム(stress-timed rhythm) いう。英語他にオランダ,ドイツ,デンマーク,ロシアなども強勢拍リズムを持 つ言語である。他方,フランス語,スペイン,ギリシャなどで強音節,弱音節如何に かかわらず,すべて音節が時間的に等間隔で現れる傾向がある。そのようなリズムことを シラブル・リズム(syllable-timed rhythm)いう。また,日本各モーラがほぼ等しい強 さ・長さで発音されるモーラ・リズム(mora-timed rhythm)を持つ言語いわれている。  日本人英語学習がセンテンスを音読する,1 つ 1 つ音節を区切ってポツポツ同じ 強さで発音することがよくある。これ,日本モーラ・リズムをそのまま英語発音に転化 しているからである。日本語で,文中各モーラをほぼ一様強さ・長さで発音する傾向が あるが,英語アクセントある強音節弱音節に比べて際だって聞こえる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ベネディクトが生きた第二次世界大戦前後アメリカ社会、黒人、ユダヤ人、女性に対す る偏見ばかりでなく、少数民族、敵国民、性的マイノリティーに対する偏見が充満している社 会だった。そのような偏見に対してベネディクト感情に流されることなく、あくまでもアカ デミックな手法で、偏見社会が作り出すもので、一つグループ人間が別グループ人 間に勝る言えないことを淡々論じている。それ、ベネディクトネイティヴ・アメリ カン研究においても、日本研究においても、一貫して保っている姿勢である。そして、ベネ ディクト自分考えを証明するため努力を惜しまなかった。戦争足音が刻々近づいて いる中、ボアズ懸命にユダヤ人へ差別無意味さを説き、ベネディクト戦争を引き起こ す社会構造を分析した。彼ら努力もむなしく、アメリカが戦争に突入した時落胆大き かったに違いない。戦争が終わりに近づく、ベネディクトアメリカ政府を説得するために よりいっそう科学的な手法で日本人行動パターンを分析し、それを悪決めつけられない理 由を明確にした。当時アメリカ政府がベネディクトやボアズような研究に耳を傾け、彼 ら意見を少なからず尊重したこと、歴史において幸いなことだ言える。
さらに見せる

3 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

るよう牧野(2010,2012b)を参考に,歌詞一部を抜いて空所を作った歌詞シートを配布し, 曲 2 ) を聞きながらその空所に聞こえた単語を書きとらせた。曲を 2 回聞いた後,学生グルー プでシートを確認しあい,わからないところ意見交換を行った。さらに,もう 1 度曲を聞き, グループで再度シートを見合わせた後,答え合わせをする。次に,シートを見ながら,クラス 全員で CD に合わせて歌を歌うが,その際,歌いにくい思った箇所に下線を引くこと,また, すでに練習している子音単音についても意識して,正しい発音で歌うことを指示した。一度歌 い終わった後,どこが歌いにくかったかをグループで確認しあい,どのように発音すればよい かを考える。その次に,筆者が歌詞に沿って一行ずつ英語リズムや音つながりについて解 説する。例えば, You had a bad day. であれば, You・had・a・bad・day. 日本語よう に一語一明瞭発音するなく, had a 下線部を「ダ」ようにつなげて発音する ということを説明し,筆者がその部分を歌って聞かせた。学生説明を受けた個所を,CD を かけずにクラス全員で数回歌う。さらに,うまく歌えない箇所グループで練習し,その間, 子音単音セッション同じように,筆者学生発音に助言するため,教室を回った。最後 に仕上げとして,全員で一緒に歌う。なお,歌セッションでも,子音単音練習同じよう に,練習前・練習後に 2 ∼ 3 文を発音させ,携帯電話で撮影させた。この場合構えを比 較するなく,英語リズムや音つながりに変化があるかを聞くためである。
さらに見せる

14 さらに読み込む

通訳の仕事 ―通訳者に必要な資質と能力の養成 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

通訳の仕事 ―通訳者に必要な資質と能力の養成 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

なチーム数を揃えたりします。英語で大学通訳訓練コースを終了して、B クラスで仕事を 始めているならば、会議通訳としてデビューチャンスです。 5 . 2 . エージェント通訳養成校  サイマルインターナショナル、インターグループ、日本コンベンションサービスなど国際 会議や記念行事など企画から実施まで全体運営一環として通訳派遣をしていますが、専 属英語や中国通訳がいます。このような大手エージェントが提供している通訳養 成コースで通訳訓練を受けることが出来ます。英語や中国上級英語・中国レベル から本格的な同時通訳訓練まで一貫したコースで訓練を受け、専属になり、会議通訳し て仕事を始めることが可能です。英語以外外国場合、受講生レベル人数問題が つきまといます。エージェントや語学学校通訳という名ついた授業せいぜい週一回授 業しかありませんので、自分知識や外国不足部分などに気づくきっかけや練習方法発 見になりますが、そこで訓練を受けて技術を磨く練習充分に出来ません。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題