緊急時安全マニュアル等の確認を

Top PDF 緊急時安全マニュアル等の確認を:

災害等の緊急時の利用者の避難 誘導 安全確保及び必要な通報等についてマニュアルを作成し 緊急時には的確に対応すること また 災害時に 市が緊急に防災拠点 避難場所等として本施設を使用する必要があるときは 市の指示により優先して避難者等を受け入れること (6) 廃棄物処理施設から発生する廃棄物の発生抑

災害等の緊急時の利用者の避難 誘導 安全確保及び必要な通報等についてマニュアルを作成し 緊急時には的確に対応すること また 災害時に 市が緊急に防災拠点 避難場所等として本施設を使用する必要があるときは 市の指示により優先して避難者等を受け入れること (6) 廃棄物処理施設から発生する廃棄物の発生抑

 条例第10条に基づき、施設利用料金及び施設設備に係わる利用料金は指定管理者収入 とする。  収納業務にあたっては、現金出納簿備え、取り扱った利用料金収納全て記入し、 その状況明らかにするとともに、領収書利用料金収受に係わる諸帳簿類適正に管理  ③ 指定管理者が指定管理料により物品購入したときは、購入後物品は市所有とする。  ④ 市又は指定管理料により購入した備品と、指定管理者が所有する備品と区別明らか   にすること。
さらに見せる

6 さらに読み込む

高専ロボコン 2018 安全対策ガイド目次 はじめに 2 1) 安全管理責任者 2) 緊急連絡表と緊急時の対応 Ⅰ. 競技課題 ボトルフリップ カフェ 4 競技課題の安全対策 Ⅱ. 設計 製作 練習時の安全対策 5 Ⅱ-1 ロボコンを始める前の準備 Ⅱ-2 ロボコンの心得 Ⅱ-3 設計 Ⅱ-4 製作

高専ロボコン 2018 安全対策ガイド目次 はじめに 2 1) 安全管理責任者 2) 緊急連絡表と緊急時の対応 Ⅰ. 競技課題 ボトルフリップ カフェ 4 競技課題の安全対策 Ⅱ. 設計 製作 練習時の安全対策 5 Ⅱ-1 ロボコンを始める前の準備 Ⅱ-2 ロボコンの心得 Ⅱ-3 設計 Ⅱ-4 製作

ロボコンで一番重視するべきは「アイデア」です。 良いアイデアがあれば、必ずしも動作部分 が強力である必要はありません。本当にその出力が必要な再度確認しましょう。 Ⅱ-4 製作 ロボット製作における基本的な安全対策について過去事例なども紹介しながら、どのような安全 対策が必要か?適切か?考え、独自安全対策行いましょう!

16 さらに読み込む

中項目 小項目 業務マニュアル 業務緊急時調査 業務 (2) 死亡事故 1 死亡事故が発生した場合は 速やかに以下の処理を行なう ア 警察 消防署 親族 連帯保証人等関係機関 関係者にし 協力して現場確認等を行う イ 現場確認実施後 速やかに県に事故書 ( 速報 ) を提出する ウ 親族 連帯保証人

中項目 小項目 業務マニュアル 業務緊急時調査 業務 (2) 死亡事故 1 死亡事故が発生した場合は 速やかに以下の処理を行なう ア 警察 消防署 親族 連帯保証人等関係機関 関係者にし 協力して現場確認等を行う イ 現場確認実施後 速やかに県に事故書 ( 速報 ) を提出する ウ 親族 連帯保証人

(イ) 被害発生報告あった団地については、直ちに避難誘導必要な措置講じた上で、そ    結果速やかに県に報告する。 (ウ) 大規模災害発生後、道路交通状況により、24時間以内に全団地調査すること    が困難な場合は、予め策定した優先順位に基づき、各団地被害状況逐次調査し、県に報    告する。なお、大規模災害発生後、48時間以内には、全団地被害状況調査及び措    置状況報告が行えるよう可能な限り努める。
さらに見せる

9 さらに読み込む

1. 関連マニュアル 1. 関連マニュアル 本資料に関連するマニュアルは以下のとおりです システムを安全にご使用いただくため システムを構成する機器 装置のマニュアルや取扱説明書などを必ず入手し 安全上のご注意 安全上の要点 など安全に関する注意事項を含め 内容を確認のうえ 使用してください Man

1. 関連マニュアル 1. 関連マニュアル 本資料に関連するマニュアルは以下のとおりです システムを安全にご使用いただくため システムを構成する機器 装置のマニュアルや取扱説明書などを必ず入手し 安全上のご注意 安全上の要点 など安全に関する注意事項を含め 内容を確認のうえ 使用してください Man

使用上注意 CX-Programmer および Network Configurator は、本項記載バージョン以降に、オートア ップデートしてください。 なお、本項記載バージョン以外使用すると、 7 章以降手順に差異があることがありま す 。 そ 場 合 は 、「 CX-Programmer オペレーションマニュアル」(SBCA-337) および 「 Network-Configurator オンラインヘルプ」参照して、手順と同等処理行ってくだ さい。
さらに見せる

44 さらに読み込む

必須務 Ⅱ 安全衛生務 ( ) 雇い入れ時の安全衛生教育 介護職種における疾病 腰痛予防 福祉用具の使用方法 及び 点検 介護事故防止のための教育 5 緊急時 事故発見時の対応. 掃除 洗濯 調理務 利用者の居室やトイレ 事所内の環境整備 利用者の衣類等の洗

必須務 Ⅱ 安全衛生務 ( ) 雇い入れ時の安全衛生教育 介護職種における疾病 腰痛予防 福祉用具の使用方法 及び 点検 介護事故防止のための教育 5 緊急時 事故発見時の対応. 掃除 洗濯 調理務 利用者の居室やトイレ 事所内の環境整備 利用者の衣類等の洗

1.整容: 洗面容器、ブラシ、タオル、ガーゼ、歯ブラシ、コップ、ガーグルベースン、スポンジブラシ、舌ブラ シ、デンタルフロス、綿棒、歯磨き粉、マウスウォッシュ 2.入浴:洗面容器、タオル、ガーゼ、スポンジ、石鹸、保湿クリーム、温度計 3.食事: 食器一式(皿、スプーン、フォーク、ナイフ、箸、コップ)、食事用エプロン

30 さらに読み込む

緊急時の役割分担確認表 ( 例 ) 各々の役割分担を確認し 事前にシミュレーションを行う 校長 副校長 教頭 それぞれの対応者への指示 主治医 学校医へ連絡 相談 救急車の要請 保護者への連絡 応急処置等が適切に行われているか確認 市教委への連絡 給食関係者への連絡 ( 給食施設等 ) 観察 ( 発

緊急時の役割分担確認表 ( 例 ) 各々の役割分担を確認し 事前にシミュレーションを行う 校長 副校長 教頭 それぞれの対応者への指示 主治医 学校医へ連絡 相談 救急車の要請 保護者への連絡 応急処置等が適切に行われているか確認 市教委への連絡 給食関係者への連絡 ( 給食施設等 ) 観察 ( 発

患者名前は・・( )です。 ( 歳)です。 学校名は・・・・( 学校) 学校電話番号は( )です。事前に記入 学校所在地は( )です。 患者は・・・・・( )摂取し、アレルギー症状が出ています。 ●患者は「エピペン®」処方     □されています      □されていません ・「エピペン®」             □注射しました      □注射していません ・意識は                  □あります        □ありません
さらに見せる

9 さらに読み込む

医療安全対策 医療安全のため 高血圧と歯科診療上の注意 必要な問診事項について確認を行った 下記についてすぐ対応できるか確認した 1 血圧測定など 2 緊急時の対処 3 必要な薬剤の準備 4 その他 患者さんへの歯科診療上の注意事項 特に外科処置時

医療安全対策 医療安全のため 高血圧と歯科診療上の注意 必要な問診事項について確認を行った 下記についてすぐ対応できるか確認した 1 血圧測定など 2 緊急時の対処 3 必要な薬剤の準備 4 その他 患者さんへの歯科診療上の注意事項 特に外科処置時

医療事故防止マニュアルに従い、自己管理について以下ように確認した。 各自健診結果も検討 ①各自(周囲スタッフに対しても)健康状態に留意し、決して無理はしない。 ②人扱う仕事ということ常に自覚し日常生活においても節度守る。 ③定期的な健康診断受け、自己管理怠らないこと。

24 さらに読み込む

食品安全委員会の構成 食品安全委員会は 7 人の委員から構成されています 食品安全委員会委員 12 の専門調査会と 5 つの WG 企画等 : 企画 緊急時対応 リスクコミュニケ - ション 企画等 ( 企画 リスクコミュニケーション 緊急時対応 ) 化学物質系 : 農薬 添加物など 生物系 : 微

食品安全委員会の構成 食品安全委員会は 7 人の委員から構成されています 食品安全委員会委員 12 の専門調査会と 5 つの WG 企画等 : 企画 緊急時対応 リスクコミュニケ - ション 企画等 ( 企画 リスクコミュニケーション 緊急時対応 ) 化学物質系 : 農薬 添加物など 生物系 : 微

加熱調理しても分解されない! マグロ類 、 カツオ類 、 サバ類 など赤身魚にはヒスチジンが多く含まれる これら 常温 に 放置 するなど管理が不適切だと、 細菌 ( ヒスタミン生成菌 ) が 増殖 し、ヒスチジンから ヒスタミン が生成する

40 さらに読み込む

マニュアルの内容 マニュアルは 障害別に次の項目を記載しています 障害のある方が 1 普段から気をつけておくこと 2 緊急時に気をつけること そして 障害のある方を支援する時に ここが重要 1 大切なこと 2 緊急時の支援 3 障害について理解してほしいこと また 23 頁に 防災カード 24 頁に

マニュアルの内容 マニュアルは 障害別に次の項目を記載しています 障害のある方が 1 普段から気をつけておくこと 2 緊急時に気をつけること そして 障害のある方を支援する時に ここが重要 1 大切なこと 2 緊急時の支援 3 障害について理解してほしいこと また 23 頁に 防災カード 24 頁に

●もしも災害が起きた考えて かかりつけ医者には、もし災害が起きた治療や薬はどうした らよいか相談して良い方法教えてもらっておきます。 また、日頃から地震や水害が起きたに避難や身守る練習や心構 えしておくと安心です。

25 さらに読み込む

目次 1. 地域防災関係 地域防災計画 避難計画の策定と支援 大飯地域の緊急時対応 のとりまとめ 高浜地域の緊急時対応 の改定 泊地域の緊急時対応 の改定 川内地域の緊急時対応 の改定 平成 2

目次 1. 地域防災関係 地域防災計画 避難計画の策定と支援 大飯地域の緊急時対応 のとりまとめ 高浜地域の緊急時対応 の改定 泊地域の緊急時対応 の改定 川内地域の緊急時対応 の改定 平成 2

11 2-3 訓練後取組 平成 29 年度原子力総合防災訓練後、専門家意見や訓練に参加した住民 アンケート結果から、改善点抽出し、平成 30 年3月に『平成 29 年度原子力 総合防災訓練実施成果報告書』取りまとめた。今後、本実施成果報告書に取り まとめられた訓練教訓事項踏まえ、玄海地域原子力防災協議会で検討 を通じて「玄海地域緊急対応」や、各種マニュアル改善進めていく。 また、原子力総合防災訓練についても、訓練実施方法やメニュー更なる充実 化図り、より実践的な訓練となるよう絶えず不断見直し進めていく。 3.地方公共団体や事業者における防災訓練や研修ため取組み
さらに見せる

20 さらに読み込む

北海道緊急時モニタリング計画の一部修正及び 緊急時環境放射線モニタリング実施要領全部修正の ポイント 1 北海道緊急時モニタリング計画の一部修正のポイント 1 北海道地方放射線モニタリング対策官の配置に伴う記載の追加 2 道の緊急時モニタリング班の体制を追加 3 情報収集事態のモニタリング活動を追加

北海道緊急時モニタリング計画の一部修正及び 緊急時環境放射線モニタリング実施要領全部修正の ポイント 1 北海道緊急時モニタリング計画の一部修正のポイント 1 北海道地方放射線モニタリング対策官の配置に伴う記載の追加 2 道の緊急時モニタリング班の体制を追加 3 情報収集事態のモニタリング活動を追加

・測定採取班へ指示書作成及び測定、採取、分析指示 ・緊急モニタリングに伴う関連情報取りまとめ ・分析班分析進捗状況確認 ・情報収集管理グループから確認依頼対応 ・緊急モニタリング要員及び資機材汚染管理 ・緊急モニタリング要員安全管理 (OFC) 原子力環境センター [3]

5 さらに読み込む

エ緊急時 ( 防犯 防災 その他 ) の体制及び対応について 1 防犯 防災マニュアルを職員に周知徹底し 速やかに必要な措置をとる 2 災害時対応マニュアルに基づき 年 2 回以上防災 避難訓練を実施する 4 災害時は特別避難場所開設マニュアルに基づいて特別避難場所を開設する 年 1 回以上 災害時

エ緊急時 ( 防犯 防災 その他 ) の体制及び対応について 1 防犯 防災マニュアルを職員に周知徹底し 速やかに必要な措置をとる 2 災害時対応マニュアルに基づき 年 2 回以上防災 避難訓練を実施する 4 災害時は特別避難場所開設マニュアルに基づいて特別避難場所を開設する 年 1 回以上 災害時

12回 事業名 目的・内容 実施時期・回数 介護者つどい 在宅で介護されている方思い当事者同士で共有し、精 神的な負担軽減図り、虐待防止につなげる。また、介 護に関する情報提供行うとともに、介護する上で知 識深める。また「知らないこと」による不安感取り除 くことも目的とする。年間で実施回数については、まだ 深谷俣野地域ではグループとして自主化されていない現状 があるため、年3回程度見込んでいるが、状況に応じて、 ピアカウンセリング目的としてつどいは回数増やして いくこと検討している。
さらに見せる

18 さらに読み込む

目次 マニュアル作成の趣旨 1 1 防災計画の策定 2 2 施設内の安全化 2 3 緊急連絡 災害対応組織体制 3 4 入所者の安否確認及び保護者等との連絡体制の確立 4 5 施設外の避難場所への避難誘導 5 6 防災資機材等の備蓄 5 7 防災教育及び訓練の実施 6 8 災害発生時の対応 6 災害

目次 マニュアル作成の趣旨 1 1 防災計画の策定 2 2 施設内の安全化 2 3 緊急連絡 災害対応組織体制 3 4 入所者の安否確認及び保護者等との連絡体制の確立 4 5 施設外の避難場所への避難誘導 5 6 防災資機材等の備蓄 5 7 防災教育及び訓練の実施 6 8 災害発生時の対応 6 災害

障害児者施設では、災害発生に自ら安全確保できない入所者ため、いざという 時に備えて安全な施設環境整備しなければなりません。 埼玉県地域防災計画では、社会福祉施設入所者対策として施設管理者行うべき事 項定めています。各施設においては、埼玉県地域防災計画、及びこのマニュアルに基づ いて具体的かつ実効性ある防災計画作成しましょう。
さらに見せる

14 さらに読み込む

地震対策マニュアルの策定要領 ( その 2) 244 東京海上日動リスクコンサルティング ( 株 ) 危機管理グループセーフティコンサルタント梅田正博 地震対策マニュアル ( 緊急時対応編 ) は 災害発生初動期の緊急対応要領および会社の意思決

地震対策マニュアルの策定要領 ( その 2) 244 東京海上日動リスクコンサルティング ( 株 ) 危機管理グループセーフティコンサルタント梅田正博 地震対策マニュアル ( 緊急時対応編 ) は 災害発生初動期の緊急対応要領および会社の意思決

(4) 業務継続体制発令に関わる意思決定 業務継続に影響ある状況としては主として次状況が想定される。 災害対策本部長は、被害情報報告受け、対策本部設置場所含めて本社業務継続どのよ うに行うか的確に判断し指示する必要がある。この場合、被害状況に応じて対策本部活動含 む業務継続に関わる対応区分示しておくと指示徹底簡潔明瞭に行うことができる。 本社が被災した場合災害初期対応および業務継続体制区分示し方一例は以下とおり である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

緊急時マニュアルpdf 最近の更新履歴  和光学園アーカイブス

緊急時マニュアルpdf 最近の更新履歴 和光学園アーカイブス

第2 章 子ど も が登下校中に緊急事態が発生し た対応 ● 登下校中は、教師や親がそばにはいないこと前提に、自己判断し対応でき る子にしておくことが大切です。 そのためにも、 「こういう場所でこういうこ とが起きたときにはこうする」ということ、具体的な場面想定して話し 合っておいたり、1度は実際に親子で家庭と学校まで通ってみて確か めておいたりする機会設けるなどして下さい。
さらに見せる

9 さらに読み込む

上越市消防団地震・津波発生時安全管理マニュアル

上越市消防団地震・津波発生時安全管理マニュアル

※津波発生 恐 あ 場合 津波指定緊急避 場所又 避 対象地域外 消防 器具置場 参集 あ 団 決 ポイント 津波警報 発表 あ た場合 消防団員 予想さ 津波到遉時間 考慮 地域住 民 避難 や避難誘導 避難行動要支援者 避難支援 率先避難行い

21 さらに読み込む

作確認2. 安全点検 安全点検は 試運転と燃料取出し作業時との条件の違いによる設備の不具合発生リスクを抽出を目的として 異常が確認されているケーブル コネクタを仮復旧 し 機器単品や安全系インターロック並びに燃料取出し作業を模擬した組み合わせの動作確認を実施する さらに 設備設置環境の影響による経年

作確認2. 安全点検 安全点検は 試運転と燃料取出し作業時との条件の違いによる設備の不具合発生リスクを抽出を目的として 異常が確認されているケーブル コネクタを仮復旧 し 機器単品や安全系インターロック並びに燃料取出し作業を模擬した組み合わせの動作確認を実施する さらに 設備設置環境の影響による経年

※マニピュレータ先端部関節が徐々に下がる。 マニピュレータ先端部把持機能が徐々に開く。 ガレキ撤去装置(吸引装置)SFPへ設置後に、水中ポンプへ繋がるケーブル絶縁抵抗 測定実施した結果、機内ケーブル絶縁低下確認(10月3日、気中で絶縁抵抗測定 は異常なし)また、水中ポンプ圧力センサへ繋がる機内ケーブルでも地絡確認

6 さらに読み込む

人的応援 研修 訓練の実施 県受援マニュアル及び災害時緊急連絡員活動マニュアルを踏まえた研修 訓練の強化 () マニュアルに基づく研修 訓練県が策定する 応援職員における奈良県への受入及び市町村への短期派遣マニュアル 及び 災害時緊急連絡員活動マニュアル に基づき 災害時に役立つ実働的な訓練や研修を

人的応援 研修 訓練の実施 県受援マニュアル及び災害時緊急連絡員活動マニュアルを踏まえた研修 訓練の強化 () マニュアルに基づく研修 訓練県が策定する 応援職員における奈良県への受入及び市町村への短期派遣マニュアル 及び 災害時緊急連絡員活動マニュアル に基づき 災害時に役立つ実働的な訓練や研修を

災害避難支援実効性あるものとするため、全体計画に加え、避難行動要支援者名簿作成に合 わせて、平常から、災害要支援者一人ひとり状況ふまえた個別支援計画作成進めることが必 要である。市町村は、地域特性や事情踏まえつつ、避難行動要支援者本人と、避難支援者、避難所、避 難方法など具体的な打合せ行いながら、個別支援計画作成する。そして、個別支援計画は、避難行動要 支援者本人、その家族、避難所及び市役所・町村役場必要最小限関係部署ほか避難支援者など避 難行動要支援者本人が同意した者に配布する。また、その際には、誓約書提出により守秘義務確保 するほか、情報管理上責任明確にし、情報管理方法確立するよう求める必要がある。なお、個別支 援計画内容に変更が生じた場合は速やかな更新が必要である。県は、避難行動要支援者名簿作成に合 わせて、平常から個別支援計画作成するよう市町村に促していく。
さらに見せる

5 さらに読み込む

警防活動時等における安全管理マニュアル

警防活動時等における安全管理マニュアル

また、防火服着装は、下着、活動服、防火服組み合わせです。重ね着による一枚一枚生 地間に設けられている空気層は、断熱効果上げ、熱傷受ける時間遅らせる機能有してい ます。例えば、夏場に快適性(涼しさ)得るために、下着上に直接防火服着ること又は積 層構造インナー(透湿防水層+断熱層)取り外した防火服(最外層のみ)着ることは、生 地間に設けられる空気層による断熱効果下げ、熱傷リスク高めることになります。 安全確保第一歩は服装に始まると言っても過言はありません。常に完全な着装心がけまし ょう。
さらに見せる

132 さらに読み込む

和歌山市議会緊急時業務継続計画 (BCP) BCP 関係資料 和歌山市議会緊急時業務継続計画 (BCP) 1 議員安否確認状況表 ( 別記様式第 1-1) 5 議会事務局職員の安否状況確認表 ( 別記様式第 1-2) 6 情報収集受信表 ( 別記様式第 2) 7 議会対応等経過記録表 ( 別記様式第

和歌山市議会緊急時業務継続計画 (BCP) BCP 関係資料 和歌山市議会緊急時業務継続計画 (BCP) 1 議員安否確認状況表 ( 別記様式第 1-1) 5 議会事務局職員の安否状況確認表 ( 別記様式第 1-2) 6 情報収集受信表 ( 別記様式第 2) 7 議会対応等経過記録表 ( 別記様式第

ア 災害対策会議から全議員へ情報伝達は、24時間体制で行う。 イ 議員は、議会事務局に登録したメールアドレス変更又は削除する場合、そ 都度、議会事務局にその旨連絡しなければならない。 ウ その他通信手段については、メールやLINEほかその他SNS又は災害 伝言ダイヤル「171」(基本操作方法は別紙1参照)利用するなど通信 手段確保する。

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...