関する居住関係の届け出を受理

Top PDF 関する居住関係の届け出を受理:

登録 届け出 証明16 名称届け出期間届け出地届け出人添付書類および注意事項 離縁の際に称していた氏を称する届 離縁の日から 3 カ月以内 届け出人の本籍地または住所地 ( 所在地 ) の区市町村役場 離縁によって縁組前の氏に復した者 ( 縁組後 7 年以上経過していること ) 添付書類 本籍地以外

登録 届け出 証明16 名称届け出期間届け出地届け出人添付書類および注意事項 離縁の際に称していた氏を称する届 離縁の日から 3 カ月以内 届け出人の本籍地または住所地 ( 所在地 ) の区市町村役場 離縁によって縁組前の氏に復した者 ( 縁組後 7 年以上経過していること ) 添付書類 本籍地以外

戸籍記載事項証明書(コンピュータ化されていない戸籍) 戸籍に記載されている一部分証明したもの 除籍一部事項証明書 除籍に記載されている一部分証明したもの 除籍記載事項証明書(コンピュータ化されていない戸籍) 除籍に記載されている一部分証明したもの 受理証明書 こと証明したもの 戸籍に関する各届け出受理された 特別受理証明書 受理証明特別用紙に証明したもの
さらに見せる

5 さらに読み込む

岡山市集団指導資料(施設・通所・居住系編) 集団指導について(障害者・障害児関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

岡山市集団指導資料(施設・通所・居住系編) 集団指導について(障害者・障害児関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

指定就労継続支援A型事業所における適正な事業運営確保等について 就労継続支援A型事業については、 利用者利用正当な理由なく短時間に限るなど、 本来事業趣旨 に反する不適切な事例が見られたことから、 平成24年10月に短時間利用減算仕組みが導入されたとこ ろです。 しかし、 依然として不適切な運営行っている事業所存在が指摘されていることから、 本年度
さらに見せる

26 さらに読み込む

配偶者の居住権を長期的に保護するための方策 ( 配偶者居住権 ) 1. 見直しのポイント 配偶者が相続開始時に居住していた所有の建物を対象として, 終身又は一定期間, 配偶者に建物の使用を認めることを内容とする法定の権利 ( 配偶者居住権 ) を新設する 1 遺産分割における選択肢の一つとして 2

配偶者の居住権を長期的に保護するための方策 ( 配偶者居住権 ) 1. 見直しのポイント 配偶者が相続開始時に居住していた所有の建物を対象として, 終身又は一定期間, 配偶者に建物の使用を認めることを内容とする法定の権利 ( 配偶者居住権 ) を新設する 1 遺産分割における選択肢の一つとして 2

相続開始後共同相続人による財産処分について 特別受益ある相続人が,遺産分割前に遺産処分した場合に,不公平な結果が生じる (長男出金がなかった場合) 長男 (2000万+2000万)×1/2―2000万=0 次男 (2000万+2000万)×1/2=2000万 → 長男 0+2000万=2000万, 次男 2000万 (出金がされた場合処理)

10 さらに読み込む

統計調査ニュース No.321 平成 25 年住宅 土地統計調査の実施に向けて 調査結果からみるわたしたちの住まいの様子 4 世帯の居住状況 所有の関係 30 歳代から持ち家率が上昇, 40 歳代では約 6 割が持ち家に居住 家計を主に支える者の年齢階級別に持ち家に居住している世帯の割合をみると,

統計調査ニュース No.321 平成 25 年住宅 土地統計調査の実施に向けて 調査結果からみるわたしたちの住まいの様子 4 世帯の居住状況 所有の関係 30 歳代から持ち家率が上昇, 40 歳代では約 6 割が持ち家に居住 家計を主に支える者の年齢階級別に持ち家に居住している世帯の割合をみると,

No. 321 統計調査ニュース 住宅政策と住宅・土地統計調査 国土交通省では,平成23年3月 に閣議決定(全部変更)された住 生活基本計画(全国計画)に基づ き,安全・安心で豊かな住生活 支える生活環境構築,住宅適 正な管理・再生,多様な居住ニー ズに応える住宅市場整備,住宅 セーフティネット構築など多様 な住宅施策総合的に実施してい ますが,国民ニーズ踏まえた 施策展開ためには,客観的な事 実経年的に示す統計データによ り,人々住生活状況的確に 把握することが重要です。
さらに見せる

10 さらに読み込む

7) 居住面積 準平成 25(2013) 年の所有関係別の居住面積をみると 持家と公的 民営等の借家では住宅の規模に大きな差が生じています また 居住面積水準の状況は 平成 20(2008) 年と平成 25(2013) 年を比較すると 公営の借家を除き最低居住面積水準未満の世帯が減少しています なお

7) 居住面積 準平成 25(2013) 年の所有関係別の居住面積をみると 持家と公的 民営等の借家では住宅の規模に大きな差が生じています また 居住面積水準の状況は 平成 20(2008) 年と平成 25(2013) 年を比較すると 公営の借家を除き最低居住面積水準未満の世帯が減少しています なお

第6章 住宅施策理念・目標 1 基本理念 「多摩市第一次住宅マスタープラン」及び「多摩市第二次住宅マスタープラン」基本理念であ る「ゆとりと豊かさが感じられる 住まい・住環境実現」ベースに、上位計画である「第五次 多摩市総合計画」における将来都市像「みんなが笑顔 いのちにぎわうまち 多摩」実現に向け て、 「多摩市都市計画マスタープラン」や 「多摩市ニュータウン再生方針」 で挙げられているキーワ ード踏まえ、子どもからお年寄りまで誰もが、どんな時にでも「多摩に住みたい」 、 「多摩に住み 続けたい」と願い、選ばれる住まい・住環境実現めざし、住宅施策基本理念以下とおり 設定します。
さらに見せる

40 さらに読み込む

岡山市集団指導資料(施設・通所・居住系編) 集団指導について(障害者・障害児関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

岡山市集団指導資料(施設・通所・居住系編) 集団指導について(障害者・障害児関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(人) (1) この表は、施設が当該月分作成し、当該月10日までに管轄県民局経由して知的障害者更生相談所へ提出すること。 (2) 新規待機者については、「利用申込連絡票」(様式1)に利用者・市町村・事業者が必要事項記入し、申込受付日(事業者)日付 待機登録日とする。   ※「障害福祉サービス利用申込及び情報提供にかかる取扱要領」参照

24 さらに読み込む

岡山市集団指導資料(施設・通所・居住系編) 集団指導について(障害者・障害児関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

岡山市集団指導資料(施設・通所・居住系編) 集団指導について(障害者・障害児関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

■ 参考条例(基準条例第60条第4項、第5項)他サービス準用 4 サービス管理責任者は, アセスメント及び支援内容検討結果に基づき, 利用者及 びその家族生活に対する意向, 総合的な支援方針, 生活全般向上させるため 課題, 指定療養介護目標及びその達成時期, 指定療養介護提供する上で留意事 項等記載した療養介護計画原案作成しなければならない。 この場合において, 当 該指定療養介護事業所が提供する指定療養介護以外保健医療サービス又はその他 福祉サービス等と連携も含めて療養介護計画原案に位置付けるよう努めなければ ならない。
さらに見せる

57 さらに読み込む

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

 災害復興型地域優良賃貸住宅整備する民間事業者等は、地方公共団体(都道府県等)へ供給計画提出・地域 優良賃貸住宅認定受けることが必要。(供給計画主な認定要件は以下とおり) ※ 災害復興型地域優良賃貸住宅制度は、従前から運用している地域優良賃貸住宅制度拡充し、東日本大震 災に係る事業として創設したもの。

9 さらに読み込む

四天王寺大学紀要 青年期の対人関係に関する研究 Ⅳ 第46号 2008年9月 青年期の対人関係に関する研究 Ⅳ 対人関係における対処行動と友人関係 対人不安との関連について 八 木 平成20年3月28日受理 成 和 最終原稿平成20年5月20日受理 本研究では 第一に 対処行動が網羅的に含まれている

四天王寺大学紀要 青年期の対人関係に関する研究 Ⅳ 第46号 2008年9月 青年期の対人関係に関する研究 Ⅳ 対人関係における対処行動と友人関係 対人不安との関連について 八 木 平成20年3月28日受理 成 和 最終原稿平成20年5月20日受理 本研究では 第一に 対処行動が網羅的に含まれている

 これ以外では、例えば、加藤(2000)は対人ストレスイベントに対する対人ストレスコーピ ング尺度作成し、ポジティブ関係コーピング、ネガティブ関係コーピング、解決先送りコー ピング3つ下位尺度見出している。そして、「パーソナリティ→媒介過程[認知的評価 →コーピング]→精神的健康」という対人関係ストレス過程があること示し(加藤,2001)、 友人関係関連から親密性とポジティブ関係コーピングと間で関連があること示してい る(加藤,2007)。また、佐藤(1996)は大学生が現在、抱えている困難な問題そのものへ対処と、 その問題に伴って生じる感情へ対処含めた対処行動尺度作成し、取り組み、サポート利 用、気晴らし、問題否認、空想へ逃避という5つ因子見出している。そして、親以外 重要な対象へ安定した愛着が形成されていることが機能的な対処行動と関連していること 示している(佐藤,1997)。
さらに見せる

16 さらに読み込む

民法 ( 相続関係 ) 部会資料 14 今後の検討の方向性について 第 1 配偶者の居住権を保護するための方策 1 配偶者の居住権を短期的に保護するための方策 ⑴ パブリックコメントの結果の概要短期居住権に関する規律のうち, 遺産分割が行われる場合の規律については, 一部反対意見 ( 判例で認められ

民法 ( 相続関係 ) 部会資料 14 今後の検討の方向性について 第 1 配偶者の居住権を保護するための方策 1 配偶者の居住権を短期的に保護するための方策 ⑴ パブリックコメントの結果の概要短期居住権に関する規律のうち, 遺産分割が行われる場合の規律については, 一部反対意見 ( 判例で認められ

【甲案】については,夫婦が別居している場合や,実際には他相続人が 被相続人財産形成に貢献した場合ように,配偶者具体的な貢献が認 められない場合でも,被相続人純資産額が増加していれば配偶者具体的 相続分が増加する一方で,内縁が先行している場合でも内縁期間中貢献は 考慮されないなど,配偶者貢献実質的に評価し,相続人間公平図る 制度となっていない,婚姻後増加額計算方法が複雑であり,一般国民にと って理解が困難である,婚姻後増加額算定過程で被相続人婚姻時純 資産額認定する必要があるが,婚姻後長期間が経過した事案ではその認定 は極めて困難であり,特に配偶者以外相続人がこれ適切に主張・立証す ることは事実上不可能である,婚姻後増加額算定巡って,相続に関する 紛争が極めて複雑化・長期化するおそれがあり,当事者利益害するおそ れがあるなど,とりわけ実務上問題点指摘して強く反対する意見が多数 寄せられ,全体としても反対する意見が大勢占めた。
さらに見せる

25 さらに読み込む

第 3 説明対象の住民 1 隣接関係住民隣接関係住民とは 中高層建築物等の敷地境界線からその高さと等しい水平距離の範囲 (1H) 内に居住する人をいいます 2 近隣関係住民近隣関係住民とは 次の (1) または (2) に該当する人をいいます (1) 中高層建築物または大規模建築物の敷地の境界から

第 3 説明対象の住民 1 隣接関係住民隣接関係住民とは 中高層建築物等の敷地境界線からその高さと等しい水平距離の範囲 (1H) 内に居住する人をいいます 2 近隣関係住民近隣関係住民とは 次の (1) または (2) に該当する人をいいます (1) 中高層建築物または大規模建築物の敷地の境界から

こうした建築に伴う相隣間問題は、お互いに相手立場尊重し、互いに譲り合う精神持って、 当事者間話し合いによる自主的な解決が基本となりますが、建築計画内容や周囲状況によって は建築主と近隣住民と間で紛争に発展することがあります。 目黒区では、これら紛争予防と調整図るために、昭和 53 年 12 月に「目黒区中高層建築物 建築に係る紛争予防と調整に関する条例」制定し、その後、平成 11 年 12 月に条例改正、平成 16 年 3 月に同条例施行規則改正行いました。さらに平成 19 年 11 月に、届出対象建築範囲拡大 や説明会義務付け等により、建築紛争未然防止着実に推進するよう条例改正行いました。
さらに見せる

27 さらに読み込む

韓国都市化過程における儒教的家族規範 —居住環境及び家族関係の視点から [ PDF

韓国都市化過程における儒教的家族規範 —居住環境及び家族関係の視点から [ PDF

韓国家族が伝統的形態から近代化志向している とは言うが、実際、具体的になにが伝統か、なにが儒教 的家族規範かよく分からない場合も多い。近代化方向 と程度正しく把握しようとすれば、まずその前提とす る内容から明らかにしなければならない。そのため第一 章一節では伝統的家族形態について述べて、二節で伝 統的家族規範:家父長制(祖先崇拝) 、親子関係(長幼有 序) 、夫婦関係(男女有別)ついて述べた。三節では儒 教的家族制度や規範に基づいて成立した空間形成である 伝統家屋構造と家族関係について説明した。また、伝 統的住居で空間はすでに日常生活場所でありながら、 冠婚喪祭など儀礼行う場所で、文化伝承機能する 場所である。家で生まれて、父母教育受けながら育 ち、通過儀礼を通して大人に成熟していく過程で家屋は 日常生活場であり、教育空間として機能も果たして いた。ここでは韓国伝統的家屋構造及びその利用形態に よって家庭規範教育に対して機能と意味分析してみ た。
さらに見せる

4 さらに読み込む

第 2 号様式 ( 第 30 条関係 ) 標識設置届 次のとおり標識を設置しましたので 春日井市開発行為等に関する指導要綱第 30 条 の規定により 届け出します 事前協議申出 開発事業地の所在地 標識設置日

第 2 号様式 ( 第 30 条関係 ) 標識設置届 次のとおり標識を設置しましたので 春日井市開発行為等に関する指導要綱第 30 条 の規定により 届け出します 事前協議申出 開発事業地の所在地 標識設置日

1 電波障害対策結果報告書 電波障害対策結果報告書 電波障害対策結果報告書 電波障害対策結果報告書(高さが (高さが (高さが (高さが 10 10 10 10 メートル超える建築物) メートル超える建築物) メートル超える建築物) メートル超える建築物) この書類は、電波障害対策行った場合に提出してください。 この書類に添付していただくものは次とおりです。 (1)対策した方住所、氏名リスト(書式は任意) (2)住宅地図等に(1)位置おとしたもの
さらに見せる

21 さらに読み込む

下水道法における特定施設 公共下水道を使用する工場・事業場の届け出|浦安市公式サイト

下水道法における特定施設 公共下水道を使用する工場・事業場の届け出|浦安市公式サイト

イ 廃棄物処理及び清掃に関する法律施行令(昭和46年政令第300号)第7条第1号、第3号から第6号まで、第8号 又は第11号に掲げる施設であつて、国若しくは地方公共団体又は産業廃棄物処理業者(廃棄物処理及び清掃に関 する法律第2条第4項に規定する産業廃棄物処分業として行う者(同法第14条第6項ただし書規定により同項本 文許可受けること要しない者及び同法第14条4第6項ただし書規定により同項本文許可受けること要 しない者除く。)いう。)が設置するもの
さらに見せる

8 さらに読み込む

目次 小規模宅地等の特例の改正... 3 小規模宅地等の特例と広大地評価の関係... 4 相続 贈与税制の改正等の影響... 5 遺産分割時の争族の回避 二次相続を含めた検討... 6 特定居住用宅地等 早めの対応... 7 特定居住用宅地等 二世帯住宅 マンション 1 棟に被相続人 相続人の居住.

目次 小規模宅地等の特例の改正... 3 小規模宅地等の特例と広大地評価の関係... 4 相続 贈与税制の改正等の影響... 5 遺産分割時の争族の回避 二次相続を含めた検討... 6 特定居住用宅地等 早めの対応... 7 特定居住用宅地等 二世帯住宅 マンション 1 棟に被相続人 相続人の居住.

第六十九条四 個人が相続又は遺贈により取得した財産うちに、当該相続開始直前において、当該相続若しくは遺贈に係る被相続人又は当該被相続人と生計一にしていた当該被相続人親族(第三項におい て「被相続人等」という。)事業(事業に準ずるものとして政令で定めるもの含む。同項において同じ。)用又は居住用(居住用に供することができない事由として政令で定める事由により相続開始直前において当 該被相続人居住用に供されていなかつた場合(政令で定める用途に供されている場合除く。)における当該事由により居住用に供されなくなる直前当該被相続人居住含む。同項第二号において同じ。)に供 されていた宅地等(土地又は土地上に存する権利いう。同項及び次条第五項において同じ。)で財務省令で定める建物又は構築物敷地用に供されているものうち政令で定めるもの(特定事業用宅地等、特定居住用 宅地等、特定同族会社事業用宅地等及び貸付事業用宅地等に限る。以下この条において「特例対象宅地等」という。)がある場合には、当該相続又は遺贈により財産取得した者に係る全て特例対象宅地等うち、当該個 人が取得した特例対象宅地等又はその一部でこの項規定適用受けるものとして政令で定めるところにより選択したもの(以下この項及び次項において「選択特例対象宅地等」という。)については、限度面積要件満 たす場合当該選択特例対象宅地等(以下この項において「小規模宅地等」という。)に限り、相続税法第十一条二 に規定する相続税課税価格に算入すべき価額は、当該小規模宅地等価額に次各号に掲げる小規模 宅地等区分に応じ当該各号に定める割合乗じて計算した金額とする。
さらに見せる

24 さらに読み込む

届け出・登録

届け出・登録

・住民リスト閲覧 30分につき1,000円 ■ 住民票写し広域交付 総合窓口課 ☎5211-4200・各出張所  本人または同一世帯住民票写しが「住民 基本台帳ネットワーク」参加全国区市町村で請 求できます。ただし、同一区市町村内転居履歴、 本籍(日本人方)、通称履歴(外国人方)は記載さ れません。請求際は、請求者が本人であること 確認できるもの(個人番号カード・運転免許証・パ スポート・在留カード等顔写真つき公的機関が 発行したもの)が必要です。受付時間は平日午前9
さらに見せる

5 さらに読み込む

所得税関係 ( 住宅ローン控除の特例 ) の改正 ⑵ 震災税特法の制度 ( 適用期間の特例 ) の概要東日本大震災によって被害を受けたことにより 住宅ローン税額控除の適用を受けていた家屋 ( 以下 従前家屋等 といいます ) を居住の用に供することができなくなった居住者については その居住の用に供す

所得税関係 ( 住宅ローン控除の特例 ) の改正 ⑵ 震災税特法の制度 ( 適用期間の特例 ) の概要東日本大震災によって被害を受けたことにより 住宅ローン税額控除の適用を受けていた家屋 ( 以下 従前家屋等 といいます ) を居住の用に供することができなくなった居住者については その居住の用に供す

⑴ 重複適用特例概要  東日本大震災によって被害受けたことによ り従前家屋等居住用に供することができな くなった居住うち、その居住用に供する ことができなくなった日から平成25年12月31日 まで間にその者居住用に供した家屋(以 下「再取得家屋等」といいます。)に係る住宅 借入金等(以下「新規住宅借入金等」といいま す。)有する者については、①従前家屋等に 係る住宅ローン税額控除(上記 1 ⑵特例適 用含みます。)適用年と②再取得家屋等に 係る住宅ローン税額控除適用年が重複してい る年においては、この①及び②住宅ローン税 額控除重複して適用できることとされました (震災税特法13③~⑤)。
さらに見せる

7 さらに読み込む

親からの住宅援助と親子の居住関係-JGSS-2006 データによる検討-

親からの住宅援助と親子の居住関係-JGSS-2006 データによる検討-

関係にあるか、といった論点は本稿では分析できていない。今後、他分析手法による検討や他 研究と相互比較なかで、現代親子関係について全体的な見取り図提示することが望まれ るだろう。 第三に、こうした住宅援助と居住距離関連が若いコーホートでむしろ顕著に見られたということ は、たとえば近年「格差」めぐる議論や雇用変化めぐる議論で言及されてきたような、若者 世代取り巻く経済環境悪化が、親世代と「距離取り方」において何らかの変化もたらして きたことによっているではないかと推測させるものである。これまで研究でも指摘されてきた論 点であるが、例えば、子ども世代夫婦は育児と仕事両立困難緩和するために、夫親や妻近くに居住するかもしれない。また、実質賃金が伸び悩み雇用環境も悪化しつつある若年世代は、 親から住宅援助や相続などに対する直接的な期待に基づいて、親近くに住むこと選択するかも しれない。本稿データは、両方親から住宅援助受けつつ両方近くに住むグループと、何 らか理由でそうした状況にないグループと「格差」にあたるものが存在すること示唆して
さらに見せる

11 さらに読み込む

ジットカード発行会社が交付したカードを提示してその国外居住親族が商品等を購入したこと等により その商品等の購入等の代金に相当する額の金銭をその居住者から受領した 又は受領することとなることを明らかにする書類 注意事項 1 送金関係書類については 原本に限らずその写しも送金関係書類として取り扱うことが

ジットカード発行会社が交付したカードを提示してその国外居住親族が商品等を購入したこと等により その商品等の購入等の代金に相当する額の金銭をその居住者から受領した 又は受領することとなることを明らかにする書類 注意事項 1 送金関係書類については 原本に限らずその写しも送金関係書類として取り扱うことが

ジットカード発行会社が交付したカード提示してその国外居住親族が商品等購入し たこと等により、その商品等購入等代金に相当する額金銭その居住者から受領 した、又は受領することとなること明らかにする書類 1 国外居住親族に係る「給与所得者扶養控除等申告書」提出する者は、その申告書 給与等支払者に提出する際に「親族関係書類」併せて提出又は提示し、年末調整行 う際に給与等支払者に「送金関係書類」提出(提示)する必要があります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

民法 ( 相続関係 ) 部会資料 26-1 民法 ( 相続関係 ) 等の改正に関する要綱案 ( 案 ) 第 1 配偶者の居住権を保護するための方策 1 配偶者の居住権を短期的に保護するための方策配偶者の居住権を短期的に保護するための方策として, 次のような規律を設けるものとする ⑴ 居住建物について

民法 ( 相続関係 ) 部会資料 26-1 民法 ( 相続関係 ) 等の改正に関する要綱案 ( 案 ) 第 1 配偶者の居住権を保護するための方策 1 配偶者の居住権を短期的に保護するための方策配偶者の居住権を短期的に保護するための方策として, 次のような規律を設けるものとする ⑴ 居住建物について

⑵ 受遺者又は受贈者負担額 民法第1033条から第1035条まで規律ように改めるもの とする。 受遺者又は受贈者は,次アからウまで規律に従い,遺贈(特定財産承 継遺言による財産承継又は相続分指定による遺産取得含む。以下第 4において同じ。 )又は贈与(遺留分算定するため財産価額に算入さ れるものに限る。以下第4において同じ。 )目的価額(受遺者又は受贈 者が相続人である場合にあっては,当該価額から遺留分として当該相続人が 受けるべき額控除した額)限度として,遺留分侵害額負担する。 ア 受遺者と受贈者とがあるときは,受遺者が先に負担する。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...