退職時の特別昇給については,

Top PDF 退職時の特別昇給については,:

令和 2 年 1 月 6 日株式会社但馬銀行 たんぎん退職金特別金利定期預金 および たんぎん資産運用プラン ( 退職金コース ) の取扱開始について 株式会社但馬銀行 ( 頭取坪田奈津樹 ) は 令和 2 年 1 月 14 日 ( 火 ) から下記のとおり 退職金のお受取日から 1 年以内のお客さ

令和 2 年 1 月 6 日株式会社但馬銀行 たんぎん退職金特別金利定期預金 および たんぎん資産運用プラン ( 退職金コース ) の取扱開始について 株式会社但馬銀行 ( 頭取坪田奈津樹 ) は 令和 2 年 1 月 14 日 ( 火 ) から下記のとおり 退職金のお受取日から 1 年以内のお客さ

■対象となる定期預金…自動継続「スーパー定期」 、 「大口定期預金」 ■期間… 1年 ■適用金利… 年1.15% (税引後 年0.916%) ◎当初お預け入れ満期日以降本プランによる特別金利適用されません。◎ご継続後満期時点店頭表示金利 を適用いたします。 ◎窓口のみ取扱いとさせていただきます。◎満期日前に解約される場合、当行所定中途解約 利率を適用いたします。◎自動継続・通帳式(総合口座含む)のみ取扱いとなります。 ◎総合口座にお預け入れ場合 、満期日到来をお知らせする「定期預金満期および中間利息お支払ご案内」作成いたしません。◎期間中であっ ても、金利情勢、当行事情等により、取扱いを変更・中止することがあります。変更・中止場合、店頭に掲示等を 行い個別に通知いたしませんのでご了承ください。 ◎当商品預金保険対象であり、同保険範囲内で保護されます。 ◎店頭および当行ホームページに「スーパー定期」 、 「大口定期預金」説明書をご用意しております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

退職一時金返還のご案内

退職一時金返還のご案内

2 附則第五条第一項規定により厚生年金保険被保険者であった期間とみなされた旧適用法人共 済組合員期間を計算基礎とする厚生年金保険法による年金たる保険給付受給権を有することと なった者が前項規定により返還額を返還した場合におけるその年分当該厚生年金保険法による 年金たる保険給付に係る所得税法(昭和四十年法律第三十三号)第三十五条第二項第一号及び第四項 第二号に規定する公的年金等収入金額について、その年中に支払われた当該厚生年金保険法によ る年金たる保険給付額(以下この項において「保険給付支払額」という。)からその年中に返還し た返還額(当該返還額に係る附則第十六条第三項規定により厚生年金保険管掌者たる政府が支給 するものとされた年金たる給付又は附則第三十三条第一項に規定する特例年金給付(以下この項にお いて「特例年金給付等」という。)がその年中に支払われた場合に、当該返還額から当該特例年金 給付等額(その額が当該返還額を超えるとき、当該返還額を限度とする。)を控除して得た額と する。以下この項において同じ。)を控除して得た額とする。この場合において、当該返還額が当該
さらに見せる

20 さらに読み込む

1. 退職一時金制度 2 従業員の退職に際して一括して退職金を支給する制度である (1) 退職一時金の問題点 1 支給額を一括して支払う 2 給付源資が特定されない ( 特定預金にする方法はある ) 3 従業員としては回収が不安定 4 退職引当金の税法積立限度 (20%) (2) 会計処理の統一 従

1. 退職一時金制度 2 従業員の退職に際して一括して退職金を支給する制度である (1) 退職一時金の問題点 1 支給額を一括して支払う 2 給付源資が特定されない ( 特定預金にする方法はある ) 3 従業員としては回収が不安定 4 退職引当金の税法積立限度 (20%) (2) 会計処理の統一 従

企業仕組と存続 ( 会計新しい表現 16 ) 平成 24 年 4 月 25 日(水) 日頃から「企業と何か」ということについて解答ない問を心中でいく どもくり返している。企業と利益をあげて継続して行くべきである。それで 利益と何か。これまた心中くり返しである。今ところ、自分なり に得ている解答、利益と収益と費用システム、即ち事業上努力と効果 システムである。
さらに見せる

22 さらに読み込む

3 職員の昇給は 1 月 1 日に 同日前 1 年間におけるその者の勤務成績に応じて 行うものとする 4 前項の規定により職員を昇給させるか否か及び昇給させる場合の昇給の号級数は 同項に規定する期間の全部を良好な成績で勤務した職員の昇給の号給数を4 号給とすることを標準として別に定めるところにより決

3 職員の昇給は 1 月 1 日に 同日前 1 年間におけるその者の勤務成績に応じて 行うものとする 4 前項の規定により職員を昇給させるか否か及び昇給させる場合の昇給の号級数は 同項に規定する期間の全部を良好な成績で勤務した職員の昇給の号給数を4 号給とすることを標準として別に定めるところにより決

者に対し期末手当を支給することが、業務に対する信頼を確保し、期末手当に関する制 度適正かつ円滑な実施を維持する上で重大な支障を生ずると認めるとき。 2 理事長、前項規定による期末手当支給を一時差し止める処分(以下この条におい て「一差止処分」という。)について、次各号いずれかに該当するに至った場合に 、速やかに当該一差止処分を取り消さなければならない。ただし、第3号に該当する 場合において、 一時差止処分を受けた者がその者在職期間中行為に係る刑事事件に関 し現に逮捕されているときその他これを取り消すことが一時差止処分目的に明らかに 反すると認めるとき、この限りでない。
さらに見せる

13 さらに読み込む

8 職員の昇給は 予算の範囲内で行わなければならない 9 第 6 項から前項までに規定するもののほか 職員の昇給に関し必要な事項は 初任給 昇格 昇給等の基準に定める ( 給料の支給 ) 第 5 条給料は 毎月 1 回 その月の21 日に その月に支給すべき額の全額を支給する ただし その日が休日

8 職員の昇給は 予算の範囲内で行わなければならない 9 第 6 項から前項までに規定するもののほか 職員の昇給に関し必要な事項は 初任給 昇格 昇給等の基準に定める ( 給料の支給 ) 第 5 条給料は 毎月 1 回 その月の21 日に その月に支給すべき額の全額を支給する ただし その日が休日

3 前2項休日と、勤務時間規程第7条第2項に規定する職員休日その他公立大学法人埼 玉県立大学休日勤務手当に関する規程に定める日をいう。 (管理職員特別勤務手当) 第20条 第8条に規定する指定管理職員又は学長職にある職員が臨時又は緊急必要その 他業務運営必要により週休日又は国民祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) に規定する休日若しくは12月29日から翌年1月3日まで日(同法に規定する休日を除 く。)に勤務した場合(勤務時間規程第7条第1項規定により代休日を指定されて当該職員 休日正規勤務時間全部を勤務した指定管理職員又は学長職にある職員にあって 当該職員休日に代わる代休日に勤務した場合及び正規勤務時間全部が代休として指定 された日正規勤務時間外に勤務した場合)、当該指定管理職員又は学長職にある職員 に、管理職員特別勤務手当を支給する。
さらに見せる

25 さらに読み込む

目次 市民税 県民税の特別徴収について 1 退職所得に係る市民税 県民税の特別徴収について 2 特別徴収納入場所 3 市民税 県民税特別徴収納入書の記入の仕方 4 その他の様式集 (18 ページ以降 ) 順に表示 特別徴収税額の納期の特例承認申請書指定通知書 ( 宮城県外のゆうちょ銀行 郵便局で納入

目次 市民税 県民税の特別徴収について 1 退職所得に係る市民税 県民税の特別徴収について 2 特別徴収納入場所 3 市民税 県民税特別徴収納入書の記入の仕方 4 その他の様式集 (18 ページ以降 ) 順に表示 特別徴収税額の納期の特例承認申請書指定通知書 ( 宮城県外のゆうちょ銀行 郵便局で納入

細書と特別徴収税額通知書を送付いたしますので、各個人宛通知書につきま   る額とともに納入してください。この方法を「一括徴収」といいます。 ら、2回目以降月割額についても、7月から翌年5月までに支払われる給料 ない場合を除いて、必ず一括徴収方法で差し引いて納めることが法律で  なお、すでに退職ために交付できない場合、「特別徴収に係る給与所得   い場合 者異動届出書」に添えてご返送ください。  ⇒未徴収税額、納税者本人から新たな納付書で直接納めていただくこと
さらに見せる

23 さらに読み込む

目 次 1. 特別徴収について 3 2. 特別徴収の根拠法令等 3 3. 特別徴収義務者の指定について 4 4. 特別徴収のしくみ 4 5. 特別徴収義務者に指定した際に送付する書類等 4 6. 特別徴収の事務処理 5 1 給与支払報告書の提出義務 5 2 給与支払報告書提出後に給与所得者が退職等し

目 次 1. 特別徴収について 3 2. 特別徴収の根拠法令等 3 3. 特別徴収義務者の指定について 4 4. 特別徴収のしくみ 4 5. 特別徴収義務者に指定した際に送付する書類等 4 6. 特別徴収の事務処理 5 1 給与支払報告書の提出義務 5 2 給与支払報告書提出後に給与所得者が退職等し

(給与所得に係る特別徴収義務者指定) 第321条4 市町村、前条規定によって特別徴収方法によって個人市町村民税を徴収しようとする場合において、当該年度初 日において同条納税義務者に対して給与支払をする者うち所得税法第183条規定によって給与支払をする際所得税 を徴収して納付する義務がある者を当該市町村条例によって特別徴収義務者として指定し、これに徴収させなければならない。 この場合において、当該市町村、前条第1項本文規定によって特別徴収方法によって徴収すべき給与所得に係る所 得割額及び均等割額合算額又はこれに同条第2項本文規定によって特別徴収方法に係る所得割額及び均等割額合算額又 これに同条第2項本文規定によって特別徴収に方法によって徴収することとなる給与所得以外所得に係る所得割額を合算 した額を特別徴収方法によって徴収する旨を当該特別徴収義務者及びこれを経由して当該納税義務者に通知しなければならな い。
さらに見せる

13 さらに読み込む

市民税 県民税について 1 特別徴収の義務 1 特別徴収のメリット 2 特別徴収の対象になる人 2 給与支払報告書の提出 3 特別徴収税額決定通知書の送付 5 納期と納入方法 6 税額の変更通知 7 退職 休職者の徴収方法 7 異動届などの提出 8 退職して一括徴収の場合 8 退職して普通徴収へ切替

市民税 県民税について 1 特別徴収の義務 1 特別徴収のメリット 2 特別徴収の対象になる人 2 給与支払報告書の提出 3 特別徴収税額決定通知書の送付 5 納期と納入方法 6 税額の変更通知 7 退職 休職者の徴収方法 7 異動届などの提出 8 退職して一括徴収の場合 8 退職して普通徴収へ切替

市民税・県民税特別徴収徴収期間 6月から翌年5月まで12か月 です。毎年 5月中旬に特別徴収義務者あてに特別徴収税額決定通知書(特別徴収義務者用・納税義 務者用)と納入書、特別徴収しおり(特別徴収事務取扱について説明や各種届出 用紙を綴じ込んだもの)が送付されます。このとき年間市民税・県民税額と月割額を お知らせしますので、6月給与から天引きを開始するため準備をしていただきます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

目次 特別徴収についての市町村事務の流れについて ( 概要 ) 2 I. 特別徴収の対象者 ( 特別徴収対象被保険者 ) 3 II. 特別徴収の対象とする年金 4 III. 特別徴収 年次処理 7 IV. 特別徴収 月次処理 9 V. 特別徴収 制度導入時 11 VI. 特別徴収 特別徴収結果 12

目次 特別徴収についての市町村事務の流れについて ( 概要 ) 2 I. 特別徴収の対象者 ( 特別徴収対象被保険者 ) 3 II. 特別徴収の対象とする年金 4 III. 特別徴収 年次処理 7 IV. 特別徴収 月次処理 9 V. 特別徴収 制度導入時 11 VI. 特別徴収 特別徴収結果 12

① 介護保険 ア.65歳前から特別徴収対象となる年金を受給していた者が、 65歳に到達した場合 イ.65歳前に特別支給老齢厚生年金又は特別支給退職共済年金 を受給していた者が、65歳到達により老齢基礎・厚生年金又は老 齢基礎・退職共済年金裁定が行われた場合(特別支給老齢厚生 年金又は特別支給退職共済年金失権)

21 さらに読み込む

特別徴収 こんなときは 提出書類ガイド 特別徴収の対象者 ( 従業員 ) について 退職することになった 特別徴収にかかる給与所得者異動届出書を提出します 様式 1 7 ページ 新たに入社した 特別徴収への切替依頼書を提出します 様式 2 9 ページ 退職金を支給して住民税を徴収した 退職所得にかか

特別徴収 こんなときは 提出書類ガイド 特別徴収の対象者 ( 従業員 ) について 退職することになった 特別徴収にかかる給与所得者異動届出書を提出します 様式 1 7 ページ 新たに入社した 特別徴収への切替依頼書を提出します 様式 2 9 ページ 退職金を支給して住民税を徴収した 退職所得にかか

所在地(住所)、名称(氏名)、法人番号(個人番号) 3 連絡者(本届出について担当する方)について事項を記入します。 所属、氏名、電話番号 ※盛岡市より内容確認等を行う場合連絡先です。 特別徴収を行う給与所得者(納税義務者)について記入します 1 給与所得者(納税義務者)について事項を1月1日時点内容を記入します。 氏名、生年月日、個人番号、住所 ※ 1月1日以降に婚姻等で姓が変わっている場合新しい姓を( )内に記入します。 2 異動事由を記入します。
さらに見せる

16 さらに読み込む

退職に向けて 本書は 退職に向けて退職時及び退職後の事務手続を記載しました 退職後の状況 ( 家族構成 再就職の有無等 ) により個々の手続が異なりますので いつ どのような手続 をしなければならないのか 確認しながら行ってください また 共済組合から支給される年金の請求手続は 生年月日により手続時

退職に向けて 本書は 退職に向けて退職時及び退職後の事務手続を記載しました 退職後の状況 ( 家族構成 再就職の有無等 ) により個々の手続が異なりますので いつ どのような手続 をしなければならないのか 確認しながら行ってください また 共済組合から支給される年金の請求手続は 生年月日により手続時

12 年金待機者登録手続流れ… ………………………………………………… 39 13 年金に関する手続流れ… ……………………………………………………… 42 (1)老齢厚生年金………………………………………………………………… 42   ア 老齢厚生年金(特別支給) ……………………………………………… 42   イ 老齢厚生年金(特別支給)繰上げ支給… ………………………… 45 (2)障害厚生(共済)年金……………………………………………………… 46 (3)遺族厚生(共済)年金……………………………………………………… 47
さらに見せる

80 さらに読み込む

2 次条及び第 14 条の規定による退職手当は 職員が退職した日から起算して 1 月以内に支払わなければならない ただし 死亡により退職した者に対する退職手当の支給を受けるべき者を確認することができない場合その他特別の事情がある場合は この限りでない ( 退職手当の額 ) 第 4 条退職した者に対す

2 次条及び第 14 条の規定による退職手当は 職員が退職した日から起算して 1 月以内に支払わなければならない ただし 死亡により退職した者に対する退職手当の支給を受けるべき者を確認することができない場合その他特別の事情がある場合は この限りでない ( 退職手当の額 ) 第 4 条退職した者に対す

2 前項「基礎在職期間」と、その者に係る退職(この規程規定による退職手当を支給しないこ ととしている退職を除く。)日以前期間うち、次各号に掲げる在職期間に該当するもの(当 該期間中に研究所から退職手当支給を受けたこと又は第18条第1項に規定する国等職員として退 職したことにより退職手当(これに相当する給付を含む。)支給を受けたことがある場合における これら退職手当に係る退職日以前期間及び第17条第5項規定により職員として引き続いた 在職期間全期間が切り捨てられたこと又は第19条規定により退職手当支給を受けなかったこと がある場合若しくは第21条第1項規定により退職手当全部を支給しないこととする処分を受けた ことにより退職手当支給を受けなかったことがある場合における当該退職手当に係る退職日以前 期間を除く。)をいう。
さらに見せる

19 さらに読み込む

年金支給開始年齢図 特別支給の ( 給料比例部分 ) 昭和 29 年 10 月 1 日生まれ以前 ~ 特別支給の退職共済年金 昭和 25 年 10 月 1 日生まれ以前 ~ 退職共済年金 経過的職域加算額 ( 旧職域部分 ) 退職等年金給付 ( 年金払い退職給付 ) 平成 27 年 9 月までの組合

年金支給開始年齢図 特別支給の ( 給料比例部分 ) 昭和 29 年 10 月 1 日生まれ以前 ~ 特別支給の退職共済年金 昭和 25 年 10 月 1 日生まれ以前 ~ 退職共済年金 経過的職域加算額 ( 旧職域部分 ) 退職等年金給付 ( 年金払い退職給付 ) 平成 27 年 9 月までの組合

(イ)私立学校教職員共済組合、農林漁業団体職員共済組合、厚生年金保険加入期間 (ウ)国民年金第3号被保険者期間 (エ)国民年金法・旧国民年金法に規定する保険料納付済期間・免除期間・合算対象期間  ・国民年金法合算対象期間→任意加入期間(学生期間・老齢又は退職年金受給期間・海外在住期間等)  ・旧国民年金法合算対象期間→任意加入期間(学生期間・被扶養配偶者期間・海外在住期間等)

7 さらに読み込む

もくじ 市県民税つ... 1 特別徴収義 特別徴収義者指定 対象となる 事処理流れ 事業所が行う事処理 特別徴収税額変更通知 退職所得係る市県民税特別徴収 ( 退職手当 各種届出書等例

もくじ 市県民税つ... 1 特別徴収義 特別徴収義者指定 対象となる 事処理流れ 事業所が行う事処理 特別徴収税額変更通知 退職所得係る市県民税特別徴収 ( 退職手当 各種届出書等例

-8- ※市税滞納や最近における納付・納入遅延がある事業所について、特例を受けら れない場合があります。また、決定後においても同様場合、承認を取り消されるこ とがあります。なお、給不支払いを受ける従業員が常時 10 人未満でなくなった場合 届出が必要です。速やかに「市県民税特別徴収税額納期特例要件を欠いた場合 届出書」提出をお願いします。
さらに見せる

24 さらに読み込む

2. 本適用指針は 退職給付会計基準が前提とする確定給付型の退職給付制度について 退職給付制度間の移行等により退職給付債務が増加又は減少した場合に適用される 用語の定義退職給付制度間の移行又は退職給付制度の改訂 3. 退職給付制度間の移行には 確定給付型の退職給付制度から他の確定給付型の退職給付制度

2. 本適用指針は 退職給付会計基準が前提とする確定給付型の退職給付制度について 退職給付制度間の移行等により退職給付債務が増加又は減少した場合に適用される 用語の定義退職給付制度間の移行又は退職給付制度の改訂 3. 退職給付制度間の移行には 確定給付型の退職給付制度から他の確定給付型の退職給付制度

会計処理 退職給付制度終了会計処理 27. 退職給付会計基準退職給付制度が廃止された場合や退職給付制度に係る退職給付 債務に相当する額がすべて支払われた場合会計処理について特段明示していないが、 このような場合に退職給付債務消滅を認識することが適切と考えられる。また、未 認識過去勤務費用及び未認識数理計算上差異についても、一時費用としない理由 (退職給付会計基準第 67 項参照)失われているものと考えられることから、その 点で損益として認識すべきものと解される。本適用指針で、このような考え方を踏ま えて、退職給付制度間移行等により退職給付債務が減少する退職給付制度終了会 計処理を示すこととした。
さらに見せる

18 さらに読み込む

目 次 ページ 1 調査の概要 1 2 調査の記入要領及び定義 3 3 調査結果の概要 (1) 退職金支給の有無 5 (2) 退職金受給に必要な最低年数 6 (3) 退職金の支給形態 7 (4) 退職一時金支払いのための準備形態 8 (5) 社内準備の保全措置 9 (6) 退職一時金の算定基礎額 1

目 次 ページ 1 調査の概要 1 2 調査の記入要領及び定義 3 3 調査結果の概要 (1) 退職金支給の有無 5 (2) 退職金受給に必要な最低年数 6 (3) 退職金の支給形態 7 (4) 退職一時金支払いのための準備形態 8 (5) 社内準備の保全措置 9 (6) 退職一時金の算定基礎額 1

(1)退職金支給有無 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 (2)退職金受給に必要な最低勤続年数 ・・・・・・・・・・・・・・6 (3)退職支給形態 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7 (4)退職金支払いため準備形態 ・・・・・・・・・・・・・8 (5)社内準備保全措置 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9 (6)退職算定基礎額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・10 (7)退職勤続年数別支給率 ・・・・・・・・・・・・・11 (8)退職年金支払準備形態 ・・・・・・・・・・・・・・・・・12 (9)モデル退職金 ①全企業規模 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 ②企業規模別比較 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14 ③業種別比較 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15
さらに見せる

39 さらに読み込む

目 次 市民税 県民税の特別徴収について 1 退職所得に係る市民税 県民税の特別徴収について 2 特別徴収納入場所 3 市民税 県民税特別徴収納入書の記入の仕方 4 市民税 県民税の課税について 6 税制改正平成 28 年度から適用分 7 特別徴収義務者所在地 名称等変更届 10 特別徴収切替届出書

目 次 市民税 県民税の特別徴収について 1 退職所得に係る市民税 県民税の特別徴収について 2 特別徴収納入場所 3 市民税 県民税特別徴収納入書の記入の仕方 4 市民税 県民税の課税について 6 税制改正平成 28 年度から適用分 7 特別徴収義務者所在地 名称等変更届 10 特別徴収切替届出書

17 ~特別徴収義務者皆様へお知らせとお願い~ 1月1日以降退職税額一括徴収について 給与所得者が翌年1月1日から4月30日まで間に退職等によって給 与支払いを受けないこととなった場合で、その給与所得者に対して翌年 5月31日まで間に支払われる予定給与又は退職手当等が、退職した翌 月以降に徴収されるべき月割額に相当する金額を超えるとき、未徴収税額 をその給与又は退職手当等から本人から申し出によることなく一括徴収 しなければならないこととなっております。
さらに見せる

22 さらに読み込む

1 調査結果サマリー Ⅰ. 定昇など賃金制度の動向 ( p.1~5) 年齢や勤続に応じた定期昇給はないという企業は 約 4 割 (39.6%) 5000 人以上では約 6 割 (60.9%) 定期昇給の導入企業は 55.2%( 定年まで定期昇給がある 16.9% 一定年齢までは定期昇給がある 38.

1 調査結果サマリー Ⅰ. 定昇など賃金制度の動向 ( p.1~5) 年齢や勤続に応じた定期昇給はないという企業は 約 4 割 (39.6%) 5000 人以上では約 6 割 (60.9%) 定期昇給の導入企業は 55.2%( 定年まで定期昇給がある 16.9% 一定年齢までは定期昇給がある 38.

年齢給(2001年調査=中堅職層) ― ― 59.6 ― ― ― ― ― 年齢給(2001年調査=一般職層) ― ― 73.2 ― ― ― ― ― 定昇制度 ― ― 89.0 87.3 ― ― ― 62.2 ― ― ― ― 55.2 職種別賃金制度 ― ― 19.2 16.0 16.2 14.9 21.1 12.3 19.7 19.9 18.5 ― 31.2 ストックオプション制度 2.9 5.1 7.6 12.6 22.7 27.8 25.1 ― ― ― ― ― ― 業績連動型賞与*3 ― ― 34.4 32.9 31.0 ― 40.6 59.7 ― ― ― ― ― 役員報酬・賞与へ業績評価反映 ― ― ― ― ― ― 47.8 49.8 ― 40.2 43.4 49.4 50.0 委員会等設置(報酬委員会設置) ― ― ― ― ― ― ― 15.4 9.8 10.0 17.3 10.8 22.1 役員退職慰労金 ― ― ― ― ― ― ― 81.4 71.7 65.6 60.7 40.9 44.2 通年採用 ― 29.5 26.8 35.3 40.4 43.9 47.4 ― ― ― ― ― ― 職種別採用 35.3 34.0 37.2 ― 49.3 52.1 48.6 41.9 52.0 43.1 53.2 ― ― インターンシップ制度 ― 9.0 13.9 24.9 28.0 40.3 40.2 42.3 49.6 48.1 54.2 56.8 57.8 紹介予定型派遣 ― ― ― ― 14.5 17.8 30.7 ― 37.8 37.7 43.3 49.4 ― 早期退職優遇制度 48.7 49.2 ― ― 59.8 44.8 ― 45.1 51.6 46.5 50.9 44.9 39.0 役職定年制度 55.0 57.2 53.0 53.1 49.0 51.5 51.8 52.6 42.2 45.7 46.8 38.1 37.7 社内公募制(社内FA制度含む)*4 26.6 27.1 ― 36.0 30.4 36.3 31.2 41.4 30.7 40.5 41.5 39.6 社内FA制度 ― ― ― 3.0 5.6 9.2 8.3 10.2 8.3 7.5 12.5 23.4
さらに見せる

27 さらに読み込む

5. 退職一時金に係る就業規則のとりまとめ 退職一時金に係る就業規則の提供があった企業について 退職一時金制度の状況をとりまとめた なお 提供された就業規則を分析し 単純に集計したものであり 母集団に復元するなどの統計的な処理は行っていない 退職一時金の支給要件における勤続年数 退職一時金を支給する

5. 退職一時金に係る就業規則のとりまとめ 退職一時金に係る就業規則の提供があった企業について 退職一時金制度の状況をとりまとめた なお 提供された就業規則を分析し 単純に集計したものであり 母集団に復元するなどの統計的な処理は行っていない 退職一時金の支給要件における勤続年数 退職一時金を支給する

支給率上限となる勤続年数(社内準備場合) 退職支払準備形態が社内準備である企業であって、退職算定方式が、「退職基本 給全部又は一部×勤続年数別支給率(+定額)」あるいは「退職基本給全部又は一部×勤続年数別 支給率(+定額)+ポイント制」企業うち、支給率について勤続年数による上限が設定されている 企業退職理由が定年で 70.9%、自己都合で 71.0%、会社都合で 70.5%であった。
さらに見せる

16 さらに読み込む

1. 退職一時金制度 2 退職一時金とは 従業員が退職する際に一括して退職金を支給する制度である (1) 退職一時金の問題点 1 支給額を一括して支払う 2 給付源資が特定されない 3 従業員としては不安定 4 退職引当金の税法積立限度 (20%) (2) 会計処理の統一 従来は 1 退職一時金を毎

1. 退職一時金制度 2 退職一時金とは 従業員が退職する際に一括して退職金を支給する制度である (1) 退職一時金の問題点 1 支給額を一括して支払う 2 給付源資が特定されない 3 従業員としては不安定 4 退職引当金の税法積立限度 (20%) (2) 会計処理の統一 従来は 1 退職一時金を毎

問題2 (230) 退職給付会計に関する次各問に答えなさい。 問1 各期退職給付発生額を見積もる方法として、①勤務期間を基 準とする方法、②全勤務期間における給与総額に対する各期給与額 割合を基準とする方法及び、③退職給付支給倍率を基準とする方 法がある。わが国会計基準がいずれ方法を採用しているか、理由 を付して述べなさい。

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...