自己評価結果等

Top PDF 自己評価結果等:

自己評価結果公表シート/例1

自己評価結果公表シート/例1

保護者については、学校の教育活動に協力的であり、各種 PTA 行事や体験活動の付き添い、 安全確保の取り組みに積極的に参加いただいている。 <堺市立浜寺小学校 校長 千賀 敏弘> 長年の歴史をもつ諏訪森幼稚園は、平成27年度から21世紀を担う子どもたちに限りない夢と 希望を抱いて、幼稚園と保育園の機能を併せもつ一体的な教育・保育をめざして、認定こども 園として再出発をされました。従って、今まで以上に通園してくる子どもたちは、それぞれの 家庭の事情により、そのリズムがさまざまであり、指導が大変難しいと思われますが、職員一 致団結してより良い保育をめざして頑張っておられます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

高齢者在宅サービスセンター西新井の業務評価結果 足立区/福祉施設指定管理者等評価委員会の評価結果について

高齢者在宅サービスセンター西新井の業務評価結果 足立区/福祉施設指定管理者等評価委員会の評価結果について

業務評価シート 【評価対象期間】 平成28年4月1日∼平成29年3月31日 【自己評価】 平成29年 5月 15日 【評価委員会】 平成29年 7月24日 【評価点】 水準を上回る:3点

4 さらに読み込む

平成27年度の業務実績に関する自己評価書[PDF] 年度目標・事業計画等

平成27年度の業務実績に関する自己評価書[PDF] 年度目標・事業計画等

て比較すると37,128千円の削減となった。 ) 。 ・職員のERPシステムに関する習熟度の向上について、製造業 務に係る研修を実施するとともに、操作マニュアルを随時改訂 するの取組を行った結果、平成27年度の問合せ件数は76 6件となり、平成26年度の812件に比べて5.7%の減と なった。また、ERPシステムの有効活用による効率化を推進 するため、差異分析業務にあたり部門別や課別でも実績データ を差異の発生する入力処理毎に確認できるように帳票機能を追 加する、業務処理の改善を行った。平成27年度におけるE RPシステムの報告書出力自動化に係る業務処理時間は、平 成19年度と比較して、2,990時間の削減となった。 ・引き続き、造幣局情報セキュリティ対策基準に基づく実施手順
さらに見せる

102 さらに読み込む

平成26年度の業務実績に関する自己評価書[PDF] 年度目標・事業計画等

平成26年度の業務実績に関する自己評価書[PDF] 年度目標・事業計画等

○造幣局の課題、リス ク の 抽 出 と 対 策 の 取組状況 ・ 経営陣は、平成26年度の年度計画で定められた諸目標及び貨幣製造の作業計画、 貨幣セットの販売計画の諸計画が達成できるよう、理事会、幹部会及び各種委員 会(コンプライアンス委員会、安全衛生委員会、契約監視委員会及び省エネルギー 対策委員会)において各部門の現状を把握するとともに、年度計画を踏まえ設定 した組織目標、諸計画の進捗管理、情報の共有や意見交換を行い、また、品質マ ネジメントシステムISO9001に基づく検証会議を年2回開催し、全部門の運 営状況を検証し、必要な対策について審議した。さらに、監事による業務監査及び ISO規格に準拠した内部監査の結果が理事長へ報告され、それらを踏まえた改善 の取組を行っている。
さらに見せる

72 さらに読み込む

自己評価書様式

自己評価書様式

教員の教育及び研究活動に関する評価について、教員が毎年度「年度活動報告書」を作成す るとともに、3年間を「計画・実施・検証」の1サイクルとして自己点検評価を行い、部局評価 組織に評価書を提出し、それを受けて評価組織が評価を行うというシステムが開始された。平成 25 年度までを第1期評価期間とし、全学評価委員会が結果を取りまとめ、評価結果報告書として 公表し、学外の有識者の意見を聴取して、平成 26 年度からの第2期評価期間において改善を行 った。特に教員の評価に関する事項については、平成 27 年度から教員組織である研究院におい て行うこととした。以上から教員の教育及び研究活動に関する評価は継続的に行われている。
さらに見せる

21 さらに読み込む

総合ボランティアセンター・西綾瀬ボランティアセンターの業務評価結果 足立区/福祉施設指定管理者等評価委員会の評価結果について

総合ボランティアセンター・西綾瀬ボランティアセンターの業務評価結果 足立区/福祉施設指定管理者等評価委員会の評価結果について

業務評価シート 【評価対象期間】 平成28年4月1日∼平成29年3月31日 【自己評価】 平成29年6月6日 【評価委員会】 平成29年7月24日 【評価点】 水準を上回る:3点

4 さらに読み込む

. 実施方法 公表学校関係者評価の実施については 平成 8 年度に行われた 自己点検評価 を学校関係者評価委員の皆さまにご確認いただき 自己点検評価の各項目に対するご意見と評価を取りまとめました また 評価結果については 今後の各校における教育活動や学生指導等 学校運営の改善に活かすとともに教育水準

. 実施方法 公表学校関係者評価の実施については 平成 8 年度に行われた 自己点検評価 を学校関係者評価委員の皆さまにご確認いただき 自己点検評価の各項目に対するご意見と評価を取りまとめました また 評価結果については 今後の各校における教育活動や学生指導等 学校運営の改善に活かすとともに教育水準

【総評】 情報システム化による業務の効率化には、さらに進めペーパーレスに努める必要があります。 また、退学率は低減のためには、その原因調査が必要と考えます。卒業生・在校生の社会的な活 躍を評価するためには、対象者の把握システム作りが必要です。

10 さらに読み込む

平成28年度の業務実績に関する自己評価書[PDF] 年度目標・事業計画等

平成28年度の業務実績に関する自己評価書[PDF] 年度目標・事業計画等

別紙6 平成28年度独立行政法人造幣局調達合理化計画に係る自己評価結果について 1.調達の改善について重点的に取り組む分野 一 者 応 札 ・ 応 募 に つ い て は 、 か ね て か ら そ の 解 消 に 鋭 意 取 り 組 み 、 こ れ 以 上 の 競 争 促 進 は望めない現況となっているが、 原則として一者応札・応募となった調達の都度、 その原因につい て他業者に聞き取り調査を行い、 また、 新規業者の参入可能性の調査については、 海外を視野に入 れ、世界造幣局長会議の場において海外メーカーからヒアリングを行うなどの取組を行っている ところである。
さらに見せる

96 さらに読み込む

中 1 中央 1 中央平均 全体平均 事業評価 ( 自己評価 外部評価 ) 結果一覧 自己評価 外部評価 平均得点割合平均得点割合自治協社協民児協老人ク居宅被保険者 (69 点満点 ) (100 点換算 ) (15 点満点 ) (100 点換算 )

中 1 中央 1 中央平均 全体平均 事業評価 ( 自己評価 外部評価 ) 結果一覧 自己評価 外部評価 平均得点割合平均得点割合自治協社協民児協老人ク居宅被保険者 (69 点満点 ) (100 点換算 ) (15 点満点 ) (100 点換算 )

・県・市・関係機関からの研修に参加し、包括職員の共有。必要に応じて個別に必要な情報の提供や関係機関へ紹介しつ ないでいる。 ②高齢者虐待への対応 ・虐待事例については担当保健福祉センターへ報告相談し、必要に応じて地域の保健師と同行訪問をして解決への方向性 を導いている。また、本人と同時に家族への助言や気持ちの救済を図りながら虐待を起こさせないように支援している。 ・虐待ネットワークとして、警察や校区社協・自治会と連携して情報の共有をして地域で孤立させないように見守り支援して いる。
さらに見せる

88 さらに読み込む

第 2 期中期目標期間業務実績に関する 自己評価結果 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

第 2 期中期目標期間業務実績に関する 自己評価結果 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

主著 1 報) 、Nature 誌(IF:42.351、主著 1 報(H27.4.9 発刊) 、共著 2 報) 、Nature Materials 誌(IF:36.425、共著 11 報) 、Science 誌(IF:31.477、主著 1 報、共著 6 報) 、Nature Photonics 誌(IF:29.958、 共著 1 報) 、Nature Physics 誌(IF:20.603、主著 1 報、共著 5 報) 、Reports on Progress in Physics 誌(IF:15.633、主著 1 報) 、Astrophysical Journal; Supplement Series 誌(IF:14.137、主著 1 報) 、 Nano Letters 誌(IF:12.94、共著 1 報) 、Nature Geoscience 誌(IF:11.668、共著 1 報) 、Journal of the American Chemical Society 誌(IF:11.444、共著 6 報) 、Nature Communications 誌(IF:10.742、 主著 2 報、共著 13 報)、Advanced Functional Materials 誌(IF:10.439、共著 1 報)の著名な学術誌への掲載 54 報を含め査読付き論文総数は 3,766 報(主著:2,320 報、共著:1,446 報)に達した。 また、科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞の 5 件の受賞を始め 221 件の学協会賞を受賞するなど、学術的に高い評価を得た。これらの研究開発成果に関して 147 件のプレス発表を行うとともに、 多数の取材対応を行い、積極的に外部に向けて成果を発信している。震災の影響により、施設・設備の供用においては、合計 3,360 課題を超えることを目標とした利用課題が、震災後の JRR-3 及び材 料試験炉(JMTR)の停止により 2,756 件(約 82%)に止まったが、研究試験炉の早期の運転再開を目指して、国の新規制基準への適合性確認を受けるために原子炉設置変更許可の申請を行った。J-PARC では、ハドロン実験施設での放射性物質漏えい事故や物質・生命科学実験施設におけるミュオン実験装置の火災により運転サイクル数が減少したが、必要な再発防止策を講じて早期の利用運転再開に目途 をつけた。人材育成事業を推進し、研修受講者数は中期目標期間中年平均 1,207 名(目標:1,000 名)となった。また、アンケート調査に年平均 96%から「有効であった」との評価(目標:80%以上)を得 得た。中期計画数値目標の 120%を達成した。以上を総合的に勘案し、研究開発の様々な側面で特に顕著な成果を創出したと判断し、自己評価を S とした。
さらに見せる

255 さらに読み込む

自己点検評価書 その1 自己評価|国立大学法人 北海道教育大学

自己点検評価書 その1 自己評価|国立大学法人 北海道教育大学

ム 改 編 し た 。 さ 成 月 評 価 ム 大 学 計 画 評 価 室 度 計 画 方 策 作 成 及 び 自 己 評 価 実 施 を 追 加 し ム 体 制 と し た 。 ) 及 び ) 評 価 責 任 者 を 置 く 単 位 部 局 各 部 局 評 価 組 織 実 態 把 握 と 連 携 必 要 性 い て 従 来 部 局 い て う 形 責 任 あ 自 己 評 価 行 わ て い 不 明 点 あ た こ と 背 晙 あ こ 点 を 明 す た 部 局 対 し て 評 価 責 任 者 機 能 と 評 価 組 織 暼 無 い て ア ン ト を 実 施 し た 。 そ ア ン ト 結 果 を 踏 ま え 評 価 責 任 者 責 任 を て 自 己 評 価 し 適 切 大 学 計 画 評 価 室 と 連 携 を 図 体 制 構 築 を 目 指 し た い 。
さらに見せる

70 さらに読み込む

4 業務評価 管理体制に関する項目 評価項目 維持管理業務の実施状況 職員配置等の実施体制 評価結果 具体的内容 指定管理者自己評価 施設担当課評価 評価 特記事項 評価 特記事項 施設内の清掃を定期的に実施し 常に清潔に保っているか 保守点検等は 協定書 業務仕様書に基づき適正に履行されているか

4 業務評価 管理体制に関する項目 評価項目 維持管理業務の実施状況 職員配置等の実施体制 評価結果 具体的内容 指定管理者自己評価 施設担当課評価 評価 特記事項 評価 特記事項 施設内の清掃を定期的に実施し 常に清潔に保っているか 保守点検等は 協定書 業務仕様書に基づき適正に履行されているか

102 ③ボディーソープが少ない。 点検、補充。 同上 103 ④シャワーの水圧が弱い。 混雑時、設備能力による。 同上 104 サウナでバスタオルを使わないで利用している。 掲示済み。お客様のモラル。 未記入 105 サウナで場所取りをしている。 館内放送、巡回時に注意。 60代女性、寒河江市 106 水風呂で場所取りをしている。 館内放送、巡回時に注意。 40代女性、天童市 107 身体を洗わないで浴槽に入る高齢者がいる。 掲示あり。館内放送実施。 60代女性、天童市
さらに見せる

5 さらに読み込む

( 様式 1) 自己評価票 作成日平成 25 年 8 月 21 日 事業所概要 ( 事業所記入 ) 事業所番号 法人名 社会福祉法人 竹育会 事業所名グループホームぬくもりユニット名福寿草 所在地つくばみらい市西丸山 評価結果自己評価作成日平成 2

( 様式 1) 自己評価票 作成日平成 25 年 8 月 21 日 事業所概要 ( 事業所記入 ) 事業所番号 法人名 社会福祉法人 竹育会 事業所名グループホームぬくもりユニット名福寿草 所在地つくばみらい市西丸山 評価結果自己評価作成日平成 2

○暮らしの現状の把握  一人ひとりの一日の過ごし方、心身状態、 有する力の現状の把握に努めている ○チームでつくる介護計画とモニタリング  本人がより良く暮らすための課題とケアの あり方について、本人、家族、必要な関係者 と話し合い、それぞれの意見やアイディアを 反映し、現状に即した介護計画を作成してい る

10 さらに読み込む

( 様式 3) 自己評価及び外部評価結果 作成日 平成 25 年 2 月 18 日 事業所概要 ( 事業所記入 ) 事業所番号 法人名 アイリレー 株式会社 事業所名グループホームあいリレー石岡ユニット名うみ 所在地 自己評価作成日 茨城県石岡市鹿の子 3-1

( 様式 3) 自己評価及び外部評価結果 作成日 平成 25 年 2 月 18 日 事業所概要 ( 事業所記入 ) 事業所番号 法人名 アイリレー 株式会社 事業所名グループホームあいリレー石岡ユニット名うみ 所在地 自己評価作成日 茨城県石岡市鹿の子 3-1

○服薬支援  一人ひとりが使用している薬の 目的や副作用、用法や用量につい て理解しており、服薬の支援と症 状の変化の確認に努めている ○役割、楽しみごとの支援  張り合いや喜びのある日々を過 ごせるように、一人ひとりの生活 歴や力を活かした役割、嗜好品、 楽しみごと、気分転換の支援を している

17 さらに読み込む

( 別紙 2) 平成 29 年度 1 自己評価及び外部評価結果 事業所概要( 事業所記入 ) 事業所番号 法人名医療法人輝栄会事業所名グループホームトリニテ松崎所在地 福岡県福岡市東区松崎 2 丁目 7-21 自己評価作成日平成 30 年 3 月 3 日 評価

( 別紙 2) 平成 29 年度 1 自己評価及び外部評価結果 事業所概要( 事業所記入 ) 事業所番号 法人名医療法人輝栄会事業所名グループホームトリニテ松崎所在地 福岡県福岡市東区松崎 2 丁目 7-21 自己評価作成日平成 30 年 3 月 3 日 評価

○便秘の予防と対応 便秘の原因や及ぼす影響を理解し、飲食物の工夫や運動 への働きかけ、個々に応じた予防に取り組んでいる 週に2~3回の入浴実施となっています。湯船に つかることにも困難な入居者が増えており、特浴 やシャワー浴の実施となる場合には浴室や脱衣 室の温度には最大限の注意を払って実施してい ます。できるかぎり、満足な笑顔が覗える入浴を 心がけています。

25 さらに読み込む

2016 年度自己点検 評価報告書 青山学院大学 全学自己点検 評価委員会 2017 年 10 月

2016 年度自己点検 評価報告書 青山学院大学 全学自己点検 評価委員会 2017 年 10 月

応や内部質保証システム自体の改善の必要性について指摘があった。全学的な課題として 受け止め、改善が必要であることが共有された。 4.3 自己点検・評価結果に基づく改善活動とその結果について 自己点検・評価結果を踏まえ、全学委員会において、各部局から挙げられた課題の中から 全学的に取り組むべき優先課題を選定した。2016 年度の優先課題は、特に認証評価結果におけ る努力課題への対応のために複数年に亘って継続的に取り組むべき事項および内部質保証シ ステム自体の改善に関する事項をはじめ、教育方法、学生支援および管理運営に関する事項 が選定された。
さらに見せる

12 さらに読み込む

自己点検・評価 報告書

自己点検・評価 報告書

また、4 つの学部に学部長を、全学共通教育センター会議にセンター長を置き、これら 役職者は各組織の責任者となり、学部長は学部教授会を、センター長は全学共通教育セン ター会議を主催し、定められた事項の審議を進めている。各学部、全学共通教育センター 会議には、それぞれ教務主任を置き、学部長、センター長の会議運営を助けるとともに、 各学部、全学共通教育センターの教務委員会を主催している【根拠 3-3,4,5,6,7,8,9,10】。 この教務主任と、全学教授会で選出される全学教務委員長と副委員長が全学教務委員会 を構成し、当委員会を全学教務委員長が主催して定められた事項を審議し、各学部、全学 共通教育センターの教務課題、全学の教務課題の審議を進めている【根拠 3-11】。全学教 務委員会の正副委員長と各学部、全学共通教育センターから選出された委員によって全学 FD 委員会が構成され、慣例で全学教務副委員長が全学 FD 委員会委員長となり、全学の FD 活動を運営している【根拠 3-13】。全学教授会で選出された教員資格審査委員長は、各 学部から選出された委員によって構成される教員資格審査委員会を主催し、学長から諮問 される教員人事に関わる事項の審議を進めその結果を学長に答申している【根拠 3-12】。 全学教授会で選出された研究委員長兼学術研究センター長【根拠 3-14,15】は、各学部、 全学共通教育センターから選出された委員によって構成される研究委員会および学術研究 センター運営委員会を主催し、本学の学術研究にかかわる事項の審議を進めている。各種 委員会は審議の結果について、適宜、諸規程に則って学部教授会、全学共通教育センター 会議、代議員会、全学教授会での議題に挙げている。予算に絡む事項については、大学 運営会議の議題とし場合によっては理事会の議題とする場合もある。こうして、本学は、 大学設置基準第 7 条第 2 項でいう「大学は教育研究の実施に当たり、教員の適切な役割分 担の下で、組織的な連携体制を確保し、教育研究に関わる責任の所在が明確になるように 教員組織を編成するものとする」旨を実行している。
さらに見せる

217 さらに読み込む

本ガイドライン並びに別添の 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 は 放課後等デイサービス事業所における自己評価の際に活用されることを想定しており 各事業所は自己評価の結果を踏まえて 事業運営の改善を図るとともに 結果についても利用者や保護者に向けて

本ガイドライン並びに別添の 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 は 放課後等デイサービス事業所における自己評価の際に活用されることを想定しており 各事業所は自己評価の結果を踏まえて 事業運営の改善を図るとともに 結果についても利用者や保護者に向けて

○ サービス担当者会議は、障害児支援利用計画案に位置づけられた福祉サー ビスの担当者が、障害児支援利用計画案の内容について、専門的な見地か らの意見を述べるものである。 サービス担当者会議に参画する場合においては、障害児支援利用計画案 に位置づけられた放課後デイサービス事業所として期待される役割を確 認するとともに、障害のある子どもが、他の子どもや地域社会から安易に 切り離されないための配慮、子どもの最善の利益の観点から意見を述べ ることが重要である。障害児支援利用計画のモニタリング時には、その時 点までの放課後デイサービスの提供状況を踏まえて課題への達成度や気 付きの点の情報を積極的に述べることが重要である。
さらに見せる

42 さらに読み込む

別添 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 について 放課後等デイサービスガイドライン ( 以下 ガイドライン ) は 放課後等デイサービス事業所における自己評価に活用されることを想定して作成されたものですが 各事業所で簡易に自己評価を行うことができ

別添 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 について 放課後等デイサービスガイドライン ( 以下 ガイドライン ) は 放課後等デイサービス事業所における自己評価に活用されることを想定して作成されたものですが 各事業所で簡易に自己評価を行うことができ

○立てられた改善目標に沿って、支援を改善していく。 ○自己評価結果の公表の仕方については、基本的には「改善目標」や「工夫 している点」の主なものについて、できるだけ詳細に発信する(「はい」 「いいえ」の数の公表を想定しているものではない) 。

6 さらに読み込む

第 1 認証評価結果 3 第 2 分野別評価 ( 認証評価結果の概要 ) 4 第 3 評価基準項目毎の評価 9 第 1 分野運営と自己改革 法曹像の周知 特徴の追求 自己改革 法科大学院の自主性 独立性 情報公開 学生へ

第 1 認証評価結果 3 第 2 分野別評価 ( 認証評価結果の概要 ) 4 第 3 評価基準項目毎の評価 9 第 1 分野運営と自己改革 法曹像の周知 特徴の追求 自己改革 法科大学院の自主性 独立性 情報公開 学生へ

ど今後の対応策の展開が注目される。 イ カリキュラム 当該法科大学院の大きな特徴の一つは,多くの実務家教員を擁し,理論 と実務を架橋する努力を続けてきた点である。学生数の減少により,法律 実務基礎科目を 12 科目から9科目へ削減するといったことにはなってい るものの,多くの臨床科目を維持している。特にSCとして市民ボランテ ィアの協力を得ていること,VLFを利用した「民事ローヤリング」が, 相変わらず充実していること,刑事模擬裁判も受講生を維持し続けられ ていることのほか,エクスターンシップも,自治体を含め多くの受け入れ 先を確保し,行われている。ただし,研究者,実務家のそれぞれが,それ ぞれの授業で理論と実務の架橋を意識しているとされていることは間違 いないようであるが,2017 年度まで唯一研究者と実務家の共同授業とし て行われていた「民事法総合演習Ⅰ・Ⅱ」が 2018 年から共同授業でなく なっている。その必要性は当該法科大学院においても認識されており,復 活は今後の検討課題になっている。
さらに見せる

137 さらに読み込む

Show all 10000 documents...