築物の耐震改修助成の

Top PDF 築物の耐震改修助成の:

1 市川市耐震改修助成制度 の概要 この制度は 市民の皆さんが所有し かつ居住する木造戸建住宅について 市の助成を受けて行っ た耐震診断の結果 耐震性が低いことから市に登録した木造住宅耐震診断士による耐震改修を実施した場合に 耐震改修設計費 耐震改修工事 工事監理費及び耐震改修に伴うリフォーム工事費

1 市川市耐震改修助成制度 の概要 この制度は 市民の皆さんが所有し かつ居住する木造戸建住宅について 市の助成を受けて行っ た耐震診断の結果 耐震性が低いことから市に登録した木造住宅耐震診断士による耐震改修を実施した場合に 耐震改修設計費 耐震改修工事 工事監理費及び耐震改修に伴うリフォーム工事費

イ 人居住用に供する建築であること。 ウ 主要構造部(建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第5号に規定する主要構造 部をいう。 )が木材であること。 エ 在来工法(土台、柱、梁 は り 等を用いて組み立てられる工法をいう。 )により建築された建築 であること。 (枠組壁工法、丸太組及びスキップフロアーあるものは除く。 )

6 さらに読み込む

Taro-町耐震改修助成要綱 j

Taro-町耐震改修助成要綱 j

住宅に係る耐震改修促進税制 現行耐震基準に適合する耐震改修を行った方は、所得税特別控除及び固定資産税減 額措置を受けることができます。 個人が平成21年1月1日から平成25年12月31日までに住宅耐震改修を行った場 合に、その年分所得税額から当該住宅耐震改修工事に要した費用額と当該住宅耐震 改修に係る標準的な工事費相当額いずれか少ない金額10%に相当する額(ただし、2 0万円を上限とする。 )を控除するものです。
さらに見せる

7 さらに読み込む

建築物耐震改修評価特別委員会規定

建築物耐震改修評価特別委員会規定

§ 1 耐震改修計画等評価業務実施要領 (目 的) 第1 一般社団法人神奈川県建築士事務所協会(以下「協会」」いう。)は、建築地震に対する安 全性を検討した耐震診断又は地震に対する安全性向上を目的とした増築、改築、修繕又は模様替 計画(以下「耐震改修」という。)について、建築耐震改修促進に関する法律(平成7年 法律第123号、以下「法」という。 )第4条規定に基づく建築耐震診断及び耐震改修促 進を図るため基本的な方針(平成18年国土交通省告示第184号) (以下「方針」という。 ) に照らし、建築技術的に適正か否か評価を行うために実施要領を定めるものである。
さらに見せる

33 さらに読み込む

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される東海地震の規模 想定される被害の状況 2 (2) 耐震化の現状と目標設定 2 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される東海地震の規模 想定される被害の状況 2 (2) 耐震化の現状と目標設定 2 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐

イ 特定建築 特定建築実態調査結果によると、表 1- 5 とおり、法第 6 条第1号に規定する多数者が利 用する特定建築(以下「多数者が利用する特定建築」という。 )耐震化率は 70.3%である。 特定建築 耐震状況は資料編(P11)とおりであり、昭和 56 年 5 月以前に建築された 多 数者が利用する 特定建築 211 棟うち、耐震診断実施済みものは 34 棟で耐震診断実施率は 16.1%である。耐震診断結果、耐震性無は 27 棟、うち耐震改修実施済みものは 15 棟、未改修 ものは 12 棟である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1) 鉄筋コンクリート造の建物 2001 年改訂版既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準 改修設計指針同解説 (( 財 ) 日本建築防災協会発行 ) に定める 第 2 次診断法 以上の診断による 2) 鉄骨造の建物 耐震改修促進法のための既存鉄骨造建築物の耐震診断及び耐震改修指針 同解説(199

1) 鉄筋コンクリート造の建物 2001 年改訂版既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準 改修設計指針同解説 (( 財 ) 日本建築防災協会発行 ) に定める 第 2 次診断法 以上の診断による 2) 鉄骨造の建物 耐震改修促進法のための既存鉄骨造建築物の耐震診断及び耐震改修指針 同解説(199

I SO ;(2次診断結果に対してI SO = 0.6 ) ② 判定により補強が必要と認められた場合は、告示等診断基準に基づいて補強計画案作成を 行い、補強に係る経費算定を行う。また、補強効果確認も行う。 ・ 補強工法や補強位置など計画については、監督職員と十分協議を行い、事前に補強概 要を示す概略図等を作成し、監督職員承諾を得たうえで補強計画案を作成すること。

10 さらに読み込む

○改定熊谷市建築物耐震改修促進計画

○改定熊谷市建築物耐震改修促進計画

耐震促進に向けた取組方針・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11 2 各取組における具体的な施策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12 第4章 体制 1 彩国既存建築地震対策協議会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 2 緊急輸送道路閉塞建築耐震化協議会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 3 応急危険度判定士体制整備・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 4 埼玉県住宅供給公社による耐震診断及び耐震改修実施・・・・・・・・・・・ 20
さらに見せる

26 さらに読み込む

三重県建築物耐震改修促進計画

三重県建築物耐震改修促進計画

また、プレート境界型大規模地震発生前後には、内陸部においても地震活動が活 発化することが知られています。東日本大震災発生直後にも各地で内陸地震が頻発し ました。南海トラフ周辺においても、過去、1854 年 12 月に安政東海地震、安政南 海地震が相次いで発生しましたが、その約5か月前同年7月には、伊賀上野地震が発 生しており、約 1,300 人死者を出すなど大きな被害をもたらしました。近い将来、 南海トラフ地震発生が確実視される中、同時に内陸直下型地震発生についても、十 分に備えておくことが必要です。また、県内は内陸部でも強い揺れが想定されており、 耐震対策は県全域にわたって取り組まなければならない必須対策です。
さらに見せる

39 さらに読み込む

名張市建築物耐震改修促進計画

名張市建築物耐震改修促進計画

条第三項第二号住宅又は同項第四号施設であるものに限る。 )耐震診断及 び耐震改修業務を行うことができる。 (公社業務特例) 第三十条 第五条第三項第五号規定により都道府県耐震改修促進計画に公 社による建築耐震診断及び耐震改修実施に関する事項を記載した都道府 県区域内において、公社は、地方住宅供給公社法(昭和四十年法律第百二十四 号)第二十一条に規定する業務ほか、委託により、住宅耐震診断及び耐震改 修並びに市街地において自ら又は委託により行った住宅建設と一体として建 設した商店、事務所等用に供する建築及び集団住宅存する団地居住者 利便に供する建築耐震診断及び耐震改修業務を行うことができる。 2 前項規定により公社業務が行われる場合には、地方住宅供給公社法第
さらに見せる

69 さらに読み込む

大台町建築物耐震改修促進計画

大台町建築物耐震改修促進計画

また、プレート境界型大規模地震発生前後には、内陸部においても地震活動が活 発化することが知られています。東日本大震災発生直後にも各地で内陸地震が頻発し ました。南海トラフ周辺においても、過去、1854 年 12 月に安政東海地震、安政南 海地震が相次いで発生しましたが、その約5か月前同年7月には、伊賀上野地震が発 生しており、約 1,300 人死者を出すなど大きな被害をもたらしました。近い将来、 南海トラフ地震発生が確実視される中、同時に内陸直下型地震発生についても、十 分に備えておくことが必要です。また、県内は内陸部でも強い揺れが想定されており、 耐震対策は県全域にわたって取り組まなければならない必須対策です。
さらに見せる

28 さらに読み込む

三重県建築物耐震改修促進計画

三重県建築物耐震改修促進計画

所管行政庁は、法に基づく指導等を次イからハまでに掲げる建築区分 に応じ、それぞれ当該イからハまでに定める措置を適切に実施すべきである。 イ 耐震診断義務付け対象建築 法第七条に規定する要安全確認計画記載建築及び法附則第三条第一項に規 定する要緊急安全確認大規模建築(以下「耐震診断義務付け対象建築」と いう。 )については、所管行政庁は、その所有者に対して、所有する建築が耐 震診断実施及び耐震診断結果報告義務対象建築となっている旨十 分な周知を行い、その確実な実施を図るべきである。また、期限までに耐震診 断結果を報告しない所有者に対しては、個別通知等を行うことにより、耐 震診断結果報告をするように促し、それでもなお報告しない場合にあっては、 法第八条第一項(法附則第三条第三項において準用する場合を含む。 )規定に 基づき、当該所有者に対し、相当期限を定めて、耐震診断結果報告を行 うべきことを命ずるとともに、その旨を公報、ホームページ等で公表すべきで ある。
さらに見せる

77 さらに読み込む

出雲市建築物耐震改修促進計画 全文

出雲市建築物耐震改修促進計画 全文

第3章 建築耐震診断及び耐震改修実施に関する目標 1. 目標設定における基本的な考え方 耐震改修促進法に基づき、平成 18 年基本方針において、住宅や多数者が利用する 建築耐震化率を平成 27 年までに 90%とする目標が定められた。さらに平成 28 年に見直 された 国基本方針では、住宅や多数 者が利用す る建築耐 震化率を平 成 32 年までに 95%とする目標を定め、建築に対する指導等強化や計画的な耐震促進を図っている。 これを受け、島根県は、国基本方針を基本としながらも、県内耐震状況を勘案し、島 根県建築耐震改修促進計画(平成 29 年 3 月)において、平成 37 年までに住宅耐震化率を 90%、多数者が利用する建築耐震化率を 95%とすると目標を示した。
さらに見せる

78 さらに読み込む

伊奈町建築物耐震改修促進計画

伊奈町建築物耐震改修促進計画

- 3 - 第2章 想定される地震規模・被害状況 1 町地震履歴 町地震災害履歴は少ないですが、被害記録は旧小室村「小室村誌」など によると、1923 年(大正 12 年)発生関東大震災において、全潰住家2戸、非 住家 16 棟、半潰住家5戸、非住家4棟等被害があったと記録されています。 なお、県下では、過去に何回か大きな地震で被害を受けています。なかでも 大きな地震としては、1855 年(安政2年)安政江戸地震(M6.9) 、1923 年 関東地震(関東大震災) (M7.9) 、1931 年(昭和6年)西埼玉地震(M6.9) 、 2011 年(平成 23 年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) (M9.0)が挙げ られます。
さらに見せる

19 さらに読み込む

1. 耐震診断評定の対象とする建築物等 申請図書の作成にあたっては 別に定める申請図書作成要領をご参照ください 1-1 耐震診断評定業務の区分耐震診断評定業務の区分は 次の通りです a. 耐震診断 b. 耐震改修計画 c. 耐震診断及び耐震改修計画 ( 総合評定 ) 1-2 対象とする建築物等及び構

1. 耐震診断評定の対象とする建築物等 申請図書の作成にあたっては 別に定める申請図書作成要領をご参照ください 1-1 耐震診断評定業務の区分耐震診断評定業務の区分は 次の通りです a. 耐震診断 b. 耐震改修計画 c. 耐震診断及び耐震改修計画 ( 総合評定 ) 1-2 対象とする建築物等及び構

また、特定行政庁による法令違反に係る調査が行われている建築等でないこと、係 争中案件ではないことも併せて確認してください。 (4)新耐震基準(昭和 56 年 6 月 1 日以降に着工)建築ご申請について 原則として、新耐震基準(昭和 56 年 6 月 1 日以降に着工)建築耐震診断評定 は、現行建築基準法令及び関連告示で定める基準に従った構造計算された結果妥当 性を審査いたします。
さらに見せる

14 さらに読み込む

市有建築物の耐震化整備プログラム(平成29年4月更新) 成田市耐震改修促進計画|成田市

市有建築物の耐震化整備プログラム(平成29年4月更新) 成田市耐震改修促進計画|成田市

はじめに 市有建築耐震化を促進するために、 成田市耐震改修促進計画において定められた 整備目標、 整備優先度等に基づき、 計画的に耐震診断及び耐震改修を実施していくこ ととします。

7 さらに読み込む

はじめに 本計画の位置づけ 茨城県内の状況... 1 第 1 章建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 概要 茨城県で想定される地震の規模 被害の状況 耐震化の現状 耐震改修等の目標設定... 6

はじめに 本計画の位置づけ 茨城県内の状況... 1 第 1 章建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 概要 茨城県で想定される地震の規模 被害の状況 耐震化の現状 耐震改修等の目標設定... 6

■指導・助言対象となる建築 対象となる建築は,耐震改修促進法における特定建築定義に基づくものとします。 これら建築は,資料 2 「特定建築規模要件」を満たす建築です。 指導・助言は,当該建築用途により,防災拠点として機能や特定・不特定多数利用有無など地震災害発生時被害拡大に対する影響を考慮した上で,重要度高 いもから優先的に実施します。実施優先度は、資料 4 耐震改修促進法に基づく立 入り検査優先度」に準じます。
さらに見せる

28 さらに読み込む

名古屋市建築物耐震改修促進計画(案)概要版

名古屋市建築物耐震改修促進計画(案)概要版

地震発生時に通行を確保すべき道路設定  地震発生時に通行を確保すべき道路として、名古屋市地域防災計画第1次・第2次緊急輸送 道路に加え、広域避難場所と緊急輸送道路をつなぐ道路を下図とおり設定しました。  これら沿道建築うち、倒壊により道路を塞ぐ恐れがあるものが特定建築となります。 ※詳細なルート等を確認されたい方は、以下場所で閲覧することができます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

H28_4御浜町建築物耐震改修促進計画

H28_4御浜町建築物耐震改修促進計画

この規定に基づき、ブロック塀等所有者等に対し、県と協力し、ブロック塀等耐 震対策普及啓発を行っていきます。 ② 屋外広告板・窓ガラス等落下防止対策普及啓発 三重県では、三重県防災対策推進条例第 17 条第1項において、 「建築又は広告塔、 装飾塔、広告板その他建築屋外に取り付ける(以下、 「広告塔等」という。 )所 有者、管理者又は設置者は、落下危険(当該建築タイル等外装、窓ガラスその 他これらに類する又は広告塔等うち、落下により人生命、身体若しくは財産を害 し、又は車両等通行を妨げるおそれあるものをいう。)について、災害に対する安 全性を確保するため、必要な点検を行うとともに、必要に応じ、改修その他整備を行 うよう努めなければならない。 」と規定しています。
さらに見せる

23 さらに読み込む

耐震助成様式(記入例) 足立区/特定緊急輸送道路沿道建築物への助成制度について

耐震助成様式(記入例) 足立区/特定緊急輸送道路沿道建築物への助成制度について

申請者 住 所  東京都足立区○○○○ 氏 名  ○○○○      印 (法人場合は法人名及び代表者名)  下記耐震工事等について、取下げ又は取りやめたいので、足立区特定緊急輸送道路 沿道建築耐震助成実施要綱第9条規定に基づき、届け出ます。

9 さらに読み込む

熊谷市建築物耐震改修促進計画案

熊谷市建築物耐震改修促進計画案

壊等によるものと報告されています。 さらには倒壊した建築等は、 延焼原因や、 避難・救援・消火障害となり、一層被害拡大を招きました。こんな状況でも 昭和 56 年に改正された建築基準法新しい耐震構造基準で設計されたものは、概 ね大破若しくは倒壊といった大きな被害を受けていないことが報告されています。 その後も、平成 16 年に新潟県中越地震、平成 17 年に福岡県西方沖地震、平成 19
さらに見せる

46 さらに読み込む

市有建築物の耐震化状況(平成29年4月更新) 成田市耐震改修促進計画|成田市

市有建築物の耐震化状況(平成29年4月更新) 成田市耐震改修促進計画|成田市

・Is 値は、 「国土交通省告示第百八十四号」において評価基準が示されており、Is 値 が 0.6 以上場合、要求される耐震性能を有し、Is 値が 0.6 未満場合、耐震性 能が低く、補強必要性があると評価されます。 ただし、 「2001年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築耐震診断基準・ 同解説」によると、 「Is 値にして 0.6 以上建物には中破以上被害は生じていな い。ただし、これよりも低い Is 値建物全てに確定的に生じるではなく、Is 値 が低くなるに従って被害割合(すなわち被害を受ける可能性)が高くなり、被害 程度を推定する際に、これらばらつきを考慮する必要がある点に留意されたい。 この理由としては、 地盤や地震動が場所によってことなること (すなわち入力地震 動ばらつき) 、材料強度、強度・靭性評価、施工などばらつき(すなわち構 造性能ばらつき)が存在することが考えられる。 」と解説されています。
さらに見せる

25 さらに読み込む

Show all 10000 documents...