論文のキーワードをもとに構築され

Top PDF 論文のキーワードをもとに構築され:

幾何学の起源 序説 再読 On Husserl s Origin of Geometry 加藤恵介 キーワード : 現象学 イデア性 幾何学 デリダは 1967 年に刊行された 声と現象 において 現象学の 脱構築 に着手する その議論の柱となっているものの一つは 反復によるイデア性の構成と そこに

幾何学の起源 序説 再読 On Husserl s Origin of Geometry 加藤恵介 キーワード : 現象学 イデア性 幾何学 デリダは 1967 年に刊行された 声と現象 において 現象学の 脱構築 に着手する その議論の柱となっているものの一つは 反復によるイデア性の構成と そこに

キーワード:現象学、イデア性、幾何学  デリダは、1967年刊行た『声と現象』において、現象学「脱構築着手する。その議 論柱となっているものの一つは、反復によるイデア性構成と、そこ働く広義「文字」的な るもの、すなわちエクリチュールである。彼が後年振り返って語るよう、彼がエクリチュール 概念着想したはフッサール『幾何学起源』からであり(SP21/30)、この問題系はすでに 「 「発生と構造」と現象学」で触れられているが、それが本格的展開れるは1962年『幾 何学起源』翻訳付さた「序説」においてである。ベルネットよれば、 『声と現象』議論 一つは、この「序説」における「イデア的対象現前について分析」、 「語用いてなされる思 考表現」適用するものである 1) 。反復によるイデア的対象歴史的構成、表現意味うち 持ち込むことによって、超越論的、形相的還元経た意味うち、還元えない歴史性、間 主観性、物質性が導入れる。ここでは、 『声と現象』議論と関連から、 『幾何学起源』「序 説」再読する。
さらに見せる

8 さらに読み込む

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

はじめ 本報告書は、松尾雅嗣教授永年ご功績とご尽力感謝表するため 、退職記念論文集として特別な意味持って、公刊れる。 平成 21 年 3 月末日持って定年退職れる平和科学研究センター(大学院 国際協力研究科)教授・松尾雅嗣先生は、昭和四十三年東京大学経済学部 卒業、昭和五十一年広島大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学後、 昭和五十年平和科学研究センター発足直後昭和五十一年広島大学平和科 学研究センター助手(専任研究員)就任た。その後、昭和五十八年助 教授、さらに平成三年教授昇任、平和科学研究センターにおける研究 その他業務多大なご貢献た。特に平成六年~平成十四年および平成 十六年~平成二十年は、センター長としてセンター運営取り仕切らた。
さらに見せる

27 さらに読み込む

検索結果一覧列の中央に表示されます 検索結果の絞り込み列の左側に表示されます 現在の検索式について 検索条件の確認 変更ができます 現在の検索検索条件 ( 使用キーワード ) などを表示します 全文データを持つ論文 や OPAC データ 出版時期 などの限定条件の変更による絞り込みのほか 出版物タイ

検索結果一覧列の中央に表示されます 検索結果の絞り込み列の左側に表示されます 現在の検索式について 検索条件の確認 変更ができます 現在の検索検索条件 ( 使用キーワード ) などを表示します 全文データを持つ論文 や OPAC データ 出版時期 などの限定条件の変更による絞り込みのほか 出版物タイ

【Placard Area について】 検索結果画面最上部 Research Starter 収録 50,000 以上学術トピックに関する用語定義・研究方法・ 推奨文献など 情報はじめ、様々な付加情報・情報表示します。(※ お客様ご契約によっては設定が異なる場合がございます) 【Contents Provider について】

6 さらに読み込む

検索結果一覧列の中央に表示されます 検索結果の絞り込み列の左側に表示されます 現在の検索式について 検索条件の確認 変更ができます 現在の検索検索条件 ( 使用キーワード ) などを表示します 全文データを持つ論文 や OPAC データ 出版時期 などの限定条件の変更による絞り込みのほか 出版物タイ

検索結果一覧列の中央に表示されます 検索結果の絞り込み列の左側に表示されます 現在の検索式について 検索条件の確認 変更ができます 現在の検索検索条件 ( 使用キーワード ) などを表示します 全文データを持つ論文 や OPAC データ 出版時期 などの限定条件の変更による絞り込みのほか 出版物タイ

検索結果一覧から、各論文タイトルクリックすることで、詳細情報画面へ移動します。 ■ 論文によっては下記各項目リンクがはらている場合があります ■ ★ Authors: 著者名リンククリックすると、収録ているその著者全て論文・記事が表示ます。 ★ Source: 出版物名リンククリックすると、その出版物詳細情報や収録情報が表示ます。 ★ Subject Terms: この論文主題です。クリックすると、同一主題持つ論文・記事が表示ます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

研究論文 鳴門教育大学情報教育ジャーナル No.18 pp 持続可能な開発のための教育 (ESD) に配慮した PC 利用 -OpenBSD を利用したファイヤウォールの構築例 - * 伊藤陽介 2005 年からユネスコによって持続可能な開発のための教育 (ESD) が推進されて

研究論文 鳴門教育大学情報教育ジャーナル No.18 pp 持続可能な開発のための教育 (ESD) に配慮した PC 利用 -OpenBSD を利用したファイヤウォールの構築例 - * 伊藤陽介 2005 年からユネスコによって持続可能な開発のための教育 (ESD) が推進されて

state パケットがこのルールマッチした場合,状態情報保持するかどうか指定する。「keep state」と記 述すると,TCP,UDP および ICMP に対して有効である。「modulate state」と記述すると,TCP に対してのみ 有効となる。「synproxy state」と記述すると,詐称た TCP SYN flood からサーバ防護するため,着 信する TCP 接続プロキシ行う。このオプションは,keep state および modulate state 機能含んで いる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

『本草和名』データベースの構築に向けて 公開シンポジウム・論文集 – 人文系データベース協議会

『本草和名』データベースの構築に向けて 公開シンポジウム・論文集 – 人文系データベース協議会

は中国・日本逸書数多く含んでおり、日中典籍交流史、古医学史分野でも重要な資料である。『本草和 名』国語学的研究するは、日中典籍交流史、古医学史に関する知識も必要となる。それら踏まえた研究 遂行するためはデータベース構築が必要とれる。本発表では『本草和名』データベース構築向けて、資 料特徴やデータベース化課題について論じる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

論文の内容の要旨 論文題目 戦後韓日関係と領土問題 韓国における 独島問題 の言説とイメージ 氏名玄大松 本稿は 領土意識 対日感情 というものが そもそも社会的に 構築 されたものであると見る社会的構築主義 (Social Constructivism) の認識論的立場から 独島問題 を通じて韓国

論文の内容の要旨 論文題目 戦後韓日関係と領土問題 韓国における 独島問題 の言説とイメージ 氏名玄大松 本稿は 領土意識 対日感情 というものが そもそも社会的に 構築 されたものであると見る社会的構築主義 (Social Constructivism) の認識論的立場から 独島問題 を通じて韓国

メディアは、さまざまな神話やイデオロギー再生産することにより、 「社会的現実」 構成するが、本章では、韓国知識人とマス・メディアと「独島論」が、国民伝わる 過程、独島論生産量推移と、新聞報道内容分析を通じて考察した。 そして、次ことが明らかなった。日韓両国政府は、独島/竹島は「歴史的も、国際 法的も我が国固有領土である」と主張しているが、日韓両国知的関心と資源はそれ ぞアキレス腱補強するところ集中していた。戦後から現在まで、韓国では国 際法的研究が主流、日本では歴史的研究が主流なしている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

25 (2), Available online at 原著論文 サトウキビ育種のための系譜情報管理システムの開発 * 要旨 Web キーワード はじめに * Correspon

25 (2), Available online at 原著論文 サトウキビ育種のための系譜情報管理システムの開発 * 要旨 Web キーワード はじめに * Correspon

要旨 育種において交配親たどる系譜情報は,交配及び選抜において重要である.しかしながら,わが国サトウ キビ育種では,こうした情報が共有ず,育種関わる機関がそれぞれ管理してきた.そこでサトウキビ育 種関わる機関で情報共有が可能な Web ベースデータベース開発した.このシステムによって,系譜情報 や形質特性簡易閲覧することができる.また交配親だけでなく,兄弟や後代情報も得られる.こうした系 譜情報は,交配や選抜における育種担当者意思決定支援することができる.さらに,交配においては,その 遺伝的な近親性も考慮する必要がある.このシステムは,その指標となる近交係数計算機能がある.サトウ キビでは系譜欠損値が多いため近交係数適用は限界があるが,祖父母まで把握できるものでは,系譜上 同一系統がある割合(重複率)と近交係数活用することで,近親性が簡便評価できる可能性が示唆た.
さらに見せる

11 さらに読み込む

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

S. boettgeri や台湾タイワンスベトカゲ S. formosensis 極めて類似することが 知らているが,これら 2 種がそもそも相互極めて類似性が高いこと(Chen et al.,2001) ,魚釣島産標本が 2 点しかなく定量的な比較が困難であることか ら,魚釣島標本が上記 2 種いずれにより近いかについてはいまだ決定でき ていない.他 3 つはいずれも種(アオスジトカゲ)ないし亜種(アカマダラ, シュウダ)レベルで台湾・大陸と共通し,宮古・八重山諸島近縁集団とは 異なっている.これとは逆,つまり宮古・八重山諸島と共通し台湾・大陸見 られない分布パターン示す種は上記スベトカゲ 1 種可能性が残さて いるものの,今ところ魚釣島含む尖閣諸島爬虫類は認められない.し たがって全部合わせてもわずか 6 種ではあるが,爬虫類相類似度周辺地域 と間で求めると(たとえ仮にスベトカゲ 1 種がサキシマスベトカゲ より近いとしても) ,魚釣島含む尖閣諸島は極めて台湾・大陸近く,宮古・ 八重山諸島とはより遠いことなる(Ota,2000).そしてこれは,尖閣諸島が 大陸東岸からのびる大陸棚上水深 120m以浅部分位置し最終氷期は台 湾とともに大陸東岸一部となったと思われること,これに対し大陸棚から水 深 200m優に越える琉球トラフで隔てられ,また台湾と間も同じく水深 200 m越える与那国海峡で隔てられる宮古・八重山諸島が,こうした接続一切 持たなかったこととよく整合するである(Ota et al.,1993;Ota,1998).
さらに見せる

20 さらに読み込む

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

14 スーピロは次よう述べ、セルビア人と協力関係構築最重要課題とした。 「セ ルビア人と協力すれば成果は大きいが、彼らと手結ぶことなしは成果は少ない。まし て彼ら回すことなれば何成果も得られない」(ibid., p.28)。 15 1905 年 10 月、トルムビッチら招集により、クロアチア、ダルマチアおよびイストラ 主要なクロアチア人政党代表はアドリア海港町リイェーカで会議開き、 「リイェ ーカ決議」採択した。決議は、ダルマチアクロアチアおよびスラヴォニア統合する こと条件、マジャール人(ハンガリー人)国権拡大闘争支持し、同時に政治的自 由実現ため諸改革要求した。この直後ダルマチアおよびクロアチア議会セル ビア人議員もザダルで集会もち、リイェーカ決議と同様マジャール人国権闘争支 持し、クロアチア人がセルビア人対等処遇すること条件、ダルマチアとクロアチ アおよびスラヴォニアと再統一支持する決議発表した。ダルマチアで成立した政治 的連携は直ちにクロアチア波及した。その年 12 月は5つ政党が合流して、「クロ アチア人・セルビア人連合」という統一政党結成した。
さらに見せる

26 さらに読み込む

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

博士論文「国際平和活動におけるDDR―平和維持と平和構築との連携に向けて―」

2008 年 10 月 15 日、両国間対立が激化し、同国境地帯で両軍間銃撃戦と なり、カンボジア兵 2 人が死亡、タイ兵 7 人が負傷した。銃撃戦は午後 2 時 20 分ごろ、プレアビヒア寺院から数キロしか離れていない国境地帯多数場所 で起きた。タイ軍報道官よると、銃撃戦は 2 時間以上にわたって散発的続 いた。カンボジア軍は現地 AFP 記者に対し、「タイ軍がわれわれ領地進 入した。激しい銃撃戦だった」と語り、最初発砲したはタイ側だったと非 難した。これに対し、タイソムポン外相は、 「タイ側が衝突引き金引いた ではないと確実言える。われわれは依然としてソムチャイ・ウォンサワッ ト(Somchai Wongsawat)首相方針従っている」と主張し、首相が平和的な 対話向け努力していくと発表したことについて言及し、 「状況が制御不能な るようなことはないと確信している」と述べた。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Placard Area/ プラカードエリア検索されたキーワードに一致した学術トピックを紹介します 検索結果一覧列の中央に表示されます 検索結果の絞り込み列の左側に表示されます 現在の検索式について 検索条件の確認 変更ができます 現在の検索検索条件 ( 使用キーワード ) などを表示します 全文デ

Placard Area/ プラカードエリア検索されたキーワードに一致した学術トピックを紹介します 検索結果一覧列の中央に表示されます 検索結果の絞り込み列の左側に表示されます 現在の検索式について 検索条件の確認 変更ができます 現在の検索検索条件 ( 使用キーワード ) などを表示します 全文デ

【蔵書検索(OPAC)について】 検索結果一覧から、また各論文詳細情報画面から、フォルダアイコン (もしくは Add to Folder[フォルダ追加]リン ク)クリックすることで、情報一時的保存することができます。(通常、ログアウトと共に保存したデータは消去ます。 次回以降セッション保存した内容反映せたい場合は、個人アカウントが必要となります。 )

6 さらに読み込む

を超えている (2017 年 7 月現在 ) コンテンツを種別毎に集計すると, 全体の半数以上を紀要論文 (53%) が占めており, その他, 学術雑誌論文 (14%) や学位論文 (5%) など, 大学等で生み出された多様なコンテンツが登録されている 日本の機関リポジトリは, 学術論文のオープンア

を超えている (2017 年 7 月現在 ) コンテンツを種別毎に集計すると, 全体の半数以上を紀要論文 (53%) が占めており, その他, 学術雑誌論文 (14%) や学位論文 (5%) など, 大学等で生み出された多様なコンテンツが登録されている 日本の機関リポジトリは, 学術論文のオープンア

グリーンロードとは,論文著者である研究者自 身が,自らホームページやリポジトリと呼ばれる インターネット上電子アーカイブ自著論文掲 載する(セルフ・アーカイブ)ことにより,オープ ンアクセス実現する方式である。セルフ・アーカ イブ受け皿となるリポジトリは,大学等研究 機関が設置する機関リポジトリ,分野毎研究者コ ミュニティが構築する分野リポジトリ,政府機関等 が設けるセントラルリポジトリなどいくつか種類 がある。オープンアクセスリポジトリディレクト リであるOpenDOAR(The Directory of Open Access Repositories)よれば,世界で3,000以上リポジ トリが公開ている(2017年8月16日現在)。
さらに見せる

8 さらに読み込む

責任会計論研究の再検討-AilmanとHigginsの論文をもとに-

責任会計論研究の再検討-AilmanとHigginsの論文をもとに-

とができる。責任会計論は,管理的側面から会計数値経営管理組織上責任者と結びつけて組 織的・体系的把握することによって,組織における責任者業績把握しつつ,自らも努力 成果明確示すことにより動機づけれるよう考案であろう。 ただし,組織階層について言えば,Ailman による職能別組織と Higgins による職能別組織 比較するとわかるよう,同じ職能別組織であっても,Ailman が組織全体あるいはやや販売部 門重点置いた組織図構築しているに対し, Higgins は製造部門重点置いた組織図 構築している。これは,Higgins が主製造原価削減,すなわち原価管理主眼置いた責任 会計構築考えていたこと意味している。その上で,製造領域における責任会計システム 特徴として,組織階層と管理可能性関係について述べている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

論文 心理臨床領域における 性の多様性 に関する課題と展望 2010 年以降の研究動向をもとに 吉川麻衣子 要約本研究では, 活発な議論がなされつつある 性の多様性 に関して, 心理臨床領域ではどのような課題と展開があるのかを 2010 年以降に発表された学術研究の動向をもとに考察した 近年, 性同

論文 心理臨床領域における 性の多様性 に関する課題と展望 2010 年以降の研究動向をもとに 吉川麻衣子 要約本研究では, 活発な議論がなされつつある 性の多様性 に関して, 心理臨床領域ではどのような課題と展開があるのかを 2010 年以降に発表された学術研究の動向をもとに考察した 近年, 性同

 そこで本研究では, 「性多様性」関連する国内学術研究中で,心理臨床(学)はどの ような点で貢献してきた概観し,取り組むべき課題と展望考察する。研究論文抽出 方法は, 「LGBT・性的マイノリティ・性的少数者」 , 「同性愛」 , 「両性愛」 , 「性同一性障害・性 別違和」 , 「性多様性・多様な性」 5 つキーワードで文献検索し,2010 年から 2015 年 9 月まで発表た心理臨床(学)領域関連する研究論文中で,①概念・診断,②メ ンタルヘルス,③性同一性障害・性別違和,④同性愛・両性愛,⑤心理臨床実践,⑥学校現 場で実践・心理教育 6 カテゴリー包含れる文献選定した。加えて,同時期刊行 た書籍や Web 上で公開ているパンフレット等,および 2009 年以前発表論文 ついても必要応じて参照した。ただし,この分類はあくまでも筆者主観によるものである ことと,すべて研究網羅するは困難であるということご了解いただければ幸いである。 2.心理臨床関連する研究動向と考察
さらに見せる

17 さらに読み込む

PubMed とは 医学関連分野の文献データベース MEDLINE の公開版 文献の書誌情報 ( タイトル 著者名 雑誌名 抄録など ) を収録 医学用語 著者 雑誌名などを手がかりに検索できる 各文献に MeSH が付与されている 主題 内容を表す統制されたキーワードで 階層構造になっている 2

PubMed とは 医学関連分野の文献データベース MEDLINE の公開版 文献の書誌情報 ( タイトル 著者名 雑誌名 抄録など ) を収録 医学用語 著者 雑誌名などを手がかりに検索できる 各文献に MeSH が付与されている 主題 内容を表す統制されたキーワードで 階層構造になっている 2

出版形態  検索する論文種類指定する   (指定しなければすべて検索する) Clinical Trial(臨床試験)、Editorial(社説)、 Letter(投書)、 Meta-analysis(メタアナリシス)、 Practice Guideline(臨床ガイドライン)、

36 さらに読み込む

本マニュアルの作成に当たっては 学術論文 各種ガイドライン 厚生労働科学研究事業報告書 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事業報告書等を参考に 厚生労働省の委託により 関係学会においてマニュアル作成委員会を組織し 社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作成されたマニュアル案をもとに

本マニュアルの作成に当たっては 学術論文 各種ガイドライン 厚生労働科学研究事業報告書 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事業報告書等を参考に 厚生労働省の委託により 関係学会においてマニュアル作成委員会を組織し 社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作成されたマニュアル案をもとに

副作用発生頻度は、おのおの薬剤で異なる。アレルギー性接触皮膚炎、光アレル ギー性接触皮膚炎頻度パッチテスト陽性率でみると、1999 年調査では、抗菌 薬である硫酸フラジオマイシンは 8.75%、硫酸ゲンタマイシンは 9.12% 30) 、2000 年で は、抗炎症外用薬ケトプロフェンは 1.74%、チアプロフェンは 4.17%、スプロフェ ンは 1.74% 29) 、ブフェキサマク軟膏は 1.9%、ブフェキサマククリームは 2.9%、ブフ ェキサマクは 1.9%、イブプロフェンピコノール軟膏は 2.9%、イブプロフェンピコノ ールクリームは 3.5%、イブプロフェンピコノールは 2.5%、ウフェナマート軟膏は 1.0%、ウフェナマートクリームは 1.0%、ウフェナマートは 0.6% 29) であった。また 1997 年調査では、ブデソニド軟膏(販売中止)は 1.6%、ブデソニドクリーム(販売 中止)は 2.0%、アムシノニド軟膏は 0.4%、アムシノニドクリームは 0.2%、ヒドロ コルチゾン酢酸エステル軟膏 0.4%、ヒドロコルチゾン酢酸エステルクリーム 0.8% 陽性率であった 29) 。
さらに見せる

37 さらに読み込む

本マニュアルの作成に当たっては 学術論文 各種ガイドライン 厚生労働科学研究事業報告書 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事業報告書等を参考に 厚生労働省の委託により 関係学会においてマニュアル作成委員会を組織し 社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作成されたマニュアル案をもとに

本マニュアルの作成に当たっては 学術論文 各種ガイドライン 厚生労働科学研究事業報告書 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事業報告書等を参考に 厚生労働省の委託により 関係学会においてマニュアル作成委員会を組織し 社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作成されたマニュアル案をもとに

一般集団でもギラン・バレー症候群発症は人口 100 万人あたり 6~19 人と推定れるため、自然発症とワクチン接種後ギラン・バレー症候群と 鑑別は困難である。しかし、インフルエンザワクチン接種によりギラ ン・バレー症候群発病率が有意上昇することが確認、ワクチン接 種後6週間以内発症した症例は「インフルエンザワクチン接種関連ギラ ン・バレー症候群」と定義ている。接種後第2週発症ピークがあ り、重症度はワクチン非接種群と比較して差はなかった。進行性筋力低 下、感覚障害呈し、髄液蛋白上昇も 82%でみられる。発症した 25% 症例で人工呼吸器が必要となり、6%が死亡した。
さらに見せる

23 さらに読み込む

本マニュアルの作成に当たっては 学術論文 各種ガイドライン 厚生労働科学研究事業報告書 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事業報告書等を参考に 厚生労働省の委託により 関係学会においてマニュアル作成委員会を組織し 社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作成されたマニュアル案をもとに

本マニュアルの作成に当たっては 学術論文 各種ガイドライン 厚生労働科学研究事業報告書 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事業報告書等を参考に 厚生労働省の委託により 関係学会においてマニュアル作成委員会を組織し 社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作成されたマニュアル案をもとに

極めて重症な OHSS 症例では血液濃縮による動脈血栓症ハイリス クであり、第1輸液療法・蛋白製剤投与などにより、その是正し なければならない。抗凝固療法適応については現在ところ明らか ではないが、a.血液濃縮が著明(Ht:45 %以上、WBC:15,000 /μL 以 上:特に 20,000 /μL 以上)、b.凝固・線溶系活性化傾向が認めら れる(D-dimer 上昇、 AT III 低下)など場合は抗凝固療法 考慮するが望ましい。トロンビン・アンチトロンビンⅢ複合体 (TAT)、プラスミン・α2 プラスミンインヒビター複合体(PIC)は 大部分 OHSS 症例で増加するため、ワンポイント測定で抗凝固療 法適応基準決めることは困難である。できれば、その経時的変化 参考し、抗凝固療法可否判断する。また、肥満、高血圧、糖 尿病、血栓症既往、家族歴など血栓性素因がある場合、またはプ ロテインC、プロテインS、AT III、抗リン脂質抗体など異常がわ かっている場合は早め抗凝固療法考慮する。
さらに見せる

25 さらに読み込む

Wilson 病診療ガイドラインを発表するにあたって Wilson 病 (WD) の名称のもとになる論文が Wilson により 1912 年発表されてから 100 年になる 1) いろいろな病名で報告されたが 1960 年以後は WD でほぼ統一されるようになった WD は 当初 仮性硬化症 肝レ

Wilson 病診療ガイドラインを発表するにあたって Wilson 病 (WD) の名称のもとになる論文が Wilson により 1912 年発表されてから 100 年になる 1) いろいろな病名で報告されたが 1960 年以後は WD でほぼ統一されるようになった WD は 当初 仮性硬化症 肝レ

く影響する。治療法も、ペニシラミンやトリエンチンキレート薬、亜鉛製剤、肝移植な ど種々あり、主治医経験などで治療行っているが現状である。現在、我が国では学 会認定ガイドラインは発表ていない。一方、米国肝臓学会は 2003 年、2008 年、 欧州肝臓学会は 2012 年本疾患ガイドライン発表している。我が国遺伝的背景や食 生活は欧米と異なる。したがって日本でガイドラインが必要である。本症診療ガイド ライン日本小児栄養消化器肝臓学会ワーキングとして立ち上げ、本症関連がある学 会からワーキング委員推薦してもらい、ワーキング委員会 2011 年発足せた。 本診療ガイドライン作成するにあたっては、 Minds 診療ガイドライン選定部会監修 「 Minds 診療ガイドライン作成手引き 2007」 15,) 、 EASL Clinical Practice Guidelines 12) 参考、基本的は American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD) (表 1)準じたクラス分類とレベル分類行った 11) 。しかし、本症においては大規模無作 為比較研究や大規模コホート研究は非常少なかった。本疾患特徴である多彩な発症症 状・広範囲な発症年齢・診断後速やかな治療開始必要性・治療法変貌など考えると、 大規模無作為比較研究はほとんど不可能近いと思われる。したがって、主エビデンス 高い比較的多数症例分析した研究論文採用した。本ガイドライン作成企画はワ ーキング委員会で検討し、各項目委員で分担して執筆、作成した。診療ガイドライン 内容理解していただくため、体内銅代謝機構や WD で銅代謝病態等も記載した。ワ ーキング委員会委員はいずれもその領域では診療経験および造詣が深く、非常内容が 深いものなった。私不徳至りで、まとめる時間がかかり、ワーキング委員会 委員先生はこの場借りてお詫び申し上げます。
さらに見せる

54 さらに読み込む

Show all 10000 documents...