第4節 計画の位置づけ

Top PDF 第4節 計画の位置づけ:

目 次 第 1 章策定の目的と位置づけ 計画策定の目的 計画の

目 次 第 1 章策定の目的と位置づけ 計画策定の目的 計画の

計画位置づけ ------------------------------------------------------------3 2章 市街化調整区域まちづくり方針 -----------------------------------------4 1 地区現状 ---------------------------------------------------------------4 (1) 区域区分現状 ---------------------------------------------------------4

14 さらに読み込む

三浦市地域防災計画 ( 地震災害対策計画編 ) 目次 第 1 章地震災害対策の計画的な推進... 1 第 1 節計画の目的 位置づけ... 1 第 2 節三浦市の自然的 社会的条件... 2 第 3 節地震被害の想定... 4 第 4 節地震災害対策計画の推進主体とその役割... 7 第 2 章都市

三浦市地域防災計画 ( 地震災害対策計画編 ) 目次 第 1 章地震災害対策の計画的な推進... 1 第 1 節計画の目的 位置づけ... 1 第 2 節三浦市の自然的 社会的条件... 2 第 3 節地震被害の想定... 4 第 4 節地震災害対策計画の推進主体とその役割... 7 第 2 章都市

ア 市は、地震発生直後において、庁舎及びその周辺に関する概括的被害情報、ライフライン被害 範囲等、被害規模を推定するため関連情報収集にあたります。 イ 市は、人的被害状況(行方不明者数を含む)、建築物被害状況及び火災、津波、土砂災害 発生状況等情報を収集するとともに、被害規模に関する概括的情報を含め、把握できた範囲から 直ちに県災害情報管理システム等により県へ報告します。ただし、通信途絶等により県に報告で きない場合は、消防庁へ連絡します。特に、行方不明者数については、捜索・救助体制検討等 に必要な情報であるため、市内(海上を含む)で行方不明となった者について、県警察等関係機関 として把握した者が、他市町村に住民登録を行っていることが判明した場合には、当該登録地 市町村(外国人うち、旅行者など住民登録対象外者は外務省)又は県に報告します。 ウ 市その他防災関係機関は、あらかじめ用意する通信設備等が使用できない場合は、通信可能な
さらに見せる

165 さらに読み込む

八戸市国民保護計画目次 第 1 編総論第 1 章市の責務 計画の位置づけ 構成等 1 市の責務及び市国民保護計画の位置づけ 市国民保護計画の構成

八戸市国民保護計画目次 第 1 編総論第 1 章市の責務 計画の位置づけ 構成等 1 市の責務及び市国民保護計画の位置づけ 市国民保護計画の構成

1 核兵器等 ○ 核兵器を用いた攻撃(以下「核攻撃」という。 )による被害は、当 初は主に核爆発に伴う熱線、爆風及び初期核放射線によって、その後 は放射性降下物や中性子誘導放射能(物質に中性子線が放射されるこ とによって、その物質そのものが持つようになる放射能)による残留 放射線によって生ずる。核爆発によって①熱線、爆風及び初期核放射 線が発生し、物質燃焼、建造物破壊、放射能汚染被害を短時間 にもたらす。残留放射線は、②爆発時に生じた放射能をもった灰(放 射性降下物)から放射線と、③初期核放射線を吸収した建築物や土 壌から発する放射線に区分される。このうち①及び③は、爆心地周辺 において被害をもたらすが、②灰(放射性降下物)は、爆心地付近 から降下し始め、逐次風下方向に拡散、降下して被害範囲を拡大させ る。このため、熱線による熱傷や放射線障害等、核兵器特有傷病に 対する医療が必要となる。
さらに見せる

240 さらに読み込む

目次 1. 計画の位置づけと計画期間 (1) 計画策定の背景と目的 (2) 計画の位置づけ

目次 1. 計画の位置づけと計画期間 (1) 計画策定の背景と目的 (2) 計画の位置づけ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 19)耐震改修促進法 正式名称は建築物耐震改修促進に関する法律。現行耐震基準を満たさない建築物について積極的に 耐震診断や改修を進めることを目的として平成7年に制定された法律。平成 18 年には、より積極的な耐震改修促進を目 的に、耐震改修を特に推進すべき建築物範囲拡大と同時に各種支援、緩和措置を盛り込んだ内容に改正された。 20)ハザードマップ 自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したもの。予測される災害発生地点、被害拡大
さらに見せる

26 さらに読み込む

綾瀬市地域防災計画目次 [ 風水害等災害対策編 ] 区 分 頁 第 1 章 総則 1 第 1 節 計画の位置づけ 計画の目的 計画の性格 (1) 本計画の体系 計画の体系 (2) 地域防災計画全体の体系 (3) 細部計画の策定

綾瀬市地域防災計画目次 [ 風水害等災害対策編 ] 区 分 頁 第 1 章 総則 1 第 1 節 計画の位置づけ 計画の目的 計画の性格 (1) 本計画の体系 計画の体系 (2) 地域防災計画全体の体系 (3) 細部計画の策定

5 民間団体・事業所等と災害時協力体制強化 -----------------------------------------------------------防災主管部、関係各部 (1)協定締結団体・事業所等と災害時協力体制強化 現在、協定を締結している綾瀬市医師会、大和歯科医師会、綾瀬市薬剤師会、福祉 関係事業者、県トラック協会県南サービスセンター、綾瀬市建設業協会、綾瀬市土木 協会、綾瀬市造園業協会、綾瀬電設協会、県LPガス協会県央支部綾瀬部会、県自動 車整備振興会大和綾瀬支部、綾瀬市測量設計業協会、県 石油商業組 合高座支部 綾瀬部 会 、大型店、その他民間団体、事業者等が災害時人員、応急資機材、救援物資等 に関する協力活動を迅速かつ効率的に行えるよう、次協力要請に係るマニュアル等 作成に努め、市関係各部と調整を図りながら災害時協力、連携体制強化を図 ります。
さらに見せる

364 さらに読み込む

目 次 第 1 章計画の基本的事項 1 第 1 節食育推進計画の基本的な考え方 1 1 計画改定の趣旨 2 計画の位置づけ 3 計画の期間 第 2 節計画改定の背景 3 1 岩手町食育推進計画 における成果と課題 2 今後の方向性 第 3 節計画の基本目標等 7 1 計画の基本目標と基本理念 2 計

目 次 第 1 章計画の基本的事項 1 第 1 節食育推進計画の基本的な考え方 1 1 計画改定の趣旨 2 計画の位置づけ 3 計画の期間 第 2 節計画改定の背景 3 1 岩手町食育推進計画 における成果と課題 2 今後の方向性 第 3 節計画の基本目標等 7 1 計画の基本目標と基本理念 2 計

◆ 栄養・健康づくり関係者資質向上ため研修等実施 ・食生活改善推進員、保健推進員、スポーツ指導員、健康運動指導員など地域 で健康づくり活動を行う関係者研修会や講演会などを開催します。 7 食に関する指導:児童生徒が健全な食生活を実施し、健康で豊かな人間性を育んでいけるよう、栄養や食 事とり方などについて、正しい知識に基づいて自ら判断し、実践していく能力などを身につけさせるた め学校における指導。文部科学省は、食に関する指導目標を次ように設定している。
さらに見せる

33 さらに読み込む

第1章 住生活基本計画の位置づけ

第1章 住生活基本計画の位置づけ

生活基本計画 置 け V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V V 断的 総合的 計 ら 実効性 高い計 る 成 生活基本

8 さらに読み込む

目 次 第 1 章計画の目的等 1. 計画の位置づけ 目的 計画期間

目 次 第 1 章計画の目的等 1. 計画の位置づけ 目的 計画期間

三条 次に掲げる既存耐震不適格建築物であって、その地震に対する安全性を緊急に確かめ る必要がある大規模なものとして政令で定めるもの(要安全確認計画記載建築物であって当 該要安全確認計画記載建築物に係る七条各号に定める期限が平成二十七年十二月三十日以 前であるものを除く。以下この条において「要緊急安全確認大規模建築物」という。)所有 者は、当該要緊急安全確認大規模建築物について、国土交通省令で定めるところにより、耐 震診断を行い、その結果を同月三十一日までに所管行政庁に報告しなければならない。 一 病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店その他不特定かつ多数者が利用する既存
さらに見せる

30 さらに読み込む

目 次 第 1 章計画の目的等 1. 計画の位置づけ 目的 計画期間

目 次 第 1 章計画の目的等 1. 計画の位置づけ 目的 計画期間

三条 次に掲げる既存耐震不適格建築物であって、その地震に対する安全性を緊急に確かめ る必要がある大規模なものとして政令で定めるもの(要安全確認計画記載建築物であって当 該要安全確認計画記載建築物に係る七条各号に定める期限が平成二十七年十二月三十日以 前であるものを除く。以下この条において「要緊急安全確認大規模建築物」という。)所有 者は、当該要緊急安全確認大規模建築物について、国土交通省令で定めるところにより、耐 震診断を行い、その結果を同月三十一日までに所管行政庁に報告しなければならない。 一 病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店その他不特定かつ多数者が利用する既存
さらに見せる

66 さらに読み込む

第4節 子育てしやすい環境づくりを推進する 第3次城陽市総合計画 後期基本計画 | 城陽市

第4節 子育てしやすい環境づくりを推進する 第3次城陽市総合計画 後期基本計画 | 城陽市

(3) 子育てしやすい環境整備  子育て世代定住を図るため、家庭、地域、学校、行政など相互連携・協力体制を充 実強化するとともに、子どもたち身近な遊び場確保や出産できる医療施設確保など、 子育てしやすい環境を整えます。また、子育て負担軽減を図るため、子育て支援医療費 助成を行うとともに、保育所保育料については、国定める基準額から、一定軽減に努め ます。さらに、育児休業制度啓発に努めます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目次 第 1 章総則... 1 本要求水準書の位置づけ... 1 第 1 節計画概要 一般概要 事業名称 施設規模 施設位置 敷地面積 立地条件 工期 関連工事... 4 第 2 節計画主

目次 第 1 章総則... 1 本要求水準書の位置づけ... 1 第 1 節計画概要 一般概要 事業名称 施設規模 施設位置 敷地面積 立地条件 工期 関連工事... 4 第 2 節計画主

2 防熱、保温 炉本体、ボイラ、高温等で人が触れ火傷するおそれあるもの及び集じん器、風道、煙道等、 低温腐食を生ずるおそれあるものについては、必ず防熱施工、保温施工し、夏季において機 器表面温度を 80℃以下ならびに室温+40℃以下とすること。ただし、非常時のみ高温となる ものについては別途協議とする。保温材は目的に適合するものとし、原則として外装材は、炉 本体、ボイラ、集じん器等機器は鋼板製、風道、煙道、配管等はカラー鉄板又は SUS 製鋼板 (屋外部、残渣等取扱室、排水処理室等)、アルミガラスクロス(隠蔽部)とする。蒸気系はケ イ酸カルシウム又はロックウール、水、空気、排ガス系はグラスウール又はロックウールとす る。なお、上水、機器冷却水へ給水部については、屋内配管も結露防止として保温を行うこ と。
さらに見せる

209 さらに読み込む

第4節 良好な住環境をつくる 第3次城陽市総合計画 後期基本計画 | 城陽市

第4節 良好な住環境をつくる 第3次城陽市総合計画 後期基本計画 | 城陽市

 住み慣れた地域で生活できるよう、バリアフリー化する住宅改修に対する支援を行います。 (5) 多様な世代が住まう住宅地形成  既存住宅老朽化や世帯高齢化、市内在住若年層など住み替え需要や世帯分離受 け皿に対応し、また、若年層転出抑制を図るため、都市計画規制を見直し、駅周辺高 度利用促進や多世代が居住可能となる住宅など供給を促進します。また、住宅市街地 形成にあたっては、道路や公園など公共施設と一体となった定住性高い住宅・宅地供給 を促進します。
さらに見せる

3 さらに読み込む

目次 第 1 章計画の概要 1 第 1 節国 県の動き 3 1 国の動き ( 健康日本 21( 第 2 次 ) の策定 ) 3 2 県の動き ( 健康ちば 21( 第 2 次 ) の策定 ) 3 第 2 節市の計画 ( 健康松戸 21Ⅲ) 4 1 計画の背景 4 2 計画の位置づけ 4 3 計画期間

目次 第 1 章計画の概要 1 第 1 節国 県の動き 3 1 国の動き ( 健康日本 21( 第 2 次 ) の策定 ) 3 2 県の動き ( 健康ちば 21( 第 2 次 ) の策定 ) 3 第 2 節市の計画 ( 健康松戸 21Ⅲ) 4 1 計画の背景 4 2 計画の位置づけ 4 3 計画期間

ライフステージ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・76 (1)乳幼児期( 0 歳~ 5 歳) ・・・・・・・・・・・・・76 (2)学童期 ( 6 歳~12 歳) ・・・・・・・・・・・・・78 (3)思春期 (13 歳~19 歳) ・・・・・・・・・・・・・80 ()成年期 (20 歳~39 歳) ・・・・・・・・・・・・・82 (5)壮年期 (40 歳~64 歳) ・・・・・・・・・・・・・84 (6)高齢期Ⅰ (65 歳~74 歳) ・・・・・・・・・・・・・86 (7)高齢期Ⅱ(75 歳以上) ・・・・・・・・・・・・・ 88 5 目標を達成するため行政方向性一覧(分野別) ・・・・ 90 6 現行事業一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 92 計画推進と評価 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 95 1 推進体制 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 95 2 推進方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 95 3 今後スケジュール ・・・・・・・・・・・・・・・・ 97 計画評価 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 97
さらに見せる

176 さらに読み込む

第7章 栗原(第4節 金属プレス産業)96

第7章 栗原(第4節 金属プレス産業)96

2.鋳造産業生産・経営診断 (1) 経営管理 1) 管理レベル 日系合弁企業場合には、企業経営方針、中長期事業計画などが策定されており、 月間生産計画、日程計画、原材料、副資材など購買計画などを立案して、日本における とほぼ同様企業経営、工場経営が行われている。また、生産性、製造原価、不良率など についても目標管理が行われている。また、現業員安全管理や技能訓練についても、日 本におけると同様努力が続けられている。このように、良好な企業経営、工場経営が行 われており、日本と管理レベル差は少ない。一方、ローカル中小企業うち一部 優良企業ではインドネシアで鋳造工場指導経験ある日本人指導者をアドバイザーに 迎え入れて、日本式経営定着に努力しているところがあり、かなり成果をあげている。 2) 人材育成
さらに見せる

122 さらに読み込む

目 次 はじめに 第 1 章総論 第 1 節目的第 2 節計画の位置付け第 3 節計画の対象 1 対象とする災害廃棄物 2 対象業務 3 処理事業ロー

目 次 はじめに 第 1 章総論 第 1 節目的第 2 節計画の位置付け第 3 節計画の対象 1 対象とする災害廃棄物 2 対象業務 3 処理事業ロー

②処理実行計画策定方法 処理実行計画は、処理基本方針に則り、当該災害で発生した災害廃棄物処 理方針を定め、その上で、多摩地域市町村・一部事務組合、協議会、東京都環境局等と 連携を図り、処理実行計画を策定する。策定に着手した段階で、専門知識を有するコンサ ル業者支援が必要であると判断した場合は、速やかに支援業務を発注し、契約を行う。 ③多摩地域災害廃棄物共同処理に係る処理実行計画整合について
さらに見せる

18 さらに読み込む

二戸市地域防災計画 ( 震災編 ) の一部修正の新旧対照表現行改正案 目次 ( 震災編 ) 目次 ( 震災編 ) 第 1 章総則 第 1 章総則 第 1 節 計画の目的 351 第 2 節 計画の性格 352 第 2 節の2 災害時における個人情報の取り扱い 352 第 3 節 防災関係機関の責務及

二戸市地域防災計画 ( 震災編 ) の一部修正の新旧対照表現行改正案 目次 ( 震災編 ) 目次 ( 震災編 ) 第 1 章総則 第 1 章総則 第 1 節 計画の目的 351 第 2 節 計画の性格 352 第 2 節の2 災害時における個人情報の取り扱い 352 第 3 節 防災関係機関の責務及

地域防災活動活性化計画…………………………………………… 410 防災訓練計画………………………………………………………… 411 2 通信確保計画………………………………………………………… 412 避難対策計画………………………………………………………… 413

10 さらに読み込む

目 二戸市地域防災計画の一部修正の新旧対照表現行改正案 次目 次 第 1 章総則 第 1 章総則 第 1 節 計画の目的 1 第 2 節 市民の責務 2 第 3 節 他の計画及び他の法令に基づく計画との関係 3 第 3 節の2 災害時における個人情報の取り扱い 3 第 4 節 二戸市防災会議 4 第

目 二戸市地域防災計画の一部修正の新旧対照表現行改正案 次目 次 第 1 章総則 第 1 章総則 第 1 節 計画の目的 1 第 2 節 市民の責務 2 第 3 節 他の計画及び他の法令に基づく計画との関係 3 第 3 節の2 災害時における個人情報の取り扱い 3 第 4 節 二戸市防災会議 4 第

14 風水害予防計画…………………………………………………… 87 目 次 1章 総 則 計画目的…………………………………………………………… 1 市民責務…………………………………………………………… 2 計画及び他法令に基づく計画関係…………………… 3 2 災害時における個人情報取り扱い……………………………… 3 二戸市防災会議……………………………………………………… 防災関係機関責務及び業務大綱……………………………… 7 二戸市概況………………………………………………………… 12
さらに見せる

56 さらに読み込む

目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計画の目的 1 第 2 節 計画の基本方針 1 第 3 節 用語の定義 1 第 4 節 計画の修正 2 第 2 章 特別防災区域の現況 3 第 1 節 特別防災区域の範囲及び所在事業所 3 第 2 節 特別防災区域の周辺環境 11 第 3 章 防災関係機関

目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計画の目的 1 第 2 節 計画の基本方針 1 第 3 節 用語の定義 1 第 4 節 計画の修正 2 第 2 章 特別防災区域の現況 3 第 1 節 特別防災区域の範囲及び所在事業所 3 第 2 節 特別防災区域の周辺環境 11 第 3 章 防災関係機関

災害情報収集及び伝達 ………………………………………………… 76 災害広報対策 ……………………………………………………………… 88 8章 災害応急対策 ………………………………………………………………… 89 災害応急対策 ……………………………………………………………… 89 警戒警備、交通規制対策 …………………………………………………100 避難誘導対策 …………………………………………………………… 105 救急医療対策 …………………………………………………………… 107 自衛隊災害派遣 ……………………………………………………… 108 資機材等調達及び輸送 ……………………………………………… 110 大容量泡放射システム輸送体制確保……………………………… 111 9章 災害復旧対策 ……………………………………………………………… 11 災害復旧基本方針 …………………………………………………… 11 公共施設災害復旧 …………………………………………………… 11
さらに見せる

209 さらに読み込む

第1節 計画の方針

第1節 計画の方針

事故災害対策編 道路災害対策 道路災害対策 1 基本方針 道路構造物被災又は国道、高速自動車国道等における車両衝突等により、大規模な救 助救出活動や消火活動等が必要とされている災害(以下「道路災害」という。)が発生し、又は まさに発生しようとしている場合に、早期に初動体制を確立し、その拡大を防御し被害軽 減を図ることとする。

33 さらに読み込む

目次 第 1 章計画の趣旨 1 第 1 節計画の位置付け 1 第 2 節計画の目的 1 第 3 節計画の対象地域 1 第 4 節計画の期間 2 第 5 節空家等の定義 2 第 2 章空家等の現状と課題 3 第 1 節現状 3 第 2 節要因 背景 5 第 3 節問題 課題 7 第 4 節特定空家等の

目次 第 1 章計画の趣旨 1 第 1 節計画の位置付け 1 第 2 節計画の目的 1 第 3 節計画の対象地域 1 第 4 節計画の期間 2 第 5 節空家等の定義 2 第 2 章空家等の現状と課題 3 第 1 節現状 3 第 2 節要因 背景 5 第 3 節問題 課題 7 第 4 節特定空家等の

市内を立地別に「中山間地」 「平地農村」 「振興住宅」 「既成市街地」4つ に分けて見て見ると、余呉や西浅井など中山間地に該当するところ空家率は 11.6%に上り、最も高くなっています。 次いで、空き家率が高かったは、中心市街地や高月、木之本など既成市 街地で空家率は7.2%となっており、半世紀以上前に形成された、いわゆる「旧 市街地」として成長期が過ぎ、二世や三世が新たに土地を求めて別場所に出 ていってしまうケースが見られています。
さらに見せる

31 さらに読み込む

Show all 10000 documents...