者評価結果を報

Top PDF 者評価結果を報:

発達障害者支援に関する行政評価・監視-結果報告書(全文)

発達障害者支援に関する行政評価・監視-結果報告書(全文)

(3) 発達障害児に関する支援計画及び指導計画の作成の推進 勧告 説明図表番号 【制度の概要】 幼稚園、小学校、中学校及び高等学校における障害のある児童生徒の指導 について、 「幼稚園教育要領」 (平成 20 年文部科学省告示第 26 号) 、 「小学校 学習指導要領」 (平成 20 年文部科学省告示第 27 号) 、 「中学校学習指導要領」 (平成 20 年文部科学省告示第 28 号、22 年文部科学省告示第 161 号・一部 改正)及び「高等学校学習指導要領」 (平成 21 年文部科学省告示第 34 号) 並びに各要領解説では、例えば、障害のある幼児児童生徒一人一人に、指導 の目標や内容、配慮事項など示した「個別の指導計画」、長期的な視点 に立って幼児期から学校卒業後までの一貫した支援行うため、家庭や医療 機関、 福祉施設などの関係機関と連携し、 様々な側面からの取組示した 「個 別の教育支援計画」作成することなどにより、個々の幼児児童生徒の障害 の状態等に応じた指導内容や指導方法の工夫計画的、 組織的に行うことと されている。
さらに見せる

328 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・ 大学、専門学校等の実習受け入れ、幅広く利用とのかかわりの機会設けた。 ・ 緊急時の初期対応行えるよう、BLS研修全職員対象に実施した。 ② 業務の効率化に対する取組み ・ コストの削減については、法人全体として取り組んでいる。パソコン、コピー機等事務機器の法人一括でのリースや各種消耗品等の価格情報の共 有等法人内に事務部会設け取り組んでいる。館内での節電、節水については全事業所で心掛け、特に電気料金については引き続きデマンド警報装置 にてピーク使用の監視行っている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・企画する自主事業は市、有線、紙面、その他報道機関等で広報し呼びかけ、特に単発講座は多くの人に知ってもらうよう努めた。 ・心身機能向上やストレス発散系・オリジナルものづくり系・現代社会での話題性・祖父母の孫育て講座など、世代間交流及びボランティア育成講座 など多数実施し、多世代が参加できる環境づくり行った。 ・夏祭りの実施と講座・サークル発表会では、地域サークル、中学校の吹奏楽の披露など、地域に開かれた施設づくりに取り組んだ。 ・地域のお茶のみサロンやデイサービスで交流し、地域との連携行った。
さらに見せる

5 さらに読み込む

障害者の地域生活支援 つくば市 | 平成27年度施策評価・事務事業評価結果

障害者の地域生活支援 つくば市 | 平成27年度施策評価・事務事業評価結果

自己評価 「チャレンジアートフェスティバル」 障害(児)の社会参加促進する事業であり,芸術・文化活動等を通して,障害(児)の社会参加の 機会創出することができた。また,市・チラシ配布等の広報活動により,障害福祉に対する市民の 意識啓発及び理解が図られた。

5 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・施設の老朽化や受入体制に限度があるため、利用児童数が安全に時間過ごせる居室の確保が課題である。 ・各施設への通知・連絡事務など紙ベースで連絡便配送により行っているが、速やかに効率の良い事務処理ができていないため、事務処理の電子化の 検討が必要である。 ・児童館・センターと子どもプラザ含めた職員数は、約800名超えており、その労務管理の負担は大きな課題となっている。なお、社協の監査 告では「職員数や利用児童数から人事管理や安全安心などの面で組織の肥大化が懸念される。」との指摘も受けている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・祝日の臨時開館、また工事等による臨時休館要した後の振替開館による、利用日の増加。 【自主事業など企画の実施】 ・企画する自主事業は市、有線、その他報道機関等で広報し呼びかけ、多くの方に活動知ってもらうように努めている。 ・体の痛み予防、音楽療法等介護予防・認知症予防レク、モノづくりなど趣味の講座、不安解消の為の終末講座や法律相談など多数実施している。 ・利用懇談会や、利用及び地域の方々の意見聴く会設け、ニーズ把握して実施している。
さらに見せる

5 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・入館・退館時の名札の扱いについて・・・・置き場所通常の名札入れの他に壁掛け用も用意し、利用の名札探しの時間極力少なく するようにした。その結果、名札探す手間も省け、壁掛け利用が日ごと増えていった。 ・駐車場増やす・・・館西側の空き地有料(月でお借りし(8台分)駐車場の確保に努め、より利用しやすい施設目指した。 ・地域のママグループと提携・・・地域のママグループ(マムズスタイル、長野友の会、アズママ等)さんと協同でイベント(¥0バザー、   家計 簿のつけ方等)開催し、利用さんに多様な情報が提供でき、またやってほしい、参加したいという声聞かせて頂くことが出来た。
さらに見せる

5 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・景気や税率UPなどの経済動向が授産施設の仕事量に大きく影響するため、取引先からの受注については、施設長自ら、相手先との情報交換密に して、的確な仕事量と計画的な納品の確保に努めた。 ・市域外の取引先への納品・受入に際しては、近接する地域に所在する取引先できるだけまとめ、省エネと業務の効率化図った。 ・施設利用の適性見極め、その適性に応じた作業内容割り振るなどの受託作業より効率的に行うための人員配置や作業時間の配分に努めた。
さらに見せる

5 さらに読み込む

5 令和 2 年度学校関係者評価報告書 長崎県立虹の原特別支援学校 1 評価の方法 (1) 5 名の学校関係者評価委員を対象に紙面によるアンケートを実施 (2) 評価の基礎となる資料 1 学校評価結果 ( 職員による自己評価および保護者による評価 ) 2 学校関係者評価委員会における学校からの学校評

5 令和 2 年度学校関係者評価報告書 長崎県立虹の原特別支援学校 1 評価の方法 (1) 5 名の学校関係者評価委員を対象に紙面によるアンケートを実施 (2) 評価の基礎となる資料 1 学校評価結果 ( 職員による自己評価および保護者による評価 ) 2 学校関係者評価委員会における学校からの学校評

人数 全体数 % 人数 全体数 % 人数 全体数 % 人数 全体数 % 人数 全体数 % 今年 前年 (1)学校運営(教育目標、経営方針、学校評価、目標管理など) 72 171 42.1% 93 171 54.4% 6 171 3.5% 0 171 0.0% 0 171 0.0% 3.4 3.4 (2)学部等運営(運営方針など) 68 171 39.8% 92 171 53.8% 11 171 6.4% 0 171 0.0% 0 171 0.0% 3.3 3.4 (3)分掌部運営(分掌編成、運営方針、協力体制、仕事内容など) 52 171 30.4% 99 171 57.9% 18 171 10.5% 1 171 0.6% 1 171 0.6% 3.2 3.2 (4)学校・学部・寄宿舎行事(内容や方法、回数や時期など) 47 171 27.5% 111 171 64.9% 12 171 7.0% 0 171 0.0% 1 171 0.6% 3.2 3.2 (5)各教科の授業、生活指導(特性に応じた指導の工夫など) 43 171 25.1% 113 171 66.1% 11 171 6.4% 2 171 1.2% 2 171 1.2% 3.2 3.2 (6)人権や環境に関する指導(内容や方法、回数など) 43 171 25.1% 113 171 66.1% 12 171 7.0% 1 171 0.6% 2 171 1.2% 3.2 3.1 (7)教育環境(明るさ、清潔面、安全面、環境美化など) 32 171 18.7% 93 171 54.4% 45 171 26.3% 1 171 0.6% 1 171 0.6% 2.9 3.0
さらに見せる

21 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

参加。 ・わんぱく散髪講座、リフレッシュ講座等地元商店街の方々との 共催イベント積極的に行う。・シニアアクティブルーム(高齢学級) と連携し、活動(折り紙教室、手話で歌おう会)等世代間交流行う。 ・ ボランティアの育成や活動の場の提供積極的に行い、地域の方々と共に 運営行う。・地域子育て支援センターとの交流(おたより等の情報交 換) ・信州大学教育学部、清泉女子短期大学、長野県短期大学等と研 究・実習の場として連携し、その研究内容等広場運営に活用する。長野県 短期大学幼児教育学科立浪ゼミとは、もちっこ広場共催で行う。 ・中 学校、高等学校の職場体験、インターシップ等の受け入れ。 ・長野看護 専門学校臨地実習受け入れ
さらに見せる

6 さらに読み込む

評価調書 平成27年度指定管理者モニタリング評価結果(平成28年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成27年度指定管理者モニタリング評価結果(平成28年10月) 長野市ホームページ

 城山動物園では、お客も参加し楽しめるイベント(アシカの誕生日会、焼き芋大会)引き続き企画し好評得た。  全体を通して、指定管理として概ね適切に管理運営にあたったと評価できる。屋外施設のため当日の天候や予報の影響強 く受けるため、利用増やすためのイベントの強化や広報活動等引き続き努力求めたい。  指定管理は、当該施設以外にも複数の指定管理施設の運営請負っており、平成27年度決算においても総資本額約22億円、 正味財産額約15億円と安定した経営状況であるため、「1 指定管理の健全性」は「4」とした。
さらに見せる

6 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

サービス維持・ 向上の取組み (広報等) アンケートの実施と反映により、児童の健全な成長と地域による子育てに主眼置いた館運営心掛けている。また、子ど も会議開催して、子どもたちが話し合う機会設けたり、ルール決めたりしてトラブルの未然防止図っている。トラ ブルが発生した場合には、個別に事情聴き、場合によっては保護に連絡取り対応している。また館で対応が困難であ れば、受託がその解決に向けて遅滞なく対処するように努めている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

(3) 次年度以降の取組み ・利用に好評である体操、血圧測定、マジックショーなどに加え、季節の行事行うなど、自主事業の充実図る。 ・施設内での広告掲示やチラシの配布、予算が確保できた場合にはホームページなど活用した情報発信に努める。 ・講座でのアンケートや利用からの聞き取りから、高齢のニーズ把握し講座や運営に反映させる。

5 さらに読み込む

平成29年度指定管理者業務評価の結果について(報告)

平成29年度指定管理者業務評価の結果について(報告)

優 い 8割 点 ●利用 減少 い 施設快適 利用 う適 管理運営 努 い ●利用 高齢化や 自家風呂 普及 施設 老朽化 共同浴場管理 運営 環境 厳 増 施設所管課 コメント あ う 今後 浴場 在 方 い 検討 必要 時期 来 い い 営業 続 限 利用 全 心 浴場 あ あ 水質 管理等 必要 点検等 適 維持管理 い 今後 確実 実施 たい た 地域 共同浴場 役割広 利用 開拓や 利用 対 接遇 向 利用減少 抑 努 たい
さらに見せる

19 さらに読み込む

派遣社員の評価に関する 派遣先担当者調査結果

派遣社員の評価に関する 派遣先担当者調査結果

 派遣先担当が派遣社員評価する際に重要視するのは、「まじめさ」や「報告連 絡相談」などの基礎力であり、処遇向上や正社員登用の際には「責任感」が最も重 要視されることがわかった。  評価の必要性が重視されている一方で、派遣先担当は派遣社員評価することの 困難さ感じており、その理由として「判断・評価基準がないこと」という回答が 多くみられた

16 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・点字パソコン教室の受講生増に伴い第2・第4金曜日開催毎週開催に拡充する。また、新たにカラオケ教室開催し余暇活動の充実図る。 ・ホームページに各種教室講座紹介し受講生の募集、利用団体の情報掲載し、会員及びボランテイアの加入促進図る。併せて、市身体障害福 祉協会と市障害スポーツ協会の情報掲載し、障害の福祉向上と社会参加の促進に引き続き努める。 ・障害相談会(ピアカウンセリング)開催し、障害自身が抱えている痛みや悩みに同じ立場にある当協会の相談員が相談に乗り、課題解消に向 けて共に考え支援に努め、当事者の自立と社会参加促進する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・地域の皆さんとの交流のため、地域ボランティアの方々と協力し「畑づくり」実施した。中庭の有効活用及びセンターの食材として使用してい る。 (4月畑づくり/5月かぼちゃ苗植え/7月じゃがいも収穫/9月ジャンボかぼちゃコンクール出品、サツマイモ収穫/12月収穫祭、やきいも大会) 【老人福祉センター】 ・センター入り口の情報コーナーの充実図り、入口設置展示パネル、ミニ縁側ギャラリーにて生きがいづくり講座受講生の作品、地域の方の作品 月替わりで展示した。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成28年度 施設毎の評価結果 指定管理者管理運営の評価結果について  熊本市ホームページ

平成28年度 施設毎の評価結果 指定管理者管理運営の評価結果について 熊本市ホームページ

  年度当初、 かつて経験し たこ と のない大地震に見舞われ、 当会館も 相当 の被害受けたが、 職員が一体と なり 早期復旧取り 組んだ。 熊本地震の 被害調査と 並行し ながら 、 市への連絡、 報告密にし て、 会館の第1 、 第2 駐車場地区住民に開放すると と も に、 近隣の企業から 地下水運び込 む等、 市の休館指示( 4 月2 8 日まで) 前の2 0 日には開館準備終えるこ と ができた。 開館後は、 通常業務と 並行し て地震被災の相談、 駐車場の 開放に当たるなど「 公共の施設」 と し ての認識の下、 会館条例誠実に遵 守し た運営に当たっ た。 し かし 、 地震の影響は大きく 、 市指定事業の「 かわ し り 春も のがたり 」 では、 一部事業が縮小し たり 、 変更余儀なく さ れ、 事業 全体への集客が落ち込み、 会館への入場も 前年度割り 込んだ。 こ の 中で、 会館の命題である「 工芸品づく り の後継育成」 と 「 若者養成教室」 は順調に行い、 2 、 3 年後には川尻刃物、 おばけの金太、 熊本友禅の継承 が誕生する見込みと なっ た。
さらに見せる

159 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・利用との連絡会や家族との懇談会開催し、様々な意見や要望等施設運営に活かすよう努めました。 ・法人内の就労継続B型、就労移行及び放課後等デイサービス事業所と連携し、一体的な支援体制となるよう努めました。 【ふたば園】 ・障害特性にあった作業種導入し、働く喜び実感することで意欲や自信につながる支援目指している。 ・多様化するニーズに対応するため関係機関と情報共有するとともに、研修実施し職員の専門性高めている。 ・家族のニーズに応えるため、希望により朝夕のタイムケア事業実施している。
さらに見せる

6 さらに読み込む

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月)  長野市ホームページ

評価調書 平成26年度指定管理者モニタリング評価結果(平成27年10月) 長野市ホームページ

・高齢生きがいづくり講座については、アンケート・聞き取り継続して行い利用の要望把握に努め、多くの参加得るために広報活動積極的 に行い、参加募集していく。また、要望があったもの基に新たな講座開催する。 ・消耗品の削減図るため、コピー用紙の再利用徹底し、使用に際しては両面コピー心掛ける。また、センター内の照明機器については、長寿命 化が図れるLED電球等に順次切り替えていく。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...