トップPDF ニュースレター vol2 BGC NewsLetter Vol2

ニュースレター vol2 BGC NewsLetter Vol2

ニュースレター vol2 BGC NewsLetter Vol2

秋田セッ ョン開催記~講演 研究発表 秋田セッ ョン開催記~男鹿半島 オパ クの見学 2 日目 男鹿半島 大潟 内 鵜 崎海岸 館山崎 潮瀬崎 寒風山 大 潟 富 士 各 サ 拓 記念 博 物 館 見 学 サ 石 建 氏 解 付 当 地域 大地 歴史 観察

8 さらに読み込む

ニュースレター vol3 BGC Newsletter vol3

ニュースレター vol3 BGC Newsletter vol3

ミニ ンポ終了後 12 件 ポ タヸ発表 あ ポ タヸ ッ ョン 郎湖や 児島湖 堆積物 物理 学特性 土壌動物 N 2 O 発生 関係 森林域 土壌 吸や細根リ タヸ 無機 生態系 健全性評価手法開発 地ㄦ水流動 窒素輸送 関 発表 共 活発 議論 行わ ポ タヸ発表終了 後 灘 ㆜見 並 日 数 酒処 あ 酒 都ヷ西条 酒蔵通 巡 ミニ巡検 行わ 酒蔵 白壁 赤レン 煙突 代表 蔵元

8 さらに読み込む

ニュースレター vol4 BGC Newsletter vol4

ニュースレター vol4 BGC Newsletter vol4

Yagioka A, Komatsuzaki M, Kaneko N (2014) The effect of mini- mum tillage with weed cover mulching on organic daikon (Raphanus sativus var. Taibyousoufutori) yield and quality and on s[r]

9 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.19 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.19 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

サポーター活動で参加した「池底ツアー」にて(2016 年 3 月5日) ※1 かいぼり:ため池の機能を維持するために、水を抜き、魚を捕獲したり、護岸の補修等を行う管理作業の一つ。近年では、都市部の公園池などで、        水質改善や生態系の回復を目指して行われる例が増えている。 ※2 埋土種子:土の中で発芽せずに、ある期間保持されている種子群。

2 さらに読み込む

CPIS newsletter vol14

CPIS newsletter vol14

2011年3月11日14時4 6分に起きた東日本大震災と福島 第一原子力発電所事故は、私の生 涯で最も悲惨な出来事であった。 特に、原子力発電所事故は、原子 や分子の量子の世界を研究してい る物理学者である私に、科学者の 社会的な責任を再考させた。さり とて、浅学な私には明確な提言が できるはずもなく、事故以来もん もんとした気持ちで過ごしてきた が、ニュースレターにエッセイを 書く機会を与えられたので、 “核エ ネルギー”に対する私の考え方を 整理してみることにした。
さらに見せる

13 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.20 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.20 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

グループディスカッション グループワーク ●サポーターミーティングを行いました   平成 29 年 1 月 28 日、平成 28 年度の受講生から新しくサポーターとなった方をお迎えして初めてのミーティング、当日は新旧サポー ターあわせて 14 名が参加し、サポーターはどんなもの?これからの水の学校は?こんなことをしてみたい!を話し合いました。  2 月 23 日は、これからの具体的な活動を話し合う場として 7 名が参加し、まちあるきで行きたいところ・地図で紹介したいところ、 イベント出展のときにとりあげたいこと、活動の広げ方などを話し合いました。
さらに見せる

2 さらに読み込む

CPIS newsletter vol12

CPIS newsletter vol12

ニュースレターでは学融合推進センター運営委員からのメッセージをご紹介しております。 1. 「融合研究コーディネーターとしてのミッション」 生 命 科 学 研 究 科 小 林 武 彦 教 授 昨年4月から学融合推進センターの運営委員となり、学融合研究事業における研究プロ ジェクトのあり方等について議論を行なって参りました。それで感じたことは、融合研 究は口で言う程簡単ではないな、というのが正直な感想です。仮にいいアイデアがあっ たとしても、相手探しから始まって、共同研究の進め方、現在の研究とのバランス、成 果の発表方法、等々。主には融合研究の経験のないことが障害となり、実行面ではなか なか最初の一歩を踏み出せないものです。しかし、ご存知のように総研大に限らずとも、 分野の融合、またその先にある新分野の創造は、アカデミアにとっての1つの宿命であ り、若手教育の観点からもその道筋を付けて行くことは現職の責務です。「自分の時代 でこの研究分野は終了、あとは知りません」ではやはりまずいのです。そこで推進セン ターの役割の一つとして、「融合研究コーディネーター」的な活動が出来たらいいと思 います。総研大の存在価値を「新しい分野の創造とそれを担う人材の育成」に見いだす のであれば、推進センターのこの役割は総研大がアカデミアで存在感を発揮するための 絶好のツールとなります。以下「融合研究コーディネーター」に必要とされる気質につ いて思いつくままにあげてみます。推進センターがこの任を背負えるように微力ながら 努力致します。
さらに見せる

3 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.18 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.18 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

 今回訪れた「お鷹の道」は、江戸時代に国分寺市内の村が 徳川家のお鷹場として指定されていたことが名前の由来と なっています。現在は崖線下から湧き出る湧水が集まって流 れる清流沿いの小道を、遊歩道として整備しており散策路と して人気があります。お鷹の道と合わせて「真姿の池」を中 心とした湧水群は、その環境の良さが評価され環境庁の「全 国名水百選」としても選ばれています。講[r]

2 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.16 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.16 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

こんなところに!市内の水源井戸見学  7/2(土)、暑い日差しが降り注ぐ中、武蔵野市第一浄水場を見学しました。  講座はまず水道部職員より、水道水をつくる会社はいくつある?水道水をつくるための必需品は?など、クイズを交 えながら武蔵野市の水道事情についてお話ししました。次に浄水場内を2つのグループに分かれ、監視室、配水池、除鉄・ 除マンガン装置等それぞれの施設を、地下水 100%の水を飲む体験などを含め見学しました。
さらに見せる

2 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.15 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.15 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

6/2(木)∼ 30(木) 「水と雨にまつわるテーマ展示」            中央図書館  6 月の浸水対策強化月間に合わせ、水と雨をテーマに本を 集め、中央図書館で展示を行いました。雨と言っても、台 風や洪水などの水害をもたらす雨、貯めることで、水資源 として使うことのできる雨、地面に浸み込んで湧水となる 雨などなど…。図書館でのテーマ展示期間が終わったあと、 展示していた本のリストは図書館ホームページ「おすすめ の本」よりご覧いただけます。皆さんが今まで知らなかっ た水や雨のすがたを、本を通して見つけてみませんか。
さらに見せる

2 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.14 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.14 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

 オープニングトークでは、関東地方の他、北海道、仙台な ど全国各地をまわって撮影された何十枚もの写真を紹介いた だきました。「撮り始めた頃は「下水は白黒の世界だ」とい  2/6(土)「水の学校」サポーターミーティングを行いました!  今年度の水の学校連続講座も終了し、昨年からの 12 名に加

2 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.13 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.13 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

 水上散歩の折り返し地点は羽田空港を真横に望める場所 で、この日は風がなく船のデッキに出ることができたため、 真上を飛行機が飛んでいく様子に参加者も釘付けでした。 午前午後の 2 回に分かれ、一般募集で申込まれた17 名が参加しました。風もなく晴天に恵まれ、国土交通省京浜河川事務所の調査 船で川崎市幸町緊急船着き場から羽田空港の見える河口付近まで往復約 2 時間のクルージングを楽しみました。

2 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.12 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.12 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

 第 2 回のテーマは「川と上水」。修了生・受講生 13 名 に加え、環境部職員など計 19 名が参加しました。武蔵野 市内にある「仙川」 「玉川上水」 「千川上水」の水辺のうち、 この日は一級河川でもある仙川を見学し、今後の水辺づ くりについてアイディアを出し合いました。

2 さらに読み込む

「水の学校」 NewsLetter vol.11 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

「水の学校」 NewsLetter vol.11 「水の学校」ニュースレター|武蔵野市公式ホームページ

武蔵野の食文化を復活させたい  このプロジェクトを推進している武蔵野商工会議所・JA 東 京むさし武蔵野支店は、小麦作りを食育に役立てており、毎 年種まき、麦踏み、収穫には市内の小学生に向けた小麦作り 体験を実施しています。小麦は 11 月に種をまき、6 月頃に収 穫できる作物ですが、1∼2 月にはまだ小さな苗を踏みつけ る「麦踏み」をします。太くて丈夫な小麦を作るためには欠 かせない作業です。6 月には

2 さらに読み込む

CPIS newsletter vol11

CPIS newsletter vol11

ニュースレターでは学融合推進センター運営委員からのメッセージをご紹介しております。 1. 文 化 科 学 研 究 科 鈴 木 七 美 教 授 「学融合」という言葉に接して懐かしく思い出したのは、1980 年代に財団法人で新規 機能性材料の探索に携わっていた時のことである。天然物の全合成をめざしていた学生 時代とは異なり、ここでは、様々な用途のために高分子膜を開発していた。高齢化時代 のニーズを検討し、患者に負担をかけないドラッグ・デリバリーの一方法として、経皮 吸収剤の開発が目的として掲げられた。実用に供するため、合成過程の再現性を高める ことばかりに集中していた日々の中で、実験室の片隅に皆で寄り集まり静かに社会の動 きを話し合ったことは、目的を考える際に、異分野への視野が不可欠だと感じた経験で あった。 
さらに見せる

3 さらに読み込む

CPIS newsletter vol3

CPIS newsletter vol3

シンポジウム当日の様子につきましては総研大ニュースレター2月号に生命科学研究 科の南部篤教授が記事を掲載される予定ですので、そちらをご覧下さい。 1.ポストイベント 「神経科学神話を越えて」 12月8日(土) 午後1時半 総合研究大学院大学 理事 池内 了   

3 さらに読み込む

CPIS newsletter vol5

CPIS newsletter vol5

編集委員会より 今号で学融合推進センターのニュースレターも第1号の発行からちょうど1年を迎えま した。これまで、7月・10月・1月・4月と4回にわたり学融合推進センターのニュ ースをお届けして参りましたが、次号から11月・2月・5月・8月の発行とし、学融 合推進センターの4事業の活動についてご報告させていただくこととなりました。この ため、次号は11月の発行で学術交流事業からの報告を予定しております。今後とも学 融合推進センターの活動にご支援、ご協力をお願いいたします。
さらに見せる

3 さらに読み込む

CPIS newsletter vol4

CPIS newsletter vol4

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震は東北地方各県を始めとし、日本全体 に大きな影響を及ぼしております。被災されました皆様には、ニュースレター編集委員 一同、心よりお見舞い申し上げます。 この地震では生活環境だけでなく研究環境にも長期的な影響が生じることが予想され ますが、本学にて実施される教育・研究活動も様々な形で今後の復興に貢献することが できるのではないでしょうか。学融合推進センターも発足より1年が経ち、葉山キャン パス内にセンター棟も完成いたしました。本年度も本学の教育・研究活動を支援すべく 活動して参ります。引き続きセンターの活動にご理解、ご協力のほど宜しくお願いいた します。次号のニュースレターは7月の発行を予定しております。
さらに見せる

4 さらに読み込む

CPIS newsletter vol9

CPIS newsletter vol9

ニュースレターでは第2号から第7号までの6回に渡り、学融合推進センター運営委員からの メッセージを紹介して参りましたが、この4月に組織体制の見直しと運営委員の入れ替えが行わ れたことを踏まえ、改めまして各委員からのメッセージをお伝えして参ります。 1. 先 導 科 学 研 究 科 颯 田 葉 子 教 授 (副 セ ン ター 長 ・学 術 交 流 事 業 責 任 者 ) 「学融合推進センターの活動について」

4 さらに読み込む

CPIS newsletter vol1

CPIS newsletter vol1

編集担当者より 具体的な活動内容につきましては学融合推進センターのホームページに順次掲載さ れる予定ですが、年に4回程度このようなニュースレターとしても情報をお伝えし ていきます。次号のニュースレターは10月頃に発行の予定で、新たに組織されま

3 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題