販売費及び一般管理費 四半期推移

Top PDF 販売費及び一般管理費 四半期推移:

目次 Contents ダイジェスト Digest 2 1. 業績の概要 Financial summary 4 2. グループ総取扱高 Total Group transactions 5 3. 売上収益 Revenue 6 4. 販売費及び一般管理費 Selling, general and a

目次 Contents ダイジェスト Digest 2 1. 業績の概要 Financial summary 4 2. グループ総取扱高 Total Group transactions 5 3. 売上収益 Revenue 6 4. 販売費及び一般管理費 Selling, general and a

総額表示へ変更致します。この変更により従来基準に比べ、売上収益が+1,500百万円、販売及び一般管理が+300百万円、営業外収益が△1,200百万円 となっております。 From the scal year ending March 31, 2019, Gain on bad debts recovered which is now included in Non-operating income at net value will be inclueded in Revenue at total value, that is, the recoveries will be recorded in Revenue and the recovery cost will be recorded in

24 さらに読み込む

217 年度第 4 四半期決算説明資料 決算サマリー 3-4 業績概要 5-7 貸借対照表 財務基盤の状況 8-9 損益計算書の概要 1 販売費 一般管理費の状況 海外部門 13 セグメント情報 参考資料

217 年度第 4 四半期決算説明資料 決算サマリー 3-4 業績概要 5-7 貸借対照表 財務基盤の状況 8-9 損益計算書の概要 1 販売費 一般管理費の状況 海外部門 13 セグメント情報 参考資料

 リテール部門は、2月以降の株式市場の調整により株式投信販売等が減速し、減収  ホールセール部門は、グローバル・マーケッツではエクイティ収益が、グローバル・インベストメント・バンキングではM&Aビジ ネスが寄与し、増収  販売一般管理は、人件等の増加により前四半期比+3.0%の975億円

36 さらに読み込む

目次 連結決算ハイライト 2 データ編 15 連結決算サマリー 3 連結データ (P/L 推移 ) 16 受入手数料 4 単体データ 17 トレーディング損益 5 P/L 推移 17 販売費 一般管理費 6 マーケットシェア 預かり資産 18 事業部門別概要 ( グローバルベース ) 7 口座数 商

目次 連結決算ハイライト 2 データ編 15 連結決算サマリー 3 連結データ (P/L 推移 ) 16 受入手数料 4 単体データ 17 トレーディング損益 5 P/L 推移 17 販売費 一般管理費 6 マーケットシェア 預かり資産 18 事業部門別概要 ( グローバルベース ) 7 口座数 商

債券 219 40 81 56 40 166 44 47 41 32 引受・売出手数料 34,848 5,353 15,115 5,057 9,321 24,966 4,731 7,524 6,203 6,507 株券 14,567 2,099 5,051 2,340 5,075 12,601 1,444 2,494 3,816 4,846 債券 19,787 3,176 10,016 2,674 3,918 12,165 3,235 4,980 2,304 1,644 募集・売出手数料 25,539 5,138 5,267 7,540 7,593 31,378 7,619 7,191 9,084 7,483 投資信託 22,086 4,471 4,298 6,701 6,614 27,546 6,962 6,292 8,026 6,264 その他の受入手数料 62,442 13,819 19,334 12,639 16,649 55,370 11,531 13,195 13,379 17,264 投資信託 15,576 3,864 3,809 3,880 4,022 17,308 4,052 4,263 4,495 4,495 その他(株券、債券除く) 27,209 6,342 10,260 3,886 6,719 20,808 4,081 4,628 4,725 7,373 トレーディング損益 143,956 40,358 41,488 34,968 27,141 114,858 23,904 26,025 27,462 37,466 株券等 34,380 ▲ 707 10,057 18,825 6,204 18,369 5,534 5,691 7,602 ▲ 458 債券等・その他 109,576 41,065 31,430 16,143 20,936 96,488 18,370 20,334 19,859 37,924 営業有価証券等損益 2,299 ▲ 162 228 446 1,786 2,300 35 1,935 402 ▲ 73 金融収益 45,756 8,325 10,563 9,465 17,401 67,061 13,446 21,592 13,627 18,394 金融費用 37,915 7,392 9,777 9,406 11,338 57,147 10,237 15,952 11,430 19,526 純営業収益 303,211 71,593 87,946 68,385 75,286 269,607 58,175 68,179 67,743 75,508 販売一般管理 239,455 55,731 62,478 58,825 62,419 236,574 54,277 59,092 60,353 62,851 営業利益 63,755 15,861 25,467 9,559 12,866 33,032 3,898 9,086 7,390 12,657 営業外収益 7,920 2,983 3,945 257 734 6,947 5,527 530 243 646
さらに見せる

22 さらに読み込む

216 年 3 月期決算サマリー 2 純営業収益 商品販売の状況 3 業績の四半期推移 4 株式委託手数料 5 投信募集 代行手数料等 6 トレーディング損益 7 引受関連手数料 ( 株式 債券 ) 8 M&A 9 三井住友銀行との連携について 1 販売費 一般管理費 11 連結貸借対照表 自己資本

216 年 3 月期決算サマリー 2 純営業収益 商品販売の状況 3 業績の四半期推移 4 株式委託手数料 5 投信募集 代行手数料等 6 トレーディング損益 7 引受関連手数料 ( 株式 債券 ) 8 M&A 9 三井住友銀行との連携について 1 販売費 一般管理費 11 連結貸借対照表 自己資本

その他の受入手数料 8,854 9,998 11,502 13,232 43,587 12,405 12,870 12,911 11,818 50,005 トレーディング損益 27,499 31,645 45,367 35,759 140,272 40,067 22,079 25,813 23,263 111,223 株券等 2,236 -117 3,691 1,574 7,384 3,684 104 3,877 2,611 10,278 債券等・その他 25,263 31,763 41,675 34,185 132,888 36,382 21,974 21,935 20,651 100,945 金融収益 5,295 8,327 5,862 6,947 26,433 6,813 7,693 6,361 7,456 28,324 金融費用 4,031 2,732 4,418 3,066 14,249 4,962 3,111 4,360 3,483 15,918 純営業収益 65,159 74,962 91,129 87,114 318,365 85,959 70,830 70,070 55,149 282,010 販売一般管理 52,970 54,878 59,398 61,945 229,191 62,816 58,885 58,269 55,057 235,029 営業利益 12,189 20,084 31,730 25,169 89,174 23,143 11,945 11,801 91 46,981 経常利益 12,490 20,502 31,684 28,600 93,278 23,390 12,507 11,804 611 48,313 特別損益 -206 -140 -123 -413 -884 4,611 -4,588 -15 -243 -236 税引前当期純利益 12,283 20,362 31,561 28,186 92,393 28,001 7,919 11,788 367 48,077 法人税、住民税及び事業税 19 39 9,005 12,113 21,177 561 5,932 5,518 -2,086 9,925 法人税等調整額 4,052 7,174 1,583 -4,150 8,659 8,548 -3,201 -1,703 1,390 5,034 当期純利益 8,212 13,148 20,973 20,222 62,557 18,892 5,187 7,973 1,064 33,117
さらに見せる

24 さらに読み込む

FINANCIAL FACT BOOK フィナンシャルファクトブック 目次 Contents 1 連結財務ハイライト Consolidated Financial Highlights 2 四半期推移 ( 連結 ) Quarter by Trend(Consolidated) 3 販売費及び一般管理

FINANCIAL FACT BOOK フィナンシャルファクトブック 目次 Contents 1 連結財務ハイライト Consolidated Financial Highlights 2 四半期推移 ( 連結 ) Quarter by Trend(Consolidated) 3 販売費及び一般管理

販売及び一般管理内訳/Selling, General and Administrative Expenses (千円/Thousands of Yen) 会計年度/ (千円/Thousands of Yen) nds of Yen) 会計年度/ Fiscal Year 2014/12 2015/12 2016/12 2017/12 2018/12 2019/12 Fiscal Year 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 販売及び一般管理/ 5,399,899 6,138,215 6,046,996 6,058,398 6,442,351 6,672,808 販売及び一般管理/ 1,485,088 1,487,403 1,608,631 1,465,872 1,452,291 1,536,208 1,499,515 1,570,383 1,550,974 1,589,146 1,640,419 1,661,811 1,651,169 1,688,753 1,619,507 1,713,378 Selling, General and Administrative Expenses Selling, General and Administrative Expenses
さらに見せる

12 さらに読み込む

[ 営業収益 ] 1,244,262 売上高 1,213,613 売上原価 930,900 営業収入 売上総利益 282,713 不動産賃貸収入 23,619 その他の営業収入 7,029 30,649 営業総利益 313,362 販売費及び一般管理費 310,285 営業利益 3,077 営業外収

[ 営業収益 ] 1,244,262 売上高 1,213,613 売上原価 930,900 営業収入 売上総利益 282,713 不動産賃貸収入 23,619 その他の営業収入 7,029 30,649 営業総利益 313,362 販売費及び一般管理費 310,285 営業利益 3,077 営業外収

(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)  「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を 当事業年度から適用しております。  この適用指針の適用による影響はありません。 ( 前 払 年 金 用 )

7 さらに読み込む

損益計算書 ( 平成 28 年 7 月 1 日から平成 29 年 6 月 30 日まで ) 項目金額売上高 34,060,254 売上原価 12,713,324 売上総利益 21,346,929 販売費及び一般管理費 20,108,972 営業利益 1,237,957 営業外収益 受取利息 80,2

損益計算書 ( 平成 28 年 7 月 1 日から平成 29 年 6 月 30 日まで ) 項目金額売上高 34,060,254 売上原価 12,713,324 売上総利益 21,346,929 販売費及び一般管理費 20,108,972 営業利益 1,237,957 営業外収益 受取利息 80,2

③ 金融商品に係るリスク管理 イ.信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理 当社は、営業債権について、取引相手ごとに期日管理や残高管理を行うとともに、 財務状況等の悪化等による回収懸念先には信用状況を信用調査会社で確認し、取 引先の信用状況を把握する体制としております。

7 さらに読み込む

損益計算書 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで 科 目 金 額 売 上 高 売 上 原 価 売 上 総 利 益 販売費及び一般管理費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受取利息及び配当金 営 業 外 費 用 支 払 利 息 経 常 利 益 特 別 利 益 固 定

損益計算書 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで 科 目 金 額 売 上 高 売 上 原 価 売 上 総 利 益 販売費及び一般管理費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受取利息及び配当金 営 業 外 費 用 支 払 利 息 経 常 利 益 特 別 利 益 固 定

従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき当事業年度 に見合う分を計上しております。 (3)ホテルポイント引当金 ホテルメンバーズ会員のポイント利用による販売促進の発生に備え、当事業年度末 のポイント残高に対して将来使用されると見込まれる額を計上しております。

7 さらに読み込む

損益計算書 ( 自平成 29 年 1 月 1 日至平成 29 年 12 月 31 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 営業収益 19,733,884 営業原価 15,938,833 営業総利益 3,795,051 販売費及び一般管理費 1,067,294 営業利益 2,727,756 営

損益計算書 ( 自平成 29 年 1 月 1 日至平成 29 年 12 月 31 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 営業収益 19,733,884 営業原価 15,938,833 営業総利益 3,795,051 販売費及び一般管理費 1,067,294 営業利益 2,727,756 営

関係会社短期貸付金及び関係会社短期借入金は、一時的な余裕資金をCMSにて資金運用したもの等であります。 営業未払金、未払金、未払費用、未払法人税等及び預り金は、ほとんど1年以内の支払期日であります。 借入金は、運転資金(主として短期)及び不動産投資資金(主として長期)の調達を目的としたものであります。 このうち一部は変動金利であるため、金利の変動リスクに晒されておりますが、デリバティブ取引(金利スワップ) を利用してヘッジしております。
さらに見せる

9 さらに読み込む

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

(2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制 営業債権である受取手形及び売掛金に係わる信用リスクは、販売管 理規程及び売掛債権管理に関する細則に沿ってリスク低減を図ってお ります。

7 さらに読み込む

第 18 期 損益計算書自 2017 年 4 月 1 日 至 2018 年 3 月 31 日 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 10,876,865 売上原価 2,750,741 売上総利益 8,126,123 販売費及び一般管理費 6,330,761 営業利益 1,795,362 営業外収

第 18 期 損益計算書自 2017 年 4 月 1 日 至 2018 年 3 月 31 日 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 10,876,865 売上原価 2,750,741 売上総利益 8,126,123 販売費及び一般管理費 6,330,761 営業利益 1,795,362 営業外収

取引条件及び取引条件の決定方針等 (注 1)価格その他の取引条件は、市場実勢を勘案して価格交渉の上で決定しております。 (注 2)資金の借入・貸付については、資金管理をJTBグループ全体で統合管理するキャッシ ュマネジメントシステムによるものであり、参加会社間で資金の貸借を日次で行っている ため、取引金額は記載しておりません。

8 さらに読み込む

目次 連結決算概要 連結決算ハイライト P2 純営業収益及び販売費 一般管理費 P3 業務別概要 P5 主要会社情報 三菱 UFJモルガン スタンレー証券 (MUMSS) の状況 P6 ご参考 国内証券会社の状況 P9 カブドットコム証券 ( カブコム ) 海外現地法人の状況 P1 Appendix

目次 連結決算概要 連結決算ハイライト P2 純営業収益及び販売費 一般管理費 P3 業務別概要 P5 主要会社情報 三菱 UFJモルガン スタンレー証券 (MUMSS) の状況 P6 ご参考 国内証券会社の状況 P9 カブドットコム証券 ( カブコム ) 海外現地法人の状況 P1 Appendix

 4Qは環境悪化もあり、好調だった前四半期比で減収減益。国内証券会社はや や低調な株式相場を反映し、投資家のアクティビティが若干減少、海外も前四半 期比減収となった。但し、4Qの経常利益は236億円と当年度2番目の水準を確保  MUSA単純合算後の実質ベースの経常利益は266億円、当期純損益は133億円

17 さらに読み込む

営業利益販売費 一般管理費粗利益 価格コスト ( 製品原価 ) 製品競争力の主な要素 材料費労務費 設備 / 工具減価償却費 材料生産性材料価格労働生産性賃金など 設備生産性設備価格 製品開発費 開発生産性 R&D 投資価格 その他経費 納期 数量 納入期間 期日 生産能力 設計 開発期間 生産 調

営業利益販売費 一般管理費粗利益 価格コスト ( 製品原価 ) 製品競争力の主な要素 材料費労務費 設備 / 工具減価償却費 材料生産性材料価格労働生産性賃金など 設備生産性設備価格 製品開発費 開発生産性 R&D 投資価格 その他経費 納期 数量 納入期間 期日 生産能力 設計 開発期間 生産 調

2.工程管理の概念と内容 工程管理 : 納期 と 数量 の面から生産活動を計画・統制すること。 (「納期管理」とは言わない) (1) 注文生産 : 生産期間 の短縮がポイント。 製品在庫は問題にならない。

45 さらに読み込む

Ⅰ 1 部門別に分解すると見えてくる損益貢献度 損益計算書による原価管理 会社の経営状態を把握する最も一般的な方法が 損益計算書によるものです 損益計算書は 以下のような書式によって示されます Ⅰ 売上高 1000 Ⅱ 売上原価 500 売上総利益 500 Ⅲ 販売費及び一般管理費 250 営業利益

Ⅰ 1 部門別に分解すると見えてくる損益貢献度 損益計算書による原価管理 会社の経営状態を把握する最も一般的な方法が 損益計算書によるものです 損益計算書は 以下のような書式によって示されます Ⅰ 売上高 1000 Ⅱ 売上原価 500 売上総利益 500 Ⅲ 販売費及び一般管理費 250 営業利益

コスト・ドライバーとは、コストの発生を引き起こす原因のことで、コストの発生を引 き起こした分だけ、その引き起こした活動や製品・サービスにコストを負担させようとい う考え方に基づいて作られたのがABCです。 従来の配賦基準は、各部門がどれだけ間接を消費したかという因果関係については無 視して配賦を行っていたため、部門別の原価計算を行う際には実態を反映できていないと いうジレンマがありました。

16 さらに読み込む

損益計算書 損益計算書 ( 自平成 28 年 3 月 1 日至平成 29 年 2 月 28 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 ( 経常損益の部 ) 営業損益の部 営業収益 売 上 高 5,155,250 営業費用 売 上 原 価 3,917,111 販売費及び一般管理費 1,359,7

損益計算書 損益計算書 ( 自平成 28 年 3 月 1 日至平成 29 年 2 月 28 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 ( 経常損益の部 ) 営業損益の部 営業収益 売 上 高 5,155,250 営業費用 売 上 原 価 3,917,111 販売費及び一般管理費 1,359,7

貸倒引当金 △ 10,699 純資産合計 純資産合計 純資産合計 純資産合計 6,736,841 6,736,841 6,736,841 6,736,841 資産合計 資産合計 資産合計 資産合計 8,464,212 8,464,212 8,464,212 8,464,212 負債及び純資産合計 負債及び純資産合計 負債及び純資産合計 負債及び純資産合計 8,464,212 8,464,212 8,464,212 8,464,212

6 さらに読み込む

連結損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 百万円 ) 売上高 74,558 売上原価 56,203 売上総利益 18,355 販売費及び一般管理費 12,781 営業利益 5,573 営業外収益 受取利息 0 受取配当金 85

連結損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 百万円 ) 売上高 74,558 売上原価 56,203 売上総利益 18,355 販売費及び一般管理費 12,781 営業利益 5,573 営業外収益 受取利息 0 受取配当金 85

(2)役員賞与引当金 役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額 に基づき計上しております。 (3)退職給付引当金 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退 職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上し、退職給 付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末ま での期間に帰属させる方法については、給付算定式基準に よっております。

20 さらに読み込む

連結損益計算書 ( 自平成 29 年 4 月 1 日 至平成 30 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 売上高 72,319 売上原価 53,099 売上総利益 19,220 販売費及び一般管理費 13,900 営業利益 5,319 営業外収益 受取利息 0 受取配当

連結損益計算書 ( 自平成 29 年 4 月 1 日 至平成 30 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 売上高 72,319 売上原価 53,099 売上総利益 19,220 販売費及び一般管理費 13,900 営業利益 5,319 営業外収益 受取利息 0 受取配当

当社は、平成 28 年4月 15 日に「シマダヤ株式会社の株式の取得(持分法適用関連会 社化)に関するお知らせ」にて公表したとおり、シマダヤを持分法適用関連会社として おりました。食の安全に対する関心が高まる中、メルコグループのネットワーク技術、 ストレージ技術を用いた製造プロセスの監視・管理システムのシマダヤでの検証実験等、 より安全で高品質な食品をお客様へお届けするシステムサポートを通じ、食の安全性訴 求事業化を目指してまいりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

・子会社株式及び関連会社株式  移動平均法による原価法 ・その他有価証券 時価のあるもの       事業年度末の市場価格等に基づく時価法(評価差額は 全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均 法により算定)

8 さらに読み込む

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

(1) 貸倒引当金 売掛債権、その他これに準ずる債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒 実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能 見込額を計上しております。

5 さらに読み込む

目次 データ編 連結財務ハイライト 2 連結データ (P/L 推移 ) 16 連結決算サマリー 3 単体データ 受入手数料 4 P/L 推移 17 トレーディング損益 5 マーケットシェア 預かり資産 18 販売費 一般管理費 6 口座数 商品販売 19 事業部門別セグメント概要 7 自己資本規制比

目次 データ編 連結財務ハイライト 2 連結データ (P/L 推移 ) 16 連結決算サマリー 3 単体データ 受入手数料 4 P/L 推移 17 トレーディング損益 5 マーケットシェア 預かり資産 18 販売費 一般管理費 6 口座数 商品販売 19 事業部門別セグメント概要 7 自己資本規制比

うち当社リテール・事業法人販売額: 1,100億円  新中期経営計画( 2016年度~2018年度)の策定  当社の新中期経営計画における重点戦略の 1つ、 「リテール基盤の更なる拡大」に向けた事業運営を始動 ⇨ お客さま第一の観点からのアプローチ

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...